ベトナム戦争や朝鮮戦争は北と南に分かれた戦争ですがアメリカとロシアの代理戦争のようなものと記憶していますがなぜアメリカとロシアが他国の戦争にかかわったのですか?またベトナム戦争や朝鮮戦争は東京と大阪が戦争をおこしたようなものだと思いますがどういった理由で戦争がおこったのですか?おしえて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

中々難しい質問です。

何故か?人によって考え方が違うからです。私見として簡単に答えます。
アメリカは自国を守るため朝鮮半島を共産主義国にはさせない!との信念で、ロシアは共産主義を守るため,各々戦ったのですが~国益の為代理戦争をしたのです。韓国、北朝鮮の人々、同じ民族で戦う!可哀想です。中国も北朝鮮についたのです。今でも戦争こそしてませんが戦争状態にあるのです。ベトナム戦争も同じ構図です。ただベトナムはアメリカが完全に敗北、撤退しました。でも今のベトナム
きっとすばらしい国家になりそうです。
    • good
    • 0

社会主義陣営と民主主義、資本経済陣営の勢力争いがアメリカと"ソビエト連邦"を中心として行われました。


冷戦構造と呼ばれるものです。
ベトナムも韓国も2次大戦後に植民地支配から脱し、独立国を建国します。
しかし、建国の方針で社会主義政権派と資本主義政権派が別れてそれぞれ独立国をつくり争うことになりました。
アメリカとソビエトは陣営の勢力を維持や拡大に努めるため、自派の政権に武器、資金援助をし代理戦争を添加しました。
また、アメリカ軍はベトナムと朝鮮半島で直接戦闘に参戦しました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング