以前「コンクリートミキサー車はコンクリートを出し終わった後どうやって洗浄するの?」という質問が出てましたが、ミキサー車ではなく車からコンクリートを建設ビルなどに送るポンプはどのように洗浄するのでしょうか?
同じように水を送るのでしょうか?教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

スポンジ状のものをホースに詰めて水を送って押し出してホースを洗浄します。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステンレス材脱脂洗浄液に含まれるもの?

ステンレス製品製造工程に鉱物油や水溶性油(エマルジョン油)等を潤滑目的で使用し、加工後、脱脂洗浄しています。使用する油は製品により異なり、一定していません(鉱物油、水溶性切削油)。洗剤は弱アルカリ洗浄液を水と混ぜ超音波洗浄しています。その液をフィルターラインを通して再使用(洗浄スプレイとして)しています。交換直前の汚れてきた洗浄液を採取し、観察してみました。また、にわか収集した情報により食塩を入れて(解乳化期待?)観察しています。

写真は、オーバーフローしてフィルターラインに入るところの上中下レベルで採取したものです。左から12月17日採取直後、21日食塩入れ2時間程度、1月14日の状態です。各写真中、左は底部近くから、中深部、上部からの採取です。
14日になってようやく上部サンプル(各写真中右のもの)にも目視で恐らく鉱物油と思われる黄茶系のものが確認できるようになりました。

知識はなくただHPで見たことを元に理解なく食塩を入れて観察しただけですが、黒色の有機物にも見えるものやこの現象について何かアドバイスいただけるでしょうか?

洗浄対象:ステンレス製品(材料タイプは304,316,317他多種、購入先も複数)
製造工程:鉱物油、水溶性油を潤滑目的で使用。接触する各パーツは鋼、鍍金等々でパーツや製品自体の磨耗粉も入っているはずです。ステンレス製洗浄槽からの微細物も?
洗浄液:弱アルカリ性洗剤+水道水(塩素20ppmの海外市水)

よろしくお願いいたします。

ステンレス製品製造工程に鉱物油や水溶性油(エマルジョン油)等を潤滑目的で使用し、加工後、脱脂洗浄しています。使用する油は製品により異なり、一定していません(鉱物油、水溶性切削油)。洗剤は弱アルカリ洗浄液を水と混ぜ超音波洗浄しています。その液をフィルターラインを通して再使用(洗浄スプレイとして)しています。交換直前の汚れてきた洗浄液を採取し、観察してみました。また、にわか収集した情報により食塩を入れて(解乳化期待?)観察しています。

写真は、オーバーフローしてフィルターラインに入る...続きを読む

Aベストアンサー

非常に難しい質問ですね。いくつかの仮定と順を追って回答したいと思います。
まず洗浄液中に入ってくる鉱油や水溶性の加工油剤について、
水溶性の加工油剤はJISでも定められていますがA1~A3に分類されます。
A1:エマルジョン・・・油分、界面活性剤、水などを含む
A2:ソリュブル・・・油分、界面活性剤、水などを含むが油分はA1より少ない
A3:ソリューション・・・界面活性剤、水などを含む
質問内容からA1のタイプを使用されていると思いますが、恐らく5~10%濃度程度で使用されていると仮定します。
油分はおそらく鉱油(ナフテン?高価な加工油だとエステル油が使われることもあります)に、アニオンの界面活性剤(脂肪酸アミン塩、エステル系など)が使われる事が多いですね。乳化は油分、水分、界面活性剤のバランスが重要です。このバランスが崩れると容易に油分と水分が分離します(食塩を入れるのもそのため。酸を入れたり、加熱したりする事もあります)。

写真で見られている上層のものについて黄茶に見えるのは油分でしょう。
黒色に見られているのはステンレス鋼の摩耗粉 or 切削屑(研削屑)に油分、脂肪酸が吸着したものではないかと思います(油分等が吸着していれば、比重の関係で上部に浮きやすい)。
もし、この物質を分析したいのであれば、何種類かの測定によっておおよそ分かります。
黄茶色の液体・・・FT-IRを確認します。もし使われている油剤の種類が分かればピーク位置で化合物の官能基が分かるので(鉱油であればC-Hの吸収、エステル油であれば、C=Oの吸収)、どの油由来かを特定できます。
黒色の固体・・・XRFとFT-IRから有機物、無機物由来のものを確認します。XRFから金属系のものを特定できます。またFT-IRから有機物が分かるので脂肪酸が吸着されていれば、C=Oの吸収が見えます。
(エステルも脂肪酸もC=O吸収を含みますが、ピークの位置が異なるので判断は可能です)
さらにSS分(液体中に含まれる固体の分散量)やpH、バイオチェッカー、イオンクロマトグラフィーなどを行う事で、黄茶色の液体・黒色の固体を絞り込む事ができると思います。さらに使用している加工油と合わせて分析すれば、何の油のどの成分が原因かまで予測できるのではないかと思います。

非常に難しい質問ですね。いくつかの仮定と順を追って回答したいと思います。
まず洗浄液中に入ってくる鉱油や水溶性の加工油剤について、
水溶性の加工油剤はJISでも定められていますがA1~A3に分類されます。
A1:エマルジョン・・・油分、界面活性剤、水などを含む
A2:ソリュブル・・・油分、界面活性剤、水などを含むが油分はA1より少ない
A3:ソリューション・・・界面活性剤、水などを含む
質問内容からA1のタイプを使用されていると思いますが、恐らく5~10%濃度程度で使用されていると仮定します。
油分...続きを読む

Qコンクリートミキサーについて

コンクリートミキサーで、モルタルはまともに練ることができますか?
手練りは遅いので、電機で動く機械を買おうか、検討しています。
周りは、ドラム缶と、手で持つミキサーで、モルタルやコンクリートを練っています。
ただ、それだと、練る間がもったいないですよね。
カタログでコンクリートとモルタル兼用と書いてある製品で、ミキサーにしては、安いものが有ったので、どうかと思いまして。

Aベストアンサー

モルタルミキサーを使わないでということですよね。
それは...安いからですかね?

コンクリートミキサーは骨材が入っていないとあんまりきれいに練れないです。やり方があるかもしれませんが、一度やったときにはあまりいい感じではなかったです。やっぱりモルタルミキサーみたいな「練るブレード」がほしいです。時間かければいいのかもしれませんけど。
ただ兼用とかかれているものでそれなりにうまくできているのでは?

Qステンレス材脱脂洗浄液に含まれるもの?-2 

13/01/15 00:25質問の2段目です。
添付写真のような状態になるには、食塩入れ解乳化後、早いものでも6日静置が必要でした。また、実際の洗浄機は、汚染した洗浄液を3ヶの糸巻きフィルターライン、1ヶの油水分離フィルターを装備しています。

洗浄槽からのオーバーフロー汚染水を循環させ、洗浄用スプレイ水として使用しています。但し、油水分離フィルターはすぐに目詰まりを起こすので取り外しています。目詰まりを起こさないでも仕様にあるような油水分離を確認できない状態です。

ひょっとしたら油の絶対量が少なすぎるのでは等、何かしらの情報を得ようと行ったのが写真のような観察です。現場では機械停止後2日ほど静置すると浮上油が肉眼で確認できます。毎回の洗浄内容が異なるので一定ではないとは思いますが。

1)食塩を入れて解乳化後、浮上油肉眼確認に要する時間の方が何も入れないで静置するより早い
と思います。いかがでしょうか?

2)右写真は超音波洗浄中オーバーフローするところ(水面近く)からの採取なのですが、食塩入れて1ヶ月近く経って目視確認できるようになりました。他の2つは平面的位置は同じで水槽底部、中深部からの採取で底部が食塩入れた後、6日、8日後に浮上油確認できました。超音波等運転中の採取でその後、静置観察してきました。食塩入れた後から、採取深さにより外観変化速さに差があることを確認しました。しかし、今のところの最終外観はどれも同じに見えます、油量、黒い物質量等。
採取深さによって特に上部から採取した試料は時間がかかった理由として考えられることはありますでしょうか?
現場静置の方が浮上油確認が早くできる(ようだ)のは、水槽容量1000Lに対し観察試料450mLなので油の絶対量の違いから目視ではそう感じただけだけかなと感じます。

よろしくお願いいたします。

13/01/15 00:25質問の2段目です。
添付写真のような状態になるには、食塩入れ解乳化後、早いものでも6日静置が必要でした。また、実際の洗浄機は、汚染した洗浄液を3ヶの糸巻きフィルターライン、1ヶの油水分離フィルターを装備しています。

洗浄槽からのオーバーフロー汚染水を循環させ、洗浄用スプレイ水として使用しています。但し、油水分離フィルターはすぐに目詰まりを起こすので取り外しています。目詰まりを起こさないでも仕様にあるような油水分離を確認できない状態です。

ひょっとしたら油の絶対量が...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃられている写真が添付されてないのでなんとも言えませんが。

まず、投入した食塩、及び液体の量はどの試験でも同一にしてあるでしょうか?
これがきちんとしていないと比較試験になりません。

比較試験の条件がきちんと同一であったとして。
・超音波洗浄機の振動子は水槽底面に取り付けられていませんか?
・洗浄対象であるステンレス部材の洗浄位置は高さが最大でも水槽の中部までではないですか?
この2条件で合ってれば、主さんの試験結果の水槽底面と中部で油水分離速度が速かったのは理解できます。
単純に水溶性洗浄液の汚れの乳化が底面と中部に集中していることになります。

Q新築のビル建設。

重量鉄骨の外壁の取り付けは、地震で、落下しませんか?

先日の東日本大震災での地震中のテレビ画像を見ていたら、7-8階建てビルは、表通りに面していると、隣のビルとの空間が、約1m程度しかありませんし、となりのビルと接触しそうなくらい、揺れてました。

また、外壁も、地震の揺れに対して、多少のひずみをカバーできるように、ずれても落下しないように、余裕があるはずですが、そのずれの想定をはるかに超えたひずみが、外壁にかかっていたように、見受けられました。

もちろん、軽天などは、そこまで、上下左右の動きを予想している訳でもなく、ずいぶん、天井落下事故が起きてましたし、外壁の強化ガラスも、古いものは、耐えられなくて、割れて落下してました。

同じ階数のビルでも、構造設計の違いから、ゆれの状況がまったく違うようです。

建築設計士のプロは、もっと、となりのビルとの空間を取ったり、耐震構造が違うビルでも、となり同士、干渉しない設計をしたり、主構造部材以外の外壁、サッシ、ガラス、軽天など、落下したら、事故につながるものの安全基準を上げたり、ずれても、落下しない、接続部材を至急開発しなくても、よいのでしょうか?

確かに、主構造体が、壊滅状態になったビルは、思ったより、少なかったように思いますが、基礎との接合部や外壁の接合部などは、思ったより、弱くて、こんな設計で、ビルのオーナーになり、事故の責任を追及されるとなると、今の日本のゼネコンに、ビルを発注することは、非常に、怖いことと思いました。

大手ゼネコンさんや、構造設計と外壁デザインに関与している設計士さんに、今後の主構造部以外の地震での落下防止策について、意見をお尋ねしたいです。

重量鉄骨の外壁の取り付けは、地震で、落下しませんか?

先日の東日本大震災での地震中のテレビ画像を見ていたら、7-8階建てビルは、表通りに面していると、隣のビルとの空間が、約1m程度しかありませんし、となりのビルと接触しそうなくらい、揺れてました。

また、外壁も、地震の揺れに対して、多少のひずみをカバーできるように、ずれても落下しないように、余裕があるはずですが、そのずれの想定をはるかに超えたひずみが、外壁にかかっていたように、見受けられました。

もちろん、軽天などは、そこ...続きを読む

Aベストアンサー

素人のあんたの思ってるレベルなどすべて考慮されている。
もっと複雑な解析をしているわ。
それでも計算通りにいかないし設計通りに施工してくれない。
今の規準で想定外なのは揺れの長さが60秒以上だと言うことくらい。

Qアルミホイールの塗装 脱脂について教えてください。

アルミホイ-ルをホルッの缶スプレ-で色付けし、
一週間置いて本日イサムウレタンクリア-を吹こうと思い、台所用洗剤ジョイで脱脂洗浄しましたが
画像の様に洗浄水を弾いてしまいます。
この状態で乾燥後、ウレタンクリア-を吹いても弾かずに塗れるものでしようか?
下地はパ-ルの為、シリコンオフは使えませんでした。
塗装は初めてなので宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

塗装してすぐ、ということであれば写真のように水を弾きます。
なので正常ということでクリアー塗装でokだと思われます。

Q1000階建てのビルって建設できますか?

突拍子もない質問で申し訳ありません。
現在の世界最高クラスのビルは100階建て程度ですが、1000階建てのビルを作る事は技術的に可能ですか?

Aベストアンサー

現在のオフィスビル、大体1階が4m程度ですから、1000階のビルとなると、4000m、つまり富士山以上のビル、となりますね。重さも相当のものになりますが、この高さのもの、不可能ではないようです。

ただ、今のビルの概念とは全く違ってくるものと思います。今のビル、高層になるとエレベータの占める割合が非常に高いため、高層化すると低層階のフロア効率が低下してしまいます。今のビルに似たものを1000階に、というのは無理がありそうです。

実は以前、4000m級の建造物の構想が紹介されていました。ビルではなく、富士山を人工的に作ってしまう、というような感じのものでした。ビル、というよりは大きさ的には山を作るようなもの。巨大都市をひとつ、まるまる作るような感じです。
この規模ですから、何百年、あるいはそれ以上、半永久的につかえないと無意味でしょう。こうゆう雄大な発想、夢があっていいですね。

Q脂漏性湿疹にいいシャンプーは?&キシキシするのは洗浄力があるから?

今まで、顔だけ脂漏性湿疹の症状が現れてたんですが
最近頭皮にも脂漏性湿疹らしきフケみたいなものが少し出始めました。
顔の肌も頭皮もかなりの脂性で夕方になると頭がベタベタになってしまいます。
そこでシャンプーをもっと脱脂力(洗浄力)の強いものに変えようと思うんですけど、なにかおすすめのものはありますか?
今使ってるのはミルボンのクレーデなんですけど、
シャンプーしたあと髪がけっこうキシキシします。
キシキシするってことはクレーデでもけっこう洗浄力があるってことですか?
回答おねがいします。

Aベストアンサー

まず,洗浄力を落とすことから始めてください。
洗浄力を強くしてしまいますと,逆効果でして,かえって症状を悪化させてしまいます。
ですから,洗浄力を落とす必要があるのです。
ちなみに,洗浄力を落とすのは簡単でして,今現在,お使いのシャンプー剤で構いません。
そして,次のことに留意してシャンプーするようにしてくださいね。

1.
シャンプー剤を使用する直前に,シャワーを使い,1~2分間程度を目安に,頭皮全体をすすぎます。
なお,アゴのラインよりも長い髪の毛の場合は,その部分の髪の毛をすすぐ時間をこれに追加します。
2.
500円玉半分程度の量(ポンプ式ボトル入りの場合は,ポンプ半押しの量)までのシャンプー剤を手に取り,必ず,5~6滴から最大で手にしたシャンプー剤の2倍までの水分を加えてよく馴染ませ,両手で出来るだけ細かい泡になるように泡立たせてから,その泡を頭皮と髪の毛に移してシャンプーします。
なお,アゴのラインよりも長い髪の毛の場合は,1円玉1枚程度の量のシャンプー剤を追加しても構いません。
3.
シャンプーの最中は,絶対に,爪が頭皮に触れないようにします。
指先と指の腹の中間部分(指を軽く曲げた状態で,パソコンのキートップに触れる部分)を使ってシャンプーするのがベストなのですが,その部分でも爪が頭皮に触れてしまう場合は,仕方がありませんので,指の腹を使うようにします。
4.
シャンプー剤のすすぎは,シャワーを使い,2~3分間程度を目安に,頭皮全体をすすぎます。
なお,アゴのラインよりも長い髪の毛の場合は,その部分の髪の毛をすすぐ時間をこれに追加します。
また,すすぎに自信が持てない場合は,仕方がありませんので,シャンプー剤の泡が消えるまで流してから,必ず,息継ぎをしながら,(息継ぎの時間を除いて)1~2分間程度を目安に,お風呂ら潜って頭皮全体をすすぎます。(お風呂に潜ってすすぐ場合は,どんなに長い髪の毛でも,あえて髪の毛をすすぐ必要はありません)

すすぎについて
すすぐ際,ただ単に,シャワーでお湯をかけただけでは,お湯が(全体としての)髪の表面を流れてしまい,髪の毛同士の間や頭皮にはお湯が流れないため,髪の毛や頭皮に汚れやホコリ,そして,洗浄成分までもが残留してしまうため,とてもすすいだとは言えません。
そこで,シャワーなどのお湯がかかっている部分を,手透きの手の掌を窪ませてお湯を受け止めながら,優しく髪の毛や頭皮をさすったり,受け止めたお湯を頭皮に押しつけたり弱く叩きつけたり,また,場所によっては,シャワーヘッドを頭皮に触れるか振れないかくらいの距離に保ち,頭皮に直接お湯が届くようにするなど,いろいろと工夫をしながらすすぐ必要があります。

その他の注意
洗浄力を落とすためにシャンプー剤(洗浄成分)の使用量を少なくしていますので,最初のうちは,すぐに泡が消えてしまうと思います。
もし,泡が消えてしまった場合は,すぐに洗いをやめ,シャンプー剤をすすぎ落とすようにしてください。
そして,すすぎ落としてから,再度,シャンプー剤を手に取り,シャンプーをするようにしてくださいね。(面倒かもしれませんが,少なくとも3~4回は,シャンプー剤を手に取ることになるかもしれません)

500円玉の半分(ポンプ半押し)の量を手に取るのが難しいと考える場合は,コラージュフルフルなどのような「低刺激シャンプー剤」というものを使用するようにしてください。
シャンプーのポイントに関しては,先に書いたのと同じですが,シャンプー剤の使用量だけ,500円玉1枚分程度(ポンプ式の場合は,ポンプ1回押し)の量までとしてください。

さて,私が紹介したポイントを守っても,まだ,シャンプー剤をすすいだあとに髪の毛がキシキシするようでしたら,頭皮や顔の症状が完治するまでの間,そのシャンプー剤の使用は控えるようにしてください。
というのは,洗浄力が高いために髪の毛がキシキシするのではなく,洗浄力を高める手助けをしている,タンパク質や皮脂,汚れなどを縮めてしまう働きをする収斂成分が含まれているために,すすいだあとに髪の毛がキシキシしてしまうのだと考えられます。
髪の毛がキシキシしてしまうということは,頭皮などの角質もキシキシする,つまり,収斂しているということになり,これは,症状を悪化してしまう可能性が高いと考えられますので,そのことから,使用を避けるようにとお勧めしているのです。

話を元に戻す形になりますが,シャンプー剤の洗浄力を上げてしまいますと,頭皮などに対して刺激が強くなってしまい,その刺激から頭皮などを守ろうとして,より多くの皮脂が分泌されるようになります。
脂漏性皮膚炎や脂漏性湿疹の場合,以上分泌される皮脂のために肌が炎症を患っているのですから,皮脂の分泌量をさらに多くしてしまうことは,逆効果となってしまい,症状悪化の原因になると言っても構わないと思います。
そのために,患部とその周りの皮膚に対して,刺激を出来るだけ与えないようにして,患部の回復を促すのが得策なのです。

刺激を少なくするという観点から言いますと,シャンプー剤の使用頻度を2日に1度以下として,シャンプー剤を使わない日には,シャワーを使って,頭皮を優しくすすぎ洗いするという手もあります。

最後に,かなり症状が悪化しているのではないかと想像出来ますので,医師に掛かっているのか,心配になります。
もし,医師に掛かっていないのであれば,必ず,皮膚科を受診して,治療を始めるようにしてください。
また,可能であれば,栄養士などにお願いして,ビタミンB2が不足していないか,ビタミンEや脂質が摂取過剰になっていないかなど,栄養バランスをチェックするようにしてください。
なお,通常,栄養士に栄養相談しますと有料ですが,もし,都合がつきましたら,各市区町村の保険センターなどで定期的に行っている「無料栄養相談」(たぶん,要予約だと思います)を利用するようにしてみてください。(日程や時間,場所などは,広報誌などに出ていると思います)

まず,洗浄力を落とすことから始めてください。
洗浄力を強くしてしまいますと,逆効果でして,かえって症状を悪化させてしまいます。
ですから,洗浄力を落とす必要があるのです。
ちなみに,洗浄力を落とすのは簡単でして,今現在,お使いのシャンプー剤で構いません。
そして,次のことに留意してシャンプーするようにしてくださいね。

1.
シャンプー剤を使用する直前に,シャワーを使い,1~2分間程度を目安に,頭皮全体をすすぎます。
なお,アゴのラインよりも長い髪の毛の場合は,その部分の髪の...続きを読む

Qビル建設のクレーンの延ばし方、はずし方について

 会社の隣に地上10階、地下3階ぐらいのビルを建設中です。基礎ができてからは見る見るうちに出来上がりつつあります。
 そこにちょうど建物の真ん中にクレーンがあってそれを利用してどんどん建物が高くなっていってるのですが、クレーンが一番上にあるのに日に日にクレーンの高さが伸びていくんです。いつの間に?
 仕事中ずっと見続けているわけにもいかず、不思議で仕方ありません。そして最後にあのクレーンはどうやって降ろすのでしょうか?誰か教えてください!!

Aベストアンサー

百聞は一見に・・・↓


http://www.cranenet.or.jp/tisiki/kuraimingu.html

解りやすいアニメーションがあります

Qボールベアリングの洗浄について

宜しくお願い致します。
ボールベアリングの脱脂に、今まで、パーツクリーナーを使用していました。
しかし、だんだん回転が悪くなっているように感じ、調べてみると
急激に金属を冷やして結露してしまうパーツクリーナーは
使用しないほうがいいんですね・・・知りませんでした。
ということは、現在、多少のサビが発生しているんだと想像してます。

で、それを今からどうしようか考えてこう思ったんですが、
正しいか、やっていいか教えてください。

現在発生していると思われる、サビを除去するため、
もう一度、パーツクリーナーで洗浄する。
洗浄後、すぐにアルコールorライターのオイルに漬けて、
金属の温度が戻るまで空気中に触れないようにする。

いかがでしょうか?
また、アルコールやライターのオイルでOKでしょうか?

その後、低粘土のオイルは注入はします。

Aベストアンサー

#3です。

>何分くらいシェイク
これは「シャカシャカ君」使用を前提としたコアな話だと思いますが、汚れの度合いによって違うであろうことは容易に察せられるでしょう。洗浄液を交換しながら、液の汚れ具合で判断しましょうね。
シャカシャカ君は、フタを押さえながらカッコ良く振って下さい。違うコトをしていると勘違いされるケース(精神的な事故w)が多々あるようです。

>変えた理由
なんとなく~が理由ですね。周りが使っていたのでw
変えてみると、洗浄液の希釈にぬるま湯が使えたり、荷物的な意味でかさばらなかったりと、それなりにメリットはあります。洗浄力も強く感じますね。
ただ、一個だけ洗浄したりする場合には、パーツクリーナの強力な噴射力で洗い流し、すぐにウエスで手っ取り早く拭き取ったあと、ダバダバと多量のベアオイルを流し込みながら、その大半をエアーで吹き飛ばすといった非情な扱いを受ける軸受もありますw
個人的には先述のとおり、パーツクリーナは悪と思っていません。

ご自身の予算や用途に見合う方法で、楽しくいきましょう^^

Q建設中のビルの鉄骨の錆びについて

建設中のビルを見てふと思った事で質問させて頂きます。

ビルの骨組みに使う鉄骨なのですが、見たところ表面が錆びているように見えました。
錆びている鉄骨を使用して、腐食の進行による将来的な強度に問題は無いのでしょうか?
素人考えでは、ビルの骨組みに使うような鉄骨ほど表面を保護して
強度を確保しなくてはいけないのでは?と疑問を持ったもので質問させて頂きました。

ご存知の方、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

錆びの場所によります。
1.コンクリートで被覆されるところ・・・柱の下の方
2.梁の継ぎ手・・・梁をボルト・プレートでつなぐところ
上記の場所ならば摩擦力を増す為にわざと錆びを発生させますので問題ないです。
というより錆がないほうが耐力不足となる可能性があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報