社長が任意のガン検診を受ける場合の諸費用を会社が負担した場合は損金になるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

会社が、役員または社員の人間ドック受診料を負担する場合、検診料が通常必要と認められる範囲内で、かつ受診対象を特定の者に限って実施する場合以外は、経済的利益に対して課税する必要はないとされています。



従って、役員のみを対象にしたり、必要以上に高額なな施設で人間ドックを受信した場合は、経済的利益に対して課税されます。
更に、この場合は、役員に対する分は役員賞与となり、会社としても損金計上が出来なくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 20:41

社長は労働安全衛生法の対象労働者ではありませんが、癌検診が法定項目から外れていることなどから考えても、これは個人的な支出であって、会社の経費とは認められないと思われます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/12 21:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング