貸借対照表と売掛残・買掛残の数字が違うので調べておくように。
と言われました。

なにを、どこから調べてよいか困っています。
数字が食い違う原因となりそうなことをお教えください。

担当者が急に辞めてしまい、引継ぎもそこそこに
簿記のボの字も知らない私が、 
春から経理を担当する事になってしまいました。
唯一の上司も、出張気味で全くあてになりません。
初歩的なことかも知れませんが どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

何件かでも、取引先から、残高証明のようなものは手に入れられないのでしょうね。



何件くらいの取引先があるか分かりませんが、売り・買いそれぞれに、取引先一社ずつの残高を追いかけるのが、結局一番の近道です。
各社ごとに、「請求書の控え」と、「現金預金出納帳」をまず用意してください。


「売掛金」「買掛金」それぞれに月毎の一覧表を作成して、期首繰越額から順を追って、確認するしかないと思います。

(1) 取引先別に、期首繰越残高を明らかにして、確認する。出発点がくるっていては、期中処理をいくらあわせても、合いませんから。

(2) 月毎の合計請求書から、各社発生高を記入する。

(3) 入金額、支払額を拾い出す。

(4) 各月末時点での、取引先別残高を確認。

 ここで気を付けていただきたいのは、期中の流れを追いかけていくとき、発生高は、各社の締め日で計上する(つまり請求書のままの数字)、入金・支払額は、月末締めで計上する、と言うことです。

その流れの中で、請求額に対応する入金・支払額に、食い違いがないか、注意してください。いくらの請求に対して、いくらの入金・支払があったか、ですね。
もっとも、請求額に対して、100パーセントの入金・支払いがないと、対応させるにもより神経を使いますが。

それと同時に、発行した分、受け取った分それぞれについて、請求書に書かれている「前月繰越額」から始まって、「差引当月請求額」が、前期の一覧表と、何処で食い違ってくるか、を確認してください。

数字が食い違う原因となりそうな点。

(1) 請求額の誤記
(2) 請求後に発生した値引き・返品等の処理ミス。
(3) 振込料負担による記帳処理のミス。
(4) 入金・支払いの記帳漏れ。

普通に考えられるのは、単純ミスを除けば、このようなところでしょうか。

とにかく、一件ずつ、一月毎の残高を、丹念につぶしていくしかないと思います。

月別の合計残高試算表が用意できれば、照合に便利なのですが。
上記一覧表の月別合計額と、試算表を合わせることも出来ますから。


簿記の知識はなくても、大丈夫です。
繰越残高+各月発生高-各月入金・支払高=翌月繰越高
の計算を丹念に行って、それを月毎に合計していけばよいのですから。

あと、これは一寸他の人の助けが要ると思いますが、前期末、及び今期末の、「締後分」の確認を行ってください。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
お教えいただいた通り、順をおって照合したところ、
なんと売買の計算をしているPCと、貸借の計算をしているPCとが全く別の機械で、
どうやら入力転記する際に数字を間違っていたようでした。

自分で入力したものなら覚えもあるのですが…
いちいち他機種へ入力しなおすのも考え物ですね。
とっても厄介でしたが 解決することができました。
ありがとうございます。

これから決算とやらがあるらしいので、
またちょくちょくお尋ねするかと思いますので
よろしくお願いします。

お礼日時:2005/04/13 21:03

貸借対照表の金額と売掛金の取引先別の明細の合計額、仕入先別の明細のの合計額が、一致していないことだと思われます。


 取引先に出した請求書と、仕入先からの請求書が帳簿と一致しているかどうか確認する作業からはじめてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。解決の糸口が見つかりました!

お礼日時:2005/04/13 20:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界の通貨を売買する意味

円高が進んだことが話題になっていますが、そもそも世界の通貨を売買するのはどんな意味があるのでしょう。ユーロのように世界が単一通貨になってしまえばお金を売買する必要もなくなると思うのですが。

Aベストアンサー

<通貨売買の目的>

本来は、皆さんがお書きのように、貿易のためですけど、今、話題になっている通貨売買は、「カネ儲け」のタメに行われています。「持っている財産を減らさない」ため、と言ってもいいかもしれません。


<世界が単一通貨になれば>

 お書きの通り、通貨を売買する必要はなくなります。必要はなくなる、というよりは、不可能になる、と言ったほうがいいかもしれません。

 例えば、世界の統一通貨が「円」なったとします。通貨を買おうとしたら円で円を買う、通貨を売ろうとしたら円を円で売る、ということになりますから、売買が成り立ちませんね。

 ただ、単一通貨にするには通貨発行権を一手に握る「組織」が必要になります。あちこちの国が勝手に「円」を印刷できるとしたら、印刷競争になりますので、地球全体でハイパーインフレになりますから。

 印刷制限だけしてほっておくと、地球上の統一通貨「円」が、例えば日本とか中国とかアメリカとかアラブとか、景気の良い、地球規模で言えばごく狭い地域に集まってしまいかねません。

 例えばアフリカには通貨の「円」がないとなると物々交換になってしまいます。「円」が「世界通貨」としての意味を持たないものになります。経済を停滞させます。

 あちこちに、つまり、通貨を必要とする場所にあってこその通貨ですので、その「組織」は、通貨を一極に集中しないように分散させるような、経済政策もとれるような組織でなければなりません。

 公平・適正に世界規模の経済政策を行うためには独自の徴税権が必要です。税金を取るためには税務署が必要で、・・・ 要するに地球政府のようなものが必要になりますので、地球規模の通貨統一は夢のまた夢です。

 話し合いで統一通貨を出せるのは、ユーロ圏のような、経済規模などに大きな差違がない地域に限られます。

 そこなら、統一通貨が適度に分散されて、統一された強力な行政組織なしでも、あるていどは通貨としての機能を果たせることができますから。

<通貨売買の目的>

本来は、皆さんがお書きのように、貿易のためですけど、今、話題になっている通貨売買は、「カネ儲け」のタメに行われています。「持っている財産を減らさない」ため、と言ってもいいかもしれません。


<世界が単一通貨になれば>

 お書きの通り、通貨を売買する必要はなくなります。必要はなくなる、というよりは、不可能になる、と言ったほうがいいかもしれません。

 例えば、世界の統一通貨が「円」なったとします。通貨を買おうとしたら円で円を買う、通貨を売ろうとしたら円を円...続きを読む

Q支払い金額と買掛残高について 9月末で小売店が一店舗閉店したので、全仕入先に買掛残を全額支払うこと

支払い金額と買掛残高について

9月末で小売店が一店舗閉店したので、全仕入先に買掛残を全額支払うことになりました。
毎月社長が仕入先に対して何円支払うか決める為に、請求額(20日締)と月末残高を表にした紙を提出しています。
仕入先から届いた請求書とうちの会社の支払一覧表は全仕入先で金額が合っていました。しかし、月末残高を買掛残高一覧表で見ると、一つの仕入先で支払い一覧表の金額より千円少なくなっています。なので、支払いをしたら、支払一覧表は0円になりますが、買掛残高一覧表はマイナス千円になってしまいます。
仕入先とうちとでは請求額が同じだった為、うちの会社内だけでいつからか月末残高が千円ほど少なくなっているのだと思うのですが何をどう調べたらいいか分からなく困っています。
出来るならシステム管理会社の人に千円ほど月末残高を多くしてもらって、支払いが終わった後支払一覧表も買掛残高一覧表を綺麗さっぱり0円にしたいぐらいです...。

Aベストアンサー

雑損失で処理すれば済むと存じます。

Q「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。次の文章の中にわからない文があります。「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか。特に、「其方で」の意味がよくわかりません。教えてください。

「そこで、Aさんにお願いがあります。私は、あの土地(1ム)を5万元で手放したいと思っています。(この5万元には税金、売買手数料、Aさんのマージン等を抜かした金額となります。)ですのでAさんには、その金額以上で売っていただければ、(税金、売買手数料等を其方で支払っていただき)残りのお金はAさんの方で自由にしてもらってけっこうです。)」

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すでに良回答が出ていますので解決済みだとは思いますが、私なりに回答してみます。

この方の希望は、
1、A さんに自分の土地を売ってほしい。
2、土地をいくらで売るかは A さんに任せるが、
販売代金=「5万元」+「5万元にかかる税金、売買手数料」+「Aさんのマージン」
となるように売ってほしい。
3、その販売代金から、
「5万元」を私が貰います。
残りは、
『5万元にかかる税金、売買手数料」』+『Aさんのマージン』
です。
『5万元にかかる税金、売買手数料」』は、【其方[そちら]=A さん】が支払ってください。
残ったお金は『Aさんのマージン』ですから自由にしてもらって結構です。

ということですね。
つまり、
「高く売れば売るほど A さんのマージンは大きくなります。私は【正味で】5万元だけ手に入ればよいのです」
と言っているわけです。
 

Q現金取り引きではないのに「売掛」「買掛」を計上しないという会計処理

いつもお世話になります。
家族だけの小さな株式会社です。
当社の業務のうち、次のような場合があります。

売主A社から「あるモノ」を買いつけ、買主B社に転売します。
この時、事前にA社からの仕入価格とB社への販売価格を決めておいて
モノ自体は
A社⇒運送業者⇒B社
と動き、当社には一瞬たりとも在庫しません。
厳密に言うと、いつモノが動いたのかは運送業者から当社に請求書がくるまで確認できません。
特に締め日や支払日は固定していないので、A社から請求書が来ると、B社から当社への支払いを待たずに即時振込みます。(場合によっては1日~2日後になったりします)
B社に対しては、モノがB社に届くか届かないかの確認は特にせずに請求書を発行します。
B社も締め日や支払日を特に決めていないので数日後に当社に振り込まれます。

当社に在庫しないので、帳簿上「買掛」「売掛」は計上せず、A社に対して振り込んだ時点で「仕入れ」、B社から振込みがあった時点で「売り上げ」にしています。
厳密には直接「モノの動き」に対応して支払いをしていないわけですが、こういう処理で後々問題視される事はないでしょうか?(まだ一度も決算を迎えていません)

どうぞよろしくお願いします。

いつもお世話になります。
家族だけの小さな株式会社です。
当社の業務のうち、次のような場合があります。

売主A社から「あるモノ」を買いつけ、買主B社に転売します。
この時、事前にA社からの仕入価格とB社への販売価格を決めておいて
モノ自体は
A社⇒運送業者⇒B社
と動き、当社には一瞬たりとも在庫しません。
厳密に言うと、いつモノが動いたのかは運送業者から当社に請求書がくるまで確認できません。
特に締め日や支払日は固定していないので、A社から請求書が来ると、B社から当社への...続きを読む

Aベストアンサー

>ANo1の追加質問に対する回答です。
>貴法人のことを考えて申し上げますと、伝票作成は日常(決算期首と決算期末以外)に限って、入金・出金主義(入金時点或いは支払決済時点)で売上や仕入等を計上して差し支えないと思います。

>ただし、例えば(1)長期的な売掛金が発生したとか、(2)商品の送付及び請求はしたものの返品されたとか、いろいろなイレギュラーが想定されます。

>貴法人での送付した商品について未収のものがないかを必ずチェックしないと損しますよね。入金がない場合再度請求しなければなりませんよね。

>また、税務調査では小売で期中入金主義を取られる場合ここの部分は見られやすいところだと思います。
>具体的には、それぞれの売上に対してどの仕入等が対応するのか、その管理は徹底されているかと言うことです。これらの管理が徹底されていない場合、税務調査で最悪の場合は仕入等に関連する売上を1~3年分さかのぼってすべて抜き出せと言われる可能性もあります。

>売上と関連する仕入等の経費の関連を伝票で処理するのではなく、補助簿等で管理する必要はあると思いますよ。

>例えば・・・
仕入(商品名)・請求日又は商品発送日・支払日・金額・仕入先・売上先
送料・請求日・支払日・金額・支払先・売上先
その他手数料等・請求日・支払日・金額・支払先・売上先
   ↓
売上(商品名)・請求日・入金日・金額・売上先・再請求日

の関連が分かる表(補助簿)を作成されるのもひとつの手だと思います。(通常は売上台帳とか仕入経費帳とかを作成し、それぞれ売上ごとにコード番号(任意)をつけて売上台帳と仕入経費帳に記載しておくと関連性をチェックすることができます)

>または、売上毎に関連する仕入等の請求書を区分して、売上先と、売上入金日を記載しておくとか色々な方法があると思います。

>貴法人の売上の件数や規模を考慮のうえ、正確で簡単な管理方法を検討されて、実施されることをお勧めいたします。

>ANo1の追加質問に対する回答です。
>貴法人のことを考えて申し上げますと、伝票作成は日常(決算期首と決算期末以外)に限って、入金・出金主義(入金時点或いは支払決済時点)で売上や仕入等を計上して差し支えないと思います。

>ただし、例えば(1)長期的な売掛金が発生したとか、(2)商品の送付及び請求はしたものの返品されたとか、いろいろなイレギュラーが想定されます。

>貴法人での送付した商品について未収のものがないかを必ずチェックしないと損しますよね。入金がない場合再度請求しなければな...続きを読む

Q売買高の意味が理解できない

株価欄の売買高の数値は売買が成立した数なのですよね?
売買単位が1000株の銘柄の売買高が10だとしたら、10回取引が成立したということで
売買単位が1株の銘柄の売買高が10だとしたら、10回取引が成立したということですか?

Aベストアンサー

>売買単位が50で売買高が10の場合は500株の売買が成立したことになるのですか?
>売買単位が500で売買高が10の場合は5000株の売買が成立したと考えてよいのでしょうか?

日本経済新聞の場合は、
原則として、千株単位で売買高を表示
(つまり、「12.1」となっていれば12100株)
但し売買単位が1株、10株、50株の銘柄については1株単位で売買高を表示
(ちまり「100」となっていれば100株)
という意味のことが「株式欄の見方」に書いてあります。

なお、ネット上のYahoo!ファイナンスの場合には、
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9501&d=t&k=c3&h=on&z=m
のように、出来高が1株単位で書かれています。

あなたのご覧になっている欄が各紙、どういう単位で表示しているかを確認されれば良いと思います。

Q売掛帳・買掛帳の記帳について、教えて下さい青色申告65万円控除の申告を出しています当店では、

売掛帳・買掛帳の記帳について、教えて下さい

青色申告65万円控除の申告を出しています

当店では、クレジットカード購入以外、ほとんどを発生月に決済されています

請求時と入出金時にタイムラグがある場合は記帳しています
ない時でも、売掛帳・買掛帳に記帳するのでしようか?

光熱費・携帯電話代の支払いもタイムラグがありますが、どのように記帳すれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

>ほとんどを発生月に決済されています

本当に発生月に決済されていれば、必ずしも買掛帳を使用する必要はありません。
しかし、特にソフトをお使いなら 支払先別に買掛帳を使って管理したほうが断然便利ですので買掛帳に記入(入力)することをお勧めします。

>請求時と入出金時にタイムラグがある場合は記帳しています

「請求時=発生時」と考えるのは間違いですから、注意を要します。
【例】
経費が発生したのが12月20日、請求が来たのが1月10日、支払ったのが1月10日だとします。この場合、あくまで経費が発生した日を基準に
 12月20日 ~費 30,000 未払金 30,000
 1月10日  未払金 30,000 現金 30,000
とします。
 1月10日に請求が来て当日に支払ったからといって
  1月10日 ~費 30,000 現金 30,000
 とするのは誤りです。

>光熱費・携帯電話代の支払いもタイムラグがありますが、どのように記帳すれば良いでしょうか?
 
このような経費も厳密には発生したときと支払ったときに分けて記帳するのが基本ですが、月々で変動の少ない恒常的な経費は支払った時の経費で記帳することも認めれています。

>ほとんどを発生月に決済されています

本当に発生月に決済されていれば、必ずしも買掛帳を使用する必要はありません。
しかし、特にソフトをお使いなら 支払先別に買掛帳を使って管理したほうが断然便利ですので買掛帳に記入(入力)することをお勧めします。

>請求時と入出金時にタイムラグがある場合は記帳しています

「請求時=発生時」と考えるのは間違いですから、注意を要します。
【例】
経費が発生したのが12月20日、請求が来たのが1月10日、支払ったのが1月10日だとします。この場合、あくまで経費...続きを読む

Q売買数量の前に「特」「前」の意味は?

気配値の板?の、
買い数量または売り数量の前に
「特」1234とか「前」1234とか
「特」「前」が、売買数量の前についてることがあるのですが、
このときは、どういう状態でどういう意味なのでしょうか?

特別気配・・?
買いと売りの差が大きいとか?

なのでしょうか?

Aベストアンサー

それぞれ、特別気配、寄前気配のことかと思います。
表示の便宜上、売り買いの区別ができる数量の前に表示しているものと思われます。

それぞれの意味は、以下のサイトに詳しく説明があります。
特別気配
http://www.tse.or.jp/learning/stock/market/info_4.html
寄前気配
http://www.tse.or.jp/learning/stock/market/info_3-1.html

参考URL:http://www.tse.or.jp/learning/stock/trading.html

Q買掛金の残債修理について

自営業(法人)ですが、7年前に商品販売をやめて
修理専門店として夫婦二人で営業しております。
以前取引のあった主力問屋さんに買掛金の残があり
毎月分割で支払ってきました。
先日100万程まとまったお金で支払い出来るようであれば、
買掛金の残金200万程は債権放棄し残¥0の書類を
送って精算してくれると言う、予想外の大変
有り難いお話を頂きました。

もしこれを実行すれば、帳消しにして頂いた買掛金200万程に
ついて帳簿ではどのような勘定処理にすればいいのでしょうか?

雑収入でしょうか?

利益が発生する事になりそうですし、それを計上すれば
その金額が決算ではそのまま黒字になりそうですし、
多額の納税が一気に発生するのではと心配です。

その200万を2期に分けて計上し処理する事は可能でしょうか?
経理に詳しい方、アドバイス頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

入金があるわけではないので雑収入ではありません。相手が債権放棄の手続きをするのですから「値引」でもありません。
科目上は「債務免除益」となります。損益計算書上の区分は「特別損益」です。これは相手が債権放棄をした時点(通常、内容証明郵便で通知)で放棄された金額を一括して計上しなければならず、分割計上などは認められません。
ただ、負債を支払えない状況なら繰越欠損金があるのではないでしょうか。決算で利益が出たとしても過去の繰越欠損金があるなら申告書でそれを控除できると思いますが。

Q売買契約書に瑕疵担保の意味についてよくわかりません。

前質問に回答を受けながらお礼の返事せず失礼しました。売買契約書の確認に手間取り遅れました。瑕疵担保責任について条文ありましたが、前所有者に対して行うとしても、解体業者による過失であっても前所有者に対して責任を追及するのでしょうか。前所有者に、中古住宅解体ごみが地中にまだあるかもしれない場合はどのような瑕疵担保責任を問えばよいのでしょうか。現在基礎工事ほぼ完成しました。建設業者は、工事掘削中に解体ごみの掘り出しの報告を告げずに進めたため中止指示ができなかった。

Aベストアンサー

前の質問のURLくらい、自分で貼っておいてください。(私にやらせるんではなくて・・・)

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9143266.html


前の質問の補足を読むと、土地の売主が家を解体後、質問者さんに土地を売却したように思える。

>前所有者に対して行うとしても、解体業者による過失であっても前所有者に対して責任を追及するのでしょうか。

そうです。
土地の売主が解体業者にやらせた工事で、その土地に問題が生じた(可能性がある)わけですから、質問者さんが文句を言う相手は、解体業者ではなく売主になります。

Q買掛金の支払いの際、現金で支払う場合、支払い口座の相手は現金?買掛金?どちらになりますか?

買掛金の支払いの為に、口座から引き出して、引き出した日に現金で下請けさんに支払いをしました。
その場合、口座の相手勘定は買掛金でもよいのでしょうか?一度、口座の相手を現金にして、それから現金の相手を買掛金にするべきでしょうか?
経理初心者ですみません…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買掛金(材料仕入れだけでなく外注・役務提供の下請への支払を含みます)50,000円を支払ったとして

ア)
現金 50,000 普通預金 50,000
買掛金50,000 現金   50,000

イ)
買掛金 50,000 普通預金 50,000

ア)の仕訳をへし折ってイ)にしてしまう方法もありますが、どちらかと言えば忠実にア)のほうがいいでしょう。振込でなく現金で支払ったという事実も記録できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報