藤原氏は奈良で活躍し
平安京を制圧した貴族ですが
その祖中臣氏は茨城の鹿島がルーツとの説があります。

当時の鹿島は、蝦夷に対する大和政府の前線基地
だったことは地理的になんとなくわかるのですが
それでも、田舎ですよね。

なぜそんな土地で中臣氏は発祥したのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

蝦夷との国境線、鉄の産地、利根川などの水利、広大で肥沃な耕作地、


そういった意味で「茨城」の地は当時、大和政権にとっては地理的にみて、
非常に重要な拠点だったことは理解できますよね?
いつ「蝦夷」がこの地に襲ってくるかもわからないような場所ですから、
外交的にも平和と安全を維持しなければなりません。

一方中臣鎌足が誕生年は公言しても、発祥地や素性を公言していないのは、
なにか訳があると思いませんか?
立派な場所で生まれたのなら、これだけ有名な人なのですから、
産まれた時と場所は、ハッキリと記録しておくハズです。
そう考えると、発祥地を言いたくなかった理由があったのではないでしょうか。

ここからは私の推測です。

現代でも例えば、他国語を話すことができる日本人の方って、
ある意味、尊敬されますよね?
両親が別の国籍だったりして、環境的にも2カ国語が話せるような
生活を送ってきた。

中臣氏は、その「中臣」という言葉から推測すると、
天皇と家臣との中継役(勅命役)を担っていた、あるいは、
天皇と他の国との中継役(通訳)を担っていた。と言えます。

どうしたらそんな風な立場になれるでしょう?

仮に「中臣」氏が茨城地域で産まれたと仮定すると、
彼はその地域の安全保障政策上、蝦夷との政略結婚があり、
蝦夷と大和の混血として産まれてきて、蝦夷語と大和語の双方を学ぶことができ、
その後成長して、その才能(特技)と地の利を充分に発揮したのだと思います。

勅命を受けられる立場の人間が、他国との通訳ができるとなれば、
即戦力として役立つと考えるのが普通ですし、さらに当時、
青銅器が主流であったこの時代に、鉄製の武器で他を圧倒していた強固な
「鹿島」軍を引き連れていたら(でしょう)、天皇だって彼を重用はしても
敵に回すわけにはいけません。

大化改新の功績により、茨城県の北部である久慈川流域を領地として
認められた鎌足が、「中臣」氏を名乗る(賜る)ことができたのは、
彼はもともとこの辺りに住んでいて、その周りの地域を非公式に制圧していた。
それを大化改新の功によって、正式にこの地域を所有することを認められた。
そんな理由ではなかったのではないでしょうか?

sqi622さんも下記URLを読んで、いろいろ推測してみて下さい。

参考URL:http://www.net-ibaraki.ne.jp/kintaro/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

拝復
有り難うございます。
やっぱりロマンですね、古代は。

あと
蘇我蝦夷というのは
なぜそんな名前をつけたのでしょうか?

蝦夷勢力をバックにつけていたからかな

お礼日時:2001/09/10 09:29

当時蘇我一族と中大兄一族という二大勢力が熾烈に日本王の座を争っていたのは間違いないでしょう。


そんな中突如として日本の歴史に登場した中臣鎌足は中大兄派についてクーデターを成功させるのですが、そんなことができるのは鎌足が外国の要人であったからではないかと思っています。
蘇我王権とは利害が対立し、中大兄王権とは利害が一致する某国の要人。「海外の人」は実は藤原氏の方ではなかったかと思います。
その後の歴史書は必死にそれを隠したでしょう。
    • good
    • 0

以下は、私の想像でしかありません。



蘇我氏についてわかっていること?は、祖先の名前に当時の朝鮮に由来する名前が多いことや、熱烈な仏教信者であったことを考えれば、当時でいえば「海外の人」ということでしょう。
あるいは、そういうイメージを誰かがつけたかったのかも知れません。

「蝦夷」「入鹿」という名は、「日本書紀」で正当者が勝手に?つけた後付け名である可能性が高く、「あだ名」という可能性が高いです。
「蘇我蝦夷」の本名は「豊浦大臣」とあります。
「蝦夷」=「毛人」、=「やたらと強い」、「山海経」では「怪人」、あるいはそれ以外では「恵美氏」とかありますね。
「蘇我蝦夷」は「朝鮮」の人たち以外に「蝦夷」の人たちとも積極的に交流を深めていたようです。
それ以外の書物に蘇我氏に関しての完全な資料はないのですが、外国人だからこそ、外国の人と積極的に交流したがったのでしょう。
当時にしてみれば、非常に斬新で画期的な行動だったと思いますから、保守的な反対勢力にしてみれば煙たいものです。

入鹿は、「大郎」あるいは「鞍作」という名前であり、「林大郎天皇」と名乗って天皇になったとも推測する人がいますが、その可能性もあると考えています。
そう考えれば、別の国の人がすごい武力を背景に、現政権とは全く別の社会を作ろうとするのは自然な流れでもあり、のちの人たちがそういった行動を否定したがるのもわかる気がします。

これだけ嫌われていたら、大化改新後、完全に蘇我氏が作った墓や建造物を壊してしまうのが普通ですが、けっこう国民に支持をされていたということもあってか、いっそのこと遷都してしまおうと考えたのでしょう。
書物だけ編纂しなおせば、安上がりですし、こじつけしやすいですからね。
    • good
    • 0

中臣鎌足の素性については全く別の考えですが、それは置いておくとして、蘇我蝦夷の名前の由来についてですが、



馬子にしろ蝦夷にしろ入鹿にしろ、時代を席巻した一族の名前にしてはあまりひどいと思うのですが、本名じゃないでしょうね。馬に蝦に鹿ってみんな人じゃないし。
本当は多分もっと立派なありがたそうな名前だったと思いますよ。
歴史の敗者の宿命でしょうか。

しょせん偽名ですから蛙でも蛆でも何でもよかったんじゃ…
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中臣氏と小野氏

奈良・霊安寺の由緒に次のようにあります。

右大臣小野富人(遣隋使・小野妹子の息子と伝わる)は壬申の乱に関与したため、弘文元年(672)官を辞し、登美山に閑居しました。

http://www.ryosenji.jp/engienkaku.html より引用

ところが、672年の右大臣は中臣金と言う人です。
それどころか、小野氏で右大臣になった人はいないと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B3%E5%A4%A7%E8%87%A3#.E5.8F.B3.E5.A4.A7.E8.87.A3.E3.81.AE.E4.B8.80.E8.A6.A7

中臣金は、壬申の乱で大友皇子側について闘いましたが、負けてとらえられ、672年に処刑されています。


小野富人と中臣金、または中臣氏と小野氏には何か関係がありますか?

またなぜ霊山寺の由緒には小野富人が右大臣であったなどと書いてあるのでしょうか。

推測、とんでも説お待ちしています。

Aベストアンサー

まず由緒がでたらめ説。
小野妹子の子というのを疑ってみます。
607年に遣隋使で派遣されているので、当時若くても20歳前後と推測。
小野富人が672年に右大臣ということは、若くとも30歳と推測。
小野氏は勢力が強くないので、右大臣になったとしてもそのくらいと考える。
すると、富人は、642年生まれ。
607年で20歳の妹子は、642年には55歳。人生50年よりはるか昔、55歳で子どもはなかなか非現実的。
なので、小野氏が創建かかわったていたので寺が、小野氏をヨイショしていると考えられます。

次に由緒が正しいと考える説。
通説では、大友皇子は即位していませんが、これは天武天皇方の日本書紀が言っている一方的な話なので、実は即位していて、大友朝の右大臣として小野富人は実在したということが考えられます。

なぜ天皇家は後になって天皇号を大友皇子に追号したのか。

基本的に怨霊を恐れて位階を追贈する古代日本人。
代表的なのは、保元の乱(1156年)で政争に敗れ、讃岐へ流された崇徳上皇。
崇徳上皇が、日本最大の怨霊になったのは有名な話。『保元物語』で「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん」と言って怨霊になったと言われたのですが、実はこの保元の乱後、平清盛が台頭し、以後武家が政治を動かす世の中となって、この話が実現されました。
結果、明治維新で大政奉還されるまで、天皇家は政治を行えませんでした。
で、実は天皇家はこのことを700年間忘れていませんでした。なぜなら明治天皇は慶応4年(1868年)8月18日に自らの即位の礼を執り行うに際して勅使を讃岐に遣わし、崇徳天皇の御霊を京都へ帰還させて白峯神宮を創建したのです!

崇徳上皇はあまりにも強力な怨霊で公にされましたが、大友皇子も公にはされていませんが、実際は天皇となっていたものの『日本書紀』で抹殺してしまったので、あとから怨霊を恐れて追贈している可能性があります。
ということをこの寺の由緒で語ることで、ひそかに天武朝に反旗を翻していたのかもしれません。

まず由緒がでたらめ説。
小野妹子の子というのを疑ってみます。
607年に遣隋使で派遣されているので、当時若くても20歳前後と推測。
小野富人が672年に右大臣ということは、若くとも30歳と推測。
小野氏は勢力が強くないので、右大臣になったとしてもそのくらいと考える。
すると、富人は、642年生まれ。
607年で20歳の妹子は、642年には55歳。人生50年よりはるか昔、55歳で子どもはなかなか非現実的。
なので、小野氏が創建かかわったていたので寺が、小野氏をヨイショしていると考えられます。

次に由緒が正し...続きを読む

Q織田信長は平氏?源氏?藤原氏?橘氏?忌部氏?

『尾張の織田家は元々は藤原氏、橘氏に連なるものであり、熱田神宮とも深いつながりがあったようです。
尾張の物流を司る津島神社の宮司家に連なる者であり、津島港を押さえていたため、尾張守護の斯波氏や尾張守護代の織田本家もうかつに手を出せない立場にあったようです。

尾張における海運の発祥は、日本武尊が東国遠征から帰ったあと婚姻すると約束した美夜受比売の兄、建稲種命。
この人が尾張水軍を率いてた人で、尾張氏。
藤原氏を中心とした物部連に連なる人です。
この美夜受比売がのちに日本武尊から預かった剣こそ、通称、「草薙の剣」と呼ばれる「天叢雲剣」です。
そして、その剣を収め、祀ったのが熱田神宮です。
今でも熱田神宮の奥には「天叢雲剣」が御神体としてあるらしい。
このように熱田神宮は常に、尾張の物流の根幹を握っていたようです。」

という内容を読み聞きしたのですが、本当に織田氏は藤原氏=熱田神宮に関係する家系なのでしょうか?
(信長が平氏を名乗ったのは知っています。)

Aベストアンサー

『織田系図』・『織田家譜』では平重盛の子資盛の遺児、親真を祖とし、初めは近江国津田荘に、そして越前国丹生郡織田荘の織田剣神社の神官へ養子となり織田氏を称したとあります。
 しかし、永正15年(1518)に守護代織田達勝が円福寺に出した禁制では「藤原達勝」とあり、信長も天文18年(1549)に出した禁札に「藤原信長」と署名しています。信長が平姓を名乗ったのはご承知の通り天下統一に向けて、源氏である足利家への抵抗からでしょう。そのため、平氏の落胤に結びつけた系図を作成したというのが妥当ですね。

 ですから織田氏は、藤原氏であり越前国丹生郡織田荘を本拠としていたというのが、通説となっています。ただ信長が途中から平と氏を変えたように、「織田は藤原氏だった」というよりも、「織田は藤原氏を名乗っていた」ぐらいに見るのが妥当ではないでしょうか。昔は地方ほど無姓の者は「藤原」を名乗って、ステータスとしていた時代もあったのですから。それが大量に藤原氏の流れを汲む一族が生まれる一因となります。

 また藤原だったから攻めなかったというのも、後世の後付の域を出ない内容でしょう。今目の前にいる肉親ですら平気に争っていた時代に、そんな大昔の氏族つながりがどれほど意味があったでしょう。

「氏神というものは複数存在するものなのでしょうか」
氏神が本来の“氏の祖神、祖先を祀った神社、あるいは神”という意味ではなく、郷土の産土神や有力神を氏族の守護神としたものという意味で使われているのであれば、複数存在してもおかしくはないでしょう。それ以前に藤原氏であれば氏神社は奈良の春日神社ですが、藤原といっても鎌足や不比等の流れを汲むものではなく、ステータスとして名乗っていた藤原であれば、そほど意識はしないでしょうね。

 尾張氏(おわりうじ)は天火明命を祖神とし、本宗家は天武天皇13年(684)に姓(かばね:氏とともに朝廷より賜る称号)を連(むらじ)からより高いの宿彌(すくね)に改められます。

 熱田神宮は当初、尾張氏が奉斎していましたが、12世紀初頭からは藤原南家の熱田大宮司流が大宮司を勤めます。

『国史大辞典』吉川弘文館
『日本史諸氏諸家系図大辞典』講談社

『織田系図』・『織田家譜』では平重盛の子資盛の遺児、親真を祖とし、初めは近江国津田荘に、そして越前国丹生郡織田荘の織田剣神社の神官へ養子となり織田氏を称したとあります。
 しかし、永正15年(1518)に守護代織田達勝が円福寺に出した禁制では「藤原達勝」とあり、信長も天文18年(1549)に出した禁札に「藤原信長」と署名しています。信長が平姓を名乗ったのはご承知の通り天下統一に向けて、源氏である足利家への抵抗からでしょう。そのため、平氏の落胤に結びつけた系図を作成したというのが妥当で...続きを読む

Q藤原道長と奥州藤原氏?

はじめまして。ちょっと疑問があります。
奥州藤原氏は、東北らへんに住んでいたんですよね。でも、藤原道長は京都で摂政をしていたってことは、藤原一族は京都から東北地方まで移り住んだってことですか??徒歩で?!@@
それとも藤原道長と奥州藤原氏は親戚ではないんでしょうか,,,
教えてください。

Aベストアンサー

まず最大に注意しないといけないことは、奥州藤原氏は藤原秀郷の子孫を「自称」していたことです。
つまり、実際に藤原摂関家と血がつながっている証拠はないのです。

これは多くの武家にいえることですが、自分の家を有名な人の後裔にすることで、格式に箔をつけるのです。

戦国に至るまで多くの家系が藤原氏の出であるとなのっています。そうですね・・・後北条家の家臣だけで見てみると・・・まず成田氏(藤原道長後裔)、内藤氏(同後裔)、清水氏(不明、しかし藤原姓を名乗っていた)といった具合に、結構な数が藤原氏後裔を名乗っています。

理由は二つです。
1つ目は後裔を名乗っている家の独自改竄。
当時家系図といっても、あちこちに散逸している一族の家系図をすべてまとめてはいません。そういうわけで「自分たちのさかのぼれる先祖を、ここにくっつけてしまおう」というのが横行しました。
なお、架空の人物が家系図に入っているわけではないため、どこがどう改竄されたのかがわからないのです(そもそも改竄した家、つまり勝手に名乗っている家は、それより前の記録がない)。
2つ目は、藤原氏が売り渡したもの。藤原摂関家は没落して財政難となったのですが、そのため自分たちの戸籍を売り渡して、ばら撒いていたようです。
こちらもどう改竄されたのかはわからないのです。

奥州藤原氏は前者ですね。実際に本当の家系と認識されるのは清衡までです。それ以前は怪しい、というのが現状です。
でも、ある程度家系図がしっかりしていると、そうであると認められるのが世の常。奥州藤原氏もそうです。

なお、実際に藤原氏は日本中に散布しています。理由は律令官制の国主などのせいです。また、嫡男以外は別系列を作るしかないですから、子孫が別家系を作り、またその子孫が別家系を・・・という具合に、どんどん増えたのです。で、もちろん嫡男以外は中央からは遠ざかりますから、端のほうはどんどん遠ざかります。
その中には守、介を拝領してその地に赴いて、そこに土着した人もいました、中には罪人となり僻地に流された人もいました。中には敗戦したのちに落ち延びた人もいました。次男がそのまま土着した例も数多いです。
で、そういった人の実際の子孫か、それを利用して家系をくっつけた家が全国には大量にいるのです。奥州藤原氏もその一つです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/奥州藤原氏

まず最大に注意しないといけないことは、奥州藤原氏は藤原秀郷の子孫を「自称」していたことです。
つまり、実際に藤原摂関家と血がつながっている証拠はないのです。

これは多くの武家にいえることですが、自分の家を有名な人の後裔にすることで、格式に箔をつけるのです。

戦国に至るまで多くの家系が藤原氏の出であるとなのっています。そうですね・・・後北条家の家臣だけで見てみると・・・まず成田氏(藤原道長後裔)、内藤氏(同後裔)、清水氏(不明、しかし藤原姓を名乗っていた)といった具合に、...続きを読む

Q奥州藤原氏討伐のときに落ち延びた藤原一族はいますか?

奥州藤原氏のことを調べ始めたばかりなのですが、
鎌倉勢が攻めてきてた時や泰衡が討たれた後、
一族はどこかへ(酒田湊以外)落ち延びていったと言うことはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

津軽藩の藩祖・津軽為信は
奥州藤原氏の末裔と称しているので、いたかも(^-^)/

・落ち延びたのではなく、鎌倉勢に臣従し、本領安堵された
藤原一族には、
藤原秀衡の四男・本吉四郎高(隆)衡
が、います。
現在の宮城県と岩手県の県境の「本吉郡」が、その領地です。

義経の首を鎌倉に運んだ人としても、有名です。
(梶原景時が、頼朝の時のように義侠心で
助命嘆願してくれたので、
景時死後、その一族を奥州に
招いたそうです。)

・藤原秀衡の従兄弟(2代、藤原基衡の子)で、
紫波の比爪に住んだ藤原俊衡の一族は、老齢のため不戦につき、
その後、源頼朝によって宇都宮の宮司に補され、現在も、栃木県に御子孫が在住である

Qなぜ,藤原氏は「藤原」「の」「道長」と,「の」がつくのでしょうか。

なぜ,藤原氏は「藤原」「の」「道長」と,「の」がつくのでしょうか。
徳川氏は「徳川」「家康」と「の」がつきません。
その違いは何でしょう。

Aベストアンサー

「藤原」が本姓だからです。源平藤橘と言う言葉を聞いたことありませんか?
源、平、藤原、橘、皆天皇からいただいた姓なのです。
それ以外に苗字があり、これが織田や羽柴、徳川なのです。
ですから、徳川家康も持っており源になります。(途中で改姓したので)本姓で言えば「源(の)家康」と言うことになります。
豊臣秀吉も豊臣は本姓ですから正式には「とよとみ の ひでよし」と読みます。
秀吉の苗字は羽柴ですから俗称は羽柴秀吉ですね。このときは間に「の」は入れません。
本姓は明治3年の平民苗字許可令と明治8年の平民苗字必称義務令により日本人全員が苗字を持つことになり廃止されました。
それ以前の江戸時代までは苗字を持っているは武士階級や名主などの一部平民だけで、一般平民は苗字を持っていませんでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報