Windows XPでスクリーンセーバーが起動してから、マウスやキーボード操作で画面が復帰したときに開いているウィンドウのうち1つが閉じてしまいます。
ウィンドウが開いていないときは終了オプションの画面になります。
これはどういう現象でしょうか?

A 回答 (2件)

アクティブな画面が閉じるということですね。


スクリーンセーバはXP付属のものでしょうか?

現象から言えば、
ALT+F4 を押しているか、押したと同様にキーデータ
を出力しているような感じです。
つまり、
1)スクリーンセーバが終了時にalt+F4キーデータ
  を出している
2)ショートカットキーが変わってしまい
  anyKeyのようになってしまっている。
のどちらかの可能性が高いのではないでしょうか?

原因は不明ですが、何か心あたりのある追加情報はありませんか?

解決策でなくてすみません。
    • good
    • 0

ウインドウが閉じてしまうという現象については、すいません、よく分りません。



ウィンドウが開いていないときは終了オプションの画面になる現象については、設定変更で回避可能かもしれません。
以下を実行してみてください。
1.「スタート」-「コントロールパネル」を開く
2.「クラシック表示に切替える」をクリック
3.「画面」を開く
4.「スクリーンセーバー」タブを開く
5.「再開時にようこそ画面に戻る」のチェックをはずす

当っていればいいのですが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング