車に乗る時に溜まっていた静電気が放電して、バチッとくることがありますが、車から人へ放電しているのでしょうか。それとも人から車なのでしょうか。
また、バチッときた時、車と人はそれぞれどちらの電気を帯びているのでしょうか。
それから、放電の際に火花は必ず発生するものなのですか。何故、火花が出るかも教えてください。

A 回答 (6件)

>車と人の間で行き交う電気よりも空気中の水蒸気と結びつく電気の方が多いと言うことでいいのでしょうか。



●「水蒸気と結びつく」は違います。全く水蒸気のない気体の中でも放電はします。放電とは気体の絶縁破壊とお考えください。
この場合は、空気の絶縁が破れてあたかも導体として、車と人との間で電流が流れるということになります。
もし、空気絶縁が破れなかったら、人が車に触れた時点で初めて電流が流れ、中和されますから、バチッとなることは無いことになります。
バチッとなるのは、触れる前に絶縁破壊で電流が流れるからです。
比較的電圧が小さい場合は、触れた途端にその接触抵抗に一気に電流が流れるため、バチッとなることも考えられます。

>ドアノブを握った時に来るバチッというのは帯電している人間が、たまたま電気を通しやすい金属に触れたので一気に電気が流れたと思っていいのでしょうか。
それとも予めドアノブも何かと摩擦して帯電状態にあり、帯電した人間とドアノブの電気が引き合う性質の時(どちたかが+どちらかが-になっている)にバチッとくるのでしょうか。

●前者の方です。
たとえば、靴(特に革靴)とじゅうたんの間での摩擦により、人間が帯電します(革靴と人間は同電位です)。ドアノブに手を近づけるとドアノブ側に人間とは反対の電気が誘導されます。
で、これもまた触れる直前に空気の絶縁破壊によりバチッとくると考えられます。

これは雷も同じことですね。雷雲は帯電すると、地面(地表の物も含む)に逆の電気を誘導します。そして、ある程度高電圧になると空中放電(落雷)となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっと謎が解けました。
何度も答えてくださって、どうも有り難うございました。

お礼日時:2005/04/17 09:37

補足します。


今回のご質問で、人間がマイナスに帯電していたのなら、車から人へ放電していることになり、人間がプラスに帯電していたのなら人から車に放電していることになります(車体は人間のもつ電荷とは反対の電荷を誘導されます)。
しかしながら、放電の結果というか現象は同じです。
なお、今回の説明で申し上げた「放電」ですが、あくまでも空中放電について述べたものです。
    • good
    • 0

まず、どのようにしてバチッと来るかといいますと、服と服、または服と肌がこすれ合って体に電気がたまり、それが車に触れた手から一気に流れだすからなのです。

だから、この場合は、人から車へ電気が流れているのです。車が勝手に帯電(電気を発生させてためる)ことはまずありません。電気が流れるには、当たり前ですが、プラスとマイナスが必要です。しかし、静電気というのは、電子がコードの中を動く動電気、いわゆるコンセントから出ているような電気とは違って、電子がある物体にたまる、つまり電子が静止している状態をそういいます。また、このように、物体に電子をためるには、この物体に電子をあげる物体も必要です。だから、静電気は、必ず二つの物体の接触によって発生し、物体(1)から電子を物体(2)にあげたとすれば、電子はマイナスの極性を持っていますので、物体(1)はプラス、物体(2)はマイナスの電気性を持つことになります。放電についてですが、放電という言葉の定義は、文字通り「電気を放出する」ことであります。だから、電池に電球をつないで電球を光らせれば、電池は「放電」していることになります。静電気の場合、電子をためた物体に手を近づけると、大体は物体に触れる前に放電するため、火花が発生します。火花は、空気の分子と電子の衝突によっておこるのですが、詳しいことをいいだすとキリがありません。火花というのは、空気中に電気が通って始めて目に見えるものですので、放電の際に必ず火花が散るというのは、言いにくいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変よくわかりました。
どうも有り難うございました。

お礼日時:2005/04/17 09:26

>具体的に…


具体的と言われても・
ずっと昔に、理科の静電気の実験でやったような気がしますが、何が+に帯電して何が-に帯電するかは忘れてしまいました。
一般的には、何らかの物質とこすれあって、
人間側が表面から電子を奪われると+に帯電し
逆に奪うと-に帯電するってことですね。
どちらがどれほど、電子を奪いやすいか奪われやすいかできまると思います。
つまんないことしか書けなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
難しいですね。
自分の方でも、もう少し調べてみます。

お礼日時:2005/04/15 23:29

>バチッときた時、車と人はそれぞれどちらの電気を帯びているのでしょうか。


バチッと来る前には、車は通常車体がアースされているので、人間が帯電(-の場合もあれば、+の場合もあります、どちらに帯電しているかで電流の向きはかわります)していると思われます。

この回答への補足

具体的に人間がプラスを帯びるのは様な状況下なのでしょう。マイナスも同様に教えていただきたいのですが・・・

補足日時:2005/04/14 21:54
    • good
    • 0

>バチッとくることがありますが、車から人へ放電しているのでしょうか。

それとも人から車なのでしょうか。

●どちらがプラスで、どちらがマイナスかという質問でしょうか?
帯電の状況によって違うと思いますが・・・
通常は、車のシートと衣服との摩擦によって帯電するものだと思います。おそらくその時の材質によって決まるのでしょうね。
原理としては分子構造から見て、外側の電子の数が4個なら安定しているが、1個なら飛び出しやすくプラスに帯電するでしょうし、外側の電子の数が3個なら他からの電子を取り込んでマイナスに帯電するだろうと考えられます。
車なり、人なり、どちらから放電しても、結果は同じだと思いますが・・・

>バチッときた時、車と人はそれぞれどちらの電気を帯びているのでしょうか。

●バチッと来たときは、電気的には中和された状態です。

>放電の際に火花は必ず発生するものなのですか。何故、火花が出るかも教えてください。

●車と人が触れるときに、静電気の電圧が非常に高いため、触れて中和する前に空中放電によって中和してしまいます。
すなわち、空気の絶縁が破れて空中放電するとき、火花を伴うということです。

なお、蛇足ながらこの静電気のバチッを防ぐ方法としては、車から降りるときにお尻が座席から離れる際、ドアの金属部分に触れながら降りると、静電気がその部分を通じて中和されて放電が起きません。

この回答への補足

●車と人が触れるときに、静電気の電圧が非常に高いため、触れて中和する前に空中放電によって中和してしまいます。

この回答ですと、車と人の間で行き交う電気よりも空気中の水蒸気と結びつく電気の方が多いと言うことでいいのでしょうか。

それから、ついでにお聞きしたいのですが、ドアノブを握った時に来るバチッというのは帯電している人間が(+の電気を持っているのか-の電気を持っているのかは分らないけれども)たまたま電気を通しやすい金属に触れたので一気に電気が流れたと思っていいのでしょうか。
それとも予めドアノブも何かと摩擦して帯電状態にあり、帯電した人間とドアノブの電気が引き合う性質の時(どちたかが+どちらかが-になっている)にバチッとくるのでしょうか。

補足日時:2005/04/14 22:02
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【電気】蛍光灯とLEDの科学と化学と電気について質問です。 蛍光灯もLEDも放電灯です。 蛍光灯

【電気】蛍光灯とLEDの科学と化学と電気について質問です。

蛍光灯もLEDも放電灯です。

蛍光灯には放電方式に3つあって、グロースタート式、ラピッドスタート式、インバータ式の3種類があるそうですがそれぞれの違いを教えてください。

3種類のうち主流は何なのかどれが1番安定していて美しく光るのか高寿命なのか等、利点と欠点を教えてください。


あとLEDですが、LEDも放電式だったんですね。

青色LEDと黄色LEDの2つのLEDを光らせることで白色に見せているらしいですが、青色と黄色の2色の何が光っているのでしょうか?

気体ですか?

まさか実物の青色のLEDと黄色のLEDの2個が中に入って2個のLEDが光って人間の目で2色が被って白色に見えているわけではないですよね?

さすがに青色と黄色のLEDが光ってたら分かりますよね。

気体が合体して入っているって話ですよね?

Aベストアンサー

LEDは放電灯ではありません

1から勉強し直してください

Q雷や静電気のような放電についてのいくつか疑問

いま、家でフライバックトランスを使い、コロナ放電を発生させて、実験を行っています。そこで、いろいろな実験を行ってみて、疑問に思ったことがいくつかありました。1、なぜ、静電気やコロナ放電は、青白く光っているのでしょうか。2、アーク放電は、なぜ青くないのでしょうか?3、フィラメントが切れた、電球に放電してみましたが、なぜかアーク放電のようになりました。4、空気のなかを通って、放電するという(絶縁破壊)のは、どういうことなのでしょうか?空気の中で電子が移動すると言うことであれば、低圧の電源でも電気が流れませんか?

以上の4つです。 1つだけでもいいので、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1について。

「空気中の窒素分子が放電で励起する際に青白く発光する」と言う理論だったかな。

Qグロー放電

大学で、グロー放電の実験をしました。
その際に不思議に思ったことがあったので質問します。

グロー放電の様子を観察していたときに、陰極部が紫色に発光していたんですが、陰極の後ろのあたりも紫色に発光していました。
発光するなら、陰極と陽極間だと思っていたんですが、なぜ陰極の後ろ側も発光していたのでしょうか。
よければ教えてください。

Aベストアンサー

陰極側には正の電荷を持ったイオンが到達します。
イオンの質量が大きいため、陰極直前で急な軌道変化ができず、一部のイオンが陰極の横を通り過ぎて後側に回るような軌道をとっているのではないでしょうか。

Q静電気を帯びさせる方法はを教えて下さい

あるロボットメーカーに勤務しているのですが、ロボットが数時間に一度落ちてしまう現象が発生してしまいます。

操作パネルがフリーズして居る様で、必ず一定の時間が必要な事から、静電気を原因と考えたいのですが、方法が思い浮かばず困っております。
パネルが落ちる程ですので、帯電しているにしても相当強く帯電していると思われます。

帯電ガン(イオンレイガン?)と言った物もある様ですが、もっと手軽に対象を帯電させる方法がありましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

静電気の試験をするので有れば、「静電気放電シミュレータ」を使うのが良いです。
IEC61000-4-2 Ed2.0:2008等の規格に沿った試験が出来ます。
http://www.kikusui.co.jp/catalog/?model=kes4021a_22a

小型のバンデグラフ起電器を使う方法も有りますが、電圧が高すぎるかもしれません。
http://www.yagami-inc.co.jp/view/science/pickup/45433

ところで、操作パネルを構成する部品の中でシャーシやシグナルグランドから絶縁されている金属部品は有りませんか。
これには、飾りで付いている部品とか、絶縁シャフトについている金属製のノブなども含みます。
こういうものが有ると、金属部分に徐々に静電気がたまり、ある限度を超えると一気に放電して回路の誤動作の原因になる事が有ります。
全ての金属部品は必ずシャーシ(フレームグランド)またはシグナルグランドへつなぐようにしましょう。
感電の恐れで直接つなげない場合には高抵抗を介して繋ぎます。

電源や接続ケーブルからのノイズが原因でフリーズする事も有ります。
特に電源ラインにモーターなどがつながっていると、それらのオンオフ時にサージが発生しそのラインにつがっている機器の誤動作の原因になる事が有ります。
このような問題の検討には「インパルスノイズシミュレータ」を使用します。
http://www.ipros.jp/product/detail/71476015/

「静電気放電シミュレータ」や「インパルスノイズシミュレータ」の使用は、製品の電磁的な妨害に対する耐性を評価する為には必要な事です。

こちらも参考になるでしょう。
http://homepage3.nifty.com/tsato/dtemc/part6.html
http://homepage3.nifty.com/tsato/compliance.html

静電気の試験をするので有れば、「静電気放電シミュレータ」を使うのが良いです。
IEC61000-4-2 Ed2.0:2008等の規格に沿った試験が出来ます。
http://www.kikusui.co.jp/catalog/?model=kes4021a_22a

小型のバンデグラフ起電器を使う方法も有りますが、電圧が高すぎるかもしれません。
http://www.yagami-inc.co.jp/view/science/pickup/45433

ところで、操作パネルを構成する部品の中でシャーシやシグナルグランドから絶縁されている金属部品は有りませんか。
これには、飾りで付いている部品とか、絶縁シャフ...続きを読む

Q充電器YZ114SPBでの放電について。

少し前にYZ114SPBという充電器を購入しました。

単3のニッケル水素電池(950mah)1本に対して1A放電、
放電終止電圧を1.0Vに設定し放電をしました。

そうしたところ、放電終了前の電圧表示を見ると確かに1.0Vでしたが、
放電終了後は1.2Vになっていました。

テスターで計測しても確かに1.2Vでした。

これで正常なものなのでしょうか?

ためしに0.1Aで放電した見たところ、1v近くまでしっかり放電されました。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

正常だと思います。電池は放電電流が大きいと電圧降下し、放電してある
電圧になっていても、無負荷で時間を置くとある程度回復してきます。

今回の件を解釈すれば、「1.0Vで終止」を指定したので、1A放電での電圧
降下も含め1.0Vに達した時点で充電器は放電を止めました。ここで放置する
と回復が起こり、1.2V程度になったのでしょう。
0.1A放電ではこれより電圧降下が起こらず、もっと容量を消費した時点で
1.0Vに達したので回復せず、そのままになったと思います。

4セルニッカドとかも、「1セル=0.9V」放電、即ち3.6V終止指定で1A
放電しても、放置すると4セルで5V近く復活することがあります。
「無負荷で計った電圧」では本当のところ容量を判定出来ないのもこう
いったところから来ています。また温度変化でも電圧は変わります。

Qプリンタ用紙の静電気の放電

印刷用紙に静電気が帯電し、プリンタに用紙が複数枚同時に引き込まれてしまいます。
この印刷用紙の束に帯電した静電気を簡単に放電する方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

 冬になって湿度が下がって静電気が発生し易いのが原因なら・・・加湿器で湿度を上げるしか根本的な対策はないと思います。

 #1さんが回答しているように、用紙自体に静電気を帯びて複数枚の用紙が同時に引き込まれるのは事前に対策できますが・・・多分 用紙を引き込む時に静電気が発生しているとすれば湿度を上げるしかないかもしれません。 なお、加湿器は超音波式と沸騰式がありますが、超音波式はカルシュウムを撒き散らすので沸騰式の加湿器で湿度を上げて下さい。

Qニッケル水素電池のリフレッシュ放電について

ニッケル水素電池のリフレッシュ放電について質問なんですが、
リフレッシュ放電のやり方は 電池の電圧を0Vになるまで放電すればいいんでしょうか?
それとも放電終止電圧値(自分が使用している電池の放電終止電圧6V)まで放電すればいいんでしょうか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

0Vまで放電すると電池をいためますので、
放電終止電圧まで放電してください。

そもそも、ニッケル水素電池のメモリー効果はそれ程ありませんので
それ程気にするものでもありません。

Q車が磁気を帯びたらしく、車内の方位磁石が狂った!?

普通のマークIIで、ダッシュボードの上に両面テープで方位磁石をつけてました。カーナビなど大嫌いな私はこれと地図でどこへでも迷わずにいけるのでした!
でもその磁石が狂いました。もとい磁石は正常なのですが車内の磁場が変わったようです。
今まで数年間、ちゃんと正しい方角を指してくれていて、オーデイオ、携帯電話、ETC等磁気を出しそうな機器類は変更無しです。他の磁石でも試しましたが、車の外では正しく指すのに、いつものダッシュボードの上では常に「北西」。ちなみに車外からボディに磁石を近づけると、ドア、ボンネット、トランクなど場所によって違う方位を指します。
何かのきっかけでボディ全体が磁石と化したような感じがするのですが、何か対策はありますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私と同じようなことにこだわっている方がまだおられてちょっとうれしいです。
つぎのようなアドバイスではいかがでしょう。

ポイントは、「誤差グラフを描き、妨害磁場の方向を見つけ出してこれを打ち消すような補正磁石をちょこんと置く」

 他の方のアドバイスにもありますが、普通、車でも船でも航空機でも、車内・機内にはいろいろな永久磁石が使われており、定常的な誤差磁場を持っていますので磁気コンパスに対する誤差補正は重要な問題です。質問者さんの場合、従来ほとんど誤差がなかったのはむしろ幸運だったでしょうね。

さて、具体的方法は3ステップで、次のとおりです。

(1) 誤差グラフを描く
 まず、地図を使って家の周りのいくつかの道路の正確な方向を見出します(小学校から駅に向かう県道は、北行きで336度N、南行きで156度N・・等。全方位にわたるよう10~20方位くらい出しておきます。)
実際にその道路を走ると誤差をもって表示されますので、横軸に正確な方位、縦軸にプラスマイナスの誤差をプロットしたグラフを描きます。(車が方位90度N(東)を向いているはずなのに表示が60度N。誤差はマイナス30度・・等。原理的にはプラス誤差とマイナス誤差の部分が出るはずで、グラフは少々複雑な曲線になります)
昔の航空機などでは慎重にこのグラフを描いて終了です。航法士がグラフを逆読みし、「今、磁気コンパスの表示が60度00分Nなので、実際の方位は90度00分Nだな」とわかります。(実際はもうちょっと複雑)しかし、自動車ではこれは大変ですね。

(2) 誤差磁界の方向を読み取る
 グラフから、妨害磁界の方向を見つけ出します。速度計などを含め複数の妨害磁界があるはずですが、「ベクトル合成」の考え方から結局は架空の妨害磁石が1個あるのと同等になり、その磁界方向を見つければよいのです。グラフ上で誤差が0になる車の方向を見出せばその際の北(南)の方向がそれに当たります。(例えば、車が45度N(北東)を向いたとき誤差0なら、このとき、北は左前方にありますよね。この方向に地磁気があり、妨害磁界方向がこれに合致しているので誤差が0.妨害磁界は方位磁石の左前方から右後方に向けての直線上に発生しています。左前がNなのか右後ろがNなのかはあとで修正します。なお、原理的には誤差0になる方向は2方向ありますが、どっちを使っても良いでしょう)

(3) 補正用磁石を置く
車を、グラフで見て誤差が最大になる方向に向けます。(例えば南東方向)
次に、棒磁石(子供が釘をくっつけるなどの遊び用で良い)を、(2)で発見した直線上に、N極を方位磁石に向けて置いてみます((2)の例なら例えば方位磁石の左前方に。すると、影響で表示が変わりますね。))
棒磁石と方位磁石の距離を調整し、誤差が最小になる位置を見つけます。(誤差が小さくならない場合は、棒磁石の方向を逆にしてやってみる)


これで一応完成です。見つけ出した位置・方向で補正磁石を両面テープで貼り付けましょう。さらに工夫してみても良いですね。もっとも、多少の誤差はどうしても残ります。もともと真北と磁北は8度ずれており、また航空機や船と違い、町にはところどころに妨害磁界や鉄の構造などがあり、周辺を走行中の車体が帯磁していることもあるので、私の場合は最大プラスマイナス10度程度まで追い込めば良しとしました。

また、ちょっとした車内アクセサリが影響を変えたり、車体の帯磁や、補正磁石の強度も変動しますので、気になる場合は2~3年でまた補正を調整するのが良いでしょう。
なお、船舶用などでは、補正用磁石をあらかじめ内蔵していて、ダイヤル操作で補正値を調整できるものもあります。

上記の方法は、磁気コンパスの位置はどこでもよい(必ずしも妨害磁界の少ない場所である必要がない)のですが、あくまでも妨害が定常磁界の場合に有効であって、磁化していない鉄が近く(車の窓枠などが10cm程度以内かな)にある場合(誘導磁界)の場合には原理的には修正できませんし、正確さを追い求めると最適な補正を行うことに「ハマッて」しまって家の周囲の街中ををぐるぐる回りだすハメになりますが、ある程度補正がうまくいくとチョッとした充実感を味わえます。

さてさて、いかがでしょうか。
GPSの時代に今更と思いますが、おでかけの際に走行距離計(こちらも地図から誤差補正しておくと良い)と組み合わせて子供たちに地図を渡して「面白がってナビ」をやらせると結構楽しんでくれるなど、それなりの意味がありますので、お役に立てれば幸いです。

こんにちは。
私と同じようなことにこだわっている方がまだおられてちょっとうれしいです。
つぎのようなアドバイスではいかがでしょう。

ポイントは、「誤差グラフを描き、妨害磁場の方向を見つけ出してこれを打ち消すような補正磁石をちょこんと置く」

 他の方のアドバイスにもありますが、普通、車でも船でも航空機でも、車内・機内にはいろいろな永久磁石が使われており、定常的な誤差磁場を持っていますので磁気コンパスに対する誤差補正は重要な問題です。質問者さんの場合、従来ほとんど誤差がな...続きを読む

Q過放電?

No.32251の中の回答で
「過放電」「完全放電」
の二つの言葉が出ましたが、違いがよく分かりません。
過放電が悪くて、完全放電が良いと言われていますが、
違いが分からないので具体的にどうすれば良いのかも分かりません。
そこらへんを分かり易く教えてください。

Aベストアンサー

蓄電池(2次電池)は、化学反応を利用して電気を蓄えていますが、
放電(充電も)の課程で、可逆な範囲と不可逆になってしまう範囲があります。

ある程度の放電であれば、外部から電気を与えるともとの充電状態に
戻りますが、電気が残っているからと言ってそれ以上に放電させてしまうと
本来の可逆な化学反応以外の反応による起電力も利用してしまうため、
それ以後、充電をしても正規の充電状態とはならなくなります。
これが過放電です。

通常、このときは反応内容が違うため、本来の起電力より低い電圧になります。
このため、ある程度の電圧(放電終止電圧、1.2Vのニッカドなら
0.9V~0.8V)
で放電をやめることで、過放電を防止することができます。

Q雷の時に家で空中に火花が・・・

昨日の台風で家の近くに雷が落ちたようでした。その瞬間、家の中に大きな火花が散ったのです。空中に火花が散ったという感じでした。私は1階にいたのですが、2階にいた弟も部屋で火花が散るのを見たというので驚きました。特にどこか燃えたわけではないのですが、もしその瞬間に火花の下にいたらやはり感電してしまうのでしょうか?雷が怖くなってしまいました。なぜこのようなことがおきたのか、どうすれば危ない目にあわなくていいのかどなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

付近の電線へ落雷して、接地線を一瞬のうちに焼断し、配電線を伝って屋内へ入って来たものと
思われます。
被害にあったのはあなたの家だけでなく、近所の家でも同じような目に遭っているでしょう。

落雷と同時に、火花が散ったのですから「直撃雷」です。
「誘導雷」ではありません。

電灯線の近くにいたら、たしかに感電する危険はあったと思います。
しかし、放電経路としては、人体よりもっと他に通りやすいルートがありますから、死ぬようなこと
はないと思われます。
(正確なことは誰にもわからないと思います)

通り道は雷様のご気分次第ですから、避ける方法はありません。
架線には避雷線が設けてありますが、これが役に立たなかった事例です。

パソコンやその他の家電製品は大丈夫だったでしょうか?
一度総点検されることをおすすめします。
落雷のときは地面そのものが、数千Vに上昇します。
アースは何の役にも立ちません。
パソコンは過電圧に弱いので、電源に接続されていれば、破壊される可能性があります。
(このサイトでも落雷でパソコンが壊れた事例はいっぱい報告されています)

雷様が近づいてきたら、パソコンのような過電圧に弱い機器はなるべく、コンセントを抜いておく
方が安全です。

付近の電線へ落雷して、接地線を一瞬のうちに焼断し、配電線を伝って屋内へ入って来たものと
思われます。
被害にあったのはあなたの家だけでなく、近所の家でも同じような目に遭っているでしょう。

落雷と同時に、火花が散ったのですから「直撃雷」です。
「誘導雷」ではありません。

電灯線の近くにいたら、たしかに感電する危険はあったと思います。
しかし、放電経路としては、人体よりもっと他に通りやすいルートがありますから、死ぬようなこと
はないと思われます。
(正確なことは誰にもわか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報