以前付き合っていた方の会社の公開前株を購入しています。現在その方と連絡を取っていませんが会社自体は順調である事は確かです。もちろん詐欺とかの心配はありません。公開前の株を購入した場合、証券などは公開してから手元に来るものなのでしょうか?それとも現時点で手元に何かしらの書類などがある物なのでしょうか?配当金などは多少、時期が来ると入っているようなのですが。。。株の事は全くわからず、購入時は彼の会社に参加しようと言う意味で、特に深く考えずだったので、今となってちょっと疑問に感じています。詳しい方、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

会社の所有者は「株主」ですから、株主は会社に対して様々な権利を有しています。


その権利の中で、定期的に必ず行われるものは「(定時)株主総会」です。これは会社の最高意思決定機関であり、会社の決算期の翌日から3ヶ月以内に開催されます。
定時株主総会の案内(招集通知)は来ているのですよね。そしてその際に営業報告書やらが入っていて会社の現況を大まかに把握することができるのですよね。

しかし未公開企業は想像以上にいい加減なものです。
<株券について>
株券がないのは未公開では実は「当たり前」に近いものなのです。現行法制(まもなく改正になりますが)の元では、上場するためには「適格株券」を会社は発行する必要があり、これを日本に数社しかない「指定証券印刷会社」で印刷する必要があります。
しかし未公開にはそうした決まりはありませんので、文房具屋で売っている株券を買ってそれを使っても構いませんし、株券を発行しなくても構わないのです。

株券を発行しない場合ですが、
正確に言うと、会社が「株券を発行しません」というのは認められておらず、株主が「株券を発行しなくてもいいよ」と言った場合にのみ発行しなくてもよいのです。ですから、株主が「株券を発行してくれ」と言えば会社はそれを拒むことはできません。

<株主名簿について>
通常の未公開企業は、株主の管理を自社でやっているため、株主名簿に記載されているといっても安心はできません。安心できるケースというのは、株主に関する事務手続きを信託銀行に依頼している場合です(信託銀行の「証券代行業務」といいます)。

<株主としての地位を確認するには>
株券を発行してもらい、あなたの会社の金庫の中に保管しておくことです。
そして株主総会の招集通知が来たら必ず目を通し、極力総会に参加するようにすることです。
その会社は上場するかどうかわかりませんから、そうやって「監視しているんだよ」ということを立場で示しておくことが重要であると考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
とても詳しく説明して頂けてとても勉強になりました。
色々と複雑な関係上、私名義で購入することが難しく、私の身内名義で購入しております。そちらを通して株主総会などの案内が来ているのですが、もちろん私が顔を出すことは難しいので、今まで出席した事はありません。
現時点で数年が過ぎていますので、上場はもしかしたら難しいのかもしれませんね!数百万のお金を漠然と出してはいけませんね(笑)高い授業料だと半分はあきらめているんです。ただ、もし上場した時はどうなるのかな。。。と、証券などが無いのでちょっと疑問に思った次第です!

お礼日時:2005/04/14 21:26

株主名簿に記載されていますので、そのあたりについては問題はないと思います。



ただ、会社が順調だからといって、上場するとは限りません。
ご存知のように、利益がかなりある会社でも上場していない会社は山ほどありますね。
その辺のことが要になるとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。株主名簿と言う物があるのですね!安心しました。
昨日未公開株についてこちらで色々検索してみた所、上場までたどり着くのは・・・と言う内容も多く、あまり期待せずにいたほうが良いかなと実感していたところです。アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2005/04/13 18:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング