現在のほとんどの邦画は、海外どころか日本国内でも評価するに値しない作品がたくさんあると思います。
海外を視野に入れれば、俳優(TVアイドル)の知名度でキャスティングするこなく演技力でキャスティングするし、映画の製作者たちの映画制作に対する思い入れも違ってくると思います。
芸術家は、みんなに評価して欲しいから作品を作るわけですよね。身内だけで面白ければOKというわけでは無いですよね。
100本の低予算駄作映画を作るなら、1本の傑作を撮って欲しいのが本音です。
最後に、昨日デビルマンを観ました。これを、作った人達や映画館で上映した映画館関係者はいったい何を考えてるんだっ!
駄文で、すみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

日本映画に限らず傑作(傑作の定義は別として)は100本に1本程度しか誕生しません。

映画に限らず「作品」とはそういうものです。量的な「厚み」がないと生まれないのです。逆に言うと1本の傑作を生む為には99本の駄作/凡作が必要なのです。

下記URLを覗いてみるのも一興です。
http://forum.nifty.com/fjmovie/movie/2002/lastsc …
http://www.ai-shobo.com/zatu6.htm
http://channel.slowtrain.org/top.html

参考URL:http://www.sadanari.com/nihoneiga_menu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2005/04/15 04:44

よっぽど日本映画にご不満のようですが、日本映画を何本くらい見てますか?


1000本観ているのならば多くの人が謙虚にあなたの意見に耳を傾けるとおもいます(私は溝口健二の無声映画から青山真治/諏訪敦彦までの作品1500本は観ています)。
傑作は作ろうとして作れるものではなく、様々な要素が幸福な出会いをしてやっと生まれるものです。
別の質問でお答えしたように、年間100本前後の製作本数では傑作が生まれる確率は、低いです。
黒澤の傑作は彼個人の能力や映画会社の能力だけではなく、当時の日本映画の総合的な力が生み出したのです。彼が今生き返っても現在の日本の映画界ではかつてのような傑作は撮れないでしょう。
また、映画は、商品としては以前ほどの価値を持っていませんのでそのような商品に積極的に投資する会社が減少するのは資本主義経済では当然のことです。
製作体制、配給体制、上映体制、入場料、検閲制度など映画産業をとりまく様々な事情も考慮してみる価値があると思います。日本映画衰退の原因は、制作側の怠慢が大きいのは確かですが観客側にもの責任の一端はあるとおもいます。

もうすぐゴールデンウィークですがこの言葉は映画界から生まれました。昔のこの時期は、映画観客数が多く、映画界にとってまさに「黄金週間」だったのです。昭和33年(1958)が日本の映画観客数のピークで年間約11億人が映画を観ましたが現在は、その十分の一です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
確かに私はそうとう日本映画に不満を持っています。
日本映画を観たのは、今までで中で50本くらいですかね。その理由は、邦画=つまらない、という固定観念があるからです。
邦画のつまらない原因は、映画の作り手に100パーセント問題があるのでは?
洋画の話は別として、邦画は100本撮って数本しか傑作が撮れないなんて悲しいです。映画人なら100本撮ったら100本傑作を撮れと言いたいですね。
過去の傑作邦画をTVでもっと放送すれば、いろんな意味で邦画に対する価値観が変わる人(私を含め)がたくさん出てくると思うのですよね。

お礼日時:2005/04/14 19:28

すみません。

No9に関する補足(訂正)です。

>イギリスやインド、イタリアなどのようにかつての栄光(?)など影も形もなく

と書きましたが、「イギリスやドイツ、イタリアなど」が正しいです。
インドとドイツとを間違ってタイプしてしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

訂正ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/14 04:34

昨年公開された映画のうち、いわゆる邦画の占める割合は30%をちょっと超えた程度だっ


たようですが、実はこの数字は世界的に見ても驚異的なものなのです。と言うのも、映画
の位置付けが日本などのいわゆる先進諸国と異なっており現在でも年間600本もの映画が
制作されるインドを除くと、これほどまでに自国の映画の占める割合が高い国は他には無
いのです。イギリスやインド、イタリアなどのようにかつての栄光(?)など影も形もなく
なってしまった国々においてはアメリカ産の映画が圧倒的なシェアを持っていますし、国
家が様々な形で助成や支援を行い、その結果まだ映画が産業としての形態を保っているフ
ランスですら国産映画の占める割合は2割程度なのです。
また単に国内のシェアに留まらず、日本人監督の世界映画における位置付けは文句なしに
アメリカに次ぐと言えます(確かにその差は大きいですが)。大島渚、吉田喜重、鈴木清順、
今村昌平、深作欣二、北野武、黒沢清、周防正行、塩田明彦、青山真治、是枝裕和、諏訪
敦彦、河瀬直美、塚本晋也。もしかしたらSUPERBITが知らない名前が(多数)あるかも知れ
ませんが、彼らは海外で一定以上の評価をされている現役の日本人監督達で、これだけの
質と量を確保できている国は現在においてはアメリカ以外には無いのです。なお、一般的
に評価が高いないしは世界的な著名度があると言われている山田洋次や岩井俊二、行定勲
らは海外では実は全く評価されていませんので名前を挙げていません。

日本映画はダメだ。テレビドラマの焼き直しだ。このような評価は良く見聞きしますし、
事実「なんとか捜査線」とか「なんとかくん」などと言ったテレビドラマそのもののよう
な作品が大手を振るっている実情も一面ではあると思います。でもだからと言ってそれが
全てというわけでもなく、上述の通りある意味においては非常に活況を呈している部分も
あることは間違いないのです。

繰り返しになりますが、愚にも付かない映画が量産され消費されている実情はあるものの、
それだけではなくちゃんとした映画がきちんと作られていると言うことも知って下さい。
例えば、現在少数の映画観でしか公開されていない『カナリア』(塩田明彦監督)のような
映画が沢山あることを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
きちんとした邦画に出会えるように、気楽に邦画を応援していきます。
現在の邦画って悪い面だけが表面に出て、良い面は表面に出てこないのかもと思いました。
でも、これは映画を鑑賞する私たち側に問題があるのではなくて、作り手に問題があるからですよね。

お礼日時:2005/04/14 04:33

私も,黒沢明の作品は好きです.


特に,最盛期の作品,「七人の侍」「生きる」「隠し砦の三悪人」,その他
は,モノクロだったり,モノラルだったり,
音声も全然良くないのですが,感動しますよね.

それに比べて,最近の邦画はどうなんだろうか?
と言うことですよね.

でも,面白い作品もたくさんあります.
みなさんご指摘の映画の多くは,私も面白く見させていただきました.洋画も良いですが,多くは,やはり外国人向けで,「おおざっぱな作り」です.
日本人は,やはり「日本人の琴線に触れる」作品を作ることができると思います.

ハリウッド作品の中にも,「大変な駄作」はたくさんあります.
なんで,そんな駄作を作ってしまうのでしょうか.
ご質問は,良い作品をうんぬんしたのではなく,
「どうしてこんなにもつまらない作品を何のために作っているのか?」ということでしょうか.

それが分かっていたら,作らないんじゃないでしょうか.一種の,ある確率で生じる,「出会い頭の事故」だったと思いますけど.
製作費が少ないせいとか,日本人の感性が劣っているせいとは思いません.

所詮映画は,「娯楽産業」です.楽しみましょう.
それで,国の優劣を決めたりしない方が良いと思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
No.8さんの意見とても共感を得れます。
気楽に邦画を楽しんでいきます。
邦画ってTVドラマのような感覚で作っているから、大画面で観るとイマイチなのかも知れません。例えば『トリック』や『ケイゾク』

お礼日時:2005/04/14 04:23

なんでよりによってデビルマンを選んで


しかもよりによってそのデビルマンで方が批判をするなんて・・・という気持ちですね。
ここ数年の邦画はかなりレベルが高くなっていますよ。邦画の興行収入も高くなっていますし、「素晴らしい」邦画もたくさんあります。
去年劇場で30本近く映画を見ましたが僕にとってNo.1は邦画の「花とアリス」でしたし、「下妻物語」「スウィングガールズ」「今会いにゆきます」などの傑作も多かったです。

あと、もう一つ。失礼ですが「デビルマン」のデキがどうあれ、あれは「今の邦画のレベルを知る基準になる」タイプの映画ではないです。
「仮面ライダー劇場版を見たが最近の映画のレベルは・・・」というのと同じくらい愚かなことです。
ぜひ劇場に足を運んでもっと映画を見てください。
素晴らしい邦画はちゃんとたくさんありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
あえて『デビルマン』を選んだ理由は、邦画のもっとも悪い例だからです。
私も年間20本くらい映画館で映画観るのですが、4年前に『サトラレ』(ラストで泣きそうになりました)を観て以来、邦画を映画館で観てませんでした。その前は『バトルロワイアル』です。理由は、安藤政信が大好きなので。
今年の3月に久しぶりに邦画を観ました。『いぬのいえ』という。もちろんコンセプトが全く違うから比べてもしょうがないのですが、最近よく観る黒澤明の映画と比べると、やっぱ現代の邦画は映画館で観るべきでは無いなと思います。『七人の侍』『用心棒』『隠し砦の三悪人』一度は映画館の大画面で観てみたいです。
DVDやTVで邦画をたまには観るのですが、映画館の大画面で観たいなという作品は皆無に等しいです。もちろん、面白いなと思う作品もありますよ。

お礼日時:2005/04/13 17:21

日本で劇場で上映されるような海外の映画は、実際に製作されている映画のホンの一部にすぎないわけで、言ってみれば天才とか優等生ばかりを見ているようなモンです。


それと国内だけで上映された映画全部を比較するというのは、「エリート留学生と市井の高校生を比較」するようなものですから、あんまり意味がないと思います。
海外の映画には、それこそゴミと呼ばれるくらいの映画が沢山ありますよ。

映画が芸術か?というのは難しいですね。
映画にはあまりにも多くの人間が関わっています。
画面にチラッとだけ写るようなビールのラベルを作ったりする人から、俳優、また、監督、脚本家のように作品をコントロールでき、その仕上がりを左右する立場の人もいます。
映画をコントロール出来る立場の人が、映画での芸術家に相当するのでしょう。
これだけ多くの人が関わり、機材も場所の使い、なおかつ時間を使う以上は、芸術だけのためには、映画を作れんのですな。
言ってみれば商売ですね、そうであれば、少しでも観客が来る要素を入れるのは仕方ないところ。
商売ですから、決して身内だけOKなんてことはしていないですよ。
このように考えると、映画をコントロール出来る立場の人は、商売として成立し、多くの関係者からも突出する作家性を発揮する事を要求されるわけですから、楽ではないですね、きっと。

ただ、映画の運命を左右する立場の人間があまりにも利己的だったり、審美眼が無さ過ぎると、とんでもない駄作が、いとも簡単に作られてしまいます。
例:キャシャーン

だから予算が多ければよいと言うものでもないと思います。
少なくとも、最近鑑賞した「恋の門」は、面白い映画でしたが、SFXも莫大な予算も使っているようには見えませんでした。

映画の予算と面白さや芸術性は、必ずしも同じベクトルにはならないのですな。

「デビルマン」に関してはご愁傷様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
映画が商売ならば、もっと国内外問わず良い評価を貰える作品を作るべきではないでしょうか?
例えば、海外からリメイクオファーが来る作品や、10年後20年後も名作と語り継がれる作品です。

お礼日時:2005/04/13 17:07

映画は、ほかの芸術作品と違って、低予算とは言っても、家が買えるくらいの膨大なお金がかかりますんで、ただ自分の欲求を満足するためにだけにはつくることができません。

そのお金を集めるためには、集客が見込めるかということが重要で、アイドル俳優や人気の原作、最近の流行などを導入していくことが必要です。それは日本だろうとハリウッドだろうと、世界中どこの国でも同じです。

問題はそれらをどう料理するかですね。日本映画はそれが極めて下手くそだと思います。演技ができないアイドル俳優を起用するなら、それを補填する何か(ストーリー性や助演俳優とか)を入れなければならないでしょう。でも、それがうまくいっていない場合が多いんですね。
ついでに言えば、ハリウッドを意識しすぎです。特にSFX系はどうもだめです。日本オリジナルは十分に海外でも通用する力をもつことは、様々な作品で実証されているんですから、それでいいんじゃないかってぼくは思うんですが。ハリウッドと日本じゃ文化が違うんだから、同じ道を目指したところでうまくはいかないでしょう。

槍玉にあがっている「デビルマン」はまさに上記の失敗の集大成ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
やはり、どの国の人からも日本映画は最高だと言って欲しいです。

お礼日時:2005/04/13 17:01

市川監督「母ちゃん」は、お涙ちょうだいの大ヒット洋画より何億倍もしんみりしますよ。


まだ、出逢って無いだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
市川監督の『母ちゃん』チェックしときますね。

お礼日時:2005/04/13 16:56

邦画は殆ど見ないですね。


何故か?殆どの邦画はテレビドラマの短縮版にしか思いません。俳優、女優の使い方が何時も同じで先が読めてしまい、まったくもって面白くないからです。
制作側にしてみれば赤字にならず、そこそこ利益が出れば、映画館はご近所の広告収入や館内販売での収入を得る為に有る程度人が呼べる作品を作り続けてくれば良い訳でしょうね。

邦画?はアニメ以外期待していません。(悲しいけど!)

NO1の方の洋画の制作のしかたの法則は確かにあるようですが、人の感性って踊らされやすいのでしょうか?悲しいですね

良い作品より、商売上手な作品しか生きられないなんて?・・・・

デビルマンそんなに?・・・・ですか?見るの止めます!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
ANo.3さんと全く同意見です。
日本映画界には、せめて映画には映画俳優を使えと言いたいです。

お礼日時:2005/04/13 16:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「日本映画の悪いところ」とは何?

よく映画のレビューなどで「日本映画の悪いところばかりが出た」などという表現を見かけますが、
「日本映画の悪いところ」とは具体的にどういったものが考えられますか?

Aベストアンサー

それはそのように言う人それぞれに違いがあるはずですが

監督が自らの作家性にこだわり過ぎる。
その肝心の作家性が貧弱なものである。
予算がないので絵面がケチくさい。
役者の訓練または能力の不足。
観客の観賞力を見くびっている。
スポンサーやタイアップ先の言うがまま。
TVドラマの延長でスケール感に欠ける。

こういう感じの事の全てあるいはいくつかについて言っているのかな、と思います。

Q旬な人気映画作品を入替なしで何回も観れる映画館はありませんか?

東京または関東近郊で、ザ・マジックアワーなどの人気作品を入替なしで何回も続けて観れる映画館はないでしょうか?

Aベストアンサー

シネコン以外の昔からある映画館なら結構ある(といっても激減だが)はずですよ。毎回満員になるようなら入れ替えにするでしょうけど。そこまでは入っていないと思いますから

私のテリトリー(神奈川)だとマジックアワー上映館で入れ替え無しは、相鉄ムービル(時々並ばせることがあるので、その場合は入れ替えになります)、フジサワ中央(こちらは大丈夫でしょう)です。神奈川だとあとはシネコンばかりなので確実に入れ替え制です。
もっとも、最近は時間つぶしで映画を見る人が少なく、実際はほとんど入れ替わってしまうので居心地は悪いでしょうが、退場を強制されることはありません。

アドバイスとしては、○○映画とか、××座、テアト△△といった名称であればシネコンはないはずなので多分入れ替え無しかと(名画座ばかりで封切館は少ないと思いますが)。また、○○東宝、○○東映、○○松竹といった名称のものも同様ですが、都心地区では最近は座席指定、入れ替えになるようです。

Q日本映画はなぜ凋落したのか?

わたしはこれまでずっと「洋画専門」でした。
わたしが、中学、高校の時、70年代後半は、
「日本映画はツマラン!」というのが周知の事実でした。

しかし最近になって、戦後の日本映画(50年代~60年代)に興味を持つようになって、日本映画の素晴らしさを発見しました。

黒澤、小津、溝口、成瀬、川島、木下、渋谷・・・・

それに素晴らしいのは「独立プロ」の作品・・・・

今井正、山本薩夫、家城巳代治、

三船、志村と袂を分つ前の黒澤がいて、

戦メリでない大島渚がいました。

活動の場を舞台に移す前の有馬稲子や山本富士子がいました・・・・

なによりも驚いたのは、これらの日本映画が全然ジメジメしていないということです。

わたしは邦画=演歌の世界という刷り込みがありましたが、

邦画=落語という感覚を覚えました。

くだくだしくなく、粋なんです。

昔の邦画を観ていると、円生、志ん生、文楽の噺を聞いているようです。

わたしは映画史には全く疎いのですが、

一体いつから、何故日本映画は凋落したのでしょう?

また、ここ数年の活況はどこから来ているのでしょう?

そもそも「凋落」などしていなかった。
日本映画は常に一定の水準の作品を送り続けてきた。

という言い方もできるのですか?

初心者ですのでよろしくご教授下さい。

わたしはこれまでずっと「洋画専門」でした。
わたしが、中学、高校の時、70年代後半は、
「日本映画はツマラン!」というのが周知の事実でした。

しかし最近になって、戦後の日本映画(50年代~60年代)に興味を持つようになって、日本映画の素晴らしさを発見しました。

黒澤、小津、溝口、成瀬、川島、木下、渋谷・・・・

それに素晴らしいのは「独立プロ」の作品・・・・

今井正、山本薩夫、家城巳代治、

三船、志村と袂を分つ前の黒澤がいて、

戦メリでない大島渚がいました。

...続きを読む

Aベストアンサー

rossettiさん、おばんです~。相変わらず難しい熟語をご存知なんですね。
一知半解の私はタジタジですぅ。さて、なぜ邦画が斜陽の一路なのか・・・。
アメリカナイズされたのもそうでしょう。映画代金が高いのもそうでしょう。
日本のスターは、映画館へ足を運ばなくてもTVで会えるというのもそうでしょう。
これらを全て融合して考えると、こういうことじゃないでしょうか。

映画館でいろんな作品が上映されてるとします。
しかし入場料が高いので、何本も観るという訳にはいかなくて吟味することになる。
となると、TVで観られる俳優が出演している邦画はパスとなる。
どうせ観るんなら、カッコいいハンサムさんと可愛い女優さんが観たいもんね。
となると、戦後の貧しい生活を強いられていた日本人に比べ、
大きな車を乗り回したり大きな家に住むアメリカ人は日本人にとって憧れでした。
その影響が今になっても払拭されていないと思うのです。

とはいえ、そういうアメリカナイズされた日本人にたまらなく嫌悪感を覚える人も多いですよね。
実は最近の私が少々それでしてね。
何でもかんでも大金積んで、CGバリバリの作品ばかりが先行しちゃってる。
イイ男&イイ女っていう組み合わせも食傷気味・・・。

ちなみに、先日観て来た西田敏行&渡辺謙主演の「陽はまた昇る」はメチャ良かったですよぉ。
左遷された男たちが、己の信念を貫いて会社の危機を救う話です。
ラスト、屋上から見下ろした青い××の圧巻なこと!
西田敏行って全然イイ男じゃないけど、いい演技するなぁって思いました。
邦画もなかなか捨てたもんじゃないですよね!

     ふろむFANFUN変酋長

rossettiさん、おばんです~。相変わらず難しい熟語をご存知なんですね。
一知半解の私はタジタジですぅ。さて、なぜ邦画が斜陽の一路なのか・・・。
アメリカナイズされたのもそうでしょう。映画代金が高いのもそうでしょう。
日本のスターは、映画館へ足を運ばなくてもTVで会えるというのもそうでしょう。
これらを全て融合して考えると、こういうことじゃないでしょうか。

映画館でいろんな作品が上映されてるとします。
しかし入場料が高いので、何本も観るという訳にはいかなくて吟味することにな...続きを読む

Q最近の日本映画の中で、高く評価されている作品や監督を教えていただけませんか

最近日本映画に興味を持つようになりました。昔の名作はいろいろ見たのですが、最近の作品がよくわかりません。
そこで、世界的に高い評価を受けている最近の映画作品や、映画監督を教えていただけないでしょうか。監督さんについては、なるべく若手の方でお願いします。

Aベストアンサー

#2の方の仰るのは『西川美和』ですね。

彼女は群を抜いてると思います。

代表作は2作目の『ゆれる』です。最近3作目の『ディア・ドクター』が公開されました。

女性でしかもまだまだ若い。これから必ず名を広げていく、センスの良い監督だと思います。


世界的・若いなどの条件というより、良い監督として、

タナダユキ、犬童一心、岩井俊二、三木聡、細田守など。

Q最近は日本映画がハリウッド映画よりもおもしろいんでしょうか?

現在、アメリカに住んでいて、日本にはもう5年以上帰っていません。最近、聞いた話によると、日本では、日本映画のほうがハリウッド映画よりもおもしろいと聞きました。っていうのは、ハリウッド映画の内容がシンプルすぎておもしろくなく、日本映画のほうが、話の内容が濃いとかなんとか。

それで、私の質問はというと、最近の日本でおもしろいといわれる映画と、実際に、ハリウッド映画のことをどう思うのか、この二つに的を絞って回答してほしいです。

Aベストアンサー

ハリウッド映画は制作費の高騰により、失敗が許されない状況です。
なので、無難なシナリオ、ヒット作のリメイクなどで似たような作品ばかりになってきています。

ホラー映画などもとりあえず殺人しておけばよし。のようなハリウッドより、
心理的怖さを重視する日本ホラーが新鮮なのでしょう。

日本映画が優れている、面白いというより新鮮なのではないでしょうか。

Q映画監督の「作品を作らない間の収入」はどうしてるの?

お世話になります。
映画監督というのは作品と作品の間は何をして収入を得ているのでしょうか?

例として、先週フジテレビで放送された「スウィングガールズ」がヒットした矢口監督の劇場作品公開スケジュールは・・・
ウォーターボーイズ (2001年)
パルコ フィクション (2002年)
スウィングガールズ (2004年)
歌謡曲だよ、人生は (2007年)
ハッピーフライト (2008年)
となっています。
劇場映画を作るのは数年に一度のようです。映画を作るのは大掛かりな仕事であり、年に何本も作れるものではないことはわかりますが、映画と映画の間は何をして食べているんでしょうか?

予想
1 今までの作品の収入(劇場作品、CD,DVD、関連商品、TV放映権、原作小説などなど)で充分喰っていける。金が尽きるまでの間は次回作品の構想を練っている。(TVのバラエティ番組に出たり、雑誌の対談にでたりと、傍目には遊んでいるように見える。)いよいよ金が危なくなってきたらようやく次回作に取り掛かるほどのいわば職人。
2 芸術系大学、映画専門学校で講師などをしている。
3 TV業界、Vシネマ業界などで生活費程度の収入はいつでも稼げる。
4 他の映画制作に助監督とか、脚本執筆の形で参加している。
5 映画会社(または製作にかかわったTV局)から給与を得ている。実は映画がヒットしようがコケようが、決まった給料しか、もらっていない。
6 嫁さんが働いている。


映画監督にもピンからキリまでいるでしょうが、ピンの例もキリの例も教えてください。

お世話になります。
映画監督というのは作品と作品の間は何をして収入を得ているのでしょうか?

例として、先週フジテレビで放送された「スウィングガールズ」がヒットした矢口監督の劇場作品公開スケジュールは・・・
ウォーターボーイズ (2001年)
パルコ フィクション (2002年)
スウィングガールズ (2004年)
歌謡曲だよ、人生は (2007年)
ハッピーフライト (2008年)
となっています。
劇場映画を作るのは数年に一度のようです。映画を作るのは大掛かりな仕事であり、年に何本も作れる...続きを読む

Aベストアンサー

日本人の監督で、ギャランティが一本千万を超えるような方はいま現在はいないと思います。かなり名のある監督が大手配給会社の正月映画をを手がけても国産の高級車が買えるくらいのギャラです。
インディーズ系だと軽自動車が買えるくらいのギャラになります。
ということで、質問者さんの予想の通り、1-6のどれかで稼いでいることになりますが、年に一本大ヒットを飛ばしているような監督だと、DVDなどのビデオグラムやTV放送から派生する二次使用料、海外配給など、劇場公開後もそれ相応の金額を稼ぐことは可能です。

映画監督としての仕事だけで食えているのはハリウッドの監督の一部だけだと思われます。が、これも一時だけで長きに渡って監督業だけで生活が成り立っている方となると、それこそ数える程度になるんじゃないでしょうか?
まあ向こうの場合は自分のプロダクションを持っていたり、プロデューサー業を兼任したりと、映画界の多方面で活躍する監督も多いんですけど。

Q素敵な日本映画をおしえてください。

最近、日本映画にはまっています。

前は洋画ばかりみていたのですが日本映画の素晴らしさに気づきました。

そこで、感動系、人情系、面白い系などの映画があったら教えてください。
(怖い系、悲しい系、暗い系(人がいっぱい死ぬ)はちょっと苦手です(>_<))

好きな映画は伊丹十三監督の作品と、最近見たのではピンポン、助太刀屋助六などです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

僕も「蒲田行進曲」は誰が見ても文句なく面白いと思います。
好き嫌いあるかもしれませんが、私の日本映画での一番は「家族ゲーム」です。伊丹十三ふんする一般的な団地住まいの家庭に松田優作の家庭教師がやってくる。そして、独特の個性で勉強嫌いの宮川一郎太の成績を上げていく。団地や学校といった当たり前の舞台なのだが一つとして当たり前の撮り方をしていないので画面だけでも全編新鮮。例えば机を透明にして机の裏側から勉強してる風景を撮影したり、部屋が細長いからか4人の家族はテーブルの片側に並んで食事をしたり。監督の森田芳光は「天才監督」として当時は一世を風靡しました。
巨匠黒澤はどれ見てもたいがい面白いですが特に「天国と地獄」は面白さ抜群。ハリウッド映画に引けを取らないエンターテインメント性。丘の上の豪邸に住むの金持ちの社長。このおっさんは金持ちなのだが社内クーデタの危機に直面していた。社長の座を守る為に会社の株の半数以上をすぐに買い占めなければならなかった。これは一刻をあらそう。それができなければ社長の座を追われ一文ナシになる事がわかっている。
そんな折、息子が誘拐され犯人から大金を要求する脅迫電話が掛かる。驚いた父母だが、しかし、ふと見るとなんと息子は家にいるではないか。犯人は間違えてお抱え運転手の息子を誘拐してしまったのだ。しかし、それでも犯人はその社長に金を要求する。「おまえに運転手の息子を見殺しにできるかな」と。
金持ちの社長に一度たりとも意見した事のない気弱な運転手が初めて社長に言う「だんなさま息子を助けてください」。
社長はクーデタ阻止の為工面した金をアタッシュケースに詰め、犯人の要求どおり「新幹線」に乗り込む。
ココまでが「序章」です。

僕も「蒲田行進曲」は誰が見ても文句なく面白いと思います。
好き嫌いあるかもしれませんが、私の日本映画での一番は「家族ゲーム」です。伊丹十三ふんする一般的な団地住まいの家庭に松田優作の家庭教師がやってくる。そして、独特の個性で勉強嫌いの宮川一郎太の成績を上げていく。団地や学校といった当たり前の舞台なのだが一つとして当たり前の撮り方をしていないので画面だけでも全編新鮮。例えば机を透明にして机の裏側から勉強してる風景を撮影したり、部屋が細長いからか4人の家族はテーブルの片側に並ん...続きを読む

Qやくざ映画の傑作を教えてください。

やくざ映画を無性に見たくなりました。
ただし、駄作は見たくありません。
見て損のないやくざ映画を教えてほしいのです。
仁義なき戦いはもう見たので除外してください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちはー

「激動の1750日」 

世に言う山一戦争を題材にしています。
私は誰が誰の役をしているのか、全部わかるほどのヤクザ映画好きですが、この映画は名作です。

「ミンボーの帝王」

これも傑作です。
やはり渡瀬恒彦はかっこいいですねー

Q最近の日本映画は面白いですが、何か変わったのでしょうか?

本日、映画「ミュージアム」を観てきました。とても面白かったです。

近年の日本映画は、テレビ局が人気のあるテレビドラマを同じキャストでわざわざ映画化
しているケースが多いので、私は「テレビドラマで充分ではないか」と思い、映画館では
ほとんど観ていなかったのですが、この数か月の間に「64」「シン・ゴジラ」「怒り」
「君の名は。」「ミュージアム」と日本映画を観たのですが、どれも非常に面白かったです。

これらの作品はテレビドラマの延長上のような作品ではないですし、特殊メイクやCG処理も
ハリウッドに負けていないレベルで、さらには実力のある俳優が良い演技を見せており、
私のような中年のオッサンが充分楽しめる映画ばかりでした。

この1~2年くらいの間に日本映画を取り巻く環境などが何か変わったのでしょうか?
それとも私が観てないので知らなかっただけで以前からレベルが高かったのでしょうか?

Aベストアンサー

その5作と「1~2年」ということに関して言えば、ご指摘の通り、日本映画が“ハリウッド化”してきたのでしょう。特に変わったのは予算だと思います。また、作品を構成するうえでの方程式みたいなものも確立されてきて、そこにパーツを当てはめると、ある程度は娯楽性を持たせられるようになったのだと思います。手軽で高性能なカメラや再生・編集機も増えて、今はどの大学にも映画学科があるような時代ですので。ちなみに、とりわけその5作に関しては、質問者さんの少年趣味をくすぐったのではないかという気もいたします。個人的には、ハリウッド化はちょっと寂しいですが。

Q映画「モスラ」は駄作だったのですか

1961年の映画「モスラ」は、「ゴジラ」などと比べて、駄作として評価が低かったのでしょうか。

Aベストアンサー

なつかしいですねえ。

秀作でしょう。

モスラの幼虫と成虫のそれぞれのキャラが立っていて、どちらが欠けてもモスラじゃない、という感じでしたね。

ゴジラのマッチョなイメージが「怪獣」と呼ぶにふさわしいものでしたが、モスラは「守り神」的存在なので、その分「怪獣」としてのインパクトは弱かったかもしれません。

ただし、その分正義の味方の怪獣としてのイメージが定着したわけですから、優れた作品だと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報