はじめまして。私は、税理士試験を受験しようと思い立った会社員です。独学で1年に1科目の受験を考えています。来年の夏に簿記論を受験するつもりですが、なにぶん初めて触れる世界です。そろえるべき法令集、わかりやすく骨太な参考書、問題集など、これは使える!というものがあれば、具体的に教えていただけないでしょうか?
 また税理士試験、税理士業務についての心構えなど、アドバイスありましたら御指南下さい。是非よろしくお願いいたします。
 
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は大学院免除はあまりお勧めしません。



というより法人税を勉強しないで税理士事務所に入るいうことは
ボール蹴った事が無い人がサッカー部入るのに近いです。
それでも会計科目を受かってれば球拾い(記帳等の雑用)はできます。
3年ぐらい球拾いなどをやればだんだんボールが蹴れるようになるのも事実です。

でも受験時代とは体系的に何年もかけてその税法を勉強できる
最初で最後のチャンスでもあります。
    • good
    • 0

働きながら受験は大変ですが、簿財はすぐに受かるのでがんばって!税法はほんと厳しいのでボリュームの少ない科目からやって最後にだめなら重い科目は大学院で免除してもらうのがいいと思います!!自分は、会計科目は受かったので後は固定か酒受かって免除もらうよていです。

    • good
    • 0

 再びghq7xyです。

自分の回答について補足します。
 老婆心ですが、簿記論の勉強を始めるに当たって、スタートラインにたつには日商簿記2級の商業簿記のレベルが必要です。2級の商業簿記レベルが完全に理解していることを前提に簿記論の第1回目の授業はスタートします。従って2級の商業簿記のレベルが理解できていないと、最初から授業についていけないことになります。因みに工業簿記の学力は不要です。簿記論の出題範囲は殆どが商業簿記でして工業簿記も少ないながら出題範囲に入りますが、原価計算を使う完全工業簿記は出題されませんので、原価計算が出来なくても全然No Problemです。簿記の力が足りないと感じるならば、大原の入門コースを受講し、それと同時進行で簿記の学力が無くても勉強できるボリュームの少ない税法科目から勉強するという手もあります。以下、大原が提示している科目別で開講の段階で必要とされる簿記の学力を挙げておきます。

開講の段階で日商簿記2級のうち、商業簿記の理解が必要となる科目
簿記論及び財務諸表論

開講の段階で日商簿記3級程度の理解が必要となる科目
所得税法、法人税法、消費税法及び事業税

開講の段階で簿記の学力が殆ど不要な科目
相続税法、酒税法、国税徴収法、住民税及び固定資産税

 参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

 こんにちは、ghq7xyです。

私は税理士試験のうち、財務諸表論に合格した一部科目合格者です。この回答はかなり厳しい内容であることを予めご了承ください。
 まず、ponpon1さんは独学を考えているとの事ですが、はっきりいって甘いです。独学で勉強しようという考えは即刻捨ててください。やはり大原やTACなどの専門学校は教材が優れているし、講師は自分が担当する科目に合格した一部科目合格者ですから、自分の合格した経験を盛り込んで熱心に授業を行います。ですから、こうした専門学校の先生の言うとおりに勉強すれば合格できる実力がつきます。独学では決して理解しにくい点も専門学校で勉強すればカバーできるし、独り善がりもなくなります。挫折も独学に比べしにくいです。(とはいっても、挫折する人は多いが。)
 もし、こうした専門学校が近くに無かったりとかで通うのが困難なのであれば、最近ではCSによる衛星放送を使った講座やインターネットを使う講座などもあるのでそれらを活用してみてはどうでしょうか。
 さて、税理士試験は税理士審査会の発表によると100点満点中60点が合格点である、としていますが、実際には得点ではなく、上位10%前後の人が毎年合格します。従って競争試験だと思ってください。そのためにも大原などで勉強すると、毎月月末に定例試験を行い、ランキングを見ることで合格の可能性が分かります。
 ponpon1さんは簿記論の勉強を始めたいとの事ですが、初学者対象の簿記論一般クラスの開講は9月からが原則ですよ。もう9月開講の講座は締め切られてしまいましたが、10月開講講座からならば、まだ間に合います。私は大原に通っていますが、1月開講では授業の進度が急スピードですので9月開講でないと厳しいです。(私は1月開講の一般クラスの経験はありませんが。)一般クラスで9月開講でないと合格が厳しいのは簿記論に限らず、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法などです。これらの科目は1コマ3時間の授業を週2コマ行います。それに対し、消費税法などは量が少ない分、1月からでも十分間に合います。
 さて、私の場合ですが、一昨年簿記論を一般クラスで受講しましたが不合格、昨年は簿記論を上級クラス、財務諸表論を一般クラスで受講し、結果は財務諸表論のみが合格、今年は簿記論3回目で、12月まで結果待ちです。私の場合、法律学を研究する修士課程の大学院生でして、税法3科目については来年免除見込みとなります。従って、実質残り1科目状態です。ですが、税法科目を全然勉強しないのは危険なので、基礎だけでも勉強しようと今日から法人税法と消費税法の基礎を12月までの間に限定して勉強し始めました。
 あと、余談ですが大学院の免除について解説をしますと、改正前の税理士法7条では、法律学や財政学で学位(修士)を取得した人は税法3科目を免除する規定になっていますが、今年の春に税理士法が改正され、平成14年4月以降に大学院に入学した人からは税法学により学位を取得した人について税法2科目までを免除する形になりました。つまり、税法科目のうち1科目は試験に合格する必要があるということです。でも、夜開講の大学院もありますから検討するのもいいでしょう。2科目免除はそれでも試験でとるより楽ですから。因みに会計2科目(簿記論及び財務諸表論)についても、商学についての学位で会計2科目両方を免除していたのが、平成14年4月入学者からは会計学で学位を取得した人について簿記論か財務諸表論かのいずれか片方のみを免除する形となりました。これは、大学院を2つ出ることで試験を1科目も受けずに税理士資格を取得する人が多くなった、という弊害からです。こういう人をダブルマスターといって税理士としては蔑視の対象となります。
 最後に大原のURLを下の参考URLに載せておきますので、参考にしてみてください。受験勉強、大変ですけどがんばってください。

参考URL:http://www.o-hara.ac.jp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいお返事ありがとうございました。今日早速、いくつかの専門学校の受講案内を取り寄せました。やはり時間とお金を一度に投資することが必要条件のようですね。簿記論からはじめようかと考えていましたが、補足を頂きましてから、相続税法をメインに据え、かたわら簿記検定を受けようかと考え直している最中です。丁寧かつ辛口なご意見、大変参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/10 22:16

私の彼も、税理士を目指して奮闘中です。


側で見ている私も、かなり大変で(笑)本人はもっともっと大変そうです。

彼氏のことを見ていて思うのですが、
参考書を見ての勉強ではなく、学校に通ったり、
または通信で・・という勉強方法なんですけど、
それでもかなり大変なんですよね。
彼は働きながら受けていたので、凄い量だしスランプもあったりして
私にとばっちりが・・(笑)
今は仕事を辞めて、残りの科目合格を目指してます。

出来たら、添削つきの通信講座とかに申し込んだら
いいかもしれないな・・とは思うのですが、
独学で・・という事ですので、その意志は変わらないの
でしたら、検索で「税理士」とかけると、
結構税理士目指している人の立ち上げているHPが出てきます。
それが、試験対策とか色々なページがあったりして、
ネット環境のない彼は、インターネットカフェでみつけて
感心していました。
そういう所の掲示板などで、聞いてみてはどうでしょう?

質問の答えになっておらず、申し訳ないのですが、
少しでも「へ~」と思って頂けたらいいな~★と思って回答しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございました。
nikoma-kuさんと彼の実状がひしひしと伝わってきます。
私も仕事を持っている身分ですので、将来の自分の姿と、
彼の姿がだぶって見えてきました。
相当な覚悟が必要なようですね。
とても楽しく読ませていただきましたが、自分の身に置き換えると
つい真顔になってしまいました。
がんばってとばっちりを受け止めて下さいね。

お礼日時:2001/09/10 22:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税理士試験の税法科目の選択

税理士試験の税法科目の選択について相談があります。

私は現在大学3年生で、去年の9月から税理士試験の勉強を始めて、今年の8月に初めて受験をしました。
受けた科目は、簿・財・国の3科目で、簿・財の合格はほぼ確実と考えています。
そこで残り2つの税法科目の選択についてですが、法人税法は決まったものの、もう一つを事業税と住民税で悩んでいます。

一般的には、法人税法と関連性が強いのが事業税なので、この二つを平行して学習することで効率よく学習することが出来る、と聞きますが
私の通う専門学校の、住民税と事業税を担当する先生に相談したところ、実際にはそこまで関連性は無いとのことでした。
また、住民税については「ミニ所得税」と位置づけることができ、将来取引先から個人的な相談なんかをされた時に、使える知識かもよー、と勧められもしました。


そんなこともあり、私としては、法人税と住民税を選択したいと考えています。
でもネットで調べれば調べるほど、法人税と事業税のセットを勧めるところが多く、どうしたものかな、と悩んでおります。

専門学校の先生には、また相談することを予定していますが、
その前にここのネットで税理士受験を経験された方や、受験中の方などからアドバイスいただけたらな、と考えています。

ちなみに、大学在学中の5科目合格を目指しておりますので、ボリュームの多い消費と相続に関しては今回は選択肢からはずし、酒税と固定資産税についても、興味がわかないので選択肢からはずしています。

ご回答よろしくお願いします。

税理士試験の税法科目の選択について相談があります。

私は現在大学3年生で、去年の9月から税理士試験の勉強を始めて、今年の8月に初めて受験をしました。
受けた科目は、簿・財・国の3科目で、簿・財の合格はほぼ確実と考えています。
そこで残り2つの税法科目の選択についてですが、法人税法は決まったものの、もう一つを事業税と住民税で悩んでいます。

一般的には、法人税法と関連性が強いのが事業税なので、この二つを平行して学習することで効率よく学習することが出来る、と聞きますが
私の通う専門...続きを読む

Aベストアンサー

>個人の住民税が賦課課税方式で、

一般にそのように言われますが、申告納税方式の部分があります。
それは、所得税の申告義務はないが、住民税の申告義務や申告の必要性がある場合には、申告を行いますからね。これは、控除の額の差、所得0の無申告と申告での所得0での取り扱いの違いがあります。

住民税の申告(所得税の申告によるみなし申告と給与支払報告等による申告不要を含む)の影響範囲が、住民税以外にも波及するという面で間ゲル必要があるからです。しかし、税理士試験でどこまで知識が必要となるのかはわかりませんが、所得税知識などに追加する程度で済む話のように思います。

>事業税は実務でどれほど活用する場面があるのか、また、税
>理士試験で事業税を学習して良かった点などありましたら、
>教えていただけると幸いです。

事業税もあまり目立って活用する部分は少ないかもしれません。
しかし、所得税申告による事業税の賦課などでは、所得税の申告から予測したうえでのアドバイスが必要となると思います。アドバイスなどをしておかないと、顧客へ事業税の通知などにより驚かれ、説明不足などと思われかねません。その際に、事業税制度を理解していれば、申告が不要であること、事業主控除の存在、およその税額試算などができないといけませんね。

法人の事業税の申告では、ほとんどの場合、税理士用のシステムを使えば連動で計算され、出力となることでしょう。申告書類も簡易なものです。ただ、税金対策や課税額を含めた資金繰りなども考えると、それなりに理解が必要だと思います。また、法人税の申告等における事業税の取り扱いを考える際に、事業税の制度を理解していることで、法人税の制度理解をしやすくなると思いますね。

現在私は税理士業界(そもそも資格のない補助者)から離れ、零細企業の経営者として、自社の申告等の税務を行っています。その中で、経営の計画等を考える際には、税金対策や納税の覚悟などが重要なものだと思っています。その中で、法人税・所得税・事業税・消費税の基礎知識があることで、より密度の高い計画を考えることができますね。
私の会社では、税金対策のため、部門を分社化し、株式会社・合同会社・個人事業の3本立てで行っています。これは、十分な税金対策の恩恵を受けたいために行っているのです。これを考える際には、小規模であるほど消費税の免税事業者・簡易課税制度適用事業者の要件はもちろんのこと、企業間取引による利益や損失の分散などを行うことで対策をしています。そのさいには、上記の税目での注意が必要ですね。

税理士として活動する場合には、小規模な顧問先もありますし、ある程度規模の大きい顧問先もあることでしょう。それらを考えると、所得などの儲けに対するもの・収益が絡むもの・申告納税による対策ができる税目などを重要視されるとよいでしょうね。

先日、公認会計士の方と相続税の打ち合わせ(私の親族の相続)を行ったところ、その公認会計士はたぶん免除税理士だと思いますが、資産税担当ということでした。しかし、遺産分割に伴う部分で遺産の現金化を視野に入れる際の譲渡所得としての所得税の申告、所得の増加に伴う一時的な国民健康保険の保険料増額などの相談も受けてくれましたね。
専門分野は当たり前に深い知識は必要です。しかし、絡む税目などであれば、専門領域以外の経験や知識は必須ですね。

試験科目と実務で必要な税目では、考え方が異なると思います。
選択科目が大きな影響を及ぼすような挫折にならないよう、よく検討して税理士試験に挑みましょう。

>個人の住民税が賦課課税方式で、

一般にそのように言われますが、申告納税方式の部分があります。
それは、所得税の申告義務はないが、住民税の申告義務や申告の必要性がある場合には、申告を行いますからね。これは、控除の額の差、所得0の無申告と申告での所得0での取り扱いの違いがあります。

住民税の申告(所得税の申告によるみなし申告と給与支払報告等による申告不要を含む)の影響範囲が、住民税以外にも波及するという面で間ゲル必要があるからです。しかし、税理士試験でどこまで知識が必要となる...続きを読む

Q税理士試験について(通信大学・大学院)

私は、高卒です。卒業後都会に行き専門学校の社会人コースに通い親からの仕送りと自分でバイトをしながら24歳までに3科目(簿・財・法)に合格したのですが、それから田舎に帰り地元の会計事務所で就職しながら勉強していましたが、残念ながら1科目も合格できていません。昨年、会社を退職してバイトをしながら今年の試験に臨んだのですが、解答解説では思うように点数が取れていませんでした。そんなときに、東亜大学通信制大学院の存在を知りました。働きながら通信で大学に行き、また、大学院に行くのも出来ると望みを持ちました。受験で使うエネルギーを考えたら年齢的(来年30歳・独身です。)その方がいいのじゃないだろうか?と考えたりもします。で、質問ですが、通信の大学を選ぶならどこが、お勧めなのですか?(利用しやすさ。お金が安い。東亜通信制大学院に入学することが出来る。です。)出来る範囲内で過去の質問を検索してみましたが、探した範囲内では、ありませんでした。お手数ですが、卒業されたかたなど教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

例えば私が通学した産能は税理士コースがあり、簿記などの資格を取得していると単位を認定してくれますのでかなり卒業単位は少なくなり、短大の単位を4大に80単位まで認定してくれるので充分大学院への対応は可能かと思われます。またスクリーングも放送大学にて5単位までインターネットなどでも取得できるように工夫されています。後期からの入学も間に合いますよ。

参考URL:http://www.sanno.ac.jp/tukyo/index.html

Q東大ロースクール・行政法の論文試験対策用問題集

東大のロースクールの既修者枠で受験を考えております。
「公法系」として憲法と行政法の複合問題の対策をする際、行政法の論文対策にオススメの問題集などありますか??

現在C-bookで勉強しており、択一用ならWセミの問題集を使っておりますが、
論文対策がとても不安です。
国Iの問題等も見ますが、これでは高度すぎてマスターしきる自信がありません。
(東大レベルであれば、行政法も国Iレベルの問題を難なく解けないとまずいのかもしれませんが)

どなたかアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

専門ではないのですが、↓のホームページで参考になる
資料がありますでしょうか。

参考URL:http://japan.bestlawbook.com/book-4847115716.html

Q旧司法試験受験生の方々へ

受験票がまだ届きません。
17日発送予定とありましたがみなさん届きましたか?
首都圏なのでこんなに遅れるはずないのですが・・。

明日来なければ連絡するようにと書いてありますが
非常に不安です。

Aベストアンサー

首都圏ではなく地方ですが、本日到着しました。
内容につき不備が無かったのであれば、明日くらいには到着するのではないでしょうか?

Q29歳で受験できる公務員試験はあるんでしょうか?

私は現在29歳なのですが、年齢制限にかからない公務員試験はあるのでしょうか?
また、公務員試験というものは、合格後必ず就職できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。私は、昭和47年10月生まれで、30歳になります。去年とある地方公務員の試験を受けました。結果は2次試験でおちました。さて、質問の答えですが、年齢制限については、各地方自治体で違います。希望の地方自治体のHPで確認されたほうが良いでしょう。ちなみに私が希望していた自治体では去年の段階で48年3月生まれまでとなっていたので、今年からは受験資格がありません。愛知などは45歳ぐらいまでいけると聞いたことがあります。また合格後は必ず就職できるとは断言していません。しかし、実情は定年退職者の数から募集人員を決定している為、実際は合格者は全員就職しているようです。あと、地方自治体の内部の体質も考慮したほうが良いでしょう。建前は中途採用を認めていますが、私の受けた自治体は中途は実際取らないそうです。しかし、コネがあれば違うようですが・・・。これは内部の人から聞いている為本当だと思います。実際私の2次試験は建前でやっているのがひしひしと伝わってきましたので。また、こねもなかったですし。以上を踏まえて頑張ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報