勤務先の図書館検索専用のパソコンをWindowsUpdateした後起動させると、「Javaパッケージをインストールできません。コマンドラインが無効です。」とメッセージが出るばかりで先に進みません。Update以外に何かした覚えはないのですが、ワタシはいったい何をしてしまったのでしょうか。どうすれば元に戻るでしょうか・・・?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

OSがなにかわからないのですが。

。。

ここは参考になるでしょうか?

http://www.remus.dti.ne.jp/~anfiny/qa/a/win24.html

http://homepage2.nifty.com/winfaq/wxp/hints.html …

この回答への補足

失礼しました。OSはWin2000です。多分2項目が参考になると思います。実は今春から赴任したばかりで、歴代の前任者、何年もUpdateしてなかったのではないでしょうかね。がんばって生徒に迷惑がかからないように明日のガイダンスまでに間に合わせます・・・。

補足日時:2005/04/13 09:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タスクマネージャを呼び出してしつこくしつこく「タスクの終了」を選択していったらエラーメッセージが消え、通常の起動ができるようになりました。
 あのエラーメッセージの基本的な解決法はわからないままなのですが、ご回答に感謝します。

お礼日時:2005/04/14 09:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q議決不存在、取り消し、無効の意味

株主総会やマンション管理組合総会、漁業組合総会等で議決したもの対して不存在、取り消し、無効確認請求などの訴訟があります。
不存在、取り消し、無効の違いは何ですか。
議決が無効になるという意味では皆同じように思えるのですが。

不存在、取り消し、無効を区別して確認請求するのは何故ですか。
総会召集手続きが定款や規約に反する場合、その議案が定款や規約に反する場合で不存在、取り消し、無効確認請求と使い分けるのですか。

Aベストアンサー

違いがあるわけでもなく、使い分けているわけではなく、訴訟の「事件名」として使われているだけです。
訴状に記載する「請求の趣旨」では、例えば「年月日開催された総会の議事録のうち第〇項を取り消す。との判決を求める。」と言う場合の事件名は「総会取消の訴え」となり、
「年月日開催された総会の議事録のうち第〇項は無効であることを確認する。との判決を求める。」と言う場合の事件名は「総会無効確認の訴え」となります。
このように、何をどのように求めるか、と言うことで名称が変わるだけです。
勿論のこと、請求の趣旨が同じでも、原因が同じの理由もあれば、異なる場合もあるでしよう。
例えば、議決権の数に誤りがある場合、委任状に誤りがある場合、規約違反の場合、等様々な理由があります。
それらを分けているのではないです。

QJava Updateは必要ですか?

タスクバーにJava Update Availableと出ます。一週間ほど無視していましたが、何度も出ます。インストールしたほうが良いのでしょうか?
以前実施したような記憶がありますが、必要なものですか?

Aベストアンサー

A.No.1の補足回答です。
チャットやアニメーション以外にも、様々なところでJavaは使われることがあります。
また、今使っていなくとも以後使うことになるかもしれませんし…

JavaはWindowsの「準標準機能」のようなものとなってきていますので、アップデートしておいた方が良いかと思います。
大きなアップデートが頻繁にあるわけでもないので…^^;

Q「無効の行政行為」と「取り消し得べき行政行為」の違いについて

先日行政法を学び始めた者ですが、「無効の行政行為」と「取り消し得べき行政行為」の違いがわからず苦しんでいます。

前者 無効の裁定が下る→始めから法的効力を持たないものとする

後者 取り消しの裁定が下る→効果発生時からの効果を取り消す

効力に関してはこの二つは全く同じもののように見えてしまうのですが。。。わかりません

申し訳ありませんがどなたかレクチャーしていただけないでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

無効と取り消しの概念は民法総則で勉強すると思いますので、よろしければそちらの本も参考にご覧になってみてください。

将来に対する効果は同じですが、過去の意義が違うと、過去の行為に対する判断について相違が生じます。

例えば或る人が自動車運転免許停止の行政処分を受けているときに車を運転していたとします。

*免停処分が取消された場合→取消されるまでの間の運転は無免許運転
*免停処分が無効とされた場合→無効が確認されるまでの間の運転は無免許運転にあたらない

例えばAがBから月々5万円でサービスを受ける契約をしていたがこれを支払っていなかったとします。

*3ヵ月後に無効→BはAに対して支払請求不能
*3ヶ月後に取消→BはAに対して取消されるまでの対価の支払請求可能

QMac i podを検討中なんですがこの先いったい?

素朴な質問ですみません<(_ _)>
風の噂、といっても身近な人が新聞で見たという話なんですが。
音楽CDなどからのダビング(パソコンからCD-Rなどへ)が禁止になるって本当ですか?
営利目的ではない、個人の楽しみの範囲でもやはり違法?になるって事でしょうか、カーCDで聞くのによく好みの曲を集めてCD-Rに書き込んで聞いていたのですが、禁止になったらiTunes(うちはMacなので)が役立たずになってしまうし i podを検討中なのに使えないじゃないですか、本当だとしたら。
オーディオなどのMDやカセットテープはダビングOKなのに、なんでパソコンからだけがだめになるんでしょう?
みなさんは、どう思います。それともガセネタでしょうか、知っている人がいたら意見ください。

Aベストアンサー

>それともガセネタでしょうか

この件については、過去にも質問がありました。

CDの著作権
  ↓
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=193232

下記の記事も参考にして下さい。

CDからの違法コピー防止のため戦うレコード会社
  ↓
http://japan.cnet.com/News/2000/Item/000801-6.html?rn

コピー防止機能付きの音楽CD,米メジャーレーベルが市場投入
  ↓
http://www.zdnet.co.jp/news/0112/21/e_universal.html

CDのコピープロテクトは違法か
  ↓
http://japan.cnet.com/News/2002/Item/Textonly/020107-5.html

他にも多数報道されています。

音楽CDだけでなく他のソフト(メディア)も規制の方向に進んでいます。
(DVD のコピーガードや Windows XP の認証等も同様です。)

主な原因としては、一部の著作権を無視した違法コピーをしている方(業者/個人)の影響で、一般の個人的利用に対しては残念な結果です。
国内メーカーの方針では、今までどおりMDへのデジタルコピー(1世代のみ)は可能だが、コンピュータからCDには焼けないような技術らしいです。

>なんでパソコンからだけがだめになるんでしょう?

MDやカセットはコピーすると音質の劣化がありますが、コンピュータを利用してCD⇒CD-Rへのコピーは殆んど劣化が無く、そっくりコピーが出来るからです。
(インターネットでのファイル交換も大きな原因だと思いますが…)

「ウインドウズでは聴けなくなるけどマックではなんの問題もない」と言う噂もあります。

新春大笑い小咄
  ↓
http://isweb2.infoseek.co.jp/~itoya/

>それともガセネタでしょうか

この件については、過去にも質問がありました。

CDの著作権
  ↓
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=193232

下記の記事も参考にして下さい。

CDからの違法コピー防止のため戦うレコード会社
  ↓
http://japan.cnet.com/News/2000/Item/000801-6.html?rn

コピー防止機能付きの音楽CD,米メジャーレーベルが市場投入
  ↓
http://www.zdnet.co.jp/news/0112/21/e_universal.html

CDのコピープロテクトは違法か
  ↓
http://japan.cnet.com/N...続きを読む

Q民法 契約の無効と取り消しの違いは・・・?

今年度法学部に入学し、前期試験を間近に控えております。
さて、民法の勉強をしていたところ、少し行き詰ってしまった部分があります。
タイトルの通り、契約の無効と取り消しの違いなのですが・・・。

まず、無効はその契約が締結された時点から契約そのものが存在していないということ。
取り消しは契約が締結された時点では契約は有効であり、その後表意者あるいはその後見人などの新たな表意によって契約がなかったものになる、ということ。
以上の解釈で良いのでしょうか?

さて、そこで疑問が出てきたのですが、これらは実質的にどう違ってくるのでしょう?
脅迫の取り消しの場合を除いて、どちらも善意の第三者には対抗できないのではなかったでしょうか?

とすると・・・例えば、
「AがBに土地Xを1000万で売った。しかしその土地Xは実際には2000万の価値があった。」
という事実が存在するとします。
その状況で、Aが勝手にXの価値を錯誤していた場合(ややこしくなるので重過失はなかったものとします)=無効
Bが詐欺を働いてAがXの価値を勘違いした場合=取り消しor無効
となりますよね?

これらは法律学的にではなく、実質的あるいは現実的に、どのような違いとなってあらわれてくるのでしょうか?

今年度法学部に入学し、前期試験を間近に控えております。
さて、民法の勉強をしていたところ、少し行き詰ってしまった部分があります。
タイトルの通り、契約の無効と取り消しの違いなのですが・・・。

まず、無効はその契約が締結された時点から契約そのものが存在していないということ。
取り消しは契約が締結された時点では契約は有効であり、その後表意者あるいはその後見人などの新たな表意によって契約がなかったものになる、ということ。
以上の解釈で良いのでしょうか?

さて、そこで疑問が出...続きを読む

Aベストアンサー

みたび私です。
いやあ、私などよりよほど緻密に勉強なさっていますね。こっちが勉強になります。

第3者というのは仰るとおり善意の第3者ということでいいと思います。
心裡留保についても、相手方が善意であれば心裡留保による意思表示がそのまま確定してしまいます(要するにこの場合、土地を1000万で買われてしまいます)ので、相手方が悪意または有過失であることが条件となるでしょう。

あとの場合わけについてですが…
(5)について、結論はあっていると思うのですが、この場合のAの行動を「過失」とは表現しないと思います。「Bに対する土地売り渡しに関し意思の不存在があった」というような言い方になるのではないでしょうか。
(6)について、これも結論は正しいですが、「取り消し得る」取引であるに過ぎないので、あまり悠々と構えているわけには行かないと思います。できるだけ早く取り消しを提訴すべきでしょう。
(8)は少し違うと思います。文章から「取り消し後に現れた第3者Cとの関係」と判断しましたが、この場合、AとCとは対抗関係に立ちますので、登記を先に備えたものが土地所有者になるという関係になるかと思います。

そのほかについては私も同じ考えです。

前の回答に書き忘れたのですが、一番最初に私は「最初からなかったことになるから第3者にわたっていても取り戻せる」のが無効で「取り消されるまでは一応有効なものとして扱われるので有効な間に第3者にわたってしまったら取り返せない」のが取り消しだといいました。実はこれは私が無効と取り消しを理解する取っ掛かりになるために非常に大雑把に分けた分け方ですので、無効でも第3者に対抗できないこともありますし、逆に取り消しでも対抗できる場合もあります。ですので私の説明はかなり乱暴な分け方です。
法学部でどういう順序で法律を勉強されていくのかわかりませんが、行政法などでも無効・取り消しという言葉は頻繁に出てきますので、そのときそのときに応じて「これが無効(あるいは取り消し)だからそのあとどういう処理がなされるのか」をひとつづつ見ていくと、なんとなくああ、無効あるいは取り消しってのはこういうことか、というのが肌で実感されてきます。特に行政法で見ていくと「取り消し」が取消権者が決まっており、取り消しを提訴できる期間も短く設定されているのに対し、「無効」はいつでも誰からでも提訴できるとかそういう例が多く、「似てはいるけどぜんぜん違うものなんだなあ」という感覚が自然と身についてきます。
ですのでここはまああまり深く考えず、「無効…初めからなかったことになる/取り消し…取り消されるまでは一応有効になる」と単純化して覚えておいて、あとは「慣れ」だと思いますので勉強を進めていってください。

私も11月の行政書士試験に向けて勉強しているに過ぎない身なので、間違っている部分などありましたらどうかお許しください。

みたび私です。
いやあ、私などよりよほど緻密に勉強なさっていますね。こっちが勉強になります。

第3者というのは仰るとおり善意の第3者ということでいいと思います。
心裡留保についても、相手方が善意であれば心裡留保による意思表示がそのまま確定してしまいます(要するにこの場合、土地を1000万で買われてしまいます)ので、相手方が悪意または有過失であることが条件となるでしょう。

あとの場合わけについてですが…
(5)について、結論はあっていると思うのですが、この場合のAの行動を「過失」と...続きを読む

Qデフラグ等で先に進みません。

パソコンを利用する上で何か問題があるわけではないのですが、デフラグやスキャンデスクなどにかけると、なんども、ドライブの情報が更新され、なかなか先に進みません。とくにデフラグのほうは最初のほうの部分が更新されることが多く、まったく先に進みません。
コレは何が原因なのでしょうか。また、どうすれば直すことができるのでしょうか。

・パソコン自体は4年も前のものですが、ハードディスクは一度壊れて1年ほど前にすっかり入れ替えました。そのときから今日までは特に故障などありませんでした。
・デフラグの時は、アプリケーションをほとんどすべて終了させています。Ctrl+Alt+Deleteで残しておかなければいけないもの5つくらい以外は全て終了させています。
デフラグの間はパソコンに触ってません。なので、なにが原因でドライブの情報が更新されるのかもわからないのです。

長くなりましたがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の少ない経験から判断すると、デフラグ中に何かの常駐ソフトがハードディスクにアクセスしているのでないかと思います。
ウィルススキャンソフトや赤外線モニターやスクリーンセイバーやオフィスのファインドファストなどのプログラムが原因として代表的です。

セーフモードで起動してデフラグを行うことで、邪魔な常駐ソフトの干渉を受けずに実行することが出来ます。

Q(宅建)無効 解除 取り消しの違い

宅建の勉強をしています。
民法で契約が無効、解除、取り消しの場合になるがあるのは勉強できるのですが、これらの主な違いはどうやって区別をつければいいのかわかりません。

Aベストアンサー

質問は契約の「無効」「取り消し」「解除」についての主な違いを答えればいいんですよね?

・契約の「無効」
これは契約が契約当初に遡って無効となります。
契約の無効とは、契約当事者以外が見ても無効になる契約であり、有効になることがありません。無効の場合は契約自体が法律で認められていないものですので、当初から契約がなかったことになります。
仮に追認したとしてもそれは当初の契約が継続するのではなく、追認した時点で再度新しい契約をしたことになります。

・契約の「取り消し」
これも契約を取り消した場合は契約当初に遡って契約が無効になります。
無効との違いですが、取り消しは取り消せる人が(法律により)契約を取り消すとした場合に限り当初に遡り無効となるもので、取り消しをするまでは契約が有効に成立した状態になります。
無効の場合は契約当初から契約が成立してませんので、取り消しとは異なります。

解除との違いは、法律で取り消しが認められている場合に、相手の合意とは関係なく契約を取り消すことができるといった点です。

また、第三者(取り消しできる人を除く)から取り消しをすることはできず、取り消しできる人が決まっています。
追認についても無効とは異なり、追認するとその契約は当初から有効なものであり、新たな契約にはなりません。
追認後は取り消すことができなくなります。

・契約の「解除」
一般的に、これは契約の当事者同士がその契約を解除することに同意することにより、契約をなかったものにすることです。
これは上記「無効」や「取り消し」と異なり、法律上有効に成立した契約を当事者の合意で契約を解除することになります。(法律で解除をしているわけではなく、あくまで当事者同士の合意で契約を解除することになります。)

この解除については契約の際に条件として設定しておくこともでき、例えば「○月○日までに金銭の支払がなければ本契約を解除する」といった感じです。

質問は契約の「無効」「取り消し」「解除」についての主な違いを答えればいいんですよね?

・契約の「無効」
これは契約が契約当初に遡って無効となります。
契約の無効とは、契約当事者以外が見ても無効になる契約であり、有効になることがありません。無効の場合は契約自体が法律で認められていないものですので、当初から契約がなかったことになります。
仮に追認したとしてもそれは当初の契約が継続するのではなく、追認した時点で再度新しい契約をしたことになります。

・契約の「取り消し」
これ...続きを読む

QDellのロゴ画面から先に進まない。

Inspiron 530を使っています。
購入して4ヶ月後に、USB地雷が発生して全く起動しなくなりました。Dellのロゴ画面から先に進まなくなりました。

購入当初から、時折同様の症状が出ていました。
その度に再起動したら直っていましたが、、今回はもうダメみたいです。
Dellのサポートの指示通り、様々な対処策を行いましたが、依然として直らないです。

そこで修理に出して、新しいマザーボードと交換することになりました。
ネットで調べると修理後にも不具合が発生する可能性が高いような印象を受けました。

ネットで調べてみると、USB地雷はフォックスコンのG33M02が原因である可能性が高いように思うのですが、皆さんはどう思いますか。

それなのに、新しいG33M02を交換して果たして根本的な解決になるのでしょうか。特に、私と同様の現象が生じて修理した後に、再度同様の現象が発生した方の意見を伺いたいです。

Aベストアンサー

マザーボードのBIOSのバージョンアップが行われ改善しているような記事がありました。
http://r25.jp/b/wp/a/wp/n/%83f%83%8B/i/%83g%83%89%83u%83%8B

Qトサン契約は無効に出来ますか?

10日で3割の利子でお金を借りる契約をした場合
(契約書にサイン&ハンコ済み)
取り消し 又は 無効にする事はできますか?
弁護士を雇わず、個人で出来る方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

> 契約をした場合

 「契約をしました」ではなくて、「した場合」の話ですよね。貸した側をA、借りた側をBとします。

 不法な目的の資金借り入れ(相手も知っている)のような場合と違って、ふつうは金銭消費貸借そのものが無効となることはないですが、法定の利率を超える部分の「利息支払い」は、無効です。

 従って、取り消しや無効にするまでもなく、すでに無効で、Aは「請求権」を持ちません。

 請求してきたら、Bはそう言ってやればいいと思います。

 Bがどうしてもというのであれば、「無効確認の訴え」というのを起こせます。本人訴訟「可」です。


 質問外の余談ですが、Aに「無効である」という法的な状況を「納得させる方法」というのはありません。

 お尋ねのような利息を取るAは、それが違法であることは最初から知っていますので、Bなにをどう言おうと、予定の取り立て行動に出ると思われます。

 で、実際に過度の請求を受けたら、受けた状況に応じて、例えば警察に言うなどの手を考えればいいと思います。

 しかしご質問は、Bが「殺す」と脅されて無理矢理サインさせられたというような状況設定ではないので、Bが実際に過度な取り立てを受けるとか殴られるとかの被害を受けてからでないと「警察は動きません」という話になります。

 なにかと面倒なので、興味は興味にとどめておき、実行しないのが良いと思います。
 

> 契約をした場合

 「契約をしました」ではなくて、「した場合」の話ですよね。貸した側をA、借りた側をBとします。

 不法な目的の資金借り入れ(相手も知っている)のような場合と違って、ふつうは金銭消費貸借そのものが無効となることはないですが、法定の利率を超える部分の「利息支払い」は、無効です。

 従って、取り消しや無効にするまでもなく、すでに無効で、Aは「請求権」を持ちません。

 請求してきたら、Bはそう言ってやればいいと思います。

 Bがどうしてもというのであれば、「無効...続きを読む

Q地デジ専用TVとアナログ専用HDDレコーダー

地デジ専用TVとアナログ専用HDDレコーダー
地デジ専用液晶TVとアナログ専用HDDレコーダーがあります。
通常は地デジで見たいのですが、せっかくなので余っている
アナログ専用HDDレコーダーも録画として使用したいです。
もちろん、アナログ画像でOKです。
この組み合わせで使用する事は可能でしょうか?地デジ専用
液晶TVというのが気になっているのですが・・・。
教えてもらいたいです。

Aベストアンサー

地デジ専用テレビにモニター出力が有れば、アナログ専用レコーダーの外部入力へAVケーブルで接続し、デジタル放送をアナログ画質録画可能。ただし録画時は、視聴CHも同じです。(裏録不可)
CHを変えると、変えたCHが録画されます。
裏録なら、視聴はデジタル、録画はアナログで可能です。ただしアナログ放送終了後は無理。
地デジ専用テレビは、BS、CSデジタル、アナログチューナがありません。
BSアンテナがあってもBS,CS受信はできません。ケーブルテレビ受信では、受信CHが地上デジタルだけになります。(ケーブルテレビデジタル受信がトランスモジュール方式はケーブル専用チューナーが必要)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報