16歳の子供が大腿骨の骨肉腫で、人工骨に置き換える手術をします。
人工骨にすると、これからスポーツ、就職など、いろいろな制限の中で生活をしなければなりません。
そこで質問なのですが、親である私の大腿骨を子供に移植してもらえるでしょうか。
私はこれからの生活において、人工骨でも支障はありません。
担当医に言う前に、予備知識として、経験者や専門家の方々のお聞きしておきたいと思い質問させていただきました。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

骨肉腫ですから一般的に膝関節や股関節の近くに病巣があると思います。

ここでより安全(病気がひろがらないよう)に手術するため、かなり広い範囲の切除が必要となります。膝に近い部であれば、人工骨に置き換えるとすると多くの場合膝関節自体も人工の関節に置き換えることとなります。まだ身長がのびている段階では、病巣の骨(肉腫の部分)を一度切り取り、熱処理して(肉腫の細胞をころして)元に戻すこともあります。
 ご質問についてですが、理論的には骨のサイズがあえばたとえ血液型が違っていても零下70度以下に凍らせて一定期間おけばたいていの骨移植が可能と思われます。ただ、子供さんが16歳ということはあなたもまだかなり若いと思われますし、極端な話大腿骨1本そのまま取り出すのと同じ程度の障害をつくってから人工骨(人工関節)を設置することになります。このような骨移植はおそらくどの医師もやらないでしょう:犠牲となる親の機能障害と親から大腿骨をもらった子供さんが人工骨を使った場合と比較しての利点をはかりにかけた場合、冷静に判断すればかえってマイナス点となるでしょう。
 アメリカなどでは大腿骨が1本のまま、なくなられた方などから提供されるシステムができていますが、たとえこれを子供さんに使っても必ずしも人工骨より良いかどうかはわかりません。骨の腫瘍だから、大腿骨だけの問題と思われるかもしれませんが、大腿骨についている靱帯や筋組織なども同時に処理しなければなりません。単純に骨移植をすればすむという内容の手術では無いのです。また移植した骨がきちんとそこについてくれるということも断言できません。
 親御さんのお気持ちはとてもよく理解できるのですが、治療の手順などについて主治医に納得できるまできちんと説明をうけてください。
 最近は骨肉腫の治療成績はずいぶんよくなっておりますので元気をだしてご家族全員で病気に負けないようにしてください。
 手術を含め、一連の治療がうまくゆくよう心からお祈りいたします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
子供が小さいときから父子家庭の環境で、苦労をかけたのですが、素直に育ってくれたので、親として出来る限りの事はしたいと思っての考えで質問させていただきました。

お礼日時:2005/04/13 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 骨肉腫<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    骨肉腫とはどんな病気か  骨肉腫は代表的な骨の悪性腫瘍です。腫瘍細胞が骨組織を作るのを特徴とします。原発性骨悪性腫瘍のなかで最も多く、全国で年間約200人の新しい患者さんが病院を訪れます。10代に約半数、5〜24歳までに3分の2の患者さんが発症するなど、盛んに運動をしている活動性の高い少年期に発病します。また、最近50代や60代の方にもしばしばみられるようになりました。  部位では、とくに膝関節や肩関節...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「さくらさくら」について

「さくらさくら」の歌には、「さくらさくら 野山も里も 見渡す限り 霞か雲か 朝日ににおう さくらさくら 花盛り」の歌詞と、「さくらさくら 弥生の空は 見渡す限り 霞か雲か 匂いぞいづる いざやいざや 見に行かん」の歌詞がありますが、どっちが正しいというか一般的なのでしょうか。 前者の歌詞があとから付け加えられたとすれば、それにはどのような経緯があったのでしょうか。

Aベストアンサー

『さくらさくら 野山も里も~』の現在の詞は、昭和16年3月「ウタノホン」(下)に掲載のとき改められたものです。
なお最後の二小節のリズムも原作と少し違っています。
元は江戸時代にあった唄を明治21年10月音楽取調掛(東京音楽学校)が、「筝曲集」を編纂の際、編詞・編曲されたものといわれてます。
それの歌詞が『さくら さくら やよいの空は~』の方です。

Q突発性大腿骨壊死手術後

すみません、教えてください。

家族は先日、突発性大腿骨壊死の人工関節の入れ替え手術を受けました。

手術後病棟に戻ってまもなく、両手だけ(本当に手のひらと指だけ)真っ白で、触ったら、冷たくて、氷のような手でした、本人は何も不調がないですので、気にせずそのまま2時間経過しましたら、急に全身痙攣のような大きく震えてきました、すぐ担当の先生に診てもらいましたら、原因不明、手術したからでしょうかねって言われました、その後、その痙攣も少しずつ収まりました。

こうなった原因と言うのはなんでしょうか?もっと精密検査してもらったほうが良いでしょうか?

ちなみに、今は手術後3日目ですが、初日からの頭痛はずっと続いています、両手はもう大丈夫です。
手術された脚はとても冷たいです、爪も真っ白です、先生に聞きましたら、手術をされたから、大丈夫ですって言われました。

とても心配です、ご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

急遽退院・・・常識外れの行為(今は動かせる状態ではありませんから)
①真っ白で、触ったら、冷たくて・・手術中の出血による貧血(患者さんの年齢が若いなら様子見もありますが、術後でも輸血はしましたか?)低体温も原因
②痙攣・・低体温による、ふるえか貧血による低酸素症(この時点で輸血したと思います)
③頭痛・・麻酔方法が脊髄麻酔ならこれが原因、全身麻酔なら不明

結論:手術中の大量出血による貧血、術後輸血が足りない状態です、が、いずれは回復してきます(ただし高齢者では輸血をした方が良い)
感想:いくら輸血をしない方がよいと言っても・・・・

Qアルバイトの重労働で肋骨にひびがはいましたので、骨密度測定して結果が出ました。

<題目の続きです>腰椎と大腿部を測定しました。
 以下が骨密度の測定結果です。
---------------------------------------------------------------------
腰椎解析[解析結果]
貴方の骨密度は(カルシウム量)は 0.763(g/㎠)に相当します。
これはあなたと同じ年齢の平均密度と比較して、74%に相当します。
また、若年成人平均骨密度でと比較すると、  72%に相当します。
貴方の骨密度は、同年齢の人と比べて低いといえます。又若年成人
の平均骨密度と比べてやや低下しています。
バランスの良い食事や適度な運動を心がけましょう。
定期的に検査を受けてください。
--------------------------------------------------------------------
以上ですが検査結果です。
先生の話だと、
1)骨密度69%~骨粗鬆症と言われましたので、あと3%
  低ければ、それに当たります。
2)原因として、遺伝が50%、その他50%だそうです。
3)食事と運動に心がけてください。

それで、食事と運動で骨粗鬆症防止対策うするうえで
質問ですが
・食事は主にどんなものをとれまいいでしょうか?
・腰椎を強くする運動とはどんな運動をすればいいのでしょうか?

------------------------------------------------------------------------
大腿骨解析[解析結果]
貴方の骨密度は(カルシウム量)は 0.731(g/㎠)に相当します。
これはあなたと同じ年齢の平均密度と比較して、81%に相当します。
また、若年成人平均骨密度でと比較すると、  76%に相当します。
貴方の骨密度は、同年齢の人と比べて同等といえますが、若年成人
の平均骨密度と比べてやや低下しています。
バランスの良い食事や適度な運動を心がけましょう。
定期的に検査を受けてください。
---------------------------------------------------------------------
以上ですが!
質問
3)どんな運動が効果があると思いますか?
  大腿部なので「スクワット」あたりがいいのかなと?
  個人的に思うのですが!?
 以上3件よろしくお願いします。

<題目の続きです>腰椎と大腿部を測定しました。
 以下が骨密度の測定結果です。
---------------------------------------------------------------------
腰椎解析[解析結果]
貴方の骨密度は(カルシウム量)は 0.763(g/㎠)に相当します。
これはあなたと同じ年齢の平均密度と比較して、74%に相当します。
また、若年成人平均骨密度でと比較すると、  72%に相当します。
貴方の骨密度は、同年齢の人と比べて低いといえます。又若年成人
の平均骨密度と比べてやや低下しています。
バランスの良い...続きを読む

Aベストアンサー

普段運動はしてらっしゃくますか?
運動してらっしゃらない方が急に運動するのは逆効果だと思います。

ウォーキング辺りから始めてみてはいかがてしょう?

干しエビがカルシウム多いです。
一緒にビタミンDを取るとカルシウムの吸収を助けてくれます。
乾燥キクラゲです。

が、サプリメントで効率良く摂取した方が楽だと思います。
食品で摂取してもサプリで摂取しても効果は変わらないそうです。

Q大腿骨の壊死の手術は必要でしょうか?また81歳でも可能でしょうか?

81歳になる父親が、膝の痛みのため数年総合病院、大学病院、整形外科病院などで変形性膝関節症との診断を受け治療を続けてきました。最近、口コミで聞いた整形外科専門医で診察を受けたところ「大腿骨の壊死」と診断され、手術を勧められ、本人も膝の痛みから解放されるとの期待もあり乗り気になっています。息子の私は、父が高齢であることから手術すること自体がとても心配です。手術しても大丈夫でしょうか?また、術後のリハビリも並大抵ではないと心配が先に立ってしまいます。
どう思われますか?

Aベストアンサー

こんばんは。

>手術しても大丈夫でしょうか?また、術後のリハビリも並大抵ではないと心配が先に立ってしまいます。

手術しても大丈夫かどうかは、お父様の全身状態によります。特に循環器系や呼吸器系に持病がないならば手術は可能な年齢ではあります。
ご質問の内容からは「大丈夫です」とも「ダメです」とも言えません。
全身麻酔をかける際のリスク、術後合併症の起こり得るリスクは現在の全身状態に左右されますので。

また、リハビリに関しては完全に回復するということは普通はありません。どこまで回復するかはやってみないとわかりません。リハビリ継続し、術後1ヶ月の状態でその後が大体決まると思います。

過剰な期待をしすぎることなく、冷静に主治医の説明を聞いて判断するようにしてください。

Q群馬近辺の病院で骨ガンに強い病院

閲覧ありがとうございます。

私の父親が重度の骨ガンを患っており、生活にも支障が出始めてしまっています。
現在は群馬県の実家にて休養生活を送っているのですが、すこしでも楽にという本人の希望もあり、通院している病院以外の病院・医師のかたを探すことになりました。
そこで質問させていただきたいのですが、群馬県の富岡市から車で通える範囲の病院もしくは医院などで骨ガンに強いところはありますでしょうか。

ご回答をどうぞよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

おはようございます!

公立富岡総合病院に一度、問い合わせされてみては、いかがですか?

http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/vKihon/A10010

参考まで!

後、癌には、紅豆杉がいいと聞きました! 副作用もないようです?

大丸、高島屋デパートでも、販売してあります! 

http://www.kotosugi.co.jp/

後、骨転移治療の闘病記のホームページありましたので、参考にしてください!

http://next-daylife.com/hone/



少しでも、病状良くなるよう、お祈りしています!

Qステロイド軟膏と特発性大腿骨骨頭壊死

50代の男性です。

7年ほど前に左股関節に痛みが生じ特発性大腿骨骨頭壊死と診断されました。痛みは一週間程でそれ以降痛みはなく定期診察はここ2年ほど受けていませんでした。レントゲン画像では骨頭壊死の範囲は半周以上白くて病期としては初期の診断です。

お酒は若いころは結構飲み、今も晩酌はしていますが、酒量は減りγ-GTPなどは正常値です。
普段の生活は一般成人男子よりは運動しているほうでそれ以外はあまり変わらないと思います。
最近また左足股関節に軽い痛みが出ましたが3~4日で収まりました。
身長:175cm
体重:70kg(ここ十数年変化なしです。)

加えて3年ほど前に耳、鼻の中のかゆみで耳鼻科から「強力レスタミンコーチゾン」を処方され、耳に週に2~3回、鼻は週に1回使用しています。
ステロイド剤が大腿骨骨頭壊死に影響があるらしいと聞き不安になりました。
この程度の使用量と大腿骨骨頭壊死に影響する度合いを分かる方ご教授願います。

Aベストアンサー

特発性大腿骨骨頭壊死とステロイドの因果関係は間違いないですが、発生機序はまだ不明です。ステロイド性の場合、たとえば全身性エリテマトーデスの患者さんに多くみられます。この病気は女性に多いですから必然的にステロイド性の骨頭壊死症も女性が多くなります。また少量を長期間投与の場合に比べ、短期間に大量のステロイドを投与する方法に多く発症しやすいことも特徴です。これは例えば花粉症などでステロイド経口投与している場合に全く起きないという意味ではありません。またステロイドもアルコールもまったくやっていなくても起こりえます。貴方の場合はステロイド外用薬ですから可能性は限りなく低いと思われます。発生機序が完全に解明されていない以上は絶対とは言えませんが。


>ステロイド剤が大腿骨骨頭壊死に影響があるらしいと聞き不安になりました。

「今は症状もなく安定しているが、ステロイドを使用しているので不安になった」というのがご質問の主旨ですよね。であればステロイドよりもアルコールに気を付けられた方がいいかと。男性ではアルコール性の方が多いですから。量を減らす、休肝日を作るなどされてみてください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

特発性大腿骨骨頭壊死とステロイドの因果関係は間違いないですが、発生機序はまだ不明です。ステロイド性の場合、たとえば全身性エリテマトーデスの患者さんに多くみられます。この病気は女性に多いですから必然的にステロイド性の骨頭壊死症も女性が多くなります。また少量を長期間投与の場合に比べ、短期間に大量のステロイドを投与する方法に多く発症しやすいことも特徴です。これは例えば花粉症などでステロイド経口投与している場合に全く起きないという意味ではありません。またステロイドもアルコールもま...続きを読む

Q血液中の「リン」とは?

現在30歳、男です。背骨と足の付け根の骨の骨密度が少ないらしく、精密検査をしたのですが、血液検査で「リン」というのでしょうか?基準より少し高いらしく、「リン」とは何でしょうか?食生活で何に気をつければこの「リン」の値は下がるのでしょうか?1回目の血液検査でカルシウムの値がけっこう高くて(リンも少し高かった)2回目はカルシウムは標準の値でリンが基準値より少し高かった。精密検査をした結果、お医者さんは、僕が、元々骨の密度の低い人間であるとの結論で、経過観察ということで5ヶ月先に予約が入っています。

Aベストアンサー

No1さんのURLに書かれていますので重複は省きます。(リンの過剰摂取とカルシウム摂取不足)
血漿中(細胞外)カルシウム濃度は8.4~10.4mg/dlと狭い域値の中にいて、これが大きく外れると重篤な疾患が予測でき死に至るケースもあります。
それなので、カルシウム不足になると骨からカルシウムを抜き出し、血漿中カルシウム濃度を低下させない様に保っています。
しかし、骨のカルシウムは大変に濃度が高く、細胞外カルシウム濃度の100倍もあります。その為に血中カルシウムは、乱高下を起こし、基準値内を上がったり下がったりします。
血中に溢れかえったカルシウムは、やがて首や腰の椎骨や膝関節に沈着して骨棘を形成し、酷い痛みとなって現われます。
当然カルシウムが骨から奪われ続けているのですから、骨粗鬆症になります。
そうなる原因は、カルシウムの摂取不足とリンの過剰摂取なのであろうと推測できます。
食事のほかにカルシウム600mgとマグネシウム300mgの摂取をお勧めします。試みていただき五ヵ月後の再検査を楽しみに待ちませんか?

Q大腿骨骨折 手術の日程が決まらない

特養に入所している義母が、9/28(金)早朝にヘルパーさんがちょっと目を離している時に転倒して、大腿骨を骨折しました。
日頃よりとても親切に介護して下さっている方たちですし、怪我をしてしまった事については本人の不注意ですので何も言う気はありません。
ただ、怪我から3日経過しているのに、まだ入院もせず特養の部屋で寝かせられている状況なので心配になって、こちらで質問させていただく事にしました。
少し長くなりますが、よろしくお願いします。

転倒した時は病院の診療時間ではなかったため、9時の診療開始を待って特養に隣接している病院で受診しました。

医師からの説明は、「MRI検査で大腿骨の骨折とわかりましたが、この病院は整形外科は外来しか行っていないので、技術が確かで信頼できる病院を紹介します。でも土日は入院手続きを行っていないので、入院は来週の月曜日となります。月曜日までは特養の部屋のベッドで安静にしておきます。」との事でした。

そして、今日の午前中に特養に行ったところ
「土曜日から微熱が続いていて、今朝隣接病院の内科で血液検査をしたところ血液のデータが悪い(体のどこかで炎症を起こしているサインが出ているそうです)です。この状態では大腿骨の手術は行えないと思いますので、このまま隣接している病院の内科へ入院させて、血液の状態が良くなってから他院の整形外科へ転院しましょう」と言われました。

微熱に関しては、土日とも私たち家族とは普通に会話をしていたので、熱がある事に気づきませんでした。足が痛いから、少し元気がないのかな?と思ってしまったのです。

以前テレビで、老人の大腿骨の骨折は1日も早く(できれば当日~2,3日以内)手術をして、リハビリを始めることが1番いいと放送していた記憶があります。

このまま血液の状態が良くなるまで待っているしかないのでしょうか?
義母は要介護5の認知症ですので、記憶力はダメですが、足はとても丈夫で散歩が大好きなので、なるべく寝たきりにならないようにしてあげたいと考えています。

特養の方もお医者様も全力をつくして下さっているとは思いますが、もし他に方法があればお知恵をお貸し下さい。
よろしくお願いします。

特養に入所している義母が、9/28(金)早朝にヘルパーさんがちょっと目を離している時に転倒して、大腿骨を骨折しました。
日頃よりとても親切に介護して下さっている方たちですし、怪我をしてしまった事については本人の不注意ですので何も言う気はありません。
ただ、怪我から3日経過しているのに、まだ入院もせず特養の部屋で寝かせられている状況なので心配になって、こちらで質問させていただく事にしました。
少し長くなりますが、よろしくお願いします。

転倒した時は病院の診療時間ではなかったため、9時...続きを読む

Aベストアンサー

元整形外科のナースです。
大腿骨のオペは全身麻酔下で行うと思いますので、老人ならなおさらのこと、全身状態が万全でない状態でのオペはリスクがでます。

確かに老人の骨折は、リハビリが進まず寝たきりが長くなってしまうと認知症を発したり、進ませてしまったりするというデメリットがあるので、できるだけ早いほうが望ましいとされていますが、発熱していたり全身状態に不安がある状態ではしないのが鉄則だと思います。

ただ、リハビリに関しては本人のやる気しだいですから、数日遅れたからといっていきなり効果がおちるものではありません。
家族や看護者さんの的確な看護計画とリハビリの連携によって、地道にやっていけば歩けるようになると思いますよ。

他に方法があれば・・とのことですが、こればかりは専門の判断が必要ですので、無碍にオペを強行するのは英断だとは思いません。

ただし、別のところで全身状態をコントロールして、転院してオペとなるとそれはそれでまた大変かなとは思いますので、近場に別のどちらも併設しているような大きな総合病院などがあれば、そちらにまとめてみてもらう、というのも方法としてはあるかなとは思います。

元整形外科のナースです。
大腿骨のオペは全身麻酔下で行うと思いますので、老人ならなおさらのこと、全身状態が万全でない状態でのオペはリスクがでます。

確かに老人の骨折は、リハビリが進まず寝たきりが長くなってしまうと認知症を発したり、進ませてしまったりするというデメリットがあるので、できるだけ早いほうが望ましいとされていますが、発熱していたり全身状態に不安がある状態ではしないのが鉄則だと思います。

ただ、リハビリに関しては本人のやる気しだいですから、数日遅れたからといっていきな...続きを読む

Qリン酸マグネシウムの化学式・・

リン酸マグネシウムの化学式を教えてください
どうかお願いします・・

Aベストアンサー

リン酸は3価、マグネシウムは2価なので、幾つかの組み合わせが考えられます。

リン酸ナトリウムでは「Na3PO3」「Na2HPO3」「NaH2PO3」がありますが、
それに対応するマグネシウム塩全てが実際に存在するかは、
すみませんが私もわかりません。
少なくともリン酸二水素マグネシウム(Magnesium Dihydrogen Phosphate)は存在するようで、
その化学式は「Mg(H2PO3)2」になります。

http://www.umaichem.co.jp/seihin/mukikago.html
(「マグネシウム化合物」ではなく「リン酸化合物」の項を参照;
 「第一リン酸マグネシウム」が該当)
http://fcsi.nihs.go.jp/dsifc/servlet/SearchApp?key=2337&appkind=foodaddsearch&searchkind=detail_page&searchcondition=id

Q大腿骨頭壊死症かも?そうなら太もも骨切断か?

レントゲンを見た限りでは特に骨に異常なしでしたが、
念のためのMRIの結果、左太ももの骨の先の丸いところが
血行不良(か何かで)で壊死しているといわれました。

今日、採血しました。結果待ちです。

ネットで調べたら大腿骨頭壊死症っぽいです。
もし、そうなら近い将来、股関節の太ももの骨を切断して人工の骨を
入れることになると思います。
大事でなければいいのですが、気になってしょうがないです。

質問とお願いがあります。全部答えてもらわなくても少しでもいいです。
文面雑ですみません。

もしその病気なら進行は早いですか。←質問(1)

それ以外の何かで大腿骨頭が壊死することはありますか。←質問(2)

今、片足だけですが必ず両足の骨が悪くなるのですか。←質問(3)

進行は遅らせることができるのか。薬、日常生活、最新治療法←質問(4)

太もも付け根、股関節骨内の血行が悪くなるからみたいだが、
温めたらどうか。(股にエレキバンやカイロを付けて寝ると
翌日ちょっとましだったことがあった)←質問(5)


まだ動けるうちに、手術する前に何かしておくとしたら何をしたらいいですか。
生きる上でのいろんなことで、あの時前もってこんなことしておけばよかったと
思うようなことがあったら、どんなことでもいいから教えてください。
今からできることで、いろんな準備も←お願い(1)

私の今の状態↓。
血液検査待ち。今週末。
MRIでは色がはっきり黒く見えるが、
そんな大したことはないと言われました。

レントゲンでは分からないです。骨も綺麗に丸いです。
MRIでそういう所見が出て、そうだと言われたら
レントゲン見てそうなのかなぁと思うけど、
レントゲンではわからない。というくらいです。

リウマチになったことないかときかれた。
今、40半ば、そういえば14くらいの時、両手の指全部が
めっちゃ痛かったことがある。
15くらいの受験の時にはなんともなかったそれ以降なんともなかった。
リウマチの気があるといわれたことあり。
その後、なんともなし。痛かったのはその時だけ。

何が原因なのか気になります。
同じ症状になった人で思い当たるところはありませんか。←質問(6)

医者からはステロイド系の薬とか飲んでたかときかれました。
長期常用したおぼえはないですが、咳が止まらないので一年半前くらいに
咳を止める吸入するのをもらって吸っていました。3か月くらいかな。
たぶんそれにはステロイド入っていました。
だから吸入後はうがいしてくださいと言われていました。
でもそれ以前から、左股関節はちょっと痛い時もあったので
コンドロイチンとか入っている薬を薬局で買って飲んでいた。

もしかするとお母さんの手荒れにステロイドの薬が使われてたりしていたかも
長期間も料理の時に混じっているかも。づっと母親と住んでいる。
外食が少ないほうだ。野菜はあまり食べない。



病気になった人思い当たる節はありますか。

過去に強い衝撃を受けて痛めたことがある。
27くらいの時、教習所で400ccのバイクが倒れそうになって
脚で踏ん張って股関節めっちゃ痛かったことあり、
それが左足だ(立ちごけ)。病院には行っていない。
しばらくして治った。
それ以降、歳とって、ちよっと痛むたびにそのせいかなと思っていた。

仕事は工場の作業が多かった。

15の時ヘルペスにかかって帯状疱疹ができた。

虫刺されのムヒSは結構よく使います。

水虫用のブテナロックよく塗ります。
その前は今は薬局で販売中止になったなんとかっていうのよく塗ってました。
育毛剤リアップ常用者
バイアグラ3年間で30錠くらい病院で処方してもらいました。
3年ほど前、風俗に行って翌日くらいに高熱が出ました。
そういう病気になったみたいで薬をもらって飲みました。
子供の時から、あぐらすわりが苦手でつらかった。
股関節はかたかった。
脚を組む時はづっと、右足を上にのせていた。
壊死のあった左はづっと下だ。
健康食品たくさん飲んでますDHCとか。

いろんなことがとっても気になります。
人工関節への入れ替えを想像すると
脚切断くらいの気持ちで受け止めています。
両足の長さなんで同じに調節できないんですか。
自動販売機とかでもネジで水平保てるようにできるのに。
インプラントとかでもかみ合わせうまく調節できるのに。
文面が雑ですがよろしくお願いします。

レントゲンを見た限りでは特に骨に異常なしでしたが、
念のためのMRIの結果、左太ももの骨の先の丸いところが
血行不良(か何かで)で壊死しているといわれました。

今日、採血しました。結果待ちです。

ネットで調べたら大腿骨頭壊死症っぽいです。
もし、そうなら近い将来、股関節の太ももの骨を切断して人工の骨を
入れることになると思います。
大事でなければいいのですが、気になってしょうがないです。

質問とお願いがあります。全部答えてもらわなくても少しでもいいです。
文面雑ですみません。

...続きを読む

Aベストアンサー

 まず質問1ですが、
個人差はありますが進行せずに壊死部分が縮小する場合もあります。

 質問2について
原因はステロイド(1日量として約15mgだと思いました)の長期使用。
多量飲酒を連日。
原因が特定できないもの。
以上。

 質問3について
必ず両脚なるとは限りません。

 質問4について
体重の増加を極力防ぐ。
飲酒を控える。

 質問5について
カイロ等で身体表面から暖めても股関節骨内(?)や
大腿骨頭部の血管が拡張し循環が良くなるというわけではありません。
暖めて症状が楽になるならば低温火傷に気をつけて暖めてもいいと思いますが。

 お願い1について
まだ手術をすると決まったわけではないでしょう?

 全体的にですが、
あまり神経質にならなくて良い状態だと思います。
ステロイド吸入にしてもお母さんのステロイド軟こうがどうこうというレベルでは、
大腿骨頭壊死にはなりません。
それとMRI画像で大腿骨の骨頭の一部が局所壊死してるかのように見えても
それで股関節置換術を即座に実行するとか回転骨切術をするとかという積極的に、
侵襲度が高い治療を行うとは考えられません。あくまで仮に骨頭壊死だったとしても、
最初は保存的に経過観察が通常です。
それと人工関節に対してあまりにも悲観的な思想をお持ちのようですが、
決してあなたが感じておられるようなこの世の終わり的なものではありません。
画像診断で僅かな骨頭壊死があったとしても再生される場合もあるので主治医とよく話し合って、
どうしても不安であれば回転骨切術に至ってしまうのかどうかをはっきり聞いてみるといいと思います。
人工関節置換術は最終的な手段です。

 まず質問1ですが、
個人差はありますが進行せずに壊死部分が縮小する場合もあります。

 質問2について
原因はステロイド(1日量として約15mgだと思いました)の長期使用。
多量飲酒を連日。
原因が特定できないもの。
以上。

 質問3について
必ず両脚なるとは限りません。

 質問4について
体重の増加を極力防ぐ。
飲酒を控える。

 質問5について
カイロ等で身体表面から暖めても股関節骨内(?)や
大腿骨頭部の血管が拡張し循環が良くなるというわけではありません。
暖めて症状が楽になるならば低温火...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報