瓦屋根は重く、重心の位置が高くなります。
すると水平地震力による転倒モーメントが発生しやすくなるのは必須です。
また落下の危険も付きまといます。

台風対策で瓦を使いはじめた習慣が残っているのでしょうか?
地震大国である日本の家屋がいまだに瓦を使っている理由はどうしてでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

質問者のいうとおり地震に対して屋根荷重が大きいことは耐震性状不利に働きます。



鉄筋コンクリートや鉄のような近代工業製品が流通する以前、日本において建物はほとんど木造でした。木造は火災に対して非常にもろい材料です。
そのため#3さんのおっしゃるとおり台風対策というよりも、江戸時代に防火対策として、瓦を推奨されたのがきっかけで普及したものだと記憶しています。
埼玉県川越市などに多く残る蔵造りというのも同様な考えからとられた処置です。

また、質問者や#1さんが考えたように耐風性を考えると重い瓦を載せることは、屋根を押さえつけて屋根が飛ぶなどを防ぐなど、有利に働きます。

そのほか日射に対する断熱性、雨に対する防水性などいろいろな面で総合的に考えて良い材料だから現在でも使用されているものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほどです。

お礼日時:2005/04/14 00:32

#4です。

回答者に対する質問者のお礼欄を見て気になったことがあるので、補足します。

まず、また引き合いに出ている五重の塔ですが、これは現在の建築技術の考えで行くと、接合部が緩くできていることにより、柔らかくできて、それにより耐震性があるということは、柔構造(超高層などで採用されている考え方)の考え方に通じ、接合部が変形することで摩擦などにより地震エネルギー吸収を行うことは制震(制振)構法の考え方に通じるものです。

次に
>独立基礎⇒免震確保のため瓦屋根が必要

#6さんのいわれるように、いわゆる免震構造的に地震力が伝わらなかったという考え方もあるとは思いますが、質問者が考えたように昔の建物が「免震的を確保するために瓦を使用した」ということは以下のような理由で間違っていると思います。

現在の免震ビルは基礎部分に柔らかい材料を用いて、地震の伝達を防いでいますが、上部の建物部分は免震部分に比べてきわめて固く作っています。これは上部も同じように柔らかいと免震部分と共振を起こして大きく揺れてしまうからです。
ここで柔らかいというのは固有周期が長いと言うことを意味しています。固有周期を長くするのは構造を柔らかく作るほか、重心位置を高くすると同じ重量・同じ構造的な堅さでも実現できます。
重い瓦を屋根に載せることは、重心位置を高くすることになりますので、免震構造的に考えると不利な方向に働きます。
また、上部が重いと転倒モーメントが発生しやすくなり、これに伴いロッキング振動という振動が発生し、基礎の浮き上がり等を生じます。
現在の免震構造でも免震装置に浮き上がりによる引き抜き力が働かないように計画するのが一般的です。
これが基礎を緊結していない、昔の構法では、片方の柱が浮き上がり、建物の重量が浮き上がっていない方の柱に集中するという危険性があります。。

以上のような考え方からいって、免震であっても瓦を屋根に載せるのは耐震的に不利だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

semi-zzz(面白IDですね)さん
Resありがとうございます

>重い瓦を屋根に載せることは、重心位置を高くすることになりますので、免震構造的に考えると不利な方向に働きます。

なるほど

>上部が重いと転倒モーメントが発生しやすくなり、
>これに伴いロッキング振動という振動が発生し、基礎の浮き上がり等を生じます。

転倒モーメントは回転の中心が必要ですよね。
浮き上がりが生じるためには基礎部の底辺の1辺を支点(回転の中心)とし、建屋全体が剛性の条件が必要かと考えます。

瓦屋根の有無にかかわらず、建屋全体の剛性がないから、独立基礎からそびえたつ柱は同時に傾き、つまり平行四辺形的にくずれるものと考えます。

>現在の免震構造でも免震装置に浮き上がりによる引き抜き力が働かないように計画するのが一般的です。
これが基礎を緊結していない、昔の構法では、片方の柱が浮き上がり、建物の重量が浮き上がっていない方の柱に集中するという危険性があります。。

基礎を緊結していない(そうだったんですか?)理由は、上記の様に平行四辺形的な破壊のため、浮きあがることは無いからだと考えます。

お礼日時:2005/04/20 00:49

瓦の発生起源,防火,耐風,高温多湿等については,#1~#5さんの記述で,ほぼ間違いないと思います。


耐震については,多少異なった意見を持っています。

つまり,戦前に建てられた木造住宅は,耐震構造でなく,免震構造に近かったのではないでしょうか。江戸時代は,当然コンクリートやブロックという物がなく,石の上に柱を立てるのが主流だと思います。私が子供の頃,そんな住宅がまだ多く存在していました。私の祖父の住宅もそんな建物で,床下で遊んでいた記憶が有ります。
例えば,実験ですが,机の上に段ボールの箱をおいて,1端をガムテープで留めて揺すると,とめた所を中心にして転倒します。しかし,止めないで机を揺すると,箱は移動しますが,転倒しません。ここで,問題は,箱が横に移動する事ですが,建物の場合,基礎石に,浅い穴をあけてコレに柱を入れておけば,大きいズレを防ぐ事が出来ます。当時の技術でこの考え方を究極まで発展させたのが五重塔であり,現在の免震構造の基本的な考え方になっていると思います。(確かに,現在の免震技術と比較すれば,とってもチャチな技術ですけど・・・)

また,建物自体は基本的に貫構造なので,概ねラーメン構造に近い挙動をする筈で,多少の揺れは吸収出来ると思われます。
ただ,耐地震に対する考え方が甘かったというのは,#5さんの記述されている考え方が根底にあると思われます。

現在の住宅は,基礎に緊結する事を前提としている事によって,免震でなく耐震を主としなければならなく成った。その為に,筋違又はこれに代わる耐震技術を向上させる必要があり,建築基準法の必要筋違量の算定法についてだんだん厳しくなって,現段階でこの目的を果たす程度の技術が確保できている(筈)です。
これで,防火,耐風,耐震,に対し安全性を十分考慮できる事になっています。つまり,瓦をなくす必要がない。
これは,三段論法でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

RESありがとうございます

>耐震構造でなく,免震構造に近かったのではないでしょうか。
なるほど納得です

>基礎に緊結する事を前提としている
確かにそうですネ。地耐力のあるなしにかかわらず、何でもかんでもベタ基礎でビニール張って同じ構造で
徹底的に強度増強した結果、耐震化は進んでも、今度は家具の転倒による災害が。

独立基礎⇒免震確保のため瓦屋根が必要
ベタ基礎⇒建築基準法により瓦屋根でもOK

というイメージができました

お礼日時:2005/04/14 22:04

瓦の起源は地震の少ない中国で、日本で瓦葺きが本格的に普及したのは他の回答にもあるとおり、江戸時代以降です。


ところで、ある地点における大地震の発生頻度は、東南海地震でも120年、直下型であればもっと長い。
一方で、日本では民家の平均的な耐用年数が高温多湿のため短く(木が腐る)、少なくとも大地震の頻度よりは短いと思われます。

ということは、滅多に来ない大地震があれば、家が壊れて当たり前(建て替えりゃいい)という感覚がどこかに残っていて、それが板葺きであれば人的被害も大したことない(火事や土砂災害のほうが大きい)。

江戸時代以降、瓦葺きが流行したが、まだ大地震の経験が少なく、たとえ瓦葺きがたたって家が崩壊したとしても、火災による被害の方がはるかに大きいので、なかなか問題に気付かなかったと思われます。

近年、建築基準法や消防法の整備や指導などにより、地震時の火災の対応力が高まるにつれ、瓦葺きの問題が相対的に大きくなったと言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>江戸時代以降、瓦葺きが流行したが、まだ大地震の経験が少なく

問題はココなんです。
本当に経験が少ないのでしょうか?
地震頻度が現在の方が多いのでしょうか?
平安時代(でしたっけ?)の五重の塔は立派な耐震構造になっています。つまり、相当な昔から地震は経験しているはずです。

防火対策ということはよく理解できます。

お礼日時:2005/04/14 00:38

江戸時代以前、民家の屋根は板葺き・茅葺が主流でしたが、江戸時代の太平の世となり、住宅が密集した都市が形成されるようになり、急速に瓦屋根が普及しました。


一番の原因は、消化技術の未熟だった当時、火事の時に屋根からの延焼を抑えるのが目的です。
板葺き・茅葺だと火の粉が飛んでくると、すぐに燃えてしまいますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどです。
ありがとうございます

お礼日時:2005/04/14 00:29

湿気が多いから、では?



少しでも通気性をよくする工夫で、
屋根裏に湿気がこもるのを防ぐためではないでしょうか。
かやぶき屋根は火事の時心配なのと、より丈夫なので瓦を使う場合も多かったのでは?
 現在は建築資材の発達で瓦が少なくなったのではないでしょうか。
    • good
    • 0

台風大国でもある事からとか?



瓦が重いとはいえ、ヨーロッパの石積みの住居に比べると、十分に耐震面で考慮されているかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

RESありがとうございます

お礼日時:2005/04/14 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q瓦屋根と地震時の家のつぶれについて知りたいです

現在、瓦屋根で築20年なんですが、最近、瓦屋根は地震でつぶれるという話をよく聞きます。
瓦屋根は、瓦の下に赤土をおいてあるみたいですから、この土が雨などでべたべたになると、屋根は重くなりますよね、どうも、この重さで家がつぶれると聞いたのですが。
自分の家の屋根の赤土が、乾いた状態かぬれて重くなっている状態かはどうすれば別るのでしょうか?
現在、雨漏り自体はないようなんですが、、

Aベストアンサー

>長い連続した開口
参考図の赤く描いてある部分の事を言っておられるのだと思います。
普通、こんな建て方をすることはありませんけれど。あくまでも理解のための図です。
この部分には壁がまったくありませんので家の強度はがた落ちになります。強度が足りなければ当然建築許可が下りません。

築20年になっていなければ当時の耐震基準は満たしていますので、そんなに心配されることはないと思います。
ただ、赤土の水分の件は家の強度に関わることですので、業者の方に相談された方がよろしいかと思います。

Q地震で瓦が…教えてください。。

今回の東日本大震災により家の屋根の瓦がけっこう落ちてしまいました。修理したいのですが一番安い方法は何になりますか?また費用はいくらくらいかかりますか?だいたい30坪です。全部瓦をとり施行するとか安い瓦をつけるとかとにかく安ければ何でもいいです。回答よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

とにかく安く・・・ということであれば落ちた瓦のところだけ入れ替える方法でしょう。
瓦屋さんには規格はずれのB級品(例えば正規品が±5mmと設定しているなら6mm~10mm程度)が沢山あり、震災時用として使われることもあるそうです。
値段はものにもよりますが1枚あたり数十円~百数十円程度でしょうか。

ただし、あくまでも応急処置なのでもう1つの方法として、ご自宅に地震保険をかけているなら自己負担なしで修理できます。

どちらにしても営業だけのリフォーム会社に頼むより、屋根工事の専門業者さんに直接頼む方が安くなりますよ。

Q瓦屋根の北限

テレビの旅番組を見ていて思ったのですが、新潟市や佐渡島は瓦屋根で東北では殆ど見かけません。単発ではなく、地域としての瓦屋根の北限はどのあたりになるのでしょうか?

Aベストアンサー

北海道の古い地域、江差や松前の寺院には瓦屋根があります。民家もあったようですが、現在はほとんどトタンになりましたね。歴史保存で復活しているようです。
http://www.hokkaido-esashi.jp/modules/sightseeing/content0008.html

Q地震による日本瓦屋根の修理と見積もりについて

先頃の地震により、日本瓦の切妻屋根の棟ところの漆喰が取れてしまいました。
とある業者に屋根を見ていただき、修理の見積もりをお願いしたところ、左右の鬼瓦から鬼瓦につながる横に真っ直ぐの棟の部分に積上げられている瓦の部分について、シール材で瓦同士を接着してあるため崩れたり大きく傾いたりはしていないのですが、若干ではありますが、うねるように曲がっており、雨漏りや今後のことも考えると補修が必要とのことでした。
この補修には、うねった部分の瓦は全部新しいものと交換し、積上げが必要とのことでした。
(現在の瓦は強力なシール材で接着してあるので再利用できないとのこと)
個人的にはシール材で接着されているとはいえ、現在の瓦が再利用できないというのがひっかかります。(しかも外した瓦の廃品処理のお金もかかる)
このような状態でのこの修理では一般的なことなのでしょうか?
同業者、工務店の方で、ご存知のかたがいらっしゃいましたらご意見をお聞かせください。
週末に屋根の写真を添付したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お早うございます。
早速のリピ、有難うございます。
私の言っている、シール材は、シリコンのことですので、最初の答えはそのまま、訂正なしです。

写真を見る限りでは、取り替えの必要はないか??と思います。
ずれている部分のシリコンを切り取って、調整し、一度シリコンを塗ってしまったものは、またシリコンで補修するしか有りません。
今回は、取り替えずに補修で済ませることは可能です。
ただし今後、瓦を取り替えた時には、絶対にシリコン(コーキング)は駄目ですよ。
別な瓦屋さんに、あたって見たほうが良いと思います。
最初から、(このままだと瓦が落ちそうなので、瓦を取り替えずに、補修ができますか???)
と、瓦を取り替える意思がない事を伝えて見積もりをして戴きましょう。

Q能登は瓦屋根の家が多いけど理由があるのですか。

能登沖地震の映像を見るにつけ、瓦屋根の家が地震で倒壊しやすいのはわかっているはずなのに、なぜこんなに瓦屋根の家が多いのかと不思議に思ってしまいます。能登では理由があって瓦葺が多いのか?能登地方に詳しい方に参考になる回答をお願いします。

Aベストアンサー

石川県出身で現在東京で大学生をしている者のです。石川県といっても能登地方ではなく、加賀地方(石川県南部)の出身ですが。

正確なことはわかりませんが、自分がわかる範囲内で回答したいと思います。

(1)能登地方は石川県の中でも非常に過疎化が進んでいる地域です。高齢者が多く、瓦屋根の昔の家にずっと住んでいるケースが多いのでしょう。自分が高齢になって家を新改築する人がいるとは思えませんし、高齢者に瓦屋根に愛着がある人が多いのではないかと思います。高齢者が多いから瓦屋根の家が多いのでしょう。テレビの「被災地の様子」でも若い人が出てきませんよね。若い人がいないのです。


(2)石川県は全くと言っていいほど地震がありません。震度1・2程度の揺れすら滅多にありません。テレビの画面上部に出る「地震情報」で石川を中心とする北陸3県(福井・石川・富山)が出るのを見たことがある人はあまりいないと思います。東海や東北・北海道などはよく見ますが、北陸地方は滅多にないです。今回より前に割と強めの地震があったのは2000年でした。地震に対する経験がほとんどないのです。
<瓦屋根の家が地震で倒壊しやすいのはわかっているはずなのに
「瓦屋根の家が地震で倒壊しやすい」ことなど地震に対する経験の薄さゆえに知りません。経験的に「瓦屋根の家が地震で倒壊しやすい」こと知らないのです。

以上です。

石川県出身で現在東京で大学生をしている者のです。石川県といっても能登地方ではなく、加賀地方(石川県南部)の出身ですが。

正確なことはわかりませんが、自分がわかる範囲内で回答したいと思います。

(1)能登地方は石川県の中でも非常に過疎化が進んでいる地域です。高齢者が多く、瓦屋根の昔の家にずっと住んでいるケースが多いのでしょう。自分が高齢になって家を新改築する人がいるとは思えませんし、高齢者に瓦屋根に愛着がある人が多いのではないかと思います。高齢者が多いから瓦屋根の家が多いの...続きを読む

Q地震大国の日本で何故、木造住宅が多いのでしょうか?

地震大国の日本で何故、木造住宅が多いのでしょうか?
国の、大工さんに対する保護政策かなにかあるのでしょうか?
それとも、単に日本人は木が好きということなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
RC外断熱の住宅を建てたものです。

横ですが

>木造住宅は、寸法を測ったり、削ったり、切ったりして、作るのが難しいですが
鉄骨住宅は、単に組み立てるだけですから、簡単にできます。
だとしたら木造のほうが、かえって人件費が高くつくのでは?と思ったのです。

とのご質問ですが、鉄筋コンクリートが高いのは、ひとえに人件費だと思います。
木造なら、基礎の鉄筋部分を作る人1~2人、軸組みを作る大工さん1人、内装大工さん1人、あとは助手の方程度で出来ますが、鉄筋コンクリートの場合、基礎、配筋、型枠、生コン、木組み、内装など、全工程で専門の業者や職人さんがかかわってくるので…。
また、建築にかかる時間も倍~3倍かかりますので、その分高くなるのは仕方ないと思います。

鉄骨造についてはよく分かりませんが、木造より少し高いとすれば、やはりかかわる業者の数など、人件費の部分が大きいのではと思います。

鉄筋コンクリート(RC)は地震に強いといわれていますが、普及しないのはやはり高いのと、値段の割には断熱性等の関係で暮らしにくいからだと思います。我が家は快適に過ごせるよう、特に断熱に配慮したのですが、木造(ごく普通の木造軸組み)が2軒建つくらいのお金はかかってしまいました。もっと安く気軽に建てられれば、普及すると思うのですが…。

それと、日本人が木が好きなのは確かだと思います。私も木は好きなので、予算が許す限りは内装に使いました。

こんにちは。
RC外断熱の住宅を建てたものです。

横ですが

>木造住宅は、寸法を測ったり、削ったり、切ったりして、作るのが難しいですが
鉄骨住宅は、単に組み立てるだけですから、簡単にできます。
だとしたら木造のほうが、かえって人件費が高くつくのでは?と思ったのです。

とのご質問ですが、鉄筋コンクリートが高いのは、ひとえに人件費だと思います。
木造なら、基礎の鉄筋部分を作る人1~2人、軸組みを作る大工さん1人、内装大工さん1人、あとは助手の方程度で出来ますが、鉄筋コン...続きを読む

Q3DCGで瓦屋根の表現

myShadeを使って瓦屋根を表現したいと思い、瓦屋根テクスチャを自作しました。
テクスチャだけを見ると、「なかなか上手くできたな」と思い、
実際に屋根の表面に貼り付けてみると……とても瓦屋根に見えません……。

瓦屋根独特の凹凸感が全く失われ、瓦と言うよりタイル材のようになってしまいます。テクスチャの作りが悪いのかとも考え、瓦のテクスチャを探してみましたが、フリーは勿論、市販品にも見当たりません(レンガやタイルはあるのですか)。

日本建築(寺社や城郭など)をレンダリングする際、どういう屋根の表現をすればリアルに見えるものでしょうか?

Aベストアンサー

テクスチャだけで表現しようとすると、かなり小さなオブジェクトにしないと無理があると思います。
ご存知のように瓦は湾曲して重ねてあるものですから、見る方向によって影の付き方、光の反射位置が変わってきます。
ですから至近距離での表現では簡易的でも同じ形状のオブジェクトを複数コピーして使わなければリアルに見えません。

Qツーバイフォー建築で日本瓦(赤土あり)葺きの地震への強度は?

ツーバイフォー建築で日本瓦(赤土あり)葺きの地震への強度は?
築20年なんですが、当時ツーバイフォーは地震に強いと聞いて建築をしたそうなんですが、、、(中古住宅なんで)。
すいません、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

<当時ツーバイフォーは地震に強いと聞いて建築をしたそうなんですが>
これは間違い、在来も2×4もきちんと設計施工されていれば強度は同じです。
築二十年なら新耐震設計基準で施工されているはずなので、屋根が重ければ重い規準で構造が検討されているはずです。
あくまで、きちんと設計施工されていれば(ここが重要)の話ですが、屋根が瓦でも問題ありません。
むしろ、そのころの木造住宅は地耐力検査を行っていない物件が多いので、地盤の心配をしたほうが良いかもしれません。

Q瓦屋根の上に脚立

最初に大工や本職を頼め!と言う意見は支払うお金がどうしても工面出来ないので苦肉の策で自分で張替えるのでしないで下さい。

2階の下見の張替えで瓦屋根の上に脚立を立てたいのですがコンパネをひいてその上に脚立を立てないと瓦が割れますか?。
四寸勾配なのですがコンパネをひいても大丈夫でしょうか?。
こういうやり方で瓦屋根の上に脚立を立てると言う方法が有りましたら教えて頂けますか?。

Aベストアンサー

#3 の 瓦爺・・・もう一線は退いてますが・・・・です。

先の投稿で ”瓦を持ち上げて・・・捕獲用荷造り紐” は紐を適当な 輪に結んで
屋根下地に ビスを垂木等丈夫な位置に固定して 輪のを瓦の下側より出して
瓦を元に戻し 此の輪になった丈夫な荷造り紐を利用して 滑り止め用部材を
結びつけます。瓦は元に戻ってるので 雨の心配は有りません。

尚、脚立工事で一番気をつけることは 乗って部材を前後左右に送る時です。
物理的に反作用で 逆方向に脚立が動き 転落する事が多いのです。
低い屋根に 脚立から 瓦を屋根上に 差し出して置こうとして転落し
後ろ向きに 瓦の上に落ちたのです。背骨を 鯖折り状態で負傷してます。

平地でも傾斜地でも 起こります。
これに関わる事故で 私の弟子も 軒先近くより転落しいて 脊椎損傷で 障害者に
なってますし 同業者では 死亡事故も出てますので 充分に気を付けて下さい。

脚立よりも 梯子の方が 事故は少ないですが 作業効率は落ちます。

以上 ご参考に・・・・・

Qねずみ色の瓦と黒色の瓦の強度は違う?

ねずみ色と黒色の瓦では強度耐久性がちがう?

Aベストアンサー

使っている粘度の材質にもよりますが、拭きつけしているか、していないかの違いです。

地の色が黄色いものと、黒いものでは、強度は違います。
黒い方が固いです。


人気Q&Aランキング