電気通信事業報告規則の専用役務の項目(様式第13)において「接続専用回線は再掲する」という内容の記述がありますが、この「接続専用回線」の意味がよく理解出来ません。
検索してもNTT東のサイトなどに数字だけが掲載されている為どの様なものかがわかりませんでした。
http://www.ntt-east.co.jp/info-st/network/traffi …

考えられるのは
1.同じキャリア内端末AB間(上記においてはNTT東同士)の接続の為の回線
2.端末とインターネットへの接続の為の回線
のどちらかではないかと思うのですが判断材料と私の読解力不足で解決できません。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

第1種電気通信事業者なの? そんなわけないですね



第2種 又は 特別第2種ですよね

第1種電気通信主任技術者持ってけど
??????です

考えられるのは 集約するしな・・・・・
          北海道
 A支店  ○ーー
 B支店  ○ーー回線集約1本にーーーセンター
 C支店  ○ーー        ↑  
 D支店  ○ーー        これ2
 E支店  ○ーー       間にNTTが中継してる
        ↑
       これ1

 判りません

 減っているのを見ると2にしか見えませんけどね
 再計上だから通常の状態では無い所ですから
 
 管轄の総合電気通信管理局の担当者に聞い他方が早いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
総務省担当課に問い合わせたところ「インターネットへの接続回線」とのことでした。

お礼日時:2005/04/14 08:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「電気通信主任技術者」と施工管理士の「電気通信工事」の関連について

こんにちは、
現在、電気通信主任技術者の試験合格を目指して勉強中です。
電気通信主任技術者を取得する目的は、現在、施工管理士の「電気工事」を取得しているので、施工管理士の「電気通信工事」を電気通信主任技術者試験に合格して取得したいと思っているからです。しかし、電気通信主任技術者を取得して、本当に施工管理士の「電気通信工事」の資格が得られるのでしょうか?

Aベストアンサー

電気通信工事に施工管理士はありません。

おそらく建設業法上の、主任技術者(現場)、専任技術者(営業所)のことをお尋ねのことかと思います。

それなら資格取得後、実務経験5年必要です。参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.shiken.dekyo.or.jp/chief/pdf/kenchiku.pdf

QNTT回線工事(ADSL)について 最後に折れたNTTオペレーター

ADSLの申し込みをしました。
回線工事(直接家に来ない工事)も終わりました。

しかし調子が悪い状況が続き故障として担当に来てもらいました。
すると・・・以前にひいた光の配線とごちゃごちゃになっていたので担当に、工事をしてもらいました。無事に使えるようになったのですが、請求が8000円。帰り際担当は「払うか払わないかわからない、NTTに聞いて頂戴」と。

その夜NTTに電話をすると「払う必要があります」と言われました。
ここで疑問に思いました。申し込みをするときに、費用回線工事代と諸費用4000円のみと言う説明がありましたが、結局正常にADSLが使える様になるまで1,2万円かかる事になります。

NTTいわく「今回は修理ですので回線工事とは全く別です、ですので8000円はお支払いください」との事。

この「全く別」発言に私の怒りは頂点に達し、噴火しました。が、冷静さを保ちました。そもそもネットが使いたくて申し込みをしたので使える様になるまでが「初期費用」と言う意味になるのではないでしょうか。そう反論しました。今日は担当がいないので明日にまたご連絡致します。と。

次の日、「請求をしたのは工事担当ですから、その者からご連絡致します」と。

そして工事担当から「私たちも言われ来てるだけですから、NTTへ連絡してください」と。ここで二回目の噴火ですよ。しかし大人ですので冷静を保ちました。

この繰り返しで1週間が過ぎました。結局NTT側が折れて初期費用4000円のみの支払いとなりました。疑問点は、二回目の工事のときの請求書ですが、支払うか支払わないか分からない様な請求書をお客に渡していいものなのでしょうか。。。理不尽でなりません。

ADSLの申し込みをしました。
回線工事(直接家に来ない工事)も終わりました。

しかし調子が悪い状況が続き故障として担当に来てもらいました。
すると・・・以前にひいた光の配線とごちゃごちゃになっていたので担当に、工事をしてもらいました。無事に使えるようになったのですが、請求が8000円。帰り際担当は「払うか払わないかわからない、NTTに聞いて頂戴」と。

その夜NTTに電話をすると「払う必要があります」と言われました。
ここで疑問に思いました。申し込みをするときに、費用回線...続きを読む

Aベストアンサー

あとから来た方は工事の下請けでしょうから事情なんて知らんのですよ。
彼らにすれば仕事をしたので請求書を出した。それだけです。
間違いなのは、下請けに事情説明をしっかりしていない奴と、「工事担当から連絡します」といった奴です。
窓口であるNTTがそれでは誰でも憤慨しますよ。
あなたの行動は全く間違っていない。NTTがア○なのです。

Q電気通信事業法について

電気通信事業法と、ハウジング・ホスティングの関係について教えて下さい。

電気通信事業法では、通信事業を営む者は通信事業者免許が必要と規定しています。そこで、回線貸しにあたるハウジングでは、第二種電気通信事業者免許が必要で、容量貸しにあたるホスティングでは必要ないという話を聞きました。

質問ですが、上記の違いは電気通信事業法ではどの条文に規定されているのでしょうか。ハウジング・ホスティングの明確な規定があるのでしょうか。関係する情報でも構いませんので、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

電気通信事業法で規制しているのは、あくまでも「電気通信設備」です。(回線+交換機)
1種、特別2種、一般2種の3種類の事業形態が有ります。
ハウジング・ホスティングはサーバに関するものですので、
電気通信設備には含まれません。(ホストも通信系でみれば端末です。)
しかし、全く無関係かと言うとそうでもないのです。

第1種…電気通信回線を自前で引く。総務大臣の許可が必要。
特別第2種…第1種事業者から回線を借りて事業(又貸しなど)をする。総務大臣の登録が必要。(海外通信をするか、回線規模が大きいもの)
一般第2種…国内のみで回線数が少ないもの。総務大臣に届出のみ。

ハウジング、ホスティングも通信事業とみなされますが、回線を自分で引かず、借りているならあくまでも第2種事業です。従って同時接続の回線規模によって、総務大臣への登録か届出のどちらかで事業を営む事になります。

Q特定継続的役務提供 中途解約について

例えば仮に以下のように、前払いする金額が大きいほど月単価が安くなるサービスがあったとします。サービス内容は同じで、受講できる期間だけ違うとします。
2ヶ月10万円
4ヶ月15万円
6ヶ月25万円
6ヶ月まとめて納金したほうが安いので25万支払いましたが、2ヵ月後事情により中途解除を申し込むことになりました。
店舗側の計算は次のとおりに6ヶ月分(25万円)-2ヵ月分
(10万円)=15万円(残金)なりました。
4ヶ月で解除なら6ヶ月分(25万円)-4ヵ月分(15万円)=10万円になります。
申し込み時に25万円で一括に納金しているのであれば、それを6で割り出てきた月単価で受けた役務への対価として2ヶ月分払えば良いと思うのですが、この場合は店舗側の計算方法でも違法性はないのでしょうか。

ここでは中途解除に伴う損害金の計算は割愛してあります。

皆様のご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

こんにちは。
事業者に対して前払をしている場合には、中途解約までに提供された役務の対価に相当する額と一定額以内の損害賠償を差し引いた金額が返還されます。
解除があった場合にのみ適用される高額の「対価」を定める特約は、実質的に損害賠償額の予定又は違約金の定めとして機能するものであって、無効です(経済産業省通達・判例)。
したがって、25万円(前渡)-83333(消費)=166667(返還される額)となります。
まずは、市町村や都道府県の消費者生活センターに情報提供の意味も含めて、相談してはいかがですか?

Qねとらじを放送するとき、「電気通信事業届出」を出さなくてはならないようですが・・・

ねとらじを放送したく、wikipediaのねとらじ項目をみていたら、「電気通信事業届出」が必要、と書いてありました。「電気通信事業届出」とは何でしょうか。また、絶対に「電気通信事業届出」を出さなくてはならないのでしょうか。無知なので、わかりやすくお願いいたします。

Aベストアンサー

電気通信事業の届出というのは、電気通信事業法という法律に基づいて、電気通信事業と分類される事業を行なう場合に事業主が総務省に届出を行なうことをいいます。

・・・分かりにくかったでしょうか。でもいずれにしても、普通のインターネット回線を使って自分で作った番組を配信するという形式でのインターネットラジオをやるのに電気通信事業法の届出は必要ありません。電気通信事業に該当しないからです。インターネットラジオではむしろ著作権の処理の方が大問題です。wikiに書いてあることの中には間違いも多いので注意です。

QNTTからの情報漏れ(事業用回線を使用しています)

先日うちの会社に大手ローン会社からダイレクトメールが届きました。ここまでは何時もの事なのですが、よく見ると、あて先の住所がNTTからの請求書と全く同じになっています。請求書にはNTT以外に全く知らせていないビル名が入っているので気づきました。
電話帳にはビル名は入っていません。商業登記や、郵便局、他社等にも全く知らせていません。

NTTに問い合わせたところ、事業用回線の場合、住所など、データの販売を行っているそうです。
大手の会社ならともかく、事業用回線を町の自営の商店など個人事業主で使っている場合も多いと思います。個人名でもタウンページに載せる為に高い基本料金を払っている人も多いと思います。
まさかNTTがこんな事をしているとは思いもしませんでした。

これって個人?情報の保護の観点から問題にはならないのでしょうか?
事業用だから個人ではないという解釈なのですか?

Aベストアンサー

現行の法律ではどうすることもできません。
それにより損害が発生すれば損害賠償を求めることはできる「かも」知れませんがDMでは損害とは言えないでしょう。

とりあえずNTTに情報の公開をやめるように言うことしかできないと思います。

Q電気通信事業者がユーザーの通信を遮断することの可否

電気通信事業法では、電気通信事業者がユーザーの通信内容を調べ、その内容によってはユーザに無断でその通信を遮断することは禁じられているのでしょうか。また、そのことは第何条に書いてあるのでしょうか。

Aベストアンサー

たしかに憲法では通信の秘密が規定されており、通信事業者とてその内容を利用
者に無断で傍受することはできません。
しかし、ここ規定される「通信の秘密」とは内容や通話先であり、そこをどれだ
けの通信が発生しているかという、いわゆるトラヒックについては通信の需要計
画や回線の確保の上で必要不可欠なことですので、その監視はむしろ電気通信事
業法でやらなければいけないことと定められています。
よって、それ自体は違法ではありません。

たしかにその内容で遮断することはできません。
たとえば殺人の相談をしているからと言って、電話会社はその通信を遮断できま
せん。
(もっともその内容自体傍受できません)
しかし、著しいトラヒックを生じさせており、他の利用者に対して悪影響を及ぼ
している通信は遮断できると約款に規定されています。

たとえばNTT東日本では次のとおりです。
http://www.ntt-east.co.jp/tariff/yakkan/pdf/e01.pdf

第8章 利用中止及び利用停止
(利用中止)
第58条 当社は、次の場合には、電話サービスの利用を中止することがあります

当社の電気通信設備の保守上又は工事上やむを得ないとき。
特定の契約者回線から、多数の不完了呼(相手先の応答前に発信を取り止めるこ
とをいいます。以下同じとします。)を発生させたことにより、現に通信がふく
そうし、又はふくそうするおそれがあると当社が認めたとき。
第65条(通話利用の制限)の規定により、通話利用を中止するとき。
2 当社は、前項の規定により電話サービスの利用を中止するときは、あらかじ
めそのことを契約者に通知します。
ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りでありません。
3 第1項に規定する場合のほか、付加機能に関する利用について料金表第1表
第1(基本料金)に別段の定めがあるときは、当社は、その付加機能の利用を
中止することがあります。

この規定は基本的にどこの通信会社、どのサービスにもあります。
プロバイダーでも著しいトラヒックを生じさせた場合、切断する旨の規定があり
ます。
ですから利用者に無断で通信を遮断することに利用者は同意の上、通信ネットワ
ークを利用しているわけです。

たしかに憲法では通信の秘密が規定されており、通信事業者とてその内容を利用
者に無断で傍受することはできません。
しかし、ここ規定される「通信の秘密」とは内容や通話先であり、そこをどれだ
けの通信が発生しているかという、いわゆるトラヒックについては通信の需要計
画や回線の確保の上で必要不可欠なことですので、その監視はむしろ電気通信事
業法でやらなければいけないことと定められています。
よって、それ自体は違法ではありません。

たしかにその内容で遮断することはできません。
た...続きを読む

Q東アフリカから大量のビールを日本に輸入/販売したい

東アフリカ(タンザニア)に居る知人から、現地のブランドのビール数種類を、日本に向けて【40フィートコンテナ一本分!】送るので、 日本で販売してみないか?
と持ちかけられました。
これだけの大量だと、日本に入れてから審査を受けたり、販売や卸売りで取り扱うことになる当方にも資格などが必要になる事が予想されると思いますが。
当方は輸入などの実務経験のない 一般人なので、どこから調べて良いやらわかりません。
日本で小さいスナックを経営している仲間が居るので、そこを荷受人
にしてはどうかという案も出ていますが・・・。
酒類の大量輸入~販売には具体的に、どんな手順、どんな準備が必要なのか教えてください

Aベストアンサー

下記が参考になるかと(JETRO)
http://www.jetro.go.jp/jpn/regulations/importproduct_01/04M-010737

Q電気通信主任技術者試験について 電気通信システムの重さは??

大学である程度の単位を取得すると、電気通信主任技術者試験のうち、電気通信システムの試験が免除されるらしいのです。

まだあと5つくらい取らなければならない単位があり、1つでも落としたら免除されないと考えると、若干迷っています。

そこで、電気通信主任技術者試験における電気通信システムの重さはどのくらいなのでしょうか?

そこが全体の勉強時間の7割とかなら頑張ってみる価値もあるかなと思うのですが、そこだけ免除になっても他をものすごく頑張らなければ取れないというのでは、やめようかと考えています。

また、この資格の社会における価値はどのくらいなのでしょうか?

わかる方ぜひお願いします!!!

Aベストアンサー

既にご存知かもしれませんが、電気通信システム科目は電子工学・通信工学等の
基礎知識についての科目です。

ですので、学生の頃は電気通信システムが一番合格しやすい科目ではありますが、
社会人になると、どうしても計算問題からは離れてしまうため、学生の頃に
学習したことを思い出すための勉強をすることになってしまうかと思います。
社会人になると、専門知識を吸収するのに必死なので、自分の専門分野
以外の基礎知識、それも一度大学で学習していることを再勉強するとなると
無駄な時間を過ごしている気分にもなりかねません。

電気通信主任技術者試験の認定学校による試験免除は無線従事者試験と
違い、ずっと続くものなので単位を取っておくことをお勧めします。

電気通信主任技術者の社会的価値については一概に言えません。
大学を卒業されて通信事業者なり設備屋に就職するのであれば、強力な
資格ですが、メーカーに就職するとほぼ価値のないものになります。

Q有給休暇の取り扱い(法的) 4/1付採用の場合、10/1から有給付与、但し、4/1~9/30までの

有給休暇の取り扱い(法的)

4/1付採用の場合、10/1から有給付与、但し、4/1~9/30までの出勤率が8割に満たない場合は付与しない。

この場合、次回付与するのは、翌年の4月ですか?次回の出勤率の算出はいつからいつまでですか?教えてください。

Aベストアンサー

会社の規則や労組(組合がない場合は労働者の代表)との協定によりますので、
本当のことは会社に聞かないと答えられません。

以上を踏まえて、
>次回付与するのは、翌年の4月ですか?

一般に、次回付与するのは、翌年の10月です。
「最初が入社半年後で、以後はそれ(=付与時点)から1年おき」と考えます。

>次回の出勤率の算出は、いつからいつまでですか?

10月1日から9月30日とするのが普通でしょう。
法律にはそこまで詳細に記載がないので、
採用日から1年半後の9月30日で計算しても直ちに違法とはなりません。
(その方が労働者に有利ですが)


蛇足ですが、
「労働組合がない場合」や「労働者の代表を労働者が選ばない場合」には
交渉相手がいないので、会社が法律の範囲内でタイトに決定権を行使してしまう場合が多いです。
出勤予定の8割に満たない期間がそれほど長く続くなら、
有給休暇の付与以前にその会社では長期間働けない可能性もあります。
ネット等、外部で情報収集するのではなく、社内でよく話し合われるべきと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報