義理の父が生命保険の貸付を1997年ごろにしていて
一回も支払いをしていなかったんです。
この間、貸付金が100万弱の請求書が届き
一年間の利息(5万ちょっと)を払って下さい。と・・・
そんなお金はあるはずも無く困っています。

期日までに払わなければ利息分が元金にプラスされてしまうので
このままだと金額がどんどん増えていってしまうと思うと
恐ろしくて・・・。

この場合、どうしたら良いんでしょう?
もしこのまま返済をしなかったら
保障内容にも影響するんでしょか?
例えば、入院や死亡など・・・。


よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

普通は、そのまま返さなくても、最終の死亡保険金額をこえませんので、死亡時に清算できるので、借金としてのこることはないと思うので、安心してください。


しかし、保険であてにしていた葬式代が貸付金額+利息分減ってしまいますことに注意下さい。
そのまえに入院保険について、良くあるパターンで、65才くらいに、入院保険を継続するなら、残りの保険料を前納してくださいという契約が非常に多いので、そちらの方は大丈夫か確認しておいてください。保障内容によっては、150万から200万くらい払ってくださいということがよくありますので。ほんと。
    • good
    • 0

#1.2さんの回答の通りです。


ただし法定弁済と言って、ある一定の期間返済が無い場合に終身保険部分(養老保険では養老部分)の保険金を下げる手続をする会社もあります。この手続は、貸付元金+利息+将来の運用部分を併せて減額されるので最も不利です。保険会社に返済をしなかった場合の処理がどうなるのか確認をする必要があります。

もう一点、返済できないとなると、貸付利率が5%と非常に高いので、現時点で貸付金額だけ終身部分を減額してはどうでしょう?その辺の相談も保険会社にした方が良いと思います。
    • good
    • 0

~簡潔に~


入院に関しての保障は貸付してなかった場合と同じ保障をしてもらえるので問題ありません。
ただし死亡保障に関しては、このままの状態だと元金プラス利息分が最終的には死亡保険金より差し引かれてチャラになるってイメージです。
※ 保険料の払込さえ滞ってなければ、契約自体は有効です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか!ありがとうございます。
毎月の保険料は払っていたと思うのですが
この間、新たな書類がきまして
毎月の保険料を貸付けして払っていたのが10万ほど・・・。
払ってくださいみたいなのが来ました。
もうどうしたら良いんでしょうか?
本当に困ってしまいます。

お礼日時:2005/04/22 15:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q養老保険の解約

銀行金利が低いため少しでも高い金利の貯蓄ということで郵便局に相談したところ養老保険をすすめられました。月支払いが数万円という条件で郵便局にすべて任せたところ、1000万円の普通養老保険と550万円の特別養老保険を設定してくれ契約しました。普通養老保険には500万円を先に振り込みました。10年もので昨年3月に契約、証書が送られてきました。郵便局ということでまったく信頼し調べもしなかったのですが、どうも少しおかしいと気づき、払い込み金額をチェックしたところ、普通養老保険は10,824,000円、特別養老保険は6,469,080円の払い込みで大幅な元本割れで、しかも子供たちの災害、質病保険までつけられていました。こちらは保険をもとめたのでなく金利の高いもののみを求めたのに、まったくこちらの意図に反するものが設定され、いかもこれらの説明がまったくなされていませんでした。
このような意図に反する契約であることが判明した以上、契約を直ちに解約し、今までに払い込んだお金をすべて返却してもらいたいのですがどのようにすればよいでしょうか。
お教えください。よろしくお願い致します。

銀行金利が低いため少しでも高い金利の貯蓄ということで郵便局に相談したところ養老保険をすすめられました。月支払いが数万円という条件で郵便局にすべて任せたところ、1000万円の普通養老保険と550万円の特別養老保険を設定してくれ契約しました。普通養老保険には500万円を先に振り込みました。10年もので昨年3月に契約、証書が送られてきました。郵便局ということでまったく信頼し調べもしなかったのですが、どうも少しおかしいと気づき、払い込み金額をチェックしたところ、普通養老保険は10,824,000円、特別...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

弁護士は最終手段です。
あくまでも「不利益の件の説明不足」だけで
コンプライアンス違反です。

正しく説明していれば、このような間違いはありえません。
「銀行金利が低いため少しでも高い金利の貯蓄」との相談をしたにもかかわらず
高金利でもない商品を不利益も告げずに売る事は
確実にコンプライアンス違反ですので。
場合によっては、お客様相談センターに苦情電話されても良いと思いますよ。

**この件は「oxbridgeさん」の話が間違い無い事を前提に書いております。**

Q契約者貸付金の利息支払いについて

保険会社の方、もしくは詳しい方に教えていただきたく書き込んでいます。

自身の保険を積み立てている保険会社の
契約者貸付金を利用しています。

毎月少額ではありますが一定金額を返済していたのですが、
昨年は何かと出費が多く滞っていました。

先日、一年分の利息を請求される書類が届きました。
約4万円でした。
支払期間は7月11日~8月20日。
その日までにその金額を返済した方が一番良いのでしょうが
一括でその金額を払うのはちょっと辛く…。

指定された一年分の利息をその期間に払わない場合、
どのような問題が起きるのでしょうか。

あるいは指定額(4万)は無理ですが、ある程度の金額を
送られてきた用紙で振り込むと少しはマシなのでしょうか?

詳しい方がおられましたら、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

期日までに支払わないと、その4万円にまた、
利子がつくことになります。

どうするかは、ご自分で判断してください。

Q養老保険の解約返戻金について質問です。

養老保険の解約返戻金について質問です。
主契約期間10年の年払いで、今年10回目の支払いを終え、すぐに満期金を受け取れると思いきや、来年の満期日を迎えるまで満期金を受け取れないと知りました。
そこで、この養老保険を解約することを考えているのですが、解約返戻金は10回支払いが終了しているということで、満期金と同じ額が戻ってくるのでしょうか。
ちなみにJAの養老共済なのですが。
わかる方、いらっしゃったら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

10回目の払い込みが済んでいても、10回目に払い込んだ金額も1年間は運用しますので、いま解約すれば中途解約扱いとなる為、全額は戻りません。
JAは利用した事がありませんので、中途解約の解約による減額利率がわかりませんので、電話で解約したい月を告げて、返戻金を教えてもらうのが一番いいでしょうね。
電話でもその場でわかりますよ。

Q生命保険はこのままでは払いきれない

日本生命から「ご契約内容のお知らせ」が来ました。
終身保険(重点保障プラン)EX
死亡1000万円+毎年220万円(10年間)
主契約保険金額(終身保険金額)
★3大疾病保障定期保険特約保険金額        400万円 終身
★疾病障害保険定期保険特約保険金額        300万円 50歳更新
生活保障特約年金年額               220万円 50歳更新
介護保障特約重点介護年金年額(II型)        120万円 50歳更新
 うち基本介護年金年額             (60万円) 50歳更新
災害割り増特約保険金額              500万円 50歳更新
新障害特約保険金額                500万円 50歳更新
特定損傷特約給付金額                5万円 50歳更新
新災害入院特約日額               10000円 50歳更新
新入院医療特約日額               10000円 50歳更新
通院特約日額                  3000円 50歳更新
以上

月々の保険料は23000円ですが50歳から38000円になります。
50歳以降は払える自信がありません。
製造業に勤めてますが、不景気で50歳以降はリストラに合う可能性が高いです。
出来る限り保険料を押さえたいと思ってます。
労働金庫などは保険料に比べ保障金額が良いと聞いたのですが、どこが良いかまったく分かりません。
どなたかアドバイスをお願いします。

日本生命から「ご契約内容のお知らせ」が来ました。
終身保険(重点保障プラン)EX
死亡1000万円+毎年220万円(10年間)
主契約保険金額(終身保険金額)
★3大疾病保障定期保険特約保険金額        400万円 終身
★疾病障害保険定期保険特約保険金額        300万円 50歳更新
生活保障特約年金年額               220万円 50歳更新
介護保障特約重点介護年金年額(II型)        120万円 50歳更新
 うち基本介護年金年額             (60万円) 50歳...続きを読む

Aベストアンサー

内容を見る限り、過大な補償内容だと思います。
質問者様の年齢、家庭状況が不明ですので、私が同じ立場であった場合を想定して回答します

↓不要だと思う特約等と理由。(私もニッセイに入っていますが、同様の理由でこれら特約は付けていません)

疾病障害保険定期保険特約…疾病による障害の範囲は非常に狭く、かなりの重症にならなければもらえません。この特約が適用になるほどの疾病でしたら、ほぼ間違いなく国の障害者福祉制度が適用されます。

介護保障特約…障害による介護状態になった場合は国の障害者福祉制度、老齢により介護状態になった場合は介護保険制度が利用できます。

新障害特約…万一、障害者になってしまっても、国の障害者福祉制度により、障害者年金や各種福祉制度が利用できます。

特定損傷特約…骨折や腱の断裂は一生に2~3度あるかないかです。交通事故の場合は相手方又は自動車保険が補償してくれます。

新災害入院…新入院特約でカバーできます。労災の場合は労災保険から、交通事故の場合は相手方又は自動車保険が補償してくれます。

通院特約…この保険金は5日以上入院後、通院して初めてもらえます。5日以上の入院は一生に2~3度あるかないかです。


↓ほぼ大丈夫であろう特約と理由

新入院医療特約…日額1万円は妥当です。昔は健康保険本人は1割負担で、日額5千円でも大丈夫でしたが、今は3割ですので日額1万円は必要だと思います。(私も同額です)


↓見直したほうが良いと思われる特約

短期入院特約の追加…新入院特約は5日以上の入院が必要です。しかし、現実的に5日も入院していられません。その場合はこの短期入院特約を付けていれば1日の入院から保険金がもらえます。

三大疾病保障定期保険特約の減額…確か、この特約はガン・脳卒中・心筋梗塞と診断された場合、保険金が下りるというものだったと思います。しかし、これら三大疾病になった場合は健康保険で病院にかかれますし、医療費が一定以上の金額になった場合でも健康保険からその差額が支給(高額療養費)されますので、この特約はいらないと思います。ただ、この保険はこの特約が必須となっていたと思いますので、最低金額の100万円で良いと思います。

生活保障特約の減額…この特約は質問者様が死亡・重度障害になられた場合、残されたご家族に年間220万円を10年間にわたって支払うものだったと思います。しかし、質問者様に万一のことがあっても、国から遺族年金が支払われますし、税金面でも各種控除が受けられます。私はこのようなことも考えて年額120万円×10年にしています。これなら月額10万円、ご家族がパート+遺族年金でも十分生活はしていけます。


ちなみに私の保障は
・終身保険(主契約)…1000万
・生活保障特約年金…120万×10年
・三大疾病保障定期保険特約…100万
・新入院特約…日額10000万円
・保険料は15000円、40歳更新後25000円程度です。


保険会社は「万一の際は…」と言って不安をあおってきます。よって、あれもこれもと特約を付けてしまうと1つ1つの特約の金額はわずかでもたくさんあると結構いい金額になってしまいます。また、更新をするとまた金額があがってしまいます。

いろいろ言われていますが、日本は諸外国と比べると、税金・公的保険料の割には福祉制度は充実しています。これをうまく利用することによって、万一の際の負担はずいぶん軽くなると思いますので、ご自分の家庭状況にあった保障内容に見直しされることをおすすめします。

なお、保険の見直しは更新時でなくとも、保険会社に言えばいつでも可能です。(ただし、前述のとおり、「将来の不安」をあおってきますが…)

内容を見る限り、過大な補償内容だと思います。
質問者様の年齢、家庭状況が不明ですので、私が同じ立場であった場合を想定して回答します

↓不要だと思う特約等と理由。(私もニッセイに入っていますが、同様の理由でこれら特約は付けていません)

疾病障害保険定期保険特約…疾病による障害の範囲は非常に狭く、かなりの重症にならなければもらえません。この特約が適用になるほどの疾病でしたら、ほぼ間違いなく国の障害者福祉制度が適用されます。

介護保障特約…障害による介護状態になった場合は国の...続きを読む

Q簡保の養老保険の解約について

来月二人目を出産予定の主婦です。現在郵便局の特別養老保険(2倍型)に加入しています。
平成6年3月加入
保険料 11400円
払込期間     15年
災害特約・疾病障害入院特約  1950円
月払合計払込金額  13149円(口座引落なのでちょっと安い)
二人目でますますお金が必要になるので、解約して県民共済か終身保険EVERへの加入を検討しています。
そこで、教えていただきたいのがこの養老保険ですが、解約する以外にもっとよい方法とかあるのでしょうか?
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

 解約を検討中なら、出産後にした方がよいと思うのですが・・・。帝王切開などになったときには、保障の対象になったりしますから。
 解約するにしても、満期での受取金額と総払込額を比べてからの方がよいと思います。預貯金よりも得な場合があります。
 解約以外の方法としては、保険金額の減額、特約解除、払い済に変更などがあります。
 郵便局の窓口で相談するときは、新規契約を勧められると思いますが押しきられないよう注意してください。^^彼らも必死ですから。

Q終身医療保険は短期払か終身払か?

現在、終身の医療保険の支払期間で迷っています。
終身にするべきか、短期にするべきか。

終身にした場合は、月額支払額が安く済むが
一生支払う。生きているうちなので支払額は未定。
まぁ。もう自然死でいいかもっと思ったら解約しますが。。

短期60歳払にした場合、老後の支払を
気にしなくて済む。
老後、月に5000円の医療保険の支払いが
どれだけ負担なのか今は想像がつかないので
こちらが安心。

ですが医療保険ってそもそも、10年経てば内容が
変わりますよね。
10年前は入院は5日目以降の支払いが普通でしたが
現在は、1日目から支払われるのが主流だと思います。

よって、一度加入しても
10年後にはどうせ掛け捨ての医療保険なので
いい商品が出るのでそれに乗せ換える。

これが、一般的な流れなのでしょうか。
45歳の上司に聞いたら、その昔は7日目しか
医療保険が下りなかったと。。
みなさん、持ち続けているのでしょうか?

で、あれば現在31歳男性の場合
終身払にした方が良いのかとも思いますが。。。
どうでしょうか?

このサイトでも最終的にはお好みです。。
などの回答がありますが、好みでいえば60歳払済の
短期払いにしたいのですが、
みなさん医療保険ってそんなに乗り換えるものなのでしょうか?

であれば、やはり乗り換え前提になると
終身が良いのかと思うのですが。

アフラックなどの統計でも
10年で解約するパターンが多いとか。

ご年齢が上の方、これまで医療保険を買い替えてるなど
教えていただければ思います。

現在、終身の医療保険の支払期間で迷っています。
終身にするべきか、短期にするべきか。

終身にした場合は、月額支払額が安く済むが
一生支払う。生きているうちなので支払額は未定。
まぁ。もう自然死でいいかもっと思ったら解約しますが。。

短期60歳払にした場合、老後の支払を
気にしなくて済む。
老後、月に5000円の医療保険の支払いが
どれだけ負担なのか今は想像がつかないので
こちらが安心。

ですが医療保険ってそもそも、10年経てば内容が
変わりますよね。
10年前は入院は5日目以降...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも昔は保険といえば生命保険(死亡保険)か損害保険のことであり、医療保険というのは外資系保険会社や損保の子会社しか扱うことができませんでした。当時、聞いたこともないような保険会社の医療保険を契約する人は少数派でした。

一方、日本で大きなシェアを握っていた国内の生保にとって、医療保険はあくまで生命保険(死亡保険)のおまけ(特約)。売るほうも契約者もそれほど重視しておらず、医療の保障で契約を決めるということは稀だったのです。

事情が変わったのが、2001年。金融ビッグバンと呼ばれる金融の自由化で、外資や損保は国内生保の得意とする死亡保障に参入し、国内生保もあくまでおまけとはいえ医療保障に力を入れ始めるという、生命保険会社にとっては仁義なき戦いが始まったのです。
このころから医療保険単独の商品が注目されはじめ、1日目から保障される医療特約や単体の医療保険が次々と販売されました。

なので正確に言えば、医療保険は10年たてば内容が変わるというより、10年ほど前に保険そのものが大きく変わったといえます。

医療保険についていえば入院したら給付金が出るという保障の方法は昔から変わっておらず、今後も支払い方法を工夫する以外に工夫の余地はなさそうに思うのですが。
あえて言えば政府の医療制度の改定で自己負担が求められるようになり、先進医療や自由診療を保障する保険が出てくるようになるかもしれません。

とはいえ、すでに終身医療保険の契約者を多数抱える保険会社にしてみれば、新しい保険が出たからといってみすみす他社に乗り換えられるような怠慢はしないでしょう。おそらく、「今の保険に特約を付加すれば先進医療も保障の対象になります」みたいな形で既契約者を囲い込みする可能性が高いように思います。


>アフラックなどの統計でも
>10年で解約するパターンが多いとか。

このような統計は聞いたことがありません。
ちなみにアフラックは35年前からがん保険を販売していますが、がんの治療方法が進化したり医療制度が変わるたび、それに対応する特約を発売して既契約を解約せずに済むようにしています。
更新のたびに見直しを勧めるような他社の生命保険に比べて、更新がない分、継続率はずっと上です。

歴史の新しい終身医療保険ですが、がん保険の変遷から推測するに、やはり医療保険についても保険会社は特約の付加という形で対応するのではないでしょうか。

ということで、「終身医療保険は短期払か終身払か?」の答えは、やっぱりお好みでとなってしまいます。

そもそも昔は保険といえば生命保険(死亡保険)か損害保険のことであり、医療保険というのは外資系保険会社や損保の子会社しか扱うことができませんでした。当時、聞いたこともないような保険会社の医療保険を契約する人は少数派でした。

一方、日本で大きなシェアを握っていた国内の生保にとって、医療保険はあくまで生命保険(死亡保険)のおまけ(特約)。売るほうも契約者もそれほど重視しておらず、医療の保障で契約を決めるということは稀だったのです。

事情が変わったのが、2001年。金融ビッグバン...続きを読む

Q養老保険の解約にかかる税金

養老保険を解約することにしました。
10年もので、8年経過しています。
受取額から支払った保険料を差し引くと、約70万円の利益となります。

税金は、一時所得となるのでしょうか?

Aベストアンサー

受取人が契約者なら70-50(控除分)=20万に対して課税されます。(確定申告)・・・解約なら契約者でしょうね。

受取人が契約者以外なら全額(110万控除)に対して贈与税がかかります。

Q契約者貸付金

契約者貸付金ってなんですか?借金なのでしょうか?

Aベストアンサー

>借金なのでしょうか?
お見込みのとおりです。
生命保険の解約返還金の一定範囲内で貸付する制度です。
なお、貸付金に利息がかかります。

Q養老保険の解約による払込金

養老保険の解約による払込金は、確定申告の際、一時所得になると思うのですが、契約者と被保険者が別のときは、契約者の所得と考えてOKでしょうか?

Aベストアンサー

 契約者=保険料負担者
の場合、保険金受取人=契約者の場合は一時所得となり、保険金受取人の一時所得となります。

 実際問題、契約者=保険料負担者でなく、契約者=保険金受取人の場合は、保険金受取人への贈与税の課税となります。

 以上のように、この場では、被保険者はなにも関係ありません。

Q貸付の金利について

現在生命保険に加入しています。(かんぽ生命)
保険を利用しての貸付を利用すると低金利での貸付が可能と聞きました。
郵便局に問い合わせたところ契約内容からすると利率2.75%(日割り)
とのことでした。
これは普通に銀行等のローンを利用をするより率は低いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無担保の銀行のカードローンより、担保がある「保険を利用しての貸付」のほうが、明らかに低いです。

下のURLは三菱東京UFJ銀行の、無担保のカードローンですが、金利は 5.1%から 14.6%となっています。(借りる人の信用状態で決まります)
http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/index.html

もっと金利が低いのは、定期預金(銀行)や定期貯金・定額貯金(ゆうちょ銀行)を担保に借りることです。
担保になっている定期預金・定期貯金の金利に +0.5%で、(定額貯金は +0.25%で)借りることができます。


人気Q&Aランキング