「今までいろんな国を見てきたが、Aほど何度でも行きたいと思った国はなかった」という意味を(A国が好きで好きでたまらないいんだ!)という感情を込めて言うとしたら、みなさんならどう表現されますか? 勉強させてください。

ちなみにわたくしは、最上級や比較級で試したのですが、すっきりせず、結局強調構文を使って、
I have been to some countries, but it is only A that I want to go to again and again.
と考えました。
こういうときは、butはandのほうがよいでしょうか。
また、as many times as possble とかも考えたのですが、少し変かなとも思いました。

ご意見お待ちしております。

A 回答 (4件)

Gです。

 こんにちは、 また、私なりに書いてみますね。

まず、「いろんな」をsomeと表現しているところが気になりました。 いろんな、って、多くの、と言うフィーリングがあるのではないでしょうか。 そうすると、many countriesの方が、後の「その中で」のフィーリングにインパクトがかかるようになります。

さて本文ですが、

I know now A is the country that I'm dying to go back again and again! Aが何度でもいいからまた行きたい国だって分かったよ。

But out of those, A is definitely the one I want to visit any time. でもその中でAはいつでも行きたい国となったのは確かだね。

You know what? I can tell you I will not be bored visting A even every month. 知ってた? 俺にはAって毎月行っても飽きない国なんだと。

I really fell in love with A and I've never felt anything like this with any other countries that I'd visited. Aって言う国に恋しちゃったよ。 いったことのある国の中でこんな気持ちになったことは本当にないよ。

You know I can eat Ramen every day, right? I can give them up if somebody gives me a free ticket to A. 俺がラーメンなら毎日食べても平気だって事知っているだろう? Aへの無料チケットを誰かがくれるんだったらそのラーメンだってをあきらめてもいいくらいだよ。

Guess what. I found a country that I can go back as many times as the number of raindrops in one rainy season!! A is the one. いい? 雨季の雨粒の数くらい行ったっていい国を見つけたよ。 Aがそれだよ。

もっと深刻にも使える表現として(一回だけですよ)
(To a girlfriend) I have a confession to make. I found a new girlfriend and I can not live without her any more after I came back from A. Would you get mad at me if I'd say that I want to see her as often as I possibly can? Before you answer that, I have to tell you her name. <Pause> That is A. And I would like to ask you one question that I want your "YES". Will you join me for our honeymoon trip to A?  告白しなくちゃならないことがあるんだ。 新しい恋人が出来ちゃったんだ。 Aから帰ってきてからもう「彼女」なしには生きていけなくなってしまったんだ。 出来ることなら何回も「彼女」に会いたいといったら怒る? 答える前に「彼女」の名前を言ったほうがいいと思う。 <ポーズを置いて>、それってAなんだ、そして、イエスといってもらいたい。 俺たちのハネムーンにAへ一緒に来てくれないか。 (タイミングと二人の状況に合わせていってくださいね。 そうじゃないと、誰のハネムーンなの? 何でそんな熱々の二人に同行しなくちゃいけないの?と言われちゃうかもしれませんからね。 つまり、私は責任を取れませんのでこれを使うときは気をつけてください、と言うことです <g>)

また、万能的な表現に戻りますね。

A is second to none in my list of "the-most-wanted-country-to-go-back-again" list. 一番また行きたい国のリストでAがダントツだね。

同じフィーリングを出す表現とはどれだけそのフィーリングを受け止められるかによってきてしまいますが、プロポーズの表現を除いてはいろいろ応用できると思います。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さすがですね。
こんなに様々な言い方ができるのですね。
こんなにいっぱい引き出しがあれば、英語を話すにも楽しいでしょうね。
わたしも少しずつ盗ませてもらいます!!

お礼日時:2005/04/14 08:59

cat-lover さんの文でいいと思います。

ただし、go toは やはり皆さんの言われるとおり visit に代えた方がいいですね。
→I have been to some countries, but it is only A that I want to visit again and again .
さらにその後で「どうしてもまた行きたい」という気持ちを表すなら
It's calling me all the time .
( いつも私に来なさいと呼んでいる。)
I hear it calling me always .
( いつも私に来てとようでいる声が聞こえるようだ。)
昔のミュージカル映画の「南太平洋」の中の「 Bali Hi」という歌の歌詞をヒントにしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

visitですね。覚えておきます!
あとの2文はいい表現ですね。
国を擬人化しているのですね。なかなか普段言わないですね。
ありがとうございます!

お礼日時:2005/04/13 19:51

but を使っても大丈夫ですよ。


この文章でどうでしょうか。

I have visited many countries around the world, but 'Country A' is by far one of the few countries that I would like to visit again.

By far をいれれば A国が好きで好きでたまらないんだ という感情を込めて表現できますよ 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

by farはこういうふうに使うのですね。文法で習っても実際使う機会なかったです。勉強になりました!

お礼日時:2005/04/13 19:47

Although I have been to many (different) countries, ** is the only country that I would like to visit over and over again.


私ならこう言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。後の節の始めにit'sよりもAがくる方がなんかインパクトありますね。
ありがとうございます!

お礼日時:2005/04/13 19:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング