パートの主婦が130万円を超えると社会保険料を自分で払わなければならないのですが、それは年間の支給額だと
理解しています。130万円の中には、交通費は含まれるのですか?
もう1点お願いします。
130万円を超えた時点でサラリーマンの夫の扶養から
外れて自分で国民保険か勤務先の社会保険に加入するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「税金の計算をする場合には収入に入れないが、社会保険の扶養に入るかどうかを計算する場合には収入に入れる」という物が、何種類かあります。


実は、非課税部分の交通費も、これに該当します。

ですから、収入が120万円くらいのため、「配偶者控除は無理だけど、配偶者特別控除は受けられるわ。それに、社会保険の扶養にも入れるし」と思ってたら、配偶者特別控除は確かに受けられるけど、交通費の合計が10万5000円だったため、社会保険の扶養に入れない……という話は、あり得るのです。

サラリーマンの夫の扶養から外れるタイミングですが、130万円を超えた時点ではありません。
というのは、社会保険の扶養から外れる年収基準は、「年間支給額」ではないからです。
「向こう1年間の年収見込みが130万円を超えた時点」で、外れなければいけないのです。

たとえば、11月まで収入がなかったのに、12月から月11万円の収入を毎月もらう立場になった場合。
「(12月までの)年間支給額」は130万円よりはるかに少ないですが、「向こう1年間の年収見込み)は132万円のため、この12月の時点で社会保険上の扶養から外れることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。勉強不足でした。扶養からはずれるタイミングというか外れる時期が良くわかりました。
派遣の仕事で短期(1ヶ月位)の単発の仕事で23万位になることもありました。扶養の状態で働くのって難しいんですね。

お礼日時:2005/04/14 12:32

税金の見方と違って年間収入の基準額を超えた時点でご主人の扶養から外れるのと違います。



社会保険は、目安としてあなたの月収が108,333円(130万円÷12ヶ月)を超える月が続きますと、年間収入130万円を超えると見込まれますからその時が社会保険の扶養から外れるタイミングです。
この月収(総支給額)には交通費は含みます。

>夫の扶養から外れて自分で国民保険か勤務先の社会保険に加入するのでしょうか?

勤務先の保険にも加入基準があります。
「雇用保険の加入基準」は・・・
・1週間の所定労働時間が20時間以上であること
・1年以上引き続き雇用されることが見込まれること
この基準を超えた場合は、会社は加入義務があります。

「社会保険(健康保険・厚生年金)の加入基準」は・・・
・1日または1週間の勤務時間が正社員の4分の3以上であること
・1ヶ月の勤務日数が正社員の4分の3以上であること

この2つの基準を超えてあなたが働く場合、会社は法人(株式会社など)あるいは適用事業所(健康保険などの適用を受ける事業所)でしたら、あなたの意思に関係なく社会保険に加入義務があります。

会社で加入できない場合は、市町村役場へ行き国民健康保険と国民年金第1号被保険者に加入して納付するようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。130万円には交通費も含まれるのか~通勤費が多く支給されると130万を超えないためには、
本来の給与分を考えないといけないことが良く分かりました。

お礼日時:2005/04/14 12:27

こんにちは。


>130万円の中には、交通費は含まれるのですか?
はい含まれます。社会保険については、通勤交通費も通常の給与として考えています。
ただ、こればかりは給与明細を見るか自己申告しか確認しようがないですね。

>130万円を超えた時点でサラリーマンの夫の扶養から
>外れて自分で国民保険か勤務先の社会保険に加入するのでしょうか?
代表的なサラリーマンの健康保険である政府管掌健保の基準では、
今後の年間収入が130万円(月々108,000円)を超えることが確認できた時、
旦那さんの被扶養者から外し、ご自分で勤務先の健康保険(+厚生年金)に入るか、
国民健康保険(+国民年金)に加入することになります。
ただ、旦那さんの会社の健康保険が、組合管掌健保の場合、
多少、基準に違いがあるかも知れませんので、会社の担当者に聞いてみて下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速、基準について夫の会社に確認してみることにします。

お礼日時:2005/04/14 12:36

交通費でも、所得税法上、非課税となる場合と課税となる場合があるようです。


従って、どのような扱いになっているかわかりませんね。
一般的には実費分は非課税となっているでしょう。

参考URL:http://www.pangea.co.jp/c-press/ouendan/moneylif …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q研修時の交通費は課税?非課税?

給与時の交通費の考え方(課税、非課税)について質問です。

通常通勤交通費(車通勤)は、往復距離×@15円で出勤日数を計算し、支給しています。
片道6.5kmの場合、非課税交通費限度額は4,100円になると思います。

例えば15日出勤したとすると、15日×(6.5×2)×15=2,925円の支給となります。
この15日の他に、別の場所で研修があり、その分の交通費=電車代が別途3,000円かかったとします。

この場合、交通費を給与で支払うとすれば、2,925円+3,000円=5,925円となり、
4,100円非課税+1,825円課税、となるのでしょうか。
それとも、2,925円非課税+3,000円非課税=5,925円全部非課税となるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

研修に伴う交通費は通勤手当ではありません。経費処理される旅費交通費に該当します。通勤交通費2,925円は非課税限度内ですので、全額非課税になります。

通勤手当は各企業が独自に設定できますが、非課税限度額を越えた分は課税処理となります。

Q扶養内で働いた場合、年間130万まで、年間130万をを超えた場合、

扶養内で働いた場合、年間130万まで、年間130万をを超えた場合、
それ以上(150万超)の場合などに、それぞれ税金がどの程度増えて、
手取りがどのように変わってくるのかを試算したいと思っています。

試算結果によって、どの程度働くかを検討するためです。

ちなみに子供はいません。
何パターンか、試算出来るようなサイトを御存知の方が
いらっしゃいましたら教えてください。

また電話で問い合わせする場合、地元の税務署に聞けば
よいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ちなみに子供はいません…

ということは、夫婦間の話でしょうか。

>扶養内で働いた場合…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>年間130万まで、年間130万をを超えた場合…

夫の税金は、配偶者特別控除の範囲ですから、階段状に変化するだけであって、130万を境に一気に大幅増税になるわけではありません。
しかも、夫の税額は夫自身の「課税所得額」により変わりますので、お書きの情報だけでは具体的な数字までは出せません。

あなたの税金は、当年の所得税が、増える分の 5%、つまり 130万と150万とを比較するなら 1万円の増と言うことです。
翌年の住民税は増える分の 10% です。

>試算結果によって、どの程度働くかを検討するためです…

そもそも税金とは、特殊なケースを除いて、稼いだ額以上に取られることはありません。
ご質問では税金のことだけをお聞きのようですが、税金のために収入をセーブする必要はどこにもないのです。
少々の税金を払っても、大木稼げば稼いだだけ、家計にゆとりは生まれるのです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>ちなみに子供はいません…

ということは、夫婦間の話でしょうか。

>扶養内で働いた場合…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/ta...続きを読む

Q年末調整 非課税交通費の記入

給与明細には非課税交通費として交通費を記載しています。
年末調整の源泉徴収簿の総支給額には非課税交通費も合わせた金額を記載するのでしょうか。

Aベストアンサー

源泉徴収簿の総支給額の欄には非課税交通費を除いた金額を記載します。源泉徴収票の「支払金額」の欄にも非課税交通費を除いた金額の合計額を記載します。

Qパート収入は、130万以下ですが、投資利益を足すと、130万を超えそうです。その場合、社会保険はどうなるのでしょうか?

現在パートをしております。
パートでの年収は、130万円の予定です。
今は、主人の健康保険の扶養に入っております。
最近、株を始め、利益が出始めました。
この利益をプラスすると、年収が130万円を超えてしまいそうです。
この株での利益は、社会保険の計算には入れなくてよいのでしょうか?
株の利益を足して130万円を超えてしまったら、社会保険を支払わなくてはいけなくなるのでしょうか?
うまく、説明できているかわかりませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者様、まさに同じような質問をしたものです!!!

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1638859

上記の回答を頂いたのですが、イマイチ不安でした。
知人は夫の健保にも確認したみたいですが、健保もよくわからなかったようで
「あまりそういう例がないので、一応130万を超えないでください」と言われたようです。

結局、つてをたどって税理士さんに聞いてもらったところ、

扶養内の妻について、、、

(1)特定口座 (源泉ありの場合)
課税関係が終わるため特に手続き不要。そして扶養には差し障りがない。

(2)特定口座(源泉なしの場合)
給料がある場合、20万円を超える場合には申告が必要。
給料がない場合、38万円を超える場合には申告が必要。


と言われました。

私の知人は今年は20万以下(10万程度)の利益なので確定申告は不要、
扶養にも差し障りなし、、
との判断でした。

株の利益と給与所得は別枠で合わせて計算することはできないと、捉えたのですが。。。

ただ、NO3の回答通り、今お勤めの会社の社会保険加入は就業時間や給与によるので、
株で利益が出たからと言って入れないと思います。
扶養を抜けるとなると、自分で国民健康保険や国民年金に入らなければいけませんよねぇ。

ただ社会保険上のことがわからないので、私も他の回答に期待しています。

質問者様、まさに同じような質問をしたものです!!!

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1638859

上記の回答を頂いたのですが、イマイチ不安でした。
知人は夫の健保にも確認したみたいですが、健保もよくわからなかったようで
「あまりそういう例がないので、一応130万を超えないでください」と言われたようです。

結局、つてをたどって税理士さんに聞いてもらったところ、

扶養内の妻について、、、

(1)特定口座 (源泉ありの場合)
課税関係が終わるため特に手続き不要。そして...続きを読む

Q交通費の非課税上限について

交通費の非課税上限について
電車・バスなどを利用する場合の交通費非課税の上限は1ヶ月あたり10万円と言うことですが、以下の場合は課税か非課税か教えてください。
・1ヶ月分の交通費は3万円であるが、6ヶ月分がまとめて支給されるため、支給月には18万円が交通費として支給される。よって、支給月だけを見ると非課税上限の10万円を超えている。
 「1ヶ月あたりの上限」の意味が支給した月単位で考えるのか、年間を通して1ヶ月あたりの平均として考えてよいのか分かりません。
 以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ヶ月分の交通費は3万円であるが、6ヶ月分がまとめて支給されるため、
> 支給月には18万円が交通費として支給される。
> よって、支給月だけを見ると非課税上限の10万円を超えている。
> 「1ヶ月あたりの上限」の意味が支給した月単位で考えるのか、
> 年間を通して1ヶ月あたりの平均として考えてよいのか分かり
> ません。
↓このように計算してください。
支給した額18万円 ÷ 対象月数6 = 1箇月当たり3万円

Q社会保険の扶養者が130万円収入超えるとどうなるのですか?

現在、社会保険で扶養者として入れてもらっています。
よく扶養からはずれるとか言う言葉を聞くのですが、130万円の収入を超えてしまうと被保険者の何かの税金が増えるとかあるのでしょうか?
社会保険労務士に聞いても何も問題はないというのですが・・・。
そうしたら、なぜよく扶養からはずすとかいうのでしょうか?
とても何かの税金が多くなるのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>そうしたら、なぜよく扶養からはずすとかいうのでしょうか?
社会保険の扶養からはずれる、ということです。
通常、政府管掌健保(保険者が〇〇社会保険事務局)の場合、被扶養者の年収が130万円を超える見込みになったとき(超えたときではありません)、つまり月108334円以上の収入があるときは、扶養からはずれなければいけません。
〇〇健康保険組合の場合も、これに準じていますが、130万円のとらえ方に違いがあることがあり、昨年の収入をもとにすることもあるようです。
もし、貴方の年収が130万円を超え扶養をはずれたら、ご主人の保険料に影響ありませんが、貴方が自分で社会保険なり国民健康保険なりに加入し、健康保険料、厚生年金もしくは国民年金の保険料をイ払わなくてはならなくなります。

税金上(所得税)では、103万円を超えると、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなり、代わりに103万円~141万円までは「配偶者特別控除(38万円~3万円)」を受けられますが、妻の収入が増えるに従い控除額が減っていきます。
141万円以上になると、控除はなくなります。
妻の年収が増えると、控除額が減り、夫の税金がその分増えることになります。

住民税も控除額は違います(33万円)が、考え方は所得税と同じで、妻の収入が増えれば、控除額が減り夫の住民税は増えます。

ご主人の会社から、「家族手当、扶養手当」が支給されていた場合は、健康保険の扶養をはずれると支給されなくなる、という場合が多いと思います。
これは、会社の規定ですから、会社に確認しないとはっきり言えませんが…。

>そうしたら、なぜよく扶養からはずすとかいうのでしょうか?
社会保険の扶養からはずれる、ということです。
通常、政府管掌健保(保険者が〇〇社会保険事務局)の場合、被扶養者の年収が130万円を超える見込みになったとき(超えたときではありません)、つまり月108334円以上の収入があるときは、扶養からはずれなければいけません。
〇〇健康保険組合の場合も、これに準じていますが、130万円のとらえ方に違いがあることがあり、昨年の収入をもとにすることもあるようです。
もし、貴方の年...続きを読む

Q派遣のバイトしています。 交通費が給料所得になり、課税される派遣会社と、交通費として非課税の派遣会社

派遣のバイトしています。
交通費が給料所得になり、課税される派遣会社と、交通費として非課税の派遣会社があるようですが、これで税金の額に違いがあるのは合法なんでしょうか?
派遣会社に交通費は非課税にして分けて欲しいとお願いできるのでしょうか?

Aベストアンサー

おじさんです。
多くの派遣会社は 時給のほかに 交通費を支給することはあっても 実際の金額に拘らず定額です。徒歩で通勤できる人にも 月3万円かかる人にも 一律5千円くらいです。その場合は、通勤手当ではなく給料とみなされ課税対象です。
人によって 通勤手当を計算するなんて 面倒くさいし 派遣先に請求できませんから する会社は極めてまれです。
お願いしても 基本的に認められません。派遣のシステムは そういうのなのでする。

Q医療保険-年間収入が130万を超えた場合

保険は、年間の収入が130万を超えると(今後130万円を越える見込みとなると)親の扶養から抜けなければならないということのようですが、

●これは社会保険でも国民健康保険(すべてが加入者になり扶養という言い方はしないというような記憶があるのでこんがらがっています)でも違いが無く適用されるものですか?

●また、そうなった場合、どのような処置がなされるのかご存知の方がいましたら教えて下さい。

例えば、「市区町村の役所から 本人宛てに/勤め先に 電話が来る/封書が届く」など、
出来る限り具体的に知りたいです。

知識が浅いので、変な質問になっているかもしれませんが、とても気になっているのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっしゃるとおり、国民健康保険ではそれはあまり関係ありません。
ですが、一般に「正社員の4分の3以上の勤務時間」であると、社会保険の強制適用になります。
社会保険に加入した場合は年収に関係なく扶養から抜けます。

親などの社会保険の扶養に入っている場合も、月収約108000円(130万÷12ヶ月)を超える月から(「年収」ではなく。)社会保険を掛けることになりますので、扶養から抜けます。

年収130万を超えたら家族の扶養に入っていられませんので、
税務署または市役所等から、本人の会社または自宅に電話が来ることでしょう。
ま、すぐに来るわけではなく、翌年の確定申告が終わってから…4~5月くらいに連絡が来るのでは?と思います。

Q交通費の非課税限度額と課税額について

会社で給与計算の担当になって1ヶ月の者です。
給与と一緒に支払われるマイカー通勤の場合の
交通費の非課税限度額について質問なのですが、
決められた非課税限度額以上の額の交通費を
非課税交通費として支払っていた場合、
罰則を科せられることはありますか?

例えば、自宅から会社までの通勤距離が3kmで
会社が支給する交通費が6,000円
そのすべてを非課税交通費として支給していた場合です。

前任の担当者が1年未満でコロコロと変わっており、
どうしてそうなったかまでは把握できていないのですが、
どうぞお力をかしてください。

Aベストアンサー

 支給した通勤手当から非課税分を引いた差額に掛かる
毎月の源泉徴収税額が過少であったということで、
厳密にはその部分につき不納付加算税等が課せられる
ことにはなります。
 ただ国税通則法の規定により、早めに税務署に事情を説明し
て不足分につき納付することで、ペナルティの税金を軽減あるいは
なしにできる場合がありますので、所轄税務署にご相談されること
をお勧めします。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2585.htm

Qバイトで130万円超えてしまった!!

今年の1~12月からの給料合計がどうやら130万円超えてしまいそうなのですよね。
現在大学4年生で親の扶養に入っているので130万円を超えたら親の扶養から外れ、社会保険に入らなくてはいけないですよね。そして、親の元に税金が請求されるんですよね…私としては来年の4月から社会人なので親の扶養からはずれ社会保険料を毎月払うことに関しては別にいいかなと思っております。しかし、親に請求がくるというのはどうしても避けたいなと思っておりますが…130万円をこえないということ以外では回避策はないのでしょうか??

Aベストアンサー

> 友人が言うには会社でやってもらった方が毎月の負担が区役所で手続きをするよりかはやすくなるよ

国民健康保険・国民年金に関してはあまり詳しくないのですが…
どのくらい社会保険料を払うことになるかによって違います。
国民健康保険…は額が一定(収入によらない)ですが、社会保険料は収入から計算します。

> もし、アルバイト先で手続きをした場合、アルバイトを辞める時にまた何か手続きをする必要はありますか?

すぐに就職が決まっていれば、アルバイト先で退職時にもらった書類を新しい職場へ持って行けばいいです。
「源泉徴収表」(所得税の年末調整に必要です)も忘れずにもらいましょう。(言わないとくれないこともあり。)
もし間が開くようであれば、お父様の扶養に入れますのでそちらの手続きを。
(お父様の会社で行いますが、所得証明(市役所で発行)を求められるかも。)

または、社会保険の任意継続という方法もあります。
これは会社負担分(半額)も自分負担になりますので、今まで払っていた額の2倍程度に支払いが増えます。(が、メリットもあるのです)
このあたりも「社会保険 任意継続」で検索すれば分かるかと思います。

ソレとは別に、雇用保険(現在入ってますよね?)の失業保険申請もできます。
(失業後、まだ就職先が決まっていない場合。内定とかをもらっていたら申請できません。)



一番手続きが簡単なのは、すぐに別の会社の社会保険に入ることですね。

> 友人が言うには会社でやってもらった方が毎月の負担が区役所で手続きをするよりかはやすくなるよ

国民健康保険・国民年金に関してはあまり詳しくないのですが…
どのくらい社会保険料を払うことになるかによって違います。
国民健康保険…は額が一定(収入によらない)ですが、社会保険料は収入から計算します。

> もし、アルバイト先で手続きをした場合、アルバイトを辞める時にまた何か手続きをする必要はありますか?

すぐに就職が決まっていれば、アルバイト先で退職時にもらった書類を新しい職場...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報