新展開が有りましたので再度投稿させて頂きます

A社(上場企業)から不当利得返還請求の告訴をされました
告訴内容
A社が間違えて数十万円を私の口座に振り込んだ
A社の要求
間違えて振り込んだお金、金利、裁判費用を支払え
私に連絡を取ろうとしたが転居しており行方不明である。すでに私に口座は仮差押しているので私が他から工面して支払えば仮差押は解除する。先に解除してそこから返金することは認めない(私が持ち逃げする可能性がある為)
よって告訴する。

A社と私の間柄
数年前に取引が有ったがそれからは一切無い
連絡もしてないしA社からも無い

私は郵便局に転居届けを提出している
だから特別送達も受け取れた

私は数年前に私の会社を廃業しており口座のチェックをしていなかったので入金が有った事を訴えられて初めて知った

私の言い分
私の口座にA社のミスで振り込んでおいて、金利、裁判費用、を請求するのはおかしいと思う、逆に精神的苦痛、社会的信用の失墜をこうむったので慰謝料を請求したい。入金された銀行で住宅ローンも利用している、当然入金されたお金は返金する。

先ほど原告弁護士より連絡が有り
金利、裁判費用、振り込み金額の端数(一万円程度)は免除するとの和解案が提示されました。

私としては一旦お金を返してから慰謝料請求を訴えようと思っていますがどうしたらよろしいでしょうか?
一回目の口頭弁論は4月20日です、答弁書は提出済みです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

組戻しすればいいんじゃないですか?


若干の手数料がかかりますが、入金が取り消されますよ。

なんでわざわざ告訴なんてことになったのでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

入金して2週間程たってから誤送金に気が付いたらしいのですが時間がたってるという事で銀行に拒否されたらしいです。

アドバイス有難う御座いました

お礼日時:2005/04/13 23:12

>被告人と呼ばれる事に恐怖というか犯罪者になったようで困惑しています。



 被告人というのは、刑事訴訟での用語であり、民事訴訟では被告といいます。単に訴えられた(刑事訴訟なら起訴された)人という意味に捉えて下さい。

一般的には訴えを提起すること自体は正当な行為ですので慰謝料請求は困難です。慰謝料請求をするとしたら、仮差押をする必要性がないのに仮差押をした事を理由にするしかないと思います。(これも難しいかもしれません。)
 どうしてもということでしたら、慰謝料額として適当な額については、相殺の抗弁を主張してはどうでしょうか。そして、和解協議の中で、振り込みミスと連絡を取ろうとすれば取れたのに(御相談者に訴状がきたと言うことは、御相談者の住所が分かったのですから、手紙を出す事くらいは可能なはずです。)それをしないで、いきなり仮差押をしたことに対する謝罪を和解調書に盛り込むことを条件に慰謝料請求権を放棄するというように交渉するという方法も考えられるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございました。

お礼日時:2005/04/29 17:05

>金利、裁判費用、振り込み金額の端数(一万円程度)は免除する


ってことは例えば間違って51万円振り込んだけれど50万円返してくれればいいってことですか。それなら、その和解案に乗った方がいいと思いますよ。あなたの出した答弁書を読んで軟化したのではないでしょうか。それから弁護士に連絡して仮差押も取り下げてもらってそのお金から返せるようにすればよいでしょう。
それから、訴訟を起こすこと自体は悪いことじゃないし、「訴訟費用は被告の負担とする」「支払日までの法定利息…」っていう文句は訴状に付き物でして、この文句がないと訴状らしくないっていうか、その程度の文句です。お気持ちは分かりますが慰謝料が取れるかって言うとまず無理ではないかと…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難う御座います
私自身訴えられた事が初めてで被告人と呼ばれる事に恐怖というか犯罪者になったようで困惑しています。
アドバイス参考にさせて頂きます

お礼日時:2005/04/13 19:04

うへ。

押し貸しみたい。ヤミ金の手口そっくり…
金利まで取ろうというところまで。>参考URL

ということで、口座の仮差押までやられたのなら、真っ向勝負に出たら勝てるんじゃないかな。

素人考えながら、和解案を受け入れるより、返済金を供託&反訴だと思います。

とりあえず弁護士に相談してみたらどうですか。

参考URL:http://www.cashingspace.com/yamikin_teguchi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね供託というのは良い手かもしれませんね
検討してみます、アドバイス有難う御座いました

お礼日時:2005/04/13 19:42

 不当利得とはよく言ったものですね。



 振込まれたお金は「自然債務」であり、返還の義務さえ無いような気がします。

 ましてや、自分のミスを棚に上げて仮差押だなんて、本気で喧嘩を買ってあげてはいかがでしょうか?

 質問者さんの言い分通り、「逆に精神的苦痛、社会的信用の失墜をこうむったので慰謝料を請求」できるような気がします。

 とにかく、弁護士に相談してみることです。

 一部上場企業って、弱い者には強いけど、強い者には腰砕けになりますから、手一杯強気に出てみては如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難う御座います
私も巨大権力にはかなわないのかなって思ってる所です。
私は私自身が働かないと食べていけませんが相手は戦う事が仕事ですものね。
裁判に使える時間があまりにも違うような気がします。
参考にさせて頂きます

お礼日時:2005/04/13 19:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通勤手当による不当利得

通勤手当による不当利得は税務署、会社に情報が漏れるのでしょうか?

Aベストアンサー

バレる可能性は低いでしょうが、
こう言う関係でバレるのは、
違う交通手段でしている時に同僚に見られる
(車通勤禁止なのに車で来ているのが乗ってきたとか、自分で交通手段を言っているくせに違うので来たのが見られたとか。)
不当に取得している事を自慢げに話など
(普通に自慢する、酒の席で酔っ払ってなど。)
対外自業自得です。

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。

Q善意の不当利得と悪意の不当利得の違いとは?

教えてください。

通勤手当が無支給範囲の人間の給与に通勤手当1000円が支給されています。
本人(以下A)同条件を承知して8ヶ月受給していました。

A曰く
「支給ミスだと会社が指摘すれば返します。
そうでなければ私からは確認等はしません。
前の会社では通勤手当が出ない場合補助手当てが出たので
その類だと思ってもらっているし、
給与として振り込まれている限りこちらから要りませんとはいいません。」

Aには、会社側がミスを見つけ返還要請があれば返還する気持ちはあるようですが
自分から「補助金かどうか確認する」意思は無いようです。

こういう状況でのAの立場は「善意」の不当利得なのか、「悪意」の不当利得なのか、
どちらと捉えるのが正しいのでしょうか?

この金額はAのみ支給されており
人事の入力ミスの可能性が高いようです。

Aベストアンサー

判例では、悪意の受益者とは法律上の原因のないことを知りながら利得した者をいう、とされています(最高裁昭和34年(オ)第478号同37年6月19日第三小法廷判決)。また、「法律上の原因の有無は法的な評価にかかわる問題であるから、単に法律上の原因のないことを基礎付ける事実を認識しているだけではその者が悪意の受益者に当たるということはできず、そのような事実の下では法律上の原因がないものと評価されることまで認識していることを要すると解される」、とされています。

今回の件はなかなか難しい判断ですが、無支給範囲であると分かっていただけでは足りず、ミスで給付していたことまで認識していないと「悪意」とはいえないのではないでしょうか。会社の判断で本来は資格がないけど支給する、ということが全くないとは言えませんから。


なお、悪意の受益者は、利息をつけて不当利得額を返還しなければならないとされています。善意の受益者は不当利得を現存する限りで返還することになります。善意であれば全く返還しなくていい、という訳ではありません。

Q他人が私のゴミをあさり、銀行の明細書から私の口座を手に入れ、その口座を

他人が私のゴミをあさり、銀行の明細書から私の口座を手に入れ、その口座を使って恐喝事件を起こし逮捕されました。
その後、早朝に警察が来て私の家を家宅捜索し私物押収し取り調べも受け犯人の仲間扱いされ、何の説明もなく写真も撮られました。
結局、疑いは晴れ、むしろ私は被害者だったと警察も理解したのですが、これは妥当な捜査方法ですか?何もしてないのに納得出来ません。
犯人は全く知らない人で、最初から私のことを仲間だとは一切言ってなかったそうです。
悔しくて電話で事件や捜査方法の説明を求めたら、ものすごい面倒くさそうに人をバカにしたような態度をとられ不快な思いをしました。
この刑事の態度への苦情を公安か監察に言うのはオカシイですか?
苦情を出した場合、どのような流れになりますか?
捜査方法に納得いかない場合はどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

お気持ちは察します。

しかし、こればかりはどうしようもないといわざるを得ません。

その犯人がゴミから質問者さんの口座番号を知り、その口座に入金しろ、とか言って恐喝を行った、ということなのでしょうか。(しかしその場合、犯人が実際には触れられない口座に入金させても意味はないでしょうから、質問者さんの口座からお金を引き出す何らかの手段を犯人は持っているということなのでしょうかね。そうであるなら、質問者さんの銀行口座はかなり危険な状態ですね。)

警察は銀行に照会を行って口座名義人の情報を知ることができますので(これは適切な捜査です)、そこから口座名義人である質問者さんが共犯である可能性が高いと見て(上述の通り、ふつうは関係ない人の口座に入金させても仕方ないですからね)、捜索・差押の令状を取ったのでしょう。令状は裁判所が出します。

家宅捜索は強制捜査ですから、物の押収もできますし。早朝に来たのは、その時間帯なら質問者さんがまだ出社はしていない可能性が高いからです。

その後の取調べは、逮捕等はまだできないでしょうから、一応任意の取調べということになります。そこで疑いが晴れたということですね。


警察は犯人を捕まえるのに必死ですから、疑いがあれば捜査をします。それが仕事です。犯人は質問者さんのことを仲間だとは言っていなかったとのことですが、素直に共犯者のことをばらす犯人の方が珍しいです。「知らない人の口座っぽいから、まあ捜査しなくていいか。」と警察が思ってもし事件の黒幕を逃すようなことがおきたら、それこそ批判の嵐でしょう。

ということで、捜査方法として問題のある点はみあたりません。

とはいえ、その後の対応としてはもう少し丁寧にしてもいいだろうとは思いますね。

例えば以前、誘拐事件で、警察が、人質が監禁されている部屋だと思って、実は間違った部屋に突入してしまった、という事件がありました。報道によれば、こんな感じだったらしいです(以下引用)

====
『警視庁は当初、[被害者]さんが監禁されていたマンションを、隣の3階建てマンションと間違え、捜査員が同じ「305号室」に誤って突入していた。

 同室に住む無職の男性(63)によると、部屋で絵を描いていたところ、施錠したはずのドアから私服姿の7、8人の男らがいきなり室内に踏み込んできた。焦った様子で「女はどこだ」と声をあげて入ってきたので「なんですか」と答えると、押し入れを開けたりして2分ほど室内を“物色”。「ここじゃない」と言った後、「あまり言えないけど人命にかかわることだった。申し訳ない」と謝って部屋から立ち去ったという。
====

この警察の行動を責めることはできないと思います。誘拐事件で確かに人命がかかわっていますから。

その事件のときは、

====
しばらくしてから捜査員の上司も謝りにきた
====

らしいです。

間違って疑ったのはしょうがないとはいえ、実際には被害者なのだから謝ってくれてもいいですよね。ですから、質問者さんも、捜査方法に文句を言ってもおそらくあまり相手にしてもらえないと思いますが、間違いだったことは認めて欲しいという気持ちを伝えてはどうでしょうか。

お気持ちは察します。

しかし、こればかりはどうしようもないといわざるを得ません。

その犯人がゴミから質問者さんの口座番号を知り、その口座に入金しろ、とか言って恐喝を行った、ということなのでしょうか。(しかしその場合、犯人が実際には触れられない口座に入金させても意味はないでしょうから、質問者さんの口座からお金を引き出す何らかの手段を犯人は持っているということなのでしょうかね。そうであるなら、質問者さんの銀行口座はかなり危険な状態ですね。)

警察は銀行に照会を行って口座...続きを読む

Q不当利得と不法行為の関係

不当利得についての本(下記)に不当利得の典型例の一つとして、次の設例があります。

設例:
「Xは、会社の独身寮の共同冷蔵庫に2000円の果実を置いていたところ、Yがまちがってその果実を食べてしまった。
XはYに對し、不当利得返還請求権を根拠にその果実の価値2000円の返還を請求できる。」

質問は、この例で不法行為と構成して損害賠償請求ができるかです。
私は、不法行為と構成することも可能と考えます。

違いは、
法律要件については
・不法行為ではXはYの過失を立証しなければならないが、不当利得ではそれが不要である
法律効果については
・時効:不法行為では724条により3年または20年であるが、不当利得返還請求では民法167条により10年である
・不法行為では710条により慰藉料が請求できる可能性があるが、不当利得ではありえない
・不法行為では過失相殺される可能性があるが、不当利得ではそれはない

これでよろしいでしょうか。


この設例は
「新民法体系V 事務管理・不当利得・不法行為 第2版」加藤雅信著 有斐閣 29ページ
に載っているものです。

不当利得についての本(下記)に不当利得の典型例の一つとして、次の設例があります。

設例:
「Xは、会社の独身寮の共同冷蔵庫に2000円の果実を置いていたところ、Yがまちがってその果実を食べてしまった。
XはYに對し、不当利得返還請求権を根拠にその果実の価値2000円の返還を請求できる。」

質問は、この例で不法行為と構成して損害賠償請求ができるかです。
私は、不法行為と構成することも可能と考えます。

違いは、
法律要件については
・不法行為ではXはYの過失を立証しなけ...続きを読む

Aベストアンサー

>質問は、この例で不法行為と構成して損害賠償請求ができるかです。私は、不法行為と構成することも可能と考えます。

私も可能だと思いますよ。

>不法行為ではXはYの過失を立証しなければならないが、不当利得ではそれが不要である

不当利得の場合は確かに、過失の立証は不要ですが、「被告の利得」の立証が必要だったりします。多分、過失の立証よりは負担は少ないと思いますが、それほど要件の違いは重要ではないと思います。
また、不当利得では悪意又は重過失の受益者にしか利息が請求できないですから、利息を請求する場合には、やはり過失や悪意を立証しないとけなくなります。

>時効:不法行為では724条により3年または20年であるが、不当利得返還請求では民法167条により10年である

いいと思います。

>不法行為では710条により慰藉料が請求できる可能性があるが、不当利得ではありえない

不法行為・不当利得の相違として。法学上は、そのお考えで良いと思います。現実は不当利得+不法行為で慰謝料請求とかやっちゃいますけど(勿論、今回の事例では慰謝料なんて認められなさそうですが)。

>不法行為では過失相殺される可能性があるが、不当利得ではそれはない

過失相殺はたしかに不当利得にはありません。法学上ありませんが、過失相殺の法理を類推した裁判例もちょこちょこでてきています。ですので、場合によっては「原告の保管の仕方が甘かった」と斟酌されてしまうかもしれないですね。また、不当利得には現存利益の消滅・減少の抗弁(反対の主張)という方法があります。

>これでよろしいでしょうか。

あとは目的物が代替性を有しているとおもいますので、不当利得の場合は、「代わりのりんごを持ってこんかい」と請求できる。また、先程も触れましたが相手が善意、軽過失の場合は、利息は訴状を送って到達した日からしか請求できない・・・・そんなかんじかと思います。他にもあるのかも知れないですが、私はちょっと思いつきませんねぇ・・・。

>質問は、この例で不法行為と構成して損害賠償請求ができるかです。私は、不法行為と構成することも可能と考えます。

私も可能だと思いますよ。

>不法行為ではXはYの過失を立証しなければならないが、不当利得ではそれが不要である

不当利得の場合は確かに、過失の立証は不要ですが、「被告の利得」の立証が必要だったりします。多分、過失の立証よりは負担は少ないと思いますが、それほど要件の違いは重要ではないと思います。
また、不当利得では悪意又は重過失の受益者にしか利息が請求できない...続きを読む

QAと私が遊んでいてAが私をスマホで写真を撮りました。その時、私は写真を撮ってもいいけど公開しないでと

Aと私が遊んでいてAが私をスマホで写真を撮りました。その時、私は写真を撮ってもいいけど公開しないでと言いました。
しかし、Aは私の知らない所で画像をBに渡してました。Bは、その画像を公開しました。

これは、法律的にどうなりますか?

Aベストアンサー

あなたには、肖像権があります。

写真の内容(あなたがハッキリ映っているかどうか)によりますが、その写真をネットにアップしたBは、肖像権を侵害しています。

また、『写真を撮ってもいいけど公開しないで』と言われた画像をBに渡したAは、状況によっては、肖像権の侵害の共犯~幇助を問われるかもしれません。

【肖像権|人物の撮影→公表は肖像権侵害になる|差止・損害賠償請求】
http://www.mc-law.jp/kigyohomu/4984/

「肖像権 - 知的財産権」
http://www.iprchitekizaisan.com/sonota/syozoken.html

Q不当利得 「生活笑百科」での疑問

不当利得 「生活笑百科」での疑問


こんにちは。
NHKで先日の法律番組「生活笑百科」を見まして、そこからの質問です。

事例:嫁さんが離婚が決まっている直前に、旦那さんのボーナスを使い、高級品を買いあさった。

弁護士の回答:そもそもお嫁さんの使ったお金が、結婚生活に必要な費用と言えるか→いえない→よって、不当利得返還請求しうる。

とありました。
不法行為なのではと思ったんですが、なぜ不当利得なんですか?法律上の原因が無いのに、一方が利益を得るのが不当利得ではないのか??とわからなくなりました。

不当利得自体の理解も含めまして、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

不当利得というのは、法律上の原因なく他人の財産によって利益を受ける
ことで、この場合は婚姻費用(生活費+養育費)の範囲を超えた消費とい
うことに成ります。↓

民法第703条 法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。

また、夫婦の間といえども、旦那のボーナスを婚姻の範囲を超えて勝手
に処分することは許されないことになっています。↓

民法第758条2 夫婦の一方が、他の一方の財産を管理する場合において、管理が失当であったことによってその財産を危うくしたときは、他の一方は、自らその管理をすることを家庭裁判所に請求することができる。

ただ、高級品だからといって一概に不当利得と判断される訳ではないと思います。

QA社ブランド品XをX製造業者B社が買取り販売することは違法?

すみません。初歩的な質問かも知れませんがご教授願います。

例えば、A社(商社)のブランドとして販売されているXという商品があって、A社ブランド品Xは、下請けであるB社が製造しているとします。
B社は全面的にA社にXを卸しているのですが、B社と付き合いの深いC社がXをB社から買いたいとした場合、勿論XはA社ブランド品ですのでB社から直販するのはいけないですよね。
なので、B社が一旦A社に卸した商品XをA社から買い受け、C社に販売すると、どうなるのかという話しをした時、それは法律違反になると言われました。
C社はA社とではなく、B社と取引をしたいとのことで、法律に問題のない方法でXをB社とC社間で取引できるようにするにはどのような方法をとればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

B社が紹介してA社がC社に売ってしまえば良いだけです。物の流れはB社から直接C社でも良いし、A社を通しても良いですけど。
いかにしろ、A社経由じゃないと問題がありますよね。まあA社の承諾があれば別ですが。

Q詐欺 不当利得

相手を騙して契約を結ばせて(贈与とか)金銭を交付させた場合、詐欺は成立しますが、得た金銭は一応法律上の原因があるので不当利得にはなりませんよね?
(あとから取り消されて不当利得返還請求とか不法行為での損害賠償請求はあり得ますが)

しかしお金を相手に貸していないのに、お金を以前貸したので返して欲しい等と言って騙して、金銭を交付させた場合は、契約を元々結んでいないので法律上の原因が無いので得た金銭は不当利得になりますよね?

Aベストアンサー

騙すつもりで取引したのなら詐欺罪は成立し、契約は白紙に戻ります。契約自体成立しなければ法律上の原因はなくなるので
不当利得になります。
後者も詐欺罪は適用されます。当然、金銭を取得したら不当利得になります

Q嘘の告訴をされたら、刑事面では「虚偽告訴罪」で相手を告訴できますよね? では、嘘の被害届を出されたら

嘘の告訴をされたら、刑事面では「虚偽告訴罪」で相手を告訴できますよね?
では、嘘の被害届を出されたら、その相手を・・・
詳しい方、教えてください。
ちなみに、民事の面では、同じですか?

Aベストアンサー

嘘の被害届でも、虚偽告訴の罪にはなります。
しかし、それでの告訴には「相手の告訴が嘘」「相手の被害届が嘘」ということを、客観的な証拠で証明しないとなりません。

民事でも同じで、民事訴訟で訴えた側は「原告」ということになりますが、その原告には「原告立証責任」という規則があります。
訴えた内容を、証拠・証人等で証明しなければならない「義務」があります。
これができなければ、裁判官もその訴えた内容を認めることはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報