ある論文を読んでいて、ミカエリメンテンのパラメーターの表があったのですが、その中にVmax/Kmの値を求めていました。
これは、何の指標となるのでしょうか?
例えばKmは酵素と基質の親和性の指標となりますよね?
わざわざ表に値を書いてるので何か意味がある値だと思うのですが。
知っている方回答お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

未知パラメータであるVmaxとKmを求めたいのではないでしょうか。


一般にミカエリス-メンテン式の反応速度式は,
   -r=(Vmax*Ca)/(Km+Ca)
で表されます。逆数をとると,
   1/(-r)=(1/Vmax)+(Km/Vmax)*(1/Ca)
縦軸に 1/(-r),横軸に 1/Ca をとりグラフにすると,傾きが Km/Vmax,切片が 1/Vmax となり,VmaxとKmが決定できます。

どんな論文なのかがわからないので,なんとも言えませんが,たとえば,同じ基質に対してKmが異なる酵素の場合はKmが小さいほど作用が強いといえます。同様に同じ酵素に対してKmが異なる基質の場合はKmが小さい基質ほど作用を受けやすいといえます。わかりにくいですが,VmaxとKmでグラフを描けばわかりやすいかも?これをVmax/Kmで述べたいのかもしれません。
    • good
    • 0

酵素を使って基質の濃度を決定する、エンドポイントアッセイというのに必要な値です。

詳しいことは、少し専門的な、酵素を使った定量法の本(生化学の代謝の研究や、臨床検査など。BergmeyerのMethods of Enzymatic Analysisなど)をご覧になると出ています。Vmax/Km の値から、適当な時間内に、低濃度の基質を定量するために、加えるべき酵素の量の見当がつきます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心のヒーロー(ヒロイン)

私的ヒーロー(ヒロイン)を教えてください。

敗者の美学ではないけれどONに打たれて泣きそうな顔で投げ続ける村山投手が好きでした。
江夏の21球を始め、名監督と言われながら日本シリーズ
勝てなかった西本幸雄監督と当時のパ・リーグが好きでした。
競馬では日本一になった後、骨折でこの世を去ったテンポイント号が好きでした。
相撲では途中から北の海に歯が立たなくなった「黄金の左」まわしまで金色にしてた輪島が好きでした。

アントニオ猪木についていた藤波辰巳が好きでした、
ドラゴン・スープレックス最初見たときは芸術品のような美しさでした。

どれもが2番手キャラで勝った時には鬱屈したものが爆発したような嬉しさがありました、
子供の頃から自分の人生を投影させていたのでしょうか。

皆様自身持っているヒーロー、ヒロインは誰ですか?
現在でも過去でも結構です、あの人を思うと勇気づけられる!
そんなMyヒーローを教えてください。

Aベストアンサー

月並みですが、やっぱり坂本龍馬かなぁ。色々美化され過ぎという批判もままあるようですが、困難にぶつかった時には坂本龍馬を思い出しますね、やっぱり。

京都では坂本龍馬ゆかりの場所めぐりもしましたが、いずれ高知にも行ってみたいな。

Qミカエリス・メンテン式でKmとVmaxは出せる?

次の表のデータから、酵素反応のミカエリス定数Kmと反応最大速度Vmaxを求めなさい。

基質濃度S(mM)⇒反応速度V(μM/min)
1⇒2.5
2⇒4.0

また、反応に酵素阻害剤(I)が存在したとき、次のデータが得られた。
この阻害剤の阻害様式を答えなさい。

基質濃度S(mM)⇒反応速度V(μM/min)
1⇒2.0
4⇒5.0


とありました。
ミカエリス・メンテン式を用いて
V=Vmax・S/Km+Sとすると、KmとVmaxは同時に出せない気がするのですが・・・
どうやって出すのか、わかる方、よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

いくつかやりかたがありますが、ちゃんと覚えておかなければなりません。

例えば、
横軸にS-1 を、縦軸にV-1 をとってプロットすれば直線になる(ラインウィーバー・バーク プロット)事を利用して求めることが出来ます。

くわしくは、あなたが持っている教科書を読みなおしましょう。

Wikipediaの“ミカエリス・メンテン式”を見るだけでも、だいたい分かると思います。
阻害様式についても解説があります。

Qテレサ・テン

三度目の同様のお願いです。
テレサ・テンのトーラスLPの収録曲を調べていますが、アナログ
のデータは廃盤のためメーカーにも記録が残されておりません。
下記のレコードをお持ちの方、又は情報をお持ちの方、お手数ですが
収録曲をお教え下さい。
テレサ・テン/旅人 28TR-2018 1983.6.1
テレサ・テン/つぐない 28TR-2032 1984.11.1
テレサ・テン/償還 28TR-2057 1984.12.1
テレサ・テン/愛人 28TR-2062 1985.3.1
テレサ・テン/時の流れに身をまかせ 28TR-2112 1986.7.31
テレサ・テン/別れの予感 28TR-2145 1987.7.5
以上宜しくお願い致します

Aベストアンサー

現在持っている彼女のレコードはこれだけです
愛人/テレサ・テン鄧麗君 28TR-2062
収録曲
Side1
1愛人 2雨に濡れて 3ノスタルジア 4驛舎(ステーション) 5 I LOVE YOU
Side2
1乱されて 2ミッドナイト・レクイエム 3愛は砂のように 4夕凪 5今でも・・・・・・

Q酵素の基質特異性

生物学というより生化学の分野なんですが、なぜ酵素には基質特異性があるんでしょうか??
分かる方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

とりあえず「鍵と鍵穴」の関係だけ説明すると

まず重要となるのは特異的基質の形状です。
基質結合部位(よく結合ポケットとか言われますが)に対し、特異的気質は立体的にぴったりはまります。すると、基質と周囲の残基が充分に近接するために疎水性相互作用と分散力が作用し、大きな結合力を生みます。基質が大きすぎれば入ることはできないし、小さすぎればアミノ酸残基と離れるために疎水性相互作用と分散力が弱くなります。
また、大抵の場合特異的基質中の正の荷電の近傍には負に荷電した残基があり、基質の水素結合の水素供与体の受け皿として酵素の水素受容体が用意され、基質の疎水性部分には疎水性の残基が来る…etc

つまり、ポケット(結合部位)と形状が一致し、各相互作用が理想的に利いてくるような基質でなければ、酵素と結合できないというわけです。

こんな感じでどうでしょうか?

Qテンポイントの悲劇を知りました

競馬を知らない私でもテンポイントという名馬がいた事は知っていました。
8/20放送の「ベストハウス1,2,3」でテンポイントの死んだ様子を知りました。
66・5キロもの重りをぶら下げ、走り、骨折し、闘病のすえ、4ヶ月後に亡くなったと。
馬の条件を平等にする為=レースを面白くする為なのでしょうが、今でも変わらず強い馬には数十キロのハンデを背負わせて走らせているのでしょうか。
番組では補足は無く、現在の制度がどうなっているのか何も語られませんでした。
テンポイントの死は制度に変化をもたらしましたか?
それともテンポイントが以前骨折していたからとテンポイント固有の問題、としているのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

テンポイントの出走には当時でさえ、異議があったんです。
海外遠征の前の顔見せだっただけで、出走させるのかと。
結果、予後不良という最悪の結果を招いてしまった。
当時は60キロくらいなら大レース(当時はグレード制がなかった)
前のオープンに使うと言うことはありました。
現在は馬の負担を考えて重量がかかるレースには登録しません。
59キロ(GIを勝ったことのある牡馬)が限度でしょう。
少なくとも、競馬関係者に変化をもたらした事は間違いないです。
テンポイントとトウショウボーイの有馬記念は
歴史に残る名レースでした。

Q酵素と基質の反応速度

参考書に「基質濃度も酵素濃度も、一方が他方に対して過剰になると、反応速度は増大しなくなる」とありました。
基質濃度が過剰になった場合は、酵素が限られている為、反応速度が増大しなくなるというのはわかります。しかし酵素濃度が過剰の場合ですが、酵素は多くなればなるほど反応速度は増大するのではないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

反応速度論的には反応速度と酵素量は比例します。しかしあくまで論理的にであって「基質1μgに対して酵素を10g入れても20g入れても大して変わらない、というか変化を観測できない」というような意味で書いているのでは?少なくとも多くの酵素では、現実的な量で実験すれば酵素量と反応速度は間違いなく比例します。
ですから、基質濃度過剰と酵素濃度過剰を同一に扱っているのは少しおかしいと思いますね。
ただし、
「基質濃度が過剰になった場合は、酵素が限られている為、反応速度が増大しなくなる」
これは「酵素が限られているから」というよりも、基質+酵素←複合体の速度よりも複合体→生成物+酵素の反応が遥かに遅いから、と捉えた方が妥当かと思います。まあ突き詰めていけば同じことなんですが。

Qノートパソコンにテンキーをつけるべきか?

私は自宅ではディスクトップパソコンを使っています。

会社では、事務職全員に一人一台ノートパソコンが貸与されています・・ノートにはテンキーがないので・・ノートにテンキーをつけたいのですが・・

私の職場で隣の人は・・テンキーがなくてもなれれば・・テンキーは不要といいますが・・
ノートパソコンにテンキーをつけるべきか?

Aベストアンサー

テンキーをつけるかどうかはあなたの使い方しだいですので、
どちらでもかまわないと思います。

私の場合はよく数字の入力をするので、最初はテンキーをつけて使っていました。
しかし、家と仕事場にノートPCを持ち運ぶので、
そのたびにテンキーやマウスをつけるのがおっくうになり、
今はキーボードとタッチパットだけでしています。

私はかな入力であるので、もちろん最初は数字を入力するのに、
英数キーを押すのが大変でした。
よく使うのがエクセルで、セルの列(行など、決まった範囲)ごとに
数字だけの入力と言葉だけの入力と、
セルに入力する文字の種類はほぼ決まっているので、
この前入力法則のことを知ってからは、入力法則を使っています。

それまでは、数字だけの入力と言葉(文章など)の入力の使い分けが
大変でしたが英数キーを押さなくてもよくなり、
キーボードでの操作が楽になりました。

もし、エクセルなどを使用しており、
数字を入力する範囲が決まっているようでしたら、
キーボードのみにしたいときは入力法則で、
半角英数字などのモードに指定できますので、楽になると思います。
参考になれば幸いです。

テンキーをつけるかどうかはあなたの使い方しだいですので、
どちらでもかまわないと思います。

私の場合はよく数字の入力をするので、最初はテンキーをつけて使っていました。
しかし、家と仕事場にノートPCを持ち運ぶので、
そのたびにテンキーやマウスをつけるのがおっくうになり、
今はキーボードとタッチパットだけでしています。

私はかな入力であるので、もちろん最初は数字を入力するのに、
英数キーを押すのが大変でした。
よく使うのがエクセルで、セルの列(行など、決まった範囲)ごと...続きを読む

Q酵素と基質の結合について。

ここのカテゴリーの何個か前に同じような質問を
したんですが、(以下参照)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=479627
似てて申し訳ないのですがいまいちどお願いします。

酵素と基質の結合について詳しく解説している
サイトがあったら教えてください。

酵素と基質が、水素結合・疎水結合・イオン結合などで
どのように結合するのかを詳しく知りたいのです。

あまり重要な部分ではないのか、
昨日夜と今日の午後をひたすらこれを調べるために、
学校にある本やパソコンをフル稼働させてがんばって
みましたが見つけられず、とうとう泣きが入ってしまいました。
何度もの質問お許しください。

Aベストアンサー

酵素によって違うのでしょうが、googleにて「酵素 基質 水素結合」で検索してβアミラーゼについて述べているページは見つかりました。

参考URL:http://www.glycoforum.gr.jp/science/word/saccharide/SA-B04J.html

Qテンパーカラーの酸化皮膜と錆の関係

鋼を大気中で焼き戻しするとテンパーカラーになりますが、これは腐食の観点から考えるとテンパーカラーは錆の一種と考えてよいのでしょうか。又テンパーカラーの酸化皮膜は錆易い皮膜なのでしょうか。

Aベストアンサー

錆というのは基本的には酸化物です。 したがって酸化皮膜も錆の一種といえます。
ただし強制的に作った酸化膜は防錆力があります。
鉄の場合は酸化鉄の皮膜、銅なら酸化銅の皮膜は程度の差はあれ防食膜です。
このテンパーカラーもその意味で多少の防錆力はあると考えられます。
錆びやすいか錆びにくいかと聞かれれば錆びにくいということになるでしょう。
ただ皮膜は薄いのでこの膜を通して水などが直接鉄に触れれば少しづつ発錆することはあるでしょう。

Q基質濃度と酵素濃度の関係

酵素濃度が一定の条件では酵素の反応速度は基質濃度を変化させても変化しない。

これは正しいか?という正誤問題がありました。


酵素が一定で基質を何十倍にもいれても最終的には結合数に限りが出るのでV_maxは一定値になるという考えで正しいとしたのですがこの考えであっていますか?

解答がなく確認できなので不安で質問しました。

Aベストアンサー

>酵素が一定で基質を何十倍にもいれても最終的には結合数に限りが出るのでV_maxは一定値になるという考えで正しいとした


基質濃度が十分な場合はそのとおりですが、
基質濃度が低い場合、反応速度はV_maxに至りません。
このため、その正誤問題の正解は「誤」になります。

参考例:下記リンクの一番最初のグラフ(基質濃度と反応速度)
http://www.soarer.hoken.med.yamaguchi-u.ac.jp/Wiki/?%B9%DA%C1%C7%B3%E8%C0%AD


人気Q&Aランキング