「身近な食材から食塩を取り出す。そしてその物質が食塩であることを証明する。」という課題があって、カップラーメンのスープから食塩を分離しようかなぁ、と思っています。

しかし、どうすれば少しでも純粋な食塩を取り出せるのかがわかりません。ろ過してから水を蒸発させる、という方法が簡単そうですが、あまり純粋な食塩は出てこないような気がします。他に何か方法があれば教えて欲しいのですが・・・。

あと、もし取り出せても、それが食塩であることはどうやったら証明できるのでしょうか?限られた時間内で実験をするので、顕微鏡で結晶の観察しようと思っても、きっときれいな結晶にはなっていなくて、判断できないのではないかと思います。他の物質にはなくて食塩だけに特有な性質みたいなのがあれば、是非教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

焼き塩でも作りますか。


1.適当に焼く(500度はほしい)。これで大体の有機物はなくなります(焼き塩の完成)。注意点として.ゆうきさんが燃えてしまって炭酸ソーダになってしまう場合があります。Phに注意してください。運が悪いと手で触っただけで溶ける事も有りますから。
2.水で溶かして.隙間を1mm程度あけたふたつき容器に1-2年放置。きれいな四面体になるはずです。
食塩水は温度変化で溶解度がほとんど代わりません。もし純度を上げたいのであれば.沸騰状態で解けるだけ溶かして.温度を下げてできた結晶は不純物を多く含みます。

>限られた時間内
が度の程度かわからないのですが.
簡便法としては.Na2+は炎色反応.Cl-は塩化銀の沈殿反応とぎんきょう反応でみます(化学便覧.きそへん.後ろのほうのスポット分析参照)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!参考になりました。

お礼日時:2005/04/17 01:36

質問者さんの学校の種類(中学?高校?大学?)は何でしょう?



中学レベルの課題でしたら薬品、機器などの制約が課題にかかるわけですし・・・。

この回答への補足

高校生です。化学実験室にある薬品などは必要があれば使って良いと言われています。

補足日時:2005/04/13 21:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食塩水の問題

食塩と水の割合が1:3である食塩水が240gある。このとき次の問に答えなさい。
1この食塩水に含まれる食塩は何gか。

2.この食塩水に食塩を加えて、食塩と水の割合を1:2にするには、何gの食塩を加えればよいか。

Aベストアンサー

1. 食塩と水の割合が1 : 3なので、食塩は240g×1/4=60gです。

2.加える食塩をx gとすると、1より水は180gなので
(60g+ xg) : 180g =1 : 2
よって、180g=120g+2xg
xg=30
したがって、加える食塩は30gです。

Q食塩結晶のモル質量を求める。

食塩結晶のモル質量を求める。

(1)イオン半径(Na^+=1.16×10^-8cm、Cl^-=1.67×10^-8cm)から単位格子の体積を求める。

(2)単位格子に含まれるNaイオン1個とClイオン1個のセット(NaClイオンセット)の数を求める。
単位格子中のNaイオン4個、Clイオン4個、よってNaClイオンセット4組

(3)切り出した結晶の体積を求める。
1.392cm3

(4)切り出した結晶に含まれる単位格子の数を求める。

(5)切り出した結晶に含まれるNaClイオンのセット数を求める。

(6)NaClのモル質量(実験値)を求める。

(7)NaとClの原子量からNaClのモル質量(理論値)を求める。

(8)実験値を理論値と比較し、誤差を求める。

(9)誤差の原因。

と言う問いがあるのですがわかりません… 埋めれる所は埋めてみたのですがあとはさっぱりです…
どなたか教えてください。よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

(1) [(1.16×10^-8)×2+(1.67×10^-8)×2]^3 cm3
(2)
(3)
(4) 切り出した結晶の体積÷単位格子の体積
(5) 切り出した結晶に含まれる単位格子の数×単位格子に含まれるNaClイオンセットの数
(6) 切り出した結晶の質量を実験で求めているはず。この実験で求めた質量と切り出した結晶に含まれるNaClイオンのセット数から、NaClイオン1セットあたりの質量が求まる。NaClイオン1セットあたりの質量とアボガドロ定数から、NaClのモル質量(実験値)が求まる。
(7) NaClのモル質量 = (Naの原子量 + Clの原子量) g/mol
(8) 誤差 = 実験値 - 理論値
(9) 自分で考えるのが重要。不細工だろうと間違っていようと、実験レポートの考察としては、それでかまわない。

がんばって下さい。

Q連立方程式の利用~食塩水の濃度~

勉強をしていて、わからない問題が3つありました(汗)
教えていただけませんか!?

問1
食塩水Aを400gと食塩水Bを300g混ぜると9%の食塩水になり、食塩水Aを300gと食塩水Bを400g混ぜると8%の食塩水になるという。
食塩水Aと食塩水Bの濃度はそれぞれ何%か。

問2
6%の食塩水と12%の食塩水を混ぜて、10%の食塩水を600gつくりたい。
それぞれ何gずつ混ぜればよいか。

問3
4%と7%の食塩水を混ぜ合わせて、6%の食塩水を300gつくりたお。
2種類の食塩水を何gずつ混ぜればよいか。

Aベストアンサー

>食塩水Aを400gと食塩水Bを300g混ぜると9%の食塩水になり、食塩水Aを300gと食塩水Bを4>00g混ぜると8%の食塩水になるという。
>食塩水Aと食塩水Bの濃度はそれぞれ何%か。

Aの濃度をx%、Bの濃度をy%とする。
食塩の量で等式を作ります。
(Aに含まれる食塩の量)+(Bに含まれる食塩の量)=(混合後の食塩水に含まれる食塩の量)
400*x/100+300*y/100=700*9/100

300*x/100+400*y/100=700*8/100

それぞれの式の両辺を100倍して整理すると、
4x+3y=63
3x+4y=56

連立方程式を解くと
x=12,y=5
よってAは12%、Bは5%・・・答え

>問2
>6%の食塩水と12%の食塩水を混ぜて、10%の食塩水を600gつくりたい。
>それぞれ何gずつ混ぜればよいか。

これも上と同じです。食塩の量で等式を作ります。
6%の食塩水をx(g)、12%の食塩水をy(g)とする。
x*6/100+y*12/100=600*10/100
そしてxとyには量的関係x+y=600が成り立つことはすぐにわかる。

整理すると
6x+12y=6000
x+y=600

解くとx=200,y=400
よって6%200g、12%400g・・・答え

>問3
>4%と7%の食塩水を混ぜ合わせて、6%の食塩水を300gつくりたお。
>2種類の食塩水を何gずつ混ぜればよいか

上と数字が違うだけです。
略解だけ書いておきます。
x*4/100+y*7/100=300*6/100
x+y=300

x=100,y=200
4%100g,7%200g・・・答え

計算はあっているか自分で確認してください。

P.S.もう一つの質問の問題もこれと全く同じです。自分でやってみてください。

>食塩水Aを400gと食塩水Bを300g混ぜると9%の食塩水になり、食塩水Aを300gと食塩水Bを4>00g混ぜると8%の食塩水になるという。
>食塩水Aと食塩水Bの濃度はそれぞれ何%か。

Aの濃度をx%、Bの濃度をy%とする。
食塩の量で等式を作ります。
(Aに含まれる食塩の量)+(Bに含まれる食塩の量)=(混合後の食塩水に含まれる食塩の量)
400*x/100+300*y/100=700*9/100

300*x/100+400*y/100=700*8/100

それぞれの式の両辺を100倍して整理すると、
4x+3y=63
3x+4y=56

連立方程式を解くと
x=12,...続きを読む

Q食塩の再結晶実験をしました。

高校で、食塩の再結晶実験をしました。

具体的には、食塩水に、メタノールまたはエタノールを混ぜて、塩の結晶を析出させる

というものです。

結果は、エタノールのほうが早く結晶が析出したのですがそれはなぜでしょうか?

メタノールのほうが水に溶けやすいので早く析出すると思ったのですが・・・・・。

Aベストアンサー

>極性が大きいほど、食塩をとけにくくする→結晶はできやすいのではないのでしょうか?
そもそも、極性という言葉はいささか曖昧です。その一言だけで全てが説明できるわけではありません。さりとて、「極性が大きいほど、食塩をとけにくくする→結晶はできやすい」というのは明らかに間違いです。食塩は水などの極性の大きい物質によく溶けます。なので、極性が大きいほど食塩は溶けやすくなります。つまり、同じ体積で比較するなら、溶ける食塩の量は多くなります。

Q食塩水濃度の問題です

A、B2種類の食塩水が400グラムずつある。食塩水Aから200グラム、食塩水Bから100グラムをとって混ぜたら8%の食塩水ができた。また、食塩水Bの残りの300グラムに20グラムの食塩を混ぜたら、食塩水Aと同じ濃度になった。食塩水A、Bの濃度はそれぞれ何%か。
回答は下記のようになるのですが、そこまでの過程がわかりません、よろしくお願いします。
答 A、10% B、4%

Aベストアンサー

こんにちは。

答えを知っているということは,課題ではなさそうですね。
基本的な考え方としては,回答者No.1さんがご指摘のとおり,
食塩の量に注目してください。

食塩水Aの食塩量:x
食塩水Bの食塩量:y

【食塩水A(200g),食塩水B(100g)の混合により8%の食塩水(300g)の場合】
食塩Aの量:200g / 400g * x = 1/2 * x
食塩Bの量:100g / 400g * y = 1/4 * y
  ↓
食塩の総量:1/2 * x + 1/4 * y
ですよね。
そのため,食塩の量について以下の式が成り立ちます。
1/2 * x + 1/4 * y = 8/100(8%) * 300(g) --- (式1)

【食塩水B(300g)に食塩20gを追加すると食塩水Aと同じ濃度の場合】
食塩水B(300g)の食塩量:300g / 400g * y = 3/4 * y
ですから,食塩20gを追加すると
食塩Bの総量:3/4 * y + 20(g)
食塩水Bの重量:300(g) + 20(g) = 320(g)
ですよね。
そのため,食塩の量について以下の式が成り立ちます。
( 3/4 * y + 20 ) / 320 = x / 400 --- (式2)

あとは,式1と式2の連立方程式を解いてくださいね。
不明な点があったら,遠慮なく質問してください。
ファイト!

こんにちは。

答えを知っているということは,課題ではなさそうですね。
基本的な考え方としては,回答者No.1さんがご指摘のとおり,
食塩の量に注目してください。

食塩水Aの食塩量:x
食塩水Bの食塩量:y

【食塩水A(200g),食塩水B(100g)の混合により8%の食塩水(300g)の場合】
食塩Aの量:200g / 400g * x = 1/2 * x
食塩Bの量:100g / 400g * y = 1/4 * y
  ↓
食塩の総量:1/2 * x + 1/4 * y
ですよね。
そのため,食塩の量について以下の式が成り立ちます。
1/2 * x + 1/4 * y = 8/100(8...続きを読む

Q食塩水の質問です。 3パーセントの食塩水と7.2パーセントの食塩水 3:1の割合で混ぜるの何パ

食塩水の質問です。


3パーセントの食塩水と7.2パーセントの食塩水 3:1の割合で混ぜるの何パーセントの食塩水になりますか


4%の食塩水と5%の食塩水を 何対何で4.6%の食塩水になりますか



答え合わせをしたいのでわかる方ご回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

パーセントの定義がまず不明確です。濃度の定義は重要なので要確認ですよ。
通常は質量パーセント濃度なので、その前提にします。

3%の食塩水は溶液の質量中3%が溶質の質量なので、もし、100gの食塩水なら3gの食塩が溶けていることになります。
同様に100gの7.2%食塩水は7.2gの食塩が溶けています。

それを3:1で混ぜるのですから 食塩の量は 3×3+7.2=16.2g 合わせた食塩水の量は100×3+100=400g
従って質量%濃度は、16.2/400=0.0405=4.05質量%濃度になります。
答え 4.05%

混ぜ合わせた結果4.6%=0.046←溶質の質量/溶液の質量になります。
0.046=(4+5x)/(100+100x) ← 仮に100gの4%溶液を想定して、それに対して5%がx倍必要と考えて式を立てます
分母は溶液の質量、分子は食塩(溶質)の質量になります
↑の式を解くと
0.046(100+100x)=(4+5x)
4.6+4.6x=4+5x
0.6=0.4x
x=1.5
0.4%食塩水1に対して1.5倍の0.5%食塩水を混合すると4.6%食塩水になります
答え 1:1.5 → 2:3の比で混ぜるとよい

パーセントの定義がまず不明確です。濃度の定義は重要なので要確認ですよ。
通常は質量パーセント濃度なので、その前提にします。

3%の食塩水は溶液の質量中3%が溶質の質量なので、もし、100gの食塩水なら3gの食塩が溶けていることになります。
同様に100gの7.2%食塩水は7.2gの食塩が溶けています。

それを3:1で混ぜるのですから 食塩の量は 3×3+7.2=16.2g 合わせた食塩水の量は100×3+100=400g
従って質量%濃度は、16.2/400=0.0405=4.05質量%濃度になります。
答え 4.05%

混ぜ合わせた結果4.6%=0.04...続きを読む

Q食塩水の問題です! わかる方やり方も含めて教えてください! 濃度x%の食塩水200gと濃度y%の食塩

食塩水の問題です!
わかる方やり方も含めて教えてください!


濃度x%の食塩水200gと濃度y%の食塩水100gを混ぜたところ、8%の食塩水ができた。また、濃度y%の食塩水300gに20gの食塩を混ぜたところ、x%の食塩水となった。xとyを求めよ。

Aベストアンサー

食塩水の問題は、食塩の量=重さだけに集中して考えると解きやすいと思いますよ。

x%の食塩水200グラムには、200×x/100=2xグラムの食塩が含まれています。
y%の食塩水100グラムだと、100×y/100=yグラムになります。
これを合わせると、200-100=300グラムの食塩水に2x+yグラムの食塩が入っている事になります。
そして、これは8%の食塩水であるので、含まれている食塩は300×8/100=24グラムとなります。
これを式で表すと、
2x+y=24となります。 ①

また、y%の食塩水300グラムに含まれる食塩は、300×y/100=3yグラムです。
これに20グラム加えると、3y+20グラムの食塩になります。
食塩水の重さは300+20=320グラムなので、
この食塩水の濃度は、(3y+20)/320×100%となります。
これがx%の食塩水であるので、式で表すと、
x=(3y+20)/320×100となります。
整理すると、
x=(300y+2000)/320=(15/16)y+25/4 となり、これを①に代入します。
(15/8)y+25/2+y=24 これを整理して
23y=92
y=4
これを、また①に代入すると
2x+4=24
2x=20
x=10 となります。

答 x=10,y=4
(x%=10%ですが、x=10%ではありません。単位は正確に使いましょう)

食塩水の問題は、食塩の量=重さだけに集中して考えると解きやすいと思いますよ。

x%の食塩水200グラムには、200×x/100=2xグラムの食塩が含まれています。
y%の食塩水100グラムだと、100×y/100=yグラムになります。
これを合わせると、200-100=300グラムの食塩水に2x+yグラムの食塩が入っている事になります。
そして、これは8%の食塩水であるので、含まれている食塩は300×8/100=24グラムとなります。
これを式で表すと、
2x+y=24となります。 ①

また、y%の食塩水300グラムに含まれる食塩は、300×y/100=3yグラム...続きを読む

Q塩分濃度2%の食塩水200gと 塩分濃度5%の食塩水300gを混ぜ合わせると何%の食塩水が出来るか。

塩分濃度2%の食塩水200gと
塩分濃度5%の食塩水300gを混ぜ合わせると何%の食塩水が出来るか。

という問題があって 解くと
答えが3.8%の食塩水になりました

合ってますでしょうか?
確認お願いします(。> <。)

Aベストアンサー

合ってます。

塩分濃度2%の食塩水200g:塩は4g
塩分濃度5%の食塩水300g:塩は15g

合計で塩が19g溶けている食塩水500g だから
19/500=0.038=3.8%

Q食塩水の問題について

次の食塩水の問題がわかりません。
お願いです!
やり方を教えてください!

1 砂糖50gを350gの水に溶かすと、何%の砂糖水ができるか。

2 9%の食塩水と15%の食塩水がある。これらを混ぜて10%の食塩水を1260g作りたい。それぞれ何gずつ混ぜればよいか。

3 Aの食塩水200gとBの食塩水100gを混ぜると、19%の食塩水ができる。また、Aの食塩水とBの食塩水200gを混ぜると、14%の食塩水ができる。
AとBの食塩水の濃度はそれぞれ何%か。

以上の問題です。

Aベストアンサー

小学校ですか?それとも中学校? 解き方が違う。
レベル的には小学校なので、小学校(中学入試)として

1 砂糖50gを350gの水に溶かすと、何%の砂糖水ができるか。
  このくらいは自分で。単なる足し算ですね。

2 9%の食塩水と15%の食塩水がある。これらを混ぜて10%の食塩水を1260g作りたい。それぞれ何gずつ混ぜればよいか。
 1260gがすべて9%なら、1260gは9%にしかならない。15%がすべてだと15%になる。
 10%-9%=1% 濃度が大きくなるのだから、(15-9)=6%より、1/6だけ15%、1260/6 = 210gが15%

3 Aの食塩水200gとBの食塩水100gを混ぜると、19%の食塩水ができる。また、Aの食塩水とBの食塩水200gを混ぜると、14%の食塩水ができる。AとBの食塩水の濃度はそれぞれ何%か。
 二番目のAの量がわからないので解けないが、この場合、Aの食塩水は変わらない・・・と読むのが通例なので、
 二番目の混合液から、一番目の混合液を引くと、
 [二番目の混合液] - [一番目の混合液] = 差
 200×A + 200×B - 200×A - 100×B = 14×400 - 9×300 = 5700-5600
  100×B = 100
     B = 1 (%)
  Aの食塩水200gとBの食塩水100gを混ぜると、19%なので、300g中に19gの食塩5700g、そのうち(1%×100)はB由来なので、200g中には56gの食塩
  56/2 = 28%

★二番目の混合でAが100gも同様に・
 

小学校ですか?それとも中学校? 解き方が違う。
レベル的には小学校なので、小学校(中学入試)として

1 砂糖50gを350gの水に溶かすと、何%の砂糖水ができるか。
  このくらいは自分で。単なる足し算ですね。

2 9%の食塩水と15%の食塩水がある。これらを混ぜて10%の食塩水を1260g作りたい。それぞれ何gずつ混ぜればよいか。
 1260gがすべて9%なら、1260gは9%にしかならない。15%がすべてだと15%になる。
 10%-9%=1% 濃度が大きくなるのだから、(15-9)=6%より、1/6だけ15%、1260/6 = 210gが15%

3...続きを読む

Q食塩水の濃さと塩の結晶作りには関係があるのですか?

夏休みの自由研究で、塩の結晶を素焼きの人形(レンガのような素材)につける実験をしています。
疑問に思ったことで、塩の結晶作りには食塩水の濃さも関係があるのかな…?と思い、調べたんですが、よく説明が分からなかったので詳しく説明してくださる方がいらっしゃると嬉しいです(^ ^)

Aベストアンサー

濃い食塩水=塩が多いですから、その分結晶もできやすいです。

薄い食塩水だと結晶は出来ませんよ

実験だから、両方やってごらん


人気Q&Aランキング

おすすめ情報