去年買ったアンスリウムに、今年は大きな鉢に
クワズイモなどを寄せ植えしたいと思ったのですが、
何の問題ないでしょうか?
アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

両方ともサトイモ科の植物で、強い日差しのあたらないところが適している植物ですので大丈夫です。


用土は一般に売っている観葉植物用でいいでしょう。

他に、比較的簡単に手に入るものとして、アジアンタム・ポトス・シンゴニウム・セントポーリアなどがおっしゃる寄せ植えには適しています。こうしたもので変化をつけるとよりよい寄せ植えができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初心者なので、専門家の方にお答えを頂けてうれしいです。
参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/14 20:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブの鉢の寄せ植えについて

オリーブの苗を購入しました。
細っこくて弱々しいのですが背だけは高く、30~40cmはあります。
大きくしたいので植木鉢も直径30cm程のものにしましたが
見た目に淋しいので寄せ植えのようにしたいです。
中心に背の高いオリーブで、まわりを葉っぱがしげるように…。
適する種類を教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 私が持っている寄せ植えの本には相性の良い植物としてビオラ、シロタエギク、ストックが挙げられています。この中でビオラは安価で沢山出回りますのでいかがでしょうか?真ん中のオリーブの周りを取り囲むように出来ます。ビオラ→シロタエギク→ビオラ→シロタエギクで一周させても可愛いと思います。
 シロタエギクはあまり成長しませんが、ビオラは横に広がりますので10cmぐらいは株間を開けた方が良いです。最近は少し高め(300円ぐらい)でものすごく大きくなるビオラがあります。その場合は多分指してある説明書に株間の指定があるはずです。http://yasashi.info/ha_00001.htm
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/senecio1.htm
 また垂れるので動きがでるアイビーもOKです。2株ぐらい左右に植えて周りにパンジーなどはいかがでしょうか?花の色を抑えてると全体に統一感が出ます。白だったらスッキリした感じになりますし、アンティークっぽい色も個性的です。黒や黒に近い紫も個性的で格好良いです。
 他にもオリーブが乾燥気味を好みますので、湿り気を好む植物でなかったらOKです。アリッサムも茂るようになりますし、冬知らずなども温かな雰囲気が出ます。両方共垂れるように咲きますので、上下のコントラストがハッキリ出ると思います。
http://yasashi.info/a_00006.htm
http://www3.kyosai.or.jp/~arita/osusume/karenjyura/karenjyura.htm
 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。
 私が持っている寄せ植えの本には相性の良い植物としてビオラ、シロタエギク、ストックが挙げられています。この中でビオラは安価で沢山出回りますのでいかがでしょうか?真ん中のオリーブの周りを取り囲むように出来ます。ビオラ→シロタエギク→ビオラ→シロタエギクで一周させても可愛いと思います。
 シロタエギクはあまり成長しませんが、ビオラは横に広がりますので10cmぐらいは株間を開けた方が良いです。最近は少し高め(300円ぐらい)でものすごく大きくなるビオラがあります。その...続きを読む

Q駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがい

駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがいを教えてください。
また、それぞれの鉢の長所、短所も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢と比べたら少ないというだけです。
逆に素焼き鉢は、強度が弱い代わりに通気性や透過性が大変良いです。しかし、通気性や透過性が良いということは、水がすくに蒸発してしまうという事でもありますので、水の管理が大変です。真冬などにしみこんだ水が凍って膨張し、割れてしまうこともあります。

駄温鉢はどこにでもある見慣れた形で外見に面白みはないのですが、植物の生育には最適な鉢だと思います。室内や玄関先などをおしゃれに飾りたい場合はデザイン性に富んだ素焼き鉢から選び、植物の生長を重視する場合は駄温鉢を使うという使い分けをすると良いと思います。

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢...続きを読む

Q寄せ植えの鉢花が咲いてくれないのは?

7月の上旬に、ランタナ2株・ブルースター1株ともうひとつ、名前はわからないのですが、白い模様の入った葉を茂らせる植物の苗を寄せ植えにしました。
南西向きのベランダに置いてます。

咲いたときの色合いを楽しみに、この一ヶ月大切に育ててきたのに、ランタナもブルースターも、全く花をつけてくれません!葉っぱは元気に育っているようなのですが・・・。
液体肥料も時々与えてますし、水遣りも、「乾いてからたっぷり」の
原則を守っているつもりなのですが、こういう場合の対処法についてどなたかアドバイスお願いいたします!

Aベストアンサー

こんにちは。お話を聞く限り、ランタナは肥料の効き過ぎで花つきが悪いのではないか?と思います。肥料を控えたほうが、よいと思います。薄い液肥を月に一回程度与えるのが程よいです。ブルースターは開花期が春・秋で夏は開花せずに生育だけを続ける性質を持っていますので、今じき開花は望めないとおもいます。
鉢を置く環境はよいと思うので、肥料を控えめに、過湿にならないように育て、秋に咲きそろうのを待ってみたらいかがでしょうか?

Q100円ショップでクワズイモを買ってきました

買ってきて植え替えてまだ2~3日ですが、植え替え・環境の変化の為か、葉が元気なく垂れ下がってきました。
2つ購入したのですが、葉が片方には1枚、もう片方には2枚ついています。もしかしたらこのまま葉がなくなってイモだけになってしまうかもしれません(-_-;)
植え替えの際には水をたっぷりあげて、室内のカーテン越しに日当たりのいい場所に置いてます。 生育期でもあるので肥料をあげたいのですが、植え替えてすぐ肥料をあげるのも負担になるのではという気がします。あと何日くらいしたら、肥料をあげてもよいのでしょうか? 

Aベストアンサー

 こんにちは。No.3です。お礼ありがとうございました。
> 少しぐらい根っこをほぐした方が定着しやすかったのでしょうか・・・?
 私は植える時ほぐしませんでしたので(数年前だったので確信はないですが)、大丈夫だと思います。
 あとふと思ったのですが、黒のポリポットより一回り大きな鉢にしていますか?あまり大きすぎたり深すぎるのも良くないようです。私は一番最初の鉢は4号鉢にしたのですが、大体それぐらいが良いと思います。

>土は同じく100均の「観葉植物用の土」に植え替えました。
 100均は私もよく利用しますが、土は良い物にした方が良いです。特に鉢植えはその土が全てですので、良くないと弱る原因になります。私も以前安いと思って買った土があるのですが、排水性が全然駄目で、いつまで経っても浸み込んでいかないので、結局全部畑に混ぜ込んでしまいました。クワズイモ1鉢だけならホームセンターで園芸用培養土の小袋が売られています。観葉植物の土でも構いませんが、土はそこそこの物をお買い求め下さい。多分原因はそれなんじゃないかな~と思います。
 葉っぱが黄色くなったら大抵その葉っぱは駄目ですので、もう少し置いてみて決定的に黄色くなったら切れる所までをハサミなどでカットしてみて下さい。芋を触ってみてブヨブヨしていたり中が空洞化していたらアウトですが、芋が元気ならチョロンと出ますよ(経験あります)。
 元気になりますようにm(__)m。

 こんにちは。No.3です。お礼ありがとうございました。
> 少しぐらい根っこをほぐした方が定着しやすかったのでしょうか・・・?
 私は植える時ほぐしませんでしたので(数年前だったので確信はないですが)、大丈夫だと思います。
 あとふと思ったのですが、黒のポリポットより一回り大きな鉢にしていますか?あまり大きすぎたり深すぎるのも良くないようです。私は一番最初の鉢は4号鉢にしたのですが、大体それぐらいが良いと思います。

>土は同じく100均の「観葉植物用の土」に植え替えました...続きを読む

Q細長い花壇に寄せ植えは難しい?

150*20cmくらいの細長い花壇があり、これまではただパンジーや日々草をずらっと並べて植えてきました。
本などに載っている寄せ植えは大体が丸い鉢にしていることが多く、うちのような細長い花壇には寄せ植えはむいていないのでしょうか。玄関横のよく目に付くところにあり何とかおしゃれな花壇にしたいのですが今の時期にできる素敵なえ植え方の案があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

細長くても、寄せ植えはできますよ。
うちはベランダガーデニングなので、細長いコンテナに思いきり寄せ植えしています。
狭いですが、基本的に奥と手前に分けてレイアウトします。
これから冬なので、冬に楽しめるものがよいですよね。
たとえば、
●定番ですが、コニファーとビオラとパンジー。
小さめで細めのコニファー(ゴールドクレストなど)を2~3本、等間隔に奥に植えます。コニファーの間はシロタエギクとパンジーを植えます。手前にビオラを植えます。2色のビオラを飛び飛びに植えると華やかです。飛び飛びではわからないですよね…、黄色と紫のビオラなら、黄色・紫・黄色・紫と植えていくということです(汗)。
春になったら、ビオラをロベリアなどに変えます。
●モッコウバラ(初夏咲き)とノースポール(早春咲き)
奥側にトレリスが立てられるなら、モッコウバラを植え(これは初夏に咲きますが)、高さを出します。手前は、丈夫なノースポール(別名クリサンセマム/小さめのマーガレットのような白い花です)などを植えます。さらにノースポールの間は、アイビーやヘリクリサム(よく増え、伸びるので段差がある花壇に向いている)などを植えてもよいです。

細長くても、寄せ植えはできますよ。
うちはベランダガーデニングなので、細長いコンテナに思いきり寄せ植えしています。
狭いですが、基本的に奥と手前に分けてレイアウトします。
これから冬なので、冬に楽しめるものがよいですよね。
たとえば、
●定番ですが、コニファーとビオラとパンジー。
小さめで細めのコニファー(ゴールドクレストなど)を2~3本、等間隔に奥に植えます。コニファーの間はシロタエギクとパンジーを植えます。手前にビオラを植えます。2色のビオラを飛び飛びに植えると華やかで...続きを読む

Q添付写真を見て寄せ植えのアドバイスをお願いします。

 マンションの入り口付近に花を植えられるスペースがあり、好きに植えてよいとの事だったので、寄せ植えをしました。出来るだけ毎年咲く丈夫な花を・・・と思い、思いつくままに植えました。
白妙菊、黄金錦(?)、ツルニチニチソウ、そして最近になってムスカリを植えました。センスのない寄せ植えなので、どなたか添付写真を見てアドバイスをいただけたら幸いです。
ツルを這わせる植物を選んでしまったのが間違いでしょうか?

Aベストアンサー

今の季節の寄せ植えは一番難しいですね。
もう暫くすると暖かくなってツルニチニチソウも花が増えて見栄えも変わってくると思います。

まず、ツル性植物だけを単体で植えなければいけない、ということはないので安心してください。
寄せ植えでのポイントとしてよく植えられています。
逆にツル性植物だけの植栽って???ですね。

ツルニチニチソウは、一番手前に植えて垂らすようにするのはどうでしょうか?
繁殖力が強いので、伸びすぎて見栄えが悪くなったら適当に切っても大丈夫です。
場所を変える場合は花後がいいですよ。

手前から高さが、低→中→高と植えてやると見栄えがよくなります。しかし、他の植物に隠れるようなことがなければ、特にこだわらなくてもいいと思います。
例えば、一番奥に高、手前側は左から中→低→中、とか・・・。質問者様のお好みで。

色取りですと、ツルニチがブルー系なので、黄色系の花を植栽すると栄えると思います。

あと、秋に球根類を植えてやるのもいいです。
スイセンなどは球根を毎年掘り上げる必要もなく、どんどん増えていくのでおススメです。見た目なども他の植物の邪魔をするようなこともありません。
スイセンは真ん中のラインあたりで、ムスカリはその手前ですね。
ムスカリも毎年掘り上げなくていいのでgoodでしたね。

ちなみに、パンジー・ビオラは時期的にもう売られていないのではないでしょうか?

今の季節の寄せ植えは一番難しいですね。
もう暫くすると暖かくなってツルニチニチソウも花が増えて見栄えも変わってくると思います。

まず、ツル性植物だけを単体で植えなければいけない、ということはないので安心してください。
寄せ植えでのポイントとしてよく植えられています。
逆にツル性植物だけの植栽って???ですね。

ツルニチニチソウは、一番手前に植えて垂らすようにするのはどうでしょうか?
繁殖力が強いので、伸びすぎて見栄えが悪くなったら適当に切っても大丈夫です。
場所を変える場合は花...続きを読む

Qガーデニングの寄せ植え 終わった後は、、?

寄せ植えに興味があるのですが、一度もやったことがありません。
あれは、一回作ったらワンシーズンとか1年とか、それくらいのものですよね?

観葉植物や花の植木鉢は、結構1年もしないで鉢底いっぱいに根が回って、よく鉢を大きいのに変えたりしているので、
寄せ植えを見ると不思議でしょうがないんです。
たくさんの種類の植物が込み入ってるみたいに見えるので、、。

終わった後、植物どうしが絡まったりして苦労したとか、「寄せ植え その後」みたいなのが知りたいです。

お薦めのサイトなどもあれば、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

寄せ植えやハンギングバスケットが好きで一年を通してよく作っています。

全く手を入れない状態で一年持つ寄せ植えというのはないと思います。
(常緑のリーフだけのものは別ですが)
条件を整えれば半年くらいは持ちますがそれが最長くらいでしょうか。(パンジーやビオラです)

ですので、一年を2~3クールくらいに分けて「その時期に同時に花が咲く」「好む環境が似ている」ということに留意して寄せ植えを作っていくとよいと思います。とかく最初は自分の好きなものばかり、色合いがいいものばかり集めて一つの鉢に合わせてしまいがちですが、結局きれいなのは最初だけ、一種類だけが生き残る寂しい鉢になってしまうという結果に終わります。(爆)

日陰が好きなものと日向が大好きなものは一緒に出来ませんし、乾燥が好きな種類と保湿の必要のある種類は一緒に寄せ植え出来ません。
下でのご回答のように一年通して使える宿根系のもの(大体主役でなくあしらいになる、たいがいの環境に適応できる)に季節ごとの花を植えていくのが理想的ですが、あとで根が回ったりしてそれを引き離したりきれいに植え付けし直すのがなかなか難しいです。
(まあ根が張って困るようなものは植え直しの時に多少手荒く扱っても枯れたりしませんが。爆)
最初はいっそのこと、1クールごとに全とっかえする寄せ植えのほうがいいと思います。枯れる時にはいさぎよく全部枯れてしまうほうがあれこれ悩まなくて済むかも。(爆)

これからの夏はサフィニア(ペチュニア)、ニチニチソウ、マリーゴールド、トレニア、サルビア、アメリカンブルーあたりから始めてみましょう。これらは上手に管理すれば10月くらいまで持ちます。そして次にパンジー、ビオラ、冬知らず、ガーデンシクラメンなどを植え込むと次の5月いっぱいまで持ちます。
自分も基本はこれであとは期間の短い寄せ植えのバリエーションをいくつか組み合わせています。

あまり最初は失敗を恐れないでトライしてみて下さい。(笑)
失敗して初めて掴めるコツというのもありますから。寄せ植えの実例を見たかったら、グーグルあたりからいくらでも検索できます。
「夏」「寄せ植え」「ペチュニア」などの検索語句を入れて探してみて下さい。寄せ植え自慢さんのたくさんの実例を見ることが出来ますよ。(笑)
下はそうやって出してみた一例です。ご参考までに。

参考URL:http://www.geocities.jp/gardeningclubjp/summer.htm

寄せ植えやハンギングバスケットが好きで一年を通してよく作っています。

全く手を入れない状態で一年持つ寄せ植えというのはないと思います。
(常緑のリーフだけのものは別ですが)
条件を整えれば半年くらいは持ちますがそれが最長くらいでしょうか。(パンジーやビオラです)

ですので、一年を2~3クールくらいに分けて「その時期に同時に花が咲く」「好む環境が似ている」ということに留意して寄せ植えを作っていくとよいと思います。とかく最初は自分の好きなものばかり、色合いがいいものばかり...続きを読む

Q鉢の竹は鉢にどどまる?

鉢に竹をうえますが、種で増えないか心配です。

風に飛んで、増えないか心配なんです。

Aベストアンサー

種で増えたり風で飛ばされて増え、他の場所に生える事はありません。
他の方も言われていますが、竹や笹は50年後位に開花させ、その後に
寿命が尽きて枯れてしまいます。

問題は鉢のサイズでしょうね。場所を考えて小さめにするのは良くあり
ません。竹はホフク性の根で増え続けますから、鉢が小さいと直ぐ一杯
になって根詰まりを起こします。時には鉢が割れる事もあります。
それだけ竹の根は強いんです。

竹は直根ではなく、地表の浅い部分に四方八方に根を張り巡らせます。
以前に工事で竹を伐採し、竹の根も掘り起こして処分する仕事をしまし
たが、孟宗竹や真竹の場合は地上には10m以上も伸びていましたが、
地中に張っている根は深くても50cm程度でした。

どのような種類か分かりませんが、苗が小さくても根の張りを考えて、
出来るだけ大きめの鉢にされる事を勧めさせて頂きます。
それと植付け時には根を絶対に乾かしては駄目ですよ。乾燥させると
根付きが悪くなり枯れますよ。

Q観葉植物の寄せ植え

家にある鉢植えが増えたので、時期が来たら寄せ植えをしようと考えています。
今アロエベラ、アイビー、金のなる木、サンスベリア、小さいサボテンが1鉢ずつ、キダチアロエが2鉢あります。
ガジュマルの購入も考えています。
この植物で寄せ植えするならどう組み合わせたらよいでしょう?
見た目はあまり気にしていないので、みんながそれなりに元気に育ってくれたらいいなと思っています。
また、鉢は深いものと浅いもの、どちらがよいでしょうか?

Aベストアンサー

(1)アロエベラ、、金のなる木、、、キダチアロエ
(2)サンスベリア、アイビーとガジュマル
(3)小さいサボテン同志

という組み合わせが一番無難なところです

(1)の組み合わせは、同じ多肉植物なので、管理の仕方は全く同じです
将来、子株が出て姿が乱れてきたら、手ごろな大きさの子株を残して
親株を処分すれば、場所を取らずに済みます

(2)の組み合わせは、どちらも低温には弱く冬越しが難しい種類ですが
夏は高温多湿の環境を好み、強い光線を苦手とする性質なので
土をあまり乾かさないように注意しながら、明るい日陰に置いて

冬は日当たりの良い室内で、低温に耐えさせるために水遣りをギリギリ
控えめにして、その分株全体に霧吹きで葉水をかけて空中湿度を高める
ような管理をすればいいでしょう

(3)だけは他の植物との寄せ植えには不向きです
サボテンは意外と神経質な植物で、乾燥させすぎても日当たりに置きすぎても
中々思うようには育ちませんので「同類」で管理した方が良いのではないでしょうか

鉢については
花をたくさん咲かせて楽しむような、一年草の草花には浅鉢が最適ですが
それ以外は深鉢をお勧めします

特に、(1)と(2)は深鉢で、底穴の大きなものを選んだ方が良いですね

浅鉢は水が横に広がるので植物の根も横に広がって、深くに伸びていきません
根が横に伸びれば枝葉も横に広がって成長するので室内の観賞用に置くには
邪魔になります

また、水が横に広がるとその分乾燥も早くなるので、水やりのタイミングに余裕が
無くなって枯らしやすくなります

深鉢なら、多少水遣りを忘れても底の方の土には湿り気が残っているので
根はそれを求めて深く伸びていきます

根が深く真っ直ぐに伸びれば幹も上に真っ直ぐ成長していくので見栄えが
良くなります

底穴が大きい物…というのは、水はけが良いからと言う理由だけではなく
空気の抜け具合も良いので根が健康に育ちます

ついでに
底穴が大きい分虫も入りやすくなるので、必ず「底網」を敷くことを忘れないように!

(1)アロエベラ、、金のなる木、、、キダチアロエ
(2)サンスベリア、アイビーとガジュマル
(3)小さいサボテン同志

という組み合わせが一番無難なところです

(1)の組み合わせは、同じ多肉植物なので、管理の仕方は全く同じです
将来、子株が出て姿が乱れてきたら、手ごろな大きさの子株を残して
親株を処分すれば、場所を取らずに済みます

(2)の組み合わせは、どちらも低温には弱く冬越しが難しい種類ですが
夏は高温多湿の環境を好み、強い光線を苦手とする性質なので
土をあまり乾かさないように注意しながら、...続きを読む

Qスリット鉢と素焼きの鉢、どっちがいい?

室内でハーブなどを育てています。
現在、プラスチックのスリット鉢を使っていますが、プラスチック製は蒸れるから良くないと聞きました。
ただ、色々な本などでお勧めされていますし、サークリング現象がおこらないから根にいいとなってるし、素焼きの鉢と、どっちがいいのかと思い、質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
現在、プラスチックのスリット鉢を使っていて、これまでに何も差しさわりが無いようなら、今のままでよいのではないでしょうか?

確かに、これからの季節は湿気て蒸れ易いですが、以前にこの季節をプラ鉢で乗り切ったのならば、素焼き鉢は通気性が良いようで蒸れ難いのでしょうけれど、それに変えたときに、鉢土の乾き加減を見極めたりするのが大変なのでは無いですか?

室内と、室外とでは違うかもしれませんが、夏場になれば、思っていたよりも乾燥が速くて、大変かもしれません。

規模が分からないこともあって何ともいえない感じなのですが、例えば卵の殻でハーブや観葉植物を育てていたり、ざるに麻布を敷いて土を入れてハーブを育てている場合、かなり乾燥は速いと思いますが、それでも育つからそれで育てているのだろうし、ハーブは乾燥がちな方が良いのかもしれませんし。

私のうちでは、どれも屋外で育てているので参考にはならないかもしれませんが、どちらを使っても良く育ってくれていますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報