自宅のリフォームをするため、数件の見積りを取って来訪された方の説明や印象、また見積り金額を比較してある会社に決めて「仕事内容と金額、会社名、担当者が記載されていて私の署名もある書類」を8月5日に取り交わしました。書面には「契約書」とは書いてありませんでしたが、私なりに契約書相当書類と考えています。
8月のお盆休み後、工事日程を決めるため会社に電話しても「営業に出ています」ということで、連絡がつかない状態になりました。心当たりもなく、理由もわかりませんでした。
約1ヵ月後に朝早めに電話したところ連絡が取れて事情を聞いてみると、「材料費が急に3割ぐらい値上がりした」という話です。これも連絡がとれない理由にはなっていないと思いましたが、メーカー名を聞いてメーカーに確認を取ると「少なくても1年間以内に値上げはない」という回答です。
他のリフォーム会社は、その後すべて断っっています。いまさらもう一回お願いするものバツが悪く、契約も済んだのに正当でない理由を述べて履行されないことにも不満(ストレス)が貯まっています。
どこか公的機関に相談して、まずは話し合いから進めたいと考えていますが、どこに相談すればよいのかもわかりません。公的機関などの相談所や手順について、ご意見、ご教授をよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

suzume34さん、こんにちは。


ご心配なく、お手元の書類が正式に「請負契約書」と記載されていなくても
貴方がご記入になられている内容でしたら、契約に準じる行為として
見なせます。
まして、他のご回答者への御礼に付記されていた内容の記載であれば、
>「工事請け負い書」みたいな題名でした。
この内容でしたら、間違いなく、その契約内容の履行を問えます。
但し、他のご回答者のご意見にもありましたが、他の会社に行わせしめた
方が得策ではないかと私も思います。
もし、これら履行させても、その後のメンテナンスや瑕疵が発生した場合に
余計なストレスが発生しないかが心配です。

しかし、suzume34さんが、文面中の憤りが非常によく分かりますので、
下記の手を順次行われたらどうでしょう?。
1.まず、その会社の本社の部門(お客様相談室でも可)へ電話される。
>会社自体はこの地域でも実績があるようなので~
 現在その支店あるいは一営業部門と折衝されているのではないかと
 思われますので、「正式」に抗議をその会社本体に投げかけてみて
 下さい。
 それ相当の応対がなき場合には、しかるべき措置をとらさせて頂くつもり
 との事を仰って下さい。
 まず、これで、その会社は動きだすと思います。 その地域で実績がある
 ならば。
2.上記1でも、満足すべき応対がない場合には、内容証明付の催告状を
  お出しになってみて下さい。 そのリフォーム会社宛です。
  そして、2をかかる前に貴方の中に不安があるといけませんので、
  消費者生活相談センターにご相談して下さい。
  (消費者生活相談センター側でも、もしかすると、別の業者へと薦め
   られるかもしれませんが…。)
3.上記2でも更に、反応がなければ、新聞・マスコミ等に相談すると
  再度その会社にご連絡して下さい。
4.これでも動かない場合(よほどの事情があるとしか思えませんが…)
  すっぱりあきらめられた方がよろしいかと思います。
  勿論、法的に措置を起こす事は出来ますが、費用その他の事を考慮
  した場合(特に、金銭的被害や損害を蒙った訳ではないので)、それ
  以上を行う事をお勧めしません。
  正式な法的措置を行う事は、今以上のストレスを溜める要因となります。
  また、それを行ったとしても、肝心のリフォームはずっと先の話しに
  なってしまいます。

どうでしょうか、ここは、この流れの2か3あたりにされて、後は将来の為に
心気一転方針を変更し、別の会社にしてみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>もし、これら履行させても、その後のメンテナンスや瑕疵が発生した場合に
>余計なストレスが発生しないかが心配です。

この文章は納得させられました。
確かにこのような対応では、場合によっては何年間のストレスになる恐れがありますね。まだお金を払ったわけでもなく工事に着手したわけでもないので、消費者相談や役所に言うより、まずは他をあたった方が良いと考えてきました。

説明がわかりやすくて考えの整理ができてきました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/10 20:28

sdaruです。

再度出てまいりました。
私の回答に頂いたコメント拝読いたしました。

請負書これは契約が成立と考えてよいと思います。貴方とご家族がストレス
をとの事、理解出来ます。

土木建築の業界は通常の生活の中で考えるより以上に不思議なところが有ります。
言うならば大雑把ですね。

その会社、或いは担当者の中に個人的な付き合いが有って話を進めたのでなければ
やはりその会社に発注は止めた方が良いと思います。

幸いに金銭の授受はないようですので。契約不履行で争うことは出来ると
思いますが、争う場合また別のストレスが出ます。

それでもなおと考える場合は他の方が言っている方法が有りますが、経済的な
実害が無いとなると直ぐに結論が出るとは思いません。

私はこのような結果を踏まえて別の会社を選ぶ方をお勧めします。
リフォームにしろ新築にしろこの業界は契約会社が全ての工事をしません。

工事の大部分は下請けがします。請負会社が悪いと良い下請けもいません。
気持ちを切り替えて別の会社にして下さい。

次の会社を選ぶ時は工事契約をきっちり結び2通の契約書を作成し1通は
お手許に残して下さい。
    • good
    • 0

その様な会社は、まともな仕事などできませんから、相手にしないことです。



>一度断った他のリフォーム会社にもう一回相談する事自体も、家族の間で"大きなストレス"になっています。

そんなように考える必要は有りません。

一度、他社に決めたが、その会社の対応が悪くて、見積もりに不審な点が有り、きちんとした施工を望めそうもないので、商談を破棄したので、もう一度見積もりをしてください、と云えばよいのです。

そうすれば、今度の会社も、慎重な対応をすると思います。

この不況の時に、見積もりの依頼が有れば、喜びこそしても、嫌がるところは有りません。
客として、堂々としていましょう  。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 一度、他社に決めたが、その会社の対応が悪くて...
> ...もう一度見積もりをしてください、と云えばよいのです。

はい、気持ちを切替えてみます。

多くの皆さんからのご親切なご意見ありがたく思います。

お礼日時:2001/09/10 20:32

No.1の返答についてのコメントですが...



>一度断った他のリフォーム会社にもう一回相談する事自体も、家族の間で
>"大きなストレス"になっています。

気にしなくていいですよ。こちらは客なんですから。
「事情が変わった」と言って、何事もなかったかのようにもう一度相談したら
いいんです。

道は二つですね。
 1.自分たちの面子を重んじて、料金が高くなっても今の契約会社に発注する
 2.多少の恥(本当は全然恥でも何でもないんですが)をかいて、契約を破棄し、
   再度リフォーム先を探す。

どちらを選択するかは、suzume34さんが決断することです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそうかもしれませんね!

楽しく気軽に考えていたリフォームだったのですが、このことで落ち込んでいました。特に原因がわからないので自分にも何か落ち度や失礼があったのではないかと考えているうちに"ストレス"になっていることに気が付きました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/10 20:22

 あんまり当てにならないアドバイスなんですが……(^_^;


 suzume34さんは「客」です。
 「企業」は、「顧客」に対してよりよい製品やサービスを提供しなければならない、という努力義務規定が、法律にすでに盛り込まれています。

 これが施行されていないわけですから、その会社は努力義務規定違反です。
 ですから「私は客だよ?」ってなもんで、もっと強気に出ていいんです。
 もちろん、客だからってわがままは許されませんが、当然の権利であれば堂々と主張しましょう。suzume34 さんにはその権利があります。
    • good
    • 0

この文面だけでははっきりしない部分が多く断定出来ません。


署名捺印が双方にあるのでしょうか。捺印があったとして社印でしょうか?

担当者印でしょうか。ただ貴方の文面から考えて契約が成立しているのか
どうか疑問も残ります。

金銭の授受がなければこの会社に工事の依頼は即中止した方が良いと思います。
バツが悪いなど全く考えなくても良いと思います。

工事が貴方の考えたように出来るような会社とは思へません。
金銭の授受が泣ければ、被害がないのですから。

現在の状況では年に3割も材料費が上がることなど考えれません。
担当者が個人の成績を上げるため勝手に安い見積もりを作り会社が容認できない
事も考えれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに「契約書」とはっきり明記されていませんが、社印と私の印も捺印してあります。担当者は署名のみで印はありません。
内容は使用材料や、床の広さ(工事面積)などが記載されていて、たしか「工事請け負い書」みたいな題名でした。

見積りを取ったほとんどの会社が言っていましたが、工事は別途専門の業者(床工事のため)が行うということで、その契約した会社は請け負うだけのようです。

材料代は通常値上げ前に通達があるものなので、この理由は信じていません。会社自体はこの地域でも実績があるようなので、担当者レベルの問題ではないかと想像しています。

一度断った他のリフォーム会社にもう一回相談する事自体も、家族の間で"大きなストレス"になっています。

お礼日時:2001/09/10 12:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公的機関が発行する書類の著作権について

Webサイト上で公的機関に届けたり、送られてくる書類などをアップして、解説やコメントを載せたいと考えています。
公的機関とは国や地方公共団体、その付属機関(独立行政法人や都道府県市町村の附属団体)などを示します。

アップしたいものを具体的に言うと、税金や年金、各種申請・許可・応募・入札といった申請・申込書類などの届け出る書類。
さらに、税金や年金の通知書や督促状、申請や相談に対する回答書、ボランティアや職員の採用通知書、業務委託の契約書などの送られてくる書類です。

そこで、これらの公的機関が発行する書類の著作権について質問があります。
著作権法第13条(権利の目的とならない著作物)には「次の各号のいずれかに該当する著作物は、この章の規定による権利の目的となることができない。」とされています。
その適用除外の具体例として

 二  国若しくは地方公共団体の機関又は独立行政法人(独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第一項 に規定する独立行政法人をいう。以下同じ。)が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの

とされていますが、個人的に届け出る書類、あるいは送られてくる書類もこの「通達その他これらに類するもの」に含まれるのでしょうか?

なお、Webサイトで公開する書類や解説についての閲覧に利用料や会費などを取るつもりはありません。
ただ、アフィリエイト広告は掲載する予定です。

少し込み入った質問で申し訳ないのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

Webサイト上で公的機関に届けたり、送られてくる書類などをアップして、解説やコメントを載せたいと考えています。
公的機関とは国や地方公共団体、その付属機関(独立行政法人や都道府県市町村の附属団体)などを示します。

アップしたいものを具体的に言うと、税金や年金、各種申請・許可・応募・入札といった申請・申込書類などの届け出る書類。
さらに、税金や年金の通知書や督促状、申請や相談に対する回答書、ボランティアや職員の採用通知書、業務委託の契約書などの送られてくる書類です。

そこで...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言えば、個々の書類の内容を確認しなければ何ともいえません。

ご指摘のように国などの告示・訓令等は著作権の目的物から除外されていますが、これらは本来著作物ではあるものの、広く国民の利用に委ねるのが適当なので例外として著作権の目的から除外されているのです。この規定は例外規定なので制限的に解釈する(拡大解釈しない)必要があります。

解説の対象として例示されたもののうち、申請書類(定型用紙)は訓令などでその様式を示しているもの(訓令などの一部)なので著作権の目的に該当しません。しかし、「相談に対する回答書」は国などの法解釈(意見)なので、著作権の目的物に該当する可能性があります(これを無断で解説することを国などが問題視するかどうかは別の問題です)。

Q有給の消化についてですが、以前の会社では正社員で会社を辞めるときに貯ま

有給の消化についてですが、以前の会社では正社員で会社を辞めるときに貯まっていた有給を全て消化の上、会社を辞めるという手続きをやめる人全員にとっていました。これは労働者の権利として保証されているのでしょうか?それとも会社の方針?とかやり方なのでしょうか?

今度別の会社を辞めるときに、会社が有給の消化は認めないと言われたら、労働局などに相談に行って、有給を全て使い切るようにすることはできるのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

>有給を全て使い切るようにすることはできるのでしょうか?

出来ます。それが労働者の権利です。退職の予定が無い勤務状態の場合には、労働者が有給休暇を申請しても雇用者側には時季変更権といって有給休暇を所得する日時を変更させる権限があります。しかし、退職期日が迫っている場合には、時季変更をしようにも変更するべき期日がありません。しかし大前提として「有給休暇は労働者の権利」がありますので、やむをえず時期を変更せずに労働者に休暇を与えざるを得ないのです。

>会社が有給の消化は認めないと言われたら、

労働局の相談窓口はあくまでも相談の窓口です。御質問のような明確な違法行為は「労働基準監督署に通報」してください。いわば、悪徳商法に遭って消費者センターに相談するのではなく警察に通報するのと似た感覚です。

Q公的機関名や地名を商標にできるか?

ドラマや小説などで、ある地域や市町村が事件の舞台になったものがあったりします。
さらに例えば警視庁の××警部が主人公の作品があったりしますが、ここで疑問があります。

いくら「この小説、ドラマはフィクションです」と但し書きがあっても、勝手に特定の地名、公的機関を舞台にした作品を書く事は許されるのでしょうか?

自分の住んでいる地域がひどい田舎として描かれていてショックを受けたり、自分の出身地でドロドロの殺人事件があったと書かれたり、果ては自分の勤務している、例えば警視庁の所属刑事がものすごくドジで見ていて不快になった…というケースもあると思います。

そんなことを防ぐため、あらかじめ都道府県や市町村、官庁が公的機関名や都道府県市区町村名を商標として登録する事は可能なのでしょうか。

変な質問で申し訳ありませんが、なにとぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

無理でしょう。

地名など一般的な固有名詞は
商標登録出来ないルールになってますから・・・

Qこういう公的機関あるいは機能がありましたら教えて下さい。

私は現在、給与不払いに対し民事訴訟を起こそうと計画している者です。
しかし訴訟手続き費用はともかく、弁護士費用が着手金、成功報酬と馬鹿にならない金額です。給与不払いの状態なので、この費用を融資してもらえる公的機関あるいは地方自治体などの機能がありましたら、ご存知の方教えて下さい。
なるべくなら、訴訟を経験されたかたにお答えいただけるのがベターです。
各種ご意見もございましたら、ご回答を寄せてください。

Aベストアンサー

民事訴訟の費用の補助はいかなる公的機関も行いません。民事不介入の原則に反するからです。質問者様にとっては会社側が間違いなく悪いとわかっているでしょうが行政機関では裁判等で白黒つかない限り、どちらが悪いのかを判断することは出来ません。従って係争中の事案の片方に対する支援はあり得ません。

なお、給料不払いの問題に関しては労働基準監督署に行って相談されることをお勧めします。労基署は必要な調査を行った上で、会社側に対する指導(ことによると行政的処罰)を行います。労基署が関与するだけで会社側が軟化する可能性もあります。
ただし、処罰と実際の給与の支払いは別ですので、相手が「罰は受け入れるが、金がないから給与は払わない」という態度に出ると民事訴訟ということになります。

Q「公的機関が著作権違反」を世間に知らせたい

インターネット上での素材配布などをしています。
自分の掲示板に、「これは著作権違反じゃないの?」というようなメールがアドレスとともに送られてきました。
で、確認すると、かなり黒に近いグレー的な確信犯でした。(著作者情報は表示しているのだが、普通の方法では表示しない)
今までも著作権を違反していたユーザーを見つけたこともあるので、メール等での警告・注意は行うつもりです。
ただ、そのページは公的機関(小学校のホームページ)なんです。しかも、学校のホームページの出来を競うコンテストの県代表にもなっていたようです。(今年もなってる?)
ということは、県の担当機関もホームページがどういうものかを知っていても著作権についてとても甘い考えしかもってないってことですよね。
県の機関やコンテストを行っている機関まで個人で著作権違反についてどう考えているかを確認し、謝罪してもらうのは難しいと思うんです。
そこで、こういったものをマスコミで取り上げてもらい、ちゃんと明るみに出したいと思うのですが、そんなことって可能なんでしょうか?

個人でもちゃんと取り合ってくれるようなところってのはありますか?
また、私自身どこかに出かけていって…というのは苦手なので、まずはメール等でのやり取りができるとありがたいのですが…(その後出向いたりするのはぜんぜんOKです)

何かよい方法があれば教えてください。

インターネット上での素材配布などをしています。
自分の掲示板に、「これは著作権違反じゃないの?」というようなメールがアドレスとともに送られてきました。
で、確認すると、かなり黒に近いグレー的な確信犯でした。(著作者情報は表示しているのだが、普通の方法では表示しない)
今までも著作権を違反していたユーザーを見つけたこともあるので、メール等での警告・注意は行うつもりです。
ただ、そのページは公的機関(小学校のホームページ)なんです。しかも、学校のホームページの出来を競うコンテストの...続きを読む

Aベストアンサー

この程度でも裁判を行い損害賠償請求できるのでしょうか?
いや、出来るのでしょうけど、裁判費用などでマイナスになってしまっては元も無いような気がしてですね。裁判もせず損害賠償だけを請求するってのはおかしなことではないのでしょうか?
>>>>>>>
裁判をダイレクトにしようが、調停に持ち込もうが、少額訴訟に持ち込もうか、自由です。ただ、あなたが、黒に近いグレーと言っている件をまず、当事者つまり、流用した人、コンクールには、校長名とかで出されたなら、それら、相手側の資料で責任者が、確定できるものにより、その責任者自身が、自分から非があったので、ごめんなさいという内容証明返信をまず貰えば、黒とか白とか事実関係の論争には、なりませんよね。ですから、まず、黒と認めてください、認めないと、それなりの教育委員会、教育長、市長など、だんだん、上位管理者に、責任の所在を確認することになりますが、いいですか?あなたの側から、コピーしたことをまず認めてください。と、1弾目を終わります。次は、調停で和解か、少額訴訟かでしょう。その何年か分を有料で金銭換算したものが、金額の正当性が証明できれば、少額訴訟でしょうが、まず、被告の確定のために、最初のごめんなさいの返信をもらっておくのですね。で、謝った=非を認めた=解決法は、それらを削除する。コンクールの受賞を辞退する、金銭で損害賠償を求めるなど、あなたの条件を出して、まあ、調停なんでしょうね。で、条件がのめないと相手側が言って初めて、本訴になり、第1次地裁判決か和解勧告かでしょうが、多分、和解勧告でしょうね、。で、裁判するのに、本人か、委任状をもった代理人がでれば、証人以外は、なんとでもなるし、弁護士なんて不要なんですよ。全部自分で、供述調書なるものをつくり、実印を押して印鑑証明をつければいいだけです。民事訴訟ですから、結局、損害賠償+謝罪方法提示でしょう。
で、著作権の相当額は、難しいので、結局、たいした額は取れないでしょうね。マイクロソフトのように、売れれば、何億って売れるもんじゃないですし。。。で、コンクール受賞辞退とかですと、子どもたちには、悪いけど、ある意味、物まねは駄目という社会勉強なので、やむを得ないでしょう。

そのかわり、あなたが、物まね以外の子ども達の自主的な創作の部分は、あなたが、簡単な表彰状でも作って、慰めてあげたらいいでしょう。ただ、物まねをしては、だめ、独創部分は、ほめるということで、監督不行き届きの大人は、受賞辞退に対する保護者への説明の段階で、マスコミが食いつけば、あなたの思いは達成するのでしょうね。

で、金銭自身は、たいした結果になりませんが、現職の先生が、内容証明で詫び状を書くだけで、かなりのダメージと思いますよ。

で、珍しいケースなので、そこで、マスコミが、漁夫の利というか、ニュース性を感じるかもしれません。

まずは、あなたは、黒といっても、相手は、白って言ってくるかもしれません。それは、相手がばれていないと思えば、そういううそをいってくるでしょう。で、ミラーサーバーなりに、証拠を残して、相手に、黒と認めさせることからでしょうかねえ。私は、CGIを作ったことないけど、裁判って結局、最後は、和解勧告しかないでしょう。裁判官が、なかなか、いくらの損害賠償っていえないケースですからね。

僕に言えるのは、ものごと、はじめないと、先に進まないということ。弁護士は必須要件ではないということだけです。で、賠償請求裁判という部類なんでしょうね。裁判は、形式が決まっていて、気持ちをどうにかしてほしいという抽象的なことは、訴訟になじみません。ですから、いくら払えとか、全国紙に謝罪文を掲載しろ。とか、ことばはきついですが、これをやれば、許すよという条件闘争なんでね。

この程度でも裁判を行い損害賠償請求できるのでしょうか?
いや、出来るのでしょうけど、裁判費用などでマイナスになってしまっては元も無いような気がしてですね。裁判もせず損害賠償だけを請求するってのはおかしなことではないのでしょうか?
>>>>>>>
裁判をダイレクトにしようが、調停に持ち込もうが、少額訴訟に持ち込もうか、自由です。ただ、あなたが、黒に近いグレーと言っている件をまず、当事者つまり、流用した人、コンクールには、校長名とかで出されたなら、それら、相手側の資料で責任者が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報