はじめまして最近電気に興味を持ち始めた者です
単相三線式ではトランスの二次側には真ん中の中性線をはさみ100vの電圧がかかった電線が2本あり100vの電圧を使う時は中性線とどっちかの電線を使い200vの電圧を使う時は中性線以外の電線を使うと調べたのですが100vを使う時はどっちかの電線からコンセントの非接地側そして電気製品を動かし接地側へ流れ中性線を経由してトランスの二次側に戻ってくると考えて良いのでしょうか?
200vの場合は中性線以外の片方の電線から同様にもう片方の電線を経由してトランスの二次側に戻ってくると考えて良いのでしょうか?
そして何か電気的なトラブルがあった場合コンセントの接地側から中性線(200vの場合はもう片方の電線)経由してトランスの二次側に戻る途中で柱上トランスのアースへ逃がされると考えて良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

少しだけ補足します。



100V使用の場合、片側だけ考えれば、非接地線と中性線だけを使っていると
考えていいのですが、両方の100Vを考えると実は違います。
片方の100Vで50A、反対側の100Vで40Aを使っていると、
中性線には差の10Aしか流れません。
それで単相3線式の配電線をよく見ると、中性線だけ細い線が使ってあるのが分ります。

> なぜ200vの回路の中で中性線を経由していないのに
> 柱上トランスの接地につながるのでしょうか?
柱上トランスの2次側は200Vの巻線で中間から中性線が引き出されています。
仮にA線、N線、B線としましょう。N線は中性線です。
高圧とA線が混触したときは2次巻線を通ってN線からアースに逃げます。
B線でも同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
なんとなく分かった様な気がします
もう少し勉強してからまた質問したいと思います
ありがとうございました

お礼日時:2005/04/15 09:50

>短絡事故の場合は機器の使用と同じ方向で流れます。

(大きい電流が流れる機器を使ったのと同じです)
>そして何か電気的なトラブルがあった場合コンセントの接地側
● 質問を受けての回答でコンセントとあり、家庭内の短絡です。

● トランスの高圧と低圧の混触では
また高圧電流が家庭用機器に流れる前に柱上トランスのアースへ逃がされます。

>また中性線から柱上トランスの接地へつながっているという事ですが200vの場合中性線以外の2つの線で電流を流しているのにどこから柱上トランスの接地へつながっているのでしょうか?
● 200Vは100V+100Vです。100Vが接地しているのは理解されていますよね。
100Vが接地されていれば、200Vは100Vが2ヶの集まりであり、接地されています。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます
私の頭の中では200vの回路は中性線は経由せず片方の電線からもう片方の電線に交流電流が流れていると理解しています。そして柱上トランスの接地は中性線からつながっていると調べました。なぜ200vの回路の中で中性線を経由していないのに柱上トランスの接地につながるのでしょうか?電気に関しては最近勉強し始めたばかりなので
なかなか理解できません。できれば200vの回路はどのように電流が柱上トランスの接地につながるのか教えていただけませんか?

補足日時:2005/04/14 13:57
    • good
    • 0

No.1さんのおっしゃる通りです。


柱上トランスのアースは何のためにあるのかというと、柱上トランスの高圧と低圧が混触(高圧と低圧の短絡)した場合に、異常電圧を逃がすためにあります。
    • good
    • 0

>100vを使う時はどっちかの電線からコンセントの非接地側そして電気製品を動かし接地側へ流れ中性線を経由してトランスの二次側に戻ってくると考えて良いのでしょうか?


●その通りです。但し、交流の電流であり、流れの方向が交互に変わります(関西では1秒間に60回、関東50回)どちらからどちらへの流れとは言いにくいですが。

>200vの場合は中性線以外の片方の電線から同様にもう片方の電線を経由してトランスの二次側に戻ってくると考えて良いのでしょうか?
●その通りです、交互に変わるのは前述と同じです。

>そして何か電気的なトラブルがあった場合コンセントの接地側から中性線(200vの場合はもう片方の電線)経由してトランスの二次側に戻る途中で柱上トランスのアースへ逃がされると考えて良いのでしょうか?
● 漏電した場合は、非接地側より漏電体を通り、地中を通り、柱上トランスの接地を経由し、トランスに戻ります。
●短絡事故の場合は機器の使用と同じ方向で流れます。(大きい電流が流れる機器を使ったのと同じです)

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
短絡事故の場合は機器の使用と同じ方向で流れます。(大きい電流が流れる機器を使ったのと同じです)
この説明文における短絡事故とは(柱上トランスの高圧と低圧が混触)ということでしょうか?
もしそうならば(機器の使用と同じ方向で流れます)とは高圧電流が家庭用機器に流れるということでしょうか?                     その場合機器はどうなるのでしょうか?
また高圧電流が家庭用機器に流れる前に柱上トランスのアースへ逃がされるのでしょうか?
もしアースへ逃がされるのなら片方の電線から中性線トランスの二次側までの回路のどこで逃がされるのでしょうか?
また中性線から柱上トランスの接地へつながっているという事ですが200vの場合中性線以外の2つの線で電流を流しているのにどこから柱上トランスの接地へつながっているのでしょうか?
質問がくどくなってしまってすいません。

補足日時:2005/04/14 02:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【変圧器】電気・電柱の上に付いている変圧器のトランスについて質問です。 電柱に付いている変圧器のト

【変圧器】電気・電柱の上に付いている変圧器のトランスについて質問です。

電柱に付いている変圧器のトランスの中身の画像を見たんですがこれでどうやって高圧電力を低圧電力に出来るんですか?

トランスの中でコイルがクルクル回って電線の巻いてる量で左が高電圧で電線の数が多くて、右が電線の数が少ないのでクルクル回っている間に引き取れる電気の量が少ない分が低電圧になるのかなと思いましたがどうもトランス内でコイルがクルクル回ってる気がしません。

電柱の上に吊られているトランスの中でミニ四駆のモーターみたいなコイルがクルクル回ってたら電柱がブルブル震えてますよね。

あり得ないですよね。

どうやって変圧器のトランスは高電圧を低電圧にしてるのかメカニズムを分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

変圧器の基礎をお勉強してください。例↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E5%9C%A7%E5%99%A8

電磁気学の初歩が解らないと、お勉強も無理ですが。

なお、付け加えると、
トランスの等価回路とモーターの等価回路は同じです。
トランスはコイルが固定しているが、モーターは片側が回転している、
という、機械構造の違いだけです。

Qトランスの二次側を開放すると焼ける理由

トランスの二次側を開放状態で電気を流すと焼けてしまうと
教わりました。が、なぜでしょうか?
高電圧がかかってアークが発生するのでしょうか?
ショートさせて試験しているのですが、
ショートさせると負荷がないので、余計に電気が流れるような気がするのですが。

以上です。ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

トランスとありますが一般のトランスではなくいわゆるCTと呼ばれるトランスのことです。

同じ質問をする方がたくさんいるような問題はググるとたくさん出てきます。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2865383.html

Qトランス二次側開放。

着火用トランス:一次側AC100Vor200V、二次側定格6000Vの巻き線トランスを使用しています。
二次側を開放したとき6000Vになりますが、この開放状態が続くと巻き線が焼けてしまうのでしょうか?
ちなみにこのトランスの短絡電流は50Hz21mA,60Hz16mAです。
容量は50Hz155VA,60Hz120A。
メーカではNGで保証しませんというだけ(確かに)。
できれば電極棒のギャップを推奨2mm以上にしたいのです。着火、汚れ等。
どうして焼ける(電流が許容以上になる?)のか知りたいです。

Aベストアンサー

通常二次側開放の保護に放電ギヤップを持たせた高圧トランスや、外部に保護放電ギヤップ部品を接続しています。

メーカでも多少の余裕を持たせて、短期間の二次側を開放した場合に劣化・焼損を防いでいます。

開放状態が続くと通常よりも高い電圧が巻き線に引火され、絶縁劣化が加速されて最終的に巻き線が焼ける場合があります。

自己責任で部品余裕の1・2割UPの「ギャップを推奨2mm以上」で使用されるのも方法ではないでしょうか??

Qトランスの2次側負荷をもとに1次側の電流計算

トランスの2次側負荷に応じて、1次側相電流は変わるのこと知っていますが、そうの計算方法が良く分かりません。以下の例でどなたか教えて頂けないでしょうか。

1)逆Vトランス15KVA
  一次側3相3線200V 2次側単相3線100/200v
  において、2次側負荷が、単相200V50A(10KVA)
  のとき

2)スコットトランス15KVA
  一次側3相3線200V 2次側単相2線100V×2系統
  において、2次側負荷が、それぞれ単相100V50Aで
  バランスが取れている場合

すみません。どなたか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

損失を無視すれば

1次側電力=2次側電力です

1次側200V 2次側100V ならば 1次側の電流は 2次側の半分です

スコットトランスであろうが、三相・単相であろうが同じです

Q絶縁トランスの役割について

いつも世話になります。

今回は絶縁トランスについて質問させてください。

http://as76.net/asn/zetuen_tr.php
上記のサイトでは、絶縁トランスをしようした場合の
電気回路について説明されています。

質問なのですが、二枚目の図中の人に電気が流れないのは
なぜでしょうか。

一枚目の図を見る限りでは、電気製品のアースの有無に関わらず、
人に電気が流れているように見えます。
二枚目の図では絶縁トランスが接続されていますが、
絶縁トランスを「一次・二次の交流電流、電圧が等しい機器」と考えれば、
絶縁不良の電気機器から人体に流れた電流が地中を流れて
柱上トランスのアース極に吸い上げられ、そのまま絶縁トランス一次側に入力、
二次側に出力となって、電気回路が構成されるように思えるのです(感電時の電流は交流であるため)。

考え方がどう間違っているのかをぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>絶縁トランスを「一次・二次の交流電流、電圧が等しい機器」と考えれば、

この考えは概ね合ってますが、一次側一端の電圧が二次側一端にそのまま現れるのではありません。
一次側2端子に与えた電圧(によりコイルを流れる電流)が、二次側2端子に電圧を生じさせます。
「一次側と二次側の間」には電流は流れません。テスタで導通を調べても無限大オームです。

>柱上トランスのアース極に吸い上げられ、
>そのまま絶縁トランス一次側に入力、
>二次側に出力となって、

なりません。その為の「絶縁トランス」です。
回路図記号でも、2つのコイルが接してないのはそういう意味があります。


質問とあまり関係ないですが。

>一枚目の図を見る限りでは、電気製品のアースの有無に関わらず、
>人に電気が流れているように見えます。

説明文をよく読みましたか。

>この場合もし電気製品に良いアースがあれば、人が外装の金属部分に触っても、
>電気はアースの方に流れて人体の方は安全です。
アースの方に流れれば人体の方には流れない、という内容で書いてあります。

ひどい漏れ方なら別ですが、弱い漏れをアースに逃がすことにより「外装の金属部分」の電圧は殆どゼロに近くなり、人が触れてもダメージを与えません。

>絶縁トランスを「一次・二次の交流電流、電圧が等しい機器」と考えれば、

この考えは概ね合ってますが、一次側一端の電圧が二次側一端にそのまま現れるのではありません。
一次側2端子に与えた電圧(によりコイルを流れる電流)が、二次側2端子に電圧を生じさせます。
「一次側と二次側の間」には電流は流れません。テスタで導通を調べても無限大オームです。

>柱上トランスのアース極に吸い上げられ、
>そのまま絶縁トランス一次側に入力、
>二次側に出力となって、

なりません。その為の「絶縁トランス...続きを読む

Qトランス 3相、単相 同時使用での配線について

場違いな質問、言葉等あるかもしれませんが、よろしくお願いします。

トランス(1次 400V スター結線 中性点付) (2次 200V デルタ結線)と使い、
2次側 200Vを2ライン
1)3相3線(U,V,W) ベビーコンプレッサ(0.45kW)用
2)単相2線(U,W) 制御用電源
としようと思っています。 どちらにもELBを付けます、このとき 単相(U,W) 制御用電源のVはアースに接続するのか、浮かしたままにするのか?
トランス1次側にある中性点はどこかに接続するのか、浮かすのか?

1次側 AC400V 3線(R,S,T)+Eです。
2次側 2ラインはトランスの端子台より、どちらも3芯のケーブルで2本別々に制御盤に配線します。トランスと制御盤は少し離れています。
各アースは制御盤のアース用の端子台に集めて、Eに接続します。

長文になりましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO1回答者です。
(1)変圧器の400V側の中性線は非接地とします。
(2)200V側の接地極が制御盤側にあるということですから、変圧器のV相を制御盤まで持ってきて接地することになります。その接地線として、制御電源用ケーブルのうち使っていない1本を使うということであれば、お尋ねの制御用電源のV相は接地します。この線はELBより上流側(変圧器V端子)からとってください。
(3)私が設計担当者なら、変圧器と制御盤の間は4芯ケーブル(V相は電路用と接地用で2本)を1本引き、ベビコン回路と制御回路は制御盤内で分けます。同じ制御盤に同じ電源を2本に分けて供給することは一般的設計理念に反していると考えます。

Q藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつのレシピ

藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつという本をもっている方にお聞きしたいのですが、牛乳なしとあるので、バターは使っていないと思いますが、マーガリンは使っていますか?
マーガリンは植物性だからバターよりはいいと思われがちかもしれませんが、私はマーガリンはトランス脂肪酸からできているのでむしろバターよりよくないと思っていて、レシピに入っているのなら買うのを控えようと思っているのですが、知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。 
アマゾンのカスタマーレビューでは分からなかったもので。

Aベストアンサー

持っています。
油分には、サラダ油と練りゴマを使用しています。
(練りゴマは使用していないレシピもあります)

乳製品の代わりには、豆乳、豆腐、ココナッツミルクを使用してあります。
一番出てくるのが多いのは豆乳です。

甘味は、メープルシロップ、リンゴジュース(100%)、はちみつ。
まだ1つしか作ってないんですが、
多分、どのレシピも甘さは控えめのような気がします。

Qスコットトランス2次側対地電圧について

1次側は3相3線200V、2次側は単相3線100V-200Vが2回線(U系統・V系統)のスコットトランス150KVAを使用しています。2回線共にB種接地は接続していません。対地電圧がU系統で R相3V、N相で103V、T相で208Vあり、V系統の対地電圧はR相100V、N相0V、T相100VでV系統の対地電圧は異常ありませんが、U系統の対地電圧は異常です。U系統で漏電しているのでしょうか?

Aベストアンサー

「B種接地」は電気設備技術基準(解釈第19-1表)で定められた、一次が高圧または特別高圧の変圧器の二次側を接地するものです。今回の変圧器は一次が200Vなので、これには該当しません。
貴方が毎回B種接地と書かれるので、既に2回指摘していますが、なぜかそれを完全に無視されていますので、ご質問にはお答え致しません。

Q変圧器は電子式でよいか、それともトランス式がよいか

 近々、南米へ旅行する者ですが、日本製のノートパソコン、インターネット用のWIFIルータおよびカメラを持参する予定です。
 現地の電圧は220Vと聞いていますので、充電器が100Vにしか対応していない機器の充電には、当然ながら変圧器が必要と考えますが、若し出来るだけ軽量のものを選ぶとすれば、電子式変圧器が望ましいということになります。
 ところが人によっては、電子式変圧器は故障しやすく(特に熱が発生するものについて)、安全性を考えれば従来のトランス式の方が安心できる、という人もおります。
 私は、電子式変圧器の使用経験がありませんので、ご経験のある方のご意見を、お聞きいたしたく思います。よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

まず南米と言うだけではお答えできません。下記の表で該当国を探してください。

1)220V国は少数派です。220V国でも首都圏のホテルには海外客用に110Vのコンセントがついていると思います。
2)ノートパソコンは世界対応では?仕様書で確認するか販売店に見て貰うとよいでしょう。
3)220V対応機種でもプラグは変更する必要があります。量販店や空港店、海外旅行用品店に現行プラグの先端に取り付けるタイプのプラグが販売されています。国名と使用プラグの種類が分かれば販売店で分かります。
4)トランスは使用電力の多い電気製品に使う現地駐在する人向きです。ノートパソコン程度であれば小型の物があります。買う前に使用ワッテージを把握しておく必要があります。電子式は使ったことがありませんが仕様書やカタログに何ワットまでと書いてあるはずです。基準はあくまで使用Wや使用時間であり、電気製品の種類ではありません。どれでも能力いっぱいに長時間使えば故障が早くなります。

http://www.travelerscafe.jpn.org/electricity.html

参考URL:http://transinfo.blog76.fc2.com/blog-entry-6.html

まず南米と言うだけではお答えできません。下記の表で該当国を探してください。

1)220V国は少数派です。220V国でも首都圏のホテルには海外客用に110Vのコンセントがついていると思います。
2)ノートパソコンは世界対応では?仕様書で確認するか販売店に見て貰うとよいでしょう。
3)220V対応機種でもプラグは変更する必要があります。量販店や空港店、海外旅行用品店に現行プラグの先端に取り付けるタイプのプラグが販売されています。国名と使用プラグの種類が分かれば販売店で分かります...続きを読む

Qトランス2次側接地と漏電遮断器の関係

まず回路の説明を致します。

3φ3W AC200V回路のUV相にダウントランス1(複巻)(200V/100V)、VW相にダウントランス2(複巻)(200V/120V)の2つのトランスを接続し、各々漏電遮断器を挟んだあと単相負荷(接地済)をぶら下げています。またトランス2次側は片相(0V相)をそれぞれ接地しています。(ホーロー抵抗付)
こういった回路で、トランス2次側を接地するのは漏電遮断器を働かす為当然だろうと思っていたのですが、ある人から接地なんかしたらアースがまわって漏電遮断器が無意味に落ちるからそんなことは非常識だと言われました。それぞれのトランスの1次側の相が違うこと、2次側の電圧が違うことを原因として説明されたんですが納得できず、じゃあトランスの2次側の片相を接地しなくても漏電遮断器は働くの?という疑問だけが残ってしまいました。
言葉だけでの説明ですので状況が分かりづらいかもしれませんが、単相トランス2次側の接地の有無とその理由について、どうかご助言いただけませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわぁ
まず私の考えた結論から言わせて頂きますと、以下の通り
(1)Trに字接地の必要はある
(2)Tr二次接地に制限抵抗は必要ない
(3)ELBの不必要動作については、恐らく・・・
 1.キュービクルでD種接地極がひとつしかなく全ての回路が共有している場合、当該回路以外の電路状態によってリークした電流による接地相の電圧上昇の為。
 2.D種接地線に迷走電流?等が流入するなどの為

次にそれぞれの理由ですが、
(1)・・・ELBの動作を確実にする為
(2)・・・
(2-1)他の方々が仰る通り制限抵抗がある場合の地絡電流は、
   回路電圧/(制限抵抗+接地抵抗+地絡抵抗)
であることから500Ωの制限抵抗を入れた場合かなりの感度低下が予想される。
(2-2)D種接地抵抗規格値に準拠しようとした場合、規格値は100Ω又は、0.5s遮断で500Ω以下です。私の解釈では接地抵抗地というのは接地相と対地間の抵抗と考えていますので、それから言うと厳しいかもです。
(2-3)混触防止にならない(技術基準上は問題ありませんが、一応・・・)
(3)・・・理由は、前述したとおり
     ちなみに、一般的な対策としてはELB専用の接地極をつくり接続する。

次に地絡線保護についてですが、基本的には地絡線も含めてELBで保護していると考えればOKかと。
低圧側の短絡電流を計算したことがありませんし、該当設備の電源側%Zがわかりませんので完全地絡時の電流はなんともいえませんが、何れにせよELBが即時遮断するので接地線が溶断するような熱量は発生しないかと・・・(^^;

あっちなみに、制限抵抗を設けるとして、その位置は本件の降圧変圧器のみですよね?
例えばそのキュービクルにD種接地が1つしかない時に下図で言いますと、
■当該変圧器の接地相はX点に接続
■当該変圧器の負荷側接地線はY点に接続
■その他変圧器回路の負荷側接地線もB点に接続

 -X--制限抵抗-Y--D種接地極----対地

こうですよね?
そうではなかった場合、例えばその他変圧器回路の負荷側接地線がX点なんかに接続したりなんかすると技術基準上及び感電防止の観点からまずいかもです・・・

以上ですー不明な点があれば再質下さいm(_ _)m

こんにちわぁ
まず私の考えた結論から言わせて頂きますと、以下の通り
(1)Trに字接地の必要はある
(2)Tr二次接地に制限抵抗は必要ない
(3)ELBの不必要動作については、恐らく・・・
 1.キュービクルでD種接地極がひとつしかなく全ての回路が共有している場合、当該回路以外の電路状態によってリークした電流による接地相の電圧上昇の為。
 2.D種接地線に迷走電流?等が流入するなどの為

次にそれぞれの理由ですが、
(1)・・・ELBの動作を確実にする為
(2)・・・
(2-1)他...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報