はじめまして最近電気に興味を持ち始めた者です
単相三線式ではトランスの二次側には真ん中の中性線をはさみ100vの電圧がかかった電線が2本あり100vの電圧を使う時は中性線とどっちかの電線を使い200vの電圧を使う時は中性線以外の電線を使うと調べたのですが100vを使う時はどっちかの電線からコンセントの非接地側そして電気製品を動かし接地側へ流れ中性線を経由してトランスの二次側に戻ってくると考えて良いのでしょうか?
200vの場合は中性線以外の片方の電線から同様にもう片方の電線を経由してトランスの二次側に戻ってくると考えて良いのでしょうか?
そして何か電気的なトラブルがあった場合コンセントの接地側から中性線(200vの場合はもう片方の電線)経由してトランスの二次側に戻る途中で柱上トランスのアースへ逃がされると考えて良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

少しだけ補足します。



100V使用の場合、片側だけ考えれば、非接地線と中性線だけを使っていると
考えていいのですが、両方の100Vを考えると実は違います。
片方の100Vで50A、反対側の100Vで40Aを使っていると、
中性線には差の10Aしか流れません。
それで単相3線式の配電線をよく見ると、中性線だけ細い線が使ってあるのが分ります。

> なぜ200vの回路の中で中性線を経由していないのに
> 柱上トランスの接地につながるのでしょうか?
柱上トランスの2次側は200Vの巻線で中間から中性線が引き出されています。
仮にA線、N線、B線としましょう。N線は中性線です。
高圧とA線が混触したときは2次巻線を通ってN線からアースに逃げます。
B線でも同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
なんとなく分かった様な気がします
もう少し勉強してからまた質問したいと思います
ありがとうございました

お礼日時:2005/04/15 09:50

>短絡事故の場合は機器の使用と同じ方向で流れます。

(大きい電流が流れる機器を使ったのと同じです)
>そして何か電気的なトラブルがあった場合コンセントの接地側
● 質問を受けての回答でコンセントとあり、家庭内の短絡です。

● トランスの高圧と低圧の混触では
また高圧電流が家庭用機器に流れる前に柱上トランスのアースへ逃がされます。

>また中性線から柱上トランスの接地へつながっているという事ですが200vの場合中性線以外の2つの線で電流を流しているのにどこから柱上トランスの接地へつながっているのでしょうか?
● 200Vは100V+100Vです。100Vが接地しているのは理解されていますよね。
100Vが接地されていれば、200Vは100Vが2ヶの集まりであり、接地されています。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます
私の頭の中では200vの回路は中性線は経由せず片方の電線からもう片方の電線に交流電流が流れていると理解しています。そして柱上トランスの接地は中性線からつながっていると調べました。なぜ200vの回路の中で中性線を経由していないのに柱上トランスの接地につながるのでしょうか?電気に関しては最近勉強し始めたばかりなので
なかなか理解できません。できれば200vの回路はどのように電流が柱上トランスの接地につながるのか教えていただけませんか?

補足日時:2005/04/14 13:57
    • good
    • 0

No.1さんのおっしゃる通りです。


柱上トランスのアースは何のためにあるのかというと、柱上トランスの高圧と低圧が混触(高圧と低圧の短絡)した場合に、異常電圧を逃がすためにあります。
    • good
    • 0

>100vを使う時はどっちかの電線からコンセントの非接地側そして電気製品を動かし接地側へ流れ中性線を経由してトランスの二次側に戻ってくると考えて良いのでしょうか?


●その通りです。但し、交流の電流であり、流れの方向が交互に変わります(関西では1秒間に60回、関東50回)どちらからどちらへの流れとは言いにくいですが。

>200vの場合は中性線以外の片方の電線から同様にもう片方の電線を経由してトランスの二次側に戻ってくると考えて良いのでしょうか?
●その通りです、交互に変わるのは前述と同じです。

>そして何か電気的なトラブルがあった場合コンセントの接地側から中性線(200vの場合はもう片方の電線)経由してトランスの二次側に戻る途中で柱上トランスのアースへ逃がされると考えて良いのでしょうか?
● 漏電した場合は、非接地側より漏電体を通り、地中を通り、柱上トランスの接地を経由し、トランスに戻ります。
●短絡事故の場合は機器の使用と同じ方向で流れます。(大きい電流が流れる機器を使ったのと同じです)

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
短絡事故の場合は機器の使用と同じ方向で流れます。(大きい電流が流れる機器を使ったのと同じです)
この説明文における短絡事故とは(柱上トランスの高圧と低圧が混触)ということでしょうか?
もしそうならば(機器の使用と同じ方向で流れます)とは高圧電流が家庭用機器に流れるということでしょうか?                     その場合機器はどうなるのでしょうか?
また高圧電流が家庭用機器に流れる前に柱上トランスのアースへ逃がされるのでしょうか?
もしアースへ逃がされるのなら片方の電線から中性線トランスの二次側までの回路のどこで逃がされるのでしょうか?
また中性線から柱上トランスの接地へつながっているという事ですが200vの場合中性線以外の2つの線で電流を流しているのにどこから柱上トランスの接地へつながっているのでしょうか?
質問がくどくなってしまってすいません。

補足日時:2005/04/14 02:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【変圧器】電気・電柱の上に付いている変圧器のトランスについて質問です。 電柱に付いている変圧器のト

【変圧器】電気・電柱の上に付いている変圧器のトランスについて質問です。

電柱に付いている変圧器のトランスの中身の画像を見たんですがこれでどうやって高圧電力を低圧電力に出来るんですか?

トランスの中でコイルがクルクル回って電線の巻いてる量で左が高電圧で電線の数が多くて、右が電線の数が少ないのでクルクル回っている間に引き取れる電気の量が少ない分が低電圧になるのかなと思いましたがどうもトランス内でコイルがクルクル回ってる気がしません。

電柱の上に吊られているトランスの中でミニ四駆のモーターみたいなコイルがクルクル回ってたら電柱がブルブル震えてますよね。

あり得ないですよね。

どうやって変圧器のトランスは高電圧を低電圧にしてるのかメカニズムを分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

変圧器の基礎をお勉強してください。例↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E5%9C%A7%E5%99%A8

電磁気学の初歩が解らないと、お勉強も無理ですが。

なお、付け加えると、
トランスの等価回路とモーターの等価回路は同じです。
トランスはコイルが固定しているが、モーターは片側が回転している、
という、機械構造の違いだけです。

Q三相2次側スター400V変圧器の中性線接地について

一次6.6KV二次440Vスター4端子中性点付き(混触防止板付き)の変圧器がありまして二次側中性線についてお尋ねしたいのですがこの中性線はしなくてもよいのでしょうか してはならないのでしょうか どちらでしょうか 規定を見ても曖昧でよくわからないのですが一つお教えを願います。漏電ブレーカーの効きををよくするためのコンデンサ接地は見たことがあるのですがまともに接地してあるものは見たことがありません。

Aベストアンサー

こんにちはぁ~

まずは、電気設備技術基準では、
第1章(総則)-第3節(電路の絶縁及び接地)
第24条(高圧又は特別高圧と低圧の混触による危険防止施設)
高圧電路又は特高電路と低圧電路とを結合する変圧器の低圧側の「中性点」には、B主接地を施す事。但し、低圧電路の使用電圧が300V以下であって、中性点接地が難しければ低圧側の1端子に施す事をできる。(適当にはしょって、改文してます)

と、言う事なので基本的には中性点接地となりますが、現実としては、
3相200VはY-Δが多いと思うので中性点接地は無理ですから1相直接接地となります。
3相400Vでは、Δ-Yであれば中性点接地が一般的ですね。
Y-Δの場合は、1相直接接地できませんので混触防止板による接地となります。(ELB動作のため、接地コンデンサをつける必要がある)

以上は一般的です。
現実的には、負荷性質によるところが大きいかと。
非接地系がよければ、混色防止板で接地し、接地コンデンサを付ける(ELB不必要動作の可能性が大きくなるとの噂)
非接地系の必要がなければ、中性点接地にする。

となりますが、設計段階で非接地系はY-Δ、中性点接地はΔ-Yとなると思います。
尚、私の会社ではΔ-Yの中性点接地が大多数を占めます。
Y-Δの混触防止板接地はごく一部だけあります。(接地コンデンサ使用)

以上、不明な点があれば再度ご質問下さい。

こんにちはぁ~

まずは、電気設備技術基準では、
第1章(総則)-第3節(電路の絶縁及び接地)
第24条(高圧又は特別高圧と低圧の混触による危険防止施設)
高圧電路又は特高電路と低圧電路とを結合する変圧器の低圧側の「中性点」には、B主接地を施す事。但し、低圧電路の使用電圧が300V以下であって、中性点接地が難しければ低圧側の1端子に施す事をできる。(適当にはしょって、改文してます)

と、言う事なので基本的には中性点接地となりますが、現実としては、
3相200VはY-Δが多いと思うので中...続きを読む

Q変圧器は電子式でよいか、それともトランス式がよいか

 近々、南米へ旅行する者ですが、日本製のノートパソコン、インターネット用のWIFIルータおよびカメラを持参する予定です。
 現地の電圧は220Vと聞いていますので、充電器が100Vにしか対応していない機器の充電には、当然ながら変圧器が必要と考えますが、若し出来るだけ軽量のものを選ぶとすれば、電子式変圧器が望ましいということになります。
 ところが人によっては、電子式変圧器は故障しやすく(特に熱が発生するものについて)、安全性を考えれば従来のトランス式の方が安心できる、という人もおります。
 私は、電子式変圧器の使用経験がありませんので、ご経験のある方のご意見を、お聞きいたしたく思います。よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

まず南米と言うだけではお答えできません。下記の表で該当国を探してください。

1)220V国は少数派です。220V国でも首都圏のホテルには海外客用に110Vのコンセントがついていると思います。
2)ノートパソコンは世界対応では?仕様書で確認するか販売店に見て貰うとよいでしょう。
3)220V対応機種でもプラグは変更する必要があります。量販店や空港店、海外旅行用品店に現行プラグの先端に取り付けるタイプのプラグが販売されています。国名と使用プラグの種類が分かれば販売店で分かります。
4)トランスは使用電力の多い電気製品に使う現地駐在する人向きです。ノートパソコン程度であれば小型の物があります。買う前に使用ワッテージを把握しておく必要があります。電子式は使ったことがありませんが仕様書やカタログに何ワットまでと書いてあるはずです。基準はあくまで使用Wや使用時間であり、電気製品の種類ではありません。どれでも能力いっぱいに長時間使えば故障が早くなります。

http://www.travelerscafe.jpn.org/electricity.html

参考URL:http://transinfo.blog76.fc2.com/blog-entry-6.html

まず南米と言うだけではお答えできません。下記の表で該当国を探してください。

1)220V国は少数派です。220V国でも首都圏のホテルには海外客用に110Vのコンセントがついていると思います。
2)ノートパソコンは世界対応では?仕様書で確認するか販売店に見て貰うとよいでしょう。
3)220V対応機種でもプラグは変更する必要があります。量販店や空港店、海外旅行用品店に現行プラグの先端に取り付けるタイプのプラグが販売されています。国名と使用プラグの種類が分かれば販売店で分かります...続きを読む

Q漏電すると、トランスの中性線接地線に電流が流れる訳

電気について勉強中のものです。
一般的な高圧6600Vからトランスで単相100/200Vへ変圧して、各負荷で電気を利用している典型的な受電配電があったとします。
このトランスはごく一般的なトランスで容量は忘れましたが、300kVAだったと思います。
このトランスの2次側中性点には接地線があり(80~100sqくらいだったかなぁ)、接地線はB種接地としてキュービクル内で接地されていました。
この接地線にはCTがついており、ここに流れる電流が漏電検出リレーにつながっており、500mA流れると動作し警報音がなるようになっております。

そこで疑問なのですが、トランスの2次側中性線に接続してある接地線に、負荷側で漏電が起きた場合になぜこの接地線に電流が流れるのでしょうか?
専門書を見ても、トランスの2次側中性線接地って高低圧混触防止のために行う、みたいに書いてあります。
たとえば、末端負荷のR相かT相が、絶縁が悪くどっかに触れちゃって、トランス2次側の接地と回路ができるから、ということでしょうか?

Aベストアンサー

>末端負荷のR相かT相が、絶縁が悪くどっかに触れちゃって、トランス2次側の接地と回路ができるから、ということでしょうか?
その通りです。
機器でなく、電路が地絡しても同様です。
なお、B種接地工事は高低圧の混触を防止するものではありません。
混食が発生した場合に、対地電圧を150V以下(電路を自動遮断する場合は最大600V以下)に抑えて、負荷の機器の破損などの危険を防止するためのものです。

Qトランス(変圧器)について

変圧器は、どのような条件の時に最大効率を示すのですか?

Aベストアンサー

変圧器の全損失は無負荷損(=鉄損)と、負荷損(=銅損)を合計した
値となります。
変圧器の効率は無負荷損(=鉄損)と負荷損(=銅損)が等しい時に
最大値になります。

無負荷損(=鉄損)と負荷損(=銅損)は変圧器の容量等の仕様に
より異なり、また負荷率により変化します。
このため、変圧器メーカーより変圧器の試験成績書を入手して、
各負荷率に於ける無負荷損と負荷損の数値をグラフ化します。
これにより最大効率を示す負荷率が明確になると思います。

なお、詳しくは次のURLをクリックして下段にある第5図を参考に
して下さい。

[変圧器の電圧変動率と損失と効率計算/日本電気技術者協会]
http://www.jeea.or.jp/course/contents/05101/

Q変圧器二次側中性点接地について

変圧器二次側中性点接地について教えてください。
一次側6.6kV(デルタ)
二次側210V(スター)
混触防止板を接地
しています。
中性点にZCTをかませて変圧器二次側地絡を検出したいと思っています。
二次側中性点の接地方式について、
直接接地する事を考えていますが、
接地コンデンサをかませるという要求が出てまいりました。
「地絡電流を抑制するため」という意図らしいのですが
直接接地する場合とコンデンサ接地する場合の長所短所を教えていただけないでしょうか?(できれば、直接接地の方が優れている点を重点的にお願いしたいです)
正直なところでは
直接接地の方式で色々と進んでいるので
コンデンサ接地方式に変更したくはありません。
当方、今のところ
「直接接地のほうが地絡検出が用意である」
程度しか認識がありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まず、質問の内容から二次側を接地して使用するとしてアドバイスですが、混触防止板付のトランスは二次側を非接地で使用したい時に使用するもので接地するのであれば普通のトランスを使用すればいいと思うのですが?、二次側を直接接地したいのであれば混触防止板と中性点を接地すればよいと思います。
直接接地
 長所 地絡保護が簡単安い
 短所 地絡電流が大きい
非接地(接地コンデンサー)
 長所 地絡電流が少なく 電位上昇が少ない
 短所 コストが高い
最後に二次側の負荷が電算機などで非接地で使用したいものではないですよね?
 

Q変圧器(トランス)について教えてください

変圧器についてお聞きします。
製造工程において、内部の高圧コイルと低圧コイルの組み合わせが正しくなかった場合、どのような問題が発生するのでしょうか?
ご教授お願いします。

Aベストアンサー

出力電圧が変わる

Qデーターセンターにおけるスコットトランスの中性線接地の必要性について

某データーセンターでスコットトランス(3相3線200V/単相3線210-105V×2)の設置を考えています。その場合、2次側の中性線の接地を取るべきでしょうか。?データーセンターの場合、中性線の接地は取らない方が良いと言われましたが、具体的な理由が分かりません。どなたか分かる方教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

低圧回路は原則非接地です。高圧との混触時の異常電圧防止・ELBの動作の為等で接地します。データセンターの設置される機器は、対地間にフィルタが設置している場合があり、中性点接地をすると、通常状態で漏電してしまう場合があります。非接地にして、絶縁抵抗監視装置を付ける場合があります。

Q交流変圧器(トランス)について

次の問題なのですが・・解き方がわからず困っています。解法を教えて頂けませんか?

 一次コイル100回 二次コイル1000回巻きの交流変圧器について次の問いに答えなさい。

(1)一次側に10mVを入力したときの出力電圧

(2)二次側から1Aを取り出すための入力電圧

(3)一次側から1Vを入力し、二次側に100Ωの負荷を接続したときの、一次側に供給される電力

Aベストアンサー

トランスの性質

一次側の巻数 n1
二次側の巻数 n2
とすると、
巻き数比   n1:n2 または n1/n2:1
n1/n2=n とおいて n:1 でも良い。

●一次側の電圧と二次側の電圧は巻数比に比例する。
V1:V2=n:1 または V1/V2=n1/n2 (V1/V2=n)

●一次側の電流と二次側の電流は巻数比に反比例する。
I1:I2=n2:n1 または I1/I2=n2/n1 (I1/I2=1/n)

●一次側の抵抗と二次側の抵抗は巻数比に比例する。
(インピーダンスでも同じ)
Z1:Z2=n1^2:n2^2 または Z1/Z2=(n1/n2)^2
(Z1/Z2=n^2)

●電力は、巻数比に関係なく一次側も二次側も同じ。
P1=P2

------------------------------------

(1)そのまま公式に代入。(V2=100mV)
(2)たぶん問題が、「~取り出すための入力電流」のはず。(I1=10A)
(3)二次側電圧を求めて、電圧V2と負荷抵抗Rから、二次側電力P2を求める。(抵抗の数値が文字化けしてます。)
P2=V2^2/R
電力は等しいので、P1=P2

トランスの性質

一次側の巻数 n1
二次側の巻数 n2
とすると、
巻き数比   n1:n2 または n1/n2:1
n1/n2=n とおいて n:1 でも良い。

●一次側の電圧と二次側の電圧は巻数比に比例する。
V1:V2=n:1 または V1/V2=n1/n2 (V1/V2=n)

●一次側の電流と二次側の電流は巻数比に反比例する。
I1:I2=n2:n1 または I1/I2=n2/n1 (I1/I2=1/n)

●一次側の抵抗と二次側の抵抗は巻数比に比例する。
(インピーダンスでも同じ)
Z1:Z2=n1^2:n2^2 または Z1/Z2=(n1/n2)^2
(Z1/Z...続きを読む

Q三相200Vを取るのに単相トランス30KVAを2台V結線した容量と三相

三相200Vを取るのに単相トランス30KVAを2台V結線した容量と三相変圧器1台30KVAの容量は同じでしょうか教えてください

Aベストアンサー

>単相トランス30KVAを2台V結線した容量…

30kVA×2台×√3÷2 = 52.0kVA

>三相変圧器1台30KVAの容量…

30kVA

>同じでしょうか…

同じではありません。


人気Q&Aランキング