現在、定期保険への加入を検討しており
様々なパンフレットを読んでいますが、
各社とも死亡保障額は「事故・災害死>病死」のようです。
1.どのような死因であれ、遺族がその後に必要とする生活費は変わらないと思うのですが、なぜ死亡保障額が異なるのでしょうか?

2.事故・災害死と病死の保障額が同じものに、
オリックス生命の定期保険があるようですが、
他社のものではありますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本は、病気死亡のみの保険というのはありません。


定期保険にしろ養老保険にしろ終身保険にしろ、死亡原因を問わず、なくなれば保険金がでます。
これに、災害特約などという、災害(事故)の場合の死亡時だけ保険金を払うという特約があります。(本来これは損害保険会社の部門です)
私も、病気で死のうが、事故で死のうが、遺族が必要な保障は同じだと思いますし、事故死亡の場合は、自動車保険や労災の適用になることが多く、保障が多いことが多いのです。だから、個人的には災害特約は必要ないと思います。
ただ、災害特約は、不慮の事故の場合しか出ませんので、保険料が非常に安いので、比較的危険な仕事をしてたり、車に良く乗る場合など事故の可能性が高い人はかけたくなるのもわかりますが。
基本的には、ほとんどの保険会社は特約をつけなければ、事故も病気も死亡保障は同じです。(共済はほとんど事故の時は保険金が多く設定されています)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>基本的には、ほとんどの保険会社は特約をつけなければ、事故も病気も死亡保障は同じです。

自分でも各社のパンフレットを見て調べたのですが、
たしかに「特約」の差のようですね。
それを念頭にどれが良いか探してみます。

お礼日時:2005/04/16 22:44

これは個人的な考えですが・・・



>1
全ての病気死亡とはいいませんが、いろんな意味である程度の準備ができます。しかし事故死となるとほとんどの場合が突然訪れることになります。その分の遺族の慰謝料とも捉えられます。また準備ができてない分、準備資金代わりに充てることもできます。
また保険会社から見れば、少ない保険料で見た目の死亡保障を大きく宣伝することができます。「死亡時最大○○円保証」といった感じですね。

>2
別に特別な商品ではありません。どこの保険会社でも扱っています。一般的に死亡○○円というのがいわゆる普通死亡時の保障となります。多くの場合そこに「災害特約」等の特約をつけることによって、事故死などの場合の保障を厚くしてます。セット商品ではそうなっていることもあると思いますが、しっかりと設計される商品であれば、契約者にとって不要の特約であれば、つける必要はありません。保険料もわずかなのでつける人も多いのですが、個人的には必要がないと考えます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

CMやホームページ等を見ていると、
災害特約込みで「死亡時最大○○円保証」と
宣伝しているものが多いですね。
よくよく見ないと、本当に必要な保障が得られるか
分からないということですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 22:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事故死亡と病気死亡で。

よろしくお願いします。うまく検索できないので新しい質問をします。

色々な生命保険商品が出回っていますが、
私の見るかぎり、死亡保障を充実させたいのに、

「病気で死亡」の場合と「事故(災害)死亡」の場合とで、保険金の額が違うのは何故ですか?

主人が37歳で子供が3歳で、今から保障が必要になってくると言うことで、見直しを考えていますが、よく分からないので戸惑っています。

一家の大黒柱がなくなるということは、たとえ事故でも病気でも、残された家族の生活に必要な金額と言うのは大変高額で変わりはない、と思うのですが。

あ、これいいかな、と色々チラシなど見ていても、事故死亡「2000万」病気死亡「500万」などですが・・。

どうしてでしょう?教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

勿論、確率の違いというところは非常に大きいですが、保険金は「死亡」の場合だけに支払われる訳ではなく「高度障害」という場合もある訳です。

単純な「死亡」よりも「高度障害」で生きる方が、当然の事ながら大きな費用が発生します。

例えば下半身不随で車イスの状態になった時、家の改築なども必要になるでしょう。

で、この高度障害になる可能性は「事故」の方が可能性は高くなる訳です。最近の車は「死ねない」なんて物騒な言い方しますが、「即死」の件数が減って、「高度障害」の件数は増えていたりします。

確かに「災害(事故)死亡・高度保険金」は「(疾病)死亡・高度障害保険金」にプラスαだったりしますが、重要な役割があるとも言えますよね。

Qアフラックの古いがん保険は見なおしたほうがよい?

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保証はかなり古くて先進医療にも対応していませんし、通院給付金も20日入院しないといけません。さらに65歳以上の保証が半分になってしまいます。

去年まではアフラックはフォルテがあったみたいですが、今年からはDaysに変わったようです。Daysはフォルテよりも保険料が高いようです。

まずお聞きしたいのは、私のような場合はがん保険に「入り直したほうが良い」のか「今の保証にプラスしたほうが良い」のかを教えてください。

保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
その窓口のお勧めは、「東京解錠日動のがん治療支援保険[無配当]」でした。

 診断給付金 100万円(85歳まで)
 入院給付金 1日1万円(85歳まで)
 がん手術特約 20万円(85歳まで)
 がん通院特約 5千円(85歳まで)
 抗がん剤治療特約 月額5万円(10年)
 がん先進医療特約 技術料(10年)

これで月額3600円です。

85歳までなのは、保険料を抑えられるのと、男性の平均寿命以上でそれ以上の年齢でがんになっても諦めたほうがいいということでした。
抗がん剤特約と先進医療特約が10年単位なので、10年後にいくらになるかはわかりません。

アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

【質問1】
現在の保険は死亡保障がついているので解約返戻金が30万円ほど戻ってきます。
これを解約して新しい保険に加入したほうがよいのか、それとも今の保証は残しておいて保証をプラスするのが良いのか教えてください(アフラックがプラスできるのかも含めて)。

【質問2】
昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?

年末年始でお忙しいところすみませんが、よろしくお願い致します。

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通りです。
では、15年後、52歳になったとき、今の保険が「新しいまま」ですか?
15年後に、古いからといって、また、「入り直す」のですか?
その担当者が勧める保険の52歳での保険料は幾らですか?
確かに、全てを新しくするというのは、一つの方法ですが、
将来のことも考えなければなりません。
なので、色々と考えるシミュレーションが重要なのですよ。

アフラックの保険が良い点は、後から保障内容を変更できる点です。
この点は、評価して良いと思います。
フォルテが発売されたときには、スーパーがん保険や
21世紀がん保険など以前から発売されていた保険用に特約を
発売しました。
今回、DAYSを発売するに際しても、以前の保険用には
DAYSプラスという方法で対応しているようです。
(ネットの内容が全てではありません)

終身保険とは、本来、このような方向であるべきだと思いますが、
残念ながら、現時点でそれを期待できるのは、アフラックだけです。
(医療保険のEVERも同じように、後から特約を追加できます)

がん治療支援保険は、抗がん剤特約などで一歩先行していましたが、
DAYSが発売されたことによって、優劣は付けがたくなっています。
となると、長期的に考えると、アフラックの方針は、
とても重要な要素になると考えて良いと思います。
以上が、質問(1)の答えにもなっていると思います。

ついでに、現在2口ならば、1口だけ解約するという方法もあります。

(Q)昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?
(A)これは、微妙な問題なのですよ。
確かに、予定利率は良いですが、がん保険の死亡保険金は、
がんで死亡しなければ意味がないので、
予定利率が良いから「お宝」とは言えなのです。
しかし、昔のがん保険は、保障内容に比べると、保険料が安いのです。
その理由は、かつては、これほどがん患者(罹患率)が上がるとは
予想されていなかったので、保険料が安価なのです。
(現在の罹患率は、2人に1人です)
今、日額3万円のがん保険に契約しようと思うと、
保険料がとても高くなります。
スーパーがん保険は、65歳以降保障が半額になると言われていますが、
この入院給付金日額は、半額にならず、そのまま継続します。

平均の入院日数は、どんどん短くなっていますが、
では、長期の入院がなくなっているのかというと、そんな事はありません。
今でも、月単位で入院している人が少なくないのですよ。
今でも、がん患者の5%は、6ヶ月以上の入院です。
厚生労働省の患者調査
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268
表35から計算できます。
質問者様が、その5%にならないという保障はどこにもないのです。

また、患者調査には、統計の落とし穴があります。
30日入院して、1日退院して、また30日入院すると、
統計上は、30日の入院をした人が2人と出ます。
でも、本人にとっては、60日の入院でしょう。
保険でも、短期間に繰り返される入院は、連続していると見なされます。
しかも、がんの治療では、入院・退院を繰り返すことが
決して珍しくないのです。
だから、がん保険の入院日数無制限というは、重要なのですよ。

どのようにするかは、質問者様のお考えが重要です。
でも、それを判断するためのデータは、
正しいものを集めなければなりません。
間違ったデータで判断すれば、判断を間違えます。

>アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

というように、確認をしようという姿勢は高く評価できます。
一方、顧客が素人だからといって、いい加減なことを言う担当者は
信用できません。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通...続きを読む

Q原因不明の突然死の場合・・・。

 保険に詳しい方よろしくお願いします。
 4年前に51歳で主人が他界しました。私は40過ぎ娘は5歳でした。
主人は、毎月合計5万円近い掛け捨ての保険(複数社)に加入していました。
しかしながら、いざという時にどこの保険会社からも保険金が支払われませんでした。
 病院の個人情報開示の書類もサインして提出しましたが、院長先生曰く
「怪我や事故でもないし、病気でもないし・・・」とのこと。
今となっては、当時強く解剖を希望されたのを断ったからかとも思えてなりません。
 長文になりますが、詳細は以下の通りです。
・亡くなる前日の朝、主人の実家に主人の運転する車で帰省しました。
・昼過ぎ頃に、お腹が痛いと言いだしました。休日だったので私が、救急病院に
 車で連れて行きました。(電話連絡はしました)
・内科医師に診察をして頂きました。(MRI撮影)異状なしとのこと。
 点滴(ガスターともう1本)をして夕方6時頃帰宅。
・主人を実家に残して私と娘は午後8時頃に自宅に戻りました。
・午後11時頃主人が救急車で同じ病院に運ばれたと義父から電話がありました。
 “胃癌の末期”で、緊急手術をしないと朝まで保障が出来ない・・・。
・午前2時心停止。(3Lお腹に血液が溜まっていたそうです)
・死亡診断書には、“出血性ショック死”と記入されていました。

 主人は毎年2回、会社の補助で人間ドックに入っていました。
亡くなった2日後にも予約を入れていました。
いままで、特記すべき検査結果の異状もありませんでした。
 もうすぐ4回目の命日を迎えます。
やっと、主人は何故亡くならなければいけなかったのか・・・。
原因は何だったのか・・・。考えられるようになりました。
 結婚して子供が生まれたらと思い、結局は10年以上経って生まれた
娘の為に、一生懸命払い続けた保険料だと思います。
 やっぱり・・・死亡原因がはっきりしないと無理なのでしょうか…。

 乱文になってしまいましたが、当時は何も考えられなかったので
今更な質問になってしまいました。
 よろしくお願いします。

 保険に詳しい方よろしくお願いします。
 4年前に51歳で主人が他界しました。私は40過ぎ娘は5歳でした。
主人は、毎月合計5万円近い掛け捨ての保険(複数社)に加入していました。
しかしながら、いざという時にどこの保険会社からも保険金が支払われませんでした。
 病院の個人情報開示の書類もサインして提出しましたが、院長先生曰く
「怪我や事故でもないし、病気でもないし・・・」とのこと。
今となっては、当時強く解剖を希望されたのを断ったからかとも思えてなりません。
 長文になりますが、詳細は...続きを読む

Aベストアンサー

出血性ショック死では、保険会社の言う死因になりません。

例えば……
交通事故で出血してショック死したのかもしれません。
誰かに襲われて、ナイフで刺されたのかもしれません。
誰かに襲われて、殴られて、内出血をしたのかもしれません。
つまり、出血性ショック死に至る原因が必要なのです。

死亡診断書には……
(ア)出血性ショック死
となっていたのだと思います。
問題は(イ)(ア)の原因……
(ウ)(イ)の原因……
という部分の記入ですよ。
例えば、(イ)や(ウ)に癌と書かれていれば、癌による死亡となります。

保険会社は、原因不明の死亡には、原則として保険金を支払いません。
なぜならば、保険金には保険金を「支払わない理由」があるので、
その理由に該当しないという証明が必要なのです。
その証明の一つが「死亡診断書の死因」なのですが、
それが不十分なので、支払われないのです。

「今となっては、当時強く解剖を希望されたのを断ったからかとも思えてなりません」
残念ながら、その通りとしか、申し上げようがありません。

さらに言えば、死亡診断書は「公文書」です。
一度、作成されて、役所に提出されてしまったとなると、
今からそれを訂正するのは、大仕事です。
ましてや、すでにご遺体は火葬されていると思いますから、
ますます厳しいと思います。

これ以上は、弁護士と相談することをお勧めします。

出血性ショック死では、保険会社の言う死因になりません。

例えば……
交通事故で出血してショック死したのかもしれません。
誰かに襲われて、ナイフで刺されたのかもしれません。
誰かに襲われて、殴られて、内出血をしたのかもしれません。
つまり、出血性ショック死に至る原因が必要なのです。

死亡診断書には……
(ア)出血性ショック死
となっていたのだと思います。
問題は(イ)(ア)の原因……
(ウ)(イ)の原因……
という部分の記入ですよ。
例えば、(イ)や(ウ)に癌と書かれていれば、癌による死亡と...続きを読む

Q老衰は病死?

生命保険では死因として、「病死」「事故死」と区分していると思いますが、老衰は「病死」に含まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。#1ですが、再度のレスです。
このサイトにはこのようにあります。

http://www3.kmu.ac.jp/~legalmed/dead/kenan.html
<死因の種類 (Manner of Death)>
 死因の種類により生命保険の支払金額が大きく変わる場合があるので、慎重に記入しないと問題になる。
1.病死及び自然死 (Natural Death):疾病、老衰



保険はおりるようですよ。ただし、個別の契約にもよるでしょう。
死亡保険金の項を参照にどうぞ。



http://www.nttif.com/GAN/YOUGO/yougo3.html

参考URL:http://www.nttif.com/GAN/YOUGO/yougo3.html

Q複数の保険会社に加入してても一社からしか出ないの?

健康保険、損害保険、生命保険、いろいろありますが、
例えば、健康保険で、複数の保険会社に加入したとします。
保障内容も同じであるとすると、
保険が適用できる場合、加入している保険会社全部から
保険金が支給されるのでしょうか?

それともある保険会社から支給された場合、
他の保険会社は支給してくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支払いますから損害保険型です。

生命保険会社や、損害保険会社の医療保険、これは、1日あたり、契約額を支払いますという内容ですから、入院費がいくらかかるとか、差額ベッド代が実際はいくらかかったかに関係なく支払われる生命保険型です。
自動車保険の搭乗者傷害保険は、これも入院あたり1日1万円とか、決められた額を払いますので生命保険型です。

これからが本論ですが、
損害保険型の保険は、複数の保険会社に保険をつけていても、損害額の上限で打ち切りです。
支払は、契約が一番先の会社とか、複数の会社で按分とか、これは、それぞれの約款に書いてあります。

生命保険型は、複数の会社にかけていても、それぞれ、重複しても支払われます。


但し、ここからも重要なのですが、保険金詐欺や、保険金殺人などの犯罪を防ぐために、保険は、同じような種類の保険に入ろうとするときは、保険会社にその内容を告げなければなりません。これを告知義務あるいは、先に入っている保険会社に対しては、通知義務というのがあります。

これに違反して黙っていると、どちらの保険も解除されて、事故が起きても、どの保険会社からも支払われないということがあり得ます。

だから、同じような中味の保険に入る際には、必ず申告しましょう。高いお金を払って、一銭も出ないということを防ぐために。

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支...続きを読む

Q災害割増特約と傷害特約の違い

 災害割増特約と傷害特約の違いがいまいちわかりません。どちらも死亡したときは災害死亡保険金がおりるようですが、災害割増特約は高度障害状態になったとき災害高度障害保険金がおり、傷害特約は身体障害状態になったとき傷害給付金がおりるそうです。高度障害状態と身体障害状態は違うものなのでしょうか?また、災害高度障害保険金と傷害給付金は支払われる額はちがうのでしょうか?

Aベストアンサー

●災害割増特約
 不慮の事故による死亡・高度障害について保険金を支払う特約です

●傷害特約
 (1)不慮の事故による死亡について保険金を支払います
 (2)不慮の事故により、体に障害を負った場合、その障害の程度に応じて、決められた割合の傷害給付金を支払います

傷害特約の身体障害とは、1級から6級にわけられており、それぞれ特約金の10割~1割の間で給付割合が決められています。
そして、身体障害の1級(10割給付)が、災害割増特約の高度障害状態と同等のものになるわけです。

つまり、わかりやすく言えば、傷害特約は、災害割増特約から、給付対象の障害状態の幅を広げたものであるということです。

災害割増特約は、掛金が安いので、一般的に大きく設定されます。
傷害特約は、1,000万円を上限に設定している会社が多いです。

ほんと、約款ってわかりにくいですよね。

Q生命保険の「傷害」と「災害」の違い

パンフレットなどをみると、「傷害で・・・の場合」とか、「災害で・・・の場合」など会社によっていろいろあるのですが、どう違うのですか?

Aベストアンサー

災害と傷害のことはNO1さんを参考にしていただくとして。

生命保険の特約には(厳密に言えば各社少しずつ呼称は違いますが)、「災害割増特約」と「傷害特約」があります。
支払う要件は同じように「災害(ケガ等)で」ですが、「災害割増特約」は死亡保障が上乗せになる、「傷害特約」は死亡保障の上乗せと身体障害の程度で給付金を払う、といった違いがあります。
例えば、ケガで足(一下肢)を股関節から切断することになった場合「傷害特約」から給付金(特約保険金の70%)が出ますが、死亡したわけではないので「災害割増特約」からのお金は出ません。
交通事故で死亡した場合は、「災害割増特約」「傷害特約」の両方から災害保険金として普通死亡保険金の上乗せとして払われます。
ご参考までに。

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Q「親が死んだら国からお金が貰える」

カテ違いかもしれませんが、宜しくお願い致します。

もう数年前になりますが、以前何かの講習で、
「学校や社会で、誰も教えてくれない給付金」と題して、
「親が死んでも国からお金が出るんだ」と教えて貰った事がありました。
もう記憶がいい加減になっていますが、その内容とは、
被保険者が、国保なら一律10万円、社保なら一律30万円、
どちらの場合も、請求時効は2年。
というものだったのですが、先日からそれを調べているところ、どうも該当する給付金が見当たりません。
「死亡一時金」がそれのように思えなくもないのですが、一律の額で決まっているものでもありませんし・・・・・。

果たして自分の記憶違いなのか、本当にそのような給付金制度があるのかを、どなたかご存知でしたらお教え頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

今でも給付金制度はありますが医療保険制度が改正(改悪?)され
平成18年10月からは、
●埋葬料(費)・家族埋葬料の支給額が変わりました。
<政府管掌健康保険>
 被保険者が死亡したときは埋葬を行った家族に故人の標準報酬月額の1ヶ月分(10万円未満のときは10万円)、家族がいないときは埋葬を行った人に埋葬料の範囲内で埋葬にかかった費用(埋葬費)が、また被扶養者となっている家族が死亡したときは被保険者に10万円が支給されていましたが、今回の改正により、埋葬料・家族埋葬料については一律5万円が支給されます。埋葬費については、5万円の範囲内で埋葬にかかった費用が支給されます。
《国民健康保険》
 住んでいる市町村で給付額は違います。ちなみに私の住んでいるところは1万円ですが他市に住んでいる友達のところは5万円だそうです。
《組合健康保険》
 その組合によるので一律ではありません。

参考URL:http://www.sia.go.jp/topics/2006/n1004.html

Q災害特約の死亡理由について

簡保のながいきくんバランス型5倍、終身保険に入っています。
病気で死亡・・・1千万円
事故で死亡・・・1千万円
ということで入りました。(保険金額1千万、災害特約1千万)

この場合、災害特約が有効になる死亡というのは、
事故のほかにどんなものが入りますか?
天災は?、人災は?(これって変な話ですが殺されたりってこと?)

あと15年間に病気はともかく特約の死亡はないなと思ったら、はずそうかと検討しています。
うちの場合、どんな死亡の可能性があるか考えていますので、教えてください。
(週末ドライバー近所限定なので事故は低いなとか・・)

Aベストアンサー

簡保の災害特約は交通事故や災害事故も保障の対象になっています。
また、災害特約の内容としては事故による後遺症が残った場合、等級に応じて保険金額の一部が受け取れます。
思い当たる事故だと、震災系、落石による被害、酔払い運転・・・。
そうそう、簡易保険は過失相殺が無いのが特徴で、酔払い運転でも災害特約保険金が出ますよ。
ここ数ヶ月に加入された場合だと、セールスマンから商品リーフレットと保障設計書をもらっているはずなので保障の額面はそれで分かると・・・。
あと、特約をはずすと元に戻せないのでやめたほうが良いですよ。
最近では65歳以上でも車運転する人、多くなってきたんで・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報