現在、定期保険への加入を検討しており
様々なパンフレットを読んでいますが、
各社とも死亡保障額は「事故・災害死>病死」のようです。
1.どのような死因であれ、遺族がその後に必要とする生活費は変わらないと思うのですが、なぜ死亡保障額が異なるのでしょうか?

2.事故・災害死と病死の保障額が同じものに、
オリックス生命の定期保険があるようですが、
他社のものではありますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本は、病気死亡のみの保険というのはありません。


定期保険にしろ養老保険にしろ終身保険にしろ、死亡原因を問わず、なくなれば保険金がでます。
これに、災害特約などという、災害(事故)の場合の死亡時だけ保険金を払うという特約があります。(本来これは損害保険会社の部門です)
私も、病気で死のうが、事故で死のうが、遺族が必要な保障は同じだと思いますし、事故死亡の場合は、自動車保険や労災の適用になることが多く、保障が多いことが多いのです。だから、個人的には災害特約は必要ないと思います。
ただ、災害特約は、不慮の事故の場合しか出ませんので、保険料が非常に安いので、比較的危険な仕事をしてたり、車に良く乗る場合など事故の可能性が高い人はかけたくなるのもわかりますが。
基本的には、ほとんどの保険会社は特約をつけなければ、事故も病気も死亡保障は同じです。(共済はほとんど事故の時は保険金が多く設定されています)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>基本的には、ほとんどの保険会社は特約をつけなければ、事故も病気も死亡保障は同じです。

自分でも各社のパンフレットを見て調べたのですが、
たしかに「特約」の差のようですね。
それを念頭にどれが良いか探してみます。

お礼日時:2005/04/16 22:44

これは個人的な考えですが・・・



>1
全ての病気死亡とはいいませんが、いろんな意味である程度の準備ができます。しかし事故死となるとほとんどの場合が突然訪れることになります。その分の遺族の慰謝料とも捉えられます。また準備ができてない分、準備資金代わりに充てることもできます。
また保険会社から見れば、少ない保険料で見た目の死亡保障を大きく宣伝することができます。「死亡時最大○○円保証」といった感じですね。

>2
別に特別な商品ではありません。どこの保険会社でも扱っています。一般的に死亡○○円というのがいわゆる普通死亡時の保障となります。多くの場合そこに「災害特約」等の特約をつけることによって、事故死などの場合の保障を厚くしてます。セット商品ではそうなっていることもあると思いますが、しっかりと設計される商品であれば、契約者にとって不要の特約であれば、つける必要はありません。保険料もわずかなのでつける人も多いのですが、個人的には必要がないと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

CMやホームページ等を見ていると、
災害特約込みで「死亡時最大○○円保証」と
宣伝しているものが多いですね。
よくよく見ないと、本当に必要な保障が得られるか
分からないということですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 22:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通勤災害か業務災害か

労働者が複数の得意先をまわって、自宅との間を直接往復している場合、自宅→最初の得意先と、最後の得意先→自宅の間における災害は通勤災害に当たるということはわかるのですが、得意先間の移動中の災害は通勤災害に当たるのでしょうか。それとも業務災害に当たるのでしょうか。
最初の得意先に行った時点から、最後の得意先を終えるまでを業務とみなし、この間の災害は業務災害に当たるような気もしますし、得意先ごとに業務が開始-終了し、「複数就業者の事業場間の移動」の通勤災害に当たるような気もします。
私としては業務災害に当たる可能性のほうが高いと考えていますが、はっきりとは分かりません。
悪文につき申し訳ありませんが、困っています。ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。寄り道でもしていない限り、一般にお問い合わせのケースは「事業主の支配にあるが、管理下を離れて業務に従事している場合」に該当するはずのものです。ご参考まで東京都労働局のサイトをご覧ください。

参考URL:http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/rousai/ro-gyoum.htm

Q一般的に死亡保障額はいくら必要?定期と終身では全然違うが・・・

現在29歳、既婚、今年末に第一子誕生予定、生命保険未加入の、サラリーマン男性です。

終身保険と定期保険とを比べていたら、死亡保障額が
全然違うことに気づきました。
払える月額を2万円程度までとして、そのときの死亡保障額を調べてみると、終身保険だと約1,000万円。定期保険だと約3,000万円のようです。
(定期保険は年齢によって異なりますので、30歳で6千円、40歳で1万円、50歳で2万円の月額、というケースを上記では使用しました。)

1,000万円では、なんだか足りない気がします。しかし、終身保険でそれ以上の保険額を望もうとすると、月額が増えてしまいます。しかもそもそも、終身保険でそれ以上の保障額を設定している保険会社はあまりないようです。
かといって下手に定期付終身保険などにすると、月額が膨大になりそうで、手を出せません。

「死亡保障は終身保険のみ」という方に質問なのですが、まだ小さい子供を抱えている場合、この金額でも足りるものなのでしょうか。

この質問は言い換えると、自分の必要保障額がわかっていないのでそれを知りたい、ということなのかもしれません。ただそこで、皆さんは死亡時の必要保障額をいくらで計算しているのか、ということを参考にさせて頂きたいと思い、質問しました。

現在29歳、既婚、今年末に第一子誕生予定、生命保険未加入の、サラリーマン男性です。

終身保険と定期保険とを比べていたら、死亡保障額が
全然違うことに気づきました。
払える月額を2万円程度までとして、そのときの死亡保障額を調べてみると、終身保険だと約1,000万円。定期保険だと約3,000万円のようです。
(定期保険は年齢によって異なりますので、30歳で6千円、40歳で1万円、50歳で2万円の月額、というケースを上記では使用しました。)

1,000万円では、なんだか足り...続きを読む

Aベストアンサー

死亡保障額の一つの目安は、こんな風にかんがえればわかりやすいかと思います。
まず保険はあなたが生きておれば当然給料を稼いできます。が万一の時には、残された家族に給料が入らなくなりますので、それを補うために保険に入ると考えると、本来給料のあるだろう定年まで掛ければよいということになります。
次に、あなたに万一のことがあった後、遺族が生活していくためにいくらお金が必要でしょうか?月20万あれば生活できますか?もし万一時に遺族に月20万円分の保険金をのこしてあげたいなら、20万×12ヶ月×31年(60才定年として)=7440万の保険金が出ればあなたはもういませんが月20万円の手取り給料の60才までの稼ぎを遺族に残してやれるののです。
7440万とは大きいなーとおもうでしょ、実はサラリーマンの方が亡くなった場合遺族年金が月12万くらい遺族に支給されます。お子さんが18歳になると減額されますが、9~10万くらいはありますので、今万一のことがあっても計4000万くらいの支給があるのです。よって3500万くらいの保険をかけておくべしという考え方です。
あと月20万分の生活費は確保されたと言えども、残された奥様の老後の資金が心配です。年金だけでは生活は無理で1000万は最低老後に確保しておかねばなりませんが、残された奥さんは、いくらか働くと思いますので、そのあたりも考慮して保険金額を設定していきます。
遺族の住むところは確保されているという仮定で、まー3000万から5000万くらい方が多いように思います。
そこで3000万をすべて定期保険60才満期(掛け捨て)で安く掛けるもよし、1000万くらいは貯蓄性の高い終身保険で残り2000万は定期保険特約(掛け捨て)にしてもよし。というかんじでしょうか。

死亡保障額の一つの目安は、こんな風にかんがえればわかりやすいかと思います。
まず保険はあなたが生きておれば当然給料を稼いできます。が万一の時には、残された家族に給料が入らなくなりますので、それを補うために保険に入ると考えると、本来給料のあるだろう定年まで掛ければよいということになります。
次に、あなたに万一のことがあった後、遺族が生活していくためにいくらお金が必要でしょうか?月20万あれば生活できますか?もし万一時に遺族に月20万円分の保険金をのこしてあげたいなら、20万×...続きを読む

Q災害割増特約と傷害特約の違い

 災害割増特約と傷害特約の違いがいまいちわかりません。どちらも死亡したときは災害死亡保険金がおりるようですが、災害割増特約は高度障害状態になったとき災害高度障害保険金がおり、傷害特約は身体障害状態になったとき傷害給付金がおりるそうです。高度障害状態と身体障害状態は違うものなのでしょうか?また、災害高度障害保険金と傷害給付金は支払われる額はちがうのでしょうか?

Aベストアンサー

●災害割増特約
 不慮の事故による死亡・高度障害について保険金を支払う特約です

●傷害特約
 (1)不慮の事故による死亡について保険金を支払います
 (2)不慮の事故により、体に障害を負った場合、その障害の程度に応じて、決められた割合の傷害給付金を支払います

傷害特約の身体障害とは、1級から6級にわけられており、それぞれ特約金の10割~1割の間で給付割合が決められています。
そして、身体障害の1級(10割給付)が、災害割増特約の高度障害状態と同等のものになるわけです。

つまり、わかりやすく言えば、傷害特約は、災害割増特約から、給付対象の障害状態の幅を広げたものであるということです。

災害割増特約は、掛金が安いので、一般的に大きく設定されます。
傷害特約は、1,000万円を上限に設定している会社が多いです。

ほんと、約款ってわかりにくいですよね。

Q夫の死亡保障額、妥当な額は?(持ち家、団信は妻のみ)

夫38歳、妻32歳、子供3人(小3、小2、5歳児)。
会社員で年収800万(夫婦それぞれ400万)、持ち家は戸建で住宅ローン残32年約2500万。
子供達の進学に関しては、国立大程度しか考えていません。

住宅ローンを妻メイン(夫婦共同名義)で借りているため、団信は妻の死亡のみ有効な状況です。

現在、夫の保険は生命共済に900万しかかけていない状況です。
(医療入院も加入しています)
住宅ローンも始まり生活が落ち着いてきたとはいえ、まだまだ生活が苦しい状況です。
ただ、万が一のことを考えて死亡保障をもっと充実させたいと強く思っています。
死亡保障額はいくらくらいが妥当でしょうか。
また、どのようなタイプの保険がオススメでしょうか。
(保険屋さんに聞くと、結局自分のところの保険ばかり推してきて困るので…)
教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。保険代理店を経営するCFPのおやじです。
今の状況でご主人に万一の場合、遺族年金が支払われます。年収からすると、取り敢えず月14万円程度、一番上のお子さんが高校を卒業すると、月13万円、その後二番目のお子さんが卒業すると11万円、三番目のお子さんが卒業すると9万円となり、その後はこの金額が基本的に一生涯支払われます。
この金額を基に、ご主人に万一に場合、月あといくらあれば足りるかを計算して、それを、月々年金が支払われるタイプの保険、家族収入保険(収入保障保険)でカバーするのが、一番合理的な方法かと思います。
保障期間、つまり、保険金が支払われる期間を例えば、ご主人が65歳になるときまでに設定し、月額を15万円とすると、保険料は月々7~8千円程度です。ご主人がタバコを吸わなくて健康であれば、月6千円ちょっとの保険料です。
現在の家計から考えると、医療保険は保険料の安いがん保険などでカバーされては如何でしょうか。保障は必要最低限に絞って考えるのが良いと思います。
以上、ご参考になれば幸いです。

Q災害用長距離lan

会社で災害時にインターネットをつなぎ、災害情報の

情報交換をしたいと思っています

災害用長距離lan ってありますか

もしくは代用品でもかまわないので

教えてください

電源も災害時にパソコンようで使うので

いいのがあれば教えてください

Aベストアンサー

そんなの無いですよ。
災害時には大抵災害発生場所近辺の通信手段が破壊されていますので、ネットワークなどつながりませんよ。(NTT局が被災すれば使用不可能になります)
だから阪神淡路大震災時は被災地近郊の無被災地から通信されたのです。(当時はパソコン通信BBSでしたが)
新潟地震でも被災地周辺は電話携帯全て止まりました。(後日復旧されましたが。)
大規模会社は日本に何カ所かバックアップシステムを作成し、被災地管轄のシステムを切り離し、最低限無被災システムを動かす仕組みを作っています。そうすれば半身不随かも知れませんが業務はできますからね。
考えるなら「衛星通信システム」や「防災発電装置」のレベルでしょうね。

Q死亡保障額

こんにちは。
現在32歳の夫の保険について困っています。
保険屋さんにすすめられたのは、死亡保障額が
年々下がっていくもので、60歳までのものです。
子供にお金がかかる時期を重視したもののようです。
私自身保険についてよく知らないので、60歳以降は
死亡時に保険金がないのは少し心配なのですが、最近はこの形のものに加入する人が多いといわれました。
皆さんはどのような保険に入られているのでしょう??

Aベストアンサー

60才以降でも、保険金は必要ですよね。
葬儀代や、生活費。公的な制度で賄われる部分もありますが、全く無いのは困ります。(これも将来は、アテになりません)
また、今後物価が下がり続けるとも思えませんので、補償額がショートすることも考えられます。

小さな終身保険(一生涯同一補償)と組み合わせては、いかがでしょうか。
足りなくなりそうだったら、後から追加で入ることも可能です。

蛇足ながら、「最近はこの形のものに~」は、お客さんが納得してないときのセールストークの一種ですよね。

Q災害補償 労働基準法と労働者災害補償保険法について

業務上の災害にが起こったとき、所得補償をする際に、待機期間は使用者による労働者災害補償保険法、それ以外は国が代行した労働者災害補償保険法の補償が行われると考えればよいのでしょうか?

また、業務上の災害で障害が残った場合や労働者が死亡した場合、公的年金の障害・遺族年金との調整で、
・労働基準法は6年間の公的年金停止に対し、
・労働者災害補償保険法が労災保険の減額支給となっている
のは、実際はどちらが適用され、どのようにして支給されているのでしょうか?

Aベストアンサー

> 待機期間は使用者による労働者災害補償保険法、
> それ以外は国が代行した労働者災害補償保険法の補償が
> 行われると考えればよいのでしょうか?
待機期間中は、労働基準法による休業補償(法第76条)であり、労災保険法による給付では有りません。
なお、この期間中に賃金を全額払うか、休業補償による補償を行うかは、会社の任意です。

> また、業務上の災害で障害が残った場合や労働者が死亡した場合、
> 公的年金の障害・遺族年金との調整で、
(略)
> どのようにして支給されているのでしょうか?
ご質問は、前提として、どちらの法律に基づいて給付が行われているのかの違いです。
実務では経験が無いので、この部分の後半についてはお答えではませんが、適法に手続きをしている企業で業務災害が発生して場合には、多くの企業は労災保険法適用事業所なので、労災保険法による調整が行われているものと考えます。

Q死亡保障の妥当額は?

現在生命保険の見直しで、死亡保障額を減額するところです。
夫39歳、私27歳、子供1歳、(もう一人子供は欲しいです)
今死亡保障は6500万ですが、4900万に減額します。
子供は小さいですが夫の年齢は少し高いです。子供が2人になったとして、4900万円の死亡保障は十分?少ない?どうなんでしょうか??

Aベストアンサー

大雑把に計算するとします。

子供が小学校入学から大学卒業まで、全て公立ですごすとすると約1800万必要とされています。
それが二人分で3600万。

そして、住宅を購入するとなるとそのローン。

となると、お子様の学費と住宅ローンの完済だけで約5千万近く掛かってしまうのではないでしょうか?

こうやって考えると、4900万では足りないということになるのではないでしょうか?

Q自衛隊の災害派遣はいつまで

今回の災害では自衛隊の災害派遣にとっても助けられてるけど
あとどれくらいで自衛隊がいなくていいくらい復旧するのかな?
自衛隊の災害派遣が終了するのはいつだと思う?

Aベストアンサー

基本的な役割は、災害救助ですから、火急の役割はほぼ終ったのではないでしょうか。後は瓦礫の処理や、海上での捜索ですかね。瓦礫の処理は、民間でも出来ますから、自衛隊の派遣規模を大幅に削減し手も良いのではないでしょうか。専門家が予想する、アウター地震が来れば話派別ですが。お疲れでしょうから少し休養も必要でしょう。あと三ヶ月で終了出来るのではないでしょうか。

Q死亡保障額について

保険の見直しを検討しています。
先日アリコのセールスの方が来られたので、死亡保障金額をどう決めたらいいのかを問うと、万が一の時にその後の生活を保険金で全てをまかなっていくという考え方よりも、残された者が通常の生活が出来るようになるまでの足しにするという考えで決めた方が良いとのことでした。
毎月の実質生活費×12ヶ月×○年。○は↑の通常の生活が出来るようになるまでの年月です。
大体5年くらいの間に、残された方が就職口を探して普通の生活が出来るようにするのが良いのではないかとのことです。

その考えでいくとうちの場合、月生活費25万×12ヶ月×5年=1500万となります。
しかし、今入っている日本生命の保険は死亡保障3800万、不慮の事故の場合の死亡保障は4800万になっています。今の保険は何の考えもなく、主人の会社に出入りされている保険会社の方の勧めで入ったものです。
万が一の時、沢山保障があるに越した事はないけれども、本当に万に一つの時のために、沢山の保険金を支払うのは無駄のような気もします。

皆さんは死亡保障額はどのくらいに設定しておられますか?
保険を決める上での考え方も教えて頂けるとありがたいです。

保険の見直しを検討しています。
先日アリコのセールスの方が来られたので、死亡保障金額をどう決めたらいいのかを問うと、万が一の時にその後の生活を保険金で全てをまかなっていくという考え方よりも、残された者が通常の生活が出来るようになるまでの足しにするという考えで決めた方が良いとのことでした。
毎月の実質生活費×12ヶ月×○年。○は↑の通常の生活が出来るようになるまでの年月です。
大体5年くらいの間に、残された方が就職口を探して普通の生活が出来るようにするのが良いのではないかとのこと...続きを読む

Aベストアンサー

ファイナンシャルプランナーです。
根本的な考え方としておかしいです。
まず、普通は
1.公的保障(遺族年金、遺族保障)を考えます。
2.残された家族の生活費
3.教育費(養育費)と受託ローンなど
毎月の実質生活費からはご主人の分は普通引きます。
仮に生活費が25万円でもご主人の分を引くと20万円程度というところも多いです。さらに遺族年金がつき13万円と仮定すると
実質月7万円の保障があれ場良いことになります。
住宅ローンは普通、ちゃらになります。
余裕を持って月10万円程度の死亡保障を60歳までつけても4000円以下でもできます。
期間は
1.定年まで
2.年金受け取りまで
3.子育てが終わるまで
で選ぶ方が多いです。
死亡保障以外の特約が多すぎる場合が多いです。
見直すなら「保険選びネット」は有名です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報