昔、レコ芸にて紹介のあったチェリストで、ダニエルバレンボイムの奥さん?だった事まで読んだのですが、彼女の作品は後で探せばいいかなと思いつつまだ聞いた事がありません!。
是非、手に入るものでお勧めのCDを。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私はデュ・プレの映画を観て、デュ・プレを聴いてみようと思い、ファンになったものです。



映画でデュ・プレが死去したときに流れていたラジオのニュースの中で、デュ・プレの得意曲として、

「中でもエルガーのチェロ協奏曲は有名で」

という台詞がありました。また、イギリスでクラシックCDベスト10のアンケートを実施したところ、三位がバルビローリとのエルガーのチェロコンでした。ちなみに、一位はショルティの指輪。二位はカルロスのベト5,7。

エルガーのチェロコンですが、録音が二種類あります。

バルビローリとのもの。カップリングはイギリスの作曲家ディーリアスのチェロコンで、こちらの指揮はサー・マルコム・サージェント。

もうひとつが夫バレボとのもの。カップリングはエルガーのエニグマ変奏曲。

一般的?にはバルビローリとのものの方が評価が高いと私は思っています。

私が聞いた感想ですが、
バルビローリとのものは、オケがうまくて、凄くいい。感情が感じられる。
バレボとのものは、こちらは一般的にはバックのオケの評判がよくない。私が聞いた感想では、ソロはバルビローリ盤とは結構違う。どう違うかというと、こっちの方が凄い。心を切り裂くような凄いエレジー。痛切な心が音に込められている。
オケとソロのバランスはバルビローリ盤のほうがいいと思う。バレボとのものはソロが尋常じゃない。バルビローリ盤のソロも凄いけどね。

デュ・プレの代表的録音といえば、エルガーのチェロコンというのが通説です。と思っています。
レコ芸のベスト10では、デュ・プレ&バルビのものが一位だったような。

まあ、一枚聴くならエルガーのチェロコンだと思いますよ。デュ・プレの代表的録音らしいから。
二種類あるけど、これはどっちがいいんでしょうね。
バルビローリとのものは20歳の時の録音。バレボとのものは27くらい。

デュ・プレはエルガー以外もドヴォルザークなど、評判がいいですが、ドヴォコンなら他のチェリストの名盤もあるでしょう。ところがエルガーとなるとそうはいかない。エルガー自身が演奏したものもデュ・プレの次くらいに評判がいいそうですが、モノラルで古い。とにかくエルガーのチェロコンといえばデュ・プレといった感じですから。
なので、デュ・プレの代表曲エルガー。エルガーの名盤デュ・プレであるエルガーのチェロコンがいいと思います。

あとは、シューマンのチェロコンもいい。まあ、20代の録音しか残ってないし、チェロ協奏曲集で前見かけたCDで6枚組だったかな。あとは、ベトのチェロソナタを録音してますね。20代の録音しか残ってないのは、多発性硬化症になって、演奏できなくなったから。42歳でお亡くなりになりました。

では、そろそろ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわ~。リキの入ったレスにちょっとびっくりです。
有難う御座います。
そうですね、昔、彼女の紹介のあったレコ芸(確か87年か88年のもの)ですが、不覚にも燃やしてしまって手元に無いのです(汗 
残っていればと思うと。。。

さて、エルガーですが、ご紹介のあったバルビローリでも手に入れてみます。
しかし、彼女の逝去時の年齢と私の年齢が今、一緒なので
ちょっと怖いですね。。松田聖子も同じ年です~(笑

では。

お礼日時:2005/04/18 18:41

協奏曲が多くあげられているので、室内楽の「ベートーベンチェロソナタ全集」を、参考までにお勧めいたします。

私にとってこのCDは宝物です。ピアノは、バレンボイム。彼らの息の合い方には、音楽を越えた何かを感じますね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは他の方とは違う作品を有難う御座います。
すみません、実は私たいしてチェロ曲を聞き込んでいる人間ではありません。ベートベンのチェロソナタ作品そのものは聞いて良い感じなのでしょうか?? 
私が持ってるソロのチェロ曲といえば、堤氏とシュタルケルのバッハしか持ってませんので、場違いかもしれませんがご紹介ください。
追加で質問ですが、その作品はストラディバリウスで演奏のものでしょうか?

お礼日時:2005/04/18 18:24

1の方がおっしゃってるエルガーが一番、に賛成ですが、他にハイドンの1番2番、ボッケリーニ、ドボルザーク、サン・サーンスなどの協奏曲もいいです。

概して協奏曲がいい感じですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスをどうもです。
成るほど。。。協奏曲がスバラシイのであれば、
色々聞いてみたいところです。
挙げて頂いた協奏曲ではドボルザークが1番好きなので、まずはCDを買ってみますね。にしても、やはり、持ってるCDで比較しそうです。
小沢指揮のロストロポービッチでは辛いでしょうか(w

お礼日時:2005/04/18 18:17

いろいろCDは出てるけど、


何と言っても「エルガーのチェロ協奏曲」
これおが定番中の定番!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さすがに早いレスでした。
有難う御座います。どなたもチェロコンを仰ってますね。

お礼日時:2005/04/18 18:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォンテンブロー城とバルビゾンへ電車とバスで行こうと思ってます。

8月にパリからフォンテンブロー城とバルビゾンへ電車とバスで行こうと思ってます。
フォンテンブロー城からバルビゾン村へのバスが出ているというブログを発見しました。
日曜日は出ていなかったと書いてありました。他のを見ると土日のみというのもあり、
どうなんだろうと思っております。バルビゾンからは、タクシーでジャンコクトーの教会へ行きたいと
思っております。自力で行かれた方アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フォンテンブロー城からバルビゾンへ直行するバスは土日のみ運転です。
http://barbizon-tourisme.pagesperso-orange.fr/pdf/brochure-patache.pdf
フォンテンブロー市街地からは平日のバスもありますが夕方のみです。
時刻表http://www.transdev-idf.com/horaire-ligne-22a-canton_de_perthes_en_gatinais_063?j=19-06-2015

平日はMelunでバスを乗り継ぐことになりますがバルビゾンへのバスは平日の朝のバルビゾン発と夕方のバルビゾン行きしか有りません。
時刻表 http://www.transdev-idf.com/horaire-arret-09-MEGAR3?j=16-06-2015
Melunフォンテンブロー城のバスは休日もありますが数が少なくなります。
時刻表

Qシマノフスキの『神話』のサンプル盤 (レコ芸付録)

「レコード芸術」誌には、ここ数年、サンプルCDが付録としてついていることがよくありますね。

そこで質問です。
非常にあいまいな記憶で恐縮なのですが、このレコ芸の付録サンプルCDに、数年前、シマノフスキの『神話』が収録されたと思います。その際の演奏者、発売元などがわかる方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。

範囲は、2005年~2008年のどこか。おそらく、外国人の女性ヴァイオリニストだったような気がしています。(日本人である可能性も一応ご考慮ください。ただし、五嶋みどりさんではありません)

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 レコード芸術誌のサンプルCDには、その月の「推薦盤」(特選、準特選)の「さわり」の部分が収録されています。

 レコ芸の推薦盤のりストは、下記で2004年以降のものが確認できますので、探してみてはいかがでしょうか。

http://www.hmv.co.jp/fl/12/280/1/

 レコード芸術誌の推薦盤は、基本的には「国内盤」から選ばれますので、国内盤から探すと、下記のCDが出ているようです。

(1)神尾真由子さんの演奏したもの(2008年6月発売):
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2708491

(2)五島みどりさんのものは、3曲中の1曲のみ収録:
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2781214

 ただし、同誌には、「注目の海外盤」のコーナーもあり、海外盤であっても取り上げられている可能性もあります。下記のNo.1の方のNaxos盤以外にもいろいろ出ています。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/60426
http://www.hmv.co.jp/product/detail/747317
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1952881
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3559648
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3568047

 レコード芸術誌のサンプルCDには、その月の「推薦盤」(特選、準特選)の「さわり」の部分が収録されています。

 レコ芸の推薦盤のりストは、下記で2004年以降のものが確認できますので、探してみてはいかがでしょうか。

http://www.hmv.co.jp/fl/12/280/1/

 レコード芸術誌の推薦盤は、基本的には「国内盤」から選ばれますので、国内盤から探すと、下記のCDが出ているようです。

(1)神尾真由子さんの演奏したもの(2008年6月発売):
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2708491

(2)五島み...続きを読む

Qバッハの無伴奏作品

クラリネット・トランペット・
ホルンの、いずれかによる
バッハの無伴奏ソロ作品(CD)を
教えて下さい。
 
手持品=北村英治【フルクラリネット】

Aベストアンサー

ホルンではバボラークの無伴奏チェロ組曲第1~3番があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00006LF67/ref=pd_bxgy_text_1/250-8974400-2387425

Q30代のチェリスト

今まではピアノとヴァイオリンしか聴いたことがなかったのですが、最近チェロも聴き始めようかと思ってます。
で、自分なりに調べてチェリストをリストアップしたのですが、なぜか30代がすっぽり抜けました。
30代のチェリスト(およそ1968~80生まれ)でオススメの人をお願いします。

ちなみにケラスとカプソンの間です。モーザーだけはわかりました。

Aベストアンサー

こんにちは。

私が知っているその世代のチェリストは
ジャン・ワン(1969~)
http://www.aspen.jp/artist/foreign/jian_wang.html
グザヴィエ・フィリップス(1971~)
http://www.arcadiamusica.com/index.php?page=xphillips_en
ジェローム・ペルノー(1972~)
http://jpernoo.free.fr/jeromepernoo-gb.htm
オフェリー・ガイヤール(1974~)
http://www.opheliegaillard.com/
アンヌ・ガスティネル Anne Gastinel(1971~)

私は、初めの3人はナマで聴き、ガイヤールはブリテンのソナタのCD、ガスティネルはブラームスのソナタのCDで聴きました。
多くを聴いていないし、そもそもド素人なので演奏家の比較はできませんが、みなさんそれぞれに印象的でした。
もし機会がおありでしたら是非!


あと、父アルフレートとの共演で知られるエイドリアン・ブレンデルもその世代だと思うのですが確認できませんでした。こちらは聞いたことがないのでお勧めのしようもないのですが。

こんにちは。

私が知っているその世代のチェリストは
ジャン・ワン(1969~)
http://www.aspen.jp/artist/foreign/jian_wang.html
グザヴィエ・フィリップス(1971~)
http://www.arcadiamusica.com/index.php?page=xphillips_en
ジェローム・ペルノー(1972~)
http://jpernoo.free.fr/jeromepernoo-gb.htm
オフェリー・ガイヤール(1974~)
http://www.opheliegaillard.com/
アンヌ・ガスティネル Anne Gastinel(1971~)

私は、初めの3人はナマで聴き、ガイヤールはブリテンのソナタのC...続きを読む

Qジャクリーヌ デュ プレ

昔、レコ芸にて紹介のあったチェリストで、ダニエルバレンボイムの奥さん?だった事まで読んだのですが、彼女の作品は後で探せばいいかなと思いつつまだ聞いた事がありません!。
是非、手に入るものでお勧めのCDを。。

Aベストアンサー

私はデュ・プレの映画を観て、デュ・プレを聴いてみようと思い、ファンになったものです。

映画でデュ・プレが死去したときに流れていたラジオのニュースの中で、デュ・プレの得意曲として、

「中でもエルガーのチェロ協奏曲は有名で」

という台詞がありました。また、イギリスでクラシックCDベスト10のアンケートを実施したところ、三位がバルビローリとのエルガーのチェロコンでした。ちなみに、一位はショルティの指輪。二位はカルロスのベト5,7。

エルガーのチェロコンですが、録音が二種類あります。

バルビローリとのもの。カップリングはイギリスの作曲家ディーリアスのチェロコンで、こちらの指揮はサー・マルコム・サージェント。

もうひとつが夫バレボとのもの。カップリングはエルガーのエニグマ変奏曲。

一般的?にはバルビローリとのものの方が評価が高いと私は思っています。

私が聞いた感想ですが、
バルビローリとのものは、オケがうまくて、凄くいい。感情が感じられる。
バレボとのものは、こちらは一般的にはバックのオケの評判がよくない。私が聞いた感想では、ソロはバルビローリ盤とは結構違う。どう違うかというと、こっちの方が凄い。心を切り裂くような凄いエレジー。痛切な心が音に込められている。
オケとソロのバランスはバルビローリ盤のほうがいいと思う。バレボとのものはソロが尋常じゃない。バルビローリ盤のソロも凄いけどね。

デュ・プレの代表的録音といえば、エルガーのチェロコンというのが通説です。と思っています。
レコ芸のベスト10では、デュ・プレ&バルビのものが一位だったような。

まあ、一枚聴くならエルガーのチェロコンだと思いますよ。デュ・プレの代表的録音らしいから。
二種類あるけど、これはどっちがいいんでしょうね。
バルビローリとのものは20歳の時の録音。バレボとのものは27くらい。

デュ・プレはエルガー以外もドヴォルザークなど、評判がいいですが、ドヴォコンなら他のチェリストの名盤もあるでしょう。ところがエルガーとなるとそうはいかない。エルガー自身が演奏したものもデュ・プレの次くらいに評判がいいそうですが、モノラルで古い。とにかくエルガーのチェロコンといえばデュ・プレといった感じですから。
なので、デュ・プレの代表曲エルガー。エルガーの名盤デュ・プレであるエルガーのチェロコンがいいと思います。

あとは、シューマンのチェロコンもいい。まあ、20代の録音しか残ってないし、チェロ協奏曲集で前見かけたCDで6枚組だったかな。あとは、ベトのチェロソナタを録音してますね。20代の録音しか残ってないのは、多発性硬化症になって、演奏できなくなったから。42歳でお亡くなりになりました。

では、そろそろ。

私はデュ・プレの映画を観て、デュ・プレを聴いてみようと思い、ファンになったものです。

映画でデュ・プレが死去したときに流れていたラジオのニュースの中で、デュ・プレの得意曲として、

「中でもエルガーのチェロ協奏曲は有名で」

という台詞がありました。また、イギリスでクラシックCDベスト10のアンケートを実施したところ、三位がバルビローリとのエルガーのチェロコンでした。ちなみに、一位はショルティの指輪。二位はカルロスのベト5,7。

エルガーのチェロコンですが、録音が二種...続きを読む

Qクラシック音楽といっても、昔はポップミュージックのようなものだったのではないですか?

クラシック音楽は今でこそ厳かな音楽という感じで、ポップミュージックとは対極的な存在とし扱われることが多いですが、作曲された当時は今でいうポップミュージックのように広く人気のある音楽だったのではないでしょうか。

まあ、宗教音楽は違うとしても、それ以外のクラシックは全て当時のポピュラー音楽だったはずです。

バッハは宗教音楽を多く作曲しているから違うとしても、ベートーベンやショパンなんかは完全なポピュラー音楽だったのではないでしょうか。

Aベストアンサー

No.9です。きりがないので最後にします。

>権威というのはある程度の時間とその分野における支配的地位が必要です。確かにベートーベンの生存時はバッハは権威だったでしょう。でも、その曲が生まれた当時はその作曲家も若く、権威が持てたはずはありません。

時間のことを言っているのではありません。「権威」になるのは「大衆」に認められることによってではなく、その時点における「権威」に認められることによってそうなるということです。

バッハは、約100年「忘れ去られ」ていました。それを復活させ、「音楽の父」としてドイツ音楽の権威づけの基礎にしたのは、メンデルスゾーンやその時代の「批評家」たちです。その辺のからくりは、No.6に挙げた 岡田 暁生著「西洋音楽史―「クラシック」の黄昏」(中公新書)に詳しいです。

クラシック音楽(特にドイツ音楽)がどのように成立したかは、こんな本も読んでみるとよいかもしれません。
ご紹介したような本もお読みなった上で、あとはご自分で考えていただければよいと思います。私の説明を押し付けるつもりはありませんので。

ハンスリック著「音楽美論」(原著は1854年)
https://www.amazon.co.jp/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E7%BE%8E%E8%AB%96-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9D%92-503-1-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4003350316

シューマン著「音楽と音楽家」(作曲家シューマン(1810~1856)の書いた音楽批評集)
https://www.amazon.co.jp/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%81%A8%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%AE%B6-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9D%92-502-1-%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3/dp/4003350219/ref=pd_sim_14_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=MGRS25VPQ4NG24D0TDXQ

No.9です。きりがないので最後にします。

>権威というのはある程度の時間とその分野における支配的地位が必要です。確かにベートーベンの生存時はバッハは権威だったでしょう。でも、その曲が生まれた当時はその作曲家も若く、権威が持てたはずはありません。

時間のことを言っているのではありません。「権威」になるのは「大衆」に認められることによってではなく、その時点における「権威」に認められることによってそうなるということです。

バッハは、約100年「忘れ去られ」ていました。それを復活させ、...続きを読む

Q画家ミレー?ミエー?

バルビゾン派の画家ミレー(Millet)なんですが、フランス人は
「ミエー」と言っているのですが、どっちが正しいのでしょう?

それと、「ミレー」はフランス本国に比べて日本のほうが評価が
高いということは言えるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問にお答えいたします。

●名前の読み方は、既に好回答があります。

多少補筆致します。この名前の読み方は、それが呼称として
中世より同じ読み方と考えられます。
十三世紀末のパリでの人名にMilet(Milletの当時の表記)と
あり、その職業は、corbelinier です。
(下記のmilletの意味より想像可能な職業です。)

ご存知のように、この名前の単語milletは、粟の類との植物を示し
champ de mil (粟などの畑)を想起させるものです。

●その評価:当時はそれほどの評価ではないと考えられます。
富を得ることなく、貧しく眠ったことでも分かります。

同時代人の批評家ボードレールは、彼が独特のスタイルを探していることを
評価しつつも、其処に描かれている農民達が
『俺達は、不幸な運命を背負って生まれてきちゃった。。。』と
背中で語っていることが大地の恵みに感謝する詩情を
台無しにしているとの事柄を述べておりました。

Qメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲が実は偽物だったと昔聞いたのですが

ずいぶん前のことになるのですが、あの有名なメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲のスコアが実は偽物で、本物が発見されたというニュースを耳にしたことがあるのですが、その後どうなったかご存知の方教えてください。それともこれはがせねたでしょうか?

Aベストアンサー

 この曲の初版譜は、1845年にブライトコップから出たもので、今出ている楽譜は大なり小なりこれをもとにしているはずです。

 メンデルスゾーンの自筆譜は、彼がユダヤ人だったため、第2次世界大戦のドサクサで散逸してしまい、メンデルスゾーンの作品の原典研究はあまり進んでいませんでした。20年ほど前、質問者の言う自筆譜が発見されました。初演者ダヴィッドの署名もあるとかで、本物の可能性が高いものと思われますが、これに出版譜と異なる部分があったということです。CD化されていますので(↓)興味があったらお聴きください。

 ただし、初版譜も初演後すぐに出されたもので、メンデルスゾーン自身が認めたものだと思いますから、「偽物」ということはできないだろうと思います。この改定がなぜ行われたかなどは、まだはっきりしていないようです。

 

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000DDLM/qid=1079292857/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/249-6993537-2317101

 この曲の初版譜は、1845年にブライトコップから出たもので、今出ている楽譜は大なり小なりこれをもとにしているはずです。

 メンデルスゾーンの自筆譜は、彼がユダヤ人だったため、第2次世界大戦のドサクサで散逸してしまい、メンデルスゾーンの作品の原典研究はあまり進んでいませんでした。20年ほど前、質問者の言う自筆譜が発見されました。初演者ダヴィッドの署名もあるとかで、本物の可能性が高いものと思われますが、これに出版譜と異なる部分があったということです。CD化されていますので(↓)興...続きを読む

QHPで聴いたバッハの無伴奏チェロ組曲のアーティスト探しています。

HPで聴いたバッハの無伴奏チェロ組曲のアーティスト探しています。


ホームページで聴いて、ぜひCDが欲しいなと思っている
演奏があります。
バッハの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調, BWV 1007
のなかの4曲目 サラバンド なのですが、
以下のホームページのものです。
http://www.furifu.com/collection/2009aw/main.html

いちおう、ホームページの会社に問合せをしたのですが、
フリーの曲素材を使ったので、わからない、とのことでした。。

どなたの演奏か、もし知っていたら教えてください!
わからなくても、似た感じの演奏をしているCDがあれば
知りたいです。

Aベストアンサー

残念ながらマイスキーではないようです。
私も現在、無伴奏チェロ組曲はCDを十数種類持っていますが、いずれにも該当しません。

こう書いてはナンですが、正直この演奏は音程がところどころかなり怪しく、ボーイングの技術も拙いのでプロの演奏とは思えません。そもそもサラバンドを選曲しているあたり、技術がなくても無難に弾ける、という考えが垣間見える気もします。
もし万が一プロの演奏だったとしても、全盛期を大幅に過ぎた方の演奏でしょう(笑)。

そもそも著作権等の問題があるので、プロの弾いた音源ならフリー素材で出ていると言うことは考えにくいです。
これは恐らく(勝手な推測ですが)、多少腕に覚えのあるアマチュア乃至セミプロ?の方が弾いた音源だと思います。

この演奏と雰囲気が近い録音でしたら、有名なところではやはりカザルスあたりでしょうか。もちろん音質はずっと悪いですが(モノラル)、雰囲気は似ていなくも無い。(この演奏と比較するのは、ちょっとカザルスに対して失礼かもしれませんが)
ですがカザルスなら、質問者様は既にお聴きになっていることでしょうね。

似た感じ、というのは「音色が似ている」ということでしょうか、それとも「弾き方」とか「解釈・雰囲気」でしょうか?
この音源にこだわらず、いろいろな演奏を片っ端から聴かれることをお勧めします。

残念ながらマイスキーではないようです。
私も現在、無伴奏チェロ組曲はCDを十数種類持っていますが、いずれにも該当しません。

こう書いてはナンですが、正直この演奏は音程がところどころかなり怪しく、ボーイングの技術も拙いのでプロの演奏とは思えません。そもそもサラバンドを選曲しているあたり、技術がなくても無難に弾ける、という考えが垣間見える気もします。
もし万が一プロの演奏だったとしても、全盛期を大幅に過ぎた方の演奏でしょう(笑)。

そもそも著作権等の問題があるので、プロの弾...続きを読む

Qクラシックコンサートでのサイン会は昔からあった?

以前はクラシックはCDで聴くだけでした。
しかしCDで聴いてるだけでは感動が伝わってこない気もして
去年あたりから実際にコンサートへ行って生演奏を聴きにいくようになりました。

コンサート会場で演奏後にCDやDVDなどを買った観客を対象に
指揮者や演奏者がサイン会をする催しを見かけることもあります。
(私もサインをしてもらったことがあります)

クラシックのコンサートでサイン会って昔からやっていたのでしょうか。

それとも近年おこなわれるようになったのでしょうか。

Aベストアンサー

そうですね。 ときどきそういう催しをやるコンサートがあります。

私の経験から言うと、若手とかそれなりの人気アーティストに限るという印象ですが・・。

CDを買ったら、人気の指揮者やピアニストがサインをしてくれるなんてことになったら、収拾がつかなくなるからということだと思います。 それに演奏家は、コンサートで全力を出すので、終演後は、魂が抜けたようになる人もいます。体力的な問題もあるでしょうね。

私の経験で驚いたのは、ピアニストのリヒテル氏がサイン会をしたことですね。コンサート会場で、写真集を購入した人にでしたが。 これも、もう20年以上前のことかと思うと…

海外では、意外と、終演後の楽屋に簡単に入れるので、サイン会というわけではありませんが、サインをもらえたりします。大物(クライバー等)でも、チャンスがあったそうです。


人気Q&Aランキング