昔、レコ芸にて紹介のあったチェリストで、ダニエルバレンボイムの奥さん?だった事まで読んだのですが、彼女の作品は後で探せばいいかなと思いつつまだ聞いた事がありません!。
是非、手に入るものでお勧めのCDを。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私はデュ・プレの映画を観て、デュ・プレを聴いてみようと思い、ファンになったものです。



映画でデュ・プレが死去したときに流れていたラジオのニュースの中で、デュ・プレの得意曲として、

「中でもエルガーのチェロ協奏曲は有名で」

という台詞がありました。また、イギリスでクラシックCDベスト10のアンケートを実施したところ、三位がバルビローリとのエルガーのチェロコンでした。ちなみに、一位はショルティの指輪。二位はカルロスのベト5,7。

エルガーのチェロコンですが、録音が二種類あります。

バルビローリとのもの。カップリングはイギリスの作曲家ディーリアスのチェロコンで、こちらの指揮はサー・マルコム・サージェント。

もうひとつが夫バレボとのもの。カップリングはエルガーのエニグマ変奏曲。

一般的?にはバルビローリとのものの方が評価が高いと私は思っています。

私が聞いた感想ですが、
バルビローリとのものは、オケがうまくて、凄くいい。感情が感じられる。
バレボとのものは、こちらは一般的にはバックのオケの評判がよくない。私が聞いた感想では、ソロはバルビローリ盤とは結構違う。どう違うかというと、こっちの方が凄い。心を切り裂くような凄いエレジー。痛切な心が音に込められている。
オケとソロのバランスはバルビローリ盤のほうがいいと思う。バレボとのものはソロが尋常じゃない。バルビローリ盤のソロも凄いけどね。

デュ・プレの代表的録音といえば、エルガーのチェロコンというのが通説です。と思っています。
レコ芸のベスト10では、デュ・プレ&バルビのものが一位だったような。

まあ、一枚聴くならエルガーのチェロコンだと思いますよ。デュ・プレの代表的録音らしいから。
二種類あるけど、これはどっちがいいんでしょうね。
バルビローリとのものは20歳の時の録音。バレボとのものは27くらい。

デュ・プレはエルガー以外もドヴォルザークなど、評判がいいですが、ドヴォコンなら他のチェリストの名盤もあるでしょう。ところがエルガーとなるとそうはいかない。エルガー自身が演奏したものもデュ・プレの次くらいに評判がいいそうですが、モノラルで古い。とにかくエルガーのチェロコンといえばデュ・プレといった感じですから。
なので、デュ・プレの代表曲エルガー。エルガーの名盤デュ・プレであるエルガーのチェロコンがいいと思います。

あとは、シューマンのチェロコンもいい。まあ、20代の録音しか残ってないし、チェロ協奏曲集で前見かけたCDで6枚組だったかな。あとは、ベトのチェロソナタを録音してますね。20代の録音しか残ってないのは、多発性硬化症になって、演奏できなくなったから。42歳でお亡くなりになりました。

では、そろそろ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわ~。リキの入ったレスにちょっとびっくりです。
有難う御座います。
そうですね、昔、彼女の紹介のあったレコ芸(確か87年か88年のもの)ですが、不覚にも燃やしてしまって手元に無いのです(汗 
残っていればと思うと。。。

さて、エルガーですが、ご紹介のあったバルビローリでも手に入れてみます。
しかし、彼女の逝去時の年齢と私の年齢が今、一緒なので
ちょっと怖いですね。。松田聖子も同じ年です~(笑

では。

お礼日時:2005/04/18 18:41

協奏曲が多くあげられているので、室内楽の「ベートーベンチェロソナタ全集」を、参考までにお勧めいたします。

私にとってこのCDは宝物です。ピアノは、バレンボイム。彼らの息の合い方には、音楽を越えた何かを感じますね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは他の方とは違う作品を有難う御座います。
すみません、実は私たいしてチェロ曲を聞き込んでいる人間ではありません。ベートベンのチェロソナタ作品そのものは聞いて良い感じなのでしょうか?? 
私が持ってるソロのチェロ曲といえば、堤氏とシュタルケルのバッハしか持ってませんので、場違いかもしれませんがご紹介ください。
追加で質問ですが、その作品はストラディバリウスで演奏のものでしょうか?

お礼日時:2005/04/18 18:24

1の方がおっしゃってるエルガーが一番、に賛成ですが、他にハイドンの1番2番、ボッケリーニ、ドボルザーク、サン・サーンスなどの協奏曲もいいです。

概して協奏曲がいい感じですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスをどうもです。
成るほど。。。協奏曲がスバラシイのであれば、
色々聞いてみたいところです。
挙げて頂いた協奏曲ではドボルザークが1番好きなので、まずはCDを買ってみますね。にしても、やはり、持ってるCDで比較しそうです。
小沢指揮のロストロポービッチでは辛いでしょうか(w

お礼日時:2005/04/18 18:17

いろいろCDは出てるけど、


何と言っても「エルガーのチェロ協奏曲」
これおが定番中の定番!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さすがに早いレスでした。
有難う御座います。どなたもチェロコンを仰ってますね。

お礼日時:2005/04/18 18:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォンテンブロー城とバルビゾンへ電車とバスで行こうと思ってます。

8月にパリからフォンテンブロー城とバルビゾンへ電車とバスで行こうと思ってます。
フォンテンブロー城からバルビゾン村へのバスが出ているというブログを発見しました。
日曜日は出ていなかったと書いてありました。他のを見ると土日のみというのもあり、
どうなんだろうと思っております。バルビゾンからは、タクシーでジャンコクトーの教会へ行きたいと
思っております。自力で行かれた方アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フォンテンブロー城からバルビゾンへ直行するバスは土日のみ運転です。
http://barbizon-tourisme.pagesperso-orange.fr/pdf/brochure-patache.pdf
フォンテンブロー市街地からは平日のバスもありますが夕方のみです。
時刻表http://www.transdev-idf.com/horaire-ligne-22a-canton_de_perthes_en_gatinais_063?j=19-06-2015

平日はMelunでバスを乗り継ぐことになりますがバルビゾンへのバスは平日の朝のバルビゾン発と夕方のバルビゾン行きしか有りません。
時刻表 http://www.transdev-idf.com/horaire-arret-09-MEGAR3?j=16-06-2015
Melunフォンテンブロー城のバスは休日もありますが数が少なくなります。
時刻表

Qシマノフスキの『神話』のサンプル盤 (レコ芸付録)

「レコード芸術」誌には、ここ数年、サンプルCDが付録としてついていることがよくありますね。

そこで質問です。
非常にあいまいな記憶で恐縮なのですが、このレコ芸の付録サンプルCDに、数年前、シマノフスキの『神話』が収録されたと思います。その際の演奏者、発売元などがわかる方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。

範囲は、2005年~2008年のどこか。おそらく、外国人の女性ヴァイオリニストだったような気がしています。(日本人である可能性も一応ご考慮ください。ただし、五嶋みどりさんではありません)

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 レコード芸術誌のサンプルCDには、その月の「推薦盤」(特選、準特選)の「さわり」の部分が収録されています。

 レコ芸の推薦盤のりストは、下記で2004年以降のものが確認できますので、探してみてはいかがでしょうか。

http://www.hmv.co.jp/fl/12/280/1/

 レコード芸術誌の推薦盤は、基本的には「国内盤」から選ばれますので、国内盤から探すと、下記のCDが出ているようです。

(1)神尾真由子さんの演奏したもの(2008年6月発売):
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2708491

(2)五島みどりさんのものは、3曲中の1曲のみ収録:
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2781214

 ただし、同誌には、「注目の海外盤」のコーナーもあり、海外盤であっても取り上げられている可能性もあります。下記のNo.1の方のNaxos盤以外にもいろいろ出ています。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/60426
http://www.hmv.co.jp/product/detail/747317
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1952881
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3559648
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3568047

 レコード芸術誌のサンプルCDには、その月の「推薦盤」(特選、準特選)の「さわり」の部分が収録されています。

 レコ芸の推薦盤のりストは、下記で2004年以降のものが確認できますので、探してみてはいかがでしょうか。

http://www.hmv.co.jp/fl/12/280/1/

 レコード芸術誌の推薦盤は、基本的には「国内盤」から選ばれますので、国内盤から探すと、下記のCDが出ているようです。

(1)神尾真由子さんの演奏したもの(2008年6月発売):
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2708491

(2)五島み...続きを読む

Q画家ミレー?ミエー?

バルビゾン派の画家ミレー(Millet)なんですが、フランス人は
「ミエー」と言っているのですが、どっちが正しいのでしょう?

それと、「ミレー」はフランス本国に比べて日本のほうが評価が
高いということは言えるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問にお答えいたします。

●名前の読み方は、既に好回答があります。

多少補筆致します。この名前の読み方は、それが呼称として
中世より同じ読み方と考えられます。
十三世紀末のパリでの人名にMilet(Milletの当時の表記)と
あり、その職業は、corbelinier です。
(下記のmilletの意味より想像可能な職業です。)

ご存知のように、この名前の単語milletは、粟の類との植物を示し
champ de mil (粟などの畑)を想起させるものです。

●その評価:当時はそれほどの評価ではないと考えられます。
富を得ることなく、貧しく眠ったことでも分かります。

同時代人の批評家ボードレールは、彼が独特のスタイルを探していることを
評価しつつも、其処に描かれている農民達が
『俺達は、不幸な運命を背負って生まれてきちゃった。。。』と
背中で語っていることが大地の恵みに感謝する詩情を
台無しにしているとの事柄を述べておりました。

Q30代のチェリスト

今まではピアノとヴァイオリンしか聴いたことがなかったのですが、最近チェロも聴き始めようかと思ってます。
で、自分なりに調べてチェリストをリストアップしたのですが、なぜか30代がすっぽり抜けました。
30代のチェリスト(およそ1968~80生まれ)でオススメの人をお願いします。

ちなみにケラスとカプソンの間です。モーザーだけはわかりました。

Aベストアンサー

こんにちは。

私が知っているその世代のチェリストは
ジャン・ワン(1969~)
http://www.aspen.jp/artist/foreign/jian_wang.html
グザヴィエ・フィリップス(1971~)
http://www.arcadiamusica.com/index.php?page=xphillips_en
ジェローム・ペルノー(1972~)
http://jpernoo.free.fr/jeromepernoo-gb.htm
オフェリー・ガイヤール(1974~)
http://www.opheliegaillard.com/
アンヌ・ガスティネル Anne Gastinel(1971~)

私は、初めの3人はナマで聴き、ガイヤールはブリテンのソナタのCD、ガスティネルはブラームスのソナタのCDで聴きました。
多くを聴いていないし、そもそもド素人なので演奏家の比較はできませんが、みなさんそれぞれに印象的でした。
もし機会がおありでしたら是非!


あと、父アルフレートとの共演で知られるエイドリアン・ブレンデルもその世代だと思うのですが確認できませんでした。こちらは聞いたことがないのでお勧めのしようもないのですが。

こんにちは。

私が知っているその世代のチェリストは
ジャン・ワン(1969~)
http://www.aspen.jp/artist/foreign/jian_wang.html
グザヴィエ・フィリップス(1971~)
http://www.arcadiamusica.com/index.php?page=xphillips_en
ジェローム・ペルノー(1972~)
http://jpernoo.free.fr/jeromepernoo-gb.htm
オフェリー・ガイヤール(1974~)
http://www.opheliegaillard.com/
アンヌ・ガスティネル Anne Gastinel(1971~)

私は、初めの3人はナマで聴き、ガイヤールはブリテンのソナタのC...続きを読む

Q音楽家が主役の映画をおしえてください。

音楽家ものが好きです。今までに
「アマデウス」「不滅の恋」「無伴奏シャコンヌ」「シャイン」「愛人日記」
「愛情物語」「海の上のピアニスト」「愛の調べ」「未完成交響曲」
「ほんとうのジャクリーヌ・デュプレ」など観ました。

クラシックの音楽家で、真面目なものが観たいです。
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

チャイコフスキーのもので
「チャイコフスキー」(1970)
ソ連の作品でビデオ化されています。

同じくチャイコフスキーでは
「恋人たちの曲/悲愴」(1970)というのもあります。
ケン・ラッセルの作品ですので、amicaleさんの言う「真面目なもの」という点でどうなるか、といったところ。私は真面目だと思いますけどね。
ケン・ラッセルでは「マーラー」(1974)というのもあります。
両方ともビデオ化されています。

「アンナ・マグダレーナ・バッハの日記」(1967)
J・S・バッハの第二の妻であったアンナ・マグダレーナの日記をナレーションに使用したバッハの伝記映画。ビデオ化されましたが、あまり置いてある店を見たことはありません。

シューベルトの伝記映画としては「未完成交響楽」のほかに
「シューベルト物語/愛の交響楽」(1954)
「シューベルト物語」(1971)
というのもありましたが、ビデオ化されていないと思います。
ちなみにご覧になった「未完成交響楽」というのは、'33年作品の方だと思いますが、同タイトルで公開された'59年のオーストリア作品もあります。ビデオ化されていませんが、こちらは若き日のシューベルトを描いたもの。

今年公開されたものでは、ルイ14世と作曲家リュリを描いた
「王は踊る」(2000)
バロック音楽、バロック・ダンスがふんだんに出てきます。

ついでに、音楽家の映画ではありませんが、ノルウェーの映画でオペラの女性プロンプターを主人公にした映画が今月公開されます。
「はじまりはオペラ」(1999)
中での演目はヴェルディの「アイーダ」です。

チャイコフスキーのもので
「チャイコフスキー」(1970)
ソ連の作品でビデオ化されています。

同じくチャイコフスキーでは
「恋人たちの曲/悲愴」(1970)というのもあります。
ケン・ラッセルの作品ですので、amicaleさんの言う「真面目なもの」という点でどうなるか、といったところ。私は真面目だと思いますけどね。
ケン・ラッセルでは「マーラー」(1974)というのもあります。
両方ともビデオ化されています。

「アンナ・マグダレーナ・バッハの日記」(1967)
J・S・バッハの第二の妻であっ...続きを読む

Qブラームスの作品で、詩が関連付けられている作品

ブラームスの作品で、詩が関連付けられている作品はピアノ・ソナタ以外の作品で、詩が関連付けられている作品はピアノ・ソナタ以外にありますか?
ピアノ・ソナタは3つとも2楽章に詩が関連付けられています(2番、3番だと4楽章も)。
歌曲は除外で、このような曲はピアノ・ソナタのみでしょうか?

Aベストアンサー

バラード第1番は、詩が関連付けられているようです。
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/brahms/001065.html
その他にもあるかもしれませんが、ちょっと思いつきません。

Q【フランス・美術館】作品の展示場所

フランスのルーブル美術館、オルセー美術館、ポンピドゥーセンターの
作品の展示場所について質問です。
以下の作品が美術館のどの場所に展示されているか教えてください。

・ルーブル美術館
「田園の奏楽」ティツィアーノ

・オルセー美術館
「水門」デュプレ

・ポンピドゥーセンター
「よい旅を」Cai Guo-Qiang
「冬の庭」ジャン・デュビュッフェ
「Plight」ヨーゼフ・ボイス

公式サイトでも調べましたが分かりませんでした;
回答どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ルーブル美術館
「田園の奏楽」ティツィアーノ

については、展示場所がわかります。
邦題が異なるので見つからなかったのかと。
邦題は「詩的な世界」になります。
http://www.louvre.fr/jp/oeuvre-notices/%E8%A9%A9%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%B8%96%E7%95%8C

Q是非教えて頂きたいです

結婚式の2次会にて手紙を読む時のBGMを只今思考中です。
そこで、手紙と言えばよくテレビで手紙を読む時に流れるあの曲
「タ、タッタッタッター、タッタッタッタッタッター・・・」
これだけではわからないと思いますが・・・
えっと~、いまは無き「おしゃれカンケイ」で流れてたはずです。

どなたかこれだけの情報でわかれば教えてください。
また他に、結婚式お勧めBGMも受け付けております。
よろしくです。

Aベストアンサー

cobaの「過ぎ去りし永遠の頃」ですかね?
http://www.ongen.net/search_detail_album/album_id/al0000000763/

アコーディオンの曲です。

Q日本の美術館の所蔵品

日本の美術館の所蔵品についてですが。
最近、展覧会に行き始めた初心者です。
写実主義・バルビゾン派あたり以降の絵画は随分あるようですが、それ以前のルネサンス~新古典・ロマンまでの作品はあまり見かけません。
西洋美術館と東京富士にはまあ有りましたが、この2館を除くと川村のレンブラントとか大原のエルグレコとか、それくらいしか思いつきません。
なぜ少ないのでしょう?
メジャーな画家の作品で他にもあるのでしょうか?
私が知らないだけですか?

Aベストアンサー

 いくつか理由は考えられます。

 1.作品数が少ない
 昔の作品はそれだけ失われているものも多く、残っているものは限られてきます。
 また、近代・現代の画家は全般的に多作で作品数そのものが多い可能性も高いです。
 2.世界的に人気が高い
 ルネサンス期の作品などは欧米でも人気が高いと思われますので、それだけ入手は難しいと思われます。
 3.あまり流通していない
 1・2の結果とも言えますけれど、古い作品は既に世界の主要美術館etc.に収蔵されてしまっているものがほとんどですので、そこから外に出ていく、ということはまれであると考えられます。
 4.価格が高い
 これもさらにそのそうした理由から、もし出てくることがあっても人気が殺到し価格が相当高くなってしまうことが容易に想像できます。
 日本の美術館の大半は公共機関ですので、それ程高額の予算を持ち合わせてはいませんし、一点に全て注ぎ込む、というわけにも生きません。また、個人にしても欧米や資源国のような真の金持ちはまず存在しておらず、購入できる金を持つ人はおおっぴらにそれを公表できないタイプの方だったりして、万が一入手したとしても美術館に寄託したりすることなどなさそうです。

 国立西洋美術館は現在は独立行政法人ながら元々は国の機関ですから、世界に互するためにはある程度の品揃えが必要になります。
 他に寄贈(松方コレクションetc.)もありますからそれらによって揃えられたものです。

 今丁度東京都美術館で開催している「日本の美術館名品展」を拝見しますと、各地の美術館が限られたコストの中でいかに特徴のあるコレクションを揃えようとしてるかが垣間見られて、学芸員の方々の努力がしのばれます。

 いくつか理由は考えられます。

 1.作品数が少ない
 昔の作品はそれだけ失われているものも多く、残っているものは限られてきます。
 また、近代・現代の画家は全般的に多作で作品数そのものが多い可能性も高いです。
 2.世界的に人気が高い
 ルネサンス期の作品などは欧米でも人気が高いと思われますので、それだけ入手は難しいと思われます。
 3.あまり流通していない
 1・2の結果とも言えますけれど、古い作品は既に世界の主要美術館etc.に収蔵されてしまっているものがほとんどです...続きを読む

Qおすすめのピアノ曲を是非教えてください

今ドビュッシーのアラベスクが終わったところなんですが、次に弾く曲をどうするか迷っています。
皆さんのおすすめの曲を是非教えてください。

できればバロック以外でお願いします。
最近はロシアやフランスの作曲家なども好きです。

Aベストアンサー

シューベルトの即興曲op.90-2やop.90-4などはいかがでしょうか??
op.90-3もとても美しいと思います。
ロシア系ではチャイコフスキーの四季はどれもいい曲でアラベスクが弾けるなら大丈夫だと思います♪


人気Q&Aランキング

おすすめ情報