約二年ほど前に、C型肝炎の方が使用した針を刺してしまいました。直後ではなく、どうしようなどと考えて「洗い流さなきゃ!」と血液を流したのですが、ざっくり刺したわけでもなくすぐに出血は止まりました。
その後受診し、先生いわく「肝炎の値が少ない方の血液だからそんなに心配しなくてもいいでしょう」とのことでした。それ以降、一年に一度採血で検査をしていますが、毎回結果はマイナスです。
ですが、検査項目が「免疫血清検査」の「HCV」の項目のみなのです。詳しい値(抗原・抗体など)は出ていません。ただ、マイナスの横に0.1colと値が出ています。
もうすぐ健康診断の時期であることもあって、気になるときがあります。C型肝炎は、ナースなどが患者の針を刺した場合半年~一年かけて採血検査することが多いそうですが、それ以降マイナスの場合、感染はしていなかったとみなしているのでしょうか?
何年も経過してから変化があることもあるのでしょうか?
採血の結果、生化学の「LDH」の値のみ毎回正常より少し高値です。運動などにより高くなることがあるとは聞きますが、なにか関係があるのでしょうか?(これは受傷以前より高かった気がしますが)
文章が長くなりましたが、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結論から言ってしまうと「HCV抗体」が「マイナス」なら、御心配は無用です。



針刺し事故から既に2年経たれていて、そして1年に1回検査しておられて、それで「マイナス」ならば「C型肝炎ウイルスには感染していない」ということです。
「マイナスの横にある値」というのは医学的に詳しい値のことなのだそうですが、これは「マイナス」の場合素人は気にしなくて良いものだそうです。

実は私も母が「C型慢性肝炎」なので、C型肝炎の感染については非常に神経質になっていて、3ヶ月に1度は検査して、又、その「検査結果」について医師に「質問責め」にしてしまうのですが(汗)、その為、色々と知識が付きました(苦笑)。


「LDHの値が高い」というのと「C型肝炎に感染したか」はこの場合は別問題だと思います。
あくまでも「C型肝炎抗体がマイナスである」という「事実」が大事なのです。


御心配は必要ないと思いますよ。


以上、私の経験も踏まえて書かせて頂きました。
何かのお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのお返事、有難うございます。
そうなんです、多分自分でも「大丈夫」と言うことは解っているんです。でもやはり万が一のことを考えると相談したくて。。。lilylilylilyさんならこの気持ちをわかってくださるのではないでしょうか。。。
3ヶ月に一度の検査は不安もあると思いますが、結果がマイナスであったときの安堵感はとても良くわかります。
C型肝炎の方のなかには感染源がわからない方もいることからも、定期的な検査と最低限の予防は必要ですよね。
お互い気をつけましょうね★

お礼日時:2005/04/14 01:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング