私は、北米でアルシオーネ(1986年製)に乗っていたのですが、その車は、パートタイム四駆のターボで、デジメタでした。日本では、同じ車は、販売されたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 再びどうも。

(^^)/
今回は乗っていた本人が、直接書き込みさせて頂きます。ID本人が代わりに入力だと、少々長いので。。。

 私が知る限りの日本仕様です。 ただし、乗っていたのが10年も前なので、少々記憶が・・・な点もありますが。(笑)
 4WDについてはフルタイムは2.7のみ。 1.8ターボは通常FFだったと思います。 シフトのボタンを押すことで、デフロック式の4WDとなります。 オフロードタイプの4×4にあるものと同じですね。
 ちなみに日本では1.8の4気筒ターボで登場後に2.7の6気筒が追加されました。 これは、1800cc÷4気筒=1気筒サイズ450cc、 450cc×6気筒=2700cc、 なので、この2つのエンジンは同じピストンを使用しているため、作りやすかったのでしょうね。
 そして、この車は日本では超不人気車種でした。 と言うか、この頃はスバル自体が不人気メーカーでした。レガシィも登場したばかり、インプレッサもありません。 私は知人一同から、大大大ブーイングでした。 しかし、今ではその知人たちの多くはスバルに乗っています。。。
 質問者さんのように、インプレッサやレガシィではなく、この車種に興味がある方は私は嬉しく思います。 最近の方はこの後の、フルモデルチェンジしたSVXは分かるみたいですが。。。
 さて、装備についてですが・・・
 サンルーフはそちらの仕様と同じく、鉄板のものですね。最近のガラスではなく。 チルトアップしか出来ません。そして、外せます。(笑)
 デジメタはこちらではMT車にはありませんでした。 ターボのメーターもバーで表示でしたね。 欲しかったですが、MTがよかったもので。(^^)
 グレードは質問者さんと同じ仕様のものは、日本では「VR」と言うグレードになります。 この頃、日本ではスポーツタイプに「R」がつくものがいくつかありました。そして、上級グレードに「VX」。このグレードが後に「SVX」となるわけです。(笑)
 オマケで、ちょっと小ネタ・・・
この車は、サイドブレーキが前輪を固定するものだったのです。 サイドターンが出来ないのですね。。。
 以上、長々と失礼しました。。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いやー、本当に勉強になりました。有難う御座いました。私の場合も、買った時はブーイングで、セリカの4駆ターボ買え!とか、いろいろ言われたんですが、いろんな意味でアルシオーネが思い出深いんです。アルシ廃車後、カルタスのGTI、最後は、マーキュリーのカプリ(ロータスっぽいデザイン)と乗りましたが、やっぱり今でもアルシが好きです。

お礼日時:2005/04/15 23:34

スバルのMLによると、


1984年の3代目レオーネデビュー後にスバルのフラッグシップカーとして開発。
スバル星団の中でももっとも光り輝く星の名に由来し、空力特性、高速4WDなど数々の思い切った試みがなされたらしい、とのことです。
    • good
    • 1

 いとこ本人が今、隣に居ますので追加があるそうです。


 2.7ターボなし6気筒 4WDはフルタイムの4WD
 1.8ターボ4気筒 4WDはパートタイムの4WDと言うより、ボタンを押す事で4輪の回転差が無くなるデフロック状態にするもの。 走破性は上がるが、曲がりにくくなります。
 以上、代記でした。。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、これは私が乗っていたものと同じですね。私のは、シフトノブに4WDと書いてあったので、ボタンを押すと4WDになるものだと思っていました。
また、サンルーフは、自動ではなく、ルーフを手で取ってトランクに入れるというバージョンでした。また、曲がりにくいという特徴も同じです。このバージョンは、日本ではVRターボというのですか?

お礼日時:2005/04/15 00:29

いとこが乗ってました。


(1)1.8ターボ4気筒 FF 5MT 4AT
(2)1.8ターボ4気筒 4WD 5MT 4AT
(3)2.7ターボなし6気筒 4WD 4AT
 グレードはこの3つのみ。
http://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/ALCYONE/in …
 いとこが乗っていたのは(2)の5MT。 質問者さんと同じく、シフトのボタンを押すと4WDに変わるものだったそうで、デジメタは(2)の4AT専用のオプションだったそうです。(しかもサンルーフとセット)
    • good
    • 1

回答に関しての訂正と補足


6気筒の排気量は2.7、4気筒はNAとターボ付が有り1.8が正解、マイナーチェンジ後のターボ付は廃止されてなかったです。
頼りなくてごめんなさい…
    • good
    • 1

恐らく、初代アルシオーネだと思います。


当時はオートマがACT-4(アクティブトルクスプリットフルタイム4WD)、ミッションがパートタイムorビスカスカップリングの4WDかFFだった様な…
ちなみにターボ付は2リットルor1.8リットルのOHC4気筒だったと思います。
ただしマイナーチェンジ後は2.6リットルのOHC6気筒でNAのみターボは廃止、フルモデルチェンジでアルシオーネSVXになり3.3リットルのDOHC(だったと思う)6気筒のATでNAのみみなります。
ただ…輸出車輌に関してはちょっと疎いんで…参考になれば幸いです。
余談ですが…初代のボディcd値(空気抵抗係数)0.29で、エッジの効いたデザイン最高!インパネもメーター周りのクラスタースイッチはピアッツァと双璧を成すガンダムメーター、最高ですね!SVXの水平対向6気筒は、当時のポルシェが大絶賛した程の珠玉のエンジンです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!そうしますと、ミッション車ですと、日本でもパートタイム四駆ターボバージョンが在るかもしれないという事ですね。実は、この車には、設計ミスがあったようで、随分ひどい目にあったんですが、どうも嫌いになれなくて。アメリカ人のメカニックに、この車のエンジン設計には、問題あるね!シリンダーブロックの同じ場所にひびが入るんだ!と指摘されたのを思い出しました。

お礼日時:2005/04/14 22:25

日本でも、販売されていました。


最初は、アルシオーネでそのときには、FF車と4WD車の双方が出ていました。

その後モデルチェンジで、アルシオーネSVXになりました。
そのときには初めての水平6気筒エンジンを搭載していたクルマです。

Goo-NET アルシオーネ
http://www.goo-net.com/catalog/1045/10451002/

カーセンサー アルシオーネSVX
http://www.isize.com/carsensor/s/smodel/SB_7_1.h …

この回答への補足

皆様、ご回答有難う御座います。パートタイム四駆でターボ装備のアルシオーネは、販売されたのでしょうか?私の車は、マニュアルシフトで、シフトノブにボタンが付いていて、ボタンを押すと四駆になりました。よく友達が、ミサイル発射!などと言って四駆に切り替えて遊んでいました。どなたかパートタイム四駆ターボについてご存知の方いませんでしょうか?

補足日時:2005/04/14 17:49
    • good
    • 1

なつかしいですね。

アルシオーネ。知人も乗ってました。

あの個性的なスタイルは、私も好きでした。

でも、色々な車雑誌によれば、「少しばかりデビューするのが早かった。」ようです。

あまりにも先駆的というか、近未来を先取りしたスタイルだったため、逆にユーザーに受け入れられなかったようです。

私は名車の1つだと思ってますけど。
    • good
    • 1

はい、発売されてましたよ。


詳しい事は下記のHP参照の事! ↓

http://car.autos.yahoo.co.jp/m0107/k01071006.html

参考URL:http://car.autos.yahoo.co.jp/m0107/k01071006.html
    • good
    • 1

昭和60年~平成3年(1985~1991)ころまで売っていました。

その後No,1さんのいうSVXにモデルチェンジしました。かなりエッジの効いた独特の未来的デザインでしたね。スバルお膝もとの群馬に住んでいますがさすがに見かけることは少なくなりましたが今でもきれいな状態で走っている車をたまに見かけます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング