こんばんは。
今年の夏からオーストラリアへ1年間留学予定で、初めの数ヶ月はホームステイプログラムを利用したいと思っています。ですが現地へ着いても友達や家族としかり時間を気にせず話せるように日本から今使っているラップトップを持参したいです。
オーストラリアで現地のインターネットプロバイダに申し込みさえすればいいのでしょうが、ホームステイしている間ってどうなるのでしょうか?彼等もPCを持っているに違いないと思いますが、ブロードバンドでない場合気を使いますし、同じ家にプロバイダ2つ入れることは不可能ですよね?
留学生のみなさんどうしてますか?
おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

追加です。


実は、回答を送った数日後にAOLから、オーストラリアでのローミングサービスが有料に変更するというメールがきました…。下記のようなメールです。
○改定対象プラン
・標準プラン/年割/学割
・コミコミパックプラン
・イーアクセスADSLプラン
・フレッツ・ADSLプラン/Bフレッツプラン
・モバイルプラン

○改定後のローミング料金
378円/時間(6.3円/分)
※2005年12月末まで、104円/時間(1.7325円/分)

今までは無料だったのに突然の課金です。
AOLは日本の電気屋とかにおいてあるCD-Rをパソコンにセットするだけで契約できます。
一度薦めておいて、悪いのですが、改定後の料金では行ってから他のプロバイダーを契約したほうがいいかもしれません。
日本のプロバイダーと渡航前に契約したいなら、ローミングサービスのアクセスポイントが留学する街にあるかという点と、ローミングサービスの料金を確認したほうがいいと思います。
何だか、かえって混乱させてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、変わってしまったんですね。教えていただいてためになりました。
どちらにしろオースに着いたときはホームステイですので自分の線を引く必要はないようです。なので時間をかけてじっくり選んで使いたいと思います。

PCのことですが日本からそのまま持って行って向こうではインターネットの契約をして、そしてただつなぐだけで使えるんですよね?
オースはコンセントは変えないといけませんか?

お礼日時:2005/04/22 23:35

ラップトップをもっていくだけで使えますよ。


(ラップトップ以外は電圧調節する機械買わないとダメですけどね。)
ただ、コンセントはハの字のソケットに変えなければなりません。電気屋の旅行グッツコーナーにあったと思いますよ。
PCは、友人2人が盗まれてるので注意してくださいね。警察によると結構日本人ターゲットにする空き巣もいるらしいんで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても参考になりました!

オーストラリアへ移ってから色々考えたいと思います。

お礼日時:2005/04/30 02:39

今、オーストラリアの大学院で勉強しているものです。


確かに、オーストラリアでプロバイダーに契約することもできますが、日本でAOLにはいってくるのが一番いいんじゃないかと思います。
オーストラリアのプロバイダーは容量の制限みたいのがあるので心配ですし、面倒くさいです。
AOLはオーストラリア全土をカバーしてるアクセス番号があるので、どこの都市に留学しても大丈夫です。

電話代

しかも、電話代は時間ではなく回数でカウントされるので、AOLを使い放題のプランにすれば、つばっぎぱなしにできます。(全国共通番号にアクセスするので、市内電話と扱われます)
ホームステイも去年少ししたのですが、その際はホストマザーにいって電話線を使わしてもらいましたよ。
確か一回25セントだったかな。
だから、とりあえず自分の場合はAOLで全く問題はないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おしえてくださってありがとうございます。

なるほどでは日本でAOLに加入してから行ったほうがいいのかな?でも最初のホームステイで使えない可能性がありますよね。
向こうに行ってからもAOLの加入は日本語でできるのでしょうか?

お礼日時:2005/04/21 16:13

アメリカに留学中です。


基本的に2つのことが考えられますね。

ブロードバンド(DSLやケーブル)
ダイアルアップ

もしブロードバンドであれば、モデムに空きがあればあなたのマシンに設定、接続だけでいいと思います。

ダイアルアップの場合
家主がプロバイダーを持っている場合と持ってても使っていい場合と(悪い場合=自分でプロバイダ契約する)

それを使っていい場合はアクセスナンバーを聞いてダイアルアップ経由で接続可能でしょう。もし家主のパスワードやEMAILのアカウントが1つで共有したくないといわれた場合は自分でプロバイダー契約したら言いと思います。この場合の一家に複数のプロバイダ契約は別に問題ないと思います。
ダイアルアップのプロバイダ契約は別に場所を選ばないので、電話線のあるところなら何処でもOKなので引っ越してから使えるとおもいます。
    • good
    • 0

う~ん、数ヶ月のホームステイで人の家に電話引いてインターネットの契約して、は多分無理でしょう。

ブロードバンドも日本ほど普及率高くないですし。下手すればインターネットのイも利用してないかも。
自分で寮に住むとか、アパートで暮らすなら自分の自由にできますが、ホームステイはあくまで他人の家に居候しているだけですから。下手すると面倒を掛ける事になりますから、数ヶ月しか居ないのならホームステイ先でのインターネット利用は避けたほうがいいと思います。どうしてもなら、自分でアパートを借りる事をお勧めします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーストラリア留学

オーストラリアに留学をするのですが、オーストラリアから帰国したあとに

なにをするべきですか?大学の留学制度でいくので、事後学習はあるの

ですが、それだけで留学したときに得た英語能力を活かせるか 心配です。

過去に留学した人の失敗を繰り返さないためにどうしたら良いですか?

留学後に役立った方法などを教えていただけるとたすかります!!!

Aベストアンサー

何をするべきかは人それぞれです。留学前に決めてしまえる人もいるでしょうけれど、留学の成果次第のところもありますからね。

> 過去に留学した人の失敗を繰り返さないためにどうしたら良いですか?

せっかく覚えた英語を、使う機会がない状態が長く続くことが「失敗」と言われてしまう原因のひとつのようです。
でも、英語を使う職業に就くことだけが「成功」ではありません。
留学後に「失敗」していない人は、留学で学んだこと(語学だけでなく外国で生活することから学んだこと全般)を生かせている人です。
私は何も決めずに出発しましたけど、留学の経験を人生におおいに生かせています。あのとき決断して行ってよかった、と心から思います。帰国後、特に何もしようとしませんでしたが、人生が勝手に開けてきた感じです。・・・参考にならないでしょうか。すみません。

いずれにしても、失敗を恐れるとよい結果は出ませんよ。
また、成果ばかりを求めても、なかなか成果を出せない自分がイヤにやって留学生活を楽しめない人も大勢います。そうなると「失敗」パターン決定だと思います。
まずは、そうならないようにすることが大切だと思います。

何をするべきかは人それぞれです。留学前に決めてしまえる人もいるでしょうけれど、留学の成果次第のところもありますからね。

> 過去に留学した人の失敗を繰り返さないためにどうしたら良いですか?

せっかく覚えた英語を、使う機会がない状態が長く続くことが「失敗」と言われてしまう原因のひとつのようです。
でも、英語を使う職業に就くことだけが「成功」ではありません。
留学後に「失敗」していない人は、留学で学んだこと(語学だけでなく外国で生活することから学んだこと全般)を生かせている人です。
...続きを読む

Q留学生のもので節約。ホームステイでの疑問。

海外で留学生のホームステイをしている人たちは、自分たちは贅沢をしているのに受け入れている学生の食事などを簡素なもの(スーパーで特売の超安いものとか家族のご飯の残り物、シャワーに入らせてくれない、真冬もストーブをだしてくれない、充分な食料を得られない等々)にして節約するものなんですか?
3つの家庭にホームステイしたことがありますが、一番初めの裕福な家庭以外は2つともそうなので。(今のところはそこまで極端ではありませんが。)友だちからも結構こういう話を聞きます。
お金をためようと思って節約するんだろうけれども、自分たちが大きい買い物をしていたらいくら学生のもので節約しても効率悪くないですか?
学生は高いお金を払っているのだから、もうちょっと考えて欲しいなと思います。

Aベストアンサー

>海外で留学生のホームステイをしている人たちは、自分たちは贅沢をしているのに受け入れている学生の食事などを簡素なものにして節約するものなんですか?

う~ん、むずかしいですね。贅沢してますか?ホストファミリーの人たちは。

ニュージーランドの人達って、皆さん質素 倹約家だから、そう見えるのではないでしょうか?

例えば、
非常に例は悪いですが、

犬を飼っているから、「あなたも飼いなさい」と言って犬(own dog)をくれませんよね。

車を持っているからといって、「あなたにも」と言って車くれませんよね。


なんと説明すればよいのかちょっと分かりませんが、
案外、悪気は全くない、しかも「留学生には結構良くしてやっている」といった感じでやってくれているのかもしれませんよ。誤解で違った感じの受けかたになってしまっているのかもしれません。

例えば、
ストロベリーとか、ホストファミリーがふんぱつして買ってきて、自分たち家族みんなは食べて、留学生にはあげない。とかいう話は、ごく普通の話ですね。どんな良いホストファミリーでも、そのような話は良くある話です。また、やわらかい高級肉とかも、同じように、くれませんね。(※a)

ホストファミリーが、やっとのことで買う自分たち用の高級品、なにも留学生にまでやらなくても良いわけです。

まあ、仕方のないことです。車や犬をくれないのと同じで、高級食材もくれません。

{※a:例えばこれはちょっとおもしろい例で、私の妻も、私の所とは別の所(地域は同じオークランド内)で同じ時期にホームステイしていました。なんとその家庭のお母さんは、「ホームステイコーディネーター」。つまり、ホストファミリーを事前に審査したり、カウンセリングしたりをする仕事の人でした。鹿肉の高級肉を買って冷凍庫に保管されていましたが、だんだん減っていくという話でした。妻は1口も食べたことはありません。}



>スーパーで特売の超安いものとか

まあ、これは、食中毒にならない安全なものなら良いとして、



>家族のご飯の残り物
>充分な食料を得られない等々

犬のエサじゃあるまいし、本当に残り物ですか?
これは、もし深刻なら、しかるべきところに訴えるべきですね。
しかるべきところとは、
カウンセラーとか、ホストファミリーコーディネーターとか、なんて呼んでいるのか知りませんが、「ガーディアン」とか「学校」でしたっけ。

私も、ホームステイしている時は、腹減って仕方ありませんでしたね。
自分の金で、菓子を買って食べていましたね。もちろん、ホストファミリーに見付かると申し訳ないので、隠れてですが。
ニュージーランドのスナック菓子って、おいしいのですよね。結構それが楽しみだったり。

バレたらバレたで、「食事は足りていないのか?」と聞いて心配してくれて、量を増やしてくれると思いますよ きっと。



>シャワーに入らせてくれない

何日も入らせてもらえないわけではないですよね?
最長で何日位入らせてもらえないのでしょうか。

まあ、ニュージーランドでは、シャワーのことでの問題は必ずと言っていいほどに起きますね。たいていは、「5分で出ろ」とかで、5分経つとドアをドカドカと恐ろしく叩いたり といった感じでしょう?

それでもなかなか出ないなら。「もう入るな」とか云われるのでしょうか?

これは、ある意味 仕方がないことなのですよね。

一般的には、ガスの引かれた家庭などはほとんどなく、たいていは、「ホットウォーターシリンダー」という単純な電気温水器のようなものが、どこかのクローゼット内に設置されているだけで、これが空になると水しか出てこないようになってしまうのです。これを心配しているのでしょうね。


これは、案外簡単なのです。
「日本人は、風呂はなが~く入る習慣の民族なんだ。」と、やさしく説明すれば良いのです。
そして、必ず付け加えないといけない言葉は、
「実は、シャワールームに入っている時間のほとんどはシャワーは止めているので、実質のお湯の使用量は、かなり少ないと思うのだけど。」と、言ってみます。
その上で、やはり10分以内とかで出ないと、ダメですね。

毎日シャワーに入るのも、無理な場合も多いでしょう。
また、ホストファミリーは湯をバスタブに溜めて入っていても、留学生がそれをやれることはできない場合がほとんどです。

ただし、それをやりたくもないでしょう?
バスタブに湯を溜める場合は、シャワーは一切使っちゃいけないのですよね。
つまり、湯を半分以下で溜めて、泡の洗剤を入れて、その中で浸かって、体中泡泡のまま出てタオルで拭くだけですよね。

実際ニュージーランド人がシャワーを使う場合も、
まずシャワーを出して、
そのままガーっと石鹸塗りたくって シャワーを止めて、
タオルで拭いて服着て出てくるのです。
5分で終わるはずですよね。

これが常識の人達ですので、日本人が10分以上とかシャワールームに入っていると、どんなに良い人達(ホストファミリー)でも、相当怒ります。

私も、いろいろなホストファミリーの話を、友人からも多数聞きましたが、
その中で、「シャワーの時間は何にも注意されたことがない、こちらから聞いたら、好きなだけ使いなさい と言われた。」というご家庭は、たったの1家庭だけでしたね。
そのご家庭は、とっても裕福なご家庭で、しかもガスを引いてあるというようです。



>真冬もストーブをだしてくれない

どこの地域でしょうか?
オークランドなら、要らないでしょう。

リビングにはきっとストーブありますよね?(※b)
ホストファミリーの夫妻のベッドルームにも有るかもしれません。場合によっては、子供の寝室にもあるかもしれませんが、留学生の部屋にまで用意してくれるなんてことは、オークランドでしたら、ないでしょう。
仮に用意してくれたとしても、「電気代がなんとかかんとか」で、結局使えないと思いますよ、そして片付けられちゃうでしょうね。

たぶんですが、普通キウイは、各個人の部屋のストーブなんて、もし有っても5~10分も点けないでしょう。2400W位の小型の電気ファンヒーターですよね?
部屋に入って、まずストーブのスイッチをパチッと付けて、それから厚着して、ストーブのスイッチはすぐオフにするのではないでしょうか。
これが、
留学生にストーブを用意してやると、部屋に入っていつまでも厚着もせずに1時間とかストーブ点けっ放しでいつまでも薄着でいるから、そのうちホストファミリーは怒りが爆発しちゃうのです。

リビングのストーブは、オイルヒーターなんかが夕食時~TV見る時間は点いているかもしれませんね。みんなが集まる所。


オークランドでしたら、その気になればストーブは要らないですよね。

私は、オークランドでしたが、フラットに引っ越して一軒家になっても、ストーブなんて1つも持っていませんでしたよ。

決して金がなかったわけでも、電気代節約していたわけでもないですが。

最後の数年間住んでいた家は、結構 良い家で、フラット(借家)ですが、新築の(築1年目)の、大きな一軒家に住んでいました。新品のシンプソンの洗濯機と、新品のフィッシャーアンドパイケルの冷蔵庫、パナソニックのオーディオに、車は新車も含めて4台とか同時に持って、とか、そういう生活で妻と2人で住んでいましたが、それでもストーブは一切持っていませんでした。

なぜなら、「持っていても、たいして使わないでしょう?」という考えでです。
というか、その大きな家中を暖めようとすると、それこそ電気代が凄そうだし(家が相当デカイから&窓も大きい)、いる部屋だけ温めても、他の部屋や廊下やトイレに行くのが辛くなるだけだし、
という理由から、結局私どもはストーブは持っていませんでした。
それでなんとか不自由なく生活できましたよ。

そこの前に住んでいた家(これも借家)に居た頃は、これもオークランドですが、そこはフルファニッシュドで、電気ファンヒーターもありました。その前のところ(これも借家)もフルファニッシュドで、そこはデロンギのオイルヒーターもありましたし、電気ファンヒーターもありましたし、暖炉までありましたので、冬は薪を焚いたりして楽しみましたが、
それでも、
新しい家に引っ越したその“最後の数年間住んでいた家”では、ストーブは一切使いませんでした。(そこには何年も同じ家に住んでいまして、何度か冬を迎えましたが。)
もちろん、秋口にファーマースとかで電気ストーブを置き始めると、「ストーブでも買うか」とか妻と話したりしましたが、結局、「あの広い家じゃあ、たいして温まらないでしょう。」ということで、最後までストーブは持っていませんでした。

ニュージーランドは、真冬でもたいして寒くないですよね、オークランドより北側なら。

これを読んだ日本人永住者からは、「オークランドでもストーブは要るでしょう」という指摘が聞こえてきそうですね。
そうですね。
私も、「オークランドでは、ストーブが家に無いことが普通だ。」とは思っていません。きっと どのホストファミリーでも、ストーブは持っているでしょう。ストーブの本体は安いですし。
でも、使うのはリビングルームとかでしょう?あとはダイニングとか、ホストファミリーの夫婦の寝室とか。お年をめしておられると、寝室にも必要なのでしょうね。
子供部屋にも、もしかしたらあるかもしれません。(足を暖めるために数分 使うだけとか)

しかし、
新車も含めて車常時4台以上も持つ新築暮らしの人間がストーブを1台も使わずに生活できるような地域で、留学生にまでストーブを用意してくれなくても、これまた仕方ない話なのかもしれません。
オークランドであれば、服を厚着すれば何とか問題なく しのげることでしょう。

それ以南の寒い地域でしたら、ガーディアンにでも相談してみて下さい。

{※b:ニュージーランドで「ストーブ」と言ったら、本来はhob(調理コンロ)のことですよね。ガラストップの電気コンロはありましたよ家に。無いのは、日本語のストーブに該当する物。}



>お金をためようと思って節約するんだろうけれども、自分たちが大きい買い物をしていたらいくら学生のもので節約しても効率悪くないですか?

ギリギリいっぱいの、たまの贅沢は、やっとのこと自分たちホストファミリーは出来ても、、「それを留学生にまでしてあげることは出来ない(つまり、留学生には、ごく普通のことだけをしてあげられる。)。」
ということなのかもしれません。



>学生は高いお金を払っているのだから、もうちょっと考えて欲しいなと思います。

>節約というよりも単純に「学生から少しでも多くとろう。」という考えなんでしょうね。

たしかに、「お金になるから」というのが、理由の1番でホストファミリーをしている家庭がほとんどでしょう。しかし、世界の他の国とは違い、ニュージーランドの場合、「異文化との交流」という理由は必ず2番目には来ている大きな理由の1つでしょう。国別でみると、最もまともに留学生を扱う国であると思いますよ、ニュージーランドは。しかも公平です。「どの国の子には親切に」とかいう考えは持たない人達ですよね基本的には。

アメリカとかは、ひどいところ(ハズレなホストファミリー)は相当ひどいようですよね。

ニュージーランドは、ハズレ(極端なハズレ)というのは無い。という国ではないでしょうか。



>日本人の感覚だとなかなかそういうことはしづらいけれど向こうの人はあまり気にしないのかもしれませんね。

日本で、外国人を受け入れてホームステイさせようなんて考える日本人家族は、それこそ「異文化との交流」という理由しか考えていないでしょうね。必要経費としてお金は取っても、それ以上のものを留学生に与えて、結局大幅にマイナスになるような受け入れ方をするようなご家庭が、日本でホストファミリーをしているような気がします。

逆の言い方をすると、
日本の一般家庭では、普通の家庭ではホームステイで留学生を受け入れたりなんて、やらないでしょう。
よほど奉仕的な精神の人が、採算度外視で留学生を受け入れているとか、日本ではきっとそのような感じでしょうか。知りませんが。

期間が短ければできることではないかと思います。2泊3日とか、長くても1ヶ月も居ないとか。


海外、例えばニュージーランドでは、留学生とか外国人とかは、あまり珍しくないのです。
よって、家に滞在させるというのも、「金儲け(収入源)の1つの方法」として留学生を受け入れている。というご家庭がほとんどでしょうね。
よって、赤字になるようなことは決してしません(しませんというか、できません。したら破産してしまうご家庭が多いと思います。)。「実費を差し引いても、まだ家事等に見合った結構な収入がある。」ということが担保されなければ、ホストファミリーなんて もともとやらない人達でしょう。

でも安心できるのは、ニュージーランドの場合は、結構「異文化との交流」ということを ほとんど全てのホストファミリーが理解して仕事の一環として感じているご家庭が多いですので、「とんでもないハズレ」というところはなく、悪い家庭は淘汰されている安心な印象はありますよね。



>比較的どうしてもお金が欲しい人やちょっと理由ありなりな家庭が多いのかな、と思うのです。

たぶん、日本のごく普通のご家庭が、主婦が、「ちょっとスーパーにパートにでも行くか。」といった感じなのと、

NZでの、「ちょっとホームステイでもやるか」というのとは、似ているのではないかと個人的には感じています。

「べつに悪気も一切無いが、かといって奉仕でもない。」と。

そのような前提の中で、「みんなで仲良く交流ができたらな」と希望する人が、ホストファミリーを始めるのだと思いますね。




---------------------------------------------------------------------------------------
まとめ

長々と書いてしまいまして誠に申し訳ありませんでしたが、

べつに私は、NZ人のかたを持っているわけでもないですし、「多くの留学生がNZを選ぶように」と何か仕向けるつもりも一切ありません。

ただ、せっかくNZに行かれたご質問者様が、楽しくNZで生活できれば{その多少のお手伝い(参考)にでもなれば}と思い、どれか1つでも何かのヒントになれば幸いです。


これまでの話は、まとめると、簡単です。

まず、

・「ホストファミリーは、自分たちよりもの贅沢は、留学生にさせることはできない。」(シャワーの湯の使用量や、ストーブ等の電気代など。)

それと、
・「自分たちが たまに楽しむ贅沢を、それを留学生にまでしてあげるほどの義務もない。」(ストロベリー等 高級食材。などの件。車も。)

の2点ですね。

これは、もしご質問者様が逆の立場だったら、理解できる点も結構あるのではないでしょうか。



「飽食日本」の日本と比べて、食事にケチケチしているようなところが感じられることもあるかもしれませんが、
量が足りない点は、ホストファミリーや、またはガーディアンにでも相談すれば、改善される所も多いのではないかと思います。【重要】

通常、NZ人は、例えば「朝はコーンフレークに牛乳だけ」とか、「トーストだけ」とか。昼は、「フィッシュアンドチップス」、「サンドイッチはちょっと贅沢」、「ヨーグルトは(ちょっと高いんだよね)といった案外贅沢品」、
「夜だけは思いっきり食べる」といった感じな生活ですよね。夜思いっきり食べるといっても、安い硬いラムステーキとか、または、テイクアウェイで買ってきたチャイニーズのチャーハンとチップスなんて、子供が大喜びのご馳走です。これが実は普通。

たまにストロベリーだのデザートだの買ってみるようですが、そういったものは留学生には隠れて食べているようです。

でも、いいではないですか。
留学生は、出先でマクドナルドでサンデーでも買って食べれば良いではないですか(金は自分持ちで)。




実は、私のホームステイの最初のところは、非常にケチケチで、誰が聞いてもケチケチな家庭でしたが、朝食は、「日本人は朝から食事を豪勢に取るのを私は知っている。」「だから私は留学生には朝から良い食事を出す。」と言って、胸を張って自身たっぷりに説明していましたね(私に)。実際そう感じていたようです。ベーコン1枚と目玉焼き1つだけですが(それとトースト1枚)。

時々、夕食は、私だけ魚で、他の人はみんな肉(ラムステーキ)の時などありました。
あるとき、
「日本人は魚が好きだから、高いんだけど、たまには魚にしてあげられる。」と言っていました。実は、最大限にふんぱつした親切だったのですね。
私も、意味分らないことはとくに気にしないようにしていましたので、「1人だけ魚」とかもあまり考えないようにしていましたが、それが親切心だったと知った時は、なんとく、それに気が付かなかった自分が恥ずかしかったですね。


-----------------------------------------------------------------------
受け止め方次第で、もう少し楽しく生活できるような点もいくつかあるように感じました。

フラットに引っ越すなどといったようなことができずに、
いずれにせよホームステイは続けなければいけない状況下ならば、
その状況下で なんとか楽しく生活するためには、受け止め方とか、考え方のほうで、もう少し工夫したり、時には自分をだましたりしながら、なるべく楽しくいろいろなことを経験したほうが、結果はお得な生活ができるのではないかと思いました。
 

>海外で留学生のホームステイをしている人たちは、自分たちは贅沢をしているのに受け入れている学生の食事などを簡素なものにして節約するものなんですか?

う~ん、むずかしいですね。贅沢してますか?ホストファミリーの人たちは。

ニュージーランドの人達って、皆さん質素 倹約家だから、そう見えるのではないでしょうか?

例えば、
非常に例は悪いですが、

犬を飼っているから、「あなたも飼いなさい」と言って犬(own dog)をくれませんよね。

車を持っているからといって、「あなたにも」...続きを読む

Qオーストラリアへ大学留学…

今将来に悩んでます、、、私はオーストラリアへ留学していました、その際に私はオーストラリアに興味がわき、結局大学を受験しよう!と思ってます。そこで、留学してからの大学生活は、どの様な感じなのでしょうか?日本と変わらないのでしょうか?それと留年などあるのでしょうか??教えて下さい、

Aベストアンサー

ちょっと前までオーストラリアの大学へ留学してました。
なので日本の大学の学生です。

オーストラリアと日本の大学の違いは日本の大学は4年制ですが、オーストラリアは基本的に3年制みたいです。
そして、日本の大学だと一般的に3~4年生はゼミや研究室に入るというイメージがありますが、オーストラリアの大学は日本でいうゼミはなく、卒業単位を取得できれば卒業できるそうです。
さっき基本的に3年と言ったのは、2年半で卒業単位を取得できれば卒業できたりして、逆に3年をフルでやっても卒業単位に満たなければ4年目があり、4年目の人も実際いました。
日本の大学は学部でも自分でテーマを決め担当教授に指導をしてもらいながら卒論を書く機会がありますが、オーストラリアは授業を受けるだけで卒業できるということになります。

あとは、個人的に感じたことは、オーストラリアの大学は日本より「教える」ことに対して親切だと思いました。
レポートも文系のでも添削してそれなりの評価がついたものを返してくれます。
(日本の大学でレポートを返してもらったことはありません)
それから講義の補講的なものとして、チュートリアルがあり、ディスカッションやパソコン実習等少人数ですべきことをやったりします。
日本の大学は講義しかないです。
この点に関しては日本とオーストラリアの大学に対する考え方や制度の違いかもしれないので一概にどっちがいいというわけではないです。

日本の大学、オーストラリアの大学、と一般的に書いてしまいましたが、それぞれの大学や学部で個性もありますから私の申したこと全てが本当ということではないと思いますけど、参考になればと思います。

ちょっと前までオーストラリアの大学へ留学してました。
なので日本の大学の学生です。

オーストラリアと日本の大学の違いは日本の大学は4年制ですが、オーストラリアは基本的に3年制みたいです。
そして、日本の大学だと一般的に3~4年生はゼミや研究室に入るというイメージがありますが、オーストラリアの大学は日本でいうゼミはなく、卒業単位を取得できれば卒業できるそうです。
さっき基本的に3年と言ったのは、2年半で卒業単位を取得できれば卒業できたりして、逆に3年をフルでやっても卒業単...続きを読む

Q留学生の現地での相談相手(カウンセラー?サポーター?)をしている方、お世話になったことのある方に質問します。

 海外(英語圏)在住2年目、語学力は日常会話程度(日々勉強中)なのですが、ひょんなことから来年日本人交換留学生の現地でのサポートをする仕事が舞い込んできました。
 仕事の主旨は一言で言えば日本語で留学生のサポートをする、留学生とホストファミリー、学校の橋渡しをするような仕事で営業のようなものは一切ないです。
 今までも何人かの留学生をサポートしてきましたが、あくまでも友達としてでした。そこで現在海外でそのようなお仕事をしている方、もしくはお世話になったことのある留学経験者の方に質問なのですが、来年のスタートに向けてどのような勉強をすれば良いのでしょうか?心構え、経験談などありましたら教えてください。
 また、在職の方はどのくらいの頻度でサポートしているのかも教えていただけると嬉しいです。
 よろしくお願いします。留学生のサポートの仕事はしたことがありませんが以前はソーシャルワーカーでした。少しは共通点があるでしょうか?やる気とサポートしたいという気持ちはもちろんいっぱいです。

Aベストアンサー

海外にて留学していたことがあるものですが、
日本人交換留学生ということなのでカウンセラーなのでしょうか?
留学生をサポートするという内容では他にガーデアン(保護者)と言われる役柄をお金で雇ってつけると言う仕事もありまね。一式に留学サポートと言われてもピンからキリまであります。もう少し仕事の内容を委託された場所に伺ってはいかがでしょうか?単に相談役であり法的にガーデアン(保護者)のような責任問題が生じないのであれば仕事内容としてはソーシャルワーカーをしていたとのことなのでらくだとは思います。後はホームステイ先と学校との掛け渡し役との事ですが、基本的には学生の不満を語学ができない代わりにホームステイ先や学校側に直接訴える事などをしなければいけないと思われます。

やはり委託先からどの様な職柄で仕事をするのかをご確認していただけないと私としてはこれ以上コメントはできません。お力になれず申し訳ございません。

Qオーストラリア留学について

こんにちは、高1です!
今年の夏休みを利用して
オーストラリアへ
短期留学に行くことに
なりました。

そこで、オーストラリアに行かれた
方、また留学された方などの
経験談など聞きたいです!!

また、持ち物としてどのようなものが
いるのか、

など聞かせて下さい!

よろしくお願いします

Aベストアンサー

高3の在豪オーストラリア人です。(ヴィクトリア州ですけど)
ホストしてもらうのとホストさせるの、両方経験者です。

8月のケアンズの気温は24~29度です。
雨は降らないし蒸し暑くはありません。
ちょうどいい季節だと思います。
軽い服なら何でもOKだと思います。

学校と日常生活にかかわる英単語を覚えるのはお勧めです。
ホストファミリーと楽しい会話ができるように。
でも、一番大事なのは英語力ではなく、熱意です。
いくら間違った英語を使ったって、出来るだけ英語を使ってみよう、という心構えが大事です。

私はそんな感じで日本に3週間留学しました。
よく間違った言葉を使いましたけど、周りの人に直してもらえてとても勉強になりました。

正直言いますと、シャイな子をホストするときは少し困ります(笑)
困ったことがあったら自分で悩まずに思い切って話しましょう。

どうかアドバイスが参考になれば嬉しいです。
(ダメ日本語ですみませんでした。今でも上達中です(笑))
ケアンズでの留学を是非楽しんでください。

Qオーストラリアの現地エージェント

来年の1月からワーキングホリデーでオーストラリアに行こうと思います。日本のエージェントにカウンセリング等を受けたのですが、値段も高くて評判も色々で悩んでいます。
ワーホリ経験者の方(カナダ)にエージェントを利用しなくても1人で手続きが出来ると聞きました。
お金も出来るだけかけないで、行きたいのでオーストラリアで信頼できる無料のエージェントがあればいいなあと思っています。
どなたか、ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

無料のエージェントがあるかどうかわかりませんが、
私も、以前エージェントを通さずにAUSへワーホリでいきました。
ビザも今はネットで書類を取れるようですし、学校も現地で調べてから入ったほうがいいかと思います。
ちなみに、ワーホリに行く前の私の英語力は
「ハロー」と自分の名前がかろうじて言える程度でしたよ?結構なんとかなるものです。
がんばってください!

Qオーストラリアで理学療法の資格を取得するために、留学を考えています。

オーストラリアで理学療法の資格を取得するために、留学を考えています。
取得後はオーストラリアで就職するつもりなのですが、もし日本で働きたい場合は、オーストラリアの理学療法の資格は無効だと聞きました。ということは、また1から学校に通い、勉強し直さないと行けないのでしょうか??学校に通うとしても、留学の単位などを認めてもらい、教科の免除なども可能なのでしょうか??それとも、国家資格を通れば学校に通わずに資格取得できるのでしょうか??
ご存じの方教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

オーストラリアでは自国で足りている人材は自分の国の人を最優先に雇うので外国人の就職はかなり難しいです!逆に必要で不足している人材に対しては日本とは比べ物にならないくらい優遇してくれますよ!娘は日本の看護師免許を持っていますがオーストラリアの看護大に編入して1年半位で正看の免許を取得後公立病院へ就職して1年後に病院のサポートで永住権も取得しました(昨年)!日本は国家試験は一生ものですがオーストラリアの免許は更新があるので何年か働かない期間があると免許は消滅するし日本では無効と聞きました!理学療法士についてはさだかではないですが... それから、医療系の日本の免許があれば就業ビザで老人ホーム等で働けます!バイト料も他の仕事に比べて断トツよいですよ!ただ病院でのバイトはできません!という事でとりあえず日本での国家試験取得をお勧めです!それから、看護師の場合ですが語学力がアイエルツ7というかなり難しいテストに合格しないといけないそうです!理学療法士とは少し違うので参考にならないかもしれませんが、夢が実現するといいいいですね! 頑張ってください

Qオーストラリアにホームステイ

今年の冬休みに3週間オーストラリアにホームステイする事になった高1の女です。
英語はほとんどと言っていいほど喋れないです。
もう出発は2週間後というのに全くと言って何も準備をしていません(汗
正直かなり焦っているんですけれど、何を準備すればいいのかわからないのです!!

「これは絶対持っていった方がいい!」
「これは持って行ったら便利!」
みたいなものがあったら教えていただけないでしょうか?

後、ホームステイ先に14歳の男の子がいるのですが
その男の子・お父さん・お母さん、
更に父の知り合いの家族(お父さん・お母さん・娘さん(18歳)・息子さん(21歳))
にはどんなお土産を持って行ったら喜ばれるでしょうか??

後後、何かホームステイするにあたって気をつけたほうがいい事など
よろしかったら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

 こんばんは。
 2週間ですがオーストラリア(ブリスベンに行きました)にホームステイしたことがありますので、アドバイスをさせていただきますね。(^-^) 

 持って行くことをおすすめしたいもの・・・
 (1)電子辞書。普通の辞書だとかさばりますし重いです。
 (2)英会話の本。これがないときついです。
 (3)洗剤。現地の洗剤で洗った服を着ると物凄く痒かったです。
 (4)泡が立ちやすいシャンプー、洗顔料。現地の水道水は泡立ちにくいです。
 (5)サングラスと日焼け止め、帽子。日本の紫外線とは違うので油断すると後々大変です。日焼け止めを塗り忘れて外出した時、ものの30分で肌が「焦げ始め」ました(笑)。
 (6)現金。トラベラーズチェックだと使えないお店もあり不便です。
 (7)薬。現地で病院に行くとお金がかかりますし(なので旅行用の保険に入っておかれた方が良いです)、もちろん薬は現地の人向けに作られているので、日本人には効き過ぎてしまいます。
 (8)インスタントカメラ。せっかく行くんです、撮りましょう☆
 (9)水着。あっちは夏ですし、一般家庭にもプールがあるので水着がないと一人だけ泳げないという状況に・・・。現地で買われても良いと思いますが、日本人には大きいです。
 (10)日本語の本。日本語が恋しくなるので(笑)。
(11)折りたたみ傘。普通の傘はかさばります。

 <オーストラリアへ来て良かったなぁと思ったところ>
 オーストラリアは現在夏ですが、日本の夏と違って湿度がなくとっても過ごしやすいですよ(^ー^) そして何といっても緑色の見え方が日本と違って鮮やかできれい! クリスマスの家庭の飾りつけも「電気代やばいだろ」ってくらい(笑)派手なのが多くて楽しいです☆ 午前中にお店に行くと店員さんが「Have a nice day!」と言ってくれてちょっと嬉しいです(バスの運転手さんもよく言ってくれます)。甘いものがお好きでしたら現地のチョコのお菓子、ティムタム(日本でも買えることは買えますが)も是非食べてみてください。
 わたしも英語が話せない状態で行ってしまい不安だったのですが、単語だけでも何とかなりました(笑)。大切なのは話そう、聞こう、という気持ちです。話せないことで落ち込むかと思いますが、現地は多種多様な国から来てらっしゃる方が多く、一目では外国人か現地の人なのかもわからないし(なのでじろじろ見られたりということはありませんよ)、それぞれの人には出身国の訛りがあります。日本人はLとRの発音ができないと言われますが、案外他の国の人も正しい英語は話せないので(英語が話せない人もいます!)開き直って喋っちゃってください☆(^皿^) 更に言いますと、もともとオーストラリアは「OK」は「オーカイ」、「Later」は「ラータア」と言うなど、綺麗な英語の発音にはこだわらりません。なので相手の言っている人も聞き取りにくいのでこっちが話せないのを気にすることはありません(爆)。

 <オーストラリアのちょっと嫌だったところ>
 食事には期待しない方が良いです、行きの飛行機の中で既に試練は始まっています。現地の食事、はっきり言ってまっっずいです^^;(爆)。お米はタイ米?でぱさぱさのもの。ソーセージも何の肉!?と思うほど日本の肉とは違います。わたしはピクルスが苦手だったのでより辛かったです。でも何も食べないと死んでしまうので頑張って食事をとり、コンビニでお菓子を買って(主にキットカットを買ってました)カロリーを補いました。

 <お土産>
 わたしは綺麗な和紙や浮世絵のポストカード、紙風船を持って行ったら喜ばれました。会ったことのない人たちにお土産を選ぶのは大変だと思いますが、心を込めて選んでみてください☆(^-^)

 あと補足ですが現地ではミネラルウォーターを購入なさってこまめに水分補給をされた方がいいと思います、外国だという緊張と不安もあってすぐ水分がなくなってしまうので。それと、他の回答者さんもおっしゃっているように日本人とばかりいるのはよくありません、せっかく外国へ行くのですから現地の方と交流しないと時間もお金ももったいないです。

 すみません、気がつけば恐ろしいほど長文になってしまいました!m(><;)m
 楽しいホームステイとなることをお祈りしています☆(^-^)/

 こんばんは。
 2週間ですがオーストラリア(ブリスベンに行きました)にホームステイしたことがありますので、アドバイスをさせていただきますね。(^-^) 

 持って行くことをおすすめしたいもの・・・
 (1)電子辞書。普通の辞書だとかさばりますし重いです。
 (2)英会話の本。これがないときついです。
 (3)洗剤。現地の洗剤で洗った服を着ると物凄く痒かったです。
 (4)泡が立ちやすいシャンプー、洗顔料。現地の水道水は泡立ちにくいです。
 (5)サングラスと日焼け止め、帽子。日本の紫...続きを読む

Q大学の交換留学(オーストラリア、アメリカ)

大学での交換留学でオーストラリアかアメリカで悩んでいます。

どちらの国が留学に合っているのか悩んでいます。

アメリカは倍率が高いので不安なのですが、アメリカのほうがいいよという友人もいます。
またオーストラリア英語を聞き取っていけるかの不安、治安への不安もあります。

何を学びたいかというところですが、社会学とか法律系、政治系を学びたいです。

どんなご意見でもかまいませんので、留学経験のある方、または考えている方など、
お声を聞かせてください!

Aベストアンサー

一般論で言えば。。。
社会学を勉強するための留学であれば、アメリカでしょう。

社会学の世界大学ランキングを見ても、トップクラスは、英米の大学が占めています。
そうは言っても、アメリカのランクの低い大学よりは、オーストラリアのランクの高い大学の方が良いのではないかとも思いますが。

オーストラリアの大学でも、オーストラリア国立大(17位)やメルボルン大(23位)のようなプレステージのある大学であれば、遜色ないのではないでしょうか。
それと、大事な事は、受講したい科目の講義がその年に開講されるかどうかもチェクした方が良いのではないでしょうか。

あなたの大学との交換留学提携校をランキングで比べてもみるのも、比較の一助になるのでは。。。と思います。
勿論、学生にとっては、アカデミックだけではなく、その大学の校風なども考慮の対象になるでしょうが。。。
<参照>
・QS World University Rankings by Subject 2013 - Sociology : http://www.topuniversities.com/university-rankings/university-subject-rankings/2013/sociologyhttp://www.topuniversities.com/university-rankings/university-subject-rankings/2013/sociology

また、折角、留学するのだから、異文化体験も。。。という事があれば、キャンパスのある場所、大都市か地方か等と言う事も比較の一要素になるかも知れませんね。

それと、英語の問題ですが。。。
英・米・豪・加等の大学の先生と話している限りでは、殆ど英語の差を感じる事はなかったと、アメリカの大学→オーストラリの大学院→カナダでポスドクと渡り歩いてイギリスの大学教授をしている人が言っていましたよ。

一般論で言えば。。。
社会学を勉強するための留学であれば、アメリカでしょう。

社会学の世界大学ランキングを見ても、トップクラスは、英米の大学が占めています。
そうは言っても、アメリカのランクの低い大学よりは、オーストラリアのランクの高い大学の方が良いのではないかとも思いますが。

オーストラリアの大学でも、オーストラリア国立大(17位)やメルボルン大(23位)のようなプレステージのある大学であれば、遜色ないのではないでしょうか。
それと、大事な事は、受講したい科目の講義がその年...続きを読む

Qオーストラリアからのホームステイ(受け入れ)

タイトルの通りなのですが、9月22日~25日まで、オーストラリアから来る9~10年生の子を1人受け入れることになりました。
私自身、去年オーストラリアにホームステイしておりまして、受け入れることになりました。
ですが、期間が短く、期間中がすべてお休みの日ですのでどうすべきか悩んでおります。ちなみに女の子です。

1、日本食は何を出すべきか?(食事の回数は朝3・昼2・夜3です)

2、当方は兵庫県に住んでおり、神戸や大阪に近いのですが連れて行ってあげるべきか?

3、一軒家なのですが、一人で寝かしてあげるべきか一緒に寝るべきか

4、私以外の家族は全くと言っていいほど英語が出来ないが、かまわないか

5、その他ご意見がございましたらよろしくお願いいたします。

ではお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。それはとっても楽しみですね!!

私はホームステイと(オーストラリア人ではないですが)受け入れの経験があります。


そんなに深く考えなくていいと思いますよ!一番大切なことは、家族の一員として迎えることです。


もちろん、ある程度は気をくばらなくてはいけないと思いますが。

1、食べ物は事前に好きな食べ物、嫌いな食べ物を聞いておくといいですね。あと、宗教上、食べてはいけない物があるか、ないか。それだけ気をつければいいと思います。

2、これは本人と相談した方がいいですね。体調のこともありますし。

3、私の経験上では、一人部屋の方が良いような気がしますが、これは人によって違うので・・・ご本人と相談された方がいいと思います。

4、私以外の家族も英語が話せませんが、大丈夫でしたよ!体を使ったり、辞書を使ったりすればなんとかなる!と思います。「英語が話せないから、話しかけない。」ではなく、積極的に話しかけてあげた方がいいです。話しかけないと「私は嫌われてるのかも・・」と心配するケースがあるので。


いつも通りの生活でいいと思います。それが、彼女にとっていい経験になると思うので。buri16さんも、ホームステイの経験があるんですよね?その時にされて嬉しかったことを思い出してみて下さいね!!

こんにちは。それはとっても楽しみですね!!

私はホームステイと(オーストラリア人ではないですが)受け入れの経験があります。


そんなに深く考えなくていいと思いますよ!一番大切なことは、家族の一員として迎えることです。


もちろん、ある程度は気をくばらなくてはいけないと思いますが。

1、食べ物は事前に好きな食べ物、嫌いな食べ物を聞いておくといいですね。あと、宗教上、食べてはいけない物があるか、ないか。それだけ気をつければいいと思います。

2、これは本人と相談した方...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報