遺言について教えて下さい。
内縁の関係にある二人の保険の受取人の指定の件ですが、ある保険会社は、内縁の関係が自他共に証明されない限り「死亡受け取り人」の指定を「内縁」にしても契約は通らない、と言われました。
生命保険会社によって受け付け方が相違しているのかもしれませんが、内縁の関係を証明されない場合の「契約」と「遺言書」との関係ですが
もし「保険の死亡受取人」を「配偶者」と指定し、「遺言書」で「○○の保険の死亡保険の受取人は内縁の妻」と受け取りを書き残したとしても、「保険で指定した受取人」の方が効力を発揮するのでしょうか・・。それとも「遺言書」で書き残せば、そちらの効力が発揮するのでしょうか・・。
色々諸団体に質問致しましたが、回答は得られませんでした。 どのようにすれば、「保険の受け取り人」を変えずに、「配偶者受取人」→「内縁の受取人」に変更することが出来るのでしょうか。
どうしても・・という場合、やはり容易に「内縁」に受取人に指定できる保険会社を選んで契約したほうが賢明なのでしょうか・・。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

証明 内縁関係」に関するQ&A: 内縁関係の証明

A 回答 (1件)

 戸籍上の妻がいるが実際の生活は破綻しており、別の女性と暮らしている状況に見受けられます。



・内縁
 単に一緒に暮らしているだけでは保険会社は受け付けません。女性がkimamaさんと生計を一にしており、kimamaさんがいなければ女性の生活が破壊されるなどの明確な関係が必要です。その関係が確認できれば、一定の条件下で契約できるのが一般的です。 

 容易に内縁の女性を受取人指定できる保険会社はありません。探しても徒労に終わります。

・遺言と受取人
 保険会社は受取人以外には保険金を支払いません。また現在の判例では保険金は受取人固有の権利(財産)とするのが通説です。従い相続財産には含まれないと考えるのが妥当ですので、自己財産の処分を表明する遺言で受取人変更を記述すること自体に無理があると思われます。

 余談ですが、内縁女性との間に実の子がいれば、その子を受取人として契約することは可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chapalitoさん、ご回答ありがとうございました。
容易に遺言書をもっての「受取人指定」は出来ないことが分かりました。「女性の生活が破壊されるなどの明確な関係が必要・・」との回答では、「生活苦に陥る」ことの意味を指していると解釈しました。そして、先に見えるのは「無理」の二言に尽きることも理解しました。
「実子」が居れば「受取人指定」が出来るのですね。丁寧な回答、本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 21:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング