1.石高制は、なぜ徳川社会を支える基礎原理であると言われるのですか?
2.なぜ石高制は、明治維新後における日本の近代化を促す前提条件となったので すか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

石高とは米を経済の基礎としていたからです。


徳川時代以前から諸国の大名,公家達は自分の所領から収穫される米の量で
経済力をあらわしていました。

その当時貨幣経済は未発達で、全国的に通用するのは米でした。戦国時代から
貨幣が通用し始めましたがまだ完全ではありませんでした。

古くは和銅???などの硬貨も有りますが経済上では通用しませんでした。
徳川幕府が成立しても諸藩の大名は米の収穫高で藩の経済力を示されました。

徳川幕府も時代の経過と共に貨幣経済が発展し米そのもが通過の役割が減り
ましたが、幕府,大名は家臣には米を支給しました。

この米を換金する市場が出来ました。確か大阪の堂島に米会所があったと記憶
します。諸国の米はこの市場に集まり通貨に交換されて、全国で通用しました。

農業の技術が未発達の時代、天候で米の作柄の変動が激しく換金も不安定でした。
農民が税の基礎でした。その年できた米で五公五民などの割合で米を集めました。

不作でもこの割合は厳しくなっても緩やかになることはなっかたようです。
一方米を換金する業者(札差)等は莫大な利ざやを稼ぎました。

これらの商人に大名,幕府等が翌年の収穫米を担保に借金をし、金銭的には武士が
商人に頭が上らなくなったそうです。

それでもこの制度を徳川幕府は変えませんでした。この弊害を無くすため明治政府は石高による制度を廃止したものと考えれます。

余り自信はないのですが、こんなところでいかがですか。
もっと詳しい人の回答を貴方と共に待ちたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいなかどうもありがとうございました。
私も、もう少しいろいろな人の解答を集めたいとおもいます。
ご協力ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/10 15:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスリラ~のラインダンス?

目覚ましセッツして、22時に起きたんですが・・・
気が付いたら2度寝してて、楽しみにしてたゴリラインダンスじゃなくて、マイケルのスリラインダンスしてた様に見えたんですが・・・いつもみたいに、ぐっさんがまったく踊ってなくて・・・・あれはゴリさんの相方がスリラ~風にラインダンスしてたんでしょうか?

水10見た方、教えて下さい。

Aベストアンサー

水10見てましたよ!!
でも、ちょっとうる覚えなんですが;;
なんか、あのダンスの映像は、ゴリケルが、ゴリエcのCD発売のお祝いとして作った、プロモーションビデオの一部なんです。
いつもの「ミッキー」の振り付けが、少しスリラー版になった感じでしたよね・・・
真ん中で赤い服を着て踊っていたのは、もちろんゴリさんですね^^
ぐっさんは、今日は残念ながら踊っていませんでしたね;;
ちょっと意味の分からない文章になってしまいましたが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです♪♪

Q明治維新が日本資本主義の成立に対して果たした役割について

タイトルの通りです↓↓
日本資本主義の成立に明治維新と何か関係があるのでしょうか??困っているのでよろしくお願いします↑↑

Aベストアンサー

「豊かさ」の誕生―成長と発展の文明史 (単行本)
これを読めば、推測ができるかと。

社会制度の整備が資本主義成立(経済成長)に重要だと指摘しています。

Q宝塚のようなラインダンスを踊りたい。映像の入手方法は

宝塚のラインダンス(ロケット)のような踊りをやりたいのです。映像があればまねができると思っています。レンタルでもウェブ上でも何でもいいのですが、なにかないでしょうか。

Aベストアンサー

たまにレンタルビデオ屋に宝塚のビデオが置いてあると聞いたことがあります。一度のぞいてみてはいかがでしょうか?
ネットオークションなどでビデオを安く買うのも良いかもしれません。
NHK衛星やハイビジョンなどでの放送もたまにあります。
お友達にWOWOWに契約している方がいれば1ヶ月に2度くらい放送しています。

ロケットのような踊りということですが・・・最後の足上げの部分でしたら説明できます。

Q近代以前の経済と近代の経済について

こんにちは!
近代以前の社会における経済と、近代社会における経済との最大の違いはなんでしょうか?教えてください。
具体的な例もありましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

そもそも金を稼ぐことが、卑しいことから、尊いことになったことではないですか。ユダヤ教ではあまりそういったことはなかったようですが、キリスト教と言われる宗教では、カソリックではまだまだ金銭的利益を得ることは卑しいという考えがありますからね。プロテスタントの影響は大きいでしょう。あまり東洋には関係ないはなしですけどね。利息なんていまだにイスラム圏では認められていません。

それと主権国家の成立が、大きな影響を与えているのではないでしょうか。善しにつけ悪しきにつけ、国家が経済に介入します。重商主義にしても、重農主義にしても、あるいはマルクスレーニン主義にしても国家からの影響を強く受けてます。

QNHKスペシャル宝塚(ラインダンスの指導していた上級生)

先週土曜日に放送がありましたNHKスペシャル
「タカラヅカ 憧れと伝説の90年」において
90期生のラインダンスの指導をしていた上級生3名の
お名前を教えてください。
よろしくお願いいたします。
おひとりは、お名前が出ていたのですが、チェックしわすれて
しまいまして。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

麻愛 めぐる
澪 うらら
麻樹 ゆめみ

の3人でしたよ

Q固定相場制と変動為替相場制

固定相場制と変動為替相場制
調べたら固定為替相場制は、為替相場の変動を固定もしくはごく小幅にする制度とありました。。
ここで出てくる為替相場というのは外国通貨と自国通貨の交換比率のことですか?
だとしたら交換比率ってなんでしょうか? イメージが全然わきません。。。

変な質問ですみません。タイトルの2語と為替相場の交換比率について小学生でも分かるように説明してくださる方がいらっしゃいましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

第一次世界大戦後、一度は国際通貨制度として古典的な金本位制度が復活しました。
しかし、再度停止され、各国は輸出を伸ばすため為替レートの切り下げ競争に走るなど、為替管理強化を図ります。

それが第二次世界大戦勃発の経済的要因であったという反省から、1944年にアメリカのニューハンプシャー州のブレトンウッズで国際通貨基金協定などが結ばれました。

その中で、IMF(国際通貨基金)が発足します。
金だけを国際通貨とする金本位制を採用せず、ドルを基軸通貨として金とならぶ国際通貨とする制度を作りました。
これをブレトンウッズ体制とかIMF体制、あるいは金ドル本位制といい、為替レートの変動という観点からは固定相場制とも呼ばれています。

この通貨制度は、まず金を基準にドルの価値を決め、さらにこのドルに対して各国の通貨の交換基準が決められました。(当時、金1オンス=35ドルでした。)そして、為替相場の変動は平価の上下1%以内に抑える義務を負うことになりました。

日本では1949年に1ドル=360円と定められ、1958年IMF(国際通貨基金)によりIMF平価として登録されました。

参考URL:http://www.fxprime.com/excite/bn_ykk/ykk_bn09.html

第一次世界大戦後、一度は国際通貨制度として古典的な金本位制度が復活しました。
しかし、再度停止され、各国は輸出を伸ばすため為替レートの切り下げ競争に走るなど、為替管理強化を図ります。

それが第二次世界大戦勃発の経済的要因であったという反省から、1944年にアメリカのニューハンプシャー州のブレトンウッズで国際通貨基金協定などが結ばれました。

その中で、IMF(国際通貨基金)が発足します。
金だけを国際通貨とする金本位制を採用せず、ドルを基軸通貨として金とならぶ国際通貨とする制度を...続きを読む

Q石高について

こんにちは(^^)
質問なのですが江戸時代に家康が行った大名統制。親藩、譜代、外様大名と全国各地に配置されたようなのですが、各大名が持っていた「石高」について教えていただきたいです。また、主な大名の石高ランキングをご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

石高とは土地の価値を玄米収穫量で示したものです。

江戸時代において石高一万石以上の公認を受けた者で将軍直属の武家を「大名」といいます。

親藩、譜代、外様の違いはわかるでしょうから省きます。

親藩は徳川一門の大名ですからそこそこの石高はあったでしょう。
譜代は比較的石高が少なく最高で彦根藩(井伊氏)の35万石でした。
しかし石高は少なくても幕府の要職を占めていました。
外様は石高は大きいものの要職に就けず辺境に配置されました。
最大は加賀藩(前田氏)の102万石です。

Q変動相場制と固定相場制を比べて

固定相場制が変動相場制よりも優れている点は何なんでしょうか?また、優れていない点は何なんでしょうか?
図書館などで文献を探して調べてはいるのですが、よく分からずにいます。

Aベストアンサー

固定相場制の利点
・物価が安定する。
・安定した為替で経済の見通しが付きやすい。
・財政政策の効果が大きい。
欠点
・他国との経済力の関係に変化が起きた時に対応できない。
・他国の経済情勢の影響を受ける。
・金融政策の効果が薄い。
・投機に狙われる。


こんな感じですかね。
利点の説明
・物価が安定する+安定した為替で経済の見通しが付きやすい。
常に同じ価格でモノが売れ、モノが買えるので物価は安定しますし、経済の見通しが付きやすいです。
・財政政策の効果
財政政策によって金利が上昇しても、海外からの資本流入によって金利が下がるので財政政策の効果が大きく発揮されます。

欠点の説明
・他国との経済力の関係に変化が起きた時に対応できない。
そもそも固定相場制は理論的には、国際的通貨の価値を一定にする代わりに、国内経済の好不況と物価を変動させるシステムです。
つまり、日米両国があり、日本に比べアメリカの経済力が落ち込んだら、アメリカの物価(アメリカ人の給料)を下落させる事、もしくは日本の物価を上昇させるによって、均衡を保つという制度な分けです。
しかし実際は、賃金は労組などの影響で余り下げることは出来ず、価格も小売店やメーカーの意向によって下がり難いわけです。
そうするともっと安く作れる日本の企業がもっと安い輸入品を売りつけてくるので貿易は不均衡なモノになります。

例えば、日本とアメリカの経済力が1:100あり、当時の円ドルレートが100:1だったとします(現実のレートではありません、簡略化したモデルです)。
この時は、お互いギブアンドテイクで貿易が成り立つわけです。
しかしここで日本が技術革新を起こし、今より安くモノを作れるようになったとします。
その場合、日本からの輸出は増え、海外からの輸入は減るでしょう。

これが、もし変動相場でしたら貿易黒字は円高を招き、日本製品の海外価格(ドルでの価格)は上がり、海外製品の輸入価格(円での価格)は下がるので貿易黒字は自動的に調整されていきます。
しかし、固定相場制の下では為替は一定ですから調整機能はありません。ただ只管貿易黒字が外貨準備として積みあがっていくだけです。

まだ貿易黒字の場合はマシです。ドルが余り円が足りないのですから、円を輪転機で刷ればいいわけです。
しかし、赤字の場合は悲惨です。
まず、自分で作るよりも輸入した方が安いから何でも輸入するわけです。しかし、輸入しても輸出をするものが無ければ、いずれ輸入代金であるドル(外貨準備)が足りなくなります。そうすると輸入が出来なくなるわけです。
資源などの輸入が止まればインフレが起こり、さらに国内外の価格差は広がりどうしようもなくなります。
その結果、国内の生産者は大打撃を喰らう事になるでしょう。
多少のダメージは生産者の発展を促す活力になる事もありますが、立ち直れないほどぼろぼろになってしまうとどうしようもないわけです。

・他国の経済情勢の影響を受ける。
固定相場の下では、海外でインフレが起こると輸入品はそのまま値上がりします。これが国産で大寒出来るならば良いのですが、出来ない場合外国のインフレの影響をモロに受けます。

・金融政策の効果が薄い。
固定相場の下では、金利を下げると海外からの資金が流出してしまうので金利が下げられません。
1ドルが常に100円であれば、日米どちらかの金利の高い預金口座を選ぼうかという話になるわけです。
これが間に変動相場だと、円の金利が上がった場合資金が流入するので円高が進みます。そのことにより資金流入はとまり、逆に資本輸出が活発になるので均衡が取れるわけです。

・投機に狙われる。
通貨のレートがあまりに現実からかけ離れていると、通貨のレートを変更するわけです(切り上げ、切り下げ)。しかしそんなこと皆分かっているわけですから、その頃には切り上げられそうな通貨に買いが、切り下げられそうな通貨に売りが殺到します。

固定相場制の利点
・物価が安定する。
・安定した為替で経済の見通しが付きやすい。
・財政政策の効果が大きい。
欠点
・他国との経済力の関係に変化が起きた時に対応できない。
・他国の経済情勢の影響を受ける。
・金融政策の効果が薄い。
・投機に狙われる。


こんな感じですかね。
利点の説明
・物価が安定する+安定した為替で経済の見通しが付きやすい。
常に同じ価格でモノが売れ、モノが買えるので物価は安定しますし、経済の見通しが付きやすいです。
・財政政策の効果
財政政策によって...続きを読む

Qこの旗本の石高は。。。?

この旗本の石高は。。。?


曽祖父が富士見宝蔵番、祖父が民部卿書院番、父は小普請、当人は講部所奉行組。と言う旗本の家は、石高的にはおそらくでもかまいません、一体どれくらいの石高の家の可能性が高いでしょうか。講部所奉行組にいた当人の名前の下に、高40俵3人扶持とも書いてあります。この40俵と言うのは個人の稼ぎのようなものを表しているのでしょうか。それともこの家の石高を表しているのでしょうか?屋敷が1000坪以上だった記録があるのですがそれも参考になりますでしょうか。どなたかお教えいただけましたら本当に嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

中々の家系ですね。

まず、話は少しズレますが、
「富士見宝蔵番」・・・徳川家代々の貴重な家具、調度品、刀、槍、武具などを保管してある「宝蔵」の番人役です。約12~15名位いて、交替で当直をする。石高は100俵。世話役(組頭)になると「+」3人扶持が支給されました。組頭は、番衆が病気などになどになれば、古参の者を見舞いに使わす。また、事故により欠勤、遅刻があると、その日の当番の者への通知などもしました。勤務時間は、朝番が朝五つ(午前8時)~昼八つ(午後2時)まで、夕番が朝四つ(午前10時)~夕八つ半(午後4時)まで、不寝番が夕七つ(午後4時)~翌朝の五つ(午前8時)までと3組に分かれて四六時中警護に当たりました。

「民部卿書院番」・・・大番と同じく将軍の旗本部隊に属し、他の足軽組等を付属した上で、備内の騎馬隊として運用されるが、敵勢への攻撃を主任務とする大番と異なり、書院番は将軍の身を守る防御任務を主とする「親衛隊」。石高は約300俵2人扶持。

「小普請組」・・・これはわかりますよね。役付き予備軍です。この時に家禄が40俵3人扶持に戻ったのでしょうね。

家禄とは、元々、その家に対する禄高(給与)で、例えば、富士見宝蔵番になると100俵がもらえますが、実際には、40俵3人扶持であれば、約50俵余りを足して100俵をもらえたことになります。つまり、40俵3人扶持「+」100俵ではなく、役高100俵になるよう足してくれただけです。これを「足し高」と言います。
なお、これらの方々は、「知行取り」ではなく「蔵米取り」だったようですね。

さて、40俵3人扶持ですが、
扶持米の計算は、
男扶持・・・1日5合の計算。
女扶持・・・1日3合の計算。

ですが、通常はことわりがない場合は「男扶持」で計算されます。
一年間では、
5合×3人×360日=5,400合
10合=1升
5,400合=540升
10升=1斗
540升=54斗
1俵=4斗(ただし、年代により、1俵が3斗であったりした時期もありました)。
54斗÷4=13.5俵

40俵+13.5俵=53.5俵が、あなたの家の家禄(禄高)ということになります。

1石=10斗
53.5俵=214斗
214斗=21.4石

従って、あなたの家では21石余りをもらっていたことになります。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

中々の家系ですね。

まず、話は少しズレますが、
「富士見宝蔵番」・・・徳川家代々の貴重な家具、調度品、刀、槍、武具などを保管してある「宝蔵」の番人役です。約12~15名位いて、交替で当直をする。石高は100俵。世話役(組頭)になると「+」3人扶持が支給されました。組頭は、番衆が病気などになどになれば、古参の者を見舞いに使わす。また、事故により欠勤、遅刻があると、その日の当番の者への通知などもしました。勤務時間は、朝番が朝五つ(午前8時)~昼...続きを読む

Q米ドル、金本位制 - 変動相場制 について

ある小説の一説に下記のような会話があります。

「・・・・・・・それはいつでも金と兌換できるという実力の裏づけがあっての事だった。しかし、アメリカは、もう三十年も前に金との交換を停止してしまっている。こうしてドルと銘打った紙切れが量産されていく現場にいると、アメリカこそ壮大な紙幣乱造国家だという気がしてくるな」
「まるでアナーキストの意見を聞いているようだ」
「いまやドル紙幣はその七割が海外で流通している。つまり、世界中でアメリカだけが、利子を払う必要の無い『ドル紙幣』という名の米国債を発行している事になる。こんなうまい商売は世界中にたった一つしかない。」

とあります。
で、質問なのですが、「利子を払う必要の無い『ドル紙幣』という名の米国債」とはどういう事なのでしょうか?アメリカが金本位制から変動為替相場制に移行し、その結果ドル紙幣が"実質的に「利子を払う必要の無い米国債」となっている"という事の様ですが、なぜ利子を支払う必要の無い国債であるという位置づけと見ることができるのでしょうか?

経済にお詳しい方々、解説やご説明の書き込みをいただきたく思います。
よろしくお願いします。

ある小説の一説に下記のような会話があります。

「・・・・・・・それはいつでも金と兌換できるという実力の裏づけがあっての事だった。しかし、アメリカは、もう三十年も前に金との交換を停止してしまっている。こうしてドルと銘打った紙切れが量産されていく現場にいると、アメリカこそ壮大な紙幣乱造国家だという気がしてくるな」
「まるでアナーキストの意見を聞いているようだ」
「いまやドル紙幣はその七割が海外で流通している。つまり、世界中でアメリカだけが、利子を払う必要の無い『ドル紙幣』と...続きを読む

Aベストアンサー

今回の問題を理解するためのキーワードをと言う質問ですが、「国際収支表」の仕組みを知ると、対外取引の全体像を把握できるとおもいます。また、「外国為替取引」や「外国為替レート」もキーワードになるかも知れません。
これらのキーワードの概念はgooで検索すると、丁寧な解説が見つかるはずです。
参考書と言われると、国際経済関係の本は無数にあり、迷いますが、読みやすいのは、日経新聞社版 伊藤元重「ゼミナール国際経済入門」はいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報