よく天気予報で日の出・日の入りの時刻を発表されていますが、あの時刻はどういう風にに決定(計算?観測?)されているのでしょうか?。

例えば昨日の天気予報でも「あきる野市 日の入り:**時:**分・・・」などと発表されてましたが、あれはあきる野市における 仮想海抜 0mから仮想水平線を想定した時の海に夕日が完全に沈んだ時の時刻ということなのでしょうか?。

ちょっと気になりますので どなたかご存知の方はお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般論としてはkyaezawaさんのご説明で完璧に正しいので、「あきる野市の~」など、ローカライズする場合の付け足しを。


じつは国内の全地点の日の出・日の入り時刻は、旧国立東京天文台(麻布にあった)からみた日の出・日の入りを基準に算出されています。

考え方としてはこうです。
・麻布天文台から見た地平線(天文台の観測点と同標高の仮想面によって算出)から太陽の上端が出た瞬間が日の出、上端が隠れた瞬間が日の入り。
・各地の日の出・日の入り時刻は、上の値を元に、緯度・経度分だけずらして算出
(各地の標高や地形などはまったく勘案しない)

なお、No.1でkyaezawaさんが仰っている大気の屈折によるずれは、35分8秒という大気差定数を用いて計算しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

大変よく解りました。麻布天文台の基準を元に緯度・経度から算出して時間を割り出すということなのですね。
その場合は標高・地形は勘案しない・・・というのは考えてみれば当然といえば当然ですよね。

どうも有り難うございました。疑問が晴れました。

お礼日時:2001/09/11 12:35

私からもさらに補足。



sesameさんの方法は,「我々(素人)が,理科年表(という本)のデータを使って,全国各地点の日出・日入を簡単に算出する場合」の方法です。
もっと本格的には,「天球上の太陽の位置」+「観測地点の緯度・経度」から算出します。
この際,旧東京天文台における日出・日の入りの時刻は必要ありません。

国立天文台の広報普及室には,よく日出・日の入りの時刻の問い合わせの電話がかかってくるので,そばのパソコンでいつでも計算できるようにしているそうですが,それはその本格的な方式です。
参考URLのページ「各地の日の出・南中・日の入り時刻」もそれを用いて計算していると思われます。(「標高0m」とあるところを見ると,必要な場合には標高を加味した計算もできるようになってはいるようです)
なお,仮に標高を考慮に入れたとしても,周辺の地形(日出の方角に山があるとか)は考慮しないのが普通でしょう。地形の見え方は,ちょっと観測場所を移動しただけで変わるので,それを計算に加えると,かえって数値の代表性(その周辺のある程度の範囲で計算値が通用するという意味)が失われるからです。

なお私は,日出・日入の時刻を一緒に発表する天気予報にお目にかかったことがないので,その番組スタッフの計算方法が,素人用かプロ用か,はたまた国立天文台かどこかに問い合わせているか,については情報を持ち合わせません。

参考URL:http://www.nao.ac.jp/reki/hdni/hdni.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

他にも正確に算出する方法があったのですね。参考URLのページも教えていただき、有り難うございました。

ちなみに私がいつも見ている天気予報は地元のケーブルテレビのお天気専用チャンネルでした。そう言えば普通のお天気コーナーなどではほとんど日出・日入の時刻はいってませんでしたね。

おかげさまでいろいろ勉強させてもらいました。
また何かありましたらどうかご教示ください。

お礼日時:2001/09/11 22:29

日の出とは、太陽の上縁が地平線上に姿を現した瞬間を云い、日の入りは、太陽が全部地平線下に沈んだ瞬間ときめられています。



ただ、太陽・月などの天体の出入りは、地球大気の屈折があるために、地平線付近では太陽約一個分が浮き上がって見えます。私たちが、沈み行く太陽を見ている時には、実際の太陽は既に地平線の下に沈んでいるのです。
このため、天体の出入りの時間は、実際に見える浮き上がった状態に合わせて補正しているとのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

日の入りが、実は実体は既に沈んでしまっているということを初めて知りました。
私たちがよく目にしているのは大気の屈折によって見えている仮の映像にしか過ぎなかったのですね。

・・・ということは大気の状態によっては若干日の入り時間も変わってくるということなのでしょうか。冬の寒い時期と夏の暑い時期とか・・。でもそれくらいはきっと殆ど問題ないくらいの誤差なんでしょうね。

どうも有り難うございました。またご教示ください。

お礼日時:2001/09/11 12:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学理科の問題です。解き方を教えて下さい。 冬至だから日の出と日の入りを結んだ線が日本列島を横断して

中学理科の問題です。解き方を教えて下さい。
冬至だから日の出と日の入りを結んだ線が日本列島を横断していることは分かったのですが、この図から日の出と日の入りの時間差が何故こんなにあるのか、どちらを日の出、日の入りとしたらいいのかの判断基準が分かりません。

Aベストアンサー

>日の出と日の入りの時間差が何故こんなにあるのか

 まず、お示しの図は「札幌」と「那覇」の日の出・日の入り時刻ですから、違って当然です。東西に離れていますから。
 お示しの図は、夏至と冬至とで、「札幌」と「那覇」の日の出・日の入り時刻「差」が変化することを表しています。

>どちらを日の出、日の入りとしたらいいのかの判断基準が分かりません。

 どちらも「日の出」「日の入り」ですよ。「日の出」「日の入り」は太陽がどう見えるかですから、その地点では一義的に決まります。
 当然、地点が変われば変わります。


まずは、上に書いたことをきちんと理解した上で、
図a:日の出・日の入り時刻が同じ地点を結ぶ線の傾きが、右肩上がりになっている
図b:日の出・日の入り時刻が同じ地点を結ぶ線の傾きが、右肩下がりになっている(aと逆の傾き)
ということに対して、「なぜ傾きの方向が変わるのか」という質問と解釈して、以下の説明を書きます。

 地球は球形をしています。しかも、自転軸は公転軸に対して約23°傾いています。
 春分の日、秋分の日は、太陽が赤道の真上にあるので、地球上の太陽の当たる面と陰になる部分の境目が、ちょうど「南北」方向になります。従って、日の出・日の入りは「南北」の2地点で同じ時間になります。

 しかし、夏至や冬至には、地球上の太陽の当たる面と陰になる部分の境目が、「南北」方向からずれます。「地球儀」や「ボール」で試してみれば納得できると思います。
↓ とりあえずはこんな図を見てください。この図の「陰の出来方」が問題文の図a, b に相当していることが分かりますね?
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/B5A8C0E12FB5A8C0E1A4CFA4CAA4BCCAD1B2BDA4B9A4EBA4CEA4ABA1A9.html

 この図では、こちら側から「夏至の日の出」と「冬至の日の入り」が見えています。
 「夏至の日の入り」と「冬至の日の出」は、図に書かれた地球の向こう側(裏側)なので、それを想像してください。(何なら、簡単な図を自分で書いてみることをお勧めします。3次元的に想像するのは意外に難しいですから)

この図から、
・「夏至の日の出」と「冬至の日の入り」が同じ時刻になる地点は、図のように「南に行くほど東寄り」であることが分かります。つまりお示しの図bの形です。

これに対して、想像力を働かせて、
・「夏至の日の入り」と「冬至の日の出」が同じ時刻になる地点は、「南に行くほど西寄り」ことが分かると思います。つまりお示しの図aの形です。

ということで、「冬至」でまとめれば
・「日の出」が同時になるのは図a
・「日の入り」が同時になるのは図b
ということになります。
 ということで「イ」が正解です。

 分かりましたか? できれば、自分で地球儀(なければサッカーボールでもバスケットボールでも、スイカでもりんごでもよい)で試してみてください。「陰(かげ)」がどのようにできるかを見てみてください。「百聞は一見に如かず」です。

>日の出と日の入りの時間差が何故こんなにあるのか

 まず、お示しの図は「札幌」と「那覇」の日の出・日の入り時刻ですから、違って当然です。東西に離れていますから。
 お示しの図は、夏至と冬至とで、「札幌」と「那覇」の日の出・日の入り時刻「差」が変化することを表しています。

>どちらを日の出、日の入りとしたらいいのかの判断基準が分かりません。

 どちらも「日の出」「日の入り」ですよ。「日の出」「日の入り」は太陽がどう見えるかですから、その地点では一義的に決まります。
 当然、地...続きを読む

Q大気差を考慮しない日の出日の入り時刻

すぐに見つかる日の出日の入り時刻の計算プログラム(『こよみのページ』さん、国立天文台『暦の計算』ページ等)は、みんな大気差(屈折率)を考慮した計算結果になっています。
 
太陽の中心を基準とし、かつ大気差を考慮しない日の出日の入り時刻(昼の長さ)を求めるプログラムはありませんでしょうか。

数学がからっきしなもので、自分で計算式を作るという事ができず……恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

とりあえず必要なのが、「大気差を考慮した日の出・日の入時刻から、大気差分の補正を除去したい」ということであれば、考慮されているであろう「大気差」の中味を知ることでしょうか。

 下記にいくつかの「大気差」の計算値が載っています。日の出・日の入なら、「見かけの高度=0°」の値を使えばよいのではないでしょうか。国立天文台の「日の出・日の入時刻」を、国立天文台の大気差で補正除去するのが、一番首尾一貫していると思います。
http://seppina.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-61a8.html

 「大気差」一般に関する説明は、こちらを参照ください。ここに載っている「大気差の概略値」は、上記サイトによれば「条件不明」とのことです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B0%97%E5%B7%AE

 国立天文台の「大気差」の値「34’33”」(34分33秒)=0.5758° を使えば、地球は24時間で360° 回るのですから、「0.5758° 」だけ回る時間は約138秒ということになります。これだけ「日の出は早まり、日の入は遅くなるように補正されている」ということなのでしょう。精密には、気温や気圧で変わるようです。

 なお、ご質問の中で「太陽の中心を基準とし」とありますが、「日の出・日の入」の定義は「太陽の中心」ではないので、既成の「日の出・日の入時刻」から補正する場合には注意が必要です。

 そもそもの「太陽の位置と地球の自転」を計算したいのであれば、既成の「日の出・日の入時刻」から逆算するのではなく、太陽と地球の位置と自転をきちんと計算した方がよいのでしょう。ただし、「日の出・日の入の方向」が子午線に直角ではないことによる「均時差」というものもあり、一筋縄ではいかないようです。
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/faq/astro/sunrise.html

 詳しく知りたければ、こんな本があるようです。
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%83%BB%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%A8%88%E7%AE%97%E2%80%95%E5%A4%A9%E4%BD%93%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%B2%A1%E6%99%82%E5%88%BB%E3%81%AE%E6%B1%82%E3%82%81%E6%96%B9-%E9%95%B7%E6%B2%A2-%E5%B7%A5/dp/4805206349

とりあえず必要なのが、「大気差を考慮した日の出・日の入時刻から、大気差分の補正を除去したい」ということであれば、考慮されているであろう「大気差」の中味を知ることでしょうか。

 下記にいくつかの「大気差」の計算値が載っています。日の出・日の入なら、「見かけの高度=0°」の値を使えばよいのではないでしょうか。国立天文台の「日の出・日の入時刻」を、国立天文台の大気差で補正除去するのが、一番首尾一貫していると思います。
http://seppina.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-61a8.html

 ...続きを読む

Q日の出、日の入りの時刻について

日の出、日の入りの時刻を調べてみると、夏至のころが1年間のうちで最も日の出が早く、日の入りも最も遅い時間になっていました。ところが、1年間のうちで日の出が最も遅いのは1月上旬で、日の入りが最も速いのは12月上旬で、1か月もずれていました。透明半球状の天球における太陽の動きから単純に考えると、日の出が早いと日の入りは遅く、日の出が遅いと日の入りは早いと思うのですが、なぜこのようなずれがおこるのでしょうか。

Aベストアンサー

太陽の南中時刻が変化するためで(均時差)、その差の原因は地球の公転軌道が楕円であるのと地軸の傾きだと思います。参考URLの回答をご覧ください。

なお、夏至前後にもそのようなずれはあると思うのですが。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=198891, http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso01-j.shtml

QNHKデータ放送の天気予報と携帯での調べるピンポイント天気予報どちらが正しいのか

NHKのデータ放送で調べるの天気予報の結果と、携帯での調べるピンポイント天気予報の結果に違いがあります。12時間後の天気い予報で、雨の降りだし時間が6時間もずれがあったり、曇りと雨との予報の食い違いがあったり、少々の食い違いでなく大きく違っています。(先に書いた内容は大きな違いと思っています)今から行動するのに大きな対応の差が出てきます。
皆さん困っているのではないでしょうか。
どちらが正しいのか、どちらを信じたらよいのか、またはここならば間違いないというものがあればお教え願えないでしょうか。

Aベストアンサー

「予報」「予想」「推定」なのですから、正しいも正しくないもありません。「当たることが多い」のか「外れが多い」のかは、利用者が判断すればよいことです。
また、「地域」といっても、数キロ離れれば天候には差があるので、どちらを基準にするかでも変わります。

>どちらを信じたらよいのか

 自分にとって、一番「リスク回避」ができるものを選べばよいのです。「精度が高い」ことよりも、どちらが自分のリスクを少なくするかで判定する方が賢いです。
 「傘を持つかどうか」は、最も降水があると予想している予報を参考にする、コートを着ていくかどうかは夜の最低気温の一番低い予報を参考にするなど。

 一般の予報であれば、「雨は降らない」と予報したのに雨が降ったら不評ですが、「雨が降るかも」と言って降らなくてすめば不評は書いません(カンカン照りに晴れたら怒りますが)。
 これが「弁当業者」にとっては、「雨が降るかも」と言って降らなかったら「もっと弁当を仕入れておけばたくさん売れたのに」ということになり、よい方に外れても不評を買います(その予報業者は信用されなくなる)。
 予報する側にとっても、「利用者がどういう人か」によって、予報のリスクをどちらにとるかを変えているはずです。

「予報」「予想」「推定」なのですから、正しいも正しくないもありません。「当たることが多い」のか「外れが多い」のかは、利用者が判断すればよいことです。
また、「地域」といっても、数キロ離れれば天候には差があるので、どちらを基準にするかでも変わります。

>どちらを信じたらよいのか

 自分にとって、一番「リスク回避」ができるものを選べばよいのです。「精度が高い」ことよりも、どちらが自分のリスクを少なくするかで判定する方が賢いです。
 「傘を持つかどうか」は、最も降水があると予想し...続きを読む

Q日の出と日の入りの時刻について

 新聞の気象欄で日の出と日の入りの時間を見ていると、日の出の時刻は変わらずに、日の入りの時間だけが伸びていきます。
 日中のの時間が長くなれば、日の出も早くなり、日の入りも遅くなるように思うのですが、なぜ日の出の時間が変わらないのでしょうか?
 ご存知の方、どうかご教授願います。

Aベストアンサー

絵を書いて、単純化して考えてみましょう。
大きな時計の中心に太陽があり、長針(短針でもかまいませんが)の先端に地球があり、
地球にも時計の針を書きます。
地球は半時計回りに自転し、半時計回りに太陽の周りを公転するとします。

今地球が大きな時計の3時の位置にあるとします。その状態では地球(小さな時計)の
12時の位置が朝の始まり、6時の位置が夜の始まりになります。
ここから地球が一回転し(一日が経つ)、その間に地球が大きな時計の2時の位置まで
太陽の周りを公転したとします。
すると、大きな時計の2時の位置では地球(小さな時計)の12時の場所ではまだ夜で、
11時の位置まで回転しなければ朝にはなりません。(日の出の時間が遅くなります)

同様に6時の位置でははまだ明るく、5時の位置まで回転しなければ夜になりません。
(日の入りの時間が遅くなります)

実際は一日で地球が太陽の周りを公転するのは約1度なので日の出日の入りの時刻が
変わるのは単純計算で4分です。
さらに公転軸に対して地球の回転軸が傾いているので単純に4分づつ変化はしません。
ちょうど今頃が朝の時間のずれが小さく、夜の時間のずれが大きくなる時期です。

(じゃあ、今日の日の出が6時だとすると3ヵ月後の日の出時刻は12時なのかい?
と自分でツッこんでみる)

絵を書いて、単純化して考えてみましょう。
大きな時計の中心に太陽があり、長針(短針でもかまいませんが)の先端に地球があり、
地球にも時計の針を書きます。
地球は半時計回りに自転し、半時計回りに太陽の周りを公転するとします。

今地球が大きな時計の3時の位置にあるとします。その状態では地球(小さな時計)の
12時の位置が朝の始まり、6時の位置が夜の始まりになります。
ここから地球が一回転し(一日が経つ)、その間に地球が大きな時計の2時の位置まで
太陽の周りを公転したとします。
す...続きを読む

Q天気予報なんですが、テレビでは雪しかも30センチの積雪とか言ってますが、ネットのヤフー天気予報とか、

天気予報なんですが、テレビでは雪しかも30センチの積雪とか言ってますが、ネットのヤフー天気予報とか、気象協会の天気ドットjpなどでは、雨の予報になってます。
何故食い違ってるんでしょうか?
東京多摩地域です。

Aベストアンサー

>何故食い違ってるんでしょうか?
 各気象予報士の見解に相違があるから

Q中学理科の問題です。解き方を教えて下さい。 この問題で冬至だから日の出や日の入りの時刻を結んだ線が日

中学理科の問題です。解き方を教えて下さい。
この問題で冬至だから日の出や日の入りの時刻を結んだ線が日本列島を横断していることは分かったのですが、なぜ、この図から日の出と日の入りがどちらかを判断できるのか、またなぜ日の出と日の入りの時刻差が、こんなにあるのか分かりません。

Aベストアンサー

下の図は冬至の日に太陽から見た地球を模式的に表したものです。
赤い線は赤道、青い線は日本です。

図の下には▷の方から見た地球を表しています。
黄色い線が昼と夜の境界になりますが、傾きが違うのはお判りでしょうか?
日本付近で右上がりの線(下の左側)になる場合は、「右側が昼側」「左が夜側」になります。
自転の向きはわかりますね。このことから(a)は日の出を表しています。
(日の入りは省略)

「日の出と日の入りの時刻差」について、
今度は日本(青線)の傾きに注目します。
(a)では境界線に対してほぼ平行ですが、(b)では垂直に近くなります。
このとき、日の入り(b)に関しては日本の長さが有効に利いていますが、日の出(a)では利かないのです。

Q【週間天気予報の謎】台風12号が接近しているのに週間天気予報が晴れで降水確率30%ってどういうことで

【週間天気予報の謎】台風12号が接近しているのに週間天気予報が晴れで降水確率30%ってどういうことですか?

土、日、月のどれか確実に雨ですよね・・

Aベストアンサー

天気予報の降水確率は、大雑把に言いますと経験則によって出されます。
過去に同様の天気図でどれくらい降雨があったかの割合が降水確率になります。
例えば同様の天気図が過去に100あって、そのうち30で実際に雨が降っていれば、降水確率は30%ということになります。
ですので、これまでに似たような状況では3割くらい雨が降ったということでしょうね。

余談ですが、降水確率と降雨量はあまり関係ありません。
10%だから降っても小降りだ、とは限りません。

Q日の出 日の入りの時刻

1年でもっとも昼が長い日は夏至で、夜が長いのは冬至というのは誰でも知ってるんですが、冬至にしても
1年でもっとも日の入りが早いわけでもなく、日の出が遅いのでもなく、ただ 日の出と日の入りの間の時間が短いわけですよね。

そこで質問なんですが、1年で最も日の出が遅い日と
日の入りが早い日をご存知の方 教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

厳密に何月何日が一番早い、遅いと言うのは分からないですね。と言うのも、発表されている時刻が分単位で、同じ時刻の日が何日も続いたりします。

あえて言えば、1番日の出が遅いのが1月初~中旬。日の入りが早いのが12月上旬ですかね。

参考URLを2つ貼っておきます。前者が地域毎の各日の日の出・日の入りの時刻。後者が参考になりそうなグラフが載っているサイトです。

参考URL:http://www.nao.ac.jp/reki/hdni/hdni.html,http://www.n-kenzai.co.jp/hiroba/6-1.html

Q日の出、日の入りの時刻。

毎日の日の出、日の入りの時刻をチェックしたいのですが、どなたかお薦めのHPを教えてください。

Aベストアンサー

海上保安庁海洋情報部のサービスはどうでしょうか。
下記URLで「天文と暦」→「日月出没時刻方位サービス」と進んでください。
主要都市名または緯度経度で検索ができます。

参考URL:http://www1.kaiho.mlit.go.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報