総額表示が導入されたときに、
一般のヒトに販売する場合のみ総額表示が義務付けられたと思います。
(多少語弊があるかと思いますが)
これを機に商品一つ一つを内税で販売する商店が増えたと思いますが、
商店は一般のヒトではありませんから
商店によっては商品の仕入を外税でやっているところもありますよね。

ひとつの商品を、仕入を外税、販売を内税で行うというのは
法律、経理その他
全く問題が発生しないものなのでしょうか?

ちょっとあいまいな質問になってしまいましたが、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

>仕入を外税、販売を内税で行うというのは…



そのとおりですね。法律がそうなったのですから、法的な問題はあるわけがありません。
経理上は、売上から一旦消費税分を抜き取るという作業がありますが、大きな問題ではないでしょう。

それとも、質問者さんご自身で何か問題意識をお持ちなのでしょうか。

この回答への補足

いえ、問題意識を持っているのではなく、
知識が無いために何が問題か(あるいは問題は無いのか)分からないのです。
たとえば外税で仕入れたボールペンを内税にして売るということに違和感を覚えているだけです。

法律がそうなったのですから、法的な問題はあるわけがない…!そ、そうか…。そりゃそうですね…。

売上から消費税分を抜き取る作業というのは、
要するにどれだけ消費税をお客さんから取ったかを算出するということですよね。


ありがとうございました。

補足日時:2005/04/14 13:10
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税決定通知書兼納付書

「市区町村民税・都道府県民税特別徴収額通知書」と「住民税決定通知書兼納付書」を二重払いをした時の取り戻し方法は?
払いすぎた税金の取り戻し、手続きの錯誤、書類の提出はありますか。

Aベストアンサー

>市町村は同じです。勤め先の変更はありません。
 給与所得でそれ以外に所得はありません。

 とありますが、給与は一箇所ですか?お勤めの会社以外から給与が出ていたり、前年に土地や株を売ったりしていませんか?
 通常一人の納税者に特別徴収(給料天引き)と普通徴収(納付書または口座振替で年4回に分けて納付)の二つがかかることはありません。ただし普徴差額という制度があります。
 普徴差額とは主たる給与以外の所得(事業、不動産収入、土地や建物を売った譲渡所得)があった場合、給料から天引きすると月々の手取り額が下がってしまいますよね。それを防止するため、給与分にかかる税金は給与から、それ以外は納付書で収めるという方法が取れます。その手続きはちょうど今の確定申告で届出できます。
 ごくたまにですが、前年度分の更正によりあくまで前年分の市民税納付を求められるケースもあります。 まずご自分で2重払いかどうか確認してください。各々の通知の「年税額」を見て、まったく同じ金額でなければ2重払いではありません。
 もし同じ金額であればお住まいの市区町村民税窓口に連絡し、確認を取ってください。

>市町村は同じです。勤め先の変更はありません。
 給与所得でそれ以外に所得はありません。

 とありますが、給与は一箇所ですか?お勤めの会社以外から給与が出ていたり、前年に土地や株を売ったりしていませんか?
 通常一人の納税者に特別徴収(給料天引き)と普通徴収(納付書または口座振替で年4回に分けて納付)の二つがかかることはありません。ただし普徴差額という制度があります。
 普徴差額とは主たる給与以外の所得(事業、不動産収入、土地や建物を売った譲渡所得)があった場合、給料から...続きを読む

Q販売の確定した仕入商品について。

1、商品を仕入れました。
2、販売が確定し、代金も回収しました。
3、しかし商品の出荷は1ヶ月後です。

この様な時、この仕入れた商品は「在庫」になるのでしょうか。もし在庫でなければこの商品をどの様に扱えばいいのでしょうか。
販売が確定し、代金を回収し、所有権が相手に移っているのであれば、当社の在庫ではないと思うんですが、どうなんでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

通常月であれば、処理の仕方はどちらをとっても影響はありませんが、決算月をまたぐような場合、利益が実現したものとして扱うか否かが、結構重要な影響を及ぼす場合があります。

勿論、「損得」で決まるものではありませんが、判断の基準は、あなたの会社で、「売上」をたてるときを、何時の時点とする処理を取っているかになります。

普通であれば、「納品書」の日付が基準になると思いますが、「相手方に商品が到着した日」をもって売上を計上するのではないでしょうか。

期末前後で、時期が問題になる場合は結構多いので、貴社において、出荷した日、相手方が検収した日等、計上の基準をお決めになって、その基準で継続して計上するべきだと思います。
(法人税基本通達2-1-1~2)

もしお尋ねの内容が、決算期をまたぐ場合であれば、次のような処理になると思います。

◎商品が貴社に届いている前提ですが。

(1)(仕入)/(現預金または買掛金)
 (現預金)/(前受金)

(2)決算時
 (商品)/(期末商品棚卸高)
  未着であれば「直納商品未着分」等の摘要で棚卸します。

(3)出荷時
 (前受金)/(売上)

現金のやり取り自体は、益金・損金の計上と直接には結びつきませんから。

前期通達を参考にしていただければと思いますが、貴社の処理方法において、「この基準で売上に計上しています」と言えるものをきちんと決めて、その処理を継続なされば良いと思います。

何か問題になるような事態が起きた場合、一貫性を通しておかないと、あやふやになってしまいますから。

通常月であれば、処理の仕方はどちらをとっても影響はありませんが、決算月をまたぐような場合、利益が実現したものとして扱うか否かが、結構重要な影響を及ぼす場合があります。

勿論、「損得」で決まるものではありませんが、判断の基準は、あなたの会社で、「売上」をたてるときを、何時の時点とする処理を取っているかになります。

普通であれば、「納品書」の日付が基準になると思いますが、「相手方に商品が到着した日」をもって売上を計上するのではないでしょうか。

期末前後で、時期が問題にな...続きを読む

Qイオンから住民税決定通知書が配布されない

数年前に転職し、イオングループの会社の一つに勤務しております。
転職して以来の数年間、住民税決定通知書を受け取っておりません。
これまで勤務していた企業では、年1回人事部門から各自に配布されていたと記憶しております。
給与明細等には住民税にあたる金額を控除している旨が記載されており、かつ、居住する地方自治体から督促を受けたことも無いので、納税はされているようですが、イオンで勤務するようになってからは住民税決定通知書そのものは受け取っておりません。
給与支払者(事業者)が、納税者(従業員)に住民税決定通知書を配布しなくても良いとする法律の規定でもあるのでしょうか?
あるいは事業者が住民税決定通知書を配布しない特段の理由といったものがあるものでしょうか?
また、万が一納税者(従業員)の了解の無いままに過去の住民税決定通知書を廃棄処分されてしまっていた場合、再発行は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

あなたの考える通り、会社は法令順守に欠けています。

地方自治体は、税額計算書を特別徴収義務者(勤務先)を経由して、納税者に通知する義務があります。勤務先宛てには計算書でなく、月々にいくら徴収するかの通知書しかいきません。個人あての税額決定通知書を会社が私することは許されないことです。

人事担当に照会してください。もしらちがあかなければ、イオン本体の内部通報部署に、実名で、法令順守にかける、と通告してください。根拠法を書いておきます。各種申請に必要なのに、廃棄等したのであれば、会社の費用をもってそれにかわる証明交付をさせるとよろしいでしょう。会社の怠慢以外のなにものでもありません。


地方税法
第321条の4(給与所得に係る特別徴収義務者の指定等)
 市町村は、前条の規定によつて特別徴収の方法によつて個人の市町村民税を徴収しようとする場合においては、当該年度の初日において同条の納税義務者に対して給与の支払をする者(他の市町村内において給与の支払をする者を含む。)のうち所得税法第百八十三条 の規定によつて給与の支払をする際所得税を徴収して納付する義務がある者を当該市町村の条例によつて特別徴収義務者として指定し、これに徴収させなければならない。この場合においては、当該市町村の長は、前条第一項本文の規定によつて特別徴収の方法によつて徴収すべき給与所得に係る所得割額及び均等割額の合算額又はこれに同条第二項本文の規定によつて特別徴収の方法によつて徴収することとなる給与所得以外の所得に係る所得割額(同条第四項に規定する場合にあつては、同項の規定により読み替えて適用される同条第二項本文の規定によつて特別徴収の方法によつて徴収することとなる給与所得及び公的年金等に係る所得以外の所得に係る所得割額)を合算した額(以下この節において「給与所得に係る特別徴収税額」という。)を特別徴収の方法によつて徴収する旨を当該特別徴収義務者及びこれを経由して当該納税義務者に通知しなければならない。

あなたの考える通り、会社は法令順守に欠けています。

地方自治体は、税額計算書を特別徴収義務者(勤務先)を経由して、納税者に通知する義務があります。勤務先宛てには計算書でなく、月々にいくら徴収するかの通知書しかいきません。個人あての税額決定通知書を会社が私することは許されないことです。

人事担当に照会してください。もしらちがあかなければ、イオン本体の内部通報部署に、実名で、法令順守にかける、と通告してください。根拠法を書いておきます。各種申請に必要なのに、廃棄等したのであれ...続きを読む

Q【消費税】非課税仕入と不課税仕入

非課税仕入と不課税仕入は、どういう時にその違いが影響するのでしょうか?

Aベストアンサー

非課税仕入と不課税仕入は、理論的には消費税法上ちがいがありますが、実務では全く関係なく影響がありません。

念の為付け加えますと、非課税売上と不課税売上では経理処理を明確にしなめればなりません。

そもそもの消費税法の定義を付け加えます。
 非課税とは、本来理論的には消費しているんだけど、国の政策上や社会的配慮から消費税をかけないこととしているものです。
今、食品を非課税にしたらよいのでは?と議論がありますが、これも不課税ではなく非課税です。
 不課税は、理論的に消費しないものです。たとえば給料などなど

Q住民税特別徴収税額通知書って何ですか?

住民税特別徴収税額通知書って何ですか?

会計事務所より「住民税特別徴収税額通知書」が届きました。従業員に渡してくれとのことですが、これって何ですか?

教えてください。

Aベストアンサー

住民税の特別徴収って言うのは、給料から毎月住民税が引かれることを言います。
で、住民税は前年の年収に応じて決まりますので、その額が決定したので、従業員に今年の6月からの住民税の額はいくらですよと知らせる書類です。
この用紙に書いてある額が毎月給料から自動的に引き落とされますと言うことです。
特別徴収をしない場合は自分で役所に行って払ったり、銀行から振り込んだり自分でやらなければいけません。
それが決まるのが5月で、6月分から新しい額になって引かれるので、6月の給料より前に各人に渡して確認させるのです。

Qうちではamazonで商品を販売しているのですが、商品を販売した場合、

うちではamazonで商品を販売しているのですが、商品を販売した場合、一定期間の売上をまとめて、振り込まれるのですが、その際に販売手数料が天引きされます。
この場合、青色申告の帳簿にどのように記載したらよろしいでしょうか?
顧客毎に販売した日毎に売上と登録するのか?でも、そのときには販売手数料がわからないので、販売金額を記載して、振り込まれたときに販売手数料を相殺する形で記載するのでしょうか?
教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 振り込みがあったときに、売り上げと、販売手数料を計上しておいて、年末分だけ調整する方法が簡単でいいと思います。
 その年の最後の振込みの対象になった売り上げを確認して、年末までの売上げで計上されていないものを、年があけてから、確定申告するまでに整理します。
 1月か2月には、年末までの売上げの振込みがあると思いますので、販売手数料とかは、わかると思います。

 それと販売手数料は相殺せずに、経費として別に記載する必要があります。相殺していると、売上高が少なく表示されてしまって、消費税の計算に影響が出てくる場合があります。
 

Q固定資産税の納税通知書に課税されない建物は記載されない?

 固定資産税都市計画税納税通知書の記載内容についての質問です。

 通知書には、土地や建物の地番・家屋番号・課税額・・などが
書かれていますが、そのうちの建物に関してなのですが、古い建物
などになると、税金のかからない物もあると思うのですが、
そんな税金のかからない建物も、通知書には記載されていますか?

 そして、記載されていないということは、建物が存在しない、
又は無登記であるということなんでしょうか?

 実は、取り壊した建物(工場と事務所)の家屋番号を調べようと
思い、通知書を見たのですが、その2つの建物に関しては、通知書に
何も記載されていないのです。もちろんその建物がある土地に関して
は記載があります。

 それで、通知書に記載されていないということは、もしかすると
最初から登記していないのではないかと考えたのですが。

 

Aベストアンサー

>古い建物などになると、税金のかからない物もあると思うのですが、
そんな税金のかからない建物も、通知書には記載されていますか?
よっぽど古くても、税金かかりますよ。
私の家にもいつ建てたかわからないような古い小屋がありますが、99円の税額です。
また、万が一かからなかった場合でも、0円で記載されるでしょう。

>そして、記載されていないということは、建物が存在しない、又は無登記であるということなんでしょうか?
固定資産税が発生する建物は、基本的には登記されているものが課税ですが、登記されていなくても建物であれば課税の対象です。
逆に建物を取り壊し滅失登記しないで登記されたままでも、建物がないことを役所に確認してもらえば課税されません。

>取り壊した建物(工場と事務所)の家屋番号を調べようと思い、通知書を見たのですが、その2つの建物に関しては、通知書に何も記載されていないのです。
取り壊した建物は、課税されませんし課税通知にも記載されません。
取り壊しても滅失登記をしなかったりもともと登記されていなくて、壊された事実を役所が確認していない場合は、課税されることもあるでしょうけど…。

取り壊す前も課税されていなかったんでしょうか。
そのときの課税通知はないんでしょうか。
考えられるのは、登記されていて取り壊した際、その建物の滅失登記をしたのではないですか。
そうすれば、法務局からその通知が役所に行きますので、役所は課税対象からはずします。

>古い建物などになると、税金のかからない物もあると思うのですが、
そんな税金のかからない建物も、通知書には記載されていますか?
よっぽど古くても、税金かかりますよ。
私の家にもいつ建てたかわからないような古い小屋がありますが、99円の税額です。
また、万が一かからなかった場合でも、0円で記載されるでしょう。

>そして、記載されていないということは、建物が存在しない、又は無登記であるということなんでしょうか?
固定資産税が発生する建物は、基本的には登記されているものが課税...続きを読む

Q小売業者が仕入先にたいして「総額表示」にしてほしいという依頼理由は何?

このgooの質問に「来年4月より消費税が総額表示となりますが、小売業よりメーカーからの仕入金額についても総額表示で、という依頼があります。」とあるのですが、小売業者にとって、仕入伝票(相手の納品伝票)が総額表示されていてほしいという思う理由は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

たぶん税申告の際に計算するのが面倒だからではないかと思います。

商品ごとに消費税を表示していると、計算しないと消費税額が出ませんね。毎日やってれば問題ないのですが、そんな事に労力を割かない。やってる所の方が小企業ではめずらしいかも。

申告する場合に合計値がわかれば、そのまま転記するだけで良いですよね。会社ごとに足し込むだけで良いですから計算が速く済む。という事ではと思います。

Q市民税 県民税「特別徴収税額の決定通知書について

回答お願いします。27年6月~28年3月10日まで働いていた人の特別徴収税額の決定通知書と払い込み用紙の領収書が届きました。
働いていれば、月々の給与から天引きするようですが退職している場合どうすればよいんでしょうか?
元従業員の名前が記載してある決定通知書のハガキもあります。
特別徴収するのは義務なのですよね。 
今年度から雇用している従業員の市民税 県民税は29年度の5月ころに決定通知書が届き月々天引きでよいのですよね?

Aベストアンサー

H28.6月から特別徴収する分で、既に退職している方の分は、「特別徴収に係る給与所得者異動届出書」を市町村に提出して下さい。
記載方法や記入例を見れば、わかると思いますが、普通徴収に切り替わります。
本人に渡す通知書も同封すればいいです。
払込用紙は、退職者以外にその市町村に払い込む該当者がいなければ破棄でいいですし、他にいらっしゃるなら、そのまま使えます。

今年の1/1以降に雇用している従業員のかたは、そのまま雇用が続けば、H29.6月から特別徴収が開始されます。ただし、平成27年に別の所からの収入があり本人が会社からの特別徴収を希望した場合、市町村に申し出れば特別徴収にしてもらうことは可能です。

Q仕入値引きと仕入割戻し

仕入値引きと仕入割戻しはどのように違うのでしょうか?
簿記上(仕訳上)としての違いもあるのでしょうか?
また、実際に実務でもそのようなものがあるのでしょうか?
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

仕入値引は個々の取引について値引きをするのに対し、仕入割戻は何回か取引があって、取引額が一定金額以上になったとか、取引回数が一定回数以上になったとかいった場合に仕入総額の何%とか一定金額をバックする。といった形態のものです。
仕訳上は勘定科目が違うだけであまり違いはないと思います。
実務上でも仕入値引、仕入割戻ともよくあることです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報