タイトルのような本を探しています。
“やおい本”、“百合本”ということではなくて、
やおい(百合)について書かれている本です。
また、実際の同性愛者についてではなく、あくまで漫画や小説などでの同性愛です。
(実際の同性愛と漫画の同性愛を比べている等で、実際の同性愛を扱ってるだけならOK)

自分で調べてみて、見つかったのは以下のような本です。

●『やおい幻論:「やおい」から見えたもの』榊原史保美
●『コミュニケーション不完全症候群』中島梓
●『タナトスの子供たち』中島梓
●『大人は判ってくれない』野火ノビタ
●『アニパロとやおい』西村マリ

上記のような種類の本があれば、タイトル・著者等教えてください。
上記の本もまだ読んでいないので、「この本は、やおいについて書いてないよ」等の
御意見もあれば、教えていただけると助かります。

また、“やおい”についての本は、上記のようなものが見つけられたのですが、
百合(レズ)についての本は、見つけられませんでした。
やはり、百合は、ボーイズラブに比べて市場が小さいのが原因でしょうか?
私自身が“やおい”についてはわかるのですが、
百合については知識がありませんので、見逃しているだけかもしれませんが…(^_^;)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

白夜書房「耽美小説・ゲイ文学ブックガイド」


柿沼瑛子・栗原知代編著

というのがあります。やおいや百合よりもっと
文学系の本です。(もちろんダブるところもあります)

本屋での入手は難しいと思いますが、AMAZONの
マーケットプレイスとかでは入手できると思います。

あと
>百合(レズ)についての本は、見つけられませんでした。

はそうですね。広辞苑に「美少年」の項はあるが
「美少女」の項はない。というのと同じかも。(違うか)

私が知っている限り、(これも文学系ですが)
「考証 少女伝説―小説の中の愛し合う乙女たち」
大森郁之助・著
というのがあります。

「百合」に関する本は皆無ですが、もう少し流行れば
確実に研究本が出てくると思います。
    • good
    • 0

新聞の広告に『やおい小説論 女性のためのエロス表現』(永久保陽子・著)という本がありましたよ。


4410円とかなり高価ですし、専修大学出版局が発行している本なので、学問的な見地から書かれた硬い内容の本かも知れません。ちなみに紹介文には「女性の欲望と制度化された性への抵抗を浮き彫りにする」とあります。

私自身まだ読んでない本なので、ご希望の内容かは定かではありませんが、なかなか面白そうな気がします。
    • good
    • 0

私は別の目的で読んだのですが、(^_^;)


中島梓さんの『小説道場』という本を図書館で借りて
読んだことがあります。
毎月投稿されるアマチュア作家のやおい作品を
道場長である中島さんが、毎回面白おかしく
評論する内容でした。
お役に立てなくてごめんなさい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神谷敬里(中島梓)の「棘」を探しています。

昔(昭和54年2月)、「ジュネ」という雑誌に載っていた「棘」というもの物語で、神谷敬里(中島梓)/作・石原豪人/画を手に入れたいのですが、どこで見ることができますか?

ご存知の方教えてください。

ちなみに、私がその作品の存在を知ったのは、東京・本郷にある弥生美術館という所で「美少年コレクション」という展覧会が開催されているのを見に行き、作品の一部が展示されていて興味を持ちました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、こんばんは。

質問リストを見ていて、神谷敬里(中島梓)という部分に興味をひかれて質問内容を拝見しました。同一人物だったとは知りませんでした!

ところで#1の方がすでに回答されているJUNE全集ですが、プレミア価格になって入手がかなり難しそうですね。プレミア価格ものだと、EASYSEEKがオススメです。比較的良心的な価格で出品されることが多いです。
(残念ながら現在は全集1巻の出品はありませんが、全集の8巻が1650円で出品されていました)
あと都内の方でしたら、古本屋の「まんだらけ」(渋谷、中野)などにもありそうですね。

また閲覧ということでしたら、国会図書館には国内の発行物はすべて収められることになっていますので、いかがでしょうか。確か貸し出しはできませんが、著作権に抵触しない範囲でのコピーは可能です。

無事に入手できるといいですネ。

(ご参考)
■最寄駅  永田町/国会議事堂前
■利用資格 満18歳以上の方であれば、誰でも入館・利用できます。
■休館日 日曜日、土曜日(第1、第3土曜日を除く)、国民の祝日・休日、年末年始、第1・第3土曜日の直後の月曜日(祝日・休日にあたるときはその翌日)1月・4月・7月・10月の第3土曜日直前の水曜日(資料整理休館日)

参考URL:http://www.easyseek.net/

はじめまして、こんばんは。

質問リストを見ていて、神谷敬里(中島梓)という部分に興味をひかれて質問内容を拝見しました。同一人物だったとは知りませんでした!

ところで#1の方がすでに回答されているJUNE全集ですが、プレミア価格になって入手がかなり難しそうですね。プレミア価格ものだと、EASYSEEKがオススメです。比較的良心的な価格で出品されることが多いです。
(残念ながら現在は全集1巻の出品はありませんが、全集の8巻が1650円で出品されていました)
あと都内の方で...続きを読む

Qどこから同性愛なのでしょうか

どこから同性愛(ここではBL)なのでしょうか?教えてください!

ここでは男は大文字、女は小文字で表します。

・AとBが友達になる
・AとBが一緒に旅に行く
・AとBとaとbが一緒に旅に行く(友達関係)
・Aとaは恋人関係、Bとbは恋人関係でAaBbが一緒に旅に行く
・AとBがcに惚れていて三角関係である(AとBはライバル関係)
・AとBがcに惚れていて三角関係である(AとBは友情関係)
・AとBが友情的に好きになる
・AとBが友情的に好きになってAは冗談で(性的に)Bに「好き」という
・AとBが友情的に好きになってAは(性的に)Bに「好き」という

・AとBが恋愛的に好きになる
・Aが性を変えたくなるほどBを好きになる
・Aが性を変えてBと結婚してしまう

Aベストアンサー

・AとBが友情的に好きになってAは(性的に)Bに「好き」という ・・・ 友情から愛情に変わった片思いって事でしょう

・AとBが恋愛的に好きになる


同性愛と言うのだから、そこには「恋愛感情」が有る筈ですね。(片思いだとしたら、片思い側が同性愛者でしょう)

又、性を換えてしまえば、元が「男」でも「同性愛」では有りませんね。

Q“お金”の知識をつける本

最近一人暮らしを始めた21歳、男です。
一人暮らしを始めてから、自分がお金のことに関して本当に無知だということを知りました。
勤務先の先輩などの話を聞いていてもさっぱりわからず着いていけません。
お金といっても色々ありますが
税金や保険、年金といった、生きていく上で必要な最低限の知識を養えるような
初心者にもわかりやすく解説されている本はありませんでしょううか?
深く知りたいとは思いませんが、一般的な大人(漠然としてますが…)が
知っている最低限の知識を知っておきたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>自分がお金のことに関して本当に無知だということを知りました。
このままですと銀行などにお徳でない物を進められて鵜呑みにして
しまいそうですので取り合えずは騙されない為にこんな本は如何ですか。
金融広告を読め
http://item.rakuten.co.jp/book/3549673/​
解りやすいと思うポイント。
1、挿絵がいっぱいあるので読見つかれた時にホッとする(私だけかも。)
2、銀行などで良く見かけるパンフレットを元に話を進めるので取っ付き易い
3、お金に対する考え方とか気持ちの持ち方では無く、100%実践的な話です。
4、501ページと分厚く感じますが何個もの話が並んでいる
 状態ですので疲れたら途中で読むのを中断しやすい。

Q百田尚樹さんの殉愛ってどういう内容の本なんですか?

百田尚樹さんの殉愛ってどういう内容の本なんですか?

百田尚樹さんはやしきたかじんさんが死ぬまで病院にいたのですか?これは事実?それとも架空の想像小説?

百田尚樹さんの密着ドキュメンタリー?

Aベストアンサー

やしきたかじんさんの妻さくらさんからたかじんさんの死去後にたかじんさんが書いたとされるノートが提供され、これを元に関係者に取材して書き上げたノンフィクション、ということになっています。
百田尚樹さんとたかじんさんは生前はほとんど面識がなかったとのことです。

Q誤字脱字の多い出版社の本で資格の本

ある資格を取ろうとして、資格の本を見ていました。
気に入ったテキストが、誤字脱字の多い出版社のものでした。
違う資格を取った時、誤字脱字が多いことを知りまして、その出版社の本を使わないで、
勉強しました。
しかし、次に受ける資格はその本が評判がいいですし、テキストや参考書があまりないので、
使うしかないかなと思っています。
誤字脱字の多いテキストはやめた方が良いですか?

Aベストアンサー

>誤字脱字の多いテキストはやめた方が良いですか?

どっちでもいいんじゃないですか?

その誤字脱字があっても、前後の意味からきちんと内容がわかるなら
理解しやすい説明や、練習問題などが優れていれば
内容は優れているわけですから。

ただ、誤字脱字のせいで意味を取り違えてしまうとか
間違った語句を覚えてしまうとか
あなたが気になって気になって勉強に手がつかないならやめればいいと思いますし。

ミスが多い、校正が甘いってことと、内容の良しあしはまた別でしょうし
内容に影響がある、っていうならやめたほうが良いでしょう
評判がいいというぐらいだから内容はいいのでしょうね
ただ、良いというのも人に寄って違います
どんなテキストでもわかりやすさ、説明のアプローチには
受け取る側との相性もありますから。


おすすめ情報