会社を3月いっぱいで解雇されたので国民年金に加入することになると思いますが、これはむこうのほうから連絡が来るのでしょうか。それともこちらから出向いていくのでしょうか。また手続きにはどういうものが必要になるのでしょうか。前の会社では厚生年金の掛け金を払ってました。やめるとき年金関係の資料みたいのは一切もらってません手続きには支障はありませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

退職して、社会保険(健康保険・厚生年金)資格を喪失した場合、下記の手続きが必要です。



国民年金
市の国民年金の係へ、年金手帳・印鑑・退職証明書(社会保険資格喪失届のコピーや離職票のコピーなど)を持参して、国民年金への切替をします。
後日、社会保険事務所から納付書が送られて来ます。

医療保険。
健康保険は、次のいずれかを選択することになります。

・市の国民健康保険に加入する。
国保の保険料は市町村により違いますが、一般的には、前年の収入を基に計算され、それに均等割・家族割りが加算されます。
市の国保の窓口に電話をすると、計算してもらえますから、任意継続と比較して有利なほうを選択しましょう。
なお、親が国保に加入している場合は、国保には扶養という制度がありませんから、親の国保に一緒に加入することになります。

国保の加入は、会社の退職証明と印鑑を国保の係持参します。

・親の健康保険の扶養になる
今後12ケ月間の収入見込額が130万円以下の場合で、親がサラリーマンで勤務先で健康保険に加入している場合は、親の健康保険の扶養になることが出来ますから、親の会社で確認しましょう。

・任意継続制度を利用する。
任意継続は、今までの会社が負担していた保険料も本人が負担することになり、保険料が約2倍になりますが、保険料の上限が決められています。。
社会保険事務所に問い合わせれば、保険料が分かりますから、国保と比較して有利なほうを選びます。

任意継続を利用するには、退職から20日以内に社会保険事務所に申請する必要があります。

国保の保険料は前年の収入で保険料が変わりますから、来年になると保険料が安くなる場合があります。
来年になったら、もう一度、国保の保険料の計算をして貰うと任意継続よりも安くなる場合があります。

ただし、任意継続は、新たに就職して社会保険に加入するとき以外は、2年間は脱退できません。
そこで、国保の方が安くて任意継続を辞めて国保に入りたい場合は、任意継続の保険料を納付期限までに支払うのをストップします。
そうすると、納付期限の翌日から任意継続の資格がなくなります。
そこで、国保に加入の手続きをします。

任意継続については、下記のページをご覧ください。
http://www.nof.co.jp/kenpo/hkd_9443/94430045.htm
    • good
    • 0

こちらから市町村の窓口に出向いて国民年金の手続きをしなければいけません。


これは、いままで国民年金第2号被保険者(厚生年金保険の被保険者)だったのが、今後は国民年金第1号被保険者(自営業者、学生、無職の人など)になったためです。
厚生年金保険の脱退手続きのほうは前の会社でしてくれているはずですから大丈夫ですが、国民年金の手続きのほうは自分で行なわなければなりません。

年金手帳(又は基礎年金番号通知書)、印鑑(認印)、本人を証明できる書類(運転免許証など)、離職票等退職を証明できるもの(前の会社を通して急いで用意してもらうなどして、早急に入手しておくこと)を持参して、大至急手続きをして下さい。
また、この手続きも含めて、就職・退職時の年金関係の手続きに関するパンフレットを、市町村の窓口か社会保険事務所で入手できます。

ちなみに、第2号被保険者では給与から天引きされる厚生年金保険料の中から国民年金保険料も充当されていたのですが、第1号被保険者になると、自分で市町村に国民年金保険料を支払う必要があります。

このようなことは、自分から知識を得てゆかないとわからないものです。
サイトを丹念に検索すると、公的なサイト・個人のサイトを問わずたくさんの情報が得られますので、ぜひご自分で調べてみていただくとよろしいかと思います。
そのほか、国民健康保険への加入手続きも必要になりますし、市町村を通してやらなければならないことがたくさんあります。
漏れのないように、くれぐれもお気をつけ下さいね。
    • good
    • 0

突然の解雇、大変でしたね。


ご心痛、お見舞い申し上げます。

さて、一般的には 退職の際に企業は
「健康保険・厚生年金被保険者資格喪失連絡票」
を退職者に渡すように社会保険事務所などから依頼されています。
それをお持ちになり、市町村役場の国保担当部署に行かれれば
何の問題もなく手続きできます。

が、しかし・・・
理由がわかりませんが解雇ということですし
連絡票を渡してくれない企業もあるかもしれません。

雇用保険の資格喪失届、および離職票を活用しましょう。
退職に際し、雇用保険資格喪失届の提出により必ずハローワークからもらえるものです。
ということは公的証明になりますので、コピーをとり国民年金課に持参しましょう。
もちろん失業給付申請手続きの前に原本を持参しても大丈夫です。

いずれにせよ国保はご自分で加入手続きを行わねばならないので
無保険であることを証明できるものをご持参なさってください。

この回答への補足

確かに私の場合「健康保険・厚生年金被保険者資格喪失連絡票」は会社からもらってません。健康保険のことを役場にききにいったときに「健康保険・厚生年金被保険者資格喪失連絡票」のなにもかかれてないものを貰ってきました。何でだろうかと思います。

補足日時:2005/04/14 22:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資格試験、テキストの精読方法

資格試験、テキストの精読方法

資格試験の受験者です。
問題集を解くのは順調なのですが、
テキストの精読がどうも苦手です。

皆さんの方法を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、やり方は十人十色、百人百様、千差万別ですので「絶対こう」と
いうのはないですが、まずは、多少意味が分からなくとも「通読」して
「どんなことが書いてあるか、どんな分野があるか」だけ掴みます。ザ
ッとでいいです。その後、問題集を演習してみましょう。出来は悪い筈
ですが、何となく「どこかで見たかも?」と思う内容もあれば、所々は
良くできている所、全然出来ていない所もあったハズです。つまり、そ
の傾向が「自分の得意(分りやすい)・不得意(分りにくい)」な分野
だと言えます。これを踏まえて、再度、テキストを今度は注意深く精読
します。特に「不得意」分野は丁寧に(ラインマーカーを引く、必要が
あればノート等に書き出しもして、書いて憶える)「得意」分野は引っ
掛け問題に対処できるよう、言葉尻(~でなければならない、等)や脚
注には気を払いつつ、流します。そこまで行ったら、あとは問題集主体
で仕上げます。繰り返す中で、定着がイマイチの部分は、テキストを辞
書代りにし、その都度、確認するようにします。ある程度、自信が付い
て、受験レベルとなったなら、直前期に「数値、公式、用語」といっ
た、解答の精度を上げ得る部分だけ、テキストで再確認するのがベター
ですね。(一から全部、読む必要は無いと思います)まあ、個人差や理
解度、試験の難度や相性もありますので、あくまでご参考に・・・

まあ、やり方は十人十色、百人百様、千差万別ですので「絶対こう」と
いうのはないですが、まずは、多少意味が分からなくとも「通読」して
「どんなことが書いてあるか、どんな分野があるか」だけ掴みます。ザ
ッとでいいです。その後、問題集を演習してみましょう。出来は悪い筈
ですが、何となく「どこかで見たかも?」と思う内容もあれば、所々は
良くできている所、全然出来ていない所もあったハズです。つまり、そ
の傾向が「自分の得意(分りやすい)・不得意(分りにくい)」な分野
だと言えます。...続きを読む

Q厚生年金と厚生年金基金とありますが、どちらもある会社の方が得なのですか?

こんにちは、みなさん!!

 厚生年金のみ引かれる会社と、厚生年金
基金と合わせて2つ給与から引かれる会社
とに分かれます。

 一見、2つの年金を引かれる方が手取りが
少なくなり、損なように思えますが、実際は
どちたらが良いのでしょうか?

なお、人から聞いていると、大手は2つある
ように思えます。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお
願いします。

Aベストアンサー

厚生年金を自社で運営したいと言う企業の要望に応えて厚生年金基金制度が作られました。
当時は、基金は厚生年金の全部を引き受けていたのですが、厚生年金の方は物価などにリンクして給付水準&保険料が上がって行ったので、その増えた部分は基金には責任がないとして、基金に任せる事にはならなかなったのです。
と言うわけで、基金のある会社では、基金の掛け金と厚生年金保険料とが引かれる事となりました。(給付も、厚生年金と基金の両方から出ます)

ですから、基金のある会社の厚生年金保険料は普通の会社よりもかなり割安ですが、基金と厚生年金を合わせた額は(基金にプラスアルファな独自給付部分がある分だけ)普通の会社の厚生年金の保険料よりも少し高くなるのが普通です。

厚生年金基金の給付は、厚生年金代行部分と、プラスアルファの独自部分とが合わさったものです。
しかし、加入期間が短い場合は、独自部分を支給しない基金があり、その場合は割高な掛け金を払ったのが無駄になります。(無駄にならない様に退職時に一時金を払って精算してくれる基金もあります)

Q電検3種の資格取得にお勧めのテキストを教えて下さい。

※過去に同様の質問も有りましたが、最新の状況が知りたいので質問させて下さい。
電検3種の資格取得の為に勉強を始めようと思います。
ついては、以下の事について回答お願いします。

1)お勧めのテキストは?
 書店に行くと、沢山テキストが有り、どれが良いのか分からずに困っています。
 4科目有る内で、1科目ずつで4冊のブ厚い本も有ったり、その横には4科目が1つになっている物まで
 有り、どれが良いのか分かりません。
 お勧めのテキストの名前と会社名を教えて下さい。

2)法規、電力、機械、理論の4科目有りますが、どれから勉強して行くのが一番効率が良いでしょうか?

3)その他、この資格を勉強するに当たって何かアドバイス等有りましたら、お願いします。

ちなみに、私は電気工事2種を持っており、更に工業高校の機械科を卒業しているので、
電気と機械の知識はそこそこ有る程度です。

Aベストアンサー

電検3種の資格取得にお勧めのテキストの件

1)お勧めのテキストは?

あなたの電気に対する習熟度によって変わってきます。
初心者であれば、1科目ずつで4冊の本で勉強する。
電気科を卒業しているのであれば、4科目が1つになっている本で勉強する。


2)法規、電力、機械、理論の4科目有りますが、どれから勉強して行くのが一番効率が良いでしょうか?

理論は全ての科目の基礎ですから、理論からはじめるのがベスト。


3)その他、この資格を勉強するに当たって何かアドバイス等有りましたら、お願いします。

電検3種は試験範囲が広いことで有名です。

しかし、過去問を調べれば分かるように、出題範囲は半分近くに絞れます。

つまり、半分勉強すれば6、7割は取れる試験です。

具体的な情報はこちらが参考になると思います。
http://masterbook.biz/go/denken3

Q老齢厚生年金=厚生年金基金(基本年金)?

企業年金に参加している企業の会社員の年金についてお伺いします。 
老齢基礎年金が受給できる年齢に到達したら下記の年金がもらえると理解してますがあってるでしょうか?
1)「老齢基礎年金」(公的年金 国民年金より支給)
2)「老齢厚生年金」(公的年金 厚生年金より支給)
3)「厚生年金基金(基本年金)(企業年金 基金より支給)
4)「厚生年金基金(加算年金)」(企業年金 基金より支給)
厚生年金基金が支給する「基本年金」と「加算年金」に関してですが、この「基本年金」とは公的年金の「老齢厚生年金」のことを差してるのでしょうか?それとも別ものでしょうか?ネットで厚生年金基金が公的年金の定額部分を肩代わり支払う、と書いてあってので2)=3)なのか疑問に思いました。また受給する際は、1)、2)、34)と個別に申請し、3か所から振り込まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問に対する回答が出ていないので、回答させていただきます。

「代行返上」を行った企業年金と、「代行」のままの企業年金の場合で異なります。
◎「代行返上」の場合
 1)、2)が国(社会保険庁)からの支給
 3)はありません。
 4)が企業年金からの支給
◎「代行」のまま
 1)が国(社会保険庁)からの支給
 2)はありません。
 3)、4)が企業年金からの支給
*「代行返上」は3)を2)へ戻し、「代行」は2)を3)で「代行」しています。
>厚生年金基金が公的年金の定額部分を肩代わり支払う、と書いてあってので2)=3)なのか疑問・・・
「代行」のことです。
>受給する際は、1)、2)、34)と個別に申請し、3か所から振り込まれるのでしょうか?
上の説明の通り、12)、4)か1)、34)の2箇所となります。

「代行返上」と「代行」とで異なります。
#1 さんの紹介サイトは「代行」で、下記は「代行返上」の例です。
現在大半の企業年金は「代行返上」を行なっていて、「代行」の運営は厳しい金利情勢で破綻状態と考えられます。
*年に2%の運用利益で基金を運用する義務に対して、現在の長期の低金利社会で企業年金の運用が悪化しているからです。
バブル時代までの高金利時代までは6~8%の金利でしたので、国へ保険料を払わないで「代行」で年金を運用したほうが2%を楽に確保して年金の上乗せが可能だったのです。

◎「代行返上」 年金 代行で検索してください。
国の年金の代行部分を国へ返す「代行返上」を行う制度
http://www.benesse.co.jp/kikin/return/index.html
 

質問に対する回答が出ていないので、回答させていただきます。

「代行返上」を行った企業年金と、「代行」のままの企業年金の場合で異なります。
◎「代行返上」の場合
 1)、2)が国(社会保険庁)からの支給
 3)はありません。
 4)が企業年金からの支給
◎「代行」のまま
 1)が国(社会保険庁)からの支給
 2)はありません。
 3)、4)が企業年金からの支給
*「代行返上」は3)を2)へ戻し、「代行」は2)を3)で「代行」しています。
>厚生年金基金が公的年金の定額部分を肩...続きを読む

Q資格取得に関するテキスト類が豊富な中古を取り扱っているサイトをご存知の

資格取得に関するテキスト類が豊富な中古を取り扱っているサイトをご存知の方・・是非アドバイスをお願いいたします。
Amazon・オークション以外を希望します。

Aベストアンサー

分野がわかりませんがこちらはいかがでしょう?

参考URL:http://www.bookoffonline.co.jp/display/L001,p=1,bg=121003,

Q厚生年金と企業年金(旧:厚生年金基金)について

納付月数が不足しているため、厚生年金(国民年金を含む)の受給資格はないが、厚生年金加入中に企業年金にも加入していた場合、企業年金だけ受給できることって可能でしょうか?

Aベストアンサー

中途脱退者(一般的に加入期間10年未満、ただし貴方様の企業年金基金の規約による)の場合は、支給開始年齢(企業年金連合会からの葉書参照)になった場合、企業年金連合会(URL参照)に請求して、受給することが出来ると思われます。
中途脱退者ではない場合、貴方様ご加入の企業年金基金の規約によりますが、多分もらえると思います。これは、直接企業年金基金にご確認ください。

参考URL:http://www.pfa.or.jp/chuto/korekara/index.html

Q資格の勉強。先生への質問はテキスト理解してから?

ある資格の為、インターネットで勉強しています。とても難しい試験で、しかも高額の受講料を払っています。

質問はメールでしても良い、という事になっているのですが、どうしても始めたばかりで分からないため、質問しますが、
返信内容が、
「テキストの何ページに書いてあります。」
「テキストを良く読んで、理解出来ない場合のみ質問してください」
「何度聞いても自分で理解しようとしない限り、同じ事の繰り返しです。」「講義で何回も強調しました。」

など、返信になっていません。
テキストは本当にまとめのようになっていて、基本的な部分が全く見えてこないのです。

しかし、こんな返信ばかりで、質問も出来ず、分からないところばかりで、今は勉強が止まって、どうしていいか分からない状態です。

なんだか、高いお金を払っているのに、「テキストに書いてあります。講義で言いました」っておかしくないですか??

もちろん、テキストは何回も目を通してます。講義も繰り返し聴いています。
分からないところを質問しては悪いのでしょうか。

Aベストアンサー

残念ながらどんな分野の教科書でも、殆どの教科書は解ってから読むと解るように書いてあるのですが、解らない人が読むと解らないように書いてあるんですね。何故かと言うと、殆どの場合その教科書を書いた人は自分でそのことを見付けたり気が付いて来たわけではなくて、他人の書いた物を読んで勉強して、その上っ面の後智慧をだけを書いているからです。そんな殆どの教科書は、貴方が解るようになってから将来辞書代わりに使うと便利です。

私なら、貴方の抱えている問題を解決するために次の二つの方法を取ります。

1)分野によっては例外もあるでしょうが、殆どの分野では、何でも先に行ってからやっと解るようになる物が一杯あります。だから、今勉強始めたことを一つ一つ解ってから先に進もうとしては駄目で、解らなくてもどんどん先に進むべきです。学校の予定を無視して解らなくても一先ずその教科書を短時間で読破してしまうことをお勧めします。そして、出来ることなら一度でなく、何度も読破する。そうすると、今解ろうとしていることが、実はその後に手に入った知識なしには理解出来る筈がないんだと言うことが段々と解って来ます。要するに、その先生はそのことを理解するための前知識を一杯持っていると言うことです。

先生は、もう既にその前知識を持っているので、その上級編の知識を土台にして、今やっているそと初等的な問題を理解していることなんて諸っちゅうあります。だから、先生から見たらそんなに簡単なことが、何で貴方には解らないのか解らないんだろうと思います。残念ながら多くの先生は初心を忘れてしまっているので、今の貴方の苦労が解らなくなってしまっているのでしょう。だから、解らなくても良いからどんどん先を読んで前知識を手に入れて下さい。そして何度も同じ問題に戻って来るのがコツです。昔から、「習うよりも慣れろ」と言うのは金言です。

2)出来るだけ下手に出て、なんせ初めてで不慣れな者ですから、先生に取っては当たり前なことでも未熟な私にはまだ良く解らないのです、初心者の私でも解るようにもう、前もってどんな知識がこれを理解するなめに必要なのか、もう一度説明して下さい、と懇願するのですね。きっと、先生も自分がその勉強を始めたばかりのことを思い出してくれるかもしれません。

どこが解らないかを説明するのって、解っていることを説明するよりも遥かに難しいので、もどかしいのは良く分かります。でも、根気よく、解らないことは先生にどんどん聞きましょう。遠慮していては駄目です。

残念ながらどんな分野の教科書でも、殆どの教科書は解ってから読むと解るように書いてあるのですが、解らない人が読むと解らないように書いてあるんですね。何故かと言うと、殆どの場合その教科書を書いた人は自分でそのことを見付けたり気が付いて来たわけではなくて、他人の書いた物を読んで勉強して、その上っ面の後智慧をだけを書いているからです。そんな殆どの教科書は、貴方が解るようになってから将来辞書代わりに使うと便利です。

私なら、貴方の抱えている問題を解決するために次の二つの方法を取りま...続きを読む

Q20才未満の期間は厚生年金の掛け金を払っていたのでしょうか

1.高卒で就職して勤続25年の場合、年金の掛け金は25年間掛けたことになるのでしょうか?20才以降の23年間掛けたことになるのでしょうか?
2.24年間掛けた場合と25年間掛けた場合で受給額が大きく異なるのでしょうか。
3.26年以上掛ける場合掛ける年数に応じて受給額がUPするのでしょうか。

ちなみに、私は会社を退職して自営業を始めるタイミングを検討しています。

Aベストアンサー

>1.高卒で就職して勤続25年の場合、年金の掛け金は25年間掛けたことになるのでしょうか?

公的年金は通算で25年かけたことになります。
この加入年数は受給要件として非常に重要です。

>20才以降の23年間掛けたことになるのでしょうか?
国民年金は23年かけたことになります。これは国民年金の受給金額に影響します。

整理すると、
厚生年金:25年間加入
国民年金:23年間加入
です。
(厚生年金加入者は同時に国民年金加入者で、国民年金の保険料は厚生年金保険料に含まれています)

>2.24年間掛けた場合と25年間掛けた場合で受給額が大きく異なるのでしょうか。
公的年金を通算して25年未満の場合は一銭も受け取れません。(経過措置の例外を除く)

>3.26年以上掛ける場合掛ける年数に応じて受給額がUPするのでしょうか。
もちろんそうなりますが、勘違いしてはいけません。60歳まで加入義務があります。
未納期間が多いと、単に老齢年金の話しだけでなく、障害年金や遺族年金の受給が出来なくなります。
(その時点での加入すべき期間の1/3以上の未納期間がある場合は受給できない)

国民年金の加入すべき期間は20歳~60歳まで40年です。
厚生年金の加入は加入した期間に応じて支払いを受けられます。

ちなみに障害厚生年金や遺族厚生年金は厚生年金加入期間中に障害を負った、あるいは無くなった場合のものですが、厚生年金だけで20年以上の加入期間があれば、自営業を初めて国民年金のみになっても、受給できますので、覚えておいて下さい。

>1.高卒で就職して勤続25年の場合、年金の掛け金は25年間掛けたことになるのでしょうか?

公的年金は通算で25年かけたことになります。
この加入年数は受給要件として非常に重要です。

>20才以降の23年間掛けたことになるのでしょうか?
国民年金は23年かけたことになります。これは国民年金の受給金額に影響します。

整理すると、
厚生年金:25年間加入
国民年金:23年間加入
です。
(厚生年金加入者は同時に国民年金加入者で、国民年金の保険料は厚生年金保険料に含まれてい...続きを読む

Q昔とった資格をもう一度勉強し直したいので、テキストがほしいのです。  

昔とった資格をもう一度勉強し直したいので、テキストがほしいのです。  全巻揃えると高いため、勉強を終えられた方から、頂ければなあと考えています。インターネットだとちょっと怖い気がするので、インターネット以外で探す方法があれば、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

アマゾンなどの通販で、中古も取り扱っているので、ソコ
を見てみては?まあ、個人からの買い付けになるので、懸
念のリスクが無いわけではないですし、安く買えるかも分
りませんが・・・あとは、普通に古本屋やリサイクルショ
ップですよね。

Q厚生年金加入期間と厚生年金基金加入期間が違う

こんにちは。
自宅にねんきん特別便が届いたのですが、厚生年金加入期間が67ヶ月あるのですが、その下の括弧書きの『厚生年金「基金」加入期間』が0ヶ月になっているのですが、これは何か問題があるのでしょうか?

Aベストアンサー

お勤め先の企業が年金基金に加入していなかっただけでしょう。

厚生年金加入=基金加入にはなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報