こんにちは。私は今大学で国際法を勉強している者です(初学者です)。その中で「シベリア抑留捕虜補償請求事件」を今調べています。資料を読んでみると、平成元年4月18日に東京地方裁判所で判決が出たと書いてありました。そこで私は、日本とソ連との事件なのに、なぜ裁判は日本でしたのだろうと疑問に思いました。何か決まりごとでもあるのでしょうか。知識不足で恐縮ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大学で国際法を勉強されているならおわかりだと思いますが、シベリア抑留捕虜補償請求事件は第二次大戦後、長期間ソ連の収容所に強制的に抑留され、強制労働をさせられた軍人・軍属62名が、「捕虜の待遇に関するジュネーヴ条約」66条および68条に規定された自国民捕虜補償原則に基づき、日本国に対し補償を求める訴えを提起したものです。

当事のソ連を訴えたのではありません。

東京地裁(1989年4月18日)、東京高裁(1993年3月5日)は、いずれも捕虜待遇条約66条および68条の自国民捕虜補償原則が国際慣習法として確立されているという原告の主張をしりぞけています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 merlionXX様
 早速ご回答を頂きありがとうございました。知識の少ない私に大変分かりやすく説明して頂き助かりました。日本国に対する訴えを提起したものだったのですね。全く考え違いをしていました。今度のゼミの発表で参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 01:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシベリア抑留の密約

結局、「シベリア抑留」には、日本側から旧ソ連側に日本兵を労役提供するかのような申し出をしていたのですか。
当時の政府・大本営の体質としてそのようなことが考えられますか。
1993年8月モスクワで「大本営朝枝参謀」の名で書かれている「関東軍方面停戦状況ニ関スル実視報告」という文書が見つかった、という事実は知っていますが、その後「シベリア抑留」の研究に関して新しい資料を見つけたとか何らかの進展はありましたか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご無沙汰しております^^

>その後「シベリア抑留」の研究に関して新しい資料
についてまでは、わかりかねますが、
少なくとも

・最高裁判所>
http://www.courts.go.jp/
裁判例情報>
裁判所名: 京都/地方/
裁判年月日:・期日指定 平成/21/10/28 >検索

平成19(ワ)3986 損害賠償請求事件  
平成21年10月28日 京都地方裁判所 棄却 

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20091210141026.pdf

・270/2011.01.18/大阪高裁、シベリア抑留訴訟控訴棄却
http://page.freett.com/haruyamate/new_page_3-7.htm

上記の一審・二審ともに棄却の流れを見る限りでは、
一審棄却「事実及び理由」中の

第4 争点に対する判断
   2 シベリア抑留の原因について      ※<40/69>~
   3 争点(1)(被告の遺棄行為)について ※<43/69>~<56/69>

昭和20年7月12日要綱、E報告、I宛報告などに対す判断を
変更しうる新たな証拠等の資料は見つかっていないと思われます。

以上 珍しく皆様方の御回答がない御様子を拝見して
久々にカキコミさせていただきましたが
一審棄却「事実及び理由」など御存知の場合は笑って許して下さいm(_"_)m
でも未読なら、論旨明快なので御一読いただければと思います^^

ご無沙汰しております^^

>その後「シベリア抑留」の研究に関して新しい資料
についてまでは、わかりかねますが、
少なくとも

・最高裁判所>
http://www.courts.go.jp/
裁判例情報>
裁判所名: 京都/地方/
裁判年月日:・期日指定 平成/21/10/28 >検索

平成19(ワ)3986 損害賠償請求事件  
平成21年10月28日 京都地方裁判所 棄却 

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20091210141026.pdf

・270/2011.01.18/大阪高裁、シベリア抑留訴訟控訴棄却
http://page.freett.com/haruyamate/new_pa...続きを読む

Q裁判では裁判官は起訴されていない事件(余罪や前科)

裁判では裁判官は起訴されていない事件(余罪や前科)も考慮して判決を下すのでしょうか?
法律に詳しい方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

【補足】
4つの否認事件が発生し3つの事件については起訴、残り1つの事件については勾留満期(20日)経っていないが裁判所の判断で釈放→処分保留になっていた場合、裁判では3つの事件のみで判断されるのでしょうか?それとも起訴されていない事件についても考慮に入れるのでしょうか? 普通に考えれば3つの事件のみで裁判を行うのが普通だと思います。いかがでしょうか?

○その通り。
○裁判所が余罪の存在を認定するには、その存在を認めた被告人の調書(警察が余罪を検察官に「情状送致」するにとどめた場合にその余罪の存在・内容を自白した調書)等が適法に取調済みにとなっていなければならないわけでしょう。
そうすると、弁護人が同意しない限り、処分保留の否認事件の存在を裁判所が認定できる証拠が法廷に出てくることはないと思います。
また、怠慢な弁護人が不用意に同意するなどして、処分保留になっている事件の存在が裁判所にわかったとしても、その余罪が否認事件だということであれば、裁判所がこれを被告人に不利に斟酌することをしないと思います。
○前の回答で、余罪が100件、1000万円くらいある極端な万引事案(ただし、起訴は数件、十数万円で、前科前歴はなし。)について書きましたが、検察官は余罪の件数、損害額が極めて大きいということで、実刑の求刑をしていたと思います。
これに対し、弁護人は「起訴は2件、被害合計十数万円の事件で、被害弁償・示談が余罪も含めてできている場合に、それでも実刑をということになると、公訴事実だけでなく、余罪自体を処罰しているといわれても仕方がないだろう。」と反論し、裁判所も支持してくれました。

【補足】
4つの否認事件が発生し3つの事件については起訴、残り1つの事件については勾留満期(20日)経っていないが裁判所の判断で釈放→処分保留になっていた場合、裁判では3つの事件のみで判断されるのでしょうか?それとも起訴されていない事件についても考慮に入れるのでしょうか? 普通に考えれば3つの事件のみで裁判を行うのが普通だと思います。いかがでしょうか?

○その通り。
○裁判所が余罪の存在を認定するには、その存在を認めた被告人の調書(警察が余罪を検察官に「情状送致」するにとどめた場合...続きを読む

Qホロコースト・あるいはシベリア抑留についての

ホロコーストについて、あるいは、シベリア抑留について、わかりやすく書いてある本を教えてください。
中学生の子供に読ませたいのです。
ちなみに、≪アンネの日記≫ではないものがいいです。

Aベストアンサー

シベリア抑留についてのみの回答になりますが、

村尾靖子著 『クラウディア 奇跡の愛』
蜂谷弥三郎著『クラウディア 最後の手紙』

はいかがでしょうか。

シベリア抑留によって50年以上も日本へ帰ることができなかった、蜂谷弥三郎さんの手記とドキュメンタリーです。シベリアの地でどのように生き延びたか、生き別れになった家族との再会などをつづった実話です。

中学生でも読める文体ですし、実際に抑留された人の体験談として、若い世代の方が読んでも非常に考えさせられる本だと思います。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4907727313/sr=1-1/qid=1155336576/ref=sr_1_1/250-8896282-0947437?ie=UTF8&s=books

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4840107467/sr=1-3/qid=1155336857/ref=sr_1_3/250-8896282-0947437?ie=UTF8&s=books

シベリア抑留についてのみの回答になりますが、

村尾靖子著 『クラウディア 奇跡の愛』
蜂谷弥三郎著『クラウディア 最後の手紙』

はいかがでしょうか。

シベリア抑留によって50年以上も日本へ帰ることができなかった、蜂谷弥三郎さんの手記とドキュメンタリーです。シベリアの地でどのように生き延びたか、生き別れになった家族との再会などをつづった実話です。

中学生でも読める文体ですし、実際に抑留された人の体験談として、若い世代の方が読んでも非常に考えさせられる本だと思います。
...続きを読む

Q裁判員制度についてお聞きします。凶悪な事件の裁判員になった人はその後一

裁判員制度についてお聞きします。凶悪な事件の裁判員になった人はその後一生嫁せられる守秘義務その他裁判で見たもの、聞いたもの等でかなりストレスになると言われます。一番国民感覚が必要なのは行政相手、国家賠償の裁判ではないかと思います。行政、国家相手の事件でしたら殺人事件その他後にトラウマになるかもしれないそんなにおどろおどろしい事件もないと思います。国家という一番強い権力を持ったところを相手にする裁判にこそ国民目線が最も必要なのに、この分野の裁判はなぜ裁判員制度の対象にならないのでしょうか?裁判員制度の対象にしてもらうにはどのようなことをするのが一番効果的でしょうか。

Aベストアンサー

もともと法があって過去に判例が有ってそれにのっとってでた判決が世情に合わない部分が出てきた。
それをマスコミが面白おかしく取り上げた時に国民がそうだそうだ国民の目線に立ってないと声をあげた。じゃお前ら遣ってみろとなったのが裁判員制度です。
基本的には死刑が前提となっているのです。それ以外は該当しません。

Qシベリア抑留はOK?

シベリア抑留は戦後10年以上、過酷な状況下で強制労働させられ、極寒の地でまともな食事も無く防寒具も十分ではなく多くの命が失われた、と把握しています。

質問は以下です。
・どのような理由、根拠において強制労働させられていたのでしょうか?(戦争犯罪者?俘虜?俘虜でも戦後長期拘束していいの?)
・シベリア抑留などの強制労働は法的に問題ないのでしょうか?
・問題がある場合賠償請求などできるのでしょうか(もうやった?やってない?なぜやらないなど)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソ連に長期に抑留された捕虜は日本だけではありません

ドイツなど枢軸国はソ連を侵略したからだと言われる方もいらっしゃいますが


日本もかつてシベリア出兵で多大な損害をロシアにもたらしているのです
その最大の事件はイワノフカ村虐殺事件で老人から乳児に至る村民全員、日本軍に虐殺されました
内、0歳児を含む36人を家に閉じ込め、生きたまま焼き殺したのです
イワノフカでは毎年、大統領列席のもと、慰霊祭が行われますが
今だかつて日本政府から公人が列席したことはありませんし
事件の当事者は処罰されていません


シベリア出兵では他に虐殺事件を数件起こし、それが報復の尼港事件のきっかけになりました


また多額の金塊を騙し取り、当時、指導的立場にあった陸軍の田中義一に渡り、それは後の田中の政界進出の為の政治資金になりました
これを追及していたジャーナリストは暗殺と思われる謎の怪死をしています


日本側の憲兵の記録でもロシア正教教会から貴金属や美術品の略奪
病院に乱入して看護婦を強姦など悪質な狼藉が報告されています


日露戦争でもサハリンで複数のロシア兵捕虜虐殺を行われており
日露戦争後に日本側が取得した漁業権により日本の漁船がロシア沿岸まで来て
ロシア側が称した《根こそぎ漁》でほとんどの魚を持ち去り
自動車もなく、シベリア鉄道も未完成で
農耕に不適で漁労に頼っていた孤立したオホーツク沿岸の町や村を飢餓状態にしました


極東地区のロシアでの反日的感情はかなりあったと予想できます


現在のロシアが中国、韓国の様にイワノフカなど多くのネタを示し、北方領土を要求する日本を糾弾しないのか不思議なくらいです


違法、順法は別として
日本はソ連と和平条約を締結していないのであるから捕虜を抑留する権利は当然あると権威主義独裁者スターリンなら考えつくでしょう
それにスターリンが要求していた留萌ー釧路以北の北海道領有もトルーマンにはねつけられたことも関係してるかも知れませんね

ソ連に長期に抑留された捕虜は日本だけではありません

ドイツなど枢軸国はソ連を侵略したからだと言われる方もいらっしゃいますが


日本もかつてシベリア出兵で多大な損害をロシアにもたらしているのです
その最大の事件はイワノフカ村虐殺事件で老人から乳児に至る村民全員、日本軍に虐殺されました
内、0歳児を含む36人を家に閉じ込め、生きたまま焼き殺したのです
イワノフカでは毎年、大統領列席のもと、慰霊祭が行われますが
今だかつて日本政府から公人が列席したことはありませんし
事件の...続きを読む

Q民事裁判 建物土地明け渡し請求事件について(裁判所に行く前に出来ることがあれば教えて下さい)

亡き父の経営していた歯科医院の建物なのですが、土地は叔父の名義、建物は私と母と妹の名義、業務を継いでくれたのが一緒に働いていた方(血縁者ではありません)5名です。

二年前の5月に父が61歳で亡くなり、今後歯科医院をどうしていくかと話し合った時に最初は業務を続けることに同意(正式な契約の前に口頭で)していた叔父でした。
父の病気がわかった頃から勤務してくれていた先生が他の従業員、患者のことを考えて医院を続けることを決意してくれこれから土地の賃貸契約を結ぼうとしていた時でした。
叔父の娘が従業員だったのですが、娘が出来婚で突然医院をやめたため、建物を撤去して土地を明け渡すように求められています。事情を細かく書くとかなりの長文になってしまいますので簡単に書きました。

お互い弁護士のお世話になり、調停では解決しなかったので、書面でのやりとりを続け、6月には証人尋問が行われることになり始めて裁判所に赴くことになりました。
母は父とは長年別居していたこと、父から今後のことなど色々聞いていたのが妹だったこと、私は叔父とのこれから会社をどうするかという話のときにいなかったため、尋問には妹が出ることになり私は傍聴席に行くことになります。こちら側からは、会社の代表者(父をついでくれた方)顧問税理士が尋問に出ます。相手方は叔父一人です。
 
今回質問させていただいたのは、自分が尋問に出られない分少しでも6月までに準備したり調べられることはないかと考えてのことです。

弁護士との打ち合わせはもちろんしますが、裁判も裁判所に行くことも初めてですので、何か少しでも準備できることはないか、実際どのような流れで行われるのか、とても不安に感じておりますので、とりとめのない質問で申し訳ないのですがよろしくお願いします。

亡き父の経営していた歯科医院の建物なのですが、土地は叔父の名義、建物は私と母と妹の名義、業務を継いでくれたのが一緒に働いていた方(血縁者ではありません)5名です。

二年前の5月に父が61歳で亡くなり、今後歯科医院をどうしていくかと話し合った時に最初は業務を続けることに同意(正式な契約の前に口頭で)していた叔父でした。
父の病気がわかった頃から勤務してくれていた先生が他の従業員、患者のことを考えて医院を続けることを決意してくれこれから土地の賃貸契約を結ぼうとしていた時でし...続きを読む

Aベストアンサー

 証人尋問ということですから,既にお互いの主張は出尽くしているはずですから,それまでに準備することはないと思います(あれば問題です)。

 流れですが,人証が嘘をつかないという宣誓をして,まず原告の方の人証(記憶が確かではないので被告側からかもしれません)に対し原告の弁護士が質問をして,終わったら被告の弁護士が質問します。必要があれば裁判官も質問します。次に被告の人証に対して被告の弁護士が質問して,原告の弁護士が質問して,必要があれば裁判官が質問します。

 弁護士との打ち合わせだけすれば十分です。

Qシベリア抑留者への補償法案のその後…

先日、金沢を旅していたときに、通りすがりのおじいさん(ちょっとおかしな感じの人ではありましたが…)が「自分はシベリア抑留者だったのだが、最近『シベリア抑留者に対して労働賃金を支払う法律ができた』というような話を聞いた。どうやったらお金をもらえるのか」という質問を受けました。全く答えられずに居たらおじいさんは「最近の若者はちゃんと勉強しろ!」と叱責して立ち去ってしまい、私は呆然と背中を見送ってしまいました。
気になったので、帰宅してから調べてみたところ、確かに共産党や民主党から国会へ抑留者に対して補償金を支払う法案が提出されているようなのですが、それが可決されたのか否決されたのか、はたまた現在も審議中なのか判然としません。
どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

79年に全国抑留者補償協会が設立され、抑留者への未払い賃金を払え、などの運動が始まるが、政府は88年、「平和記念事業特別基金等に関する法律」を制定し、この「基金」で、抑留者に10万円の慰労金(旅行券、国債等)と銀杯を贈呈し、これで決着済としました。
(野党の抑留期間に応じ30万円から200万円の特別給付金を支給する法案は否決されています)

そして、この「平和記念事業」法も06年12月に廃止され、2010年9月末には基金が解散されることになっています。
基金の解散を機に、現行の書状や銀杯などの贈呈事業は終了し、この4月から「慰労品」(強制抑留者には10万円程度の旅行券など)を贈呈することになるそうです。
http://amihappy.exblog.jp/4482722/

シベリア抑留問題とは?、珍しく赤旗(2007年4月14日)に載ってます。↓

参考URL:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-14/2007041412_01faq_0.html

Q冤罪事件を研究する学者。

冤罪事件を研究しておられる有名な学者さんはだれが挙げられるでしょうか??

今度、法学部へと編入を考えているのですが、冤罪事件に関して、研究をなされている学者の方がいれば、是非、参考にしたいので、教えてください。

私は、刑事事件に興味を持っており、日本は、「疑わしきは罰せず」「疑わしきは被告人の利益に」という大原則が守られていないために捜査機関などにより、不当な逮捕・起訴がなされ、冤罪が生じているのではないかと思ってます。そのことで、冤罪とされた方やまたその家族は、犯罪者ということで、社会から差別を受けます。こうした現実が許せないです。大学で是非、刑事事件や冤罪などに関して深く研究なされている学者の方を教えてください!

Aベストアンサー

私の知っているところでは、学者では立教の荒木伸怡、弁護士では後藤昌次郎という人がいます。
後者は冤罪事件を多く手がけて、著書も多いので、読んでみたらどうでしょう。

Qドイツ軍捕虜の強制労働とシベリア抑留

ソ連の日本軍捕虜に対する強制労働は、シベリア抑留として有名ですが、
一方で、ドイツ軍捕虜も沢山いたはずです。
スターリングラードの捕虜10万人のうち無事帰国できたのは5千人と聞きました。
ソ連のドイツ軍捕虜に対する強制労働は、日本軍のそれに対して過酷だったのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当然そうだと思います。
スターリングラードの10万の捕虜が5千人しか帰ってこなかったのは有名な話ですが、そこから類推するとソ連によるドイツ人捕虜の扱いは厳しかったんでしょう。そりゃそうです。ドイツ軍は不可侵条約を無視して攻め込み2千万人のロシア人を殺したんですから。日本軍は中立条約があったのに攻め込まれ6日間戦っただけなのにシベリアに連れて行かれ強制労働させられたなんて滅茶苦茶だ。ソ連というのはひどい国だった。

聞いた話では最初はシベリア抑留の計画はなかったが、マッカーサーに北海道割譲を断られてその腹いせにスターリンが実行したようです。シベリア抑留で北海道を守ったということになります。
ソ連からしてみれば日本人捕虜とドイツ人捕虜の扱いが違うのは当たり前だと思います。日本人はロシア人を殺してないし攻め込んでもいないんですから。

Q憲法学者と法学者って違うんですか?

憲法学者と法学者って違うんですか?

Aベストアンサー

法律の研究を仕事にしているひとが法学者です。

法律には色々な分野があります。
刑法、民法、行政法、憲法等々です。

憲法の研究を仕事にしている人が憲法学者です。


人気Q&Aランキング