以前からよく、「ニューヨークでは独身男性に比べて独身女性がとても多い」というのは聞いていました。男性一人に対して女性3~5人ぐらいの割合になるとか・・・。

 どうしてなんでしょうか?
 ニューヨーク州全体では女性の人口は52%ぐらいらしいので、商業的な意味で「ニューヨーク」と人々が意識している範囲での話だと思うんですけど・・・。

 この事情をご存知の方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

因みに こういう情報があります。


http://www.quality-singles.com/local/new-york-ny …
New York Singles Statistics
Singles (15 and older)
Total 3,336,158
Male 1,450,720
Female 1,885,438

女性の方が多いようですね。 でも (数値的に)男性が両手に花と言う状況ではないようです。

NY州に住んでいますが、特に独身女性が独身男性より多いとは感じません。
離婚経験者は とても多いです。
既婚者数に比べて 未婚/離婚での独身者数は多いと思います。
30代以上の女性の場合 結婚相手を探すのは大変なようです。
離婚した友人達も 男性の方が直ぐに再婚相手が見つかっています。

これは 日本でも同じなのではないのでしょうか?

この回答への補足

ご回答ありがとうございます!
こういう具体的な数字を知りたかったんです。でも自分は英語での検索が苦手で・・(情報に辿り着ける適切な単語を思いつけないから(-.-;))
ありがとうございます。

1:5ってことは全然ナイですね。なにを根拠に、いろんな方々はきっぱり言い切っていたのか、別の興味が湧いてきましたが・・。
でも5歳刻みで女性の方が2万人ぐらい多い、というのはスゴイと思います。
人間は男女比53:47で生まれてくるので、(男性が少なくなる40代以降までは)女性の方が数万人~20万人ぐらいずつ少ないのがふつうだそうだからです。
特にこのサイトに載っている統計で、50歳すぎからのひらきはすごいです(汗。

実際にお住まいの方の実感をうかがえて嬉しいです。

日本で、男性の離婚者のほうがすぐ再婚相手が見つかるかどうか、それは私にはわかりませんが・・。女性の方が子供を引き取る場合が多そうだし、年齢的・経済的な問題もあるし、女性のほうが難しいのかもしれませんね。

補足日時:2005/04/16 11:27
    • good
    • 0

hiroko771さんの意見に同感です。



駐在員などは感覚的に身の回りの印象を述べることが多く、データに当たらず口から口へと情報が引き継がれることが多いと思います。

<男性一人に対して女性3~5人ぐらいの割合>
3と5では余りに差があります。これは文学的表現なので、その意味は<非常に多い>と同じ修飾語だと理解します。全米から、全世界から能力のある女性が集まる都市なので他の都市に比べて多いことは納得できます。

昔、パラグアイが近隣諸国と戦争をしたとき、首都では
男女比率が1:7となり、郊外では女性が木の上から下を通る男性を襲うと聞かされました(余談)。

この回答への補足

うーむ・・
パラグアイの話は聞いたことがありますが・・(実はパラグアイ以外でも同じエピソードを聞いたことが(笑))
ニューヨークで「シングル女性のほうが、シングル男性よりずっと多い」というのは、そういう修飾ではなくて実際にそういう人口比がある、という感じで聞いています。
 今回質問するきっかけとなったのはこちらのコラムです。
http://www.cubeny.com/catch04-2-05.htm
 これはもちろんコラムで、出所を書いていません。3と5で開きがあったのは、私が今まで見てきたのが私自身が子供のころから今日のこのコラムまで、10年の開きがあるから、というのもあると思います。
 またどれを信じればいいのかわからなかったので、3と5、という書き方になりました。

 この偏りがあるとしたら、「一対一のステディな、誠実なおつきあい」を求めるのが女性に多くて、男性はむざむざ一人に限定してしまわなくても、見栄えよい女性と次から次へと遊べるのでシングルといえども「ステディ探しの市場」には名乗りをあげない、という事情もある、と個人的には思っています。
 でも、あまりに具体的な数字で書かれること、実際にニューヨークに渡った(このエピソードを事前には知らなかったらしい)従姉妹に聞いても、現地では事実として固く信じられているみたいです。
 ですから比喩でもブンガクテキ表現でもなく、実際に「ステディ求めます市場では、女性のほうが圧倒的に多い」のだと他愛なく信じてました(;^_^A。
 
 お二人に回答を頂いて、あんまり知られていないのね・・。と知見を新たにした次第でございます。

 なにはともあれ、ご回答ありがとうございます。意図しない方向でしたけど、参考になりました。

補足日時:2005/04/15 06:49
    • good
    • 0

実際にNY州に住んでる人だけではないので、


隣のニュージャージー州とかの人口も見てみては?

日本で言えば、東京と同じで隣県から通勤している人が大量に流入してるのが、NYの実態。

独身女性が多いのは、仕事を持っている女性が多い都市では、NYに限らず同じ。
それとアメリカ人が離婚までの時間が早いのも独身者の割合を押し上げてます。

この回答への補足

さっそくの回答ありがとうございます(*^^*)/。

昼間通勤でニューヨークにいる人間もあわせて、女性の数が多いみたいなのは、ご指摘の通りです。
やっぱり世界一有名な街ですから、近隣の州はベッドタウンになっているんでしょうね。
でも、、、それにしても、極端すぎませんか??(^^;
1:5ってどんだけやねん(;^_^A。他のどんな大都市でも聞きません。
東京も真空化が言われるメガロポリスですけど、
男女比はそれほど違わないと思います。

離婚した夫婦のうち、女性ばかりニューヨークに来るとか残るというのもヘンです。
でももしそれで女性ばかり増えているのなら、何か事情があると思うんです。ニューヨークの州法が、独身女性を優遇して独身男性に厳しいとか、そういう事情が。
その詳しい事情をお聞きしたいです。

もしよろしかったら、またお願いしますね。
ご回答ありがとうございました。

補足日時:2005/04/15 02:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング