将棋のうまい人同士の試合では、お互い、何手先も読み合いをしているとよくききますが、いったい何手先(何通り)まで読んでいるものなのでしょうか?私は将棋はまったくの素人ですが、とても興味があります。できましたら、プロもしくはアマ5段以上の方に答えていただきたく存じます。どうか、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

五段以上のプロ棋士が、ここ見てるとも思えないけど。

w ↓

参考URL:http://hobby.nikkei.co.jp/shogi/column/index.cfm …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLを教えていただき、ありがとうございました。とても参考になりました^-^。

お礼日時:2005/04/16 02:26

プロでもとても難しい局面だと3手先もよめないこともあるそうです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

局面によって、やはり読み数もかわってくるものなのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/18 01:01

アマで5段以下。

(碁はインフレ6段)
プロないしトップアマのことの想像。

この一手と言う場合は読み筋・・・・0。
難しい局面では無限大に近いでしょう。

百手を越える詰め将棋があり、勿論、読みきりが可能でしょう。むしろ、何手か指した後の局面が頭の中へ入っているといった方が正解かも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、何手か先の局面が頭の中に入っているから、高段者の方は強いのですね。貴重なご意見、本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 02:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング