ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

「里山」 という言葉をよく聞きます。私は「里山」といわれる所で育ちましたが、そこでは「里山」という呼び方はしていなかったと思います。
広辞苑第一版第二十五刷(昭和42年12月1日)には「里山」はありません。
昔からあった言葉でしょうか・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

里山は広辞苑に載るほど語義がはっきりしたものではないからだと思います。

現在のように里山が強く意識されたのは環境問題が発生してから、つまり日本が高度成長期にはいった1960年代以降でしょう。しかし、日本のどこかには里山という言葉を使っていたところがあるはずで、そのような人々にとっては古くからの呼び名となるでしょう。

里山を持つ村人にとっては里山という特別の意識はなく、単なる裏山だったり、村の中にある入会(いりあい)の山に過ぎません。そこでは代々、人々は薪をとったり、牛馬の草を刈ったり、山菜や薬草を探し、又箒や釣竿の竹を切ったりする共同管理の山だったのです。里山は野獣と人間の境界地であり、野獣は里山を見るとこれから先は人の住む危険地帯と悟っていたものと思われます。

里山は日本独特のものといわれ英語でもSatoyamaと呼ばれています。

参考URL:http://bochibochi9.hp.infoseek.co.jp/syoukai.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
英語でもSatoyamaと呼ばれてるんですね!。朝から「里山」について考えていたら、思い出したのですが、松本に里山辺、入山辺という地名があります。
そこは里山の辺り、入山の辺りです。
家では「山里」でなぜいけないのか・・・などと常々話しておりました。
とても勉強になりました。

お礼日時:2005/04/15 21:41

当っているかどうか分りませんが、参考URL「未来をひらく言葉 025」の


今森光彦さんの発言がヒントになりそうです。

参考URL:http://www.satoyama.gr.jp/word/word_2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
「里山」は新しいことばなんですね・・・
テレビの番組などで当たり前に使われていても、私にはどうも耳障りなことばでした。
その趣旨や取り上げられ方には賛成なのですが・・・
もう、定着して力のあることばなんですね。
(はじめて、教えて!gooに質問してみました。すぐに教えていただいたので、感激しました!!)

お礼日時:2005/04/15 16:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

日本 環境問題」に関するQ&A: 「混沌」の意味

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福島原発事故の問題点

商業高校に通うものです。

夏休みの課題に
福島県の原発事故についてのレポートがあるのですが、問題点をあげ、原発が日本に必要か否かを書きなさい。とあります。

そこで福島の原発事故の問題点なんですが
なにかしらの問題点があるのは
わかってるんです。
けどその何かがいまいち分からなくて困ってます。


他の皆様は福島原発事故の問題点とはなんだと思いますか?

Aベストアンサー

ズボラしてスミマセン。

このサイトの 社会>政治 「中学生ですが、今の自民党について質問です。」の中でのno.2とのQ&A。

直接ではないかも知れないけど、かなり参考になると思うので覗いて見て下さい。

Q「裏目に出る」という言葉はいつごろできたのでしょうか

「裏目に出る」という言葉はいつごろできた言葉なのでしょうか。

Aベストアンサー

裏目に出るの「裏目」は、サイコロを振って出た目の裏側の目のことです。
例えば「6」の裏は「1」、「5」の裏は「2」というように、奇数と偶数の組み合わせになっています。
これは、丁半博打の際に、丁(偶数)にかけたのに、裏の半(奇数)が出て、思惑がはずれると言う意味でできた言葉と言われています。
ただし、実際の丁半博打はサイコロを2つ使うので、一方のサイコロだけ裏目に出た場合だけ、思惑がはずれたと言うことになり、二つとも裏目に出ると予想通りとなります。

ただし、博打に限らずサイコロの目が予想と逆に出れば、裏目に出たということになるので、語源をさかのぼると、サイコロのあった時代あたりまで遡れるのではないでしょうか。

ちなみに日本のサイコロは何時ごろからあるのかと考えると、実に奈良時代にまで遡ります。
正倉院の中に、盤双六というサイコロを使ったゲーム盤があるということですから、既に貴族達は、遊びながら「裏目に出た!」と言っていたかもしれませんね。

Q里山 という言葉はいつごろできたのですか?

「里山」 という言葉をよく聞きます。私は「里山」といわれる所で育ちましたが、そこでは「里山」という呼び方はしていなかったと思います。
広辞苑第一版第二十五刷(昭和42年12月1日)には「里山」はありません。
昔からあった言葉でしょうか・・・

Aベストアンサー

里山は広辞苑に載るほど語義がはっきりしたものではないからだと思います。現在のように里山が強く意識されたのは環境問題が発生してから、つまり日本が高度成長期にはいった1960年代以降でしょう。しかし、日本のどこかには里山という言葉を使っていたところがあるはずで、そのような人々にとっては古くからの呼び名となるでしょう。

里山を持つ村人にとっては里山という特別の意識はなく、単なる裏山だったり、村の中にある入会(いりあい)の山に過ぎません。そこでは代々、人々は薪をとったり、牛馬の草を刈ったり、山菜や薬草を探し、又箒や釣竿の竹を切ったりする共同管理の山だったのです。里山は野獣と人間の境界地であり、野獣は里山を見るとこれから先は人の住む危険地帯と悟っていたものと思われます。

里山は日本独特のものといわれ英語でもSatoyamaと呼ばれています。

参考URL:http://bochibochi9.hp.infoseek.co.jp/syoukai.htm

Q「断食」という言葉は、いつごろから使われだしたのでしょうか?

 
ちなみに、広辞苑ではのっていませんでした。

Aベストアンサー

<だんーじき【断食】食物をたつこと。宗教の慣習として、また祈願・抗議などをする時に、一定の期間食物を食べないこと。絶食。菅家文草三「其の長く-せるを聞きて」。「-修行」>
 以上は『広辞苑』第五版(新村 出編/岩波書店)からの抜粋です。ちなみに『菅家文草』とは、醍醐天皇の依頼により菅原道真が編纂した漢詩集です。
 なお、『大漢語林』(鎌田 正・米山寅太郎共著/大修館書店)の「断食(ダンショク:ダンジキ)」を見ると“食を断つ”の意味では『奏議集』(唐:陸贄著)に、“宗教行為として”の意味では『仏本行集経』(随:闍那崛多訳)に同語が見られることを紹介しています。そうなると少なくともAD587~591以前から使用されていたのでしょうね。

Q競輪売り上げ減少の原因は何ですか?

競輪売り上げ減少の原因は何ですか?
最近,閉鎖になる競輪場が出てきていますが,売り上げ減少について,考えられる原因は何でしょうか。
社会現象という立場から質問してみました。

Aベストアンサー

競輪の縮小はファンとしては悲しいことです。

売り上げ減少の最大の原因は

『新たなファンの開拓をサボってきたこと』

です。ファンの開拓とは以下の2点です。

■ 子供にとって憧れの職業であること
■ 女性の、特に若い女性の支持を集めること。

これは、まがりなりにも黒字になっているJRAや大井競馬と比較してみれば判ることです。
競輪場は子供連れや、女性同士で気軽に出かけられる雰囲気ではありません。レジャー施設としては最低です。

特に客に若い女性が増えれば、それのおまけとして男性もついてきます。競馬場をデートスポット化して、馬券の売り上げ減少を飲食でカバーしようとする大井競馬場の戦略も評価できます。
また、女性に人気が高くかつ高収入ですと子供の憧れのスポーツになります。プロ野球選手と相撲の関取を比較すれば判り易いかと・・・

次の原因は

『自営業者の減少』

です。競輪の決勝などが平日に行われるのは、もともと商店街などでお店などを経営する自営業者を相手にしていたからです。だいたい水曜日が休みが多いので、そのような人たちに提供する娯楽という面もありました。小田原や伊東などの観光地では、観光業者が暇な平日のみの開催になっています。
ところが、ご存知のように地方の商店街はシャッター通り化して観光地も競争激化で儲からず、主たる顧客である自営業者が壊滅してしまったのです。
あちらこちらでナイター競輪をやって、サラリーマンを新たな顧客にしようとしていますが、いままでのツケでどこもさっぱりです。

総じて金儲けしか考えず、地方のスポーツレジャー施設として発展させることを怠ってきた自治体の無能さが原因といえるでしょう。

競輪の縮小はファンとしては悲しいことです。

売り上げ減少の最大の原因は

『新たなファンの開拓をサボってきたこと』

です。ファンの開拓とは以下の2点です。

■ 子供にとって憧れの職業であること
■ 女性の、特に若い女性の支持を集めること。

これは、まがりなりにも黒字になっているJRAや大井競馬と比較してみれば判ることです。
競輪場は子供連れや、女性同士で気軽に出かけられる雰囲気ではありません。レジャー施設としては最低です。

特に客に若い女性が増えれば、それのおまけとして男性もつ...続きを読む

Qいつごろから「彼氏」のことを「相方」という人が出てきたのか

最近、彼氏のことを相方と呼ぶ女性が増えてきたような気がしますが、この呼び方はいつ頃から登場したんでしょうか?

個人的には、漫才じゃないんだから・・・色気なさすぎ・・・と思ってしまうのですが

Aベストアンサー

相方というのは元々は演劇用語ですから、お江戸の昔からありました。
ただし現代とは違った意味で使われていました。演劇っていうのは男と女が中心になるものですから、男優から見た女優、または女形を指す場合、女優から見た男優または男役を指す場合はどっちも「相方」です。

それが一般庶民にまで降りてきたのですが、時期的には明確ではありません。
芸人が衆目の前で自分の連れ合いを軽く紹介する風が広まっていったようにおもいます。一般的に使用されるようになってきたのは平成に入って、DINKSが増えてきた頃から、かな?

Q企業研究。企業の問題点、改善点について。

本格的な就職活動を控えて、企業研究を続けている大学生です。

企業研究を進める手順や大体のことは説明などであり、講師の先生などにも相談して進めています。
そこで先日、講師の先生に「希望する企業の現状の問題点・改善点はないか」も自分の意見を持つとよい、と言われました。

しかし調べてみて考えてみても大学生で正社員の経験もないので、どうも企業の説明を受けた程度の外から見たところで問題点、改善点が見当もつかないのです。
ソフトウェア関連を調べているのですが、その企業で制作しているシステム、開発環境言語等を見てもそれは企業の特徴があるので問題点はないです。
それ以外に、理念や経営者の方に大きく関わってない状態で問題点が挙がることもありません。

問題点、改善点になどについて、ご助言いただけると幸いです。

Aベストアンサー

説明会に行けば会社の問題点や展望など聞く機会が非常に多いので、自分なりに考えることも出来ますが、今の段階では難しいかもしれません。
やり方としては、マーケットが将来どうなっていくのか、それに合わせて会社はどうしていったら良いのか考えたら良いと思います
食品メーカーを例にとれば、将来的に少子高齢化でマーケットは縮小し、売り上げは確実に減ります。
その中でどうすべきか
例えば海外マーケットを開拓して売り上げを伸ばしたり、潜在需要を探して新しいジャンルに営業をかけてみたり、
購入してくれる人が減るなら購入してもらう数を増やせるよう商品を変えたり色々なやり方があります
他にも食のマーケットでは、様々な食文化が混在し多様化してきていること、核家族が増えて小袋が売れるようになっている、など様々な移り変わりがあります
そのマーケットの動きを読んで、会社はどんな問題があるか、どう改善したら良いかを考えましょう

余談ですが、最終面接で問題点を質問して内定出てる人居ましたし結局人事次第ですね
問題点を聞く人はかなり居ます
会社の良い点だけでなく悪い部分も知って企業を選びたいって考え方も悪くないと思います

説明会に行けば会社の問題点や展望など聞く機会が非常に多いので、自分なりに考えることも出来ますが、今の段階では難しいかもしれません。
やり方としては、マーケットが将来どうなっていくのか、それに合わせて会社はどうしていったら良いのか考えたら良いと思います
食品メーカーを例にとれば、将来的に少子高齢化でマーケットは縮小し、売り上げは確実に減ります。
その中でどうすべきか
例えば海外マーケットを開拓して売り上げを伸ばしたり、潜在需要を探して新しいジャンルに営業をかけてみたり、
購入して...続きを読む

Q「マジ」「ありえない」という言葉はいつから使われ始めた?

最初に「マジ」という言葉ですが、日本ではいつごろから使われ始めた言葉なのでしょうか?少なくても20年近く前のテレビ番組の中で、既にこの言葉が使われていたのは確認できています。そもそもこの「マジ」というのは何が語源なのですか?

「ありえない」という言葉も若い女の子の間では当たり前のように使われています。私はこの言葉にすごく違和感がありますが、いつごろから日本では話され始めたのでしょうか?そのきっかけも必ずあると思うのですが、分かる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

近藤正彦さんの歌の歌詞にもなっていたし、80年代のヤンキー言葉だった気がします。
「マジだぜ!」とか「マブイじゃねーの」とか。

「あり得る」という言葉は以前からありましたが、女子学生が
「ありえなーい」とひんぱんに使うようになったのは、「プリキュア」の少し前からだったと思います。
歌詞に「ぶっちゃけ、ありえなーい」と入っていた時に「ああ、今の流行を取り入れてるな」と思いましたから。

Q景色のよい里山に行きたい

こんにちは。景色のよい里山に行って、棚田などを眺めつつ、宿泊はかやぶき屋根の家で・・・・・・なんて旅行がしたいと思っています。
かなりのワガママですが、こんなことができる地域はあるでしょうか。
日程は6日ほど取れそうです。アバウトな質問ですみませんが、オススメの里山をぜひ教えてください!

Aベストアンサー

私も京都の美山をお勧めしますね。本当にほっとする良い所です。

かやぶき屋根、という条件を外すといろいろあるんですが。
例えば同じ京都の「童仙房」も、何もなくてお勧めできる所です。
http://souraku.net/dosenbo/

奈良の大宇陀周辺も良い所です。こちらは色々観光地がありますけど。
http://www.city.uda.nara.jp/04/index.html

Q「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」

 日本語を勉強中の中国人です。「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」とこの四つの言葉の関係について、次のように思いますが、皆様はどう思われますか。

口語=話し言葉
文語=書き言葉

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
江戸時代までの日本は、統一国家というよりも、各地域をそれぞれ「殿様」が治めるゆるやかな集合体であったため、それぞれの地域の「お国言葉」が話されていたのです。
そのかわり「共通語」の役割を果たしていたのは専ら「書き言葉」として用いられていた「古典語=文語」でした。
日本では「書き言葉」としては共通語としての「文語」を用い、
「話し言葉」としては地方によって異なる「お国言葉」を用いていたのです。

現在でも「お国言葉」は「方言」として残っていますが、明治時代以降「共通語=口語」が国策によって成立したので、公的な場面の話し言葉はほぼ全国で統一が取れています。
中国の事情はよくわかりませんが、「北京語」が「共通語」となって、「広東語」などは「方言」という扱いになっているとすれば、そのような関係が成立したのです。
そして、「書き言葉」としても新しく成立した「共通語=口語」を採用する方針が定められたので、「文語」は一部を除いて姿を消しました。

そういうわけで、
現在は、「口語」=「現代語(話し言葉=書き言葉)」
「文語」=「古典語」ということになりました。

ところで、現代の日本において「書き言葉/話し言葉」の区別は、
「常体/敬体」の区別と考えられることが多いようです。

すなわち、「書き言葉」は、「だ・である体」で、
「話し言葉」は、「です・ます体」を指すことが普通になっているようです。
もちろん、「だ・である体」の文章も「です・ます体」の文章も、両方が存在するので、外国人の方には非常にわかりにくいことと思います。
お気の毒です。

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
...続きを読む


人気Q&Aランキング