私は来春大学新卒者で今度某特許事務所の就職試験を受けることになりました。私は今まで全く特許の世界について知識が無かったのですが、その特許事務所の外国担当の秘書募集について知り、得意の英語力を是非生かしたいと思い受験を決めました。そこで、大学の就職課やインターネットなどで情報を集めているところなのですが、思ったほど情報が集まりません。そこで、是非実際特許事務所で働いている方やその業界について明るい方がいらっしゃったら、採用試験は概してどのような内容が多いのでしょうか?(今度受けるところは、適正試験、作文、面接なのですが特許事務所ということで何か特別に受験前に対策をしておいたほうがいいのでしょうか?面接で聞かれやすい内容ですとか・・・)また、事務所の雰囲気(個々によって異なるのはわかるのですが)など、是非聞きたいのでどうぞ生の情報をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は約130人くらいの特許事務所での勤務経験があります。

担当は国内出願事務ですけれど、比較的大きな特許事務所の雰囲気はご説明できると思います。
事務所の構成は、化学部、機械部、電気部、商標部、と専門分野にわかれた弁理士を中心とした出願明細書作成に携わる専門部門。それにさらに特許事件を中心に扱う弁護士もおりました。
そして彼らの仕事をアシスタントする事務部門。国内出願担当、外国出願担当、翻訳担当、図面担当、一切の手続きのコンピュータ管理担当。他にも、などさまざまに部署にわかれ完全な分業化がなされていました。規模の大きな事務所ですから、取り扱う件数が多いので、そのようなシステムになっていたと思います。

外国出願の事務を担当するスタッフは、女性がほとんどを占めており、ある程度の語学力のある人ばかりです。彼女たちは、海外クライアントあて英文レターの作成や、出願の事務的手続き全般を担当していました。
特許事務は専門用語が多く使われますし、特殊な事務が多く、一般事務とは多少違いがあるかもしれませんが、当然のことながら一般事務で求められる能力も要求されると思います。(電話の応対や、一般常識、社会人としての言葉遣い、パソコンの能力、外国事務なら語学力、例えばビジネスレター作成などの実務能力など)

実務経験者には、それなりの専門的知識や、実務能力を要求すると思いますが、新卒者の採用の場合は、まず一般事務的能力をベースに考えてもかまわないと思います。
もちろん、特許について多少知識があれば、この仕事について意欲的であるとして評価が高まるはずです。当然のことですが、特許出願や、知的財産権などに無関心の人物より、意欲的に勉強している人物のほうが有利だと思います。

それから、特許業界の人たちの一般的傾向ですが、私は、ほとんどの人がかなりの勉強家であるという印象があります。難関の弁理士試験に合格するのは至難の業ですし、仕事もたえず深い専門知識が要求されます。しかも、集中力や根気も必要ではなかろうかと思います。なぜなら、彼らは特許庁への書類の提出期限に追われてるのが実情なのです。ですから、夜遅くまでの残業、休日出勤は常識です。
もちろん、事務担当者にはそこまで強要されませんが。。。

事務所の雰囲気は、う~ん。どこかお役所的かな?実際、特許庁に努めていた人もいますし。技術者あり。弁理士試験受験者あり。翻訳家あり。せいろんなタイプの人がいました。
ただ、一つ言えるのは比較的年輩の人が多いことでしょうか。弁理士先生はかなりベテランの方が働いてました。女性事務員も長く勤めている人が多かったです。
大切なのは所長の人柄ですね。所長の考え方が、若い人を大切にするようなら働き易い環境です。
では、頑張ってくださいね!自分にピッタリの事務所に就職されますことをお祈りしております。
    • good
    • 0

 Yoshi-P さんのご回答のように外国事務スタッフとなるか、あるいは翻訳者となるかでしょうね。

外国事務スタッフの職務内容については Yoshi-P さんのご回答通りです。翻訳者の場合、日本に出願したものを外国に出願する際(内外といいます)に日本語の明細書を英訳したりとか、外国に出願されたものを日本に出願する際(外内といいます)に英語の明細書を和訳したりとか、外内が日本国特許庁から拒絶された際にその拒絶理由を訳してレターにする、といったようなことが業務です。

 というわけなので、試験ではこれに関してごく簡単な翻訳があるのでは? この分野では、application や specification 等、どこかで見た単語でも一般的に使われない意味で使用されますので、それぐらいは知っておいた方がよいかも。でもね、必要なボキャブラリーは、仕事をやっていく上で自然に身に付くものですよ。文系の人でも、必要な技術用語や専門用語はイヤでも覚えてしまいますのでご心配なく。今からムリして詰め込む必要は、特にないと思います。

 面接で聞かれることと言えば、「どうしてこの業界を選んだのですか?」とか、「この分野に関してどの程度の知識がありますか?」とか、どこの会社でも質問されるようなことばかりです。特許事務所だからといって気負うことはありません。

 事務所の雰囲気は、・・・・・そうですねえ・・・・。何と形容してよいやら(苦笑)。

 正直、この業界、「会社の歯車なんかにされてたまるかい! オレはオレの腕一本で勝負してやる!」という人間の固まりです。 つまり、ヘンクツの集団です。といっても、人間的に偏っているという意味ではなく、職人気質の人が多いと言えば分かってもらえるでしょうか。
 だもんで、職人気質の人でも弟子を育てる人に熱心な人の下に着けば、あれこれと指導してくれると思いますが、もし、「仕事は習うもんではなく盗むもんだ」という人の下に着けば、ほったらかしが多いことも考えられますね(脅かすようなことを言ってスミマセン!)。幸いなことに、最近では前者が増えてますが。まあ、後者のような人が上司になった場合、大概の人は、技術を取得したらとっとと見切りをつけて他の事務所に移っちゃうんですけど。

 基本的に、事務所の雰囲気は所長の人格に大きく左右されるので、面接の際にその人柄をじっくり観察してみて下さい。でも、新卒の人を採用するような事務所なら、教育体制もしっかりしていると思いますよ。

 では、ご活躍をお祈りしております。
    • good
    • 0

こんにちは。

私は総勢25人程度の特許事務所に勤めています。海外から日本への特許出願を担当しています。

特許事務所には、大きく分けて2つのタイプのスタッフがいます。
1つ目は特許庁やクライアントと直接技術的な内容についてのやりとり(出願明細書の作成等がメイン)をする専門スタッフで、理科系出身者がほとんどです。
2つ目は専門スタッフの仕事のサポートをする事務スタッフで、特許庁に提出する書類の書式部分の作成をしたり、提出書類を特許庁に届けたり(最近ではオンラインで提出するようになりましたが、まだ実際に特許庁に持っていったり郵送したりしなければならないものもあります)、出願後の管理(データベース作成、期限などの管理)をしたり、事務職としてのいろいろな仕事があります。

ただの“秘書”ならば所長や幹部クラス専属のいわゆる一般的な企業における秘書のような仕事も考えられますが、“外国担当の秘書”というのは具体的にぴんと来ません。いわゆる秘書的な仕事だけで一日が終わるというのはちょっと想像できません。従って、上記の2つ目のスタッフのような気がします。

うちの事務所では、英語ができる文科系の女性スタッフは、海外のクライアントとの手紙でのやりとり(いわゆる英文タイピストの仕事も含まれます)や、出願後の管理などの仕事をしています。電話をとるのも彼女たちです。まあ、一般事務職とあまり変わりませんね。

就職試験についてなのですが、特許事務所というのはかなり特殊な業種ですし、新卒者ということなので、採用する側も専門的な知識は期待していないと思います。社会人としての一般的な常識、健全な精神その他、ごく一般的なことを見るだけではないかという気がします。適性試験として、もしかしたら語学力や、パソコンが使えるかどうか、という点を試験される可能性もあります。
なお、期待していない分、受験者が特許出願の仕組みや法律的なこと等を勉強していることがわかったりすると、評価は一気に高まるというのは事実です。でも、だからといって募集している職種に不適と判断されれば採用されないということも十分にあり得ます。

事務所の雰囲気は、規模などによって大きく変わってくるようですね。私が依然在籍していた比較的大きな(それでも総勢7~80人)事務所では、専門スタッフも分野に応じて課に分かれていて、それぞれの課に課長がいて、主任などの役職もありました。所内の雰囲気もふつうの会社とほとんど変わらなかったと記憶しています。
今の事務所は所長の人柄もありますがもっとアットホーム的な雰囲気で、ファミリーという感じです。(中には変なやつも流れてきますが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速具体的なご回答ありがとうございました。自分ではできる範囲で特許や特許事務所について調べているのですが、身近に特許関係に明るい人がいなくてなかなか生の情報は手に入れることができずに困っていたところ、Yoshi-Pさんのお話でなんとなくイメージをつかめた気がしました。本当に助かりました。ご回答くださった情報を頭に入れつつ、採用試験の準備を頑張りたいと思います。

お礼日時:2001/09/11 16:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特許事務所の新卒求人について

現在私は来春の就職を考えて就職活動を行っていますが、特許事務所で新卒採用を行ってらっしゃるところを2件しか探すことができませんでした。求人募集をしてらっしゃるところへアプローチしてみたのですが、卒業近くの2月頃に連絡してほしいとのことでした。やはり、新卒採用は難しいのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

※ NO.1、NO.2 のお礼欄を拝読して

 スミマセン、文系の方かもしれないということは頭の片隅にもありませんでした。

 文系出身であっても、弁理士有資格者または試験受験者として、特許事務所に就職することは可能です。特許事務所は、明細書作成にとどまらず、クライアントからの依頼で審決取消訴訟や侵害訴訟に巻き込まれる場合もありますので、その際に弁理士の法知識が必要となるからです。
 なので、民法、民事訴訟法、民事執行法に精通しているとかなり重宝されます。就職してからでも差し支えないですが、これらに関しても勉強なさることを勧めます。

 事務所にもよりますが、文系出身ということであれば、商標・意匠を担当することになるか、事務職で特許・実用新案・意匠・商標出願の形式を学ぶかになるのではと思います。

 また、次のQ&Aも参考になるかもしれません。
■弁理士について、、
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=174693

■特許関係の仕事がしたいのです
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=278303

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=174693,http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=278303

※ NO.1、NO.2 のお礼欄を拝読して

 スミマセン、文系の方かもしれないということは頭の片隅にもありませんでした。

 文系出身であっても、弁理士有資格者または試験受験者として、特許事務所に就職することは可能です。特許事務所は、明細書作成にとどまらず、クライアントからの依頼で審決取消訴訟や侵害訴訟に巻き込まれる場合もありますので、その際に弁理士の法知識が必要となるからです。
 なので、民法、民事訴訟法、民事執行法に精通しているとかなり重宝されます。就職してからでも差し支えない...続きを読む

Q特許事務所は、「大きな事務所」のほうが良いでしょうか?

現在、企業の知財部に勤めています。

このたび、転職するにあたり、
特許事務所への転職を検討しています。
(転職後は、(1)特許調査、(2)明細書作成補助、
 等の仕事をしたいと思っています)

そこでなのですが、求人情報を見ると、
所員数数名の「小さな事務所」と、
数十名の「大事務所」の2つがあるようなのですが、
労働条件的には、どちらがより恵まれているでしょうか。

私としては「大事務所」のほうが、
いろいろな研修制度もあるし、
相談できる人も多いので勉強になるのかな?
と思っております。
(将来的には、なれるかどうかはわかりませんが、
 弁理士になれたらいいな、と思っています。)

どなたか、お詳しいかたいらっしゃましたら、
アドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

まぁ、大事務所はすぐ潰れることもないので大事務所の方が安心でしょうね。
小さな事務所はあまり実務経験がない人しかいかないようです。

大手に就職できなければ、中小を受けられるのもいいかと思います。

大事務所:正直、単なるリーマンです。給料も年俸制ですが安定しています。
小事務所:まさに士です。仕事を取ってくれば取ってきただけ儲かりますが、仕事ができないうちは月給18万ってことも。。。

Q特許事務所への就活をされたことのある方、アドバイスお願い致します。

こんばんは。
以前からお世話になっております。
先日、同じような内容の質問をさせて頂いたのですが、
私の文章の書き方が悪かったため、再び投稿致しました。

私は大学3年の女子です。
特許事務の仕事をしてみたいと思い、履歴書等の準備をしているのですが
普通の企業とは違い特殊な業界なので、何かと不安が多くて困っています。

特許事務所への就活をされた経験のある方(特に、事務員として就職された方)、
どうかご回答お願い致します。

(1)新卒採用(未経験者)で就職されたという方はいらっしゃいますか?

(2)何月頃に内定が決まりましたか?
普通の企業と違って、卒業間際の2月頃に
募集を始める事務所も多いようなのですが…。

(3)知的財産検定2級とTOEIC600点程度、秘書検定2級は、アピールポイントになるでしょうか?
また、他に良い資格などありますでしょうか?

(4)面接、SPI以外にも、CAB・GABなどの試験が課されましたか?

(5)およそ何か所くらい面接を受けて、内定を取ることが出来ましたか?

(6)特許事務所でのバイトの経験はあった方がよいのでしょうか?

他にも、「就活の時、こんなことがあった」ということが
ありましたら、是非お教え下さい。

宜しくお願い致します。

こんばんは。
以前からお世話になっております。
先日、同じような内容の質問をさせて頂いたのですが、
私の文章の書き方が悪かったため、再び投稿致しました。

私は大学3年の女子です。
特許事務の仕事をしてみたいと思い、履歴書等の準備をしているのですが
普通の企業とは違い特殊な業界なので、何かと不安が多くて困っています。

特許事務所への就活をされた経験のある方(特に、事務員として就職された方)、
どうかご回答お願い致します。

(1)新卒採用(未経験者)で就職されたという方はい...続きを読む

Aベストアンサー

あまりお役に立てないと思いますが、
弁理士や特許事務所をそこそこの頻度で利用している立場からの返答です。

事務員といえども特許の基本は知っておいていただきたいですので、
例えば請求項とは何ぞや、出願と審査請求の違い、その意味と費用(印紙)、
そういった常識的な内容は抑えてくださっていると助かります。

また英語力において、海外案件を扱われる事務所にTOEIC600程度の事務員がいることは不安です。
事務員ならば電話の取次ぎ程度だとは思うので最低限のアピールにはなるとは思いますが、
伝言を聞き違えたりされると億単位のミスになる可能性もありますので
こればかりは何とも言えません。

以上です。少しでも参考になればいいのですが…。就職活動頑張ってくださいね!

Q特許事務所の採用試験

標題の件で、技術文書を読んで作文を課せられるそうなのですが、試験の日までに何か練習出来ることはありますでしょうか?
具体例としてはどのような問題が出るのでしょうか? 不安です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

試験内容は事務所によって異なるので、なんとも言えませんが、
この業界で働くに当たって最低限必要とされるのは、明細書から発明を理解する能力と、発明から明細書を作成する能力です。
試験では、明細書から発明を理解する能力が試されるのだと思います。
以下のサイトで、自分の技術分野に近い公報をいくつか探して、読んでおくと思います。
「技術文書」が明細書かどうか分かりませんが、明細書を読んで発明内容を説明させる試験だった場合に、有利になると思います。

特許庁IPDL
http://www7.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

Q新卒での特許事務所の就職について

新卒の特許事務所への就職について教えて下さい

私は今、大学院2年(専攻は金属材料です)で就職活動中の者です。昔から弁理士になりたく、弁理士試験の勉強をしながら特許事務所で働こうと思っています。しかし、新卒で特許事務所に就職しても実際の現場作業の経験的知識がなく、また専攻が金属という特許があまりない分野でもあるために特許事務所に就職してもほとんど使いものにならずに2,3年で転職しなければならない状況になるのではないかと思っています。特許事務所で使いものにならないためにも、新卒で特許事務所に就職するより、まず企業に就職して現場の経験を積んでから特許事務所に就職したほうが宜しいのでしょうか? ご返答お願いします

Aベストアンサー

 企業に勤めたあと、特許事務所で働き始め、数年が経過したものです。その経験を話させてもらいます。
 特許事務所にも大規模なところ(所員100人以上)から小規模(所員数人)の処まであります。仕事の内容についても、その事務所の規模によって変わってくると思います。例えば、大規模な事務所では、担当の技術ジャンルがはっきりと区分けされていますが、小規模なところでは、そうはいきません。つまり、小規模なところでは、選り好みできない代りに、いろんなジャンルに挑戦でき、自らの知識を広げていくことができるともいえます。私が所属する事務所は、数十人の所員がおり、英文などの翻訳をする人も十人ほどいる、所謂、中規模なとことです。このため、上述の大規模と小規模の中間のような感じです。つまり、常日頃は自らの専門とするジャンルをこなし、他のセクションであふれた案件があれば、臨時でそれをこなすというような具合です。
 ”0531”さんは、自らの専門ジャンルだけで特許技術、さらには、資格取得後の仕事を、とお考えのようですが、依頼主(クライアント)からの要望があれば、ジャンルの違いがあっても貪欲にそれをこなしていくという気構えが必須だと思います。私は、大学では塑性加工を選考しておりましたが、現在では、電気・電子(プログラムなどもたまにあります。)が主な仕事になっています。これは、特許事務所に入ってから勉強を始めたものです。
 参考までに、特許事務所では、同じ内容の仕事に関しては、複数のクライアントから仕事をとらない、というような暗黙のルールを課しています。これは、審判事件などになった際などにも、両方の当事者の代理人となるようなことが無いようにするためのものです。このようなことからも、弁理士となって事務所の開所をお考えなのであれば、種々の知識を取得していくということが必要だと思います。
 あと、特許事務所は、上場企業などと異なり、その規模が小さいため、実力第一主義というようなところが多く、自分で貪欲に知識を習得し、依頼される種々のジャンルの仕事をこなさなければ、事務所にとっては”使いにくい”と思われ、なかなか大変です。
 まあ、不安に思われるようであれば、上場企業などの”知財職員”募集などを行っているようなところを探し、コンタクトしてみるのも良いのではないでしょうか。その場合には、企業の大記載にもよりますが、かなり基本からの教育を受けられると思います。個人的には、そちらのほうがよろしいのではないかと思います。
 では、頑張ってください。

 企業に勤めたあと、特許事務所で働き始め、数年が経過したものです。その経験を話させてもらいます。
 特許事務所にも大規模なところ(所員100人以上)から小規模(所員数人)の処まであります。仕事の内容についても、その事務所の規模によって変わってくると思います。例えば、大規模な事務所では、担当の技術ジャンルがはっきりと区分けされていますが、小規模なところでは、そうはいきません。つまり、小規模なところでは、選り好みできない代りに、いろんなジャンルに挑戦でき、自らの知識を広げてい...続きを読む

Q特許事務所に勤務している方(主に弁理士、特許技術者)、相談に乗ってください

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英語に対する学習意欲は高いと思っている。また、生涯を通じて勉強することは大変だと思うが、苦にはならないと思う。
 弁理士として働くには語学力、特に英語は必須だと聞きました。また常に最新の法改正等にも対応する必要があるため、勉強し続けることは重要で、自分はそれができると思っています。

3.勤務地が固定されている。
 私は家庭の事情で、実家に近い範囲で就職することを希望しています。ちなみに、今すぐそうする必要はなく、できれば30歳頃にはそのような就職をしたいと考えています。これは特許事務所に就職したいと思う決め手でもあります。

よろしくお願いします。

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英...続きを読む

Aベストアンサー

向上心と覚悟は完璧です。
そこまで理解されているならば、弁理士を目指すのにふさわしい見識をお持ちだと思います。
また、事務所に勤めるのならば、実家から通勤可能範囲の特許事務所に勤務地をほぼ固定できます。

あえて言わせて頂くならば、想像と現実は違うということです。
私自身、弁理士試験の勉強を始めて1年であきらめた人を数多く見ていますし、10年以上勉強している人も何人か知っています。
決して楽な試験ではありませので、弁理士だけを目標にして人生を棒に振らないようにしてください。
まだ学生さんということですので、まずは試験勉強を始めてみて、それから決めるのでも遅くはないと思います。

なお、個人的には、数年間企業で経験を積むのも良いと思いますが、それはmanami0926さんの好きになさればいいと思います。

参考URL:http://dotcom.versus.jp/all/,http://benrishikoza.web.fc2.com/

Q特許事務所の所長宛のメールでの宛名の書き方

特許事務所への面接日時打ち合わせのために、その事務所の所長へメールを送りたいのですが、宛名の正式な書き方は下のうちどれでしょうか。

1)
●●特許事務所
所長 山田 太郎様

2)
●●特許事務所
所長 山田 太郎殿

3)
●●特許事務所
山田 太郎 所長様

4)
●●特許事務所
山田 太郎 所長殿

他にあったら御教示ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) ○
 これが普通だと思います。

2) △
 殿は目下に使うとの説もあります。
 (本当かどうか私は判断できませんが)
 グレーなものは私は使いません。

3)と4)は×
 名前+役職+様or殿は間違いとされています。
 二重敬称になるからです。
 個人の名前が分からないけど、ある会社(事務所)の部長に宛てて
 送りたい、というようなときに、○○部 部長殿 のように
 使うと記憶しています。

 ものすごく自信があるわけではないですが…(^^;

Q特許事務所の事務員さん

特許事務所で事務員さん(管理でも総務でも)として働いている方ってこちらにいらっしゃいますか?^^;

みなさんどんな環境で働いていらっしゃるんだろうと常々疑問に思っているのですが、なかなか知り合いもいなく様子が全く分かりません。

とらばーゆ今週号で特集されていましたが、うーん表面的・・・

よろしくお願いしますっ

Aベストアンサー

croissant_2005さんは女性の方でしょうか?

特許「事務」所と言うくらいですから、専門知識が必要な実務担当者も「事務員」です。

そういうことではなくて、一般事務員の仕事を知りたいということですか?
もう少し詳しく補足してくださるようお願いします。

>みなさんどんな環境で働いていらっしゃるんだろうと常々疑問に思っている

一般事務員がどういう仕事をしているかということでしょうか?
特許事務所もピンキリです。
そして、すべての特許事務所を知ってる人間なんてこの世にいません。
自分が知ってる範囲でしかお答えできませんが、それでよろしいでしょうか?

一般的に言えば、
・受付・電話番
・接客(お茶だし)
などの基本部分と、
・顧客との手紙のやり取り他の連絡(外国クライアントも含む)
・国内手続の作業(明細書、中間書類の(オンライン)提出他)
などの本来の作業、
・場合により図面作成(コンピューター使用)、そして
・年金・期限管理、
・国内クライアントとの単純な事務上の連絡

などなどでしょうか。
いずれにしても、特許業界というのは極めて特殊な業界ですから、よほど個人的に興味を持っている人でなければ、殆どの人が「素人」と考えても差し支えありません。
一般事務員であれば、殆ど何も予備知識がなくても、実際に就職してから仕事を覚えていけば大丈夫ですよ。

そして、実務担当者であっても、20代半ば~後半ぐらいの方であれば、未経験者だって大丈夫という事務所が多いと思います。

特許事務所は、これから勉強してやろうという向上心がある人であれば、やりがいのある職場だと思いますよ。
頑張って下さい。

croissant_2005さんは女性の方でしょうか?

特許「事務」所と言うくらいですから、専門知識が必要な実務担当者も「事務員」です。

そういうことではなくて、一般事務員の仕事を知りたいということですか?
もう少し詳しく補足してくださるようお願いします。

>みなさんどんな環境で働いていらっしゃるんだろうと常々疑問に思っている

一般事務員がどういう仕事をしているかということでしょうか?
特許事務所もピンキリです。
そして、すべての特許事務所を知ってる人間なんてこの世にいません。
...続きを読む

Q特許事務所間での転職

こんにちわ!私(30才前半女性)は現在、ある特許事務所に勤務し、国内・外国事務(主に国内)を担当しております。勤続年数も10年くらいとけっこう長いのですが、事務所の待遇の面・他の事務所もみてみたいという点などから別の特許事務所への転職を考えるようになりました。求人を調べておりましたら、35歳くらいまでの募集がいくつか見つかりました。つきましては、もし私のように特許事務職で特許事務所からの特許事務所へ転職された女性の方がいらっしゃれば、体験談などお聞かせ下さいますと嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これといって注意することはないそうです。

ただし、今までの経験・熱意がうまく伝わらないと、「結局うちも辞めるのだろ?」みたいに思われます。
どんな仕事でもそうですね。

以上

Q米国の特許事務所の事務の求人について質問です!

米国の特許事務所の事情を知る方に、質問です。

日本の特許事務所で3年近く事務をしています。

米国の特許事務所で事務をしたいと思うようになり、やるん
なら今しかないと思い、実際に応募し始めました。でも、今
までのところ、面接まで進んだことがありません。

そもそも、ビザのスポンサーになってまで日本人の事務員を
雇う特許事務所なんてあるのだろうか、と不安と焦りが募り
ます。でも、なんとしてもチャレンジしたいと思います。

実際、米国の特許事務所が日本人の事務員を雇う可能性は
どのていどのものなのでしょうか。事情を知る方、アドバイスを
お願いいたします。

Aベストアンサー

何らかのコネなり紹介がないと難しいと思いますよ。米国法律事務所はそうでなくとも買い手市場ですし。
まず米国との取引の多い大手の国内事務所で外国事務担当として働きながら、現地の事務担当や米国アトーニーも含め人脈を広げるなど、ステップを踏んでみてはいかがでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報