はじめまして、工場にて動力の溶接機を使用しての事ですが、溶接機を使用いたしますと電灯が消えそうになります。 溶接機は、動力回路で50KVAと表示があります。 照明は、電灯回路の水銀灯なのですが、動力を使いすぎると電灯回路に支障がでるのは、どういった原因が、かんがえられるでしょうか? 電柱のトランスの容量がすくないのでしょうか?  困っております。ぜひ教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

電柱のトランスを心配されていることから、低圧受電の工場ですね。

構内にトランスを保有して高圧で受電する自家用電気工作物ではないですね。
また、溶接器は単相ですか三相ですか。

少し専門的になりますが、一般的な柱上トランスは、「灯動兼用異容量 V結線」という方式です。これは三相のうちの一相を電灯と兼ねているのです。

その溶接器が単相の場合、電灯と同じ相につなぐと、ご質問のような症状が現れます。単相溶接器は、動力専用相につなぐのが基本です。
三相溶接器の場合は、比較的影響は少ないのですが、トランスの容量が小さければ、同じことになります。

ところで、電力会社との契約容量は、設備に見合ったものになっていますか。そのように大きな溶接器を使うことが届けられているなら、電力会社は十分な容量のトランスを上げ、結線方法の指導もするはずです。
無届けのような気がしますが、間違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。溶接機は、三相の機械です。以前使用しておりました溶接機と入れ替えましたので電気が大きくなったかも知れません。電力会社さんに相談してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/15 10:52

 すみませんが、電気設備を管理している電気主任にも連絡をお願いします。



>電灯回路の水銀灯なのですが、動力を使いすぎると電灯回路に支障がでるのは、どういった原因が、かんがえられるでしょうか?

動力の使いすぎとありますので、そう仮定した上で使いすぎると電圧降下が設計以上に大きくなります。
電気的に近いので、電灯回路も電圧降下が大きくなります。

>電柱のトランスの容量がすくないのでしょうか?
電力会社は契約電力が使えるように電柱のトランスを変更しますので届出、契約などが正しく行なわれていれば問題ないはずです。
もう一つ、自前の電気設備の変圧器の容量は満足されているかも確認してください。
電気設備を管理しているところに連絡してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とりあえず機械の使用を止め、工事にかかっていただいた電気工事店さんに見に来ていただくことにします。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/15 16:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QXYZカラースペース(CIE1931)について

RGB表色系ではスペクトル上のすべての色を表すのに一部負数が必要であり、計算に不便だったため負数を必要をせずともすべての色を表せるXYZ表色系を作ったことまでは分かっているのですが、どのような数学的手段でXYZを作ったのかが分かりません。
結果としてのRGBとXYZとの行列変換は見つかるのですがそこに至るまでの経緯を知りたいです。
もしお分かりの方が居ましたら難しい説明でも結構ですので教えていただけると幸いです。
また参考リンクなども募集しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コメントにお答えします。

>>>しかし、XYZの誕生の方法の理解まで至りませんでした。

一応、複数の人間を被験者として、純色、混色など色々な色を見せて、その色が被験者にどのような色に見えるかということはやっています。
そして、2つの色を混色したとき、単色光のどの色に見えるかということで、座標を定めることは簡単です。
どの色をどの座標に当てはめるか、ということだけなのですから。
つまり、「色空間」を表す座標系の定め方というものは恣意的なものなのです。

住所の定め方と同じです。どの地域を何丁目にするかは恣意的なことです。
しかし、阿呆な定め方をして、それぞれ丁の面積が大きかったり小さかったりすると、後々不都合が生じます。それがMacAdamの楕円に相当するわけです。


>>>RGBの各値とXYZの各値の関連も分かりませんし

光の三原色であるRGB表色系についても、やはり、人間に色々な色を見せて定めるわけです。
その上で、r、g、bの各値とx、y、zの各値とを相互に変換する行列をつくるのは、たやすいことです。


>>>XYZのYにだけ明度を操れるというのもよく分かりません。

おっしゃるとおり、通常、ある色の座標を表すときは、(x、y、Y)とします。
zとXとZがありません。

なぜ、zが不要かというと、
x=X/(X+Y+Z)、 y=Y/(X+Y+Z)、 z=Z/(X+Y+Z)
x+y+z =1
という関係があるので、x、y、zの3つのうち独立なものは2つしかないからです。

そして、なぜ明るさのファクターとしてYしかないかというと、
色と明るさをひっくるめた座標は、(X、Y、Z)であるわけですが、
これを(X+Y+Z)で割ることによって、明るさによらない色を表す値x、y、zを求めた後は、
元々(X,Y、Z)という座標は独立変数が3つですので、(x、y)のほかは、もう1つということになります。
明るさを表す1つの値としては、Y単独で表してもよいし、X単独でもよいし、はたまた、X+Y とか X+Y+Z でもよいわけです。
ですから、Yのみで明るさを表すことには必然性はあまりありません。

ただし、人間の視感度というのは、赤や青よりも緑を明るく認識するという特徴があります。
したがって、明るさを表す値としては、緑の強度を表す値にほぼ
近いもの、すなわちYが最適であると考えられています。


本件、私の回答は、これをもって終了とさせてください。
では。

コメントにお答えします。

>>>しかし、XYZの誕生の方法の理解まで至りませんでした。

一応、複数の人間を被験者として、純色、混色など色々な色を見せて、その色が被験者にどのような色に見えるかということはやっています。
そして、2つの色を混色したとき、単色光のどの色に見えるかということで、座標を定めることは簡単です。
どの色をどの座標に当てはめるか、ということだけなのですから。
つまり、「色空間」を表す座標系の定め方というものは恣意的なものなのです。

住所の定め方と同じで...続きを読む

Q電灯動力兼用変圧器

灯動変圧器とはどのような結線になって、どのような出力のものなのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

● 灯は単相3線、動は3相3線の兼用です。

● 2台のトランスをV結線で3相3線を取り出し、2台の内1台を灯動の兼用とする為に灯として使うトランスの中点を接地し、又この中点は単相3線の中点とも成ります。

● 兼用側のトランスは灯+動の容量とします。

Qプログラミングによる色度図の作成方法

プログラミングで、三刺激値XYZ(Yxy)から、RGB値に変換して、
以下のURLみたいに、中心部分が光って、外側の色が濃い色度図(光源色の色度図?)を作成したいです。
http://www.nichia.co.jp/jp/product/lamp-color.html

以下のURL,ソースを参考にして、色度図をプログラミングで描きました。
http://www.cs.rit.edu/~ncs/color/t_chroma.html
http://www.cs.rit.edu/~ncs/color/API_JAVA/source.html (Diagram.java)
実際には、上記HPの様な、中心の光っている部分が小さいグラフしかかけません。

XYZからRGBへの変換式が違うかと思い、以下の式を試してもだめでした。
R = (2.280088812 * X -0.373460254 * Y -0.645622953 *Z);
G = (-1.777655271 * X +3.944993595 * Y -0.901963019 *Z);
B = (0.313713797 * X -0.754043019 * Y + 1.084705426 *Z);
XYZ: 3刺激値 ガンマ = 1
(http://www.babelcolor.com/download/RGB%20Coordinates%20of%20the%20Macbeth%20ColorChecker.pdf)
中心を光らせるには、何か特別なコツがいるのでしょうか?

プログラミングで、三刺激値XYZ(Yxy)から、RGB値に変換して、
以下のURLみたいに、中心部分が光って、外側の色が濃い色度図(光源色の色度図?)を作成したいです。
http://www.nichia.co.jp/jp/product/lamp-color.html

以下のURL,ソースを参考にして、色度図をプログラミングで描きました。
http://www.cs.rit.edu/~ncs/color/t_chroma.html
http://www.cs.rit.edu/~ncs/color/API_JAVA/source.html (Diagram.java)
実際には、上記HPの様な、中心の光っている部分が小さいグラフしかかけません。

XYZか...続きを読む

Aベストアンサー

#1の者です。
リンクを全部拝見しましたが、「白の部分が大きい」理由は一目で分かりました。

まず、
http://www.nsg-ntr.com/TIME/opt-01.htm
http://www005.upp.so-net.ne.jp/fumoto/linkp12.htm
http://hyperphysics.phy-astr.gsu.edu/hbase/vision/cie.html
http://www.optoscience.com/maker/labsphere/labsphere.html
この4つは、全部「階調つぶれ」が起こってしまっています。
白だけでなく、ほかの色のところも全部です。
これらは、おそらく、8階調か16階調、すなわち、昔のディスプレイや画像データの色表現です。
(今のディスプレイや画像は、64階調や256階調などです。)
いかなる表色系の色度図であっても、色度図の中の色の変化は滑らかになる定義になっています。
ですから、
正しい色度図であるか否かを見極めるのは簡単なことで、
「人間が見たとき不連続性が感じられるような色度図というのは、正しい色度図ではない」
ということです。


あと、これですが、
http://www.seiwa.co.jp/dbps_data/_material_/top/OPT/html/Diagram/_res/20051124_Diagram.pdf
これも、白の部分の楕円形部分の周囲の色変化が、図中のほかの部分と対比すると不自然に感じますよね?
私の勝手な推測では、おそらく、意図的に白の面積を増やしています。(色のあるところに説明の文字を挿入すると、文字が見えにくくなるので、そうしているのでは。)


>>>
1. 光源色と物体色(反射・透過)による色度図は違うのでしょうか?

いえ、「色度図」というのは普遍性がある「概念」なであって、光のスペクトルが分かれば一意に色度図の中の座標が求まります。
ですから、1つの表色系(XYZ表色系のほか、Labなどのうちの一つ)の中の話であれば、いかなる場合でも不変です。


>>>
2. ある場合、リファレンスになる色度図はどこで入手できるのでしょうか(書籍・HP等)?

前回の私の回答にある
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:CIExy1931_sRGB_CMY.png
の図で、十分だと思いますよ。
もしかしたら、この図も、説明文字を見やすくするために若干色を薄くしたりしてるかもしれませんが、今、何十箇所かサイトを当たりましたが、この図がベストでした。

書籍ですと、私が今まで見たことがあるのでは、ディスプレイ技術者が読むような「色彩科学ハンドブック」とか、デザイン業の人が読む専門書になりますが、いかんせん高価です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30415798
しかも、買い求めたところで、その本の図を見るときの、天井灯などの照明で、違う色に見えます。
印刷物や洋服の色というのは、自発光ではないですから。

さらに、
「天井灯の色」が同じでも、印刷物や洋服の色が変わる場合があります。
以下は、私の実体験です。

私、洋服屋さんで非常に気に入った綺麗なエンジ色のジャンパーを見つけ、それを買ったことがあります。しかし、購入後、外に出て太陽光の下で袋を開けてみたら、全然違う色に見えて唖然としたことがあります。
その洋服店の中の照明は蛍光灯でした。
その後、知人に聞いたら「蛍光灯だと色が変わる」という話だったのですが、当時は、その原理が分かりませんでした。
初めて気づいたのは、それから10年以上経って、たまたま色関係の仕事をすることになったときでした。
蛍光灯のスペクトルというのは、連続スペクトルではなく、基本的には1つのピークのスペクトルです。人間に「白い蛍光灯」と思わせるために、3つの波長ピークが出るように3つを混ぜているだけです。
つまり、照明の色自体は人間にとって同じ白に見えても、その照明に照らされているものの色は、照明のスペクトルによって変わる可能性が大いにあるということです。


>>>
3. 中心部分が光るためには、ガンマを考慮すればよろしいのでしょうか?
 (黒体放射軌跡は関係ないのですか?)
>>>
2点目の件ですが、ガンマの値を変更した所明るくなったり、暗くなりました。ただ、どのガンマ値で書いた色度図が正しいのかということがわかりません。
>>>
黒体放射軌跡周辺と、白色の部分が似ているような気がします。


どうしても白の面積を大きくしたいのですね。(笑)
ガンマその他を変えて白の面積を増やした時点で、すでに、正しい色度図ではありません。
ですから、質問者さんが任意に図をいじればよいだけの話になってしまいます。
ガンマをいじるも良し、変換式(行列)の個々の係数を変えるも良し、何でもありですので、好みの方法でやってみてください。

ご存知とは思いますが、xy色度図というものは、元々XYZの三次元の個々のベクトル成分を、3者の合計(X+Y+Z)で割り算することによって、
x+y+z=1
になるように規格化したものです。
これによって、zが無くても、(x、y)という二次元座標で全ての色が表現できます。
しかるに、
三次元のうち、もう1つは、どこへ消えたのでしょうか?
・・・・・その答えは「明るさ」です。
つまり、XY座標系の、どこのポイントでも「色」が決まっているだけで、明るさは任意なので、明るさは、全く自由に変えることが出来ますよ。
ど真ん中の白の部分が灰色っぽくて、それをより明るくしたければ、そこの明るさを上げる、すなわち、R、G,Bの各値を同じぐらいだけ増やしてやれば良いです。

なお、
「黒体放射軌跡は関係ないのですか?」
「黒体放射軌跡周辺と、白色の部分が似ているような気がします。」
についてですが、
それは考えすぎです。
例えば、今の液晶テレビでは、大概、画質設定メニューに「色温度」っていうのがありますけど、あれも同じことで、要は、色温度(黒体放射の温度)が高いほど青っぽくなり、低いほど赤っぽくなるだけのことです。
つまり、実用的には「色合い」や「ホワイトバランス」と全く同じことです。
(液晶機器の中で実際にやってることは、「温度」ではなくRGBそれぞれの映像信号、すなわち「電圧」(の相対比)を変えてるだけです)

白熱球を天井灯にしたとき、白熱球の温度で白熱球から出る色が変わり、それによって、部屋の中の全てのもの(家具、壁、その他・・・)の色が変わります。
キャバクラやラブホテルの照明のように極端な色で無い限り、人間は、電球照明の色が若干変わっても、部屋の中のものの色はほとん変わって見えないという自己調節機能を心理的に持っています。
つまり、テレビやディスプレイとかビデオカメラで「色温度」とか「色合い」とか「ホワイトバランス」を調節すれば、その時の照明環境に適した視聴・撮影が出来るということです。

「色温度」と書くと、如何にもかっこいいですから騙されますよね。(笑)


追伸
XYZ表色系もそうですが、色彩科学というのは全部、人間の視覚特性に基づいて作られた学問です。
光のスペクトルまでは物理学なのですが、そこから先は全て、もはや人間科学・人間工学の範疇になります。

追伸2
XYZ表色系におけるX、Y、Zの3値は、そもそも、色彩科学の黎明期に、昔の学者が勝手に、テキトーに決めた値が今も踏襲されているものです。
例えば、2つの色の差を人間が大きく感じるか小さく感じるかは、色度図中の2点間の距離で表されるのが合理的なのですが、xy色度図中では、2点間距離が同じでも、人間にとっては丸っきり同じ色差に見えません。
この、起こるべくして起こってしまったXYZ表色系の欠陥のことを「Macadamの楕円」と呼びます。
http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2003_14454/slides/05/59.html
つまり、あまりXYZに深入りしすぎることなく、L*a*b*表色系などに乗り換えちゃうほうが良いと思います。

#1の者です。
リンクを全部拝見しましたが、「白の部分が大きい」理由は一目で分かりました。

まず、
http://www.nsg-ntr.com/TIME/opt-01.htm
http://www005.upp.so-net.ne.jp/fumoto/linkp12.htm
http://hyperphysics.phy-astr.gsu.edu/hbase/vision/cie.html
http://www.optoscience.com/maker/labsphere/labsphere.html
この4つは、全部「階調つぶれ」が起こってしまっています。
白だけでなく、ほかの色のところも全部です。
これらは、おそらく、8階調か16階調、すなわち、昔のディスプレ...続きを読む

Qエンジン発電機で200v半自動溶接機を使用

エンジン発電機出力6.1kvA で半自動溶接機入力6.1kvAの工作機械を自宅にて使用目的で準備していますが、使用に際し問題点(機械的に負荷がかかる 故障等)がありましたら教えて下さい。
また直接配線せずに漏電ブレーカー、コンデンサー等入れたほうがいいのでしょうか?

動力を引けばいいのですが、趣味的に使うので月の契約料がばかにならないので発電機での使用を思いつきました。

Aベストアンサー

こんにちは 私にも30坪の小屋を山中に建てた事がありますが、

>使用に際し問題点(機械的に負荷がかかる 故障等

私の場合毎週1日を三年ほど使いましたが何も問題はありませんでした。
中古品でちょっと騒音がありましたが場所が山中ですからね。

>直接配線せずに漏電ブレーカー、コンデンサー等入れたほうがいいのでしょうか

必要はありませんが湿地とか雨中とかの条件があれば別ですがね。
素敵な休日ライフが楽しめるでしょう。

Q色に関して

色の表記でXYZ表色系(CIE1931)をいま勉強中です。
そこで質問があります。

色度図で(x,y)座標をよく見るのですが、純粋な色とはどのような座標になるのでしょうか?
例えば、純粋な赤色は(1,0)になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 どうも。

 純粋な色というのが「純色」という意味でしたら、色度図の色度三角形の膨らんだ図の、外側の周上に位置する色(座標)がそれです。

 また、二つの色を加色混合した場合、新たに出来る色は二つの色の座標を結んだ直線状の座標になります(強度が等しければ中点)。従って、三原色を使用したディスプレイで表すことの出来る色は、三原色の座標を結んで出来る三角形の内部の点にあるものに限ります。色度三角形が膨らんだ形をしているので、三原色で全ての色を作るのは不可能です。全ての色を作るためには、三原色が仮想的には色度三角形の外になければならず、これは現実の色としては存在しません。仮想的な三原色の座標を計算のために「刺激座標」として求めることもありますが、物理的にはありえない色なので、これを三原色としてとるのは無理です(だから三原色でなく三刺激値などといいます)。
 全ての色を発色させるためには、赤から青(380-780nm)の全ての純色を用意するしかありません。簡単には出来ないと思います。

 現在のRGBディスプレイは、色度三角形の中の中心近くのほんの一部分を表示できるだけです(上に述べたように、三原色の三角形の内部の点しか表示できない上に、使用できる三原色がかなり三角形の周辺より内側だからです)。

 どうも。

 純粋な色というのが「純色」という意味でしたら、色度図の色度三角形の膨らんだ図の、外側の周上に位置する色(座標)がそれです。

 また、二つの色を加色混合した場合、新たに出来る色は二つの色の座標を結んだ直線状の座標になります(強度が等しければ中点)。従って、三原色を使用したディスプレイで表すことの出来る色は、三原色の座標を結んで出来る三角形の内部の点にあるものに限ります。色度三角形が膨らんだ形をしているので、三原色で全ての色を作るのは不可能です。全ての色を作るた...続きを読む

Q電灯回路のブレーカー増設について

30m離れたプレハブ2棟に電源を持ってくのに既設の電灯盤からケーブル(2mm2芯のVA)をそれぞれ引っ張りました。
既設盤にこれからブレーカーを増設し接続しようとしています。
プレハブ1棟に付いている機器は
・蛍光灯(40W2灯用)×4
・換気扇(ごく一般の家庭にあるもの)×2
・ストーブ(電気じゃなく小型の灯油ストーブ)×2
です。

20Aのブレーカー1つで2棟分持たすことはできますか?
やはり物置1棟に対して20Aブレーカー1ヶとした方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

計算上は1個で十分です。

しかし、この程度の計算が出来ないなら、無資格なのですよね。
VA? 屋外に? 架空?地中埋設?
漏電させて火事を出す可能性が高いです。

QXYZ表色系の勉強で困っています

XYZ表色系の勉強をしています。
そのなかで、標準イルミナントというものが出てきました。
標準イルミナントには2種類あり、CIE測色用標準イルミナントD65の「D」はDay lightの「D」をあらわすと記載がありました。
ところがCIE測色用標準イルミナントAの「A」については特に解説を見つけることが出来ませんでした。
CIE測色用標準イルミナントAの「A」には何か意味があるのでしょうか?何かの略ですとか・・?もしくはただ便宜上つけられた名前なのでしょうか?
お分かりのかた、是非教えてください!!!

Aベストアンサー

αチャンネルの事ですか。たぶん。
DもAも厳密に言うと表色系には入らないのですが、
ざっくり言いますと、透明度とか輝度のようなもので、
Aはデジタル加工の時によく使います。
 トピ主さんのおかげで、何となく使っていたAの意味がわかりました。
ありがとうございます。

Q三相変圧器に単相負荷(電灯回路)を接続したいのですが、接続できる負荷はいくらまで可能なのか教えてください。

お願いします。
変圧器仕様:1次電圧420V、2次電圧210V、3相50kVAΔーΔ結線(乾式Tr)の変圧器に、1次側に210Vの三相電圧を入力し、2次側105Vに単相負荷(電灯・コンセント回路)を接続したいのですが、接続可能負荷容量(過負荷を考慮せず、理論値)をどのように計算すればよいのかわかりません。どなたか教えてください。
(電灯負荷なのでV相を接地しU相とV相に電灯負荷を接続(W相には負荷を接続しない)したいと考えていますが、よいでしょうか。接続負荷は単相負荷のみです。また、注意点などがあればお願いします )

Aベストアンサー

注意点のみのアドバイスです。

三相電源に単相負荷をかけてはいけません。力率が悪くなりますよ。
多くの電力会社は85%を基準に料金の加算が行われます。
また、同系統で三相電力を使用している他の需用者に迷惑がかかります。
程度によりますが、変圧器などが熱を帯びて火災になることもあります。

Q6点からの楕円の近似計算(最小二乗法、xyz次元)

みなさん、こんにちわ。
楕円についてプログラムしないといけなく、わからない点が多いので質問させてください。
ある6点(座標はxyz)からxyz楕円の最小二乗法をプログラムすることは可能でしょうか?この掲示板の「楕円のプログラム」を参考にするとある5点以上の測定点からxy座標(2次元)のグラフにすることは可能であると書いてあり、納得しました。
分からない点はxyzの楕円の基本方程式です。
なお、使用する環境はc言語です。参考になるサイトなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

ちょっと訂正&補足です.


> 合計8自由度ですから,8点以上ないと決定できないと思います (いまいち自信不足).

直観的に考えてみると,5点以上あれば決定できるはずですね.m(_ _)m
ただし,この5点は同一平面上にないといけませんが.
そのことが自由度にどう影響しているのか,
また「3次元空間内の平面図形」ということがどう影響しているのか,
別途考え直してみます.

自由度 (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%BA%A6


3次元空間内の楕円に直接最小自乗法を適用すると,計算がとても大変そうなので,
次のようにした方がよいかもしれません.

(1) 与えられた点から,楕円が存在する平面を最小自乗法で決定する.
(2) 与えられた点の座標を上記の平面の座標に変換する.
(3) 平面座標から最小自乗法で楕円を決定する.

Q古い動力と漏電遮断機の使用期限について

こんにちは。
職場の事務所は普通の電力と、業務用のエアコン用に動力という電力の2つを契約しています。
最近地震が多いので、計画停電地域ではないですが、念のため、事務所を出る時にブレーカーを
下ろしていくようにしています(テレビでそうしたほうがいいと言っていたので)。
普通の電力のブレイカーは下ろし、動力のブレイカーらしきもの(ON、OFFとなっているもの)も下ろそうとしたところ、その横に、「昭和55年製」と書いてありました。
あまりに古かったので触るのが怖くなり、動力の方はいじっていません。

ブレイカーを下ろす下ろさないに関係なく、今度、また大きな地震が来た場合、
この古い設備で大丈夫なのは心配だったので、東京電力に電話できいたところ、
「特に年数は定めていないので、問題ないとはこちらではいえないが、55年製だから
だめだということはない」と女性のオペレーターの方に言われました。
お客様窓口の人なので、専門家じゃないのでいまいち信用できません。

最後に、オペレーターから、停電したら、すぐに見に行きますので連絡くださいと入れました。
いまのところ停電しないなら問題ないとはいえないけど、大丈夫では?」ということです。
心配ならば、社員を派遣できるが、3500円から1万円かかるとのことでした。

事務所についてるものなので、大家さんの範疇なので、お金が発生することを
勝手にはできないですし、自分で出張費の1万円を負担するのもしたくないので、
もし専門的知識のある方がいらしたら、この昭和55年製というのはどうなのか
教えてくださると嬉しいです。

ちなみに、東京電力さんはないですが、東京ガスさんは無償で定期検査に
きてくれて、数年前の検査で湯沸かし器は古いのでもう取り替えた方がよいと
言われました。そのまま大家さんに報告したので、大家さんがやりとりして
取り替えてくれました。
今回もその旨を東京電力さんにお話しし、そういった年数での使用期限というか、
取り替え時期みたいなものは定めはないのかをお伺いしたところ、
オペレーターの方は、そういった年数での定めは特にもうけてないとのことでした。
勝手に停電しない限り使えるそうです。

ですが、素人としては、やっぱり昭和55年製というのはちょっと怖いです。
また大きな地震が起きた時、火事にでもなったらと思うと心配なので
どうか教えてください。
もし、古くてそろそろ取り替え時期だということならば、それを大家さんに言って
電気屋さんをよんでもらいたいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

こんにちは。
職場の事務所は普通の電力と、業務用のエアコン用に動力という電力の2つを契約しています。
最近地震が多いので、計画停電地域ではないですが、念のため、事務所を出る時にブレーカーを
下ろしていくようにしています(テレビでそうしたほうがいいと言っていたので)。
普通の電力のブレイカーは下ろし、動力のブレイカーらしきもの(ON、OFFとなっているもの)も下ろそうとしたところ、その横に、「昭和55年製」と書いてありました。
あまりに古かったので触るのが怖くなり、動力の方はいじってい...続きを読む

Aベストアンサー

ブレーカの寿命は正確に決まっていません。
でも、工業会からは目安として、漏電ブレーカは業務用:15年、家庭用:13年としています。
サーキットブレーカは特にありませんから、定期点検でテストボタンを押して動作すれば問題ありません。
ご心配なら交換をしてください。しかし、少々値段が掛かりますので、工事店に見積もりをして見てください。

ただ気になるのが、毎日ブレーカをon/offしていることです。
ブレーカはスイッチではありませんので、スイッチのように耐久性がありませんから、できる限り早くon/offをやめてください。
必ず、故障の原因になります。

>大きな地震が起きた時、火事にでもなったらと思うと心配なのでどうか教えてください。
この点では凄くカン違いしていると思います。
大きな地震が発生した時に火事になるのは、ブレーカではありません。
その先の機械が壊れてショートしたときに引火物があると火事になります。
今は、阪神淡路震災より確認が終了するまでは、電力会社が電気を復旧しないようにしておりますので、電気による火事の発生はありません。
東北震災は、津波によって流出した油類が車などのバッテリーなどがショートしスパークで火事になっております。

ブレーカの寿命は正確に決まっていません。
でも、工業会からは目安として、漏電ブレーカは業務用:15年、家庭用:13年としています。
サーキットブレーカは特にありませんから、定期点検でテストボタンを押して動作すれば問題ありません。
ご心配なら交換をしてください。しかし、少々値段が掛かりますので、工事店に見積もりをして見てください。

ただ気になるのが、毎日ブレーカをon/offしていることです。
ブレーカはスイッチではありませんので、スイッチのように耐久性がありませんから、できる限り...続きを読む


人気Q&Aランキング