最大エントロピー法(MEM)による心電図解析(スペクトル解析)を急きょ始めることになった者です。
ところでグラフのy軸の単位はなぜmsms/Hzという具合にmsの2乗になっているのでしょうか?

どなたか教えてください。数学オンチな私にも分かるようなご説明をいただければ誠に幸甚です。
どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

n番目のR-R間隔の測定値をy(n)、測定値の平均をμとしたとき、自己共分散関数は


 Ck = E{(y(n) - μ)(y(n-k) - μ)}
で定義されます。y(n)の単位はms なのでCkの単位はms^2 になります。サンプリング間隔をΔt としたときパワースペクトルは
 P(f) = ΔtΣCk exp(-2πifkΔt)
となります。Δtの単位はHz^-1 、exp(-2πifkΔt)は無次元なのでパワースペクトルの単位はms^2/Hz になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
元来文系の自分にはexp(-2πifkΔt)の部分は理解困難です。
iは虚数なのでしょうか?もしそうだとするとなぜ虚数が登場するのでしょうか?
ご面倒でも教えて頂けると嬉しいです。

お礼日時:2005/04/17 10:14

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1338382

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1257147
が参考になるかもしれませんが、適当な本を参照されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
必死に勉強してみます。。

お礼日時:2005/04/19 08:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心電図:不完全右脚ブロックについて

20代男ですが先日、身体検査の心電図で「不完全右脚ブロック」という診断をされました。
同時に胸部X線検査で身長が高いために心臓が縦ぎみに位置しているため、このような波形をすることがあり、問題ないといわれましたが、それ以上聞くことが出来ませんでした。
そこで質問です。
1身長が高いために、不完全右脚ブロックになる可能性はあるのでしょうか?
2治療法はありますか?
以上2質問です。複数で申し訳ありません。
御回答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

パイロット試験ですか・・・

不完全右脚ブロックが適合で完全だと不適合というのは
初めて聞きました。正直そこを区別する医学的な理由が
あるんでしょうか。疑問に感じます。

完全と不完全の違いは心電図の中でQRSという部分の幅が
0.12秒以上かどうかで判断しますが、微妙な場合もあります。
微妙な場合は医者によって同じ心電図でも所見が分かれる
かもしれません。そのくらいの違いしかないのです。

右脚ブロックは病的な意味がないことがほとんどなので、
詳しく研究してる人もいないでしょうし、治療する意味もないので
対処法などは正直わかりません。

が、一生を左右するものですし、一大事ですね。

ここからはあくまで私の個人的な意見ですが、

血液中の電解質濃度の異常で心電図が変化することがあります。
特にカリウムやカルシウムなどの異常があれば心電図変化が出る
場合があります。腎臓などが正常な人はほとんど問題にならない
かと思いますが、バランスのよい食事に気をつけることは
意味があるかもしれません。
あとは利尿作用のある健康食品などを飲んでる場合は
電解質の異常が出る場合もありますので注意したほうが
いいと思います。

思いつくとしたらそのくらいでしょうか。
参考URLに似たような相談がのってましたので
ご覧になってください。

試験合格できるといいですね。がんばってください。

参考URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~hospital/qa3/qa0216.html

パイロット試験ですか・・・

不完全右脚ブロックが適合で完全だと不適合というのは
初めて聞きました。正直そこを区別する医学的な理由が
あるんでしょうか。疑問に感じます。

完全と不完全の違いは心電図の中でQRSという部分の幅が
0.12秒以上かどうかで判断しますが、微妙な場合もあります。
微妙な場合は医者によって同じ心電図でも所見が分かれる
かもしれません。そのくらいの違いしかないのです。

右脚ブロックは病的な意味がないことがほとんどなので、
詳しく研究してる人もいないでしょう...続きを読む

Qフーリエ変換(スペクトル解析について)

解き方を教えて下さい。よろしくお願いします。
g(x)={1-|x| (|x|≦1)
0 (|x|>1)
のときスペクトルを求めよ。
答え・・・Sg(ω)= 2(1-cosω)/(πω^2) (ω>0)
1/π (ω = 0)

g(x)のフーリエ変換は
G(u)=2(1-cos u)/u^2
反転公式を適用し

g(x)=1/π∫(0→∞) 2(1-cos ω/ω^2 ) cos ωx dω
角周波数にたいしてcos ωxの成分は2(1-cos ω/ω^2 )
であり求めるスペクトルは

ω>0において Sg(ω) = 2(1-cosω)/(πω^2)
というところまでは分かるのですが、ω=0の場合は
どのように考えるのでしょうか?単純にω=0を代入すると
分母が0になってしまいます。

同様の問題で、

1 (0≦x<1))
f(x)= -1 (-1<x<0)
0 (|x|≧1)
のフーリエ変換に反転公式を適用して連続スペクトルを出すという問題で、
これは奇関数なので正弦変換を用い、

F(u)=-2i∫(0→1) sin ux dx = 2(cos u -1) i/uとなり
反転公式f(x) = i/π∫(0→∞) F(u) sin ux duに代入し
f(x) = i/π ∫(0→∞) (2(cos u -1) i/u) sin ux dx
より、スペクトルはSf(ω)= (2i/π) * (cos ω -1) i/ω = - 2(cos ω -1)/(πω) (ω>1)?
となりましたが、この答えは合っているでしょうか?また、ω=0の場合のスペクトルの式は
どのようになるのでしょうか?

解き方を教えて下さい。よろしくお願いします。
g(x)={1-|x| (|x|≦1)
0 (|x|>1)
のときスペクトルを求めよ。
答え・・・Sg(ω)= 2(1-cosω)/(πω^2) (ω>0)
1/π (ω = 0)

g(x)のフーリエ変換は
G(u)=2(1-cos u)/u^2
反転公式を適用し

g(x)=1/π∫(0→∞) 2(1-cos ω/ω^2 ) cos ωx dω
角周波数にたいしてcos ωxの成分は2(1-cos ω/ω^2 )
であり求めるスペクトルは

ω>0において Sg(ω) = 2(1-cosω)/(πω^2)
というところまでは分かるのですが、ω=0の場合は
どのように考えるのでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

Sg(ω)= 2(1-cosω)/(πω^2) (ω>0)
=2(1-cos2*(ω/2))/(πω^2)
=2(1-(cos(ω/2)*cos(ω/2)-sin(ω/2)*sin(ω/2)))/(πω^2)
=2(2*sin(ω/2)*sin(ω/2)))/(πω^2)
=2(2*sin(ω/2)*sin(ω/2)))/(4*π(ω/2)^2)
=(sin(ω/2)*sin(ω/2))/(π(ω/2)^2)

ここで、sin(ω/2)/(ω/2)→1 (ω/2 → 0)

を使ってはいかがでしょうか?

1/π (ω = 0)

Q完全右脚ブロック

学校の心電図で初めて引っかかり、完全右脚ブロックであると診断されました。日常生活に問題はないと言われましたが、「心臓病」や「心疾患」の1つなのでしょうか?何か気を付けた方がいいのでしょうか?
完全右脚ブロックについて教えてください。

Aベストアンサー

心臓は心筋という筋肉の塊でできた血液のポンプです。4つの部屋からできています。順序よく血液を流すよう心臓を動かす命令を伝える電線のようなものが上から真ん中へ(心房と心室の境目)そこから左右へ(左右の心室へ)と。右脚は右心室、つまり使用済みの血を新しい酸素をうけるため肺へ送る部分の電線、それが最短距離より少し遠回りしているのがブロック。最短距離の道じゃなくても全体の血の流れに渋滞などの影響がない道を選んでれば良いわけ。普通の胸部レントゲンで心臓特別大きい時などは要精査といわれるでしょう。体へ送り出す左と違って右の伝導路はほとんど生命、生活への影響は気にしなくて大丈夫。心筋や弁などの構造の異常である心臓病と区別して伝導路異常といったりします。年に一回の学校や職場検診で十分です。私は今は育児休業してますが一応医者です。

Q音声をスペクトル解析する方法はありませんか?

音声をパソコンに取り込みそれをスペクトル解析し、さらにそのグラフを出力する方法はありませんか?

WAVファイルとして取り込む→統計ソフトRでスペクトル解析

という手法で一度試みたのですが、Rがうまく使いこなせず出来ませんでした。(OSはWindowsXPです。)

できるならRを使ってやりたいのですが、出来ないのであれば別の手法でも構いません。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

WaveSurferが有名どころでしょうね・・
http://www.speech.kth.se/wavesurfer/download.html

Matlab等はさらにメジャーなところでしょうが^^

Q右脚ブロックについて

先日、病院の心電図の検査を受けたときに、
あなたは右脚ブロックを持っているので
心電図が読み取り不可能と説明されました。
本当に読み取りが出来ないものなのか、
どなたか医学に詳しい方がおりましたら
教えてください。

Aベストアンサー

ki-tyanさんは説明が納得行かず主治医の先生に不信感が芽生えてしまったのでしょうか?そうだとすると残念です。
さて心臓の興奮は通常刺激伝導系といわれる洞房結節ー結節間伝導路ー房室結節ーヒス束ー右脚と左脚(左脚前枝、後枝)ープルキンエ繊維という経路を通じて伝播していくのですが右脚に伝導障害があってブロックされると心室の興奮が左脚、右脚同時に始まらず左脚から左心室に広まり心室中隔を経てから右心室に伝わる形となります。従って回り道したぶん心室全体が興奮を終了するのによけいな時間がかかるわけです。心室の興奮はQRS波によって表されるため結果としてQRSの延長した右脚ブロックの波形が記録されることになります。
右脚ブロックではV1誘導でQRSが上向きになる(普通は下向き)ためこの部分のQRSの深さが判断の指標となっている右室肥大などの判定は不可能となります。
またAVRやV1、V2誘導あたりのSTの低下やT波の逆転(狭心症や心筋梗塞などで現れやすい)なども伴いやすいので狭心症や心筋梗塞の判定をしたい時には正しい判定が下せない場合があります。
従って「読み取り不可」というよりは「心臓に異常があっても心電図では必ずしも判定できない場合がありますよ」という意味でおっしゃったのだと思います。つまり右脚ブロックの変化にマスクされてしまって判定できない異常もあるので心電図だけでは自信をもって大丈夫と言えないと言う事です。もちろん何回か心電図をとっていればその変化からより正しい判定を下しやすくなりますので定期的にフォローする事は意味があると思います。
原因としては心筋虚血や先天性心疾患などの機質的な場合もありますが全く正常な心臓でも右脚ブロックの人はいます。始めて見つかったのなら機質的疾患の有無について原因を精査する必要があるでしょう。
少し説明が専門的になりすぎましたことは御容赦下さい。
疑問点の解消の一助になれば幸いです。
御自愛下さい。

ki-tyanさんは説明が納得行かず主治医の先生に不信感が芽生えてしまったのでしょうか?そうだとすると残念です。
さて心臓の興奮は通常刺激伝導系といわれる洞房結節ー結節間伝導路ー房室結節ーヒス束ー右脚と左脚(左脚前枝、後枝)ープルキンエ繊維という経路を通じて伝播していくのですが右脚に伝導障害があってブロックされると心室の興奮が左脚、右脚同時に始まらず左脚から左心室に広まり心室中隔を経てから右心室に伝わる形となります。従って回り道したぶん心室全体が興奮を終了するのによけいな時間がか...続きを読む

Q波形スペクトルとパワ-スペクトル

波形スペクトルとパワ-スペクトルの違いについて教えてください。
以下の場合の両スペクトルはどのようになるのでしょうか?
グラフの概形などが知りたいのですが詳しい方お願いします。

1.波形1:sin波 1周期(振幅1)
2.波形2:sin波 1周期(振幅10)
3.波形3:sin波 1周期(振幅1、位相π/4)
4.波形4:cos波 1周期(振幅1)
5.波形5:sin波 2周期(振幅1)

Aベストアンサー

全く基本的な問題なので、学校のレポートではないですか。

 この問題を考えるためにはあなたの学習している分野で波形のフーリエ変換をどう定義しているのかという点がわからなければ解答が出せません。フーリエ変換には3通りの異なる定義があり、学問の分野によって使い分けられています。
 ひとつだけいえることは、波形スペクトルの絶対値の2乗がパワースペクトルになります。

Q不完全右脚ブロックと左脚前枝ブロック

20歳男です。
健康診断の心電図の項目で次のような診断を受けました。

不完全右脚ブロック
左脚前枝ブロック

上記の診断を受けた際、医師に日常生活にはまったく支障はなく問題無いと言われました。
下記の3つの疑問を質問させてください。

・半年又は一年に一度、心電図の検査を受けた方がいいのでしょうか?
・他もブロックになり、ペースメーカーを使用する可能性は少なからずあるのでしょうか?
・この2つのブロックはブルガダ型心電図と関連性はありますか?仮にブルガダ型心電図だとした場合、診断書にブルガダ症候群と記されますか?

どなたかご存知の方は教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>半年又は一年に一度、心電図の検査を受けた方がいいのでしょうか?
>他もブロックになり、ペースメーカーを使用する可能性は少なからずあるのでしょうか?

ペースメーカーの適応となるのは完全房室ブロックに近い状態となる場合です。今回の脚ブロックとの関連としては完全右脚ブロック+左脚前枝+左脚後枝ブロックの三枝ブロックとなれば完全房室ブロックとなりえます。その前の二枝ブロックとして完全右脚ブロック+左脚前枝ブロックの組み合わせから三枝ブロックに移行することが時々ありますがそれほど多いものではありません。
今回は不完全右脚ブロックとのことですから完全右脚ブロックとはいささか性格が異なります(一枝ブロック)ので先々の三枝ブロック~ペースメーカーまでの恐れを考慮するまでも無いと思われます。
二枝ブロックでも意識消失などの症状がなければ一応考慮する程度です。こうした二枝ブロックへ移行していないことを確認する意味で数年に1回程度の心電図検査は推奨します。

>この2つのブロックはブルガダ型心電図と関連性はありますか?
ブルガダ型心電図は右脚ブロックの中でも特徴的な波型形のものですから単に右脚ブロックとの言葉だけでは関連性はわかりません。

>仮にブルガダ型心電図だとした場合、診断書にブルガダ症候群と記されますか?
波型だけではブルガダ症候群とは言えません。心室細動やそれに移行する可能性が高い不整脈発作がある場合です。
意識消失発作があり、他の原因が無い場合でブルガダ型心電図であればブルガダ症候群の疑いと記されることがあります。

参考URL:http://www.uma.or.jp/popular_disease/bbb.html#

>半年又は一年に一度、心電図の検査を受けた方がいいのでしょうか?
>他もブロックになり、ペースメーカーを使用する可能性は少なからずあるのでしょうか?

ペースメーカーの適応となるのは完全房室ブロックに近い状態となる場合です。今回の脚ブロックとの関連としては完全右脚ブロック+左脚前枝+左脚後枝ブロックの三枝ブロックとなれば完全房室ブロックとなりえます。その前の二枝ブロックとして完全右脚ブロック+左脚前枝ブロックの組み合わせから三枝ブロックに移行することが時々ありますがそれほど多い...続きを読む

Q加速度の時系列データからFFT解析を行い周波数に対するパワースペクトルのデータから周波数に対する加速度のデータをへの変換。

加速度の時系列データからFFT解析を行い周波数に対するパワースペクトルのデータを得ました。ここから周波数に対する加速度のデータを得たいのですが、このようなことは可能なのでしょうか。この考えをすること自体間違えかもしれないのですが、教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

大学院時代、時系列解析をやっていた者です。

時系列データと周波数データは、フーリエ変換と逆フーリエ変換で互いに写像されるので、周波数データがあれば、元の時系列データを得ることはできます。(無論、ナイキスト周波数の存在や空間の離散化など、数値計算上の問題を除きます)

ただし、ご質問の趣旨が、周波数そのものではなくパワースペクトルのデータのみから時系列データを復元したいということであれば、それはできません。
なぜなら、パワースペクトルは、周波数の強度のみを取り出し位相の情報を捨てているからです。
フーリエ変換というと、どうしてもパワースペクトルを見るために行うもの、というイメージが強いためか、位相の情報も含まれている(従って、本来得られるのは複素数のデータである)ことが忘れられがちですが、位相と振幅の両方が揃っていなければ、波形の情報としては不完全です。

ちなみに、パワースペクトルを逆フーリエ変換して得られるのは、元の時系列データではなく(標本)自己相関関数になります。
(Wiener-Khinchinの定理)

Q右脚ブロック?

親戚の事でお聞きします
初めて心不全症状が出て入院しています
以前に右脚ブロックと聞いた事があるのですが
それは治療の必要はなく経過観察と言われていました。
今回の心不全での入院は右脚ブロックとは関係があるのでしょうか?
右脚ブロックと言うのは先天性の病気?なのでしょうか?
大人になってから右脚ブロックになったりする事もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

循環器専門医です。
右脚ブロック(以下RBBB)は、心臓の中を流れる「収縮しなさい」という命令を伝える経路(刺激伝導系)の”みぎあし”で、その命令の伝導が低下している状態を指します。右脚があるからには左脚ブロックもあります。
正常な状態でも、もともと構造的に右脚は伝導が低下することがよくあり、病気でなくてもRBBBになることはしばしばございます。普段はRBBBがなくても神経の影響下に一時的にのみRBBBになっている人もいます。
要するに検診等でRBBBがあるからといってそれすなわちすべて病的ではありません(先天性心疾患に伴う場合もあれば、加齢性に心疾患が生じて出現することもありますが、私の印象では特に基礎の病気が問題ないほうが多いと思います)。
一方、左脚ブロックはそのほとんどに何らかの心臓の基礎疾患を有しているといわれています(ちなみに、この回答をお読みの方のなかで検診等で左脚ブロックを指摘されている方がおいでたら、必ず循環器専門医を受診されることを強くお勧めします)。
さて、ご質問の件に戻りますが、RBBBを指摘された際に重要なのは、その原因に何らかの基礎心疾患がないかということを検索すべきということです。今回の質問では、心不全が出現しているということで、冠動脈虚血や心筋症等何らかの基礎疾患が背景となって刺激伝導系に異常を生じている可能性を考えます。まず心不全の安定化を図りながら、種々の検査を行い基礎疾患をしっかり調べ、基礎疾患がわかればその治療をしてゆくことが重要です。主治医の先生に説明して頂いてはいかがでしょうか。親戚の方のご回復をお祈りします。

循環器専門医です。
右脚ブロック(以下RBBB)は、心臓の中を流れる「収縮しなさい」という命令を伝える経路(刺激伝導系)の”みぎあし”で、その命令の伝導が低下している状態を指します。右脚があるからには左脚ブロックもあります。
正常な状態でも、もともと構造的に右脚は伝導が低下することがよくあり、病気でなくてもRBBBになることはしばしばございます。普段はRBBBがなくても神経の影響下に一時的にのみRBBBになっている人もいます。
要するに検診等でRBBBがあるからといってそれすなわちすべて病的ではあ...続きを読む

QX軸Y軸の重心動揺時系列データから、実効値面積を計算する計算式を教えてください。

X軸Y軸の重心動揺時系列データから、実効値面積を計算する計算式を教えてください。
実効値面積とは、実効値を半径とした円の面積で、
実効値とは、二乗平均の平方根
とあります。
ここまで説明があれば、わかりそうなのですが…。
困っています。
具体的なデータをファイルで添付します。
データは、0秒から1秒までの重心動揺のXYデータです。
このデータから実効値面積を求めたいです。
計算を、関数をつかってできたら、もっとうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

x,yはある点を仮の原点として座標を設定し、その座標値そのもののように見えます。

従ってまずx,yの平均xa,yaを計算し、これを円の中心としてそこからのずれ

x(i)-xa=xx(i), y(i)-ya=yy(i) (i=1,21)

を求めることになると思われます。

問題はその先で

>実効値とは、二乗平均の平方根

二乗平均の平方根とはsx=√[Σ(i=1,21)xx(i)^2/21],sy=√[Σ(i=1,21)yy(i)^2/21]

>実効値面積とは、実効値を半径とした円の面積で、

実効値面積Sとはr=√(sx^2+sy^2)を用いてS=πr^2とすればよいのか


又は先に

rr(i)=√[xx(i)^2+yy(i)^2](i=1,21)

を出してr=√[Σ(i=1,21)rr(i)^2/21]

から実効値面積S=πr^2とすればよいのか

説明では判定できません。その点を確認してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報