なかなかわかりません。教えてください。

仕入費と仕入高はどうちがいますか?

A 回答 (3件)

 仕入費もしくは仕入は「勘定科目」、仕入高は「表示科目」です。



 前者は簿記上で企業ごとにある程度自由に勘定科目を作ります。例えば「仕入値引」「仕入割戻」という科目も作れます。

 後者は財務諸表(損益計算書・貸借対照表等の決算書)を作成する際に、財務諸表規則等に基づき設定される科目です。なぜなら、外部に公表されるための資料のため、ある程度の統一性がないと比較できないからです。ですので、「仕入値引」「仕入割引」に関しては「仕入高」より相殺されるものとされています。

 なお、売上と売上高も同様です。なお、「仕入割戻」(俗に言うリベート)については営業外費用となり相殺できません。実務上は基本的には同様の意味に使っていることが多いでしょうし、表示科目に勘定科目を合わせて(「仕入高」)用いているも場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切にしていただいてありがとうございます。

お礼日時:2005/05/11 10:42

ここの経理処理の費用科目として使われるのは「仕入費」が一般だと思います。


一方、「仕入高」は経営管理の面から、期間や対象を特定して「仕入費」を合計したものの呼称として使われることが多いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/11 10:43

その会社にもよると思いますが、


総仕入れ費=仕入高
ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡単にしていただいてありがとうございます。

お礼日時:2005/05/11 10:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング