カニやエビ等は茹でると赤くなりますが、これはどのような原理によって赤くなるのでしょうか?
詳しくお願いします。

A 回答 (1件)

参考URLの真ん中あたりにありますね。



参考URL:http://www.kwa.jp/mm/mbn/mbn_033.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寿司の海老に大きな頭がついた状態で出てきた時

30代女性です。
つい先程、一人でお寿司を食べに行きました。一皿にすべてのネタが盛られた状態で出てくる大衆店だと思って入ったのですが、カウンター席に座ることになり板さんが2、3個ずつ握って出してくれました。そのなかで、大きな頭のついた海老のお寿司が出てきました。甘エビの10倍くらいの大きさで、とてもお箸で頭の部分を切りきれない状態でした。仕方が無いので、それまでは箸で食べていたのを手に切り替えました。指で頭を取り食べましたが、なんだかとても嫌な気持ちになりました。マナーに詳しい方、一体どうすれば美しく食べる事が出来たのか、後学のためご教示頂けますと幸いです。
そして、お寿司に詳しい方、海老の頭のついた食べにくい状態で出てくるのは、よくある事なのでしょうか?こちらもご教示頂けますよう宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

1番さん 面白い・・・

ボタン海老の頭がそのまま食べれれるのでしょうか? (口の中が血だらけですよ)
そしてボタン海老の頭の「ミソ」はそのまま食べても特に美味しくはありません。

まともな寿司屋なら2番さんのように「おわん作りましょうか?」とか「焼きましょうか?」と聞いて来ます。

何も言わないのは、単なる「形から入る」二流の寿司屋ですね。
しかも頭を客に取らせる??  三流ですね。

普通の寿司屋では、裏包丁を入れ取り易くしてあります。
この裏包丁は基本中の基本でアオリイカ、水イカ、甲イカ等の裏に包丁目え入れ食べ易くします。
中でも アワビは、必ず裏包丁を入れます。

「お客が食べ易い」ように「仕事」をするのは当たり前ですよ。
まぁアワビでも「赤」でなく「青アワビ」を平気で出す店もあります。

私なら 意地が悪いから「大将、お前さんが食べてみろ」「食べ方教えてくれ」と言いますね。
寿司は、片手で簡単に食べれるから「すし」なんですよ。

客が何故に自分で苦労をしながら食べねばならないのですかな?
しかも海老の頭を外していたら酢飯が崩れてしまう・・・。

特にすしシャリは「空気握り」と言って親指でシャリの中ほどを親指で押し空気を含ませてから軽く握るから簡単に口の中で、ほぐれネタの味が分かるように作っています。

先日・・北海道で「江戸前すし屋」に行きました。
出て来ました~「ボタン海老」「甘エビ」・・・・アホか! 素人か!

江戸前って江戸湾・・東京湾の事ですから「甘エビ」「ボタン海老」は生息していません。
生息していない海老を出したり「江戸前」と名乗るのは「素人の形から入る寿司屋」です。
ボタン海老を出すのは見た目と迫力があるからで新鮮とかでは、ありません。

都内で昔からの「江戸前すし」はボタン海老は、出しません。
ただ、ブームだから 見た目が良いから 迫力があるから 他でも最近出しているから その程度です。

寿司屋なら「仕事しろ」「客の食べ易いよに出せ」 ですね。
その為に「鉄火巻き」を始め「握りすし」があるんですからね。
因みに銀座久兵衛のランチでもボイルの車エビは大きくて女性には食べにくいので切って出て来ます。

昔・・新潟の海沿いの漁港のそばの寿司屋に入りました。
出て来た握りは「おにぎり」でした・・(泣)

余りの驚きで
 私)「親父・・このシャリ・・」
親父)「おッ 気が付きましたか?」「新潟の新米です!」

殴ろうかと思いましたね。  ネタは良いのに・・米も旨いのに・・
新米で握ったら「おにぎり」だろうが~~  口の中で「ほぐれない」だろうがぁ~
新米で握らないのは「すし業界の常識だと思っていた私がバカでした」

まぁ「おにぎり」ならボタン海老を指で取り外す作業をしてもシャリは、崩れませんけどね。

まぁ 形から入る寿司屋が多いのは事実です。 せめて客が食べ易いように「裏包丁」入れるが
寿司屋としての最低限の基本であり常識だと思います。

だってお年寄りのお客さんが来たらどうします?  手で取ってね・・ですか? 潰れろ そんな店!

1番さん 面白い・・・

ボタン海老の頭がそのまま食べれれるのでしょうか? (口の中が血だらけですよ)
そしてボタン海老の頭の「ミソ」はそのまま食べても特に美味しくはありません。

まともな寿司屋なら2番さんのように「おわん作りましょうか?」とか「焼きましょうか?」と聞いて来ます。

何も言わないのは、単なる「形から入る」二流の寿司屋ですね。
しかも頭を客に取らせる??  三流ですね。

普通の寿司屋では、裏包丁を入れ取り易くしてあります。
この裏包丁は基本中の基本でアオリイカ、水イ...続きを読む

Qエビ・カニと昆虫の関係

エビ・カニと昆虫は種として近いのでしょうか?
水の中に住んでいる昆虫の親戚だというわけではないんでしょうか?
エビとセミの顔をみていると親戚だとしか
思えないのですが(笑)・・・

Aベストアンサー

 生物の分類は,界・門・綱・目・科・属・種の順にグループがせばめられていきます。住所の表し方に似ていますね。
 エビ・カニは,動物界・節足動物門・甲殻綱で,昆虫は,動物界・節足動物門・昆虫綱ですので,門の段階までは同じグループで,綱からは異なるグループに分かれます。門が共通なので親戚関係にあるといえます。
 ところで,水生昆虫の祖先は陸上で生活をしていたと考えられられていますので,水生昆虫が他の陸生昆虫に比べてエビ・カニにより近い仲間というわけではありません。

Q海老の頭のだしの使い道を教えて下さい。

昨日海老をいただいたので、身は全部使ったのですが
頭が残ったのでだしを取ったは良いのですが
良い使い道が思い浮かびません。
カレーに使おうかとも思うのですが
出来ればもっと違うものが作りたいです。
何かいい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

お味噌汁がおいしいですよ。
うちは グリルで海老をかるく焼いて水から煮て だしをとります。
あとは味噌を溶いて 青ねぎをちらします。

Qなぜ団子虫がカニ・エビの仲間なのか

団子虫は「甲殻類」でカニ・エビの仲間だそうですが、
どんな共通点があるのでしょうか。
生息環境も足の数も大きく異なると思うのですが・・・。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ダンゴムシの呼吸器官は白体あるいは偽気管と呼ばれるものでエラではありません。空気呼吸ができます。
甲殻類の特徴は触角が2対つまり4本あることでしょう。これにより触角が二本しかない昆虫類と区別できます。
節足動物を触角の本数で分類すると
なし 蜘蛛、ダニ、サソリ、ウミグモ
2本 昆虫、ムカデ、ヤスデ
4本 甲殻類
となります。
現代の節足動物はこの三つに大分されていて、化石などからみてもこの三つに分れたのは脊椎動物の誕生と同じくらい古い時代のようです。(ウミグモについては異説もあります)

要するに甲殻類は脊椎動物と同じくらい大雑把な分類なので、人間とメダカが同じ脊椎動物であるように、甲殻類の中にもかなり異ったものがいるのです。甲殻類の特徴はいくつかあるのですが、一番分り易いのが触角の本数だと思います。
エビやカニは甲殻類の中でも十脚類と呼ばれるもので、ダンゴムシを含む等脚類と区別されます。

QKING of 海老

全種じゃないんでしょうが、エビが不漁なんですってね・・・^^;

では、質問です。

御自身のお好きな海老No,1は、
何海老で、その調理法は何ですか?


例)私は・・・車海老の天ぷら!! 
塩で食べたいな~(^^) 日本酒常温とセットで♪




ちなみにNo,2は 「伊勢海老の頭の味噌汁」です♪

Aベストアンサー

こんにちは♪

海老はそんなに好物ではないですが

富山で頂いた白海老?しらえび!?が
とてもおいしかったです。
甘くてとろける味わいで
舌に絡みつく食感でしたよ。

調理法は軍艦巻きでした!

北海道で頂いた手長海老!?と
オマール海老で煮込んだビスクも
濃厚でおいしかったです!

Qエビ、カニの受精はどこでおこなわれるのですか?

エビ、カニの受精はどこでおこなわれるのですか?

Aベストアンサー

エビやカニ等の甲殻類は交尾で授精します。しかし,質問の「どこで」という意味が何を指すのかわかりません。

陸生ガニは陸上で交尾しますし,水生ガニは水中で交尾します。…??質問の意図と違うような気がしますが…

参考URL:http://www.zspc.com/mokuzu/koubi/index.html

Q伊勢海老の料理を教えて下さい。

磯釣に行くのですが、そこの船頭さんに自家製野菜を持っていくと
お土産で伊勢海老をくれます。

先日も沢山頂きました。
料理の仕方が・・・レシピを持ちあわせていないので
縦割りして焼きエビにしました。
以前貰った時は、刺身とかにしましたが、
多分、生けすで数日経っているので、イマイチのようでした。

年末・年始でまた行くのですが、
多分、また伊勢海老をくれると思います。

刺身・焼きエビ・頭の味噌汁ぐらいしか利用法がありません。
せっかくの伊勢海老が何だか勿体無いです。

美味しい食べ方を教えて下さい。
手間がかからないほうがありがたいです。

Aベストアンサー

私も磯釣り暦40年です。
千葉県なら、勝浦、太海、などに行きます。
伊豆ですと、昔は、みこもと島、横根、20年ほど前の若い頃は、ゼニスまで行きました。
いまは、石鯛専門です、最近は、ほとんど「ボーズ」です、でも止められません。
黒鯛やメジナ、ヒラマサ、しまあじ、は、さんざん釣りました、もうやりません。

ところで、伊勢エビの料理ですが、私は、チーズマヨ焼きが大好きです。
マヨネーズにパン粉とパセリの微塵切りを加えて混ぜ、縦半分に切った伊勢エビの上に乗せ、さらに、とろけるチーズを乗せて、オーブントースターで焼きます。
チーズが溶けて、焦げ目が付いたら出来上がり、簡単で美味しいです。
騙されたと思って、1匹くらいやって見てください。

あ、それから、磯釣り楽しんで下さいね。

Qカニやエビなどの血液について

カニやエビには血液が流れているのでしょうか?
料理のとき、カニやエビから人間のような赤い血液は流れて来ませんが、それは
ヘモグロビン量の違いなのか、
そもそも血液が流れていないのか、
教えてください。よろしくお願いします。

※また、血管系についても(心臓はあるのか等)教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 ヘモグロビンは脊椎動物等の血液中等で、酸素を運搬する働きをしている色素です。
 蟹や海老等の甲殻類にも血液は流れていますが、その中にはヘモグロビンは含まれてはおらず(一部例外もあります)、代わりに酸素を運搬する働きをしているのは、ヘモシアニンという色素です。
 甲殻類以外にも烏賊、、蛸、巻貝、二枚貝等の軟体動物等、ヘモシアニンを使用している動物は多数存在しています。
 ヘモグロビンは酸素と結び付いている状態では鮮やかな赤い色をしていますが、酸素を失った状態では暗い赤色に変化するため、人間等の脊椎動物の静脈血は暗赤色をしているのに対して、動脈血は鮮紅色をしています。
 この事から判る様に、酸素を運搬する色素の中には、酸素と結び付いた状態と、酸素と結び付いていない状態では、色調が変化するものもあります。(酸素を運搬する働きをしている色素の中には、ケヤリムシやゴカイ等が使っているクロロクルオリンの様に、酸素と結び付いている状態では赤色で、酸素を失った状態では緑色になる、というものもあります)

【参考URL】
 森の里ホームズ > 一口メモ > [『一口メモ』インデックス] > 学術情報 > 酸素運搬タンパク質
  http://mh.rgr.jp/memo/mz0279.htm

 呼吸色素 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%BC%E5%90%B8%E8%89%B2%E7%B4%A0

 そして、ヘモシアニンの場合は、酸素と結び付いた状態では青い色をしているのですが、酸素と結び付いていない状態では無色透明になります。
 脊椎動物では、ヘモグロビンは赤血球という袋の中に詰め込まれているため、仮に赤血球の中身が透明になったとしても、血球の内外の屈折率の差によって光が散乱され、白く濁ったような状態になるものと思われます。(例えば牛乳の中の乳脂肪は、殆ど無色透明ですが、細かな粒となって牛乳の水分の中に分散しているため、光を散乱させて、白く濁って見えます)
 しかし、甲殻類や軟体動物には、赤血球に相当するものは存在せず、ヘモシアニンは血液中に直接溶け込んでいます。
 そのため、蟹や海老等のヘモシアニンを使用している動物において、鰓で酸素を取り込んで、全身に送られて行く際の血液は薄い青色をしているのに対し、全身から鰓に戻って来る際の血液は透明になっています。(甲殻類の血液循環は「開放血管系」といって、静脈や毛細血管は存在しませんし、動脈らしきものも大雑把なものです)
 そして、水中から出された蟹や海老は鰓呼吸が出来ませんから(短い時間なら鰓が収まっている体内の隙間に残っている水で呼吸出来ます)、酸素不足となって、全身の血液の色が失われて行きます。
 水に入れておいても、その水の量が十分に多くなければ、酸素は不足して行きます。(水中にポンプで空気を送り込み続ければ別ですが)
 このため、蟹や海老を捌いても、血液が無色透明なため、血が付いている事に気付き難いのです。

【参考URL】
 ヘモシアニン - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%B3


>※また、血管系についても(心臓はあるのか等)教えていただけると幸いです。

 甲殻類を始めとする、節足動物や軟体動物等の血管系は、開放血管系と言われるもので、毛細血管が無く、弁と拍動するための筋肉を備えた、脈動する動脈の様な心臓から送り出された血液は、大雑把な枝分かれしかしていない動脈を通って、身体の端部へ送られます。
 動脈の端部は途切れていて、そこから血液は血管の外へ放出されます。
 血管から出た血液は、体内の組織の隙間を通って、組織の細胞に酸素や栄養を供給し、二酸化炭素をや老廃物を吸収します。
 この時、鰓の組織の隙間を流れた血液は、二酸化炭素を水中に放出し、酸素を吸収する事になります。
 こうして、全身の組織の隙間を通って流れた血液は、心臓に開いている吸い込み口の穴から吸い込まれ、再び、全身へと送られます。

【参考URL】
 A Prayer For Slater, A Preyer To Crawfish > 甲殻類と我々の心臓の違いについて > 開放血管系と閉鎖血管系 >
  http://www2.gsu.edu/~bioasx/closeopen_j.html

 A Prayer For Slater, A Preyer To Crawfish > 元祖・ザリガニの鼓動
  http://www2.gsu.edu/~bioasx/zindex_j.htm

 A Prayer For Slater, A Preyer To Crawfish > 元祖・ザリガニの鼓動 > ザリガニの心臓
  http://www2.gsu.edu/~bioasx/heart_J.html


 因みに、昆虫や蜘蛛等も、節足動物の一群であり、やはり開放血管系を備えてはいますが、酸素や二酸化炭素の移動は、全身に細かく枝分かれした、気管という空気が通る管の中で、酸素や二酸化炭素が拡散する事によって行われていますから、血液中には酸素を運ぶための成分は含まれていません。(アカムシ又はアカボウフラと呼ばれるユスリカの幼虫は、ヘモグロビンに似た色素を持っていますが、これは酸素を運ぶためのものではなく、酸素を蓄える働きをしているとされています)

【参考URL】
 気管 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E7%AE%A1

 ヘモグロビンは脊椎動物等の血液中等で、酸素を運搬する働きをしている色素です。
 蟹や海老等の甲殻類にも血液は流れていますが、その中にはヘモグロビンは含まれてはおらず(一部例外もあります)、代わりに酸素を運搬する働きをしているのは、ヘモシアニンという色素です。
 甲殻類以外にも烏賊、、蛸、巻貝、二枚貝等の軟体動物等、ヘモシアニンを使用している動物は多数存在しています。
 ヘモグロビンは酸素と結び付いている状態では鮮やかな赤い色をしていますが、酸素を失った状態では暗い赤色に変化...続きを読む

Qジャンボ海老の正体は?

レストランでジャンボ海老フライを食べました。
ナント長さが 30cmも有る海老フライでした。
頭は付いていない状態です。
こんな海老見た事無い!

なにか知っていたら 教えて下さい!!

Aベストアンサー

斜めに切り目をたくさん入れて、ちょっと伸ばすと・・・ジャンボエビの出来上がり!!

ある程度の大きさを伸ばして使っているみたいですよ。
後は衣のつけ方で大きく見えるらしいです。

Qカニ、エビの内臓図

こんにちは。いつもお世話になっております。
カニとエビの、内臓の図解(写真でも絵でも可)の出ているホームページ御存知でしたら教えて下さい。自分ではなかなか見つかりません。どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

こんなのがありました。

■小林博士のモズクガニ生態図鑑
http://www.zspc.com/mokuzu/
モズクガニの解剖学
http://www.zspc.com/mokuzu/anatomy/index.html

参考URL:http://www.zspc.com/mokuzu/,http://www.zspc.com/mokuzu/anatomy/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報