最近の人(プロ)はみんなトップスピンで打っていると思うのですが、
昔トップスピンという言葉が出てきたときのように、インパクト前に
ラケットを思いっきり下に下げて振り上げる打ち方ではない気がします。

インパクト前は、ラケットがフラット気味に振られて、インパクト後に
思いっきり振り上げられているように見えます。

多分最近の打ち方は、トップスッピンというより、ラケットの性能もあって
ドライブがしっかり掛かる打ち方なのかなとも思います。

以上の私の見解は正しいのでしょうか?

あと、最近のプロでぐりぐりのトップスピンを掛ける人って誰がいますか?
また、逆にフラットで打つ人はいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

VitaminBBさんもご存知のように最近のテニスは昔に比べ


スピード化と攻撃的になっています。
それを可能したのは、技術の進歩やラケットの進化があるからです。
どちらも理論や実践などの積み重ねの結果ですね。
ゆえにVitaminBBさんの見解は正しいです。

それにより
高い打点でボールを捕らえ、ベースラインの後ろからでもエース
を奪えるプレーが多いですね。

以前の
ボルグやマイケルチャンのようなトップスピンでは後ろ寄りの
ポジションで打点を落とし下から上へ振り抜く感じでした。
安定性はあるものスピードは遅く、攻撃的ではありません。

最近の打ち方は高速で飛び、鋭く跳ねるトップスピンが主流と
なっています。この打ちかたはフラットが基本となっており
インパクトでフラットに当て、インパクトからフォロースルー
でワイパー動作をミックスさせて打っているのです。
高い打点ですと下から上を擦り上げるのは難しく必然的に
ワイパーになります。(斜め回転がミックスされます。)
 
前にも書きましたが
インパクト時にボールに対し強く厚くフラットに当てる。
厚く当てながら薄く逃がして(難しいが)トップスピンをかける。
ヘッドの素早い返しでスピンを与えるのです。
エッグボールと言われています。

最近のトップスピナーはセルジ・ブルゲラでしょう。ちょっと前
ならムスターです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エッグボールというのですね。
エッグボールで検索したら、色々出てきて、
これで長年の疑問が解けました。

10年間テニスから離れていたので、
ブルゲラやムスターは、残念ながら知らない選手でした。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/22 07:03

テニス雑誌などで連続写真を見ると良くわかります。


ロジャーフェデラー、アガシ(フラット)代表
ヒューイット、スペイン勢、南米勢(スピン)代表
フェデラーのように状況にあわして、いろんな球種を
打つのが良いと思います。

参考URL:http://nsks-smash.com
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

フェデラーやアガシがフラットなんですね。
そう言われると、そうですね。
でも、みんなラケットを振り上げているので、
トップスピン系と思っていました。

お礼日時:2005/04/22 07:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング