中古住宅(築20年以上)を購入された方に質問です。

築20年の中古物件を購入しました。現在1000万ほどかけてリフォーム工事をしております。主人は今年43歳なので将来的な建替えは検討していません。

実際に築20年以上の中古物件を購入された皆さんは将来建替えを考慮した上で購入されたのでしょうか?我家にそんな余力は無く、必要な構造補強もするので私達が生きてる間はもつだろうと考えていましたが・・・実際先のことはわかりませんよね?

主人が現役引退直前にもう一度中規模なリフォームが必要だとは考えていますが建替えとなると今から準備しないといけないので悩みます。私達にそんな余力は到底ありませんがもし必要であるのなら現在のライフプランを検討し直さなければなりません。

皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 No.4のjanvierです。

さっそくお礼のお言葉を頂戴しまして有難うございます。只今もちょうどご質問者様ぐらいの年代の方や定年退職後の方々から同じようなご相談を受けております。

 皆様、今のお住まいに手を入れながら住み続ける場合のコストと残存価値、マンションを購入した場合の土地の売却益と購入価格とは、あるいはまったく新たに建て直す場合のコストは、等々、とにかく比較検討を繰り返しておいでのようです。当地では将来大地震の可能性もあり、これも計算の内に含めますと、なおさら頭が痛い問題となります。

 そして皆様一様におっしゃるのが、歳を取るともうそんなに大きな家は要らない、2階も要らない、それで、どんなプランが考えられ、幾らかかるのかということ。その都度本当に概略の範囲ではありますが試算を手伝っておりますが。そんな小さな住まいにしても、一応はバリアフリー仕様とするとして、現在の家屋の解体費用など付帯工事費といったものも考慮しますとどうしても少なくとも2千万円前後ということになつてしまいます。

 つまり、こうして試算してみますと、今のお住まいに手を入れても、今のお住まいの主構造を生かしながらひと回り小さく規模縮小し本格的にリフォームしても、思い切って小さいながらも建て直しても、どれにしてもあまり大きくは違ってこないということになります。

 また一方、マンションを購入するとなると、これは、お住まいの土地の面積や実勢地価にもよりますが、けっして不可能なことではないものの、はたして新しい環境に満足出来るかどうかといった別の問題も想起されます。

 生涯の間に二千万という大金を投じるなら、代替として駅や商店にも近く、なにかと便利なマンションも視野の外ではないが、庭がない、棟内での火災や今後の大地震で大丈夫なのか、商店街そのものが衰退の傾向にあるが、近隣や上下階との関係は.....などとこちらも不安が一杯といったところ。

 実はわたし自身だって同じ問題にそろそろ直面する年頃ですから人ごとではなく、同じ問題で悩んでいますが、庭や茶室などはマンションでは望むべくもないこと、地元で得た素晴らしい友人たちという財産をどう考えるべきか、といって、庭に樹々を植えていて、こんな生産性のないものに固定資産税を払うのはまさに無駄、いや、やはりこれだけの心の余裕は貴重なもの....とばかりまだ結論に達しておりません。

 とにかくこのあたりにつきましては、最善の方法とはなにか、もっとも効率が良く満足のいく支出とはなにか、それは幾らなのかと、さらに選択肢を広げながら比較検討してみて頂きたい........人様にそう申し上げるのは至極簡単ではありますが、わたし自身もまだ結論を得ておらず、ただ一般論としてそうとしか申し上げられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答ありがとうございます。やはり大規模な修繕にしろ建替えにしろ2千万も必要なんですね。その頃には住宅ローンも無理だろうし現金でとなると悩みます。でも検討せずにいると老後大変なことになるのは目に見えているので、ここは「建替え」を検討しながらライフプランを考える必要がありますね。参考になるご意見ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/17 17:32

私も昨年、築14年の中古住宅を購入しました。

また、同じ様に1000万ほどかけてリフォーム工事をしております。私の年齢もご主人と同年代です。
しかし、将来的(20年後)には建替えを検討しています。

それは、我が家の今後のキャッシュフローを鑑みた過程であるからです。

余力がないとおっしゃっているのであれば、先の方が述べていたとおり、良い時期でマンションへの買い替えをお薦めします。

あくまでも住宅は生活する上での器でしかないと言うのが私の見解です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。建替えですか・・・10年後に住宅ローンは完済する予定でいますが、その後は教育費と老後の準備に専念するつもりです。一生専業主婦でいるつもりでしたが建替えを検討するとなるとそうもいきませんね。頭が痛いです。

お礼日時:2005/04/17 17:27

 家屋というものは不思議なもので、人が住んでいて、適度のメンテがなされていると大変長持ちするものです。



 築20数年ということですので、これから先、もちろん耐用年数や平均的な使用限度は越えるものの、適度にして必要なメンテを施して行けば、実際にはおそらくまだ20年ぐらいは大丈夫なように感じます。

 それでも、只今ご主人はあと定年までに数年と判断しまして、大変失礼な表現をあえてしますと、こうした計算から見ると、これではまだご夫妻がご存命中にいよいよという限度が来てしまうこともありうるということになってしまいます。

 とはいえ、木材自体の耐用年数というものは想像以上に高いものです。今後心配されるのは、まず基礎部分の補強、これは地震への対策も含めていずれは検査をし、場合によっては添え基礎で補強するなどが必要になるかと思います。

 それから、土台や柱の腐食や蟻害の程度によってはこれらの交換や補強も必要になろうかと思います。
 さらに屋根材の補修と葺き替え、外壁の張替えとこの際の地震対策としての構造材の補強、断熱材の交換、サッシの交換といったことがあり、いずれは内装リフォーム、給排水系の交換、浴室の本格的修理かユニットバスへのリフォーム、トイレやキッチンのリフォーム、これらもいずれ必要になろうかと思います。

 これらの施工費は実際にお宅を拝見していないままでは試算も出来かねますが、それでも、これらをすべて行った場合には少なくともおよそ2千万円は必要かと思います。これはあくまで想像の域をでないご回答ですし、また違ったご意見もあろうことかと思います。

 しかしながら、金額の大小は別としても、やはりご存命中ぐらいは住むに足りる住まいとするにはどうしてもかなりの出費が見込まれるのは致し方ないものと思います。

 そこで、もうひとつの考え方として、このような年数を経た家屋の場合には家屋自体には残存価値がないものとして、土地の実勢価格と今後必要となる補修費用の合計額と、中古で良質のマンションへの移転など、もう一度の住み替えも一応視野に入れてご検討になってはと思います。その結果、やはり今のお住まいに住み続ける方が良いとご判断になった際には、あまり古くならない今の時点から少しずつご生涯にわたる補修計画をより細かなものにご検討されてはと考えます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。確かに平均寿命が年々上がるのでどんなに頑張ってメンテをしても建替えが不要とは言い切れませんね。息子が建替えてくれればいいのですが・・・。将来引っ越して土地付き一戸建てを新たに購入するのはかなり無理があるのでやはり建替えですね。老夫婦がこじんまりと住むに充分な質素な家ってはたしていくらくらいかかるものでしょうか?

お礼日時:2005/04/15 17:27

こんにちは。


約10年前に中古住宅を買い、昨年建て替えた者です。

中古物件の場合、一番怖いのは基礎や地盤が不明な事だと思います。
我が家の場合、購入時に「以前の持ち主は大工さん。自宅なので余りの建材を使っているが、建物としては確か」と言われ、簡単にリフォーム(2階にトイレをつけただけ)をした会社にも「力士の巡業にも使えるほどの家」と言われ、頑丈さには確信を持って購入しました。

建て替えたのは結婚して手狭になったからなのですが、その時の調査で地盤が恐ろしく弱い事と、地中の基礎が全く無かった事、さらに以前の持ち主は大工としての知識はあまり無く、仕上げから見ておそらく左官さんだったのではないか、という事が判明しました。
道理でトラックが通るたびよく揺れると思っていたのですが、もし大きな地震が来たら倒壊していたと言われ、肝が冷えました。

大きなお金をかけてリフォームしてらっしゃるし、上物としては大丈夫と思いますが、基礎や地盤だけは調べてみられた方が安全かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ならほど基礎や地盤も重要ですね。しかしながら売主さんっていい事ばかりしか言わないものですね。我家の場合も例外ではありませんでした。

お礼日時:2005/04/15 17:20

 築が昭和5年の建物を購入いたしました者です。


主人は建築設計をしておりまして散歩の途中に和風建築プラス洋館の増築、増築物件でしたが、一番にリホ-ムするのは水道、ガス、の配管と台所、フロ、トイレ、洗面所を新しく致しました。屋根の樋。屋根の補修、外壁、床の補強を致しました。購入は平成2年ですが、土地代のみと考えて求めましたので、入居時は最低額予算でリホ-ム致しました。

 建替えは考慮しておりません。洋館は床から天井まで3m、和室は2.7メートルあり、この空間を立てることは高額になることもありましたが、気に入っています。床板の補強と柱の太さと本数から構造上問題ないようです。20年の建築といいますと木造の場合、0に近い値段のようです。
 推測できますのは屋根、外壁、雨よけぐらいです。
もう15年すんでいますが屋根と外壁を一度吹き付けしました。建築の中古で一番必要なことは配管図は頂くようにしてください。補修時あると便利です。
 主人に聞きましたら、1000万の予算なら後で大工事になる場合を考慮してリホ-ムをされ他方がよいといいました。配管は床板直しがプラスに色ぬりとかプラス工事が伴うので入る前にリホ-ムは壁や床板はがし替えなど必要な部分は先にしてしまうことだそうです。他はクロスとか壁紙とかは後でまた新しくするのが簡単ですから。後に必要なのは屋根の問題ですがこれは費用のかけ方で安くも高くもなりますが必要です。近代マンションからこの化け物屋敷を。。。と声もなかったのですが、マンションを売り購入して正解でした。前のマンションはずいぶん値打ちも下がりましたが、土地の価値はひどい暴落もなく建替えに賛同者も要らず気楽です。
 後、家屋分の固定資産税安いですよ。新築の兄の家の半分ぐらいですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。素敵な洋館にお住まいで羨ましいです。実は私も主人も建築士のはしくれです。(設計業ではありませんが)知り合いの建築士と大工の棟梁にお願いして購入前に物件を見ていただき決断しましたが、実際に工事に入ると予想もしていなかったところに不良箇所が見つかったりして少々へこんでいます。今回屋根の葺き替えは断念しましたがやはり近い将来必要ですね。参考になるアドバイスありがとうございます。今後はコマ目に補修を繰り返して大事に住みたいです。

お礼日時:2005/04/15 14:22

的確な回答が出来ないのですが意見として投稿させていただきますね。


実はうちの両親は今から10年ほどまえに築20年の中古住宅を購入しました。
それでここ2~3年前から床がミシミシいったり、床が抜けそうな感じにへこむ場所が出てきました。
屋根のところも雨漏りしたときがあり、屋根と床の簡単な補修工事をしました。
しかし、母曰く「20年以上の家なんて買わなきゃよかった」って嘆いています。
しかも当時40坪で4000万円。
無知は両親は値切りもしなかったので
「値切ればよかった・・・」っていつも嘆いています。
でも、sai512さんはリフォームをされてから住まわれるとのことですので、かなり長持ちすると思いますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ご両親が購入された際はリフォームは一切行わなかったということでしょうか?我家の場合は水まわりから壁・床・天井と内部に関しては全て新しくします。工事が始まってから床下にも問題が発覚したので床板を変えてレベルも調整、補強も必要に応じてお願いしています。中古は値段が手頃なところに魅力を感じますが木造の場合はそれなりにデメリットもありますね。我家は20坪で1380万と格安でしたが売主の方は10年前に築10年で4100万で購入されたそうです。当時は地価も今よりずっと高かったようですね。

お礼日時:2005/04/15 14:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四文字熟語の意味

「何ができ、何ができないのか」つまり「できることとできないこと」をあらわす4文字熟語を教えてください!!
例えば、「コンピュータに何ができ何ができないのかを示したい」という文の、「何ができ何ができないのか」の部分を四文字熟語に置き換えたいのです。四文字熟語でなくても、熟語でも慣用句でも、とにかくわかりやすく端的に言い表せる言い方があったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

四文字熟語なら、やっぱり「一長一短」が近いかなと思いますが、「できること」のみを挙げる言い方、つまり
(コンピュータの)「守備範囲」、
(コンピュータの)「得意分野」、
(コンピュータの)「対応範囲」、
(コンピュータの)「取扱領域」、
(コンピュータの)「処理項目」、
(コンピュータの)「可能領域」、
(コンピュータの)「能力範囲」
等という表現も、例の場合には近い意味になるのではないでしょうか。

Qリフォームか建替えかいずれか相談相手は?

木造一戸建て、2階建て3LDK築5年です。
さすがに老朽化し補修すべきところが多いです。
(1)下水が詰り出した、(2)電気容量が少なく、漏電も心配、
(3)耐震構造、(3)雨戸のしまり、(4)間取りが不自由、(5)家族
が増えて増築したい、(6)庭、垣根も改修したい等々
現状の不満はかなり多いです。しかし、建替えにはお金が
かかりそう、一方、以上の不満解消にリフォームしても
これだけのリクエストには建替え並のお金がかかりそう。

金額のある程度(1千万くらい)の差があれば、少々の
間取り不自由さは我慢できます。しかし、あまり差がな
ければ建替えようかなと思います。

どこで誰に相談すれば?
リフォーム業者は「リフォームで十分対応できます」
と言うだろうし、新築業者は「立替のほうが結局割安
です」といいそうです。

公平に見積もり、提案できる業者、さらに当方の悩み
にコンサルタントできる方を探しております。

さて、どんな方がよいにか?どういったアプローチが
適切かを教えてください。

Aベストアンサー

No.4です。
補足を読ませていただきました。

とりあえず回答から。

>>できれば現物か図面見ながらご相談できるコンサルタントのような方はを探しています。

との事ですので一般論ですが、選択肢としては
1.ハウスメーカー
2.地場工務店
3.リフォーム会社
4.設計事務所
くらいでしょうか?
どの選択肢にも長所と短所がありますので物件が見れない以上、どれをオススメするわけにもいきません。
近所や知人の方から評判が聞けるとしたら
1.ハウスメーカー
2.地場工務店
くらいでしょう。
工事依頼するポイントとしては
1.提案力
2.施工能力
3.工期
4.工事金額
まあ判断基準はまだまだありますが施工能力は検討段階ではまず未知数と考えてよろしいかと思います。
ですので、タウンページ等からいくつか問い合わせの上、現地調査・提案・見積金額に応じて質問者様がご決断ください。
ただ、必ず一番最初に「現地調査・見積無料」の確約を取り次いだ上で、依頼してください。
あとから、契約を断った途端に実費請求などとならないように。

ここから蛇足です。
築35年とのことですので
1.家の跡継ぎがいない。
2.同居者の体調が仮住まいに耐えられない
3.敷地進入路が狭すぎる
など、環境に不都合がなければ建て替えを選択されることが一般的かと思います。
建て替えにしてもリフォームにしても予算・体力ともに消耗しますのでじっくりご決断ください。

No.4です。
補足を読ませていただきました。

とりあえず回答から。

>>できれば現物か図面見ながらご相談できるコンサルタントのような方はを探しています。

との事ですので一般論ですが、選択肢としては
1.ハウスメーカー
2.地場工務店
3.リフォーム会社
4.設計事務所
くらいでしょうか?
どの選択肢にも長所と短所がありますので物件が見れない以上、どれをオススメするわけにもいきません。
近所や知人の方から評判が聞けるとしたら
1.ハウスメーカー
2.地場工務店
くらいでし...続きを読む

Q四字熟語と漢字

四字熟語と漢字の良い覚え方とかありませんか?
四字熟語のほうは四字熟語の意味と四字熟語両方です。
おねがいします。

Aベストアンサー

覚えるだけでいいなら、何回も書いて覚えるが一番じゃないでしょうか(。>0<。)

問題集を何回もやるとか・・・。

あんまり勢いよくやろうとしても挫折しますよね↓

口に出して三寒四温~~~~!!とか叫ぶとか読む!!
私も漢検のときは、問題集と叫んでました。

もちろんテレビとか消して勉強ですよ

Q築29年の軽量鉄骨の中古戸建について

標記のとおりの物件の購入を迷っております。
立地上の条件とタイミングの条件を満たしているのですが、
建物については、自分が考えているよりも古い建物です。
10年ぐらいと期間を限定して住み、その後は売ることもしくは建て直すこと前提にしてます。

築29年ぐらいの軽量鉄骨の建物の購入、、、
どう思われますか?
※施工は、ニッ○キというメーカーだそうです。

詳しい方ほど、「現物を見てみないと」というご意見だと思いますので、一般論で結構です。
古い建物なので、売買契約書には、瑕疵担保については免責となり、現状引渡しとなるため、
何か問題があっても売主に追及できないと思います。

気になることとしては、躯体や耐震の安全性の問題、
アスベスト、ホルムアルデヒド等の健康被害的なことを気にしております。

木曜日にもう一度、現場に行くのですが、
建物を見るに当たり気にすべきこと、質問すべきこと等、
ご意見をいただけるととても助かります。

なお、その建物を購入するに当たり、
今わかっている範囲で、お金をかける内容については、
下記のとおりです。

・屋根や外壁、キッチン、トイレについては、8年ぐらい前に売主が変えているので、今回リフォームするつもりもなく、
今後メンテナンスをする予定もありません。
ボロボロになるまで使います。

・風呂や壁紙、畳、雨戸等細かいところを200万ぐらいかけて直すぐらいです。

アドバイスいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

標記のとおりの物件の購入を迷っております。
立地上の条件とタイミングの条件を満たしているのですが、
建物については、自分が考えているよりも古い建物です。
10年ぐらいと期間を限定して住み、その後は売ることもしくは建て直すこと前提にしてます。

築29年ぐらいの軽量鉄骨の建物の購入、、、
どう思われますか?
※施工は、ニッ○キというメーカーだそうです。

詳しい方ほど、「現物を見てみないと」というご意見だと思いますので、一般論で結構です。
古い建物なので、売買契約書には、瑕疵...続きを読む

Aベストアンサー

アスベストに関しては、粉の状態にならなければ特に問題ないと思います。(例えば建材を削るとか切るとか。)アスベストが人体に影響を及ぼすのは一般的に固まっている状態ではないとされています。また、ホルムアルデヒドも築29年ということなら特に気にすることはないと思います。
ご存知かもしれませんが、これらは以前のお住まいでは普通に使用されていたもので、ホルムアルデヒドに関しては家の気密性が高くなってきたのと合わせて大きな問題となってきたものです。確かに以前の家の新築当時は家の中に入ると目がチカチカするということがありました。今ご購入予定のお住まいで家族の皆様がそのようなことを感じないのであれば問題はないと思います。但し、木製家具にはホルムアルデヒドが入っていることが多くありますので、引越しと合わせて家具をご購入の際には注意が必要です。
お住まいのメンテナンスについてですが、屋根や外壁、はね出しでない場合のベランダについてはメンテナンスをお考えになった方が良いと思います。材質が分からないのではっきりとは言えませんが、特に外壁の塗装やコーキングの打ち直しは今後10年お住まいになるとして計20年近くもたすのは難しいです。はね出しでないベランダ(1階の屋根がベランダの床)の場合の防水も同様です。
内部については、キッチンやトイレなどの住宅設備より、床の方が心配です。床が柔らかいという部分があったら、その部分は改修した方が良いかもしれません。
確認すべき事は、それぞれの箇所をいつリフォームしたかということだと思います。あと10年お住まいの間にやむを得ず修繕しなければならない箇所が出てくるかと思いますので、それを予め把握しておくことが必要かと思います。大小は別にしてお住まいに修繕は必然です。
長文で失礼致しました。

アスベストに関しては、粉の状態にならなければ特に問題ないと思います。(例えば建材を削るとか切るとか。)アスベストが人体に影響を及ぼすのは一般的に固まっている状態ではないとされています。また、ホルムアルデヒドも築29年ということなら特に気にすることはないと思います。
ご存知かもしれませんが、これらは以前のお住まいでは普通に使用されていたもので、ホルムアルデヒドに関しては家の気密性が高くなってきたのと合わせて大きな問題となってきたものです。確かに以前の家の新築当時は家の中に入る...続きを読む

Qnext stageの熟語について質問です

next stageの熟語について質問です

MARCHあたりを志望してて、
今 熟語をnext stageで覚えてるんですが、
next stageの熟語だけで長文の熟語など読める/カバー
できるでしょうか??

Aベストアンサー

問題ないと思います。
ただ、熟語も単語と同じ様にどんな場合にどのように使用されるかはわからないので、不安だったら、
Z会の速読英熟語で確認するのも一つの手だと思います。

Q建替えかリフォームか?悩んでます。

築40年木造2階建て建坪40坪です。
どちらがよいか?の悩みです。
経済的な分と完成度合いで天秤かけてます。

間取り考えると建替えしたいが、予算が心配。
やっぱり建替えはお金がかかる?
廃棄物処理代がすごくかかるし、今住んでいる家の
材料ももったいない気もします。
また柱など造りもしっかりしていて、不動産屋さん
はまだまだ十分住めますよ、といてくれます。
間取り変更かつ増築などでリフォームでもかまわない。

一方、建替えはお金以外では制約ないし、好き勝手な
間取りも可能。
こんな質問何ですが、どちらが良いでしょうか。

Aベストアンサー

悩んでいるのなら、リフォームをお勧めします。
40年前の木なら強度は申し分ないと思います。
木の寿命は200年です。
20年~25年の寿命にしてしまったのは、建築屋にリフォームする技術がないのと、水濡れやシロアリによる住宅のメンテナンスができていない事によるものです。
僕も築25年、40年、100年の住まいをリフォームさせて貰っていますが案外大丈夫な物です。
リフォームといっても大型のリフォームで、屋根と骨組みだけ残してしてしまう方法です。
これですと、間取りも新築並みに変更が可能ですし一度丸裸にする事で腐ったりシロアリのついた木も発見できますので取替も可能です。
リフォームは追加がでるとよく言いますがこの場合は追加の恐れがほぼありません。
工事内容も今の建築基準より丈夫な家にもできます。
建築費は新築の約70%~80%程度ですみます。
固定資産税等の税金は今まで通りです。
増築があったとしても増築部分のみで済みます。
上棟祭、地鎮祭費用がいりません。祝儀も必要ない。
最終御施主様負担になるのは新築の60%~70%負担になっています。

参考URL:http://www.biwa.ne.jp/~fujito/madrix/kanden_c4.html

悩んでいるのなら、リフォームをお勧めします。
40年前の木なら強度は申し分ないと思います。
木の寿命は200年です。
20年~25年の寿命にしてしまったのは、建築屋にリフォームする技術がないのと、水濡れやシロアリによる住宅のメンテナンスができていない事によるものです。
僕も築25年、40年、100年の住まいをリフォームさせて貰っていますが案外大丈夫な物です。
リフォームといっても大型のリフォームで、屋根と骨組みだけ残してしてしまう方法です。
これですと、間取りも新築並みに...続きを読む

Q英熟語の使い方

英熟語の使い方

こんにちわ。
英熟語を暗記し始めたのですが
暗記自体はスムーズにいくのですが英文のドコに組み込めばいいのかわからず困っています。
例文もあるのですが文中、文頭、または熟語内の動詞の時制が変わったり、
さらには熟語の間に英文を挟んだと思ったら同じ熟語なのに別の例文では文末に熟語がおかれたりしてさらに混乱します。

熟語をどう正しく利用するのか判断する方法はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

熟語の訳の日本語をよく読んで
これが日本語では動詞として作用しているのか、
形容詞として作用しているのか、というように
どんな役割として成り立っているかを理解しないと、
英文の構造も掴みづらいと思います。

また、英語の表現や言い回しを理解する必要があると思います。
それには一度暗記しただけではなく、
日本語を介さないでも意味が取れるくらい、
暗記に打ち込む必要があると思います。

もしそれが出来れば、あとは細かいところの修正なので、
ケアレスミス程度の間違いですむので、
その都度補正していけばいいと思います。

Q中古戸建の約築20年軽量鉄骨物件

中古戸建の約築20年軽量鉄骨物件を見たのですが、
数年人が住んで居なかったみたいで中は多少傷んでいました。

中身であればリフォームをすればきれいになりますが、
中身が多少傷んでいいるということは、
構造部分もカビや錆などで通常(人が住んでいる)より傷んでいると考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

前の回答者の方と同様な回答になりますが。

チェック
(1)天井や壁に雨漏り跡がありますか?
 有り;構造体のチェック必要           無し;経年の劣化のみ
(2)基礎の立ち上がりの亀裂がありますか?
 有り;地盤沈下などチェック必要        無し;床下目視で湧水など確認
(3)2階以上ある場合、床の軋みがありますか?
 有り;仕上げ材か構造材かチェックが必要  無し;経年劣化のみ

概略はこんな所ではないでしょうか。
木造は木材が経年で劣化しますので、耐力が40%減の場合もありえますし、
鉄筋コンクリート造も経年での中性化・酸性化がありますから・・・
鉄骨関係は錆など浮かなければ、ボルトの緩みや溶接剥離・材の割れが
無ければ、さほどの心配は要りませんから。

Q四字熟語のいいサイトありませんか?

今、漢検で四字熟語の勉強をしています。でも、四字熟語の意味が全く分かりません。そこで、四字熟語がいっぱいあって、四字熟語の読み方や意味が載っているサイトを知ってたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ここがオススメです(^-^)
http://yoji-go.jp/

参考URL:http://yoji-go.jp/

Q中古戸建(築25年)とローコスト住宅(新築)迷い中

中古戸建(築25年)とローコスト住宅(新築)で迷っております。
シングルママになる予定の者です。資金は、有難いことに、親が支払ってくれます。

中古戸建
●築25年です。
●土地+古家で1780万です。

ローコスト住宅
●新築
●秀光ビルドが建主です。
●土地+家で2200万円です。
※土地のみの販売なら1350万円になるそうです。家(上物)は地元の工務店に依頼したら高くつきますよね?しかし、その方が安心を得られるような気がします。地元工務店でもローコスト住宅は建てて頂けるのでしょうか?基礎・材料の質は秀光ビルドよりは、しっかりとして頂けるのでしょうか?

中古戸建と購入しても、リフォーム代がかかるので、新築を購入した方が無難でしょうか?リフォーム代は出来るだけ節約したいと考えております。ほどほどに住めたら良いと考えております。
現在、築25年ですが、子供が成人するまで、あと20年住めれば良いと考えております。そうなると築45年になります。木造の戸建の寿命は、35年とネットで調べると載っており、それも不安です。

しかし、ローコスト住宅を購入するのも、基礎、材質の面で、不安でたまりません。

あるいは、予算を増やして(増やしたとしても、2600万円以内)、地元の工務店で、注文住宅をお願いした方が良いのでしょうか?

お詳しい方、どうかご教示お願い致します。住居のことばかり考えて、クタクタになっております。乱文で申し訳ございません。

中古戸建(築25年)とローコスト住宅(新築)で迷っております。
シングルママになる予定の者です。資金は、有難いことに、親が支払ってくれます。

中古戸建
●築25年です。
●土地+古家で1780万です。

ローコスト住宅
●新築
●秀光ビルドが建主です。
●土地+家で2200万円です。
※土地のみの販売なら1350万円になるそうです。家(上物)は地元の工務店に依頼したら高くつきますよね?しかし、その方が安心を得られるような気がします。地元工務店でもローコスト住宅は建てて頂けるのでしょうか?...続きを読む

Aベストアンサー

資金繰り状況によります。
1780の中古物件に住みながら10年で借金を返済できるなら、10年後に建て替えで新築にすむのが良いと思います。

ローコスト住宅といっても、構造強度や屋根・壁などの外装はコストダウンせず、台所、風呂、照明、給湯、空調などの設備機器でコストを削減してりる住宅であれば、20年後に住宅設備関係を更新して住み続けることができます。
ところが、住宅設備ではなくて、基礎や土台、構造物、屋根材、外壁材などでコストダウンしている住宅は困りますね。

20年後、30年後に更新することができない部分には十分なコストをかけて欲しいものです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報