為替と企業の関係について基本的なことを教えてください。

輸出する企業に取って円高、円安どちらが得なのでしょうか?
不況の中でも儲かっている企業のはなしなど為替とかんれんしてお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「輸出企業にとっては、円安のほうが得である」というのが一般論です。



その理由は、同じ1万ドルで商品を売っても、1ドル=120円なら120万円しか手に入りませんが、円安になって1ドルが140円まで上昇すると、140万円を手にすることができるからです。

これが一般論ですが、現実はそう単純ではありません。

この輸出企業が、商品を作るために原材料を輸入しているかも知れません。そうすると、必ずしも輸出企業であっても、単に円安になれば得というわけでもありません。

また円安が進むと、この商品の買い手(外国の輸入先)が、値下げを要求してくる可能性があります。もちろん、こうした要求や圧力に(輸出企業が)応じるかどうかは、その商品の競争力と、企業どうしの力関係によります。

輸出企業が、どうしても輸出したければ、値下げに応じるかも知れませんし、外国の輸入企業が、その商品を輸入しなければならない状況なら、値下げ要求などしないかも知れませんし、したとしても輸出企業は拒否できるでしょう。

ここまでの説明は、お分かりになったでしょうか。

では、輸出企業にとって、為替はどうなれば望ましいのでしょうか。

それは、商品を輸出することによって、適正な利潤(利益・もうけ)が出る水準で、為替相場が「安定」してくれることが、望ましいのです。

ところが、あなたもご存知のように、為替相場は時々刻々変動しています。(もっとも最近の変動幅は、ひと昔前に比べれば大したことはありませんが。)

輸出企業も輸入企業も、為替相場は重大関心事ですから、毎日の動きを「指をくわえて見ている」のではありません。こうした動きにともなう損失の可能性(これを「為替リスク」と言います)を、できるだけ小さくするために、いくつかの手法を使っています。これらの手法を「為替リスク対策」と言うこともあります。

為替リスク対策として、最も一般的に使われているのが、先物予約です。

「今現在の為替相場水準なら採算が取れるし、これから先は円高に進むかも知れない」と考える輸出企業は、例えば今から3ヶ月先の12月分の為替予約をしてしまうのです。予約する相手は銀行です。

そうすると、12月になってたとえ今より円高になったとしても、この予約を使ってこの輸出企業は今の為替相場(を基準にしたレート)でドルを売って、円を受け取ることができるのです。

このほかにも、「為替オプション」という手法も、為替リスクを少なくするために多くの企業で利用されています。これを説明しだすと、長くなりますので省略します。

二番目のご質問にある、不況でも儲かっている企業と為替の関係は、あまり考えられません。つまり、不況にもかかわらず為替をうまく利用して儲けているという企業は、思いつきません。企業にとっては、為替の変動よりも不況のほうがはるかに深刻な問題です。

以上の説明で、少しはお役に立ちましたか?
    • good
    • 0

kamochaさんの説明でよく理解できたと思いますが、違った観点から説明をします。



10,000円の商品を輸出するときドル建ての輸出価格は
為替が120円なら$83・33
110円なら90.91
となります。即ち、$83.33の方が競争力があり、販売が伸びます。110円の円高になれば$90.91にしなければ同じ利益は確保できませんが、値上げにより販売が低下するので、妥当な値上げが出来ず、メーカの利益が減ることになります。

メーカや商社は為替変動で一喜一憂せず安定した利益があげられるよう為替を予約しています。しかし、120円で予約していたのに130円まで下がった場合は、120円で決済をしなければならないというリスクもあります。120円で充分な利益が出る
コスト力の強い商品であれば問題ないわけですが・・・
    • good
    • 0

 輸出企業にとっては、円安がプラスです。



 貿易の決済は米ドルで行うことが多いので、千ドル売った時に、円安(130円)なら13万円の売り上げですが、円高(100円)なら10万円にしかならないからです。

 不況の中でも儲かっている企業との関連はあんまり無いと思いますが、ここ数年のベースで考えると若干円安トレンドでしたから、輸出系が若干有利だったとはいえるでしょう。

 ユニクロなどが儲かっているのは、人件費の安い中国などに生産拠点を完全に移して生産コストを徹底的に抑えているからです。 同じことをやろうとした会社は数多いですが、殆どは安かろう悪かろうでした。 ユニクロの秀逸な点は、品質も徹底的に管理したところだと言われています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本の円高問題】日本の輸出企業はドル建てしているので円高で問題になるわけではない。 円高で問題に

【日本の円高問題】日本の輸出企業はドル建てしているので円高で問題になるわけではない。

円高で問題になるのは日本政府が借り入れている多額の国債債務の利子が膨れ上がることくらいだ。

で、円高になって困るのは企業ではなく国。

だから国は国民に円高になると企業が大変苦労するので円安に持っていっているというが企業はドル建てしていて円高、円安はもう関係がなくなっているので円高の方が得。

国民も国内消費では円高の方が得。

円高で損をするのは国だけ。

国の借金が1000兆円あってその利益が円高で増えるので、円高はダメだと国民を騙して報道しているのではないか?

Aベストアンサー

>日本の輸出企業はドル建てしているので円高で問題になるわけではない。

そんなことは無い。
経費(特に人件費)は円建てなので、円高になるともろに収益が悪化します。
従業員にドルで給料を払っているのなら別ですけどね。

多くの輸出企業は、大ざっぱに見て、120円ならウハウハ。110円で普通に黒字。100円が採算分岐点。90円は苦しく、80円なら国内工場閉鎖を考える・・・と言う感じだと思います。

Q円高・円安と輸入・輸出について

円高・円安と輸入・輸出について

今、円高になっていて「円高差益還元セール」とか、「円高だから自動車の輸出で損が出る」とかが新聞記事になったりしています。

質問ですが、
「円高だから輸入が得をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
「円高だから輸出で損をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
という理解で正しいでしょうか。

もし、正しいとすると「円建」の場合はそれぞれ逆の現象になると思うのですが正しいでしょうか。

そうだとすると、日本はすべて「外貨建」で貿易を行っているということになると思うのですが、
「円建」で取引を行っている商品はないのでしょうか。
あるとすれば具体的にどのようなものが「円建」で取引されているのでしょうか。

全ての商品を「外貨建」で取引していると、為替変動のメリットもデメリットもすべて日本が引き受けているような気がします。
日本は貿易に対して「そういうスタンスの国」なのでしょうか。

Aベストアンサー

>「円高だから輸入が得をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
>「円高だから輸出で損をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
その通りです。
世界の貿易の2/3はドル建てなので石油も鉄鉱石もドルで購入し、自動車もテレビもドルで販売します。
急激な円高で企業の業績が悪化するのは、製品(例えば自動車)の定価と言うのが決まってます。
例えば2万ドルだったとします。
輸入する材料費が1万ドルで製造費用が100万円だったとします。
円が120円の時は2万ドルの売上なので、220万で製造し、240万円売げ上ます。
円が 80円の時は2万ドルの売上なので、180万で製造し、160万円売げ上ます。
実際には仕入れと販売のタイムラグもあるのでこれ以上の差がつきますが、簡単にはこんな感じです。
従って収益改善の為、アメリカなどの製造費の安い地域で製造する事に成り、日本では人余りが発生します。

>「円建」で取引を行っている商品はないのでしょうか。
基本無いと思ってください。
基軸通貨とは何かを考えると軍隊や核を持たない日本が基軸通貨に成るのは不可能です。

>日本は貿易に対して「そういうスタンスの国」なのでしょうか。
日本以外もほぼ全ての国はそうですよ。
大体アメリカが許すわけありません。
本当は日本はアメリカの国債を沢山持っているので、もっと発言権が有ってしかるべきだと思いますが、政治家が弱腰なのと国民がアホだから仕方が無いです。

>「円高だから輸入が得をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
>「円高だから輸出で損をする」というのは「外貨建(ドル建等)」になっている
その通りです。
世界の貿易の2/3はドル建てなので石油も鉄鉱石もドルで購入し、自動車もテレビもドルで販売します。
急激な円高で企業の業績が悪化するのは、製品(例えば自動車)の定価と言うのが決まってます。
例えば2万ドルだったとします。
輸入する材料費が1万ドルで製造費用が100万円だったとします。
円が120円の時は2万ドルの売上なの...続きを読む

Qこれから為替相場はどう変動するのでしょうか?円高?円安?

 アメリカ経済が先行き不安。日本経済も失業率が高くなり、景気回復の見通しが立たない現在、円はいったい高くなるのか、それとも安くなるのか?
 また、それはどの程度まで進むのか考えをお聞かせください。

Aベストアンサー

アメリカが、テロにあって多くの犠牲が出たことはご存じのことと思います。
しかも、アメリカは「これは戦争である」と宣言しました。

テロの報復として、アメリカが湾岸戦争などのように大規模な作戦を実行するのであれば、急激なドル高に進むでしょうし、アメリカの不景気状態はあっという間に吹き飛んでしまうでしょうね。
これは、これまで通りの「有事のドル」ということが背景としてあげられます。

テロ報復が行われない場合は、ドルの弱さが表面化し、ドル安へと進むであろうと思われます。しかし、このドル安は、100円を割るところまでは進まないでしょう。そこまで進む前に、インフレ懸念が発生してくるでしょうから、インフレ懸念を押さえるために「強いドル」政策をとるようになるのではないでしょうか?

まあ、日本経済が立ち直らない限り、極端な円高に進むことは考えられません。
しかし、長い目で見る限り(2年後になるか3年後になるか分かりませんが)、これまでにないほどの円高になることは間違いありません。
(これは、景気が回復し日経平均が上昇することで起こります)

今の状態から考える限り、テロへの報復が行われるでしょうから、ドル高に進むのではないか、つまり、円安に進むのではないかと考えます。
しかしながら、150円を超えるほど円安にはならないでしょうけどね。

一つの例と考えてください。

アメリカが、テロにあって多くの犠牲が出たことはご存じのことと思います。
しかも、アメリカは「これは戦争である」と宣言しました。

テロの報復として、アメリカが湾岸戦争などのように大規模な作戦を実行するのであれば、急激なドル高に進むでしょうし、アメリカの不景気状態はあっという間に吹き飛んでしまうでしょうね。
これは、これまで通りの「有事のドル」ということが背景としてあげられます。

テロ報復が行われない場合は、ドルの弱さが表面化し、ドル安へと進むであろうと思われます。しかし...続きを読む

Q円高時の輸出について 輸出すると悪影響になる理由

今円高で輸出企業が大変と聞きますが、
なんとなくは分かるのですが、何故円高=輸出に悪影響になるのでしょうか?
明確な答えがほしいです。
たとえば、円高=1ドルに対し円が安くなる=輸出すると海外からの収入が減収、、と考えたり、するのですが、考え方はあってるのでしょうか?
また、円高時に輸出すると、その輸出商品が海外では高く売られることになり、需要が減り、減収、、と聞きましたが、なぜ高く売られるかがイマイチわかりません。
明確に分かりやすく理由を何点か教えて下さい。

Aベストアンサー

>円高=1ドルに対し円が安くなる
  1ドルに対して円が高いので円高ですよ。

たとえば
1ドル=100円が1ドル=95円になれば5円の円高です。

もっと簡単に言うと
  1ドルでリンゴが100個か買えたのに
  1ドルで95個しか買えなくなったら
  95個の方が5個少なくなり高くなったことになりますよね。
それと同じで
   1ドルで5円少なくなったすなわち高くなったということです。

したがって輸出すれば円高の場合は価格が1ドルで5円の減収となり
逆に輸入は5円の増収になるということです。

 

Q円高対策をしろとかよく言ってますが、一部の企業のために国が為替介入する

円高対策をしろとかよく言ってますが、一部の企業のために国が為替介入する必要ないと思います。日本は小資源国家で食料すら多くを輸入に頼る国です。なので円高のほうが多くの国民にはメリットがあります。
もし為替レートに介入したかったら、輸出企業が結集して、自らドルを買い支えればいいだけではないでしょうか?もし、資金が足りないというならば、為替買付け用資金を企業に対して国が兆単位で貸し付けたらどうでしょう?それでも足りなければ、輸出企業の従業員のドル買いを社内指令にしたらどうでしょう?ドルが安くて得をするのは輸出企業だけですよ。輸出企業の社員が給料増えても、その従業員が使わなければ、国内に還元されるとは限りません。円安誘導よりも公共事業の方が失業対策にはなりそうです。国が為替リスクを負って損をしたり、他の救済へ資金が回らなくなるよりも、円安に誘導すると利益のある企業が独自でドル買い介入を行ったらどうでしょうか?トヨタなんかの巨大企業なら行えそうですが、みなさんどう思いますか?

投稿日時 - 2010-08-26 23:20:00

Aベストアンサー

>円安に誘導すると利益のある企業が独自でドル買い介入を行ったらどうでしょうか?

それは策として下の下。
そんなことするくらいだったら海外に工場を建てるでしょう。これが中策。
しかし、もっと賢い企業は、この機会に海外の優良会社を買収するでしょう。これが上策と言うものです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報