ハードディスクに保存しているバイナリ形式のデータファイル(約50MBのファイル10個程度)をCD-Rに焼く作業において,遅延書き込みエラーが頻発します。
最大8倍速の書き込みに対応するIDE接続の内臓型CD-RWドライブをWindowsNT4.0 sp4の環境で動作し,ライティングソフトにはパケットライト方式のDirectCD ver2.5(396)を使用しています。
書き込み速度を1倍速まで落とすと,エラーの発生頻度は下がりますが,それでも頻繁に発生します。BurnProofやJustLinkなどの機能を持ったCD-RWドライブに変更することで少しは改善できるような気もしますが,根本的な解決には至らないように思えます。原因として考えられることやヒントになりそうなこと,回避方法がありましたらご教授ください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

遅延書き込みエラーが頻発なら、


それをとめればいいと思うのですが試されましたか?

書き込みキャッシュを無効にすればいいと思いますが。


NTの最新SPは6aだったように思いますが,
これも適用したほうがいいかも?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報