『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

アメリカのアニメファンサイトを巡っていると、たまーに十二国記のファンサイトやコスプレを見るようになりました。
どうやらあちらでも『12 kingdoms』としてDVDが出ているようですが、あのお話は英訳可能なのでしょうか?
人の名前ひとつ取っても呼び方読み方いっぱい(延王がいい例)ですし、漢字の専門用語もりだくさん、麒麟って英語圏ではどうなんだろうと、
壁だらけなような気がするんですが…。
どんな感じで訳されているんでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

米国版DVD何枚か持ってます。

先日最終巻が発売されました。陽子の吹き替えは英語でも凛々しいですよ。
アメリカの他、オーストラリア、フランス、ドイツ、台湾で発売されているのを確認しました。知名度は低いのですが、観た人の評価は高いです。原作小説を翻訳して読んでいる熱心なファンもいます。

DVDの翻訳に関して、確かに名前は英語圏の方には敷居が高い(覚えにくい)のですが、DVD各巻のブックレットに用語解説をつけてフォローしています。翻訳者は原作も徹底的に読み込み、妥協を許さない翻訳を心掛けているらしいです。
固有名詞も原作に忠実ですが、shoku(触)daigaku(大学)など、個人的には英語に翻訳してしまってもいいんじゃないかと思うところもありました。
でもそれだけこだわっているということなのでしょうね。

下のリンクはアメリカ版とオーストラリア版のサイトです。
更新止まってますが、アメリカ版のCharactersやEncyclopediaなどはご質問の参考になりそうです。

参考URL:http://www.12kingdoms.us/, http://www.madman.com.au/12kingdoms/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オーストラリア版は知っていたのですが、アメリカ版にはたどり着けずにいたので新鮮です!
(あれがアメリカ版だと思ってました・汗)
本当に用語はそのままなんですね。凄いです。
こだわっているんですね。
ありがとうございました!!

お礼日時:2005/04/17 14:47

このアニメについてはわかりません。


でも、固有名詞については多くの場合、現地の翻訳家などに任され、その土地のメジャーな名前に変えられることはよくあるようです。

たとえばキャプテン翼では、翼くんはオリビエになったりという感じです。

一人がいくつかの複数の名前で呼ばれているということですが、それについてもおそらくひとつの名前に統一されていると思います。(確認していないのでなんともいえないですが)

直接の回答でないことをお詫びします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

翼くんがオリビエくん(笑)。
なるほど、まんま外国人になってしまうわけですか。
十二国記は大好きな作品なので、メチャクチャにされていないか心配です(笑)。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 00:22

少し調べてみました。

  固有名詞はそのままのようです。麒麟自体は中国から来た物でしょうから、アジア文化系の方だと余り無理なく理解できるのでは? と思います。また、ファンタジーファンご用達(??)でしょうから、設定のヴァラエティーなどは気にならず楽しんでいるのではと想像します。

 面白そうなのでもう少し調べてみまします。何か具体的な物が判れば… 下記はJUuni Kokki とされた紹介とエピソードの一部です。英文ですが固有名詞は判るかと。評価はカナリ高い様ですね。

参考URL:http://www.animenfo.com/animetitle,880,rmksij,12 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

固有名詞はそのままなのですか!
驚きです。日本人でも混乱する漢字乱舞なのに(笑)。
評価が高いのはファンとして嬉しいです!
あちらのファンの人も小難しく考えないで楽しんでいるんですね。
参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 00:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q十二国記(小野不由美著)はまらなかった方いますか?それとももう少し読めば面白い?

十二国記いい評判しか聞きませんし、熱烈なファンがいることは知っています。
あまりに口コミがいいので、月の影影の海 下巻読み進めている途中ですが評判どおりにはハマりません。
これから面白くなるのでしょうか。なんだか感情移入できません。
宮部みゆきのブレイブ~は面白かったんですが、あまりファンタジーものは読みません。

どんなに検索しても面白くなかったという評判に出会えません。
私だけ?
はまらなかった。もう少しで面白くなる。いろいろ感想をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

わたしは、十二国記は初版の、それも発売されたばかりの頃に買いました。
山田章博さんのイラストにつられて、内容はまったくわからないままに上巻のみを買いました。
その頃は、上下巻の本がたくさん出ていたので、おもしろかったら下巻を買えばいいと思っていたのです。

そして10年の月日が流れ……つまり読む気がおきないままに10年。
作品はアニメ化されました。
これも、はじまってからしばらく見ましたがさっぱりおもしろく感じません。
見るのをやめようカナ、と思いはじめた頃にねずみの楽俊登場!
これで急におもしろくなりました!
それから原作を読み始めましたが、上巻は既にどこにあるのかわからない状態。下巻から読み始めたという悲しいオマケがつきます。

とにかく、ある時から突然おもしろくなる作品だと思います。

Qアニメ版十二国記の続き

アニメ版は終了しましたが、原作の小説版はまだ続いている十二国記ですが、アニメ版は続きはもう放送されることはないのでしょうか?それと原作の小説では1996年~2001年まで大きく発売の間が開いてますが何故でしょう?小説についてはよく知らないのですが、こう言った小説がアニメ化されることはアニメではよくあることなんでしょうか?これは単行本で発売されてはじめて読むことができるのでしょうか?それとも何かの雑誌で連載されているのでしょうか?原作の初期発売が1992年ですから10年経ってからアニメ化されたことになりますが、随分と経過してからされたものですね(^^)アニメじゃありませんがこう言うのはポポロクロイス以来のような気がします。
長くなりましたが回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

新刊がでないのは、仕方のない事なんでしょうね……。
小野さんは連載、というのが苦手な方のようで、全部書き上がってから発表、という形式をとっているようです。
(「図南の翼」という話は連載形式をとっていたようですが、後書で2度とやらないと書いていたような)
なので基本は全て文庫書き下ろしです。

アニメ化に関してですが、アニメ化の話はだいぶ以前からあったようです。なかなか実現しませんでしたが。
制作陣の中にファンがいて、アニメ化を主張していた、という感じかなと思います。
NHK製作ですし、民放の六時頃からやっているアニメのように人気があるからアニメ化、というのとは若干流れが違うような気がします。もちろん人気がある事は大切な要素でしょうけれど。

アニメの続きは、どうなんでしょうね。
原作がまだ途中という事もあって、中途半端な終わり方なのが寂しいです。
個人的には続きを作ってほしいなとは思います。
ただやはり原作がでなければどうしようもないので、もう作られないのかな……という気もします。
アニメは海客メインだったので、海客の関係しない他の話も作ってほしかったです。

新刊がでないのは、仕方のない事なんでしょうね……。
小野さんは連載、というのが苦手な方のようで、全部書き上がってから発表、という形式をとっているようです。
(「図南の翼」という話は連載形式をとっていたようですが、後書で2度とやらないと書いていたような)
なので基本は全て文庫書き下ろしです。

アニメ化に関してですが、アニメ化の話はだいぶ以前からあったようです。なかなか実現しませんでしたが。
制作陣の中にファンがいて、アニメ化を主張していた、という感じかなと思います。
NHK...続きを読む

Q十二国記のホワイトハート版と講談社文庫の違い

私は十二国記のホワイトハート版を持っているのですが、講談社文庫の方でも十二国記が出ていると聞きました。そして、講談社文庫の方では若干の修正があるとも聞いたのですが、どのくらいの部分がどのように修正されたのでしょうか?知っている方かこの違いについて書いてあるサイトを知っている方がいたら教えてください!

Aベストアンサー

対象とする年齢の違いから漢字などの表記を変えてある
と聞いていたのですが・・・

「月の影 影の海」を題材にされたとある卒論研究では
内容変更はないとなってますね。

講談社文庫版が出た時も、特に目立った変更があったとは聞いていません。

先の卒論のサイトは「月の影 影の海 説明 卒業論文」というキーワードで検索してみてHITすると思います。

序章---第三節「研究対象の性格」---第二項の表2に
WH版と講談社文庫版の違いを点数を上げて比較されている部分があります。
主に漢字変換ですが語彙変換がは11とあります。

私は「黄昏の岸 暁の天」から両版を買うようになり、先に出る講談社版を読んでからその後WH版で読み直すというようにしています。

ですから「黄昏」以前の講談社版は買わず、「月の影 影の海」の講談社文庫版は手元になく、語彙の変更11というのを探す事は出来ないのですが
語彙の変更といってもそう表現は変わらないのではないかと・・・

この点に関しては他の方の回答を私も待ちたいと思います。(笑

Q原作ファンの方へ。アニメ『十二国記』ってどうですか?

『十二国記』は、アニメ版のみチラリと観たことしかありません。その印象だけで言うと、「絵が妙にNHK的 (優等生的) で、無難にやってるな」という感じが否めませんでした。
原作小説は、遠からず読むつもりでいます (今年の読書予定にラインナップしています)。

そこで、原作ファンの方にお聞きしたいのですが、皆さんの目から見て、アニメ『十二国記』のできはどうでしょうか? そして、以下の私の傾向を見て、アニメは私にとって観るに足る出来と考えられるでしょうか?
(あるいは、アニメが先で原作が後なら気にならないかも、という意見もありますね)

私自身は、もうとにかくやたらめったら多くのアニメ作品を観てきましたので、なるべく良い点を探そうとして観るタイプだと思います。特に脚本や作画 (絵の綺麗さだけではなくて、動きにどれだけ気を配っているか) を重要視しますが、仮にそれらにキズがあっても、何か「これは!」という部分があれば、好きになれる方です。

小説原作のアニメ作品についても、アニメとして見るべきところがあれば評価する、原作の変更に関しては、「根幹となる部分」さえはずしていなければ良し、という立場です (もちろん、作画的に受け付けないものもありますが)。

参考までに、小説原作→アニメ化された作品に対する、私の評価を少しだけ挙げておきます。

◎完成度自体に満足、ないしは換骨奪胎した意欲と結果に納得できた作品
ディズニークラシカル作品、『アルプスの少女ハイジ』、『母をたずねて三千里』、『赤毛のアン』、『家なき子』、『宝島』、『未来少年コナン』、『巌窟王』、『涼宮ハルヒの憂鬱』、映画『時をかける少女』

○アニメとして十分楽しめたので、多少の不満には目をつぶれるくらい好きな作品
『キノの旅』、『マリア様がみてる』&『~春』 (3rdシーズンはイマイチ)
『灼眼のシャナ』1&2 (劇場版は期待はずれ)
『スレイヤーズ』 テレビシリーズ (原作未読。映画版は×)

△こきおろすほどではないが、見るべきところが少なかった作品
『星界の紋章』&『星界の戦旗』、『ゼロの使い魔』1&2

×原作のキモをはずしてるでしょ、と思ってしまった作品
映画『ブレイブストーリー』 (宮部みゆきの個性が感じられません)
『図書館戦争』 (絵はキレイだが、キレイなだけ)

こんな感じです。いろいろなご意見をお待ちしています。

『十二国記』は、アニメ版のみチラリと観たことしかありません。その印象だけで言うと、「絵が妙にNHK的 (優等生的) で、無難にやってるな」という感じが否めませんでした。
原作小説は、遠からず読むつもりでいます (今年の読書予定にラインナップしています)。

そこで、原作ファンの方にお聞きしたいのですが、皆さんの目から見て、アニメ『十二国記』のできはどうでしょうか? そして、以下の私の傾向を見て、アニメは私にとって観るに足る出来と考えられるでしょうか?
(あるいは、アニメが先で原作が後...続きを読む

Aベストアンサー

原作に出てこないアニメオリジナルキャラがいらないんじゃないかな
とは思いましたが、アニメはアニメということでそれなりに楽しめました。
楽俊と祥瓊の声がイメージとあってたんで、それがよかったのかも。


人気Q&Aランキング