糖質の代謝についてなんですけど、
中学か高校の生物(化学?)で、糖質の代謝を習ったと思うんですけど、
「どこで何が分解されるか」分かりますでしょうか。
今となっては後の祭りなんですけど、
一切合財教科書を捨ててしまって、困ってます(^^;
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00 です。



 補足拝見しましたが,そういう事でしたら「糖質の代謝」ではなく「糖質の消化吸収」だと思います。

 先の回答の「池田博明『高校生物』のインターネット公開授業」(↓)の「第2部第2章 化学反応と酵素」に「消化酵素の例」として簡単にのっています。

 デンプン(アミロース,ブドウ糖多数)
 
  ↓ アミラーゼ(唾液中)
 
 マルトース(麦芽糖,ブドウ糖2つ)
 
  ↓  マルターゼ(すい液中)
 
 グルコース(ブドウ糖,ブドウ糖1つ)
  ↓
 小腸で吸収され,細胞で燃焼(細胞呼吸)

 いかがでしょうか。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~hispider/biology/t …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それです!!
お陰様で、昨日の前期試験乗り切ることが出来ました。

>「糖質の代謝」ではなく「糖質の消化吸収」
そうなんですか(^^;
失礼致しました。

reiさん、本当に有り難う御座いました。

お礼日時:2001/09/13 09:08

 「どこで」の意味が若干わかりづらいんですが,「細胞内のどの器官で」という事でよろしいんでしょうか。

それとも,「体内のどの臓器で」といった事でしょうか。

 とりあえず,関連するネット上の教科書(?)をあげておきますので,ご覧になってみてください。

「細胞生物学」(大学レベル?)
 http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textbook/mitoch …
 「エネルギーの生産」を御覧下さい。

「池田博明『高校生物』のインターネット公開授業」(高校レベル?)
 http://village.infoweb.ne.jp/~hispider/biology/t …
 「第2部第3章 異化=呼吸」をご覧下さい。

 いかがでしょうか。必要でしたら補足下さい。

この回答への補足

ええと、「どこで」っていうのは、「体内のどの臓器で」の方に当てはまるかもしれません。
なんか、胃で分解されたものが小腸で吸収されたりしますよね?
その時に胃では、ブドウ糖がアミノ酸に変わる・・・みたいな感じで。(←コレは間違ってると思いますが)
多分、高校の生物で習ったような、そういう簡単なことなんですけど。
実験では、レバーを試験管に入れてやったような気もします。
↑これも、あやふやです・・・。
あまり上手く伝わってませんかね(^^;
っというか、こういう代謝って習わなかったのかなぁ・・・。

補足日時:2001/09/11 19:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足の補足です。
ブドウ糖がアミノ酸じゃなくて、
炭水化物が麦芽糖になったり、ブドウ糖になったりです。

お礼日時:2001/09/11 20:43

糖ってグルコースについてでいいんですか?


違ってたらすいません・・・

好気呼吸=解糖系+クエン酸回路+水素伝達系  でしたよね。
 
 解糖系・・・細胞質基質
       そして、酸素は不要です。
       グルコースからピルビン酸にまで変化します。
       (脱水素酵素が働く)
 
 クエン酸回路・・・ミトコンドリアのマトリックス
          酸素は必要なんですけど、実際には使用されません。
          活性酢酸→クエン酸→ケトグルタル酸→コハク酸→フマル酸
          →オキサロ酢酸  と変化します。
 
 水素伝達系・・・ミトコンドリアのクリステ(クリスタ)→ひだの部分
         酸素は実際に消費するため、必要です。
         ここは、今までの二つの回路で出たHからエネルギーを
         取り出し、酸素と結合させ、安全な水に変えています。

 こんなものでいかがですか?だめかな・・・? 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただき有り難う御座います。
うーん、そういうことも習ったと思うんですが、もっと単純におおまかなことだけが知りたかっただけなんですよ(^^;
中学レベルかも・・・。

お礼日時:2001/09/11 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖質制限の一日の献立を探してます。

糖質制限の一日の献立を探してます。
1食単位の献立例は種々は紹介されてますが1日あるいは1週間日々の献立紹介が見つかりません。
MSN相談で第一三共(株)の「体にe食事くじ」を紹介いただき大変参考になりましたが、ヘルシーレシビとなってまして糖質制限ではありませんでした。
担当医師に糖質制限を勧められています。
糖質制限献立紹介サイトをご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

>>担当医師に糖質制限を勧められています。

であれば、その担当医師に栄養指導やレシピもお願いすべきです。

日本では糖質制限はダイエットや健康法の一つの方法のような感じで、素人が断片的な知識で行います。でも米国では糖質制限は食餌療法、つまり医師の指導のもとで行います。

誤った知識のもとで行う糖質制限は危険ですよ。もしその担当医師に栄養指導やレシピの紹介をする知識がないのなら、その担当医師自身がそもそも誤った知識の持ち主ということになりますから、糖質制限を勧めたこと自体を疑うべきです。

その場合は、別の医者に相談した方がいいです。

Q細胞生物学や分子生物学の教科書

 『細胞の分子生物学』や『Essential細胞生物学』に書かれているような内容を、ごく簡単に概観できる大学1年生程度の初級向け、分厚くない日本語の適当な教科書等があったら、特徴などとともに紹介していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

講談社 ブルーバックスからですが、以下の3冊では如何でしょうか?

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%89%88-%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E7%B4%B0%E8%83%9E%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/4062576724/ref=pd_sim_b_1

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第2巻 分子遺伝学 (ブルーバックス)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%89%88-%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E7%AC%AC2%E5%B7%BB-%E5%88%86%E5%AD%90%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%A6-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%80%E3%83%B4%E3%82%A1/dp/4062576732/ref=pd_sim_b_1

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第3巻 分子生物学 (ブルーバックス)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%89%88-%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E7%AC%AC3%E5%B7%BB-%E5%88%86%E5%AD%90%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%80%E3%83%B4%E3%82%A1/dp/4062576740/ref=pd_cp_b_2

アメリカの大学教養課程における生物学の教科書 『LIFE』 (eighth edition) の訳書です。今のところ、上記の3分野しか出ていないようですが、他の分野も出版して欲しいところです。^ ^
.

講談社 ブルーバックスからですが、以下の3冊では如何でしょうか?

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%89%88-%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E7%B4%B0%E8%83%9E%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/4062576724/ref=pd_si...続きを読む

Q一歳児が一日あたり必要とする糖質の量を教えてください。

こんにちわ、一歳半の娘のママです。
娘はある野菜ジュースが大好きで、とても飲みたがります。
そのジュースには砂糖や食塩は含まれていないのですが、果汁も多く入っており糖質の過剰摂取が心配です。

一歳児に必要な糖質は一日あたりどのくらいでしょうか?
お詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前、乳幼児の栄養指導に携わっていた管理栄養士です。
前に方が書かれているように糖質など糖分は炭水化物に含まれます。

幼児期は、個人差が大きい時期なので個々の配慮が必要で、現在の食事摂取基準では、基準体重、身長から摂取エネルギーを算出します。
保育所給食などでは基準値を出していますが、基礎代謝基準値からみても1歳半の女の子の場合、1日のエネルギー推奨量は、おおよそ800~900kcalくらいが目安になると思います。
エネルギーの50%~70%を炭水化物から摂取しますので、400~630kcalは炭水化物からの摂取エネルギーです。炭水化物のほとんどは主食になるご飯やパンなどの穀類やいも類からの摂取になります。砂糖の使用は、4~5g。

1歳を過ぎると自我が芽生え、好き嫌いも出てきて味覚も発達してきます。私も娘がいますが、大変な時期ですよね。
甘味は、どんどんエスカレートしてより甘いものを求めるようになるので、野菜ジュースなどは、おやつの時に与えるようにして、水分を欲しがる時は水やお茶など甘味のないもの与えるように習慣づけたいですね。
甘味のあるものは、カロリーもありますが、次の食事の時にお腹がすかない、食事がきちんと摂れないなどの悪循環になります。
野菜ジュースのボトルに栄養表示があると思いますが、ほとんどは糖質なのでカップあたり、100mlあたりどれくらいのエネルギー(kcal)になるか目安になると思います。

厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」にも解説がありますが、果汁を離乳初期にすすめられなくなったのは、アレルギー性ではなく、果汁を与えることで母乳やミルクを飲まなくなり、栄養低下や発育障害の報告があったからです。

以前、乳幼児の栄養指導に携わっていた管理栄養士です。
前に方が書かれているように糖質など糖分は炭水化物に含まれます。

幼児期は、個人差が大きい時期なので個々の配慮が必要で、現在の食事摂取基準では、基準体重、身長から摂取エネルギーを算出します。
保育所給食などでは基準値を出していますが、基礎代謝基準値からみても1歳半の女の子の場合、1日のエネルギー推奨量は、おおよそ800~900kcalくらいが目安になると思います。
エネルギーの50%~70%を炭水化物から摂取しますので、400~630kcal...続きを読む

Q糖質の代謝

「ペントースリン酸回路は、NADH2の産生とフォスフォリボシルピロリン酸の産生の系として重要である」

この文章は誤りですか?

Aベストアンサー

どうもひっかかったので、大学時代のノートを見直しました。

ペントースリン酸回路ではできるのはNADH2ではなNADPHですね。また、PRPPはリボース合成の原料にもなるのでした。

NADPHはATP産生に使われ活動エネルギーになるというより、いろいろな生合成系に参加し生合成に必要なエネルギーを供給するのに使われます。

とにかく、ペントースリン酸回路は核酸やアミノ酸などの生合成の基盤となるというところが重要です。

Q糖質ダイエット、一日一食

はじめまして。
一日一食、糖質ダイエットをしている20代の女です。
まず、私の一日の摂取カロリーは800カロリーで糖質25g~30g(多くて)です。
お仕事の都合上どうしても一日一食、多くても二食しか食べれない生活をしていてカロリーからみても
もっととらなきゃって感じてはいるんですが、仕事中に食べるわけにもいかずどうしようもない状態です。
でも、やっぱりどうしてもお休みの週2日は食べてしまい、たまにはストレス解消(我慢できず)にと思っているのですが、反動ってやっぱりすごいのでしょうか?
質問で何度か人間は500g以上脂肪を蓄えられない、太らないと書いてあるのをみたのですが、反動で1~2キロ増えるってことはないですか?
代謝も下がっていそうですし、心配です。
普通の人より脂肪を溜め込むようにできてて500g以上増えるとかだったらかなり怖いです。
ちなみに、ここ二日で体重が2キロも増えました・・・3~5日で戻るって言いますが、水分が抜けたら戻るでしょうか?
あと、普段便秘で便通がないのですが、お休みの日たくさん食べると便通があります。
カロリーと関係してるんでしょうか?
800カロリーでも薬を使わずなんとか便通をよくしたいです。
ちなみに。800カロリー以上色々(お肉食べたり、魚)がんばってみましたが、胸焼けと飽きがきて無理でした。糖質制限をしながらカロリーを一食で取れる方法はないでしょうか?
それとも、もう無理せずそのままの方が(800カロリー)いいでしょうか?
長くなりましたが、回答よろしくお願いします。

はじめまして。
一日一食、糖質ダイエットをしている20代の女です。
まず、私の一日の摂取カロリーは800カロリーで糖質25g~30g(多くて)です。
お仕事の都合上どうしても一日一食、多くても二食しか食べれない生活をしていてカロリーからみても
もっととらなきゃって感じてはいるんですが、仕事中に食べるわけにもいかずどうしようもない状態です。
でも、やっぱりどうしてもお休みの週2日は食べてしまい、たまにはストレス解消(我慢できず)にと思っているのですが、反動ってやっぱりすごい...続きを読む

Aベストアンサー

20代の女性なら平均の基礎代謝(何もしなくても消費するエネルギー)はおよそ1200Kcal。
仕事をして動いているならば当然ながらもっと消費エネルギーはあります。

最低でも基礎代謝分は栄養を摂取しないと体は飢餓状態に陥ります。
人間は飢餓状態になると、脳を守るために他の機能を停止していきます。
筋肉はあるだけでエネルギーを消費してしまうので、まずは筋肉を減らします。
その分それを脳の生命維持活動に必要なブドウ糖や、備蓄栄養として脂肪に変えます。
筋肉が減れば代謝が落ちるので、体はどんどん低燃費になっていきます。
筋肉だけでは足らないと、脳は今度は内臓にまで手を出すのですよ。
胃腸の働きは悪くなり、食事の消化吸収に支障が出てしまうという悪循環が始まります。
脳自身に影響のないものから動くものを止めていくのです。
拒食症の人が多臓器不全を起こし死亡に至るのは、これが原因。

800Kcalしか摂取してないあなたの場合は、おそらく代謝が落ちて既に低燃費状態にはなっているとは思います。
つまり、食事の量を増やせばエネルギーを消費しきれないので当然ながら太ります。
しかしだからといって今のままを続けたら、痩せるどころではなく、やせ衰えて20代にしておばあちゃんの様のような体になっていきます。


仕事が忙しいならば、バナナやカロリーメイトなど手軽に摂れ、満足感の得られる糖質のものを用意して、1日1食の生活からまずは抜け出すことが先決です。
全体のカロリーを一度に増やすことが不安なら、1回の食事量を減らして、3回に分けることです。
そして、休みの日はどか食いをしないように注意する。
体重が落ちても、しわしわのガサガサの洗濯板のような体は嫌ですよね?

脳に必要な栄養は糖質です。
つまり、糖質を抜く食事は、脳にとっては大ダメージ以外に他なりません。
脳にダメージを与えてるダイエットは間違いです。

20代の女性なら平均の基礎代謝(何もしなくても消費するエネルギー)はおよそ1200Kcal。
仕事をして動いているならば当然ながらもっと消費エネルギーはあります。

最低でも基礎代謝分は栄養を摂取しないと体は飢餓状態に陥ります。
人間は飢餓状態になると、脳を守るために他の機能を停止していきます。
筋肉はあるだけでエネルギーを消費してしまうので、まずは筋肉を減らします。
その分それを脳の生命維持活動に必要なブドウ糖や、備蓄栄養として脂肪に変えます。
筋肉が減れば代謝が落ちるので、体は...続きを読む

Q糖質代謝のATP量について

グルコースやグリコーゲンの分解によって生じるATP産生量ついてわからなくなってしまったので質問します。

グルコース1molが解糖系、クエン酸回路系、酸化的リン酸化によって異化されることで生じる総ATPは32mol(リンゴ酸アスパラギン酸シャトルを用いた時)か30mol(グリセロールリン酸シャトルを用いた時)と教科書に書いてあります。

グリコーゲンの場合は、1molのグルコースがグルコース-6-リン酸になる際に1ATP使うのに対して、グリコーゲンはグルコース-1-リン酸を経由してグルコース6ーリン酸になるのにATPを使わないので、グリコーゲン1molから生じるATP量は グルコースから得られる総ATP数+1をして、33mol(リンゴ酸アスパラギン酸シャトル)か31mol(グリセロールリン酸シャトル)を生じる、という考えで良いのですか??

あと もう一つ質問なのですが、私の教科書では好気的条件下では1molグルコースから25molのATPを生じるとあったのですが、教えてgooのATP関連の他の質問を見ている時に、どなたかの質問内容に好気呼吸で38mol生じるとありました。

それを見るまでは好気的条件下=好気呼吸と思っていたのですが、この2つは全然違うものなのですか??

教えてください。お願いします。

グルコースやグリコーゲンの分解によって生じるATP産生量ついてわからなくなってしまったので質問します。

グルコース1molが解糖系、クエン酸回路系、酸化的リン酸化によって異化されることで生じる総ATPは32mol(リンゴ酸アスパラギン酸シャトルを用いた時)か30mol(グリセロールリン酸シャトルを用いた時)と教科書に書いてあります。

グリコーゲンの場合は、1molのグルコースがグルコース-6-リン酸になる際に1ATP使うのに対して、グリコーゲンはグルコース-1-リン酸を経由してグルコース6ーリン...続きを読む

Aベストアンサー

的を射た回答になるかどうかわかりませんが、

高校生物などではたしかに、グルコース一分子当たり38 ATPとならいました。

しかし、これは実際には細胞内では起こらないATP合成の過程を含めて、全てのエネルギー物質のもつエネルギーをATP数に換算しただけのものです。

38 ATPとするのは、
解糖系:
2 ATP
2 NADH

TCA回路:
1 NADPH
3 NADH
1 FADH
1 GTP

が産生され、NADH, NADPHを3 ATP当量、FADHを2 ATP当量、GTPを1 ATP当量として計算したものです。

ところが、
1. 解糖系で細胞質中に生じるNADHは、そのままではミトコンドリア膜を透過できない。FADHに転換されてからミトコンドリアに取り込まれ電子伝達系で使われるので、NADH->FADH->2 ATP当量となる。

2. NADPHは、生合成系の還元剤、反応エネルギーの供与体として使われ、ATP産生にはまず使われることはない。

3. GTPをATPとして数えている。

以上を考慮すれば、38 ATPより6 ATP少なくなります。

的を射た回答になるかどうかわかりませんが、

高校生物などではたしかに、グルコース一分子当たり38 ATPとならいました。

しかし、これは実際には細胞内では起こらないATP合成の過程を含めて、全てのエネルギー物質のもつエネルギーをATP数に換算しただけのものです。

38 ATPとするのは、
解糖系:
2 ATP
2 NADH

TCA回路:
1 NADPH
3 NADH
1 FADH
1 GTP

が産生され、NADH, NADPHを3 ATP当量、FADHを2 ATP当量、GTPを1 ATP当量として計算したものです。

ところが、
1. 解糖系で細胞質中...続きを読む

Q最近すぐに下っ腹が出で来るので一日20kを目安にウォーキングやヒトカラ

最近すぐに下っ腹が出で来るので一日20kを目安にウォーキングやヒトカラに行ってるのですが、もっと効率のいい方法があれば教えて下さい!!お願いします

Aベストアンサー

 こんにちは。

 一日20kmとはちょっと無理して膝や足首などを痛める恐れがあります。「ヒトカラ」とは一人カラオケの略でしょうか?

>もっと効率のいい方法があれば教えて下さい!!お願いします
 一つの方法として、自転車に乗ることです。一回30分くらい、スピードを出さなくても普通に走る事で大丈夫です。
 
 これを週に2~3日を続ければ、無理せずに体重を10kg以上落とすことも可能です。

 私が良く自転車に乗っていた頃は、身長170cmで体重は55kgくらいでした。その時には食事はかなりの大食いでしたが、消費するカロリーも多かったのでほとんど太らず、太ももがかなり太く硬くなって筋肉が付いていました。

Q原核生物と真核生物のリボソームについてなんですけど・・・

真核生物のリボソームは60Sサブユニットと40Sサブユニットで80Sリボソームに、原核生物のリボソームは50Sサブユニットと30Sサブユニットで70Sリボソームになる。と教科書的にはそのように書いているんですが、なぜ「60Sと40Sで80S」「50Sと30Sで70S」になるんでしょうか?単純計算だと数字が合わないと思うんですが・・・。知識をお持ちの方お返事お待ちしております。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

分離はショ糖溶液等を利用した密度勾配遠心法で分離します。密度勾配遠心法は下記URLで

○密度勾配遠心法
http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/methods/gradcnt/default.htm

それを沈降係数(単位はSvedberg unit)で現します。分子量・分子形状などによって決まります。詳しくは知りません。分子量と相関はありますが,一種の沈降時間の単位ですから単純に足したり引いたりは出来無い単位と思いますが…。

素人ですが参考になりましたなら…

Q一日の移動距離の目安は?

今夏、レンタカーで北海道旅行を計画しています。無理なく一日に移動できる距離はどのくらいが限度か知りたいのですが。

Aベストアンサー

観光のみ 100キロ未満
移動と観光 2~300キロ
移動日 400キロ
朝から晩まで走り通し。トイレと給油と食事以外、止まらない。600キロ以上

基本的に、本州の道よりは長い移動ができます。

Q生物体内の物質代謝

今、高校で生物の授業を受けているのですが、「生物体内の物質代謝」の全体像が良く分かりません。
このテーマに関するサイトをいくつか教えてもらえないでしょうか。
また、生物の授業に関するサイトで、皆さんが面白かった、役に立った、というのがあれば、それでも良いですから教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中でrei00さん紹介のサイトが理解し易いのではないでしょうか・・・?

>全体像が良く分かりません。
物質代謝と言っても、高校レベルであれば解糖系くらいではないでしょうか・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=133348


人気Q&Aランキング

おすすめ情報