約5年前に左上奥歯の歯を治療し、白い詰め物を入れました。しかしヤブ医者だったのか治療が終わってからも違和感がありました。が、歯医者嫌いなのでそのまま5年も放っておいてしまいました。そして現在別の歯が軽い虫歯だったのでその治療に5年ぶりに歯医者に行きました。ついでに5年前に治療した歯も診てもらったら、やはりかなり悪い状態らしいです。神経を取ると言われました。おまけに根が膿んでるっぽいですorzそれを聞いて恐怖が増しました。
そして今度その歯の治療が待ち構えているんですがもう不安と恐怖でいっぱいで…。激痛の二文字が頭に浮かんで怖いです。
それに治療の際、詰め物はどうやってとるんでしょうか?削るんでしょうか?それとも器具でガキッととるんでしょうか?麻酔するとはいえ痛くないんでしょうか?
それと神経をとるとき膿んでるから麻酔の効きが悪いんじゃないかって不安なんです。どうなんでしょうか?恐怖です。
「麻酔多めでお願いします!!」って頼もうかと思ってるんですがしてくれるでしょうか?
わかりにくい文章ですみません。動悸がやばいです…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

歯医者にはしょっちゅうかかっているので、似たような経験をしたことはあります。



詰め物を取るときは、削るような感じでいくと、途中でポロッと取れていたような気がします。いきなり、器具でガキッとはいかないかなと。
それから、痛みについてです。明確なことはいえませんが、どのみち痛いことから逃げることはなかなか難しいと思います。麻酔する瞬間も痛いか痛くないかといえば、痛いです。神経を取ったことはないのですが、神経ぎりぎりまでを治療したときは、麻酔が切れた後のほうが辛かったです。

状態に関わらず、なんだかんだですぐに神経を取っちゃうっていう歯医者さんもいますが、ちゃんと相談なり不安なりを伝えれば、それ相応に対応してくれると思います。
痛いのは確かに怖いですが、頑張ってください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます★
治療してきました。神経が完全に死んでたみたいです。そしてやはり膿んでました。ここまで悪化してたのに普段痛くなかったのは不思議です…。
麻酔のおかげで神経ガリガリやられても痛くありませんでした^_^終盤ちょっと沁みるような感じはありましたがたいしたことありませんでした。麻酔が切れた後もいまのところ痛くないです。終わってホッとしました。
でも2回目の治療でまた神経グリグリするみたいでそれがまた不安ですね^_^;
この回答を読んで恐怖心が和らいで歯医者行くことができました。
ありがとうございました♪

お礼日時:2005/04/18 21:33

歯の治療は怖いものですね、白い詰め物はおそらく、粉と液を混ぜて埋めたプラスティックのレジンというものだと思いますので、簡単に削り取る事が出来るはずです


歯の治療は小さくて浅い場合は、埋めるだけでOKですが、当時から違和感があったと言う事は、詰め物の高さを少し削る事で解消していたのではないでしょうか?
これは私の体験なのですが奥歯に金属をかぶせた後長い間(2~3年)違和感があり歯茎から膿が出てきました。根は治療済みでした。
他の歯科医院で抜歯をお願いしたところ、抜くのはもったいないと言われ冠の高さを削ったり歯肉に薬を注射したりで、違和感は完全に無くなりました。今は電動歯ブラシにより膿もたまらなくなってきました。
話を元に戻しますが、。麻酔は歯の根が膿んでいても歯肉に注射するので、効かないと言う事は無いと思います。効き方は人それぞれなので効かない場合は数回の注射となります。これも体験済みです。で先生に任せておけば大丈夫ですが、薬剤に対して強い体質が前提ですので安易に麻酔を多くしてもらいたいと思うのは危険だと思います。
麻酔は詰め物を取るときのみで、あとは歯の中のお掃除をして、充填剤を詰めますす。ここでは手先の器用さと丁寧さが勝負となりますので、出来れば友人知人に聞いて価格的にも技術的にも信頼できる先生に巡り会うことが一番だと思います
膿が体に入ると健康に悪いという記事を読んだ記憶がありますので、早い治療が良いと思いますが、たとえ膿んでいなくても、いつもちりちり感じたり熱いものや冷たい物が響いたりする場合は神経をとったほうが精神的にも楽になると思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます★
治療してきました。神経が完全に死んでたみたいです。そしてやはり膿んでました。違和感というのは終わったあとも歯を触ったり押したりしたら多少の痛みがあったんです。でも何もしなければ普段はまったく痛くなかったんです。
麻酔はちゃんと効いてくれたみたいで神経ガリガリやられても痛くありませんでした^_^終盤ちょっと沁みるような感じはありましたがたいしたことありませんでした。麻酔が切れた後もいまのところ痛くないです。終わってホッとしました。
でも2回目の治療でまた神経グリグリするみたいでそれがまた不安ですね…
歯の治療は本当に怖いですね。拷問って感じですよね。神経グリグリの刑 みたいな;
この回答を読んで安心して歯医者行くことができました。ありがとうございました♪

お礼日時:2005/04/18 22:02

今は麻酔もほとんど痛くありません。

針はかなり細くなっていますし、電動でゆっくり注射する機械もあります。また不安であれば笑気というのを使ってもらえば
気持ちよく酔った状態で治療できます。
それに神経が膿んでいるならすでに神経が死んでいるんですから痛くないです。
また3MIX-MP法という治療方法もあります。これもどちらかというといままでの治療より痛みを伴うことが少ないです。
しっかり病院を調べて信頼できる病院にかかり、よく話をきいてから治療してもらうことです。
ちなみに前日お酒のみすぎたり、疲れていたり、睡眠不足だと麻酔のききが悪いので注意してください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます★
治療してきました。神経が完全に死んでたみたいです。ここまで悪化してたのに今まで普段痛くなかったのは不思議です…。
麻酔の注射もあまり痛くなかったし神経ガリガリやられても痛くありませんでした^_^終盤ちょっと沁みるような感じはありましたがたいしたことありませんでした。麻酔が切れた後もいまのところ痛くないです。終わってホッとしました。
ありがとうございました♪

お礼日時:2005/04/18 21:50

歯科医ですが、歯の治療を自分がされる時は、やっぱり怖いです。

なまじ知識があるために余計に怖い部分もあります。
しかし、歯の病気は風邪引きなどと違って、自然治癒がありません。早期発見・早期治療が一番です。

さて、質問の詰め物の除去ですが、通常は削って外します。痛くはありません。音と水だけです、いやなのは。

根の先が膿んでいる場合は、神経そのものは死んでいる場合が多いので、触っても痛くありません。部分的に生きていたりする場合は麻酔をしますが、上の歯は麻酔がよく効きますから、心配ありません。

「麻酔をします」と言ったら、たいがいの患者さんが嫌がりますが、北朝鮮で「前線の兵隊さんのためにだけ使うものだ」と言って、無麻酔で腕の刺青の除去手術を無理やりされたジェンキンスさんを引き合いにして、納得してもらっています(笑)。

ひと昔と違って、歯の治療も苦痛がうーんと少なくなっていますので、安心して受診されてください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます★
治療してきました。神経が完全に死んでたみたいです。そしてやはり膿んでました。ここまで悪化してたのに普段痛くなかったのは不思議です…。
麻酔のおかげで神経ガリガリやられても痛くありませんでした^_^終盤ちょっと沁みるような感じはありましたがたいしたことありませんでした。麻酔が切れた後もいまのところ痛くないです。終わってホッとしました。
でも2回目の治療でまた神経グリグリするみたいでそれがまた不安ですね^_^;
しかしホントにあの削る音は嫌ですね。なんとかならないんですかね^^;
回答を読んで安心して歯医者行くことができました。ありがとうございました♪

お礼日時:2005/04/18 21:47

こんばんわ、はじめまして。


神経治療のご恐怖、よくわかります。私も去年神経治療に半年かかりました。

奥歯だったら、ほぼ間違いなく麻酔で痛みがなくなります。
私は、奥歯と前歯の神経を治療したのですが、前歯は一度激痛が走り、泣いてしまいました。
とにかく麻酔は凄いです。治療中に寝てしまうことも良くありました。

とにかく、歯医者さんには必ず行き、健康な歯に戻してあげてください。その後は予防歯科にかかるというのも手ですよ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます★
治療してきました。神経が完全に死んでたみたいです。そしてやはり膿んでました。ここまで悪化してたのに普段痛くなかったのは不思議です…。
麻酔のおかげで神経ガリガリやられても痛くありませんでした^_^終盤ちょっと沁みるような感じはありましたがたいしたことありませんでした。麻酔が切れた後もいまのところ痛くないです。終わってホッとしました。
でも2回目の治療でまた神経グリグリするみたいでそれがまた不安ですね^_^;
奥歯は麻酔が効きやすいようなので安心して歯医者行けました。ありがとうございました♪

お礼日時:2005/04/18 21:43

私は、おやしらずのはえ方が悪くて化膿しました。

化膿していると口臭が気になるし(周囲の人が)、味も変に感じてしまいます。悩んだ末、抜歯しましたよ。最初は怖くて半年ぐらい抜歯を伸ばしていたけれど、やってみたら「あぁッ!よかった!」と心からホっとしました。

それで、麻酔ですが、麻酔をすると触っている部分はほとんどわかりませんよ(押したら「押されているかなー」というぐらい)。私は化膿した歯茎を切ったのですが、いつ切ったのかわからないぐらいでした。きっとあなたも「麻酔ってすごいなぁ」と思うハズ!化膿しているから効きが悪いことはないと思いますよ。

詰め物のことはわかりませんが、いきなり抜き取るということはないと思います。

もうお医者さんにまかせてしまおうと諦める(?)のが一番です。口をあけて目を閉じて少しの間待てば、もう5年もわずらっていた事とはサヨナラできるんですヨ。
がんばって!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます★
治療してきました。神経が完全に死んでたみたいです。そしてやはり膿んでました。ここまで悪化してたのに普段痛くなかったのは不思議です…。
麻酔のおかげで神経ガリガリやられても痛くありませんでした^_^終盤ちょっと沁みるような感じはありましたがたいしたことありませんでした。麻酔が切れた後もいまのところ痛くないです。終わってホッとしました。
でも2回目の治療でまた神経グリグリするみたいでそれがまた不安ですね^_^;
この回答を読んで恐怖心が和らいで歯医者行くことができました。ありがとうございました♪

お礼日時:2005/04/18 21:40

大変ですね。

神経を取るときの麻酔はよく効きますよ。ただ麻酔をするときの針がザクリと痛いですよ!!そこだけが少しがまんですね(涙)それから白いものは例のキーンといゆう定番の機戒で削りますね。(涙)幾ら麻酔がきいていも少しはキューンときますがこれは個人差の問題です。それより治療の後麻酔が切れるとズキズキしますね。勿論痛み止めはいただけますが。>麻酔多めでお願いします!!といったところで決まりも有るでしょうし、多めにしておくといわれても素人にはわかりませんね、どれだけの量が多いのかすくないか。 あきらめてドクターに任せましょう。頑張ってください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます★
麻酔のおかげで削るときも神経ガリガリやられても痛くありませんでした^_^終盤ちょっと沁みるような感じはありましたがたいしたことありませんでした。麻酔が切れた後もいまのところ痛くないです。終わってホッとしました。
ありがとうございました♪

お礼日時:2005/04/18 21:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • メタルクラウン(金属冠)<歯と歯肉の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    クラウンとは  クラウン(冠)とは、主として、むし歯や外傷による歯の破折(はせつ)などにより歯が崩壊した場合、金属やレジン(歯科で使用されている樹脂材料)、ポーセレン(陶材、セラミックス)で歯の全面もしくは一部をおおい、その機能と外観を回復させるものをいいます。歯の全面をおおうものは全部被覆冠(ぜんぶひふくかん)、一部分をおおうものは一部被覆冠(いちぶひふくかん)と呼ばれています。  崩壊した歯以外で...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明日歯の神経を抜くのですが・・・

虫歯が神経の近くまで広がっていたため
神経を抜いて被せ物をする事になりました。

検索してたら、神経を抜くのは凄く苦痛と書いてる人達ばかりです。

歯医者の先生に「神経を抜くのって痛いんですか?」
と聞いたんですが、「麻酔が効いてるし痛くない」との返答で。
ネットに書いてある事とは真逆なんです;

そこで質問なんですが、神経を抜くのは痛いんでしょうか?
凄く不安で、最近夜も眠れない日が続いてます…

どうか教えてくださいorz

Aベストアンサー

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、もろくなる。
(4)変色していく。
(5)臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。(残髄等)

などがあげられます。しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。

要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。

で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。ただ、炎症がきつい歯髄には麻酔が効きにくいこともありますが、麻酔の方法はいろいろありますから(^.^)b

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、...続きを読む

Q根管治療は、どうしても、麻酔をしてはいけないのですか?

10年前に作った前歯3本連なった差し歯が取れてしまい、作り替える事になりました。
その際に、根に膿がたまっているという事で、まずは根の治療を行う事になりました。
その、あまりに拷問に近い激痛に、私は思わず力を入れ過ぎしまい、あやうくて失神してしまうほどの精神的ダメージを受けました。

その後、怖ろしく顔が腫れ上がってしまい、しかしそれは先生に相談すると、仮歯でフタをしてしまったので膿の出場所がなかったためとの事でした。
それなので今は仮歯も外して、この三十代前半にして前歯が3本ない状態です。涙

でも、そんな事よりも、とにかく、治療の痛みに耐えられないので次回は麻酔をと希望したのですが、根の治療は患者の痛みの様子を見ながら、良くなってきたかどうか判断しながら行うので、麻酔はどこの歯科医でもしないのだとの説明を受けました。

でも、本当に、どうしてもそうなのでしょうか?
今の私はもう怖くて歯医者さんに通えなくなってしまい、前歯もないので引きこもり状態になってしまっています。
そうかといって、とてもではないですが、あの治療の拷問のような痛みには到底耐える事は出来ません。
そこで、教えて頂きたいのです。

この、現代の医学においても、根の治療というのは、こんなにも拷問の痛みがあっても、麻酔をせずに行わないといけないものなのでしょうか?
それと、もう一つ知りたいのは、根の治療というのは、一回目よりも二回目というようにして、だんだんと治療が進むにつれ、治療するときの痛みは少なくなって行くのでしょうか?
1回目にあんな怖ろしい体験をしたので、2回目はもう少し楽になっていると願いたいのですが・・・。

あと、笑気ガスも根の治療にはしてもらえないものなのですか?
この三点、どうかどうか、教えて下さい。

10年前に作った前歯3本連なった差し歯が取れてしまい、作り替える事になりました。
その際に、根に膿がたまっているという事で、まずは根の治療を行う事になりました。
その、あまりに拷問に近い激痛に、私は思わず力を入れ過ぎしまい、あやうくて失神してしまうほどの精神的ダメージを受けました。

その後、怖ろしく顔が腫れ上がってしまい、しかしそれは先生に相談すると、仮歯でフタをしてしまったので膿の出場所がなかったためとの事でした。
それなので今は仮歯も外して、この三十代前半にして前歯...続きを読む

Aベストアンサー

 膿を持っている(根尖病巣)がある歯に対して不用意に麻酔を施すと麻酔の圧力で細菌を歯の周囲の骨(歯槽骨)内に拡げる危険性があります。最悪の場合は蜂窩織炎という非常に重篤な病気に移行してしまう危険性も含んでいます。
 映画「たんぽぽ」(間違ったらすいません伊丹十三作品です)でも患者さんを押さえつけ、無理やり削る場面がありますが、これも同じ理由です。圧力が下がれば痛みが消えますので、これはどうしようもない事だといえます。
 また、麻酔をしてしまうと、周辺組織の感覚もなくなってしまい、治療器具が病巣を突き抜けて、健康な組織を傷つけてしまう危険性も高まります。つまり傷ついた組織に新たな感染が起こり、病気を悪化させてしまうのです。
 更に、担当医の説明にもあったように、膿やガスの排泄によって情況が好転しても、麻酔をしてしまったら判断できません。つまり治療の限度が測りにくくなるのです。
 また、笑気ガス沈静法は麻酔の補助としては使えますが、麻酔ではありません。完全に痛みを感じないのはごく限られた場合であって、多くは「痛みを鈍くする」程度です。なかには痛み感じないまで笑気を使う歯医者もいますが、これは沈静法と麻酔の境界付近まで深くかけてしまうので、熟練していないとかなり危険な行為だと言えます。

 1回目の治療で強引に治療を進めるか、出来るだけ圧をかけないで痛みが少ないようにするかは担当医の判断に委ねるしかありません。が、圧をかけないように治療すると時間がかかりすぎる上に、治療効果もなかなか出てこない可能性があります。その間長い時間患者さんは痛みに晒される訳です。

 顔が腫れたのは前の回答にもあったように密閉してしまった結果でしょう。最近、排膿していたりガス発生があっても密閉してしまう歯医者が多いのは事実です。少量のガス発生では臭診でも気がつかない場合もあり、また、治療によって病巣が刺激されて、術後に急激にガス発生や膿の増殖があって、突発的に顔が腫れてしまう事は有り得ます。

 圧力さえ下がればあまり痛い治療では無いので、次回、次々回くらいからはかなり楽になると思います。まず、身体の抵抗力を下げないようにして下さい。抵抗力が下がれば治療も長引いてしまいますから。

 膿を持っている(根尖病巣)がある歯に対して不用意に麻酔を施すと麻酔の圧力で細菌を歯の周囲の骨(歯槽骨)内に拡げる危険性があります。最悪の場合は蜂窩織炎という非常に重篤な病気に移行してしまう危険性も含んでいます。
 映画「たんぽぽ」(間違ったらすいません伊丹十三作品です)でも患者さんを押さえつけ、無理やり削る場面がありますが、これも同じ理由です。圧力が下がれば痛みが消えますので、これはどうしようもない事だといえます。
 また、麻酔をしてしまうと、周辺組織の感覚もなくなって...続きを読む

Q歯医者で神経抜きましたが、これは普通?

歯医者で神経抜きましたが、これは普通?

結論から言うと神経を抜いて2日目、時間にして24時間位しかたっていません。

1日目
 部分レントゲンを撮影
 神経を取らないといけないか、取らずにすむかギリギリの虫歯っていう事でした。
 実際に削ってみたら、やはり神経と取らないとキビシイとの事で神経を取りました。
 最後に神経部分?の洗浄+消毒?みたいなのをして、綿をつめて終了でした。
2日目
 今日は消毒した部分を再度洗浄して、消毒?みたいなやつをして再度綿をつめて終了。
 「明日は塞ぐから」っていうことでした。
 
まだ痛みがあるかもしれないと言われ、ボルタレンをもらいました。

1日目は麻酔が効いていた事もあるのか、特に痛みも感じず、夜に少し痛い程度でした。
2日目午前中に治療が終わって昼ご飯食べているときに、噛むと痛みが走ります。
グッっと噛むとズキーンって痛みが走ります。
 スタッフの方は、しばらく痛いかもしれませんが、段々と引いてきますという風にいってくれてます。


普通、神経抜く治療をした場合、どれくらいの期間痛みがあるものなのでしょうか?
個人差があるとは思いますが、宜しくお願いします。

※文書が結構デタラメですみません。
 

歯医者で神経抜きましたが、これは普通?

結論から言うと神経を抜いて2日目、時間にして24時間位しかたっていません。

1日目
 部分レントゲンを撮影
 神経を取らないといけないか、取らずにすむかギリギリの虫歯っていう事でした。
 実際に削ってみたら、やはり神経と取らないとキビシイとの事で神経を取りました。
 最後に神経部分?の洗浄+消毒?みたいなのをして、綿をつめて終了でした。
2日目
 今日は消毒した部分を再度洗浄して、消毒?みたいなやつをして再度綿をつめて終了。
 「明日は塞ぐから...続きを読む

Aベストアンサー

神経は徐々に死んでいくらしく、私も3日ー4日痛み、相談者さんと同じく噛むとズキーンと痛みがありました。私の場合、最初の処置で神経を抜いてもらい、そこからほぼ1週間おきに治療が続いて1月ぐらいかかりました。友人は、神経抜いてから最終の詰め物までけっこう早かったみたいで、神経のない歯のはずなのに半年たっても痛み、別の歯医者さんで調べた結果、詰め物の中で炎症おこして膿がたまってたそうです。あまり早い処置も良し悪しみたいです。

Q神経を抜いた歯がしつこく痛いんです

3月の半ばに虫歯の神経を抜く治療をしました。
初回は麻酔をかけて貰い、我慢できる程度の痛みまで回復したところで1週間後の治療に向かいました。
2回目「我慢できるが痛む。」と言う状態で仮詰めを取り除いて中を掃除する治療をして頂きました。その後も治療の都度、カチンと当たると痛い、何もしなくても痛い、と言う状態が行きつ戻りつしつつ続き週1ペースで通院し、2ヶ月になります。

そして一昨日、ほぼ痛みが改善し、噛締めたりカチンと当たると痛いけど・・と言うところまで回復したので、『圧力をかけてふたをしました』と言う事だったのですが、途端に痛みが激しくなり、神経を抜きたての頃のような痛みに悩まされています。
昨日、たまらずに歯科医院に行って、状況を説明し、「当たっていて痛むのだろう」と詰め物を削って当たらない様にして貰いました。

しかし本日になっても痛み止めが切れるとズキズキして目が覚めるほどの痛みで、豆腐すら噛めません。
食事は治療してない側でこわごわ噛むと言う状態です。

1.原因はなんでしょう?
2.もうしばらく様子を見るべきでしょうか?
3.思い切って転院してみた方がよいでしょうか?

通っている歯科医院はずっと診て頂いていた先生に代わり、先生の息子さんが後を継がれていて、私は若先生に見て頂いています。
その辺りで不安もありつつ、あまりに痛むので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

3月の半ばに虫歯の神経を抜く治療をしました。
初回は麻酔をかけて貰い、我慢できる程度の痛みまで回復したところで1週間後の治療に向かいました。
2回目「我慢できるが痛む。」と言う状態で仮詰めを取り除いて中を掃除する治療をして頂きました。その後も治療の都度、カチンと当たると痛い、何もしなくても痛い、と言う状態が行きつ戻りつしつつ続き週1ペースで通院し、2ヶ月になります。

そして一昨日、ほぼ痛みが改善し、噛締めたりカチンと当たると痛いけど・・と言うところまで回復したので、『圧力をか...続きを読む

Aベストアンサー

歯の神経を抜いた場合(抜くといってもコンセントを抜くようにスッと抜けるわけではなく、根の先の部分で引き千切る様な状態です)

傷が出来るわけで、その周りが炎症を起こし、歯が響く様になります。が、通常1週間程度でましになります。

2ヶ月近く経つのに豆腐すら噛め無い様な痛みがあるのは、異常です。他に原因が有るのではないでしょうか。

神経を抜くようになった原因は虫歯ですか?

医療には限界があり、絶対もありませんが、他のDrが治療すれば(Drそれぞれに技術も経験も違うので)あっさり直るかもしれません。

今の痛みが続くようなら転医もやむなしです。

Q神経を抜くのは痛いですか?明日、歯医者なんです!

神経ギリギリまで虫歯になっていると言われました。今は削って、薬を詰めています。
もしかしたら神経を抜くかもしれないんです。
昨日、麻酔をして削った時、結構痛かったので、神経を抜くなんて飛び上がるほど痛いのかと思い、、、とても不安です。どなたか教えて下さい!

Aベストアンサー

私も最近虫歯の治療を受け神経を抜いて、それを埋めてその上に金属をかぶせました。その上での体験を話すんですが、歯医者さんによって治療の方針も違うだろうし、専門家ではありませんので完璧なことはわかりませんが、私も神経まで達したとき麻酔を使って神経付近まで削って薬を詰め、そのあと神経を取るために針みたいなものに神経をころす薬品がセットしてあって、それを神経があるかどうかを機器で確認しながら、直接穴をあけた中にさして薬品を注入します。残念ですがやはりこれが一連の過程の中で一番痛みを覚えました。特に針でプスと何かを突き刺した時には強烈な痛みが出たときがありましたし、何よりその感覚がいやでした。
 無為に不安にされることを書いたかもしれませんが、ひとつの歯ではたぶん30分くらいでしょうし、今考えたらあっという間でしたので大丈夫でしょう。ふつうに耐えれました。すごく手に汗はかいていましたけど(^_^;)

Q神経抜く治療が痛くない!!

以前、こちらで神経を抜く治療に関して質問した者ですが
初めての神経を抜くということで不安もあり、いろいろ過去の質問や歯科のHPを見たりして少しでも恐怖を軽減しようとしていました。しかしいざ治療してみると治療中、治療後ともに痛くなることはなく、また麻酔も一切しませんでした。神経を薬で殺したのかな?とも思ったのですが、確か神経を殺す薬はヒ素ということなので、2日後くらいに必ず治療に来なければならないと書いてありました。しかし実際はそんなこともなく、きっちり一週間後の治療でした。
ということは、薬は使用しなかったのかな?と疑問を感じているのですが、神経を治療するのに、麻酔or殺す薬を使用しないで治療っていうのはありえないですよね。ってことはいったいなぜ全く痛くなく治療ができたのでしょうか?知識のある方お願いします

Aベストアンサー

 治療前はどう痛かったのですか?
 もし、その段階ですでに痛みが無い状態で来院されたのなら、神経はその時点で9割方死んでいます。完全に虫歯菌に感染した段階だと三日以内には神経は死滅してしまいます。おそらく、最初の段階で死にかけで一週間後には完全に死んでいたのかなと思います。

 死んだ歯髄に麻酔は使いません。と言うか、死んだ神経はもはや神経とは言えません。ただの元神経の肉塊です。

 ですから、おそらく「細い針でグルグル巻き取る感じ」で元神経の肉塊をとったのだと思いますよ。

 神経を抜いて歯の根っこに薬を詰める治療は抜髄処置、死んだ神経を巻き取った後に歯の根っこに薬を詰める治療を感染根管治療と言います。
 おそらく痛くなかった治療は感染根管治療の方でやったのですね。まあ、歯医者さんなら一日3回はやるような普通の治療ですよ。

参考URL:http://www.smileline.jp/knowledge/2-2-06.shtml

Q根管治療で、仮詰め→数日後激痛→開放の繰り返し

15年ほど前に神経を抜いた奥歯が最近痛みだし、歯医者を受診しました。
根の奥に膿が溜まっているのが原因とのことで、被せ物を外して中の膿を出したところ、
劇的に痛みが収まりました。
その日は開放のままとし、翌日、仮詰めをしました。

次の予約は5日後だったのですが、2日目から痛みだし、我慢できなかったため、
3日目に飛び込みで受診したところ、再び開放にされました。

開放された翌日には痛みがなくなり、3日後に再び仮詰め。
その4日後に痛みだし、5日目にはロキソニンが効かないほどの激痛に襲われたため、
次の予約を待たずに飛び込み受診、再び開放され、今に至ります。

仮詰めするときは、根管を洗浄して無菌状態にして塞いでいる、と説明を受けましたが、
2~3日という僅かな間に再び膿が溜まるということは、バイ菌を取り切れていないまま
塞いでしまっているということなのではないでしょうか?
そうではなく、どこかからバイ菌が侵入して炎症を起こしているのでしょうか?

今後の見通しを聞いてみると、状態はかなり悪いと言わざるを得ず、
最悪抜歯になるとのことでしたが、
現状のように、仮詰めしては激痛を繰り返す(開放中には痛みがない)のは、
いったい何が原因なのでしょうか?

15年ほど前に神経を抜いた奥歯が最近痛みだし、歯医者を受診しました。
根の奥に膿が溜まっているのが原因とのことで、被せ物を外して中の膿を出したところ、
劇的に痛みが収まりました。
その日は開放のままとし、翌日、仮詰めをしました。

次の予約は5日後だったのですが、2日目から痛みだし、我慢できなかったため、
3日目に飛び込みで受診したところ、再び開放にされました。

開放された翌日には痛みがなくなり、3日後に再び仮詰め。
その4日後に痛みだし、5日目にはロキソニンが効かないほどの激痛に襲われ...続きを読む

Aベストアンサー

貴方の歯の状態は急性化膿性根尖性歯周炎と思われます。人によっては7日~1

0日痛みが続く場合がある歯科の痛みでも痛い方に分類されます。文章から考

えられる不適当なことは歯科医の治療は妥当であるが排膿のため開放した後、

次回までの予約期間が長いことです。急性であるから慢性時のような排膿はな

く状態収まるまで2~3日毎ガス排除させる必要性があります。慢性の状態にな

ると切開排膿しやすくなり一段と落ち着くと思われます。今は根管内の圧高ま

っては開放するという悪循環になっていると思われます。組織変性抑えるとと

もに口腔外科で入院切開ならないよう抗生剤の投与が必要で重篤にならないよ

う早期に対処することが望まれます。仕事も大事ですが歯科医が望む治療日で

治療されるのが悪化しない方法と思われます。

Q歯の神経を抜いた後の痛み

20日前に下の歯の神経を抜きました。その後痛むんです。
激痛ではなくうずく感じで、特に夜が痛いです。
ここ最近では昼間もかみ合わせたときは痛いです。

神経を抜いた後、5日~7日ペースで消毒と薬をつけてもらっていまして、器具をグリグリするのですが、
やはり奥の方へ器具が入ると、
「ズーン」とした痛みがあります。
4回の消毒・薬つけをしています。

歯科医の話では、かさぶたが残ってる為少し炎症してる。薬が合わない時がたまにある。とのことなので、
様子を見たり薬を変えたりしているのですが・・・・

器具を入れたまま再度レントゲンも撮りました。
レントゲンで見える範囲の神経もちゃんと取れている様なのですが。

激痛ではないけれど気のせいではないし、このまま痛んだまま治療が進むのもイヤだなぁと思います。
(今はフタをしている状態)

神経を取っても痛いことがあるんでしょうか?
この場合、今後どのような治療になるのでしょうか?

教えて下さい。よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

こんにちは。
私も一週間前、前歯の神経を抜いたんですが、全く同じ症状が出てます。
痛みが完全に引かず、毎日不安で、お気持ちがよくわかります。
治療方法ではないので、以下、参考にならなかったらごめんなさい。

神経を抜いた当日の夜は薬も効かず、夜ピキピキ疼いて眠れませんでした。
神経をいじったので痛むとは聞いていたのですが、それから痛みがあまり引かず、痛み止めも効かなかったので、今は2~3日ごとに掃除→薬を替えて交換(もう3回目)してもらってます。
私も歯の根元の炎症が長引いていると言われました。歯茎の根元も少し腫れてます。
(1)夜うずく(2)歯の方へ器具が入ると、まだ「ズキン」として響く痛みがある。この症状はまだ炎症が治まってないか、神経の取り残しではないかと思います。
根幹治療が不完全だと、数年たって腫れたり、最悪の場合歯自体を失ってしまいます。知人はレントゲンで神経の取り残しを見落とされ、鼻まで腫れ歯茎を切開して膿を出しました。また、別の知人は、治療後も根っこが膿み歯の根元自体がだめになり、抜歯し、結局両隣の健康な歯も削ってブリッジになりました。もし最初の根幹治療が上手く行っていたら、歯を失ったり、健康な歯を削ることはなかった筈です。
そうならないためにも痛みが引くまで、とことん治療してもらうべきです。

また、私の場合、他の要因もあるため、先日、大学病院へ行きました。
1ヶ月経っても痛みが残る場合は、マイクロスコープで見てくれるとのことですので、そうする予定でいます。あまりに長引く場合は、設備の整った病院へ行ってみるのもいいと思います。
治療費等高額になりますが、やはり歯はお金には変えられません。

こんにちは。
私も一週間前、前歯の神経を抜いたんですが、全く同じ症状が出てます。
痛みが完全に引かず、毎日不安で、お気持ちがよくわかります。
治療方法ではないので、以下、参考にならなかったらごめんなさい。

神経を抜いた当日の夜は薬も効かず、夜ピキピキ疼いて眠れませんでした。
神経をいじったので痛むとは聞いていたのですが、それから痛みがあまり引かず、痛み止めも効かなかったので、今は2~3日ごとに掃除→薬を替えて交換(もう3回目)してもらってます。
私も歯の根元の炎症が長引い...続きを読む

Q銀歯の下の虫歯ははずさないとわかりませんか?

最近、右下の歯が時々痛みます。

そこは、4年ほど前に深い虫歯になり治療した歯で(神経はあります)
銀が詰めてあります。

気になったので歯医者で見てもらいましたが
レントゲンでは異常なく、
「もしかしたら銀歯の下が虫歯なのかもしれないけれど、はずしてみないとわからない」と
言われました。
私としては、それで確認出来るならそれもありかなと思っているのですが、
「深く削ってあるから、新たに銀を入れ替えるとなるとさらに削らないとなので
神経に近くなってしまう」みたいな事を言われました。

もし銀歯をはずして、虫歯がなかったとしても、新たに銀をつめる場合は
削らないといけないのでしょうか?
そう考えると、様子を見たほうがいいかなとも思うのですが
痛みが本格的になってから治療するとなると、神経を抜く事になってしまいそうで不安です。

どなたか詳しいかた、教えてください。

Aベストアンサー

通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。そして線量も少ないので金属は通しません。
だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。

金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。
あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。
金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がないし、ダイヤモンドでも直ぐだめになる。注意深く除去すれば時間もかかるので、歯を削って除去する歯医者のほうが多いんです。

しかし、除去時にまったく歯に触れないでいいかといえば“絶対”とはいえませんし、その後、古いセメントの除去や形の修正で歯をまったく削らないでイイとは言い切れません。つまり「やってみないと判らない」のです。
それに削る穴や土台の形も結構歯医者によって好みがありますからね、納得して責任ある治療するためにはある程度の修正はやむをえないでしょう。

もちろん神経を抜かないで済むように努力はするでしょうが、絶対などということはいえないのです。
逆に「絶対」などと安易に言う歯医者は気をつけたほうがいいかもしれません。

でも、時折痛むならはずしたほうがいいと思います。
虫歯になっている可能性もあるし、金属は熱伝導がいいので、神経に熱刺激によるストレスが溜まっている可能性もあります。
もしこれらの状況があれば、いずれ歯は何もしないときでも痛みを発する可能性が出てきます。
そうなると根の治療をしなければならなくなるので確認したほうがいいと思いますよ。

通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。そして線量も少ないので金属は通しません。
だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。

金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。
あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。
金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がない...続きを読む

Q昨日神経を抜いた歯が噛むと激痛がします

10日ほど前から右上の6番(4年前に虫歯の治療済み)の歯が浮くような感じがして噛むと痛く、歯医者さんでみてもらったところ以前治療した虫歯が深かったため、中で神経が炎症を起こして痛むのだろうということでした。
神経を抜く治療をして頂き、今は仮の詰め物が入っています。
噛み合わせも調節してもらったので歯と歯が強くあたりにくくなっていますが、食事をするときや普段会話をしているときに食べ物や舌が治療した歯にあたると声が出るくらい痛みます。
治療前も噛むと痛かったのですが、ここまでの痛みではありませんでした。
また、治療した方の歯では噛まないようにと指導されているので、反対側でやわらかいものをゆっくり噛むようにしています。
神経を抜いた日は麻酔が切れたあと3時間ほど強い自発痛がありましたが、今はもうおさまっています。
歯を削り、神経を抜くという処置は手術と同じだと聞いていたので、痛むのは覚悟しておりましたが、噛むと痛いのだけが心配で気になっています。
この強い痛みは一時的なものでしょうか?
また、「こんな症状が出たらすぐに歯医者へ」というものがあれば教えて頂けると幸いです。

10日ほど前から右上の6番(4年前に虫歯の治療済み)の歯が浮くような感じがして噛むと痛く、歯医者さんでみてもらったところ以前治療した虫歯が深かったため、中で神経が炎症を起こして痛むのだろうということでした。
神経を抜く治療をして頂き、今は仮の詰め物が入っています。
噛み合わせも調節してもらったので歯と歯が強くあたりにくくなっていますが、食事をするときや普段会話をしているときに食べ物や舌が治療した歯にあたると声が出るくらい痛みます。
治療前も噛むと痛かったのですが、ここまでの痛みで...続きを読む

Aベストアンサー

抜髄(歯の神経を取る事)後の痛みが出ないように処置をしますが、稀に痛みが出る事もあります。
いずれの場合も担当医が一番状況を把握しているのですから、連絡を取って対処してもらうのが最良の方法です。

以下に主な原因と説明を書きます。
抜髄後の痛みには幾つかの原因があります。

長年病気を放置した場合は歯髄炎から歯根膜炎にいたる場合があります。ゆっくり進んだ炎症では痛みが出ないことも少なくありません。しかし治療することで“急性発作”をおこして痛む事があります。

歯髄は一本とは限りません。上の奥歯では通常でも3本あり、それぞれも大根の髭根のように枝別れしている事もあります。
抜髄そのものが不十分だった場合、髭根のように枝分かれした神経が残った場合、途中から穴が細くなって治療困難な場合には完全に神経を取り除く事が出来ず、残った神経が痛む場合があります。

抜髄とは神経線維を途中で引きちぎる処置ですから、痛みが出ても当然で、歯医者はそれを痛みが出ない努力をしているわけです。
ところが稀に沈静薬剤の効果が出なかったり、神経が過敏に反応してしまう事があり、この場合は痛みが出ます。
文面から痛みの原因は「歯根膜炎」である可能性が高いです。
しかし、保険上の歯根膜炎の多くは感染が原因で、抜髄直後の歯根膜炎だと、治療時に既に神経が露出していた、或いは治療時に感染させたの二つしかありません。

もし今回、感染が無かったとすれば次のような歯根膜炎が考えられます。
つまり正常な治療では歯の中と外の境界(根尖孔と呼ばれる部分)で神経を切ります。
その切り口の炎症が強い場合、周囲の歯根膜(歯を支える組織)にも炎症が及びます。
そのため症状として、噛むと痛む、触るだけで痛む、といった歯根膜炎を顕すものが出てきます。

抜髄(歯の神経を取る事)後の痛みが出ないように処置をしますが、稀に痛みが出る事もあります。
いずれの場合も担当医が一番状況を把握しているのですから、連絡を取って対処してもらうのが最良の方法です。

以下に主な原因と説明を書きます。
抜髄後の痛みには幾つかの原因があります。

長年病気を放置した場合は歯髄炎から歯根膜炎にいたる場合があります。ゆっくり進んだ炎症では痛みが出ないことも少なくありません。しかし治療することで“急性発作”をおこして痛む事があります。

歯髄は一本とは限りませ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報